麺&cafe coi.coi.@伊勢崎

DSC04637.jpg

2013年8月24日/麺&cafe coi.coi./伊勢崎/
煮干長男/750円


まずは『翔鶴』さんに『新満福』さんと、
前橋の人気店をやっつけた今月のラーツ部部活動。

いつもなら速攻でハイパー全裸タイム(風呂)に突入するわけだが、
今回我々には大事な大事な使命があるのだよ!
そう!甲子園で全国制覇を果たした前橋育英高校への表敬訪問ですよ!

タグ部員は某名門高校で2番手投手にまで上り詰めた球児だったし、
俺だって高校時代は毎日部屋に引きこもって、
ファミコンの「ベストプレープロ野球」に興じてたほどの野球好きだ!
そんなラーツ部がお祝いに行かなくてどうする!

ディノスで買ったそこそこデカい祝花を抱えて、
さっそく高校に行ってまいります!待っててね高橋弘成くん!

DSC04632.jpg

DSC04631.jpg

DSC04629.jpg

てっきり校長先生以下一同が手ぐすね引いて、
盛大なセレモニーでお迎えしてくれるのかと思ったら、
やっぱ北関東の人はシャイな性格なのか、
御存知ラーツ部が来たというのに人っ子ひとりいませんでした!

まぁぶっちゃけ勝手に入っていいのかどうかも分からず、
「あぁーいま見ると校舎も小さく感じるなー」
「お前あの木の下であの娘に告白したんだよなー」
などと誰も聞いてないのに卒業生を装う三文芝居を演じたりもしたが、
ちゃんと展示スペースとかは一般開放されてました!

優勝を報じる各スポーツ紙の号外をたんまりと貰い、
弘成くんにはもちろんひと目すら会えるわけもなく表敬訪問終了!
ひとっ風呂浴びたらとっとと部活動に戻ります!

夜ラーメン一発目は伊勢崎まで移動し、
こちらも最近人気が高いという『coi.coi.』さんを目指します!

DSC04636.jpg

駐車場を共にした同じテナントスペースに、
やはりラーメンの人気店である『みどり』と『じゅん』があるという、
なかなかに激戦エリアとなっている立地条件。

BGMにダフトパンクあたりがノリノリで流れている、
まるでアメリカのカフェのようなオシャレな雰囲気だが、
店頭にはしっかり製麺スペースも設けられ、
店内にはぷんと煮干の香りが漂っていて期待大ですぞ!

こちらの店主さんは「大和麺学校」の出身のため、
同じ卒業生である淡路町の『潮』や越谷の『こむぎ』と、
メニュー構成や具のチョイスなどにどこか似てるものを感じる。

そのメニューは極めて多彩で実に部活向きであり、
まず「中華そば」に「鶏クリーム」「豆乳担担麺」ときて、
さらに煮干系が長男・次男・三男・長女・次女・三女と、
林下家にも負けない謎の煮干ビッグダディ大家族が形成されている。

どうやら男きょうだいは煮干ラーメンの醤油味で、
長男は煮干100%で次男は煮干と鶏が7:3で三男は煮干と鶏が5:5、
そして女きょうだいは同じ配合の煮干鶏スープに、
さらに海老風味をプラスした塩味ということらしい。

それにしてもちゃんと昨今の報道規定に基づき、
「きょうだい」を平仮名で表記しているあたり、
さすがジャーナリズムあふれる当ブログ分かってますね!
ラーメンブログ界の天声人語と呼んでくんな!

もちろんここは全員バラバラに頼んでシェアするわけだが、
俺は煮干ダシ100%の「煮干長男」を担当。
丼の中央に煮干パウダーを配したビジュアルは耽美そのもの!

醤油の黒さの目立つ清湯スープは、
焦がしネギ油を浮かべただけなのにものすごい分厚い旨味!

煮干のビターな苦味のなかにかすかに甘みも感じられて、
およそ動物系不使用とは思えない迫力のある味で非常に美味しい!

煮干パウダーを溶かすとさらにワイルドな鰯の風味が増すが、
個人的にはノーマルの状態のスープでも充分満足!

麺は細麺と中太麺からチョイスでき、
さらに大盛りもサービスと大盤振る舞いだが、
お気持ちだけありがたく頂戴して細麺を普通盛りで。

丸い断面の伸びやかなストレートタイプで、
摩擦を感じないツルツルと滑らかな啜り心地と、
細いのにもっちりとしたふくよかさのある食感は、
さすが大和麺学校で製麺をマスターしただけのことはありますな!

チャーシューの代わりに豚バラ肉に簀巻きにされているのは、
なんとアスパラではなくて茄子!エッグプラント!

かじると中にしっかりナス汁を閉じ込めていてジューシーで、
ソテーした香ばしさも相まってお弁当のおかずにしたいくらい!

さらにとろけるような食感の極太メンマに海苔とカイワレ、
それに味の染みた半熟玉子がデフォルトで付いてくる。

初代ニボ蔵(現・貝十郎)にこんなもんを与えたら、
それはまさにサルにらっきょを与えたのと同じ状態!
丼の底まで舐めるようにスープを飲み干しました!

当然口の中は大量の煮干パウダーでザラザラ!
いま俺とキスしたらケガするぜ…!(まったく予定なし)

DSC04638.jpg

タグ部員は煮干と鶏がイーブンの「煮干三女」を。

まったりとした鶏の旨味が加わり、
さらに丸みのある塩ダレになることによって、
長男より口当たりがほわんとマイルドに変化している。

しかし後味に海老パウダーの香ばしさがズドンとくるので、
やはりそのインパクトたるやすごいね!

DSC04640.jpg

こちらはKEN-1部員オーダの「鶏クリーム」。

濁らせた鶏白湯ダシにジャガイモのペーストを加え、
生クリームで味を調えた完全に洋風のミルキーな味わい。

義兄弟店の『潮』の塩もポタージュ風だが、
あちらと比べてもさらに洋寄りにメーターを振っている印象。

軽いウェーブのある中太麺は弾力があって、
ぷるっぷるとしたフレッシュな食感。

DSC04639.jpg

そしててらみん部長オーダの「中華そば」が、
もっともバランスの良い配合の鶏と煮干のダシを、
大和麺学校卒業生御用達の「にほんいち醤油」でまとめた、
醤油の香り際立つオーソドックスなタイプ…と思いきや!

スープひと口の味見ではっきりと分かるくらい、
猛烈にゴボウの香りが広がる独創的すぎる味わい!
これゴボウ油とか使ってるのかしら?

全然関係ないけど月亭方正さんが二度とやりたくない仕事は、
モリマンとの「ゴボウしばき合い対決」なんだって!
方正さん曰くゴボウは「ただの枝や」ですって!

いずれも個性が際立つメニューばかりで、
またチャンスがあれば他の家族たちも食べてみたいっすね!

ではラストの一杯に向かって移動します!
車内でヒマだから全員で恋恋でもしながら行こうぜ!
お金は賭けてません!賭けてませんってば!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑猪鹿蝶気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!

 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

natural taste cafe analog@伊勢崎

DSC03566.jpg

2012年11月17日/natural taste cafe analog/伊勢崎/
とりそば(塩)/780円


平成の弥次さん喜多さん壇さん大和田さん壇さんこと、
ラーツ部の群馬珍道中もいよいよ佳境です!

先ほどの『燵家製麺』からも程近い、
伊勢崎の住宅街の片隅にひっそり佇む一軒のラーメン店、
それが今月の部活動ラストのお目当て『analog』さんです!

そういえばアナログで思い出したんだけど、
うちのテレビの画面右上にずっと「アナログ」って表示されてるんだけど、
これって何の怪奇現象なの?どこへお祓いに行けばいいの?
(答え:いい加減テレビを買い換えてください)

DSC03563.jpg

DSC03564.jpg

鉄筋剥き出しのプレハブのような建物で、
店内から漏れる薄明かりがどこか幻想的な雰囲気。

DSC03565.jpg

BARのような店内の調度品もかなりのこだわりようで、
アンティークな古いミシンや扇風機、デスクや譜面台などが並び、
大正とも昭和ともつかないモダンなインテリア。

照明もうっすら落としてありなんだか居心地がよく、
こりゃ天井を叩く雨音でもぼんやりと聞きながら、
お姉ちゃんとゆっくりモヒートでも楽しみたいところですな!

昼はカフェチックなメニューも提供しているようだが、
夜は豊富なおつまみ以外の麺メニューは「とりそば」オンリーで、
それぞれ塩、醤油、味噌と用意されているのだが、
あいにく醤油も味噌も終わっていたので全員問答無用で塩味を選択。

無化調でまとめられた薄濁りのスープは、
唇が貼りつくほどコラーゲンたっぷりの淡い鶏ダシが味の輪郭を引き、
そこに昆布や帆立、ムール貝といった魚介の旨味が、
ふわりとパステルチックな彩りを添えている。

味付け自体はかなり薄味に仕上げられているのだが、
それでも飲むたびに口の中にじわじわと旨味が広がるような、
奥行きのある味わいでついついレンゲが進んじゃう!

無かんすいと思われる色白な細麺は、
これまた『伊藤』チックな低加水でサクサク感の強いタイプ。
群馬のラーメンってこういうタイプが主流なのかしら?

穏やかなスープに合わせるかのように、
小麦の主張は弱めでうまいことバランスが取れてる印象。

具はシンプルに炙り鶏チャーシューが2切れと、
これまた群馬特有のミツバを含めた各種香味野菜のみとシンプルだが、
この鶏チャーがパリッと皮目を焦がした香ばしさと、
ジュワジュワ出てくるコケコッコーエキスの旨いこと旨いこと!

思わずおつまみチャーシューを注文して、
こっそりポケットに忍ばせてお持ち帰りしたかったくらい!
(その後すっかり忘れて洗濯機の中で悲惨な状態に)

食後もしばらく口の中にモワーッと、
いつまでも鶏の旨味成分が消えずに残っていて、
改めてスープのポテンシャルを思い知らされた次第です。

日付が変わるくらいの深夜まで営業しているので、
伊勢崎に宿を取ってゆっくり呑みにも来てみたいお店だなー。

ということで同行してくれる女性の方は今すぐこちらまでお電話ください!
深夜ですのでくれぐれもお掛け間違いのないように!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑オペレーターにお繋ぎします気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0073.jpg
↑年の瀬の定番の有名な古典落語の世界観をTシャツで表現!
 『SHIBAHAMA-芝浜-』買ってくれなきゃ釜の蓋が開きゃしないよ!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

燵家製麺@新伊勢崎

DSC03560.jpg

2012年11月17日/燵家製麺/新伊勢崎/
燵家製麺・改/750円


「日本3大部活」のひとつと呼び名も高いラーツ部は、
今月は群馬にお邪魔しておりますこんばんは!
ちなみにあとのふたつは「芸能人社交ダンス部」と「しおこん部」ね!

夜のお目当てはいずれも伊勢崎市内ということで、
お風呂休憩も同じ市内の「ゆまーる」に決定!

天然温泉の露天風呂でゆっくりと疲れを癒すも、
折から降り出した冷たい雨と上州名物からっ風の影響で、
風呂上がりには部員全員が仲間由紀恵みたいな鼻声に!
薬局のベンザブロックを買い占めつついざ夜麺へレッツラゴー!

DSC03559.jpg

一発目に向かった『燵家製麺』さんは、
新伊勢崎のベイシアの裏手にある古い食堂のような雰囲気で、
夜になると周囲は人っこひとり歩いてなくてちょっと裏寂しい感じ。

駐車場から店に向かうまでで完全に冷えきった身体に、
煌々と火を灯す石油ストーブの温かさが本当にありがたい!
思わず猫みたいに身を寄せて丸くなる部員一同!

厨房に沿ったカウンターと小さなテーブル席があり、
ご夫婦と思われる若い男女2名で回している。

メニューはシンプルに「らーめん」の醤油と塩、
それに「燵家製麺・改」とドラゴンボールみたいな屋号を冠した、
鶏白湯ベースの「らーめん」と「つけめん」のみで、
限定的なものは一切ないちょっとストイックな構成。

全員アラフォー世代で胃袋に負担がかかりそうだからか、
濃厚そうな鶏白湯には手を出そうとしないので、
じゃあ俺が率先して「燵家製麺・改」いったるわ!腰抜けどもめ!
(ついでに買い占めたキャベジンをひと瓶服用しながら)

見るからに濃厚でみるみる膜が張っていくスープは、
鶏油がしっかりと乳化していてゴールドの輝きを放ってます!

たまに濃厚系の鶏白湯スープの場合、
イヤな鶏臭さが出ちゃっててちょっと苦手な時もあるのだが、
こちらのスープはまったくそんな事はなくて最高です!

官能的なまでにトロリとクリーミーで、
鶏が妖艶に色仕掛けで迫ってくるかのようなエロい舌触りで、
コラーゲンもたっぷり抽出されているのか、
飲むたびに唇がグロスでも塗ったかのようにツヤツヤしてくる。

キスしても…いいんだよ…!
(本田翼を意識したキス顔で)

ボッテリした太麺はほんのりとグレーがかっていて、
向こうが透けて見えるんじゃないかってくらい透明感がある。

打ちたてなのかモッチモチーのプールプルーで、
噛むたびにフレッシュな小麦の風味を感じられて旨い!

スープもしっかり絡めて拾ってくるので、
啜るたびにまるで水不足のダムのようにみるみる水位が下がっていく。

ごらん…あれが俺が育った村だよ…!
(大森南朋を意識した演技で)

具はベーコンのような燻製臭の付いたチャーシュー2枚に、
ボリボリと強い食感のメンマ、味玉半分。
ミツバは群馬のラーメンではもはやお約束ですな!

DSC03561.jpg

こちらはふじひろ部員チョイス「らーめん」の醤油は、
やや煮干しを強めに立たせキリッとした醤油ダレを合わせた、
シャープでキレのある清湯スープになっている。

DSC03562.jpg

一方タグ部員、KEN-1部員は「らーめん」の塩を。

こちらは後味に貝類の旨味をじんわり感じるスープを、
円みのある塩ダレで整えた穏やかなタイプ。

醤油、塩いずれも『伊藤』にもちょっと似た、
ザクッとした低加水のストレート細麺を合わせている。

「らーめん」と「燵家製麺・改」はまったく対極的だが、
どちらもハイレベルで非常に困っちゃう!
つくづくこういう場合にシェアできるラーツ部は本当に意義がある!

また外に出て身体が冷えるのを恐れて、
閉店時間までストーブの前から離れようとしない部員一同、
改めてその団結心を強めあったのでありました…!
(その後ホウキでしばかれて強制的に追い出される)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ストーブってあったかいね…!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0074.jpg
↑円の中心に蔵が建っているだけなのに、
 なぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!殿中にござる!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らぁ~めん ぶぃスリー@伊勢崎

DSC03556.jpg

2012年11月17日/らぁ~めん ぶぃスリー/伊勢崎/
らぁ~めん/650円


あの加納典明や篠山紀信に「撮りたい」と言わしめた、
フォトジェニックすぎる部活ことラーツ部ですこんにちは!
だからって気安く写メしていいってわけじゃないのよ!失礼しちゃう!

上州群馬にお邪魔している今月の部活動、
まずは肘の手術でおなじみの館林にある『舌笑家』から、
一気にバビューンとドピューンと伊勢崎まで移動、
評判の熊本ラーメンがいただけるという『ぶぃスリー』を目指します。

これまた何ともユニークな屋号だが、
どう考えても仮面的なライダー的なアイツを思い出すよね!
石ノ森章太郎先生には俺からことわっておきます!

DSC03555.jpg

店はなんだか遊園地のセットのようなポップな雰囲気で、
そこかしこで三匹のブタさんのイラストがモチーフになっていて、
なんとすべて店主さん自ら描いたものなんだとか!

デキシージャズが軽快に流れる店内にも、
革張りの椅子が並ぶカウンターや小上がりのテーブル席のあちこちに、
そのイラストが活かされたPOPやポスターが飾られている。

すべて手書きのメニュー表も読んでいくうちに、
気がついたら後半はブタさんが主人公の絵本になっていて、
まるでおとぎの国か不思議の国に迷い込んでしまったようだわ!
(永遠に終わらないお茶会を開きながら)

しかし客は別に三月兎やイカレた帽子屋というわけではなく、
店主奥様のフレンドリーな接客もあってか、
部活帰りの近所の学生たちのたまり場になっている様子。

メニューは熊本風マー油豚骨の「らぁ~めん」に、
同じくマー油を効かせた「味噌らぁ~めん」に「たんたんめん」という編成。
もちろんここは全種類コンプリートざぁますわよ!

真っ黒いスープは知らない人ならギョッとするだろうが、
サラリとした口当たりなのにどっしりした豚の旨味をたたえたスープは、
嫌なねっとり感やざらつきもなくクリーミーで非常に美味しい。

そこに黒ゴマやニンニクを焦がして作った、
お店オリジナルのマー油のほろ苦い風味がベストマッチ!

ラーツ部で訪れた熊本ラーメンといえば、
何といっても小田原の『ブッダガヤ』を思い出すのだが、
あれが獣臭全開のワイルドガテン系な熊本ラーメンだったのに対し、
こちらは洗練されたジュノン系熊本ラーメンという印象っす!

熊本系としてはやや細めのストレート麺は、
茹で加減はあえて普通で指定したのだが、
それでもサクサクとした軽快な歯ごたえを失わない上質なもの。

デフォルトでも135gあるらしいので、
替え玉前提の九州系としては結構なボリューム感。

チャーシューは脂身のないタイプだが、
しっとりと柔らかくほどけて全く歯がいらないほど。
おばあちゃ~ん!ポリデントごと入れ歯捨てといて~!

茹でたモヤシとニンニクの芽も、
香ばしいスープの箸休めとして非常に良くマッチしてます!

DSC03558.jpg

チェシャ猫ことタグ部員チョイスの「味噌らぁ~めん」は、
ピーナッツが効いた甘みが強い味噌仕立てで、
そこにマー油の苦味も加わるかなり面白いテイストで、
こちらはニンニクの芽の代わりにヤングコーンが3本乗っかる。

DSC03557.jpg

そして代用海ガメことKEN-1部員の「たんたんめん」も、
強烈なゴマ風味に山椒やラー油がしっかり感じられて非常に旨い!
パリパリの揚げ麺の食感もグー!

いずれも思わずご飯を欲するラーメンばかりだったが、
連食の身ゆえ必死にガマンしたのは言うまでもございません!

さぁお腹も一杯になったところで風呂休憩だ!
おとぎの国からおっぱだかの国へレッツトリップ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑おっぱだかの国のアリス気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0070.jpg
↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!
 だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

うさぎや@新伊勢崎

DSC01377.jpg

2011年10月15日/うさぎや/新伊勢崎/
わんたんめん(塩)/800円


麺とスケベを愛する男たち、
ラーツ部による群馬巡りもついにラスト。
伊勢崎の『うさぎや』を目指します。

「うさぎ」からバニーガールを連想し、
車内で常軌を逸した興奮状態に陥る、
相変わらずの部員一同。

ところで仮装大賞って何でバニーちゃんがいるの?
欽ちゃんの趣味?

DSC01376.jpg

幹線道路から一本入った場所にある、
郊外の店で良く見かける、
平屋の長屋状のテナントの一角。

屋号にちなんでうさぎ跳びで入店するも、
豪快につんのめって転倒&前歯損傷!
日頃の運動不足がたたっちゃいました!ピョーン!

居酒屋の居抜きっぽい店内は、
カウンター席と4人掛けのテーブルが数席。
正方形のテーブルに4人座ると麻雀がしたくなるね!

あちこちに可愛い兎のオブジェが飾られ、
暖色系の照明がぼんやりと灯る、
どこか幻想的でムーディーな雰囲気だが、
よ~く壁を見るとヤニ汚れのような黄ばみが…。
さては同系色の灯りでごまかしてるな!

醤油と塩の「らーめん」と「つけめん」、
それにトッピングやサイドメニュー類のみと、
ごくシンプルなメニュー構成。

わたくしは「塩らーめん」に、
名物らしいわんたんを乗せた「わんたんめん」を。

すっきりとした鶏清湯をベースに、
煮干しなどの魚介系がぷんと香るスープは、
徐々に真っ黒な焦がしネギの香りが溶けてきて、
なかなか多層的な味わいを見せる。

この焦がしネギが店の売りらしく、
後半はかなり繊細なスープを支配してしまうので、
この辺は好みは分かれそうなところ。

写真は撮り忘れたけど、
熟成したカエシの風味のいい「醤油らーめん」の方が、
焦がしネギとの相性はいいように感じた。

細ちぢれ麺はやや固めに茹でられ、
プリプリとコシが強くシャープさがある。

周りの客は「つけめん」が多かったけど、
確かにこの麺なら細くてもポテンシャルは高そう。

チャーシューは片面をソテーしてあり、
ほろりと崩れる柔らかさでジューシー。

わんたんはツルツルの皮の中に、
胡椒や酒が効いた挽き肉がたっぷり。
隠し味のオイスターソースが決めてだとか。

そしてやはりここにもミツバの姿が!
本日食べたあっさり系にはすべてミツバあり!
群馬で空前のミツバブーム到来中なのか?

そういえばネイル代わりに爪に貼ったり、
携帯のストラップとしてぶら下げている女性を見たもの!
群馬恐るべし!ピョーン!

妄言はともかく本日も無事に部活終了。
しかし来月はなんとてらみん部長が欠席!
部長不在のなかで果たして統率が取れるのかどうか?

最低限、風紀だけは乱さないようにしなきゃ!
目標!可愛い女性がいても裸で追いかけない!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ラーツ部風紀委員気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

いまるや@伊勢崎

DSC08930.jpg

10年7月31日/いまるや/伊勢崎/
醤油らーめん/750円


『みやご』でのダメージがでかかったのか、
移動の車内でてらみん部長は、
ずっと泥人形のような死んだ表情で、
ピクリとも動かない状態。

そんな部長に心優しい部員たちは、
「ほら!いまラーメン屋の看板あったよ!」
「手打ちうどんだって!ほら食ってこいよ!」
と気遣いの言葉をかけてあげるのです。

なんて博愛と慈悲に満ちた人間なんでしょう!
これから仏様と呼べよ部長!

その後源泉かけ流しのスーパー銭湯で、
すっかり回復した我々は、
夜の部に突入のため伊勢崎市に向かう。

お目当ての『いまるや』は、
土壁や木をオシャレに活かした内装で、
ジャズが流れるスタイリッシュな空間。

麦茶のコップや箸立てなどにも、
こだわってまっせ!という空気がムンムン。

寡黙&職人肌そうなご主人と、
ナイスメガネな奥様でテキパキと作業。

メニューは基本の醤油と塩、
それに湯島『大喜』インスパイアという、
「とりそば」の醤油と塩、
さらに「釜揚げつけ麺」の醤油と塩…。

もはや券売機の前で、
三日三晩悩んでもいい位のラインナップ。
しかしここは部活の強みで、
全員バラバラに頼んでシェアリング。

俺担当の「醤油らーめん」は、
鶏と魚介がパキッと効いた、
切れ味バツグンの淡麗系スープ。

シャープな口当たりのカエシと、
ニンニクの香りが付いた油の風味も相まって、
ついついレンゲが止まらない!

麺も淡麗スープに合わせた、
しなやかな極細タイプ。

長めで啜りがいがあり、
ススーッと口に気持ちよく飛び込んでくる。
コリコリした食感もグッド。

焦げ目がつくほど、
片面を焼いたチャーシューは、
適度に油が抜けてスープを壊さない。

柔らかい肩ロースなので、
ジューシーな肉の旨さも味わえる。
ご飯!ご飯持ってこい!

柔らかいメンマや味玉など、
脇を固める俳優陣もレベル高し。

味見した「とりそば」なども、
『大喜』へのリスペクトの心が垣間見える、
誠実な一杯に感じた。

本日の部活は3杯で終了!
帰りはたまたま日程が重なっていた、
伊勢崎の花火大会まで堪能できました!
浴衣のお姉ちゃん持ってこい!

--------------------

★2010年7月のトータル杯数/20杯
★2010年の通算杯数/175杯
★麺レポスタートからの通算杯数/884杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑夏まっさかり気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (9)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報