麺劇場 玄瑛 六本木店@六本木

DSC03352.jpg

2016年7月13日/麺劇場 玄瑛 六本木店/六本木/
XO醤薫イベリコ豚の玄瑛流ラーメン/920円


アマンドのガラス窓に映る自分のドブ顔にひるみつつも、
何とか食べられたお目当ての『ふるめん』にかなり満足していたものの、
せっかく苦手なギロッポンまで来たのにたった一杯で帰れるかってんだ!

こちとら見てくれは悪くても金なら持ってるってんだ!
(ついさっき消費者金融からキャッシングした小汚い万札をヒラヒラ)

そういえば博多にある有名店『麺劇場 玄瑛』が、
広尾の『WAGAN』(未訪)に次ぐ東京支店を六本木に作ってなかったか?

4月の博多遠征の際は時間の都合で食べに行けなかったので、
今度こそ事実上の「劇場入り」を果たす時が来たのではないか!?
さっそく自前で敷いたレッドカーペットの上を歩きながらお店へGOGO!

しかしグーグルマップを見ながら探せどもまったくお店が見つからず、
このまま六本木から帰れずやむなく夜の蝶として生きねばならないのかと、
覚悟を決めてカクテルドレスを買いに行こうとしたところ、
すごく小さなエントランスに「玄瑛」の文字を発見!

DSC03351.jpg

DSC03350.jpg

同じテナントの1階手前の物件がFOR RENTになっていて、
もぬけの空だったので完全に見落としちゃったよ!

その扉を開けて階段をいくつか上がった先には、
まぁおゼゼがかかってそうな高級クラブのような空間が広がっていて、
なんかエロいカーテンで仕切られたVIP席みたいなのもあるわ、
カウンターの椅子もスケスケのクリスタル製だわでバブル真っ盛り!

こんなの平野ノラじゃなくてもでっかい携帯に出ちゃうってもんです!
しもしも〜?加勢大周〜?

厨房にはなんと『玄瑛』グループのトップ・入江店主自らが立っていて、
女性店員ちゃんにあれこれ指示しながら調理に励んでるじゃないの!

初訪問ということでまずは軽いメニューの説明があり、
看板が豚足でダシを取った「XO醤薫イベリコ豚の玄瑛流ラーメン」で、
さらにアゴダシの「XO醤薫イベリコ豚の醤油ラーメン」に、
ついでに限定30食のランチセットの存在などあれこれご教示いただく。

「最後だったのでXO醤の一番濃いとこです!」と、
入江店主自らサーブしていただいた「(略)玄瑛流ラーメン」だが、
麺の打ち粉が手に付いたままだったのか丼の縁に白い指紋が付いていて、
せっかく女性店員ちゃんがいるなら配膳は任せたほうがいいと思うの…!

紙ナプキンでスッと指紋を消し気を取り直してスープから飲んでみると、
やはり骨ではなく豚足から取っているだけあって粗野さは一切なく、
豚の旨味とコラーゲンのコクが合わさって実に美味しい!

さらに「XO醤が沈んでいるので良く混ぜてみてください」とのことなので、
中盤あたりでレンゲでグワッと混ぜると茶色っぽいカラーに変わり、
XO醤の貝柱や干し海老などの風味で一気に複雑かつ高尚な味わいに変貌!
2杯目にも関わらずこりゃゴクゴク飲んじゃいますわ!

そして麺はお店のルーツである博多風の極細ストレートかと思ったら、
加水率の高そうな中細ちぢれを合わせているのもユニーク。

うっすらと透き通っていてプニプニとした優しい食感で、
ひと玉で120グラムとボリュームはかなり軽めなので、
たとえ満漢全席の後だとしても無理なく胃袋に収まっていきそう!

イベリコ豚のチャーシューは特にいい部分を厳選してくれたようで、
その脂身の独特の甘みはまさにゴー★ジャス!レボリューション!
こんな甘い肉を手に出来るなら俺も一生ドングリだけ食う!

おそらくXO醤をかけるのであろうTKGもぜひ食べてみたいので、
今度はVIP席を予約してノラ姉同伴で行ってみますかね!
しもしも〜?石黒賢〜?

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑OKバブリー!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0082.jpg

↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
 大好物のジャーキーを我慢し過ぎてよだれの池が…!『待てっ!』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺酒屋 ふるめん@六本木一丁目

DSC03349_20160809142137646.jpg

2016年7月13日/麺酒屋 ふるめん/六本木一丁目/
しょう油ラーメン/850円


YEAH!俺は東京都江東区生まれ江東区育ち!
平日の昼間から児童公園でビッグマン呑んでる奴は大体友達!

そんな根っからの下町根性が染み付いている身としては、
どうも港区や渋谷区あたりのハイソな街が苦手で、
用がなければできるだけ足を踏み入れたくない性分なのである。

しかしそこに新しいラーメン店がオープンしたとなれば、
なんとか勇気を振り絞って出かけなければならないわけで…!

指をさして笑われないよう精一杯のオシャレを施し、
(タンポポを編んで作ったカチューシャを頭にセット!)
いざ六本木のまん真ん中にオープンした新店『ふるめん』に向かうぞ!

DSC03348.jpg

首都高渋谷線が頭上にそびえる六本木通り沿いを、
やはりきらびやか過ぎるハイソさにアテられて顔面蒼白で歩いていき、
10分ほど坂道を降りきったところでなんとかお店を発見。

Googleマップで見ると以前は『Blues Dog Cafe』という、
それはそれはクッソエロそうな高級バーだったテナントらしいのだが、
まるで和食割烹か寿司店のような純和風な造りにフルリノベーションされ、
女性店員さんが愛想良くカウンター席へと導いてくれる。

こちらは昼はラーメン夜は居酒屋という営業スタイルで、
もともと日本料理の『ふるけん』のシェフが立ち上げたお店らしい。

メニューは「しょう油ラーメン」「塩ラーメン」「タンタンメン」と揃うが、
デフォルトで850円ってのはなかなかにギロッポン価格ですな…!

「しょう油ラーメン」はそれはそれは美しい丼に盛られてサーブされ、
思わず鑑定士としての血がうずいてじっくり検証したくなりますな!
そういえば石坂浩二ってなんで鑑定団でひと言も喋んないの?(今さら?)

油がほとんど浮かないスープは鶏を主体に魚介の和ダシを加えたもので、
動物系の旨味がしっかり効いているものの非常に上品で、
でもどこかクラシカルな風情もあって個人的にはかなりツボ!

店主さんは隣の席の常連さんに「ラーメン難しいです…」と、
まだまだ調整中であることをボヤいてたけど充分イケてますわよ!

麺は店主さんのおとももちである池袋『桑ばら』が監修したそうで、
でっぷりとした断面の丸い中太ストレートを合わせている。

摩擦感がなくてスムーズに持ち上がってくる啜り心地と、
実に噛みごたえのあるモチモチとした楽しい食感で、
ネギやミツバを絡めながらいただいてもいい感じですな!

チャーシューは肩ロースをカットしたものとブロック状のものが2種類で、
いずれも肉食ってる!と実感できるワイルドテイスト。

さらにほんのり竹が香る長い穂先メンマが2本と、
ムチムチした歯ごたえで彩りもキレイな手まり麩が乗るが、
事前によそ様のレポで見てたあられは入っていなかった。
オペレーションもバタついてたし忘れられたのかどうかは不明っす…!

和食のご出身なら間違いないクオリティであろう、
「煮穴子丼」なんて粋なサイドメニューも気になるし、
「タンタンメン」の香りも実に華やかでそそられたのでもう一回は来ようかね!

でもそれまでに六本木なんぞまったく気にせず闊歩できるような、
スケールのデカい男に変貌しとかなきゃな!
(努力を重ねたものの結局鼠先輩に落ち着く結果に)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ぽっぽぽぽぽぽぽっぽー気分でポチッと押してくださいませ~

akts0071-3.jpg

↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する、
 天然ダシラーメン好きの貴方へ贈るTシャツ『鬼平無化調』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

利尻昆布ラーメン くろおび@大門

DSC03347.jpg

2016年7月12日/利尻昆布ラーメン くろおび/大門/
ラーメン(塩)/800円


よるぅな~!さわるなぁ~!
はぁ~じけぇ~てとぉ~ぶぅ~うさぁ~!

全裸に黒帯一本を締めただけの姿で日々鍛錬に励んでいる、
日本屈指の有段者であるこの俺のもとに聞き捨てならないラーメン情報が、
一番弟子であるヤワラちゃんから寄せられてきたのだった!

なんとその名もズバリの『くろおび』なる屋号の新店が、
港区は大門にオープンしたというではないか!

これは俺に対しての挑戦状ということか!?
ならば男として正々堂々と受けて立とうではないか!
さっそく電車賃を浮かすべく自宅から受け身を繰り返しながらいざ参らん!

DSC03344.jpg

DSC03346.jpg

全身スリ傷だらけでヘトヘトのままなんとか到着すると、
お店は芝増上寺の大門から左に折れるとすぐの場所にあり、
以前は確か『ポツリ』というラーメン店があったのと同じエリアかと。

オープンからしばらくは前店舗の蕎麦屋の居抜きそのままで営業していたが、
現在は昆布を黒帯に見立てた看板やノレンも掲げられ、
正午前でもカウンターとテーブル2卓はほぼ満席という人気っぷり。

噂によるとこちらのオーナーはテレビでよく見るあの有名人なんだとか!
えー誰だれー?ちょっと華原の朋ちゃんと元AKBの畑山さんに聞いてこよーっと!
(オーナーは誰でしょうクイズの重要なヒントその1)

利尻島産の天然昆布100パーセント使用を盛んにアピールしており、
メニューは「ラーメン」の醤油と塩に各種トッピングのみとシンプルスタイル。

油がキラキラ輝く美しく透き通った「ラーメン(塩)」のスープは、
昆布をメインに動物魚介野菜の旨味を折り重ねたリッチテイスト。

塩ダレの効かせ方もどこまでも円くじんわりと上品な味わいで、
動物系つってもあまり肉とか骨のような存在は感じなかったので、
ひょっとしたら挽き肉とかでダシを引いてるからクセが無いのかね?

麺は鳥居塾でおなじみ「大栄食品」の麺箱から取り出していて、
テボに入れたらすぐに火が通るほどの細めのストレートタイプで、
一本一本が長いのでツルツルと軽快に啜り心地。

やや加水率は低めに感じられサクッとした食感が印象的で、
盛り付けられた白髪ネギや糸唐辛子を絡めながら食べてもよござんすね!

具は周りを焼いて肉汁を閉じ込めたバラロールチャーシューに、
香りのいい穂先メンマに豆苗がちょこっととやや寂しい印象で、
なるほどとろ玉や海老ワンタンが乗る「くろおびラーメン」が豪華に見えるね…!

ちなみにせっかくの無化調天然素材のスープを活かすために、
なんと割り箸まで無添加の吉野ヒノキを使った高級品なんだとか!
そんなの普通は明治天皇の末裔くらいしか使えないじゃーん!
(オーナーは誰でしょうクイズの重要なヒントその2)

同じスープでも醤油味にするとまた全く印象が変わりそうだし、
すっかりこの端麗な一杯に魅了されてしまいました!
これはもう完敗だ…俺としたことが…!

そういえば一人受け身の途中でどこかに落っことしたのか、
腰に巻いていたはずの黒帯もなくしちゃってるじゃん…!
いま来た道を引き返しながら探して帰ります…失礼します…!
(その後、新橋SL広場で通行人に踏まれてボロボロの黒帯を発見)



★本日のエンディングテーマ/柔道一直線(桜木健一)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑竹田恒泰気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg

↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

紅蠍 RED SCORPION@御成門

DSC02736.jpg

2016年3月18日/紅蠍 RED SCORPION/御成門/
白胡麻坦々麺/900円


日々減らせど減らせど増えていく一方の宿題店の管理には、
ラーメンデータベースの「ブックマーク」を活用させてもらっている。

しかしこのRDBがアプリとPCでは若干仕様が異なり、
アプリだと記事が更新された順にブックマークが並べ変わるのに対して、
スマホ用サイトは自分がブックマークした順で固定されるのである。

そのためサイトだと宿題店にしたままずっと行けてない場合は、
沼の底に沈殿する泥のように最下層に残ったままとなってしまい、
見るたびに渡部篤郎の演技のごとく「来いよ…早く来いよ…!」と、
こっちにアピールしているように思えちゃって怖い!怖いよ!

そんなわけで本日はそのブックマークの最下層に控えっぱなしだった、
新橋の『紅蠍』さんにようやくの初訪問でございます!

この日のためにバッサリと髪の毛を剃ってスキンヘッドにし、
側頭部に大きなサソリのタトゥーを彫っていたのもようやく陽の目を見ます!
(日常生活はさかなクンのハコフグ帽子で隠してました)

DSC02734_20160418164425803.jpg

虎ノ門ヒルズの誕生で景観が一変した西新橋なので、
新橋駅からだと軽く汗ばみながら歩いて10分くらいかかるのだが、
なんと『ラーメン二郎 新橋店』『港屋』に挟まれた立地という、
なかなかの大勝負を打って出てるじゃございませんか!

しかし当たり前のようにとんでもない行列が伸びている両店に負けじと、
こちらも前4人待ちとなかなか健闘を見せている様子。

15分ほどで入店するとL字型カウンターだけの店内は、
さすがサソリだけあって赤と黒のツートンカラーでシックにまとめてあり、
タイルの壁にはそのサソリのイラストが堂々と描かれている。

ただ店内はちょい狭い上に椅子が床に固定されているので、
奥の給水機までお冷やを汲みにいくのがちょっと面倒ね…!

メニュートップは「おすすめ」とまで書いてある「汁なし坦々麺」で、
さらに汁なし系として「油そば」「ジャージャー麺」もあるのだが、
ルーシー大好き汁男としてここは「白胡麻坦々麺」一点買いです!

食券を渡すと麺の量と辛さとライスの有無を聞かれるので、
160グラムという並盛&お店おすすめの1辛&もちろんライス付きでオーダ。

するとまずは挽き肉のかかったサービスの「肉もやし」が、
無言でドン!とカウンターの目の前に置かれ、
同じロットで調理している巨大な器の「汁なし坦々麺」にやや遅れてから、
普通の大きさの丼で「白胡麻坦々麺」がライスとともにサーブ。

ベースとなっているのは鶏ガラのあっさりサラサラしたスープで、
そこに甘みとコクをもたらす白胡麻のペーストが加わり、
さらにスカッとした辛さと黒酢っぽい酸味が広がるのが特徴的。

1辛だとそこまで辛くなく個人的にはちょうどいい塩梅だが、
それでもやっぱり頭皮にはじんわりと汗をかいてきます!

麺は「汁なし坦々麺」で使っている「うどんと中華めんのコラボ」という、
存在感がハンパない極太平打ちのものとは違い、
やや軽いウェーブが付けられたオーソドックスな細麺のマッチング。

気持ち柔らかめに茹でられておりフニフニとした軽い食感で、
160グラムはなんなく胃袋に収まるのでライスは必須かも。

具にはチャーシューというよりは角煮に近いブロック状の煮豚と、
チンゲン菜ではなくおそらくほうれん草とネギのみで、
やっぱり坦々麺に欠かせない挽き肉がないのはちょっぴり寂しいねー!

DSC02735_2016041816442762b.jpg

でもご安心ください!今なら肉味噌もやしを無料でお付けしております!
(しらじらしく大喜びする久本朋子と大東めぐみ)

シャキシャキの茹でもやしに甘辛い肉味噌をしっかり混ぜ、
そのままライスのおかずとして食べてもいいし、
途中で麺のほうに入れれば一気にスープがマイルドテイストに変身!

食べ終わる頃には思った以上に汗だくになってしまい、
頭に入れたサソリのタトゥーもすっかり流れ落ちちゃったよ…!

見栄張ってすいません!実はただのペインティングでした!
だって銭湯に行けなくなっちゃったらイヤだし!何より痛いし!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ファッション感覚気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0059_20151215185140903.jpg

↑漫画家・佐藤両々先生とのコラボTシャツ!
 「天使のお仕事」登場キャラが着ていたTシャツを完全再現!
 これを着てれば力士に張り手を喰らわされる心配ナシ!『テッポウ禁止』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

アルス 南青山@乃木坂

DSC02282.jpg

2015年12月14日/アルス 南青山/乃木坂/
アルス煮干しらぁめん/880円


ウソだろ!?2015年もあと僅か2週間とちょっとだなんて!

篠崎愛が大人っぽくなってからのグラビア画像を必死に検索したり、
クレヨンしんちゃんの声マネを猛練習したりしてるだけで、
実になることなど何一つ成し得ないまま一年が終わってしまうというのか!?

せめて今年のうちに行ける宿題店には行っておかないと、
こむらが選ぶ2015年の「今年の漢字」が「無」もしくは「裸」になっちゃう!
(清水寺の舞台で厳かに書をしたためながら)

というわけで山ほど溜まっている「早く行っとけリスト」の中から、
本日チョイスしたのは下町の人間にはちと敷居の高い乃木坂に、
今年4月にオープンした『アルス南青山』です!

乃木坂46では生駒ちゃんとひめたんぐらいしか知らない、
こんな俺でも乃木坂の街を歩く権利くらいはあるだろうよ!
えっ!?今度は欅坂46?これ以上余計なグループ増やすな秋元!バカ!

DSC02280.jpg

DSC02284.jpg

最寄り駅でいうと千代田線の乃木坂駅になるのだが、
青山一丁目駅からでも外苑東通りを5分ほど歩けば余裕でアクセス可能。

つーかやっぱり道行く人たちもハイソで俺とはステージが違うな!
黄ばんだジーパンとか履いてる奴なんて一人もいねぇもの!

ちなみにお店最寄りのコインパーキングはビックリの20分600円!
うちの10年物の軽自動車なんて停めさせもしてくれないんだろうな!
(そろそろ下流家庭育ちの僻みは終わらせていただきます)

何も知らなければキャバクラかワインバーにしか見えない、
エロス溢れるエントランスから地下に降りていくと、
もっとエロ過ぎるダイニングレストランのような空間が広がっていて、
カウンターにズラリと並ぶ酒瓶はおよそラーメン屋とは思えないイキフン。

というのもこちらは立川にある『楽観』による新業態店で、
伊東店主は武蔵小山店にいらっしゃるのか不在だったが、
カジュアルなシャツに身を包んだ店員さん達が忙しく働いている。

オープン当初は「アルス煮干しらぁめん」のみだったメニューも、
現在は「黒だれ煮干しつけ麺」「生姜香るおだしの白醤油らぁめん」に、
「鬼おろし冷やし和え麺」とバリエーションが増えている。

さらに中華麺ではない「九条ねぎと生姜のにゅうめん」や、
「国産あおさ海苔と山葵のにゅうめん」なんてのも気になること!

DSC02281.jpg

ちなみに全メニュー価格は880円均一でコーヒーか紅茶、
それにほんのりと甘いおからと水菜のサラダが、
セルフで取り放題のフリーサービスとなっております。

おからを食みつつ厨房の調理の様子をボンヤリ眺めていると、
注文ごとに小鍋で温め直しているスープはまるで砂の塊のように、
大量の煮干し粉が濾しザルにザラザラ溜まっていて、
そこから丼に注がれるスープはもう完全なるセメント色!

さらにオリーブオイルベースの香味油を浮かべることによって、
エメラルドグリーングレーのような形容しようの無い色合いに!

DSC02283.jpg

果たしてコピックにこの色があるのかどうかも微妙!

そのスープを飲むとまずザラリとした感触の煮干し粉と、
シャリッとした刻みタマネギが口内に滑り込んできて、
その後に昆布や鰹節がベースの「おだし」の柔らかさが来たかと思えば、
一気に煮干しのビターな苦味が押し寄せて蹂躙していく。

その煮干しは一人前あたりなんと150グラムという、
イワシ界にインフレ(業界で言うサーディンフレ)が、
いつ起きてもおかしくない量を惜しげもなく注ぎ込んでいて、
油も植物性ゆえ動物系はまったく存在しないので後口は実に軽やか。

とかくこういう爆烈濃厚煮干し系のラーメンといえば、
外側にバン!と爆発させるようなインパクトの強いニボの効かせ方をするが、
このスープはもっと内包的な旨味の出し方というか、
ド濃厚なのにじんわりしたタッチというなんとも不思議な味わい。

どうでしょう?伝わってますかねこのニュアンス?
伝わってない!はい!じゃあ全員解散!

麺は注文ごとに冷蔵庫から取り出した玉をモミモミし、
2人前が限界であろう小さな茹で用の寸胴で次々と湯がいていく。

モミモミのおかげで軽いちぢれが付けられた中細麺は、
表面が滑らかでチュルッと啜り心地がよく、
微妙に芯を残したアルデンテでプリップリの食感がたまらんですね!

しかし調子に乗って歯のあちこちに回しながら咀嚼してたら、
ほっぺたの内側を思いっきり巻き込んで噛んじゃった!アガー!
(見る見る赤く染まっていくおからのサラダ)

それにしてもサラダとドリンクのサービスがあるとはいえ、
具が軽く炙りの風味を付けたロースのチャーシューと、
タマネギに彩りのパセリだけで880円っつーのは、
やっぱり乃木坂ならではの強気な価格設定に思えてきますのぅ…!

まぁ何はともあれこれで今年の宿題店はひとつクリア!
とっとと下町に帰ってしんちゃんの声マネ練習の続きしよーっと!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑オラぁ野原しんのすけだゾ~!気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0088.jpg
↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ!
 満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!
 『ムーコっかぶり』大好評発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 すみす@青山一丁目

DSC01857.jpg

2015年9月15日/麺屋 すみす/青山一丁目/
博多水炊きらーめん+味付け玉子/700円+100円


うーえからよーんでもスーミースー!
しーたからよーんでもスーミースー!
どーこからよーんでもスーミースー!
レッツゴーレッツゴースーミースー!

ティーンエイジャーの皆さんにもすっかりおなじみの、
巨人のスミス選手の応援歌から賑々しく始まった本日のブログは、
青山一丁目駅から程近い『すみす』さんのレポでございますよ!

ずいぶん前からお店の存在は気になっていたのだが、
なかなか行くチャンスがないまま長らく宿題にしてしまっていた。

なのでここは松本ばりのスピードと篠塚ばりのシェアさ、
そしてクロマティばりの明るさを駆使して食べに行かなくては!
なぜさっきから80年代の巨人に拘ってるのかはまったく謎ですけども!

DSC01858_201510151624440e2.jpg

ホンダ本社の裏にある「ウイン青山」というビルの1階、
多数の飲食店が並ぶテナントの一番奥にあるこちらは、
かつて『づゅる麺AOYAMA』があった場所だったかしらね?

キリンジやPerfumeなどのいい感じのBGMが心地よい店内は、
一面ガラス張りでよく陽が射すカフェのような明るい雰囲気で、
ランチ時のピークを少し外してきたにも関わらず、
サラリーマンやOLを中心に常に行列が絶えない人気。

3席空いてるカウンターの一番左端に通されたのだが、
後から大学生くらいの男女3人客がやって来たので、
せっかく腰を据えたのに逆側の端の席まで移動させられることに。

ところがわざわざ一旦置いた荷物全部抱えて協力してやったというのに、
すれ違う時に挨拶のひとつもねえってどういう了見だおい若者!

お前らから見ても俺みたいな社会的底辺の人間は、
それくらいの労力は施して当然だってか!あーすいませんねあー!

ムカムカしながら移動した椅子に勢いよく座ろうとしたら、
木製で独特のカーブが付いていたため高さの間合いが合わず、
思いっきり左ケツを強打して悶絶!もう帰って泣いてもいいですか!

なんとかメンタルを保持したままメニューを確認すると、
筆頭は「博多水炊きらーめん」と夏限定の「冷やし博多水炊きらーめん」、
それに「鶏丸醤油らーめん」「汁なし担担麺」「鶏つけそば」と並び、
意外に豊富なラインナップにちょっと考えつつもデフォを選択。

豚骨・魚節・化学調味料を一切使用しないという自慢のスープは、
その名の通り博多の水炊きの手法で煮出したというもので、
トロッとコラーゲンを感じる口当たりに芳醇な鶏の旨味が広がる。

そして何より個性的なのが隠し味どころか、
はっきりと存在を主張しているレモングラスの香りで、
ともすれば動物の臭みが出やすい濃厚鶏ダシを見事に中和して、
かつ後味に爽やかな風味をもたらす一石二鳥な仕事っぷり!

個人的な話になるけどレモングラスといえば、
沖縄八重山で常宿にしている民宿のお茶にブレンドされていて、
乾いた身体にスーッと流れていくようなその清涼感は、
泡盛飲み過ぎの二日酔いの朝に最適なんだよねー!

うぉーん!そんな話してたら八重山に行きたくなったよぉー!
(波打ち際でセンチメンタルに三線を弾きながら)

麺はまさに博多ラーメンを意識したと思われる、
低加水でまっすぐストレートな極細タイプをマッチング。

特に茹で加減などの指定はできなさそうな感じだが、
デフォでもやや硬めでザクッとハードな食感が気持ちよく、
130グラムと軽めなので足りない人は替え玉や〆のお茶漬けをどうぞ!

具は胡椒の効いたしっとり鶏チャーシューに、
焼き目が香ばしくコリコリとした歯ごたえの鶏つくねと、
そりゃ鶏のスープに合わないわけないだろ!と言いたくなる組み合わせで、
さらにほうれん草にキクラゲとちょっと変わった編成。

そしてトッピングした味玉はプリッとした白身にトロトロの黄身、
さらにダシか何かを注入してるようで実に美味しい!

これは激安系自販機の缶コーヒー(なぜかポッカ多し)を、
1回ガマンしてでもトッピング必須の逸品ですわよ!

長らく宿題店にしていたことを後悔するような一杯で、
こりゃ俺の心の中にいるスミス選手も大ヨロコビデース!

コノバットデホームランイッパイイッパイウチマース!
アトサッキノワカモノノケツヲフルスイングデブッタタキマース!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑かっとばせスミス気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0058.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生のアシスタント・フジイとのコラボ!
 名人との約束が守れない子のゲーム機なんか、
 お姉さんが容赦なく破壊しちゃうんだから!『ゲームは一日一時間』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らぁめん ほりうち 新橋店@新橋

DSC01829_20151015162333a6e.jpg

2015年9月1日/らぁめん ほりうち 新橋店/新橋/
らぁめん/690円


ちょいと遠征して武蔵新城の『てち』と新丸子の『でこ』と、
川崎の宿題店だった2軒を一気にやっつけて、
ようやく本日のメインイベントであるプロ野球トークライヴを鑑賞しに、
会場のカルチャーカルチャーのあるお台場へ移動。

友人との待ち合わせまで少し時間があったのだが、
どこもかしこもリア充空間だらけのお台場にはまぁ居場所がねぇこと!

腹いせにパレットタウンの大観覧車に乗り込んで全裸になり、
全身に金粉を塗ってイルミネーションの一部になってやろうかとも思ったが、
イベントの前に逮捕されるのもイヤなので必死に我慢し、
ベンチで膝を抱えてピクリとも動かないまま開場まで時間を潰した。

なおトークライヴは非常にディープで濃ゆい内容で、
客層もプロ野球ファンのエスプレッソみたいな濃厚な人達ばかり!
カネシゲ監督とも軽くご挨拶ができたので良かった良かった!

笑いすぎて相当体力を使ったからか帰る頃にはもう腹ペコで、
ゆりかもめの改札を出たら歩いてすぐの場所だったので、
そりゃもう吸い込まれるように『ほりうち』に向かう俺がいたよね!

DSC01828_2015101516233181a.jpg

こちらはそもそも新宿西口の老舗ラーメン店『満来』がルーツなのだが、
その後宮沢りえ風に言えば「すったもんだがありました」、
藤原紀香風に言えば「デキタテノムカ、フジワラノリカ」があって、
『満来』と『ほりうち』とで袂を分かった経緯の末に誕生したのである。

それにしても年々ネタの内容が古くなっていってますね俺は!
もっと若者に媚びてGENKINGとか使っていかないとね!やーよやーよ!

週の頭から活気と性欲でギラギラの新橋西口通りにあり、
時間が時間だから客がほとんど酔っ払いなのはまぁしょうがないとしても、
明らかに券売機の行列に並んでる俺をかいくぐって、
思いっきり割り込みしてくるサラリーマンはどういう了見なの?

お前には今後いくら頑張っても営業成績が、
ジンバブエの貨幣レート程度にしかならない魔法をかけといたからな!

厨房に沿ったゆとりあるカウンター席と奥にはテーブルもあり、
調理を担当する店員さんからもビシッと襟元を正したような、
このお店を任されることに誇りを持っているようなオーラを感じます!

メニューは大きく分けると「らぁめん」「ざるらぁめん」の2種類だが、
他にも「月見らぁめん」や「納豆ざるらぁめん」など、
新宿本店とほぼ同じラインナップが用意されているが、
朝7時から開いてるこちらは限定で「朝らぁめん」「朝ぞうすい」なんてのも。

実は新宿のほうは『満来』と『ほりうち』に分かれて以来ご無沙汰なので、
超久々に対峙する「らぁめん」の美しいビジュアルは、
オーソドックスながらもホロ酔いの食欲をグググと増幅させるね!

澄んだ醤油スープは豚骨と鶏ガラの旨味がふんだんに詰まった、
雑味なくクリアな味わいでしみじみとした旨さがあり、
まさに子供の頃から食べてきた「ラーメン」の面影を残している。

しかし粗野ではなく上品さとか洗練さとかも兼ね備えており、
なんというか「粋」を感じる味わいとでも申しましょうか!美味しいっす!

そしてこだわりの麺は多加水の中太ちぢれタイプで、
その日の天候や湿度によって微妙に茹で加減を調節しているらしい。

水分を多く含んでいるだけあってその肌質たるやピチピチで、
歯がクッションで押し返されているかのようなモチモチぷるぷる食感!
ひょっとして無印良品の「人をダメにするソファ」の中身ってこれなんじゃね?

さらに名物とも言えるチャーシューは脂身レスなものの、
分厚くカットされた中に肉汁がしっかり閉じ込められていてまぁジューシー!

20代の頃しょっちゅう通っていた新宿の『満来』では、
亀田の握りこぶしぐらいはある「チャーシューらぁめん」とか余裕で食ってたけど、
このクオリティなら40代の今でも「ハーフチャーシュー」くらいはいけそう!

メンマや青菜もデフォルトで山のように乗ってくるし、
これで690円っつーお値段はかなり良心的じゃないのこれ!

ただできればこれ以上ケンカはしてほしくないのに、
何やら最近後追いするように『満来』の支店も近所にオープンしたとか…?

これはもう河合奈保子を呼んできて歌ってもらうしか策はないのか!?
だからネタのチョイスが古すぎるんですよね!やーよやーよ!

★本日のエンディングテーマ/けんかをやめて(河合奈保子)



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑私のために争わないで気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0084.jpg
↑演歌の名曲がモチーフなのになぜかアメリカのモーテル看板風!
 全室くもりガラス完備で他人の妻にオススメ『さざんかの宿』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

SOUP NOODLE 青雲の志@内幸町

DSC01651_20150909155315106.jpg

2015年7月25日/SOUP NOODLE 青雲の志/内幸町/
味玉煮干し鶏白湯ソバ/880円


号外号外!号外をお配りしておりますよー!
(ちぎったノートに小さい文字でビッシリ殴り書きした電波系新聞を)

ラーツ部でも大の野球好きで知られる俺とタグ部員の母校が、
揃って夏の高校野球東東京大会ベスト4に残ってしまいましたよー!

ちなみにタグ部員の母校は強豪校だし彼もれっきとした元野球部だが、
うちは実績のない都立高だし俺は生物部だったけど、
毎日部室で丸めた雑巾とホウキで野球ばっかりやってたので、
思いっきりOBヅラして神宮球場まで応援に行っちゃうんだもんね!

しかし結果はタグ部員の母校は勝って決勝戦まで進んだが、
惜しくもうちの母校は10四死球を貰いながらの完封負け!
ブラバンの校歌すら一度も流れないまま終わっちゃったよ…!

勝利の喜びでホクホクつやつやのタグ部員と、
負けたショックでボコボコざらざらの俺の二人で新橋まで移動し、
6月にオープンしたばかりの『青雲の志』さんで遅めの昼メシです!

DSC01650_20150909155314167.jpg

以前は御徒町で『高樋兄弟』を営んでいた高樋ツインズによる新店で、
今までは資本が入っていたそうだが今回は個人経営らしい。

新橋からも内幸町からも程近いエリアにあり、
向かい合わせのカウンターのみのこじんまりした店舗は、
熱がこもってしまうのかエアコン2台がフル稼働中。

なぜか2階へのエレベーターが付いている厨房は奥まっていて、
中の様子は一切うかがうことができないので、
もし兄弟二人で南のことを取り合ってても誰も止められないわ!

南を甲子園へ連れてってタッちゃん!
(お前の母校さっき負けたばっかじゃねぇか)

メニューは「煮干し鶏白湯ソバ」と「煮干しソバ」に「つけソバ」という構成で、
あとは味玉やチャーシューのトッピング類のみと実にシンプル。

元から俺は「煮干し鶏白湯ソバ」狙いだったので、
タグ部員に「煮干しソバ」を任せてお互い味玉もトッピングしてみます!

ブクブクと泡立ち茶濁したスープはいかにも濃厚そうだが、
粘度はそれほどドロドロではなくむしろサラッとしたタッチ。

モミジあたりを使ってるのかクリーミーな口当たりで、
ほんのりとした甘みを伴う嫌味にならない程度の旨味の中に、
魚粉もたっぷり溶かした煮干し風味がガッツリと効いている。

液状の油を意外と厚めに浮かべてあるので、
後半はズッシリとした重さで胃袋が沈んでいくほど食べでもあるね!

麺はカド張った形状の細めストレートを合わせていて、
得てして煮干し系ラーメンは硬めでボキボキした食感にしがちだが、
こちらはしっかり茹でてこの麺におけるジャストに仕上げている。

加水率も高めなのかツルツルッとした艶やかな肌触りと、
適度に残したムチッとしたコシがなかなか好みのタイプっす!

そしてサーブされた際の色合いを確かめた時点で、
すぐに味玉の上にライフセーブさせておいた豚チャーシューは、
スープの熱が入らなかったので最後までレアなピンク色!
キレイな色してるだろ…死んでるんだぜそれで…(豚が)!

10代の頃だったら夜眠れなくなりそうなムチムチ具合と、
肉汁をたっぷり閉じ込めたジューシーな味わいは特筆ものです!

一方の鶏チャーシューもキュッキュッとした不思議な食感で、
噛んでいるうちに表面にまぶした黒胡椒の香りと、
ハーブのようなグリーンなテイストもじんわり感じられる。

味玉はさすがに時期的にヤバいのでほぼ全熟だったが、
ホクホクとしたおでんっぽい味玉だって僕ぁ好きだよ僕ぁ!

DSC01652_20150909155317311.jpg

一方タグ部員オーダの「味玉煮干しソバ」は、
てっきり清湯っぽい見た目からあっさりテイストかと思って、
レンゲから勢いよく飲んだら思わずゲホゲホむせちゃったよ!

動物系ダシのまろやかさが一切入らないので、
ビターな煮干しダシがビンビンのギャンギャンに効いているので、
ヘタしたら「煮干し鶏白湯ソバ」より濃厚に感じるかも!

別の用事があったのでタグ部員とはここでお別れしたが、
ぜひタグ部員の母校には「青雲の志」を胸に甲子園に行ってもらいたいね!

それでは本日は我が母校の校歌を斉唱して締めたいと思います!
青雲それは君が見た光!僕が見た希望!せいうーん!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑富士山をバックに青空に映える連凧気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0086.jpg
↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツ!
 目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (3)
神奈川県(その他) (6)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報