拳10ラーメン@二条

DSC02056_2015120215295184a.jpg

2015年10月19日/拳10ラーメン/二条/
拳10ラーメン/800円


さぁさぁ!泣いても笑っても屁をこいても、
舞妓はんに「お兄さんドブみたいな顔してはりますな〜」と言われても、
次の一杯が今回の関西ラーメン食べ歩きガチのラストです!
ちなみにドブ顔呼ばわりされた俺は今たいへん興奮しております!

当初は数年前に換気扇工事による臨休にブチ当たった、
『高安』へのリベンジ詣でを計画していたのであった。

しかしたった今いただいた『セアブラノ神』がある四条大宮から、
『高安』のある一乗寺まではそれなりに距離があるのと、
今日も同行してくれたおとももちの漫画家・佐藤両々先生が、
「高安に行くなら唐揚げも絶対食べなきゃダメです!」とか言い出すからさぁ大変!

もちろん我が胃袋に唐揚げが入るスペースなどもう残ってないし、
人妻をこれ以上連れ回してただただ太らせていくのも、
さすがにもういい加減心苦しくなってきたのでやむを得ず予定変更。

善後策として車だったらすぐの二条にある『拳10ラーメン』に変更です!
結局豚骨ラーメンとかやっぱり太っちゃうけどねブヒー!(再び豚化)

DSC02054_201512021529422fb.jpg

DSC02055_20151202152949d6d.jpg

外観写真がしとどにピンボケ…無念…!

最寄り駅の二条からは少し離れた静かな住宅街にあり、
ふたつの引き戸に沿った横並びカウンターのみの小さなお店で、
こちらは4年前に訪れたことのある丹波口の『拳ラーメン』の2号店。

豚の飾り物や変なティッシュケースがそこかしこに置いてあり、
どこかポップで賑やかな雰囲気のお店を女性ふたりで切り盛りしており、
店内の張り紙やショップカードなどにも記されている、
京都ならではの「堪忍」の精神をお店のモットーにしている様子。

メニューは魚介メインだった本店とはまるで異なる構成で、
中濃まったりの「拳10ラーメン」と濃厚こってりの「豚10ラーメン」、
それに「濃10魚介つけ麺」に「煮干し生醤油ラーメン」と豚骨系がメイン。

丼をあらかじめグラグラに湧いたお湯に突っ込んで温めてたり、
スープは小鍋ではなく取っ手を外したフライパンで熱していて、
そのままヤットコで挟んでやり取りとかしてておっかないったらないわ!
あんなの不器用な俺だったら絶対足の甲に落として大惨事になるもん!

さすがにこってりを受け止める胃袋は持ち合わせていなかったので、
日和って注文した「拳10ラーメン」がトレイに乗ってサーブされると、
一瞬でスープの表面に膜が張るし充分これだって濃厚じゃないのよ!

表面の液体油もたっぷりでトロットロのスープは、
豚骨の旨味がフルボディで抽出されたパワフルな飲み口で、
でも嫌味がなく上品に仕上がっているなんとも不思議な味わい。

味わいとしては横浜家系ラーメンに近いものがあるんだけど、
でも似た味の家系は思い出しても見つからないって感じで面白いっす!

麺は中太くらいでカドの張っているストレートで、
丼の底が深いのでグラム数的にもしっかり詰まってる感じ。

歯を入れるとパッツンパッツンと弾けながら切れるような軽快さで、
ツルツルした肌触りも含めてどこか生パスタのような食感で、
これまたこういうスープとのマッチングはあまり見かけない組み合わせ。
でも決してアンバランスではなくこれはこれで大いにアリ!

具はチャーシューの上にほうれん草そのまた上にネギと、
まるで組体操のピラミッドのように整然と積み上げられている。

バラ肉のチャーシューは脂身のプリッとした部分がジューシーで、
逆にほうれん草は箸休めとして非常に役立つアイテムですな!

DSC02057_201512021529535d6.jpg

しかし俺をさらにびっくらこき麻呂にさせてくれたのが、
両々先生チョイスの特濃こってりの「豚10ラーメン」だブヒー!

「レンゲを入れると穴が開く」と両々先生が表現したほど、
ドロッドロのスーパード濃厚豚骨スープなのにまったくしつこくなく、
ほんのりした甘みも感じられて完全にクリームシチューですよこれは!

てっきりベジポタとか果物による甘みなのかと思ったら、
これでリアルガチで豚骨と多少の鶏ガラしか使っていない、
動物系100%のダシだってんだからホント?ねぇホントなの?

これにて本当の本当に関西ラーメン食べ歩き2015秋は終了!
4日間で計13杯食べれば誰も文句は言わないでしょ!

両々先生ともここでお別れして京都南ICから高速に乗り、
東京までの帰り道に運転しながらボーッと思い返していたのだが、
結局両々先生は『セアブラノ神』で「まぜそば」に〆ごはんまで食べたのに、
さらに特濃の豚骨ラーメンをペロリと完食してるんだよなぁ…!

それでも余裕でケロッとしていた両々先生のことが、
少しだけ恐ろしくなった旅でございました…ブヒー!(最後にまた豚化)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑両々先生ありがとねー!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts-0060.jpg
↑漫画家・佐藤両々先生とのコラボTシャツ!
 「天使のお仕事」登場キャラが着ていたTシャツを完全再現!
 3年間控えだった球児の甘酸っぱい記憶…『思い出代打』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

セアブラノ神 壬生本店@四条大宮

DSC02050_20151202152937e62.jpg

2015年10月19日/セアブラノ神 壬生本店/四条大宮/
味玉背脂煮干しそば/850円


きょうと~おぉ~はらさんぜんに~ん!
イエーイ!こむら代表ただいま京都に到着いたしましたー!

前回のエントリで「大阪ラーメンはラスト」と書いたけど、
そのまま東京に帰るだなんてこっちはひとっ言も言ってませんからね!
推理力が足りないよ推理力が!コナンを見習いなさいよ!

大阪から舞妓さんのコスプレで走ること約50キロ(ぽっくりは運転しづらかったです)、
愛車での京都訪問は初めてなのでなかなか感慨深いですな!
やめてー!ぶぶ漬けを車に投げつけるのはやめてー!

ここでまたまたおとももちの漫画家・佐藤両々先生と合流し、
両々先生もずっと気になってたお店だという『セアブラノ神』へ!

なお駐車場はお店のあるマンションの裏手に2台分あるのだが、
京都ならではの細い路地をクネクネと入った奥にあり、
しかもかなり狭めのスペースに縦列駐車で入れないといけないので注意ね!

さもないと俺みたいに死角にあった電柱に気付かないで、
おもいくそサイドをガリガリこすることになるわよ(号泣)!

DSC02049.jpg

独特のアールを描いたカウンターにスタイリッシュな座敷席、
それに店奥には待合室まで完備されている。

すべての席に七輪をカポッとはめる穴が開いているので、
おそらく元々は焼肉屋さんだったテナントの居抜きだと推測されます!

メニューは屋号のとおり「背脂煮干しそば」と「背脂辛子そば」、
それに「まぜそば」や限定の「上海まぜそば」などなど揃っていて、
麺を「中太麺」と「太麺」から選べるってのもちょっと珍しい。

かくしてサーブされた「味玉背脂煮干しそば」には、
神様が与えし福音のように大量の背脂が浮いていて、
思わずその場で自慢のソプラノヴォイスで「ハレルヤ」を熱唱!
周りのお客さんもウットリと聞き入っておりましたよ!

スープ自体はガッツリと煮干しの苦味が効いているが、
後味がすっきりしていて実に飲みやすく仕上がっている。

そこに大粒でプチプチした食感を残した背脂と液体油が、
甘みとコクと適度なこってり感を与えていて、
その突出したインパクトたるや物凄いこと物凄いこと!
でもかなり上質なのかしつこさやベタつきが一切ないのが素晴らしいね!

麺はあえての中太麺をチョイスしてみたのだが、
軽いちぢれが付けられカドの立ったなかなかの存在感。

やや硬めに茹でられていてグイッとした強いコシがあり、
さも当然といった顔で背脂もガンガン絡み付いてくるので、
麺と同じテンポでスープの量も減っていくような感じ。

これもし太麺を選んでたらまさに店主さんがイメージしているという、
燕三条ラーメンそのものになりそうでそっちも試してみたかったな!

チャーシューはほんのりレアなピンク色のロース肉を、
クレープみたいにくるりと巻いてセットしてあるので、
原宿まで持ってって竹下通りで食べてもいいね!意味ないけど!

さらにトッピングした味玉はやり過ぎない程度に黄身が半熟で、
刻んだ紫タマネギは背脂煮干し系ラーメンには欠かせないアイテム。

DSC02051_20151202152938168.jpg

DSC02052.jpg

しかしこれをさらに凌駕するインパクトを持っていたのが、
混ぜるの大好き両々先生がチョイスした「まぜそば」!
見てよこの一面の銀世界を!日本海に降るボタ雪かっつーの!

こちらはモッチモチの極太麺を熱々茹で上げのまま投入してあり、
そこに熱で少しずつ溶けていく背脂のまろやかなコクと、
たまり醤油のような濃く深いカエシの風味、
それに食べるラー油の辛味が一体となって味わいはジャンクそのもの!

こちらは味変用に刻みニンニク、ポンズ、液体ラー油、リンゴ酢が供されるのだが、
特にポンズの酸味とさっぱり感がバッチリはまってたね!

ちなみに両々先生はまぜそば系はいつも夢中で食べてしまい、
気が付いたらいつも味変する前に完食しちゃうんだって!萌えるね!

DSC02053_20151202152941ee4.jpg

麺を食べきるともちろん大量の背脂や具が残るのだが、
ちゃんと「〆ごはん」付きなのでひと粒残さず食べることが可能なのだよ!
背脂まみれの米粒とかそんなもの旨いに決まってるだろブヒー!(豚化)

セアブラノ神様からの温かいご加護に心より感謝して、
油でベッタベタの「背書」(せーしょ)を読んで勉強します!アーメン!

※お詫び

先ほどこむらが歌ったデューク・エイセスの「女ひとり」、
こむらは「京都大原に3,000人集まっている」と思い込んでいるようですが、
正しくは「京都大原三千院」です。訂正してお詫びいたします。

★本日のエンディングテーマ「女ひとり」デューク・エイセス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑恋に疲れた女がひとり気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0059_20151215185140903.jpg
↑漫画家・佐藤両々先生とのコラボTシャツ!
 「天使のお仕事」登場キャラが着ていたTシャツを完全再現!
 これを着てれば力士に張り手を喰らわされる心配ナシ!『テッポウ禁止』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

拳ラーメン@丹波口

DSC02619.jpg

2012年7月31日/拳ラーメン/丹波口/
塩系拳ラーメン/750円


帰りの新幹線まであと一時間!
京都でのラーメン行脚もいよいよ佳境どすえ~!

ラストにいただく予定のお店は、
先ほどの『山崎麺二郎』からひと駅の場所なので、
思い出作りも含めてブラブラと歩いていってみることに。

DSC02618.jpg

京都駅からもひと駅の丹波口駅から、
線路と青果市場の間の道をしばらく南下した先にお店発見!

まず何より『拳ラーメン』っつー屋号がカッコいい!

まさに拳ひとつでこの地位を築いた、
俺様にピッタリのラーメンっちゅうわけやな!
オニいいよー!オニー!(鶴太郎)

どうやら元々は『こぶ志』というお店だったようだが、
そのリニューアル店舗らしい。

厨房を囲むカウンターに広く取ったテーブル席もある、
屋号にそぐわぬビストロみたいなオシャレな雰囲気。

メニューは基本の塩系と醤油系に加えて、
新作の「牡蠣塩ロックつけ麺」に「秋刀魚節醤油つけ麺」がチンだ!
さらに「汁なし担々麺」に「黄金鶏和え麺」がボディだ!
あげくに限定の「出汁系冷製オマール海老ヌードル」がボディだチンだ!
とどめに「鶏と九条葱の和え麺」でノックアウトだ!

なんじゃこの悩ましいメニュー構成は!
ラーツ部員!今すぐ荷物をまとめて京都に集合!

とはいえ限定に手を出していたらキリがないので、
無難に「塩系拳ラーメン」で判定勝ちを狙う作戦に。
オニー!いいよー!

DSC02620.jpg

まずその特注の器に驚き!

シチュー皿のように広がった縁の部分に、
赤字で殴り書きされた「拳」の文字!

その拳の字の上に低温調理されているため、
すぐ熱が入ってしまいそうなピンク色のチャーシューを、
一旦救出&マウスtoマウス!

DSC02621.jpg

澄んだスープはあっさりしてそうな見た目に反して、
鮮魚の香りが強く出たかなりの魚力。

そこにほんのり香り付け程度に、
オマール海老の風味を移した海老油を浮かべてあり、
それが独特の香ばしさを醸し出している。
こりゃおもしろ旨いな~!

茶色い粒々が無数に見える中細麺は、
丁寧にじっくり手もみしてから茹でられている。

透明感のあるスルッとした食感だが、
全粒粉がプチプチと跳ねるような感覚があり、
噛んでいて非常にアッパーな気持ちになってまいります!

ビーチサイドに救出したチャーシューは、
なんと塩釜焼きの手法で調理されているらしく、
ムチムチしつつもしっかり脂を残していておいしい!

あとはメンマに味玉半分、
それにチンゲン菜と刻んだ春菊、糸唐辛子といった、
脇役陣もしっかり丼の中での意図を感じられて面白い。

こうなると俄然その他のメニューも気になるわけだが、
胃袋も限界だし何より新幹線に間に合わない!

というわけで結果は俺の完全なるKO負け!
このまま前人未到の13度連続正解王者防衛を目指してください!
ちょっちゅね~!

--------------------

★2012年7月のトータル杯数/33杯
★2012年の通算杯数/159杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,410杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑私は子供が嫌いだ!気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山崎麺二郎@円町

DSC02617.jpg

2012年7月31日/山崎麺二郎/円町/
らーめん/650円


京都麺行脚もいよいよラストスパート!
京都のみんな~!ラストまでぶっとばしてこうぜ~!
(イメージとしてはももクロちゃん)

「Z女戦争」の衣装に身を包み、
京都駅から嵯峨野線に揺られて一路円町駅へ。
(乗客からはひっきりなしのかなこぉ↑↑コール)

もともとは蕎麦屋だったという店主さんが心機一転、
上本町『麺乃家』での修行の末に独立したという、
異例の経歴を持つ『山崎麺二郎』を訪れてみた。

ちなみに「山崎」の正しい表記は立に可のほうね!
DTP業界で言うところの「たちさき」ね!
中日の山崎武司やオリックスの山崎浩司と同じ方ね!
ちなみにソフトバンクの岩崎は違う崎だから間違えないでね!

DSC02615.jpg

DSC02616.jpg

店頭の大きな「麺」の提灯がなければ、
それこそ日本蕎麦屋さんと間違えられそうな和の佇まい。

しかし18時の開店時間直後にも関わらず、
カウンターはなぜか大学生くらいの兄ちゃんばかりで占領され、
ちょうど満席で待ちが発生している状態で、
なんだか店側の思惑と客層がズレてるような印象…。

Bコースのハブにちょっとだけ似てる、
ポロシャツ姿の店主さんとかわいい奥様?の二人体制。

メニューは「らーめん」と「塩らーめん」「つけめん」に、
各種トッピングのみという潔さ。

しかしそれぞれのメニューごとに、
すべて違うタイプの麺を自家製しているらしい!
さすが麺二郎はん!往生しまっせ!

ひとつひとつの丼を丁寧に仕上げるため、
サーブまでにはややゆっくり。

醤油の色濃いスープはやや甘口で、
鶏をベースに鰹や昆布の旨味を凝縮したような、
上品な和風ダシをブレンドしている。

そのキリリとした佇まいは確かに蕎麦ダシに近い感じで、
胡椒より七味が合いそうな風情ですな。

啜っても引っかかりを一切感じない、
滑らかでしなやかな中細麺は、
やや平打ちで喉越しも気持ちいい。

チャーシューはジューシータイプとムチムチタイプの2種類。
そしてメンマではなく煮タケノコは、
繊維の向きが横になるように切ってあり食べやすい。

学生の下校のタイミングとぶつからなければ、
大人モードでゆっくり腰を据えていただけそうな一杯。
つか君たちはマクドでポテトでもつまんでなさい!
(おもいっきり若者への偏見)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑私は子供が嫌いだ!気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天下一品 京都北白川総本店@一乗寺

DSC02599.jpg

2012年7月31日/天下一品 京都北白川総本店/一乗寺/
屋台の味(並)/680円


京都聖地巡礼その2!

あの全国を席捲する人気フランチャイズ店、
テンイチの総本店を目指します!

あまりに神聖な場に足を踏み入れるとあって、
まず鴨川でじっくり沐浴して身を清めてから出発!
(川床からは好奇と軽蔑の視線)

DSC02596.jpg

『ますたに』からチャリで北上すること約15分、
様々な飲食店が軒を連ねる街道沿いに、
原色ギラッギラのひと際目立つ看板を発見!

DSC02595.jpg

DSC02597.jpg

思わず世界遺産でも訪れたかのように、
感動の面持ちでしばし店外をあちこち記念撮影!
明らかに警戒した様子でこちらを見る地元民!
通報上等です!緒方直人です!(世界遺産つながり)

画一化された店構えの都心の店舗と違って、
やはり総本店は風格すら感じる広々とした造りで、
ゴチャゴチャと張り紙やポスターが貼られまくった店内も面白い。

看板娘のベッキーともやたら目が合っちゃって、
ひょっとしてこれって恋の始まり!?
でも君ってメガネがちっとも似合わないからごめんなさい!

卓上にはもろもろの調味料に加えて、
特製の辛子味噌や辛ニラなんかも置いてある。
これって他の支店にもあったっけ?

DSC02598.jpg

メニューはクラクラするほど多彩で、
もちろん「中華そば」のあっさりこってりが主軸なのだが、
せっかくわざわざ総本店に来たっつーことで、
屋台時代の原点の味という「屋台の味」をチョイス!

ニンニクの有無を聞かれたので、
もちろん京女がドン引きするほど入れてもらいます!

屋号が染め抜かれた真紅の丼の中には、
天一伝統の鶏白湯スープがなみなみ。

アンセムである「こってり」と比べると、
より鶏の強い旨味がダイレクトに舌に届き、
野菜類は奥に引っ込んだような印象。

いわば「あっさり」と「こってり」のちょうど中間くらいの感じで、
重たいスープがあまり得意じゃない、
金髪胃弱野郎の身には非常に食べやすい。
ニンニクと唐辛子も結構効いててパンチも充分!

麺は細麺と普通麺から選べるのだが、
オススメを聞くと細麺は博多ラーメンが好きな人向けらしいので、
だいたい想像がついたので普通麺をチョイス。

やや角ばっていてハリがあり、
プルプルもちもちした食感のまさに王道の中華麺。

具は通常の「中華そば」と同じ、
しっとり気味のペラチャーシューとメンマ、九条ネギ。

チャーシューとネギで麺を巻き、
一気に啜れば口の中はベッキー一色!
ちなみに歌手活動の際は「ベッキー♪#」なのでお間違えなく!

そして途中で投入した辛ニラに感動!

芯はキュッとしっかり詰まった歯ごたえがあり、
葉の部分は新鮮でシャキシャキ、
嫌な辛さや臭みは一切なく心地よい苦味と辛味に溢れてる!

オラこんな旨いニラを食べたの初めてだ!
さすが京野菜のお膝元じゃないね!
とか思ってたらニラって別に京都特産じゃないのね!ズコー!

DSC02600.jpg

何はともあれ総本店を攻略できたことで、
またひとつ天一レベルが上昇したぜ!
竜王を倒しに行ける日も近いです!緒方直人です!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ひまわり娘気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば ますたに 今出川本店@元田中

DSC02594.jpg

2012年7月31日/中華そば ますたに 今出川本店/元田中/
ラーメン並/600円


さぁ!泣いても笑っても、
通りすがりの舞妓さんにぶぶ漬けを投げつけられても、
いよいよ今日が京都滞在最終日ですよ!

本日のテーマは「聖地巡礼」!

レンタサイクルで京都の町並みを楽しみつつ、
老舗中の老舗ラーメン店を礼拝して回るという、
スピリチュアル好き女がシッポ振って喜びそうな、
パワースポット巡り的麺行脚にございます!

しかしまずはその前に、
昨朝の『新福菜館』に続き朝ラーメンとしゃれこみましょう!

もちろんターゲットはその『新福』のすぐ隣にある、
こちらも老舗の『第一旭』に決まってるでしょうがー!
はだけた浴衣姿のまま店までダーッシュ!

DSC02592.jpg

DSC02591.jpg

どーーーん!どんどーーーん!!!

昨日だけで4軒も振られているというのに、
まだ神様はオラを許してくれねぇのか!
もうこの世は神も仏もねぇよ!人間死んだらただの土と灰だ!

きびすを返してホテルにダッシュで戻り、
ヤケクソで爆音でペイチャンネルを流しながら、
ベッドでシクシク泣き崩れること小一時間。
(壁をガンガンにぶん殴る隣の部屋のオヤジ)

ようやく涙も引いたのでホテルをチェックアウトし、
駅前で一日1,000円のレンタサイクルを借り、
優雅に晴天の京都の街をポタリングスタート!
なーんだ!気持ちいいじゃないか!

すっかり機嫌も直りつつ走ること40分、
今出川通りと並走する川を挟んだ向こう側に、
本日第一のお目当て『ますたに』の赤い庇を発見!
あぁ神々しい!まぶしい!

DSC02593.jpg

東京の日本橋にある支店には、
何度となく食べに行った記憶があるのだが、
都心の一等地に建つ東京店とはまるで雰囲気の違う、
いかにも「町のラーメン屋さん」風のたたずまい。

真紅のカウンターが映える店内では、
割烹着姿のおばちゃん達がナチュラルビューティーに接客、
そして動物系のスメルがぷんぷん!期待値アップ!

「通しまーす!」の合図とともに、
次々とラーメンが出来上がっていくが、
店の窓際の奥まった場所に厨房があり、
調理の様子は客席からはまったくうかがえない。

そんな感じであっという間に供された念願の「ラーメン」は、
背脂がギッシリ表面を覆う王道の京都ラーメンスタイル!
これこれ!これが食いたかったのよ!

いかにもこってりしてそうに見えるビジュアルだが、
見た目に反してスープはさっぱりテイスト。

100%鶏ガラのみのコクのあるダシに、
豚の背脂の何ともマイルドな甘みが加わり、
さらに底に沈んだ唐辛子ダレが徐々にピリ辛感を増して、
終盤の味をビシッと引き締めてくれる。

麺はちょい柔らかめに仕上げられた、
色白で細めのストレートタイプ。

しかし一見華奢な見た目なのに反して、
粘りのあるモッチモチの食感でビックリ!

芸能人で例えれば吹石一恵!
ほっそいのに出るとこは出てる感じ!
いっしょぉ~けんめぇ~し~ら~し~んけ~ん♪

チャーシューはホロホロに柔らかいのが景気良く3枚。
メンマに九条ネギの脇役勢も、
京都ラーメンにはなくてはならない存在!

大満足で店を出て余韻に浸っていると、
なんと店内ではまったく見えなかった厨房にいる店主の姿が、
擦りガラス越しにボンヤリと拝めちゃうではないか!
何この見えそで見えないエロチシズム!

あとでジャンプの裏表紙の通販で、
モザイク除去機買って丸見えにしちゃうかんなー!
(結局まったく機械は役に立たず未遂に終わる)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ポニー気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天天有 ひるまや@一乗寺

DSC02587.jpg

2012年7月30日/天天有 ひるまや/一乗寺/
煮干豚骨らーめん/650円


『すがり』でゾーモツ充を果たした後は、
いったんホテルに戻って夜麺2杯目のセルフ検討会議。

持参した関西ラーメン本と、
最新鋭のiPadを駆使して情報を精査し、
かつ自らの胃袋と対峙してコンディションを確認。
いける…今のこの腹具合なら…夢を語りにいける…!

そう!京都が誇る二郎系ラーメンの雄、
『ラーメン荘 夢を語れ』に今なら行けるぞ!

しかし定休日に関する情報が錯綜しており、
第1日曜だったり月曜だったりとイマイチ確証が持てないが、
悩んでても始まんないのでとりあえず出かけちゃえ!
こういうのバカの力って言うんでしょ養老先生!

DSC02577.jpg

DSC02578.jpg

地下鉄の出町柳駅からテクテクと地下を歩き、
叡山電車という素朴なローカル線に乗り換えて一路一乗寺へ。

DSC02579.jpg

御多分に漏れずこの電車にも萌えキャラが!
この娘は加茂川マコトちゃんって言うんだって!
まずはお友達から始めてください!グワシグワシ!

一乗寺駅から東京では考えられないような、
真っ暗な住宅街を10分ほど歩いてようやく到着。

さぁ果たして『夢を語れ』は開いているか!
イチかバチかどっちじゃコラー!

DSC02581.jpg

バチだったー!!!

DSC02584.jpg

はいこれいま現在の営業形態ね!
オレが人柱になったからみんなは安心だねー!

でもまぁある程度は覚悟の上だったし、
一乗寺はリカバリ店が本当に多いのでショックは少なめ!

次なる候補は京都ラーメンの老舗『高安』!
こちらは年中無休という情報も掴んでるし無問題!
カヒミカリィばりのハミングしながら今来た道を引き返すじょー!

DSC02580.jpg

バチー!バチバチーーー!!!

DSC02589.jpg

DSC02590.jpg

フラッシュで反射しちゃったけど読めるかなー?
「換気扇の工事と天井の雨漏りの工事のため8月3日まで休業」
って書いてあるんだよーアハハハハーーー!!!

「毎日休まず営業中」って、
汗までかいてるのにお休みだったよアハハハハーーー!!!

あまつさえわざわざ京都まで来て、
わずか10分足らずで2軒立て続けに振られるというハードパンチは、
一発で輪島レベルのパンチドランカーになれる破壊力!
はいだんごたべてぱ~んとうにゃにゃ~!
(関根勤のモノマネを完コピ)

DSC02585.jpg

すっかり心は折れそうになっていたが、
もう気合いだけでリカバリのリカバリに選んだのは、
本来は翌日の「聖地巡礼ツアー」で行くはずだった『天天有』。

DSC02583.jpg

先ほどの『夢を語れ』のすぐ隣なので、
営業してるのは確認していたのでやむなく妥協することに。
明日の予定狂っちゃうからまたリスケしないとなぁ…。

しかしこちらも京都のラーメンを語る上では、
外すことのできない名店中の名店!

鶏をたっぷり使った白湯の中華そばがメインだが、
最近は昼のみ煮干し豚骨ラーメンの『ひるまや』として、
二毛作営業にもチャレンジしたりしていて、
老舗とはいえ日々進化は怠っていない様子。

店頭の券売機で「らーめん」の食券を買い、
入口横の待ち合いスペースでグッタリと席が空くのを待っていると、
どうも店内の様子がおかしい事に気付く。

なぜ券売機のラーメン写真は鶏白湯じゃないんだ…?
先客が食べてるラーメンも明らかに違うじゃない…?
つかさっきから店内に漂うこの煮干しの香りは…?
まさか…まさかまさか…!!??

ハッと現実に立ち返り店員のおばちゃんに、
「すいません!今日は天天有じゃないんですか!?」と尋ねると、
「こちらの張り紙のとおりなんですよ~」と、
顔色ひとつ変えずにおばちゃんから悪魔のひと言…!

DSC02588.jpg

あぁ…なんと『天天有』としての営業は、
7月30日~8月1日まで早すぎる夏休みとなっていて、
その間は夜も『ひるまや』としての営業なんだってさ…。
だから鶏白湯は食べられないんだって…さ…。

死にたい!もう麺をノドに詰まらせて死にたい!

もうなんか完全に気力が萎えてしまって、
細ストレート麺か太ちぢれ麺か選べたらしいが、
どっちを頼んだのかもあまり覚えてないや…。

店のオヤジさんからドカッと豪快にサーブされた、
うっすら濁ったスープの「らーめん」は熱々で、
ライト気味な豚骨スープに苦い煮干し油が覆っていた…はず…。

麺はストレートでカンスイの黄色みが強く、
モソッとした食感だった…はず…。

チャーシューは確か柔らかくて、
メンマ代わりにヒメタケノコが入ってた…はず…。

昼の『宝屋』も含めたら、
前代未聞の一日4軒に振られるという異常事態に、
俺の脳はもう完全にフリーズ&再起動も効かない状態で、
正直どんな味だったかはっきり覚えてません!

あと記憶に残っているのはもう、
テレビのボリュームを最大にしてペイチャンネルを観ながら、
一人ホテルの小部屋で全裸で泣きながら、
ヤケ酒をあおる己の姿だけです!すいませんでした!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑京都の夜は涙に濡れて…気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

和譲良麺 すがり@四条

DSC02571.jpg

2012年7月30日/和譲良麺 すがり/四条/
もつつけめん1.5玉/880円


『宝屋』がとっくに閉店していたとも知らず、
ノコノコと京都随一の繁華街・先斗町までやって来てしまった、
うっかり母さんことこむら代表。

予定が狂って時間がポッカリ空いてしまったが、
こんな時に豪気な男衆なら先斗町でシッポリ遊ぶんだろうけど、
そんな勇気も財力も持ち合わせていないので、
なんとなく街をブラブラして時間をつぶす。

とはいえさすがに涼みがてらだとしても、
OPAの中にあるブックオフで中古CDをボンヤリ見てる時は、
「オレ京都まで来て何してんだ」感がぬぐえなかったよ!

そうこうしてるうちに夕方も過ぎたので、
ホテルでシャワー浴びてから夜麺に出発じゃー!

散歩がてらブラブラと20分ほど歩き、
向かったのは昼に食べた『高倉二条』のネクストブランド。

DSC02568.jpg

車も通れないような細い筋に、
木造の雰囲気のいい小料理屋さんが並ぶ四条の裏通り、
つけ麺が話題の『すがり』はその一角にある。

DSC02567.jpg

見よ!このラーメン店とは思えない重厚感を!
普通は中尾彬クラスじゃないと入れない店だよ!志乃!

DSC02569.jpg

DSC02570.jpg

さらに間口の小さな引き戸をくぐると、
券売機までの動線に趣きのある長い通路があり、
さらに風情のある中庭を経由してお店に入る。

その店内も古い家屋を改装したという、
木の風合いをそのまま活かした味わいのある雰囲気で、
柔らかい照明も相まって非常にくつろげる空間。
こりゃぜひ京美人とゆっくりパイイチやりたいところですな!

お冷やのお茶を蕎麦猪口で飲ます感じや、
麺を全粒粉麺とゆず太麺から選べるあたりは、
先ほどの『高倉二条』と同じシステム。

メニューは「らーめん」と「つけめん」とシンプルだが、
牛モツや黒毛和牛肉のトッピングが人気。

もちろんゾウモツーとしては気になる「もつつけめん」を、
今度はゆず太麺でいただきます!

バットでモツをバーナーで炙るたびに、
その香ばしい匂いが立ち上がってきて腹が減るホソ〜!

熱々の鉄鍋で供されるつけ汁は、
『高倉二条』と同じく旨味やコクは深いが、
濃度はほどほどでしつこくない豚骨魚介。

そこに少しの酸味辛味が加わり実にバランスがいい!
個人的にはかなり好みの濃度っす!

そしてやや灰色がかった平打ちの全粒粉麺とは対照的に、
ゆず太麺は色白ツヤツヤのまっすぐストレート。

そのままつけ汁につけずに食べてみると、
確かに噛むたびに爽やかな柚子風味が広がるが、
つけ汁と一緒だとやや引っ込んじゃうかな?

ツルツルしてるけどしっかりしたコシがあり、
グッと歯を押し返すような食感で美味しい。

DSC02573.jpg

そしてつけ汁に沈んだモツは、
東京では耳馴染みのない「ホソ」という部位だそうで、
ひと口大にカットされたものが5切れほど。

皮目は弾力があり脂身はプルプルで、
嫌な臭みなど皆無でこれは上等品ですわよー!

連食予定じゃかければコイツをご飯に乗せた、
サイドメニューの「モツ丼」をどれだけ追加注文したかったか!

モツ以外の具は茹でキャベツと、
さらに麺の上に2種類のネギとニンニクの芽。
このネギはやっぱり九条ネギなのかしら?

白髪ネギに一味をちょっとかけて単品で食っても旨い!
醤油ダレが染みたトロットロの煮込みネギもたまらんたまらん!
もう九条ネギ無しでは生きられない!
ローンを組んで一生分の九条ネギを買い占めたい!

スープ割りは和風ダシでさっぱり。
山椒を振っても味が引き締まる。

DSC02574.jpg

店を出るととっぷりと日が暮れていて、
店の雰囲気はさらに味わい深い印象に変わっていた。

ここに舞妓さんの一人でも歩いていたら、
最高に映える景色になるんだろうけど、
そこにいたのは休憩中に彼女に携帯で電話してる、
居酒屋のバイトの兄ちゃんだけでした!

来週の休みはドライブに行くんだって!
悔しさと羨ましさで俺のホソが急性腸捻転!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ねじれたホソ気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (131)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報