スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華そば よしかわ@北上尾

DSC00684_20141217192741d6e.jpg

2014年11月22日/中華そば よしかわ/北上尾/
煮干そば 白+いわし丼/680円+360円


さぁさぁ!青森ラーメン合宿の余韻もまだ冷めやらぬうちに、
今度はラーツ部で埼玉へお邪魔いたしますですよ!

今回も部員7人中5人が参加という大所帯なのだが、
あいにくいっぺんに乗っていける車の手配ができなかったため、
俺とタグ部員の軽自動車2台に分散して、
まず一軒目の上尾の『よしかわ』で直接集合することに。

しかしタグ&KEN-1両人の家が近い組と合流すると、
楽しいはずの部活なのにどうにも二人のムードが険悪な様子…?

なんとKEN-1部員は前日に職場の飲み会で、
さんざんっぱら呑み倒してきて完全な二日酔いらしく、
タグ部員との待ち合わせにも遅刻したきた挙げ句、
上尾まで向かう車中でずっとガーガー眠り呆けていたらしい!

ラーメン食べ歩きは意外と体力を要するので、
みな万全の体調管理のもとで参加しているのになんたる失態!
あとで全員で特殊な器具を使って折檻してやるから覚えとけよ!

DSC00678_20141217192725e2e.jpg

DSC00679_20141217192726909.jpg

気を取り直して前5人ほどの『よしかわ』の行列に並ぶと
大通りからはちょっと奥まった住宅地にあり、
一般家屋がポツポツ並ぶ一角の平屋建てという目立たない店なのに、
11時の時点で続々と駐車場に地元ナンバーの車がやって来る。

店舗の外には待ち用の縁台が設けられており、
たっぷり陽の差す南側に向いているため11月でもポカポカ暖かく、
思わず全員丸まって寝ているうちに縄張り争いが勃発!

タケモトピアノのCMの最初に出てくるネコのように、
弱い者からフギャー!と落っことされていくうちに、
なんと最年少のshigeruuu部員が勝ち残り、
一気にラーツ部ヒエラルキーのトップに君臨するという下剋上に!

全員でshigeruuu部員にゴロリと腹を見せて、
服従のポーズを取っているうちに店員さんに呼ばれたので、
一気に人間の理性を取り戻して颯爽と入店。

壁に沿ったカウンター席と4人掛けのテーブルが多数ある、
木の風合いが素晴らしいロッジ風の店舗には、
片口や伊吹、うるめなど様々な煮干しの段ボール箱が積んであり、
さすが「煮干専門店」と謳うだけのこだわりを感じさせます!

にしてもそれほど大きくない店を調理3人ホール3人と、
かなりの大人数で回していてなかなか凄いことに。
厨房なんて男3人横並びで作業しててもうギッチギチですもん!

メニューは醤油が異なる「煮干そば」の白と黒に、
煮干の分量をパワーアップした「濃いめ」、
さらに「しじみそば」「いわしそば」「つけめん濃いめ」に、
一日10食限定の「鯛煮干そば 鯛茶漬け付き」と凄いバリエーション!

本来なら市川貝十郎的には「しじみそば」を選びたいところだが、
今このメンツの中で最もしじみを食っとくべきなのは、
どう考えても二日酔い野郎AチームのKEN-1部員なのは明白なので、
自分は泣く泣く譲って「煮干そば」の白をチョイス。

さらに青魚大好きの自称イワシャーとしましては、
サイドメニューの「いわし丼」も食べなきゃ死んでも死にきれねぇ!

全部で5人分の丼にサイドメニューの茶碗がふたつ、
さらに辛抱たまらなくなったshigeruuu部員が、
途中で「いわしそば」まで追加でオーダーしたので、
テーブルの上はガチャガチャで大変なことに!ホームパーティーか!

産地にまでこだわった複数の煮干しをブレンドしたスープは、
まさに煮干しのかぐわしき芳醇なアロマが、
一滴一滴にまで染みわたった違いの分かるニボプレッソ。

気品すら感じるほどビターな苦味に満ちあふれているものの、
酸味やえぐ味といったマイナスの要素は一切排除されていて、
それを白醤油の淡いテイストがまとめているため、
煮干しそのものの魅力を存分に楽しめるようなバランスになっている。

こりゃ確かに噂通りの極上もんやで!倖田來未やで!
(イワシの皮で作ったギラギラのスパンコール風衣装で)

麺も自家製にこだわった細めのストレートタイプで、
うっすらと茶色いドット模様が透けて見えている。

しなやかで箸で持つと細い割にずっしりと重量感があり、
煮干しラーメンらしいコリッとした硬質なコシは残しつつも、
やたら硬めではないジャストな茹で加減に仕上げてあってかなり好み!
この麺でだったら手首を縛られて拘束されてもいい!

ほんのりピンク色のレアチャーシューは薄切りにし、
丼の中央に丸く飾られていてまるで薔薇の花びらのよう!
柔らかくムチムチした食感もエロスの固まり!
真っ赤な口紅の小沢真珠にねっとりした視線で食べてほしい!

さらにしっとり系の鶏モモチャーシューが1枚に、
濃厚な黄身をトロトロの半熟に仕上げた味玉が半分、
さらにチューインガムみたいな形状でサックサクのメンマと、
海苔とミツバまで入って具だくさんなのも嬉しいね!

DSC00682.jpg

そしてもうビジュアルだけで美味しいのが分かるので、
サーブの段階でごちそうさま!と叫びたくなる「いわし丼」は、
シェアが原則のラーツ部なのにあえて単独で注文。

脂の乗りまくったイワシの切り身を軽くヅケにして、
海苔を敷いたご飯にたっぷりと乗せた人気のサイドメニューで、
プリプリとした身にちょっと生姜の効いたタレが染み込んでいて、
ひとめぼれを使ったご飯との相性は言わずもがなでしょ!

イワシャーだったら食べなきゃ大損ですこれは!
FX投資とかする資金があるならこっちを食えこっちを!

DSC00683_201412171927398e8.jpg

ダシのベースは白と同じものだと思われる、
「煮干そば」の黒をチョイスしたのはshigeruuu部員。

こちらはたまりのような主張の強い醤油と合わせることにより、
煮干し風味がやや奥に引っ込んでバランスを重視したような配合。
こちらのほうが万人向けで煮干しビギナーにも安心!

白よりもほんのちょっと細めに感じる麺にも、
低加水ゆえ醤油がしっかり染み込んで美味しゅうございます!

DSC00686_20141217192744f4b.jpg

そして390円と破格の「いわしそば」は、
麺量70グラムと軽いのでサイドメニューとして食べられる。

こちらは漬けにしていない生のいわしの刺身を、
底に沈んだピリ辛のオイルとタレを絡めて、
麺と一緒に食べるいわゆる汁なしの和えそばスタイル。

とにかく新鮮ないわしの風味とタレがマッチしており、
ラーメン風アンチョビのペペロンチーノとでも言いたくなる旨さ!

DSC00685_20141217192742dde.jpg

タグ部員オーダの衝撃の「つけめん 濃いめ」は、
つけ汁がグレーを越えてもはや真っ黒!
粘度も強烈でドロッドロだしなんたるハイインパクト!

煮干しというよりオイルサーディンをミキサーにかけたような、
強烈なイワシ風味がモチモチ中太麺に絡んでそれはそれは凶悪な味わい!
タグ部員も口をリアルにお歯黒状態にしながら興奮して食べてました!

DSC00681_20141217192730784.jpg

DSC00687.jpg

てらみん部長はまだ残っていた「鯛煮干そば 鯛茶漬け付き」を。

まるで高級料亭のお吸い物を飲んでいるかのような、
鯛煮干の気品ある香りにあふれたラグジュアリーな味わいだが、
ただあっさりなだけでなくちゃんとパワフルさもあって、
きちんとラーメンのスープとしての落とし所にまとめているのも凄い!

さらに急須で別に新しい鯛ダシまで付いてきて、
鯛の切り身が乗ったご飯でお茶漬けで〆られるという豪華賢覧さ!
全身金ピカルックのてらみん部長にお似合いの一品です!

DSC00680_2014121719272982b.jpg

そして二日酔い野郎KEN-1部員は問答無用で「しじみそば」を。

しかしこれがしじみの煮干しをコトコト煮込んだダシに、
さらに生しじみを投入する「追いしじみ」をすることによって、
貝好きにはたまらないタウリンの風味全開の極上の塩ラーメンに!

これにはただれまくりの野郎の肝臓も、
一瞬で赤ちゃんの頃の数値にまで回復しておりました!

さすがに慌ただしい都心でお店を開いてしまうと、
まずこのラインナップの多さと客回転率では賄えないだろうし、
改めて最近郊外で自分のペースでお店を経営する動きが目立つ、
昨今のラーメン業界の今後の方向性が見えてくる思いでございました!

さーてテンションが上がったまま次のお店へ向かいましょうかね!
二日酔い野郎は縁台に転がしておくから自力で来いや!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑呑みすぎには注意しましょう気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん 竜美@桶川

DSC05591.jpg

2014年3月2日/らーめん 竜美/桶川/
らーめん/650円


不定期にいただく出張のお仕事で、
埼玉は深谷までやって来た似顔絵おじさん a.k.a. 俺。

しかしこの日はあいにくの雨模様で客足も伸びない上に、
今回の現場はテント張りの野外だったので気を失うほどの寒さ!

お客さんが来るまではひたすら待機するしかないので、
ブランケットにスッポリくるまりストーブにあたり、
100℃の熱湯をガブガブ飲んでも震えが止まりませんよ!

終業時間が来る頃には身体の芯から冷え切っていたので、
ここはちょっとあったかいものでも食ってから帰ろうと、
深谷から中山道を延々30km走って上尾まで移動、
昨年9月にオープンした『竜美』にやってまいりました!

DSC05590.jpg

大宮ゴルフコースに程近い住宅街の一角にあり、
住所的には上尾だけど最寄り駅は桶川になる(つっても1km以上あるけど)。

こちらは東京では今のところ『青島食堂』『我武者羅』くらいしか、
専門店として営業している店が見当たらない、
新潟長岡の「生姜醤油ラーメン」インスパイアを標榜しており、
店に近付くとふんわりと生姜のいい香りが漂っている。

200mくらい離れた場所に二箇所駐車場があるのだが、
薄暗くてちょっと目立たない場所にあるので、
ドライバーは入口にある目印の黄色いノボリを見逃さないように!

つか黄色い旗を目指して車で走るってまんま「ラリーX」じゃん!
(ティーンを置いていく昭和40年代生まれ)

厨房に面したカウンターにテーブル席も豊富で、
ファミリー客などがファミレス感覚でワイワイ楽しんでおり、
すでに地元民の胃袋を生姜でガッチリキャッチしている様子。

しかしメニュー構成は意外と豊富で、
いわゆる長岡生姜ラーメンの「らーめん」以外にも、
白湯スープとブレンドした「豚骨醤油らーめん」に「味噌らーめん」、
さらに燕三条までいっちょかみして「背脂醤油らーめん」まであるじゃん!

生姜+白湯という未知の味にもたいへん惹かれたが、
ここは初志貫徹で「らーめん」でファイナルジンジャー!

大きめの丼になみなみ注がれたスープは、
肉の旨味がほとばしる動物系清湯ダシをベースに、
気高い醤油と生姜が全開バリバリに香る、
まごうことなき長岡のあのラーメンを再現しております!

しかし味蕾に生姜をこすり付けられているかのような、
究極デフォルメ系長岡ラーメンの秋葉原『青島食堂』と比べると、
その味わいはマイルドで優しい万人向けにシフトしている印象。

どちらかというと数年前にラーツ部合宿で訪れた、
地元長岡の『青島食堂』本店で食べた味に近いかも!

スープを飲むたびに冷えた身体がホカホカあったまって、
代謝が上がってほんのりと頭皮が汗ばんでいく。
これはまさに「食べるスーパー銭湯」と呼んでも過言ではないですな!

平ザルで小気味良くチャッチャと湯切りされた麺は、
やや太めでゆるやかなちぢれが付いている。

柔らかめに茹でられてふっくらとした素朴な噛み心地で、
たっぷりスープに泳ぐかのようにたゆたっているので、
啜るたびに生姜の風味が抜けていくのが心地いい。

ただし柔らかい故に伸びるのがちょっと早めなので、
いま流行りの携帯版テトリスとかやってないでとっとと食いな!
(キーホルダーとしてカバンに付けられるやつ)

そして長岡ラーメンといえばたっぷりチャーシューがお約束だが、
肉の旨味ほとばしる薄切りタイプのものが、
ケチケチせずに大量に乗せられていてテンション上がるね!
高度成長期の頃の日本人ってこんな感覚だったんだろうね!

対照的にやる気のなさそうなクタクタのほうれん草も、
長岡系には欠かせない定番アイテム。

かなり気に入ってほぼスープまで完食したおかげで、
身体はすっかりポカポカに温まったのだが、
むしろ効きすぎたのか発汗が止まらなくなっちゃって、
駐車場に戻るまでの200mは素っ裸で歩いてきちゃった!

このスリル…クセになりそう…!
ビッ!ビッビッ!(ラリーXの煙を噴射する音)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ナムコ気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0084.jpg
↑演歌の名曲がモチーフなのになぜかアメリカのモーテル看板風!
 全室くもりガラス完備で他人の妻にオススメ『さざんかの宿』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺処 慶@上尾

DSC04403.jpg

2013年6月23日/麺処 慶/上尾/
濃厚煮干しそば/700円


熊谷~行田での2日間にわたる出向のお仕事は、
昼飯&夜飯に『きくちひろき』『Indie』の2杯を挟みつつ、
20時過ぎにホテルにチェックインしてようやく初日終了。

…と思ったらここからが超ハードコアな展開に!
麺レポまでにかなり長くなるけどまぁ聞いて!

ケチって安いホテルを予約しちゃったのだが、
身長165cmのオレでも頭がギリギリなくらい天井が低いし、
壁から風呂のシャワーカーテンから蓄積されたヤニでまっ黄色だし、
廊下にステテコ姿でぺヤングの容器を持ったままボーッと立ってるオヤジはいるしで、
これ独居房だろ!って言いたくなるくらいまぁドープな物件!

実家で寝てたやつのほうがよっぽどマトモだったくらいの、
寝返りを打つたびに尋常じゃなくきしむベッドで、
優しさ持ちよるどころかほぼ一睡もできない状態のまま、
2日目の現場である行田へと向かうことに。

しかもその現場も行田駅から4kmほど離れていて、
周囲を建て売り住宅建設用の空き地に囲まれたスカスカの状態で、
お客さんなんかまるっきり来やしないロケーション!

周辺にはラーメンどころか飲食店の一軒もなく、
仕方なく昼飯は近くのコンビニの駐車場でパンをかじる始末!

あまりにも退屈な時間を必死につぶしながら、
ようやく17時になって解放された頃にはもう逆にヘトヘト!
ラーメン食ったらもう早急におうちに帰る!帰る!

そういえばいつぞやのラーツ部埼玉遠征の際に、
スープ切れで花道を喰らった『くりやらーめん』が帰り道に近いはず!
いくらなんでも18時前ならスープも切れてなかろうてー!

DSC04400.jpg

なかろうてーーー!!!

DSC04401.jpg

17時半の時点で本日完売って!
どうやら昼の部でスープを使い切ったら夜はハナから営業してない様子!
これで2戦2敗!そんな高いハードルの店なのここ?

こうなるともうやけっぱち(もしくはでこっぱち)になってしまい、
疲れた身体にムチ打って中山道を延々20km以上爆走、
今回の仕事とはなんも関係ない上尾まで来てリカバリしてやるわ!

DSC04402.jpg

そんな突拍子もないリカバリに選んだのは、
数年前にラーツ部でも訪れたことのある『慶』さん。

直前で4人組の団体に先を越されてしまい、
そのテーブル席が空くまで通してもらえないので、
結局20分ほど待ってようやく入店することに。

相変わらず味噌とニンニクが中華鍋で炒められる、
香ばしいにほひが店内に充満していて食欲が掻き立てられますな!

当時は定番の「みそ」と「煮干し」のみだったのだが、
現在はかなりメニューのバリエーションが増えており、
「海老トマトらーめん」や「トロ塩らーめん」、
さらに鶏×煮干×貝という構成の「極普通のらーめん」なる限定まで!

しかし今日の気分は煮干し!もう抗えない!
カルシウムを補給しないとアタイもうやってらんない!

外待ちの間にあらかじめ食券を回収していてくれてるので、
隣の席で漫画を読みながらダラダラノロノロとラーメンを食い、
生ビールのジョッキをいちいちカウンターにダン!と音を立てて置く輩に、
一生EDになる黒魔法をかける時間もなく、
あっという間に「濃厚煮干しそば」がサーブ!命拾いしたなお前!

ダークブラウンのスープには細かい魚粉が散りばめられ、
見ただけでゴクリと唾を飲むような濃厚さが伝わってきます!

実際レンゲがヌポッと入るほどの濃ゆさだが、
油っぽいしつこさがなく旨味に満ちあふれた動物系のダシに、
酸味やえぐ味のないリッチビターな煮干しの苦味と、
熟成したような深みのある醤油の香りが加勢して、
まるでブラームスの交響曲を聞いているかのような重厚な味わい!

まぁクラシックとかまったく聴きませんけど!
普段は100%ハロプロの曲しか聴いてませんけど!

負けじとでっぷりとした極太麺も、
啜るとブリンブリンとうねるように持ち上がってきて、
噛んでもグッと歯を押し返してくるような、
強靭なコシを持った跳ね馬のような暴れん坊なタイプ!

この濃厚なブラームススープにも、
ガチンコで五分で戦える存在感をアピールしてますな!

そして巨大で分厚くてしっとりとしたロース肉のチャーシュー、
材木を食ってるみたいなゴリゴリ食感のメンマも加わり、
丼の中は板垣恵介先生の漫画の世界観のような様相!

逆に「極普通のらーめん」っつーのが、
どんな対照的な状態になっているのか知りたい!
こっちは言うなれば植田まさし先生の漫画の世界観なのかしら?
(なぜさっきから漫画に例えているのかは謎)

色々あった後のリカバリだけに、
これくらい主張の強いラーメンがちょうど良かったっす!

でもまだまだアタイ満足できない!
もうやけっぱち(もしくはでこっぱち)じゃ~!もう一軒行ったれ~!
(ブラームスの交響曲第1番をフルボリュームでかけながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ハ短調気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0070.jpg
↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!
 だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』
 (ブラームスだっつってんのに)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

横浜ラーメン あばん@上尾

DSC02716.jpg

2012年8月19日/横浜ラーメン あばん/上尾/
ラーメン太+半ライス/700円+50円


『賀乃屋』で王道の白河ラーメンを堪能した後は、
一路上尾駅まで移動して横浜家系ラーメンの人気店へ。

埼玉で福島と神奈川のラーメンを連食っつーのも、
考えてみればなかなかアバンギャルドな行為なわけで!
もっともっと世の既成概念を覆したいのです!
(きゃりーぱみゅぱみゅを意識した原宿ファッションで)

DSC02715.jpg

そんな6%ドキドキ男にふさわしい店こそ、
上尾駅西口からすぐのエリアにある家系の亜流店、
その名も『あばん』!アバンギャルドのあばん!

店内にはやはり家系の店独特の、
男っぽくて武骨な雰囲気が流れているが、
女の子ちゃん店員が書いたカワイイPOPがあちこちに貼られ、
さらにお子様にはお菓子のサービスがあったりと、
ギャップ萌えでノックアウトさせる要素が満載!

メニューの主軸はもちろん「ラーメン」だが、
家系ならではの太麺だけでなく、
細麺も用意されているあたりがアバンギャルド!

卓上はニンニク、豆板醤、ゴマに紅生姜と、
味変アイテムがひと通り揃っているのがありがたい。

茹で加減、味の濃さ、油の量すべて普通で頼んだ「ラーメン」は、
カエシ感の少なそうなやや薄い色合いのスープで、
口当たりはライトでマイルドだが、
豚骨の旨味が強く出ていてどっしりとした重量感。

たま~にイマイチな家系にありがちな、
嫌な血生臭さとかも皆無でスルスルと食べやすく、
鶏油も普通でもそこそこ効いていて美味しい。

ブリブリしたやや平打ち太麺は、
家系御用達の酒井製麺なのかは不明だが、
一本一本が短くてだらしない食感(誉め言葉)は、
なかなかそれらしい感じが出ている。

チャーシューはしっとり系で柔らかくジューシーで、
とかくチャーシューがイマイチな家系では、
トップクラスの出来といってもいいでしょう!

海苔やほうれん草の定番の具に加えて、
珍しいメンマも乗っかっているあたりがアバンギャルド!

終盤はゴマやニンニクを足してカスタムするが、
「あばん特製スパイス」なるものがあったので試してみたら、
焙煎したような深みのある七味唐辛子風味でした。

連食だっつってんのについ調子に乗って、
ライスまで頼んじゃったのでさすがにもうお腹パンパン!

これじゃお気に入りのお洋服が入らなくなっちゃうよ~!
でもムリヤリ着ちゃうんだもんね~!
これぞ究極のアバンギャルド~!ブチブチブチ~!
(服が一直線に裂ける音)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ファッションモンスター気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

白河手打中華 賀乃屋@北上尾

DSC02714.jpg

2012年8月19日/白河手打中華 賀乃屋/北上尾/
ワンタンメン/800円


千葉の麺レポが終わったと思ったら今度は埼玉だ!
シティーボーイのかけらも無い!

定期的にいただいている某お仕事のため、
2週連続で日曜日に鴻巣へ出張することになったワタクシ、
高速使っても片道1時間半かかるなかなかの長旅だわい!

朝9時半に現場へ到着するも、
この日は昼飯どころか休憩も取れないくらい、
次から次へとお客さんがやって来る大盛況だったので、
30分も残業して終わった頃にはヘトヘト&腹ペコ!
7時間半ノンストップで働きまくったぜまったく!

オラにはもうハナクソをほじって食べる、
野口五郎のモノマネをする力も残っちゃいねぇ!
(コロッケ meets ドラゴンボール)

当然ひと麺、いやふた麺はぶっこんで帰りたいところなのだが、
まずロックオンしている白河ラーメンの『賀乃屋』が、
一日100食前後の提供で11時から麺切れまでという、
なかなかハードルの高い営業体制。

ことごとく遠征先で振られまくっている、
今の俺の「持ってる」っぷりじゃ絶対無理でしょそんなの!
なかば諦めモードの菩薩顔でダメモトで上尾まで移動!

DSC02713.jpg

開いてたー!
(菩薩から一気に明王顔へ変化)

しかも俺の後に入ってきたカップルひと組で麺切れという、
まさにチキンレースに勝ったようなギリギリっぷり!
奇跡だ!奇跡が起きたぞ!

カウンターにテーブルに小上がりと席も潤沢な店内は、
AMラジオがゆったり流れる食堂チックな雰囲気。

お母さんと若いお兄ちゃんがホールを担当しているのだが、
なぜかそれぞれからお冷やのコップと刻みタマネギの器を、
ダブルでサーブされてしまってどっちに手をつければいいのやら!
こういうのをモテキって言うんでしょ?

こちらは『とら食堂』を系譜とした、
正真正銘の白河ラーメンを提供しているお店で、
店内では『とら』のお土産ラーメンも販売している。
そんなわけで白河といえば「ワンタンメン」をチョイス!

澄んだスープは鶏のすっきりしたダシに、
醤油のキリッとした風味と油のまろやかさが合わさった、
まさに王道の白河中華そばの風情。

お茶すら飲む余裕もなく働いた、
カラッカラの身体の隅々まで染み渡るようだわ…!

手打ち麺はやや平べったくて、
太さ厚さがまちまちのこれまた王道の白河スタイル。

いい意味での茹でムラができるので、
滑らかさや固さが場所によって違うので、
色んな食感が楽しめるのがいいね。

加水率が高くて伸びやすいので、
終盤は底にふやけた麺がいっぱい残るのもお約束。
レンゲですくってスープと共にどうぞ!

チャーシューは縁の赤い焼き豚タイプで、
しっとり柔らかいが肉肉しさはライト。
それにメンマに青菜、ナルトとデフォルトでも具だくさん。

ワンタンはチュルンとした大きな皮に、
ニラが効いたパンチのある餡が入った変わり種。

途中で渡された刻みタマネギを投入すると、
サクサクした食感が加わりこれまた楽しくなっちゃう!

ようやくしんどかった労働が報われた気がして大満足!
しかしまだまだ上尾のラーメンを満喫しちゃうもんね!
改札口でぇ〜君のことぉ〜♪

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑私鉄沿線気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺処 慶@上尾

DSC00666.jpg

2011年4月23日/麺処 慶/上尾/
みそラーメン/750円


(都会の喧噪のなか汗だくで駆けてきながら)
待たせてごめん!ラーツ部です!

震災のため3月は自粛したため、
実に二ヶ月ぶりの部活動でございます!
今回は埼玉の左上のほう攻め!
(頭の悪い表現方法)

まずはいきなり今回のメインである、
『麺処 慶』にお邪魔します。
もちろんお笑い芸人の慶のコスプレで!

DSC00665.jpg

なんてまぁ控えめな看板だこと(凸)。

周りは閑静なベッドタウン。
カウンターに加えて小上がり席もあって、
近隣のファミリー層にも安心。

手首にタトゥーのある、
コロコロしたかわいらしい女性店員さんに、
先に食券を渡してしばし外待ち。

店内からは味噌とニンニクが焼かれる、
香ばしいフレーバーが溢れている。
腹減った~!ガルル~ガルル~!

突然の土砂降りに耐えながら、
20分ほど待ってようやく入店&ずぶ濡れ。

ラーツ部の特権として、
「メニューが多い店はバラバラに頼んでシェア」
という必殺技が使えるので、
ここでももちろんその戦法で。

俺の担当は「みぞラーメン」。

しかしどう見ても明らかに、
事前に本などで知っていたビジュアルと違う。
あれ?イメチェンしちゃった?

そう、それはまるで、
夏休みを境に急に不良っぽくなってしまった、
憧れのあの娘のように…。
(遠い目&漏尿)

以前はいわゆる「純すみ系」と呼ばれる、
たっぷり油の層があるスープだと記憶していたが、
今は魚粉が溶け込んだ超濃厚なタイプに。
レンゲを差し込んでも入ってこないよ!

そのとろみは豚足などの、
動物系由来のものらしく、
かなりドスンとパワーのあるスープになっている。

そこに煮干しと挽き肉の香りが絶妙に広がり、
味噌はその全体をまとめる監督的役割。

油はほとんど浮いてないので、
濃厚ながらもくどくなく食べやすい。
これは旨い!旨いぞ~!

麺はうねりの強い極太なもので、
濃厚スープに浸かっているので、
まったく冷めず熱々のまま。

プルプルと唇を震わす啜り心地と、
ムチッとした食感でおいしいっす。

チャーシューはぶ厚く、
見るからにエロそうな顔をしてやがるぜ!

肉の部分と脂の部分の、
ホロホロトロトロなコントラストが最高!

あとはこちらも負けじとぶっといメンマと、
たっぷりの笹ネギとモヤシ。

お好みでニンニクや生姜をもらえるので、
途中で生姜を加えてみると、
味がビシッと引き締まる。

そして残ったスープに、
試しに卓上のガラムマサラを投入すると、
これがまた絶妙なバランスの、
味噌カレーラーメンに様変わり。

まだこれから3杯も食うっつーのに、
思わずスープまで完食!

DSC00667.jpg

こちらはタグ部員担当の、
「辛みそらーめん」。

深みのある一味の香りと、
エビ風味の効き方が半端じゃない。
なんだかご飯を欲する味。

DSC00668.jpg

そしてこちらはてらみん部長の、
「濃厚煮干そば+へた肉」。

猛烈な煮干し風味だが、
味に深みがあってまったく嫌みがない。
へた肉はこんなに乗って50円!

いや参った!やられた!
みそ以外のメニューもどれも高レベル!
上尾市民は全員食っとけ!
アゲアゲ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ホスト漫談気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。