ソラノイロNIPPON@東京駅ラーメンストリート

DSC01563.jpg

2015年7月10日/ソラノイロNIPPON/東京駅ラーメンストリート/
ベジソバ/900円


がーんばーれニッポーン!すーごいーぞニッポーン!
たちあがれいまだニッポーン!

いま巷で大人気のヘキサゴンファミリーが歌う、
「陽は、また昇る」の独唱も済んだところで、
わたくし先週に続きまたもや東京ラーメンストリートに来ちゃいましたー!

というのも八丁堀に移転再オープンした『七彩』で、
今まさに麺がオギャーと産まれる瞬間に立ち会えた感動で、
そのまま中央区役所に麺の出生届を提出したもののなぜか受理されず、
怒りと悲しみと虚しさとで連食するに至ったのであります!

なんだよ!麺に人権を与えてあげたっていいじゃないか!
アザラシには住民票まであげてるっていうのに!ターマちゃーん!

なお第4期メンバーである『ちよがみ』は先週いただいているので、
今日はもうひとつの新店である『ソラノイロNIPPON』にロックオン!

DSC01559.jpg

DSC01561.jpg

こちらは麹町の『ソラノイロ』『salt&mushroom』に続く3店舗目となり、
先ほどの『七彩』が入っていたテナントに入れ替わる形でニューオープン。

ポップで可愛らしい装飾が施された店内では、
麦わら帽子にお揃いのTシャツ姿の若い店員さん達が、
しっかりした発声でテキパキキビキビと働いていて、
思わず時給をもう50円上げるように宮崎店主に交渉したくなっちゃうね!

メニューは「江戸式中華そば」「ベジソバ」「ビーガン担々麺」、
それに時間限定提供の「沖縄式角煮塩ラーメン」のフォートップという、
ひとりっ子に産まれたことを悔やむしかない豊富なラインナップ。

ここ数日の食生活で野菜不足を実感しているので、
アサヒ緑健に電話をしつつオーダした「ベジソバ」は、
丼が変わって麹町時代ともまたちょっとビジュアルが異なって見える。

種やヘタなどの野菜くずからダシを摂った「ベジブロス」に、
ニンジンのピューレを加えたスープはほんのり甘みがあるが、
そのままではラーメンのスープとしてはややボディが弱いため、
そこにニンニクの香り油を加えてパンチを与えている。

日経で読んだけど「ベジブロス」ってのが相当栄養価の高い食材みたいで、
そう聞いたら一滴も残さず飲み干して寿命を延ばさないと!
まだモテ期も来てないし死にたくないし!

DSC01565.jpg

さらに綺麗なオレンジ色をした中太の平打ち麺にも、
ちゃんとパプリカを練り込んであるという徹底ぶり!
女子ウケを狙ってこちらもちゃっかりリフトアップ写真を撮影!

モチモチした食感はなんとなくラーメンというより生パスタに近く、
思わずフォークでクルクル巻いて食べたくなるね!どう最近?パスタ巻いてる?
あんな面白いHi-Hiでも売れないって芸能界は厳しいね!

具も野菜尽くしでサワークリームをかけたズッキーニ、
キャベツの酢漬けであるザワークラウトに素揚げのレンコン、
ニンジンの細切りにニンニクチップに押し麦バジル。
もちろんすべて胃に重たくないのでサクサク消化できますな!

中盤以降に縁に塗られた「赤柚子胡椒」を試してみたのだが、
これまでの優しい味わいに何も考えず全量一気に溶かしちゃったら、
これがまぁ超激辛でむせるわ汗かくわもう大変!

そういえば隣りの席にいたイケメンサラリーマンには、
「柚子胡椒は少しずつ溶かしてください」ってちゃんと説明してたなぁ…!

俺へのサーブの際には特に何も言ってくれなかったなぁー!
顔面によって格差が生まれる世の中には抗えないですよねー!あーあ!
(ひねくれた男の単なる僻みなので気にしないでください)

ともかくこれでしっかりビタミンの補給は完了したので、
また我らがNIPPON再生のために労働に勤しみますよー!
たたかえニッポン!ニホンのサラリーマーン!

★本日のエンディングテーマ/陽は、また昇る(アラジン)


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑羞恥心+Pabo気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg
↑悪意1000%のラーメン系(?)Tシャツ最新作!
 「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東京の中華そば ちよがみ@東京駅ラーメンストリート

DSC01537_20150721181020b41.jpg

2015年7月4日/東京の中華そば ちよがみ/東京駅ラーメンストリート/
醤油すたみな中華そば/830円


集団就職のために夜行列車に揺られて東京駅に着いたついでに、
ラーメンストリートにお邪魔しているモンペ娘ことこむら代表です!
こんなに人が多いなんて今日はお祭りだべか…?

まずは牛タンを使った塩ラーメンが売りの『㐂蔵』で、
辺土名一茶になった気分で牛との濃厚なディープキスを堪能し、
熱いシャワーを浴びてから二軒目に向かったのは、
第4期メンバーとして6月にオープンした『ちよがみ』です!

DSC01539_20150721181030ba4.jpg

こちらはお隣りに店舗のある『斑鳩』のプロデュースによる新店で、
昔ながらの「東京の中華そば」をイメージしたラーメンが楽しめる。

左右の壁に向いたカウンターとその真ん中にテーブル席があり、
先ほどの『㐂蔵』と比べるとやや窮屈な印象だが、
年輩の女性の皆さんによる接客は温かく丁寧で気持ちがいい。

メニューはコンセプト通りの「醤油中華そば」と「塩中華そば」に加えて、
最近あまり見かけなくなった「醤油すたみな中華そば」がある。

もちろん牛との逢瀬を重ねたISSAこと俺が、
いま求めているものはスタミナ以外一切ありえないので、
もちろん「醤油すたみな中華そば」でいかせていただきます!

ちなみにこれから出張なのかそれとも終えて帰ってきたのか、
スーツケースを引きずった周囲のサラリーマンの皆さんも、
ほとんど全員「すたみな」をチョイスしてました!

頑張れ!疲れきった企業戦士たちよ!
もし俺が本田翼だったらあらゆるサービスで癒してあげるのに…!

DSC01536_201507211810184f6.jpg

などと歪んだ妄想を繰り広げているうちに、
まずは柚子とかぼす?を模した可愛らしい小鉢が登場。

おそらく「すたみな」を注文した人のみにサーブされるようで、
中身はそれぞれニンニクチップと刻んだタカノツメ!
さらにパワーを増強できるなんてもうフンガフンガしちゃうぞ!

しばらくしてサーブされた「醤油すたみな中華そば」は、
やや盛り付けが雑なもののそのビジュアルはなかなか旨そげ!

厚めに鶏油が浮かぶスープはさらりとした清湯で、
鰹や昆布といった和ダシの旨味がそれはそれはガンギマリしていて、
「昔ながら」と言いつつ現代でもしっかり通用するように、
ちゃんとブラッシュアップされたポテンシャルを持っていて美味しい!

そこにニラの下に隠された少量のおろしニンニクが、
じわじわと溶けてくると独特のガーリック感が広がるが、
スープのバランスを壊さない絶妙な塩梅でかなり好み!

こういうラーメンをデートで食べても怒らない娘と付き合いたい!
たぶんきっと本田翼ならニコニコしながら付き合ってくれると思う!

麺は細めで断面の丸いストレートタイプで、
黄色みの強い色合いなど確かになんとなく昔の中華めんっぽい。

気持ちだけ芯を残したザクザクした強めの食感で、
スープや鶏油の引っかかりもいいので味の乗りも上々。

チャーシューははらりと崩れるバラ巻きタイプで、
スモークしたような独特の風味が付けられているのが印象的。

さらに葉っぱはザクザク芯はキュッキュの生ニラと、
これぞ昔ながら!な出来のメンマに海苔、
さらになぜかスタミナ軍団の一員としてうずらの玉子がコロリと1個。

DSC01538_20150721181021ae3.jpg

中盤にさしかかったところで例の小鉢から、
ニンニクチップとタカノツメを思い切って多めに投入してみると、
さらにパンチとピリピリした刺激が加わり元気が出そう!
これは確かにサラリーマンが食いつくはずだわ!よっ!戦略上手!

スタミナ補給のおかげか食後は顔がなんだかポッポしてきて、
身体の底から活力が湧いてくるわ湧いてくるわ!

これで集団就職先でもきっと頑張れるっぺよ!
だから父ちゃん母ちゃん!心配しねぇで見守っていてけろ!
(その後すったもんだがあった末に夜の蝶として華々しくデビュー)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑源氏名は明美です気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』フレンチレッドは在庫限り!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

仙台牛タンねぎ塩ラーメン 㐂蔵@東京駅ラーメンストリート

DSC01533_20150721181017f71.jpg

2015年7月4日/仙台牛タンねぎ塩ラーメン 㐂蔵/東京駅ラーメンストリート/
牛タンねぎ塩ラーメン(牛タン1枚)/830円


久々に完全オフだったので睡眠を取る気がマンマンだったとはいえ、
淫夢を見る間もなく撃沈してハッと目が覚めたらもう14時!

とはいえこのまま布団でひたすらゴロゴロして、
貧乏学生のように休日が終わっていくのも虚しい限り!
自ら一歩を踏み出さないと何も始まらないって松岡修造も言ってた!多分!

ということでそこそこ混雑した山手線に裸足にビーサンで乗り込んで、
すべてのお店が通し営業でねぼすけにも安心の、
東京駅ラーメンストリートにやってまいりましたよ!古館さん!

DSC01531_20150721181007d7d.jpg

この施設も定期的にちょこちょこお店が入れ替わっており、
今年の6月には第2期メンバーだった『ほん田』『七彩』が卒業し、
新たに麹町のお店の3号店となる『ソラノイロJAPAN』と、
九段下の『斑鳩』プロデュースの『ちよがみ』が新たに仲間入りした。

もちろんその新店たちも気になるところではあるのだが、
まずはオープン以来ずっと宿題店として保留のままだった、
第3期メンバーの『㐂蔵』からご機嫌をうかがいます!

DSC01532_20150721181015428.jpg

葛西の『ちばき屋』による最初で最後のセカンドブランドだそうで、
仙台名物の牛タンをフィーチャーした珍しいラーメンを提供している。

土曜日なのでどこもそこそこの行列ができているのだが、
回転がいいので10分もかからずサクッと入店すると、
炭を巻き付けて目隠しにした向かい合わせのカウンターに、
テーブル席も潤沢で30人は入れそうな東京駅らしいキャパシティー。

メニューは定番の「牛タンねぎ塩ラーメン」に加えて、
どことなくラー博にあった関連店『かもめ食堂』のビジュアルに近い「醤油ラーメン」、
さらにリニューアル記念の限定として「鯛潮ラーメン」と揃っている。

「牛タンねぎ塩ラーメン」は3種の刻みネギがたっぷりと散らされ、
澄んだ塩味のスープはテールスープを想起させるすっきりとした味わいで、
ネギの風味やシャキシャキした食感を活かすシンプルなもの。

表面には風味付け程度にゴマ油が浮かべられていて、
煎りゴマやブラックペッパーといった小道具ともうまいこと調和している。

途中で生クリーム入りのニンニクホイップを溶かしていくと、
ほんのりとしたニンニクの風味がさらにスープの甘みを引き立ててくれて、
もっとワイルドなスープなのかと思ったら意外と繊細で、
いい意味で裏切られた感じでしみじみ美味しゅうございます!

厨房の片隅にカネジンの麺箱が目視できた麺は、
透明感のある平べったい中太強ちぢれタイプ。

啜るとたっぷりスープとネギを持ち上げてきて、
プリプリした弾力のあるなかなか存在感の強い食感。

牛タンは焼いておらず柔らかくなるまで煮込んだ所謂「ニコタン」で、
肉の味も濃くてなかなか美味しいのは美味しいのだが、
いかんせんペラペラに薄くて1枚だとすぐになくなっちゃう…!
もっと君とのディープキスを楽しみたかったのに…!

さらにあとの具材は丸のままのキクラゲのみと、
東京駅価格を差し引いても830円はちとお値段が張るかもなぁ…!

とはいえここでしか食べられない味なのは間違いないので、
次回は圭を誘って食べに行ってきますよ!古館さん!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑報道ステーション気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0070.jpg
↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!
 だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

六厘舎TOKYO@東京駅ラーメンストリート

DSC04109.jpg

2013年4月8日/六厘舎TOKYO/東京駅ラーメンストリート/
朝つけめん/630円


楽しすぎて555万円で家が建ちそうな秋田の旅、
いよいよ帰りの深夜バス乗車に向けてラストスパート!

はいもちろん帰りは深夜バスですよ!
往復で新幹線なんてリッチな身分じゃございませんよ!
その差額でラーメン何杯食えるかって話ですよ!

最後の晩餐は漫画「いとしのムーコ」のモデルにもなった、
秋田在住のガラス職人・こまつさんことこまつさんも合流し、
いしこうこといしこうさんと3人で繁華街・川反の秋田料理店へ。

主に「漫画ローレンス」の表紙のエロさについての男子トークで、
大盛り上がりしているうちにあっという間に出発の時間!

折からの土砂降りの中を最後までお見送りしてくれた、
こまつさんといしこうさんに精一杯の感謝のセクシービームを贈りながら、
満員の深夜バスは一路東京へと向かうのでありました…!

ん?麺レポ?まぁもうちょい待てよ!ちょまてよ!

さて「水曜どうでしょう」をご覧の皆様は御存知だと思うが、
深夜バスへの乗車はいわば戦い!

目的地までの長い長い乗車時間の中で、
いかに効率良く暇をつぶし睡眠時間を稼ぎ、
「やられず」に生還できるかが重要なポイント!

iPodでDMMアダルトのサンプル動画を延々サーフィンし(もちろん買わない)、
体育座りの要領で膝を抱えた姿勢のまま横になり、
座席のケツを置く部分に身体全体を預ける形でなんとか少し眠れたので、
10時間半かけて朝7時に東京駅に着いたもののスッキリ健康!

この勝負オレの勝ち!とっととチャンピオンベルトよこせオラ!

とはいえ長い戦いを乗り切った身体はクタクタで、
すっかりお腹もペコちゃんだったので、
会社へと急ぐサラリーマンやOLの人波を完全に逆走し、
朝一番の「東京駅ラーメンストリート」へいてもたってもたまらずダッシュ!

はいはいお待たせ!ようやく麺レポですよ!ちょまてよ!

現在8軒あるラースト内のお店の中で、
『七彩』と『六厘舎TOKYO』のみ朝営業を行っているのだ。

何か限定っぽいのがあれば『七彩』かなーとか思っていたが、
特にそれらしきメニューは無かったので六に決定!

DSC04108.jpg

いつもは配給か炊き出しでしか見かけないような、
とんでもない行列にドン引きしてなかなか足が向かないのだが、
この時間だと並ばずに食えるというボーナスが!
深夜バスの乗車後は狙い目ですぞ奥さん!

とはいえ従業員さんもかなりの人数で回していて、
朝の立ち食いソバ感覚でやって来るサラリーマンはひっきりなし。
この辺の人気はさすが不動の六ですな~!

六といえばもちろん「つけめん」なわけだが、
7時半から10時まで提供している「朝つけめん」は、
寝ぼけた胃袋でも食べやすいよう動物系の濃度を抑えて、
魚介の風味を立たせたテイストになっているらしい。

なるほど確かにつけ汁はサラサラとしていて、
和ダシに近いようなホッと安心できる味わい。

軽めに浮いた油と魚粉が麺にしがみついてくるので、
サラサラしててもしっかり味は乗ってくる印象。

その麺も通常のものより細くしているようで、
ツルツル感を重視した食べやすい設計になっている。

並盛りだと200gと朝仕様で少なめだが、
周りのリーマンは特盛だのチャーシュー増しだのにしていて食欲旺盛!
こうして日本はメタボ大国になっていくのであった…(第一部・完)!

途中で卓上の自家製ラー油を麺に塗り塗りして、
つけ汁に溶けすぎないように浸して食べると、
適度な辛さと海老の香ばしさが加わりさらにいい感じ!

具はチャーシュー1枚とメンマ、ナルトのみと少なめだが、
その数少ない貴重な存在であるチャーシューが、
噛み切れないほど硬くて筋っぽくてまったく美味しくない!
ちょっと問題外なレベルだったけどどしたのこれ?

スープ割りは店の片隅に置かれた、
ホテルの朝食バイキングで味噌汁が入ってる例の保温機から、
セルフで好きなだけ注げるシステム。

そこに柚子パウダーと魚節を追加して、
さらに和ダシっぽくしてほっこりと軟着陸いたしました。

しかし朝っぱらから心置きなく、
『六厘舎』のつけめんを味わえる日が来ようとは…!
数年前の大崎本店のあの行列を思えば考えられないわ!

ちょっくらタイムマシンに乗って、
5年前の自分に伝えてくるから今日はここで解散!じゃあね!
(タイムマシンと間違えて秋田行き深夜バスに乗車)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑帰ってきちゃった…気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0074.jpg
↑円の中心に蔵が建っているだけなのに、
 なぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!殿中にござる!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺や 七彩@東京駅ラーメンストリート

DSC02750.jpg

2012年9月2日/麺や 七彩/東京駅ラーメンストリート/
塩味玉らーめん/850円


先日ワタクシのブランドとの久々のコラボTシャツが実現した、
漫画家・日本橋ヨヲコ先生がサイン会を開催するというので、
陣中見舞いに会場である東京駅へお出かけ。

せっかくのハレの舞台であるわけで、
こちらもしっかりとした身なりで臨まねば示しがつかない!

というわけでパリッと糊の効いたタキシードを着て、
それをすべて脱ぎ去った服装でさっそうと東京駅に到着!
日本のセキュリティレベルはまだまだ甘いです!

まずはお昼ごはんということで、
慣用句的にも物理的にもブラブラと「東京ラーメンストリート」へ。

しかし曜日の関係でこの日まで夏休みの人も多かったせいか、
駅ナカは大きな荷物を抱えた観光客や、
大きな商談を抱えたビジネスマンでごった返している。

もちろんTRSもすべての店舗が、
余裕で行列20人オーバーの狂乱状態!酒池肉林!華燭の典!

その中から都立家政の店を食堂にリニューアルし、
正式に拠点をこちらに移してからは未訪だった『七彩』をチョイス!

DSC02749.jpg

こちらは食券を買ってから並ぶシステムなのだが、
ついぞ数秒前まで完全に醤油モードだったのにも関わらず、
券売機を前にして急に聖子ちゃんばりの心変わり!

思えば『七彩』で「塩らーめん」食べたことないじゃん!
ここは味玉を付けて試してみようじゃん!

待ってる間もガラス張りの廊下側から、
慌ただしい厨房の様子が覗けるので飽きずに待てるのだが、
今でもしっかり藤井さんが陣頭指揮を取って、
厨房を仕切っているのは頼もしい限り!

結局着席までには15分ほどだったので、
iPodに入れたいま空前の大ヒット中の「トイレの神様」を、
2回連続で聴いてる間に着席できた〜んやで〜♪
(英訳:レストルーム・ゴッデス)

事前に食券を回収してくれるので、
カウンターの端の席に座った直後にサーブされる。

こんなバタバタした忙しい中でも、
鶏と魚介がクリアに際立つ澄んだスープは、
ベストバランスを保っており実に旨いじゃないの!

伝家の宝刀・弓削多醤油の風味が入らないぶん、
改めてスープのポテンシャルを思い知らされるわね〜。
あぁ美味しい!あぁ無情!

喜多方風の極太麺はちぢれが激しくもうビランビラン!
ほぅら奥さん!こんなにビランビランだよ!

ぷるぷるした楽しい啜り心地と、
モチモチした粘りのある食感は相変わらず絶品。
太さが均一でないのに茹でムラがないのもすげぇなぁ!

チャーシューは脂身たっぷりのバラ肉と、
低温調理されてピンク色のモモ肉?の2タイプ。

前者はトロトロ後者はしっとり、
まさにチャーシュー界のコブクロとでも言いましょうか!
(一切目を合わさないまま極上のハーモニー!)

細裂きの黒胡椒風味メンマもサクサクと軽快、
味玉も色は薄いけど濃厚な旨味にあふれております!

そして普通のラーメンではあくまで脇役の輪切りネギが、
シャキッとした強い食感と甘さにあふれていて、
完全にひとつの具として立ち上がっているのにも驚き!
「ネギらーめん」がメニューにあるのも分かる気がするわ!

これでTRSでの未訪店は、
いよいよ『ジャンクガレッジ』と『むつみ屋』2店舗を残すだけ!

…うんまぁ行かなくてもいいかもね(ボソッ)。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑消去法気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0073.jpg
↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観を表現!
 『SHIBAHAMA-芝浜-』Tシャツ出ました!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

塩専門 ひるがお@東京駅

DSC01572.jpg

2011年12月10日/塩専門 ひるがお/東京駅/
ラーメンゼロ二重奏/800円


※すでに終了した限定メニューです。
 更新遅いのはしょうがないじゃない!だってしょうがないじゃない!
 こんばんはゴッドねえちゃんです!

携帯サイト「超らーめんナビ」ユーザ限定の、
スペッシャルなメニューがどうにも気になったので、
本日は東京駅ラーメンストリートに来ております。

まずは『斑鳩』の限定メニューで、
鰹節で脳天をぶん殴られたような衝撃を受け、
その興奮も冷めやらぬまま続けざまに『ひるがお』へ。
(髪の毛は鰹粉まみれ!)

DSC01569.jpg

いつの間にか以前と入口が変わっていて、
180度反対側になったのを知らずしばしオロオロ。

らーナビ限定以外にも「復刻の醤油らーめん」だとか、
「煮干しと生醤油のらーめん」だとか、
そそる限定メニューも数々用意されている。

こちらも15時からの10食限定なのだが、
『斑鳩』のあとの15時半過ぎでも余裕で間に合った。

携帯にコッソリ保存してある、
とっておきのエロ画像と間違えないように、
慎重にチケット画面を女性店員さんに見せて無事ゲット!
(本日2度目)

DSC01571.jpg

まずはその女性店員さんの手によって、
おもむろにラーメンの説明書きのパウチを、
そっと目の前のカウンターに敷かれる。

裏にコッソリ電話番号とか書いてあんじゃね?と、
淡い期待をしたがものの見事に白紙でした!
世の中そんなに甘くねぇな!

クローバー型の丼の縁に、
黄色い物体がベッタリ付いてて驚いたが、
良く観たらすり下ろした柚子の皮だった。
一瞬丼のすすぎが足りてないのかと思っちゃった(凸)!

『ラーメンゼロ』といえば、
塩や醤油などの調味料を一切使わず、
素材から出る塩分だけで食べさせる意欲作。

これはそのゼロのスープに、
さらにアサリなどの旨味を追加したハイブリッド版。

茶濁したスープをひと口飲むと、
やはり調味料を使っていないせいか、
さらりとシルキーで口当たりが軽い。

昆布やスルメなどの海産物の香りが強く、
独特の深苦いような風味は唯一無二のもの。
塩分も物足りなくない程度にしっかり感じられる。

水を飲んで口をリセットするたびに、
ダシの中に新しい味を見つけることができる。
実に探究心をくすぐるスープっすね!
(BGM:水曜スペシャルのテーマ)

柚子はあえて丼の縁に付ける事で、
スープを壊さず香りのみを伝える効果がある。
緻密に計算されてますな~。

そして麺はその風味を楽しむために、
何とあえてスープと絡まない仕様なんだとか!

普通麺とスープをいかに絡ませるかというのが、
ラーメンの命題だと思われるけれども!
まさに逆転の発想!下衆の極み!(ハマカーン)

とはいえホントに絡まないのか?と、
半信半疑でよ~くスープに浸してから啜ってみたが、
笑っちゃうくらい全然絡まないのこれが!

やや灰色がかった四角い断面のストレート麺で、
パチンと弾けるようなフレッシュな食感で、
噛むたびに素朴な小麦の甘さが広がる一級品。

確かにスープの味に左右されず、
麺の風味をダイレクトに楽しめるなこれ!

縁の赤いチャーシューは、
蜂蜜のような甘さのあるタレが塗られていて、
むちむちジューシーで非常に旨い!
お正月のおせち用にお持ち帰りしたい!

ただらーナビの紹介では、
鶏肉を豚肉で巻いて一体化させたという、
かなり手の込んだ一品だったはずなのだが、
明らかに豚肉のみだよねこれ…。

いや充分おいしいんだけどさ、
楽しみにしてただけにちょっと残念だよね…。

せっかくエロ摩呂師匠よろしく、
「種族を越えたスワッピングや~!」って言いたかったのに!
つかエロ摩呂師匠って誰?

食後はいつまでも口の中に、
ダシの深苦~い香りが消えずに残っている。

これは以前『いなばのしろうさぎ』で、
同じく調味料を一切使わないラーメンを食べた時と、
非常に似ている感覚じゃないの!

調味料というものの存在感が、
料理の中でいかに高いかという事が、
逆説的に勉強になるラーメンでございました!

これまではコレクションが中心だったので、
こういう限定を食べる機会が少なかったんだけど、
創作意欲や工夫がこらされた一杯と対面するのも楽しいな~!

収集ばかりに躍起にならないで、
今後はこういう探求も大事にしよーっと!
じゃあおうちに戻って寝よーっと!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑脱コレクター宣言!気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東京駅 斑鳩@東京駅

DSC01568.jpg

2011年12月10日/東京駅 斑鳩/東京駅/
本枯鰹の超一番ダシらー麺/750円


※すでに終了した限定メニューです
 更新の遅さを責めないで!子供達を責めないで!
 こんばんは伊武雅刀です!

ビックリマン世代のコレクターとしては、
なかなか同じ店に再訪する機会は少なく、
どうしてもその店の基本メニューを狙う事になるため、
限定などを食べるチャンスは滅多に無いのでございます。

しかし『東京駅斑鳩』『せたが屋』で提供している、
「超らーめんナビ」ユーザ限定メニューがあまりに旨そうで、
これをスルーする勇気など持ち合わせてはおらぬ!

物欲しげな表情の吉高由里子が、
ベッドの中からこちらを誘っているというのに、
お前はそれをスルーできるというのか!あぁ!?
(誰に向かって怒ってるの?)

DSC01567.jpg

まずは約5ヶ月ぶりの『東京駅斑鳩』から。

その限定は15時から提供で、
しかも10食のみと非常にハードルが高いが、
やはりショッピングや観光ついでの客が多く、
15時ジャストの時点で並べばすんなりゲットできた。

券売機に限定のボタンがある訳ではなく、
同額750円の「らー麺」のチケットを買い、
らーナビの画面を店員さんに提示するシステムなので、
気付く人もかなり少ないみたい。

携帯にコッソリ保存してある、
とっておきのエロ画像と間違えないように、
慎重にチケット画面を女性店員さんに見せて無事ゲット!

店内の雰囲気は相変わらずの大正ロマン。
向かい合わせカウンターの壁側に座れた人じゃないと、
ハンガーを使えないってのは不便だなぁ。
みんなコート着たまま食べてるよ…。

少々時間がかかってから、
ついに『本枯鰹の超一番ダシらー麺』が登場!
あまりにまぶしい!神々しい!

やや白濁したスープからは、
イメージほどは鰹の香りは立ち上がってこない。

ところがひと口飲んでみると、
今まで経験した事のないような、
力強い鰹の風味がブワッと押し寄せて、
潮が引くようにスーッと消えていく新感覚を味わう事に!

通常の10倍もの本枯鰹を使用しているそうで、
鼻にふわーっとどこまでも抜けていく、
鰹の香りが気持ちいいのなんの!

俺が犬だったらもっと嗅覚が発達してるから、
さらにこの鰹の香りを楽しめるのにな!
まぁ犬だったらそもそもラーメン食えないけどな!

もはやダシなどという概念すら逸脱したような、
めくるめくカツオーワールドへの招待状。

ただこの風味を殺さないためか、
やや、というかかなりぬるめの温度設定。
まぁこれは『斑鳩』共通の温度だからしゃーないわね。

色白の中細ストレート麺は、
どうやら通常メニューと同じものだが、
たまたまなのかかなり柔らかめの茹で加減。

でもそのねっとりとまとわり付くような食感が、
うまくスープと調和しているように思う。
もはやこのスープの中では麺は完全に脇役!

チャーシューは軽く焼き目をつけて、
余分な油を飛ばしているので軽やか。

でっかでっかな穂先メンマに、
食感のアクセント&ベースを担当する、
刻んだミツバとあられが乗る。

どこまで飲んでも鰹の風味が飛ばず、
ついついレンゲを動かしているうちに、
いつの間にか丼を空にしちゃった!

食後は過多なイノシン酸に舌が混乱したのか、
まるで化学調味料を食べた時のように、
軽いしびれが来たくらい。

鰹ペプチドの大量摂取で、
健康効果も期待できるんではないでしょうか!
じゃあ連食しても問題ないよねー!
(保険にはちゃんと入っておきなさい!)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑備えあれば憂いなし気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺処 ほん田@東京駅

DSC01256.jpg

2011年9月13日/麺処 ほん田/東京駅/
鶏と魚介の豊潤塩ラーメン/750円


はい!またまたやって来ました!
こちらは東京駅ラーメンストリートでーす!
見てくださーい!お客さんがいっぱいでーす!
(マイクに見立てた鳴子こけしを片手に)

施設拡張後の真っ昼間は初めて来たが、
近隣のサラリーマンやOLさん(ラブ!)を中心に、
ほとんどすべての店がかなりの行列!
ある1店舗を除いては!

しかも団体で来ているケースが多いので、
狭い店では行列がなかなか進まず、
時間がなくて諦めるOLさん(ラブ!)の姿も。

DSC01254.jpg

そろそろ未訪店も少なくなってきたが、
今回は若き店主の『ほん田』さんをチョイス。

東十条の本店とはメニューが異なり、
「鶏と魚介の豊潤ラーメン」がそれぞれ醤油と塩、
さらに濃厚豚骨魚介の「つけ麺」の両巨頭。
やはりここはラーメンの塩を所望します!

店の中央にステンレスのカウンターと、
その周りにテーブル席を配したレイアウト。
かなり狭い面積をフル活用してる感じ。

とりわけ向かい合わせになっているカウンターは、
トイメンの客との距離が近くかなり不快。
見ず知らずの他人が食ってるの見るの苦手!苦手!

しかもそういう時に限って、
向かいの奴が携帯片手につけ麺を犬食いしてる、
マナーのなってない野郎だったりする…。
正拳突き喰らわしたろかコラー!

拳に息をハーハーしてると丼がサーブされる。
命拾いしたなっ!

三角に乗せられたプチトマトが目を引く。
これは博愛・平等・自由を表しているとか。
(フランス革命ギャグ)

かすかな油がキラキラ光るスープは、
穏やかな飲み口ながら実に広がりがある。
まさに「豊潤」という言葉がピッタリ。

鶏も魚介も図々しい主張はせず、
お互いの良さをお互いに高めあうかのような、
まるで中日の荒木・井端の二遊間ようなバランスの良さ。
旨いなこれ~(643)!

途中で添えられたワサビを溶かすと、
不思議とその辛さよりも、
スープの甘みのほうが引き立ってくるのが面白い。

色白でつややかな細麺は、
手もみしたようなゆるいちぢれが付いている。

細いながらもしっかりカドが立ち、
サクサクした独特の食感を持っている。
さらしネギとの食感のコントラストも楽しい。

低温調理されたチャーシューは、
しっかり厚切りで存在感もバツグン。

全盛期のさとう珠緒ばりのほんのりエロピンクで、
むっちりした噛み心地がたまらん!
かつてのグラビア観ながら食いたい!

終盤はスープにワサビとプチトマトの酸味、
さらに柚子皮の風味まで出てくるので、
なんかとっ散らかりそうなところだが、
そこを散漫にならず冷めてもうまくまとめてるのは、
さすが本田店主の腕の見せどころですな。

正直ボンヤリしたラーメンばかりが目立った、
この東京ラーメンストリートの店の中では、
かなりのハイレベルを保っている印象でした。

あとは一日も早くカウンターに仕切りを!
丼の縁から直接ズルズル麺食う奴の顔を見るのは、
もうまっぴらごめんなんじゃーい!
(鳴子こけしを壁に叩きつけながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑こけし大破気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報