麺堂 HOME@栃木

DSC04300.jpg

2013年5月25日/麺堂 HOME/栃木/
しょうゆらーめん/680円


北関東栃木をめぐるラーツ部5月の部活動も、
いよいよラストスパートへさしかかってまいりました!
マラソンに例えるならQちゃんがグラサンを投げ捨てる頃合いです!
(パンチ佐藤的たとえ)

お目当てのお店へ向かう途中の巴波川の周辺には、
ちょうど栃木市の初夏のイベント「うずまの鯉のぼり」の季節で、
川を渡すように無数の鯉のぼりがはためいていて、
蔵造りの街並みと相まってまるで宮崎アニメのような幻想的な光景。

ちょっと車を停めて写真でも撮ろうかと思ったが、
暗闇の中で大量にヒラヒラする鯉のぼりは肉眼で見ると意外と怖ぇ!

全員恐ろしくなって半泣きで慌てて車へ戻り、
ブルブルと震えながら『麺堂HOME』へ向かうよママー!

DSC04298.jpg

道路がタイル貼りのモダンな商店街のような一角にあるのだが、
この時間だと周辺はあらかたシャッターが閉まっていて、
どこにお店があるのか探すのにもひと苦労。

目印は小さな「やってるよ」の立て看板と、
「麺 一番搾り」と書かれた幟だけなのでよーく探すように!

DSC04297.jpg

駐車場は店のすぐお隣にある「玉川の湯」という、
これまたジブリ感あふれる趣きある銭湯と共用らしいのだが、
どこがそれなのか分からずしばらくウロウロしてしまい、
結局「ピンピンコロリの庚申様」の鳥居を大胆にくぐって、
銭湯の脇にあったそれらしき空き地に駐車してみる。

鳥居を車でくぐったりして庚申様ごめんなさい!
あともしここ駐車場じゃなかったら権利者様ごめんなさい!

建物は古いが白を基調とした手入れされた店内は、
女の子っぽい凝った手書きPOPが賑やかに飾られていたりして、
手作り感あふれるカフェのようなただずまい。

仲の良さそうな若い男女二人でしゃんと切り盛りしていて、
てっきりこちらはご夫婦なのかと思ったら、
お店のブログによるとマジ奥様は現在産休に入っているそうで(当時)、
女の子はスタッフのフクちゃんという方なんだとか!

それにしてもフクちゃん小リス系で接客も良くて超キュート!
ファンクラブ作りたい!会報をコピーしてホチキスで止めたい!

メニューは汁そば系は「しょうゆらーめん」と「しおらーめん」、
それに「つけめん」はあっさりから濃厚まで、
実に4種類もラインナップされている。

当然シェアするのがラーツ部のたしなみなのであって、
ワタクシは定番の「しょうゆらーめん」を注文。

本日4杯目には嬉しいすっきりとした清湯スープは、
はっきりとクリアで明快に鶏と魚介の旨味を効かせた、
奇をてらわないストレートなアプローチ。

キリッとお顔立ちのいい醤油ダレも、
やや強めに効かされて上手に全体をまとめていて、
柚子皮の香りも上品にスープに色気をまとわせております。

麺はみっしりと小麦が詰まっている感覚のある、
細めのストレートタイプを合わせていて、
最後までプリプリとした可愛らしい食感を損なわない。

ちなみに「らーめん」用の細麺は普通にテボで、
「つけめん」用の太麺は茹で釜からテボを外して、
釜全体のお湯で泳がすように茹でるという、
合理的ながらも一風変わった手法を用いていて興味深い!

もはや昨今定番となった豚鶏2種類のチャーシューは、
いずれもほんのりレアに仕上がっていてムチムチした食感。
穂先メンマに刻んだ水菜もお約束!

DSC04301.jpg

先ほどの『ぼたん』の野菜たっぷり濃厚ラーメン完食で、
「プラトーン」のウィリアム・デフォー並みの致命傷を追ったタグ部員は、
メニューでもっとも優しそうな「しおらーめん」をチョイス。

カエシが入らないとますますスープがネイキッドになり、
ダシそのものをシンプルに楽しめる仕様に。
麺と具材は「しょうゆらーめん」とたぶん同じかな?

DSC04299.jpg

そしてこちらもややダメージを喰らっているてらみん部長は、
濃厚系は避けて「あっさり醤油つけめん」を。

モチモチとした風味豊かな太麺に、
やはり醤油のキレと深みを重視したベクトルの、
サラサラとした魚介ベースのつけ汁のコンビネーション。

ただ若干麺に乗りにくいきらいがあるので、
都度つけ汁を口に含みつつ食べてちょうどいい感じだった。

なんとか4杯のノルマを達成したものの、
今回も全員あまりにダメージが深かったようで、
帰りの車内はお通夜か!ってくらい静まり返った状態に…!

どうして栃木遠征はこう毎回やられてしまうんだろう…?
教えて!ピンピンコロリの庚申様!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑庚申様からのお答え「知らんがな!」気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg
↑悪意1000%のラーメン系(?)Tシャツ最新作!
 「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺処 ぼたん@栃木

DSC04292.jpg

2013年5月25日/麺処 ぼたん/栃木/
浅利のパイタン麺(九条ねぎソース仕立て)/850円


一日4杯がノルマのラーツ部の部活動で、
なぜかどうにも胃袋的な相性が良くないのが栃木県。

2009年11月には『ハングリードラゴン』で部員全員が撃沈、
2010年1月には『虹ノ麺』でタグ部員が予想外の油そばで撃沈、
そして昨年4月は私こむらが『俊麺なが田』でミニラーメンですら撃沈と、
誰かしらがリタイヤ寸前にまで陥る現象が起きるのであった。

そして今日も『竹末食堂』の濃厚な鶏白湯スープ、
水分を吸うのか胃の中でみるみる増えていく『小三郎』の麺に餃子と、
次々とタフな強敵を収めていったのである。

いつもならスーパー銭湯での休憩&仮眠で、
すっかり回復するはずのラーツ部うわばみ部門担当、
てらみん部長&タグ部員の二人も心なしか苦しそうな表情。

しかし夜麺一発目の『ぼたん』の売りは濃厚豚骨!
絶対に負けられない戦いがそこにはある!

栃木駅周辺は古い蔵作りの建物があちこちに残り、
江戸時代の例幣使街道の宿場町だった面影を残す趣きで、
昼にゆっくり散歩でもしたら実に楽しそうな街並み。

DSC04291.jpg

お目当ての『ぼたん』もそんな景観に合わせた、
土蔵をイメージした上品な外観。

かなり目立たない裏路地にひっそり構えているのだが、
すっきりしたレイアウトの店内は小上がり席が中心で、
観光客ニーズにも応えられそうな広々とした作り。

メニューは濃厚、コク旨、和風、つけ麺にまぜそばと、
なかなかフットワークの軽いラインナップだが、
お店のイチ押しは濃厚豚骨に野菜たっぷりの「ぼたんらーめん」。

しかし多数決による候補店の得票数に捉われず、
持ち回りで自分の好きな店を選べるラーツ部の「推し麺ルール」で、
わざわざこの店を指名したはずのタグ部員超本人が、
「腹減ってないから濃厚系はイヤだ」とゴネだす始末!

泣きながら手書きのプラカードで必死に抗議デモを行うも、
厳しいラーツ部で当然そんな意見は通るはずもなく、
しぶしぶ野菜たっぷりはさすがに食い切れないということで、
150円安い「ぼたんらーめん1号」で禅譲するタグ部員。

そんな茶番を尻目にワタクシ貝十郎は、
どうしても外せないコク旨部門の「浅利のパイタン麺」をチョイス!

まず何より丼の右半分にかけられた、
彩りも豊かなグリーンのソースに目を惹かれます!
こりゃ女子にも喜ばれそう!

キャー!素敵!まるでエメラルドみたーい!
エメラルド・フロウジョンを決める三沢みたーい!
(どうやらNOAH好き女子だった様子)

まずはソースのかかっていない純なスープを飲んでみると、
噂どおり濃厚でどっしりとした旨味をたたえた、
スーパーストロングな豚骨スープ。

そこになんとアサリのダシを合わせた、
「浅利豚骨」なる新機軸を打ち出しているのだ!

後味に広がる貝類のコハク酸独特の苦味が、
豚骨独特のケモノの香りと上手くバランスを保っていて、
意外なほどマッチしていて実に美味しいです!

そこに徐々に溶けていく三沢ソースの正体は、
二代目タイガーマスクではなく九条ネギをペースト状にしたもの。

豚骨の甘み貝の苦みに心地よいネギの辛みも加わり、
よりスープに賑やかさ華やかさを演出してくれる。
これは新しい!あたらしおいしい!

麺は九州系に近いくらいの細めのストレートで、
シャキッと硬めに茹でられていてコリコリとした食感。

麺にも九条ネギのソースが絡んでくるので、
非常に風味が豊かでグイグイ箸が進みます。

具には大振りのアサリがゴロンと10個ほど入っているが、
どうしても何個かは砂がジャリッ!としちゃって、
そのたびにテンションは大幅ダウン…!

アサリの砂抜きを完璧にできる裏ワザとか、
「伊東家の食卓」のアーカイブで放送してないかしら…?

鶏つくねは軟骨も入り肉汁たっぷり、
そして水菜と糸唐辛子がちょこっと乗っかる。

でもこれお店のHPに掲載されてる写真だと、
もっと葉物野菜がたっぷり入ってるように見えるんだけど…!
JAROに怒られる前に早く!こっそり写真を差し替えるんだ!

DSC04293.jpg

てらみん部長の「あっさり和風塩らーめん」は、
見るからに胃袋に優しそうなビジュアル。

昆布や煮干し、鰹などをコトコト煮込んだ、
魚介の旨味がふんだんに詰まった清湯スープで、
塩加減もほど良くまさに「あっさり」の飲みやすいタイプ。

麺も柔らかめでスープになじむ細めストレートで、
ラスト4杯目に向けて胃のリセットにはちょうどいい感じ!

DSC04294.jpg

そしてタグ部員の「ぼたんらーめん1号」は、
まさかまさかの野菜てんこ盛り二郎スタイル!

どうやら「ぼたんらーめん」と「1号」の150円の違いは、
メンマと味玉、海苔の有無だけなようで、
野菜の量はどっちを頼んでも結果おんなじ!

DSC04295.jpg

ゴネたバチが当たったのか見よ!この野菜の量!
絶望で一気にグッタリとするタグ部員!

しかししょっつるとかナンプラーみたいな、
発酵させたような香りのする独特の醤油ダレの風味が、
濃厚な豚骨スープを高めるように牽引していてすこぶる美味しい!

さらにツルツルした滑らかな肌触りで、
パツンと弾けるような極太ストレート麺も絶品のひとこと!

野菜には魚介餡のようなタレがかかっているので、
単独で食べてもしっかり味が乗るという芸の細かさも。
いやこりゃまいった!さすが店の看板メニューだわ!

さっきまでプラカード片手に泣いてデモ行進していたタグ部員も、
気が付いたらスープまでしっかりちゃっかり完食しており、
今度は歓喜の紙吹雪パレードに興じる始末!

あんまりに腹が立ったのでてらみん部長と、
食後に駐車場でキレッキレのエメラルド・フロウジョンを、
交互にタグ部員に何発もお見舞いしてやったのは言うまでもありません!
あ!市民の皆さんケンカじゃありませんので!お気になさらず!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑単なるじゃれ合いです気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg
↑悪意1000%のラーメン系(?)Tシャツ最新作!
 「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

小三郎@静和

DSC04288.jpg

2013年5月25日/小三郎/静和/
しょうがらーめん+餃子/682円+399円


じぇじぇじぇー!
平成のあまちゃん軍団ことラーツ部が栃木にやって来たぞー!
おらウニさ好きだ!でもラーメンのがもっと好きだ!

まずは限定狙いで急きょ一軒目に繰り上げたにも関わらず、
直前で売り切れという憂き目にあったものの、
絶品の鶏白湯を味わえた『竹末食堂』を後にして、
向かったのは20kmほど離れた旧下都賀郡。

周りを田畑に囲まれた牧歌的すぎるロケーションの、
『小三郎』さんで本日二杯目いただきまーす!

DSC04284.jpg

こちらも地元民に愛される行列店で、
30台は停められそうな駐車場は常にいっぱいの状態。

しかしまず先に入口に置かれたシートに、
名前と人数を記入してから待つファミレス方式なのに気付かず、
普通にホゲ顔で行列に並んでたら3組くらいに先を越されちゃった!

うっかりこのまま気付かなかったら、
永久にお呼びがかからないまま年齢を重ねていき、
無念のままとうとう店先で息を引き取るところだったじゃん!
(その前に確実に通報されます)

大慌てでシートに「てらみん・3名」と、
なぜか部長のハンドルネームを殴り書きで記入し、
駐車場の片隅で野球モノマネクイズに興じているうちに、
20分ほどで「てらみん様ー!」とテーブル席に通されるご一行。
(ちなみに野球モノマネの正解はオリックス松葉)

ロッジ風の造りで小上がりやテーブル席が中心で、
店内にはほんのりと生姜のいい香りと、
有線から流れる倖田來未の押しの強い歌声が広がっている。

おばちゃんを中心とした店員さんの数も多く、
しっかりと声の出た気持ちのいい接客が素晴らしい!

こちらの店主さんは佐野の有名店『おぐら屋』出身で、
青竹で打った手打ち麺の本格的な佐野ラーメンが味わえるのだ。

そのメニューは「らーめん」と「チャーシューめん」にしょうがの有無、
そしてサイドメニューの「もつ煮」と「ぎょうざ」のみと、
非常にシンプルで分かりやすい構成。
あ!でも新メニューの「生姜つけめん」もあったかな?

お店のウリは「しょうがらーめん」なのだが、
辛いのがダメなてらみん部長だけ普通の「らーめん」をチョイス。
まったくお子ちゃまなんだから!ミロでも飲んでなさい!

DSC04287.jpg

まずは一人前を3人でシェアした「ぎょうざ」からサーブ。

つか一個一個が超でけぇな!
1998年ごろの携帯電話くらいの大きさあるじゃん!
(アンテナをピーン!と伸ばしながら)

自家製でモチモチパリパリの皮の中には、
ニラやニンニクもしっかり効かせた野菜メインの餡がギッシリ!

そのままでもしっかりちゃんと味が付いているので、
醤油と酢とラー油はもはやまったく出番なし。
交通費だけは支給すっから今日はもう帰っていいよ!

しばらくしてサーブされた「しょうがらーめん」は、
色合いが淡くて薄味に見える清湯スープだが、
飲んでみると鶏ガラの旨味と野菜の甘さがはっきりと感じられ、
薄口醤油で後味もキリッと仕上げてあって、
見た目以上にパワフルで存在感があり非常に美味しい!

DSC04289.jpg

そこに少量の刻みチャーシューとともに和えられた、
細切りの生姜を少しずつ溶かしていくと、
ピリッと刺激的な生姜の風味が加わるものの、
スープ自体の味は壊さずむしろより甘みを引き立てている印象。

なんでも『おぐら屋』時代の賄いメニューだったそうだが、
この独自性はそりゃお店のウリになるってもんよね!

手打ち麺はやや細めでかなりの色白で、
ふわふわと柔らかい食感なものの線は細くなく、
しっかりとしたコシと弾力を兼ね備えていて、
麺そのものに付いた塩味が噛むたびに染み出てくる。

ひと玉190gとなかなかのボリュームだが、
密度が無いのですんなりと胃袋に収まっていく。

スープに合わせて薄味に仕上げたバラ巻きチャーシューや、
サクサクした細いメンマも脇役としての存在感充分。

後半はレンゲにしょうがとスープを入れ、
そこに半分に切ったぎょうざをダイブさせて、
「即席スープぎょうざ」なんてヤンチャもしてみちゃった!

味はもちろん店の雰囲気も申し分なく、
さすが地元に愛される人気店だと実感いたしました!

DSC04286.jpg

壁に貼られた小粋な短歌のように、
まさに俺たちのハートもがんじがらめに!

ぜひこの短歌は内海桂子師匠に節をつけて唄っていただきましょう!
桂子師匠が唄うのは都々逸なのは重々承知の上です!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑七七七五気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg
↑悪意1000%のラーメン系(?)Tシャツ最新作!
 「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (3)
神奈川県(その他) (6)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報