スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺屋 繁@太田

DSC03222.jpg

2016年6月11日/麺屋 繁/太田/
濃厚らーめん/800円


2008年からスタートし足掛け8年かけて達成した、
記念すべき100回目のラーツ部部活動もいよいよクライマックス!
マラソンでいえば今ロサ・モタが競技場に戻ってきたあたりです!

夜の部1軒目に訪れた『在』さんの名物である、
「ギョーザラーメン」のインパクトにビックラこいた後は、
ラストのお目当て『繁』さんを目指してまたもや太田市へ逆戻り。

今日はなんだか桐生と太田を行ったり来たりだな!
これがホントのピストン輸送ってか!うまいねどうも!
(無に向かってひたすらピストン運動を繰り返しながら)

ところがカーナビの示す住所に着いても店がどこだか分からず、
周辺をウロウロするハメになり数十分のタイムロスになってしまい、
ようやく到着したのは閉店時間ギリギリだったよ…!
誰だピストン運動なんかして地図を見てなかったのは!俺だ!

DSC03221_2016080914170184e.jpg

今回訪れた5軒の中では黒を基調にしたシックな内装しかり、
レゲエミュージックがBGMに流れるオシャレな雰囲気しかりと、
もっとも東京にもありそうな「イマドキのラーメン屋さん」っぽい感じ。

店主さんは『麺屋武蔵』のいくつかの店舗で修行された方だそうで、
気合いの入った調理の所作などはいかにもそれっぽい。

3人なのでカウンターではなく小上がりのテーブル席に通されたのだが、
なぜか板の間なのにも関わらず座布団を敷いていないので、
長く座ってるとかなりケツや足が痛いんだけど何かを意図してのことなのかね…?

他にもせっかく置いてあるショップカードがカウンター席の隅にしかなく、
取るためにはそこに座ったお客さんにどいてもらわないといけなかったりと、
細かいところが気になってしまうのが僕の悪いクセ…!

メニューは魚介と豚骨のWスープの「らーめん」を筆頭に、
「濃厚らーめん」「濃厚つけめん」「つけそば」と揃っていて、
さらに夏限定の「鴨つけめん」もあったがすでに売り切れになっていた。

てらみん部長が早々に「らーめん」タグ部員が「つけそば」をチョイスしたので、
消去法で選んだ「濃厚らーめん」は見るからにスープがポッテリしていて、
本日5杯目としては胃袋的に身構える思いでございます…!

家系ラーメンや濃厚鶏白湯に侵食された都内ではあまり見なくなった、
ウソ偽りなしの正統派の濃厚動物魚介白湯スープで、
やや甘口の味付けとシャリシャリした生タマネギもお約束。

油分は極力排除されているのでしつこさはないのだが、
やはりドロドロの飲み口は重たい胃袋にはかなりヘビーで、
自然とレンゲの進みが遅くなっちゃうのを許していただきたい…!

麺は厨房の横に製麺室があるっぽいのでおそらく自家製であろう、
黄色みが強く手もみのようなちぢれが付いた中細タイプ。

歯ごたえを強く残したコリッとした硬めの茹で上げで、
ツルツル感が強いからかややスープを弾くきらいがあるものの、
噛み締めるたびに感じる豊かな小麦の香りはなかなかいい感じですぞ!

そしてさらに満腹感に追い打ちをかけるのがチャーシューで、
上野の『麺屋武蔵武骨』譲りの超厚切りの煮豚タイプで、
口に入れただけでトロトロにとろけちゃう柔らかさが絶品なのだが、
こってりした脂身もたっぷりくっついているので重い!重いよマンマ!

DSC03223_2016080914170370a.jpg

一転しててらみん部長オーダの「らーめん」は清湯スープで、
濁らせないように炊いた動物系ダシをベースに、
鯖や鰹や煮干しといった魚介のフレーバーを効かせたもの。

香味油の香りなのかほんのりとした甘みのある味わいは、
どこかクラシカルな風情もたたえていて素直に美味しいっす!

DSC03224.jpg

そしてタグ部員オーダの新メニューらしい「つけそば」は、
「濃厚つけめん」よりもつけ汁をライトに仕上げたそうで、
濃厚が厳しい年輩の方や女性にはこちらをオススメしているんだとか。

とはいえ全粒粉を練り込んだゴワゴワの超極太ちぢれ麺と、
魚粉を浮かべたWスープのつけ汁はライトっつっても充分濃厚!

東京ではもはや淘汰されつつある濃厚動物魚介系だが、
まだこういったピンポイントの地方ではまだまだ通用していると見えて、
閉店ギリギリまで途絶えない客足がそれを物語っていた。

かくいう俺たちは車に乗るのもしんどいほどの腹パン状態で、
しばし駐車場の片隅でピストン運動で消化を促進するのでした…!
101回目のラーツ部もお楽しみに!僕は死にましぇーん!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑レッツピストン!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg

↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

塩らーめん 千茶屋@太田

DSC03204.jpg

2016年6月11日/塩らーめん 千茶屋/太田/
アゴ節コンチータ/750円


記念すべき100回目を迎えた今月のラーツ部部活動は、
ミスモンダミンこと井森美幸のふるさと・群馬県にお邪魔しています!

まずは部活では異例のリピート訪問となった『芝浜』さんで、
これでもかとばかりにお見舞いされる小麦のフルコースを堪能し、
例のオーディションの「井森ダンス」を披露しながら今度は太田市へ移動。
(タグ部員も運転しながら器用にダンスに参加!)

本日2軒目は最近中央でもとみに名前を聞くようになった、
塩ラーメンの専門店『千茶屋』さんに向かいます!

DSC03202_20160809141611376.jpg

太田記念病院の横にある三軒並びのテナントに入っており、
目の前が20台は停められそうな広々とした共用駐車場なので、
井森ダンスを踊りながらの車庫入れでも安心だね!
(縁石に乗り上げてそのまま横転するもダンスは継続)

店頭のボードに名前と人数を書いてから並ぶファミレス方式で、
鳥のさえずりとダクトの回転音を聞きながら5分ほど待って入店。

カウンター席にテーブルもある店内はどこか日本蕎麦屋のようで、
店主さんを中心にエプロン姿のお母さんが接客する、
どこか朗らかな雰囲気で居心地がいいのがまず嬉しいね!

さすが専門店だけあって塩だけでもかなりのバリエーションがあり、
「梅塩らーめん」「辛味塩らーめん」「浅利塩らーめん」など揃っているが、
「ホタテ塩らーめん」や「冷やし塩らーめん」など一部はメニュー落ち。
そんな中から俺がチョイスしたのは数量限定の「アゴ節コンチータ」!

かつて松本人志に苗字を貰った「松本コンチータ」という芸名で、
女優として活動していた俺としてはこのメニューは外せないでしょ!
(加藤浩次に楽屋へ連れ込まれながら)

スープと麺が盛られた小さめの丼には少量の青ネギのみが散らされ、
具と鶏油は別皿でサーブされるなんとも写真が撮りづらいスタイル。

DSC03205.jpg

あれやこれやと器をカチャカチャ動かしてなんとか画角に収め、
まずはかけそば状態の丼からスープをいただいてみると、
アゴ節に名古屋コーチンを加えたダシはうっすらと濁りのあるもの。

最低限の味付けのみ施されているので最初は薄く感じるが、
徐々に渋みを伴うアゴ節の旨味がジワジワと感知できるようになり、
まったく物足りないことはなくグイグイと引き込まれるような味わい。

ここまでネイキッドなスープはかつて君津の『いなばのしろうさぎ』で食べた、
一切の調味料を施していない「うさぎ」以来じゃないかしら?

そして麺はどことなく先ほどの『芝浜』のつけめん用のやつにも似た、
透明感のある平打ちで角張った中太のストレート。

多加水でプルンとした舌触りはどこか上質な寒天のようで、
口の中を滑るようなツルリムンニリとした弾力のある食感も、
これまた他所にはないオンリーワンな出来栄えっす!

具はスープを壊さぬように浸さないでそのまま食べてみたが、
噛むたびに肉汁が滲み出てくるバラロールと、
燻製スメルがかぐわしきロースの2種のチャーシュー、
それに太いのに柔らかくて香りもいいメンマも非常に丁寧な仕事です!

鶏油は試しにレンゲにすくったスープに数滴垂らしてみたが、
確かにコクや旨味は倍増するもののダシの風味は奥まってしまうので、
個人的には断然ノーオイルのほうが好みでございます!

DSC03203.jpg

こちらはてらみん部長がチョイスした「塩まぜそば」で、
デフォの「塩らーめん」の食券を買って「まぜで!」と注文するスタイル。

塩ベースで油っこくないのでさっぱりと食べられる味付けで、
散りばめられた干し海老の香ばしさがナイスなアクセント。
鶏と魚介のスープが付いてくるのも嬉しいじゃないの!

なおてらみん部長は特注の井森モデルのレオタードに、
汁はねするのも全然お構いなしで豪快に啜ってました!いよっ!男だね!

DSC03206.jpg

さらにこちらはタグ部員がチョイスした「塩つけめん」。

水で締めたことによりさらにモッチリ感が増した太麺に、
鶏油のコクや唐辛子のピリ辛が加えられた、
やや塩加減を強めに効かせた清湯のつけ汁をくぐらせると、
暑くて食欲が落ちる夏場でもスルリと胃袋に収まりそうですな!

今後もとことん塩ラーメンにこだわっていただきたいところだが、
貝好きとしてはぜひいつか「ホタテ塩らーめん」を復活させてほしい!

なんなら我々レオタードからウェットスーツに着替えて、
海女ーズに変身して潜って獲ってきますんで!じぇじぇじぇ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑来てよその火を飛び越えて気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0075.jpg

↑イブニング誌で連載中の人気漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ『ぴー』!
 ムーコがTシャツを「ぴー」してるように見えます!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん専門 うしおととり@太田

DSC04642.jpg

2013年8月24日/らーめん専門 うしおととり/太田/
黒マー油醤油らーめん/720円


前橋育英高校への表敬訪問を兼ねた、
ラーツ部群馬遠征もそろそろクライマックス!

この日のために全員イガグリ頭に剃りこみ、
ツバと頭頂部を極端に変な角度に折り曲げている、
高校球児独特のセンスによるあの例の帽子で揃えてきたので、
結束力が高まっちゃって名残惜しいのなんのって!

泣きながらシューズ袋にありったけの土を詰めながら、
(残土置き場から拝借したので汚染物質とかちょっと心配☆)
ラーツ部では初訪問となる太田市まで移動、
藤田和日郎先生もビックリのネーミングの『うしおととり』さんへ!

DSC04641.jpg

富士重工の大きな工場の真向かいにあり、
カウンターとテーブル席のシンプルながらスタイリッシュな造りで、
店主さんは奥まった位置の厨房で黙々と調理に没頭、
奥様と思われるカワイイ女性がホールを担当している。

レジ下にはたくさんの漫画本が置かれた本棚があり、
もちろん屋号にちなんだ例の漫画は全巻制覇でしょ!と思ったら、
そこに並ぶのはドラゴンボールやスラムダンク、
ジョジョに幽々白書と完全に集英社クラスタ!
そんな子には小学館ビルのラクガキは見せてあげません!

メニューは「醤油」「黒マー油醤油」「潮」「汁なし担々麺」、
まぜそばスタイルの「菜彩麺」に「豚骨魚介つけ麺」という、
こちらもまた実に部活向きなラインナップ。
ちなみにサイドメニューに「はんばっか」はございません!

俺担当のちょっと変化球「黒マー油醤油らーめん」は、
豚、鶏、魚介、野菜を8時間以上じっくり煮込んだWスープに、
自家製の焦がしニンニクマー油を加えたもの。

そう聞くとワイルドで男まさりなふんどしマッチョマンを想像するが、
一度冷まして余分な油脂分などを排除しているようで、
実に口当たりがとろんとマイルドで柔らかい。

マー油も軽い香ばしさを与える程度でそれほどきつくないので、
全体的に優しくてどこか女性的に感じるような味わい。
同じふんどし姿でもマッチョマンじゃなくて宮沢りえです!(古い)

ただスープの温度がかなりぬるかったんだけど、
これは風味を引き立てるために意図的にそうしてるのかしら…?

やや平べったく圧ぺんされた形状の中太麺は、
プリプリとした心地よい歯ごたえのあるタイプ。

かなり強いウェーブで遊んでいるので、
啜るとじゃじゃ馬のようにぶるんぶるんうねるわうねるわ!
マー油もその辺に飛び散らせちゃってはしたないわよ!

でっかく分厚いチャーシューは片面に焼き色をつけており、
肉汁が染み出るほどジューシーで食べごたえ充分!

さらにメンマと海苔、口休めの茹でキャベツが乗るが、
生のままか茹でてるかの違いこそあれ、
マー油の染みたキャベツをかじると完全に『桂花』を思い出すね!

DSC04643.jpg

タグ部員オーダの「醤油らーめん」は、
マー油の入らない純な動物魚介Wスープで、
黒マー油よりやや魚介の風味を強めたシフトになっている。

こちらは細いストレート麺を合わせていて、
ポクポクとした素朴な食感でこれも悪くないね!

DSC04644.jpg

てらみん部長オーダの「味玉潮らーめん」は、
さらに魚介風味が強めでまさに「塩」でなく「潮」な味わい。

スープには軽く魚粉も溶かされており、
トッピングされたあおさ海苔が磯の風味を加速させる。

DSC04645.jpg

そしてKEN-1部員は珍しくまぜそば系の「菜彩麺」を。
急に縮尺がおかしくなったけど丼がバカでっかいんです!

DSC04646.jpg

醤油や潮と同じポクポク細ストレート麺に、
少量のスープと特製の辛味ソースを混ぜて食べるもの。

まず飴色タマネギの香ばしい甘さが前面に来て、
そのあとに深い辛さがジワジワとくるような他にはない味わいで、
ご飯との相性もよさそうな一杯ですな!

さすがに本日ラストの一杯にどっしり系だったので、
もう腹ははちきれるんじゃないかってくらいパンパン!
ということでこれしかないでしょ!ってセリフで本日はお別れですさようなら!

「もう…喰ったさ。ハラァ…いっぱいだ」

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑獣の槍気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。