麺屋 桜@御器所

DSC03280_201608091419046c2.jpg

2016年6月19日/麺屋 桜/御器所/
魚介油そば/800円


土日の2日間にわたる「クリエーターズマーケット」は、
ご来場くださったたくさんのお客さんに感謝の気持ちを込めて、
一人ひとりに盲腸の手術をしてさしあげたいほどの盛況で終わりました!

そのお祝いと慰労も兼ねての「ひとり打ち上げラーメン」は、
まず大須に支店ができた『圓』さんの絶品煮干しラーメンから幕開け。

お次に向かったのは2010年オープンの中堅どころ『桜』さんで、
こちらの名物といえば濃厚な味わいの油そばらしいのだが、
普段あまり油そばを食べつけない俺にとっては若干の不安が…!

とはいえ名物と言われてるものを食べないという手はないよね!
それはいわば「桜」がセトリに無い河口恭吾のライヴみたいなもんだ!

DSC03283.jpg

東京人にはなかなか読めない御器所(ごきそ)の駅から、
7番出口の階段を上がったらすぐ目の前という好立地にあり、
日曜の夜ともなるとなんだか人通りも少なくシンとした雰囲気にも関わらず、
カウンター席は呑んだ帰りの若者たちで満席をキープする人気。

二人でテキパキと厨房を回す店員さんはまだ若そうな兄ちゃんで、
「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」と言うのに飽きたのか、
毎回違うイントネーションで挨拶しているのがなんだかおかしい。

客層どおり油そばだけでなく「つけ麺」も良く出ているが、
「魚介油そば」「台湾油そば」など名前だけでゲップが出そうなメニューがトップで、
さらにいずれも300グラムの大盛りまでは無料サービスという、
カロリアスという名の神を崇拝する者にとっては最上の施し!

しかし先祖代々の無宗教である俺はもちろん、
「魚介油そば」を普通盛りの200グラムで注文しましたけどね!

でっかい丼は色とりどりの具材が乗った賑やかなビジュアルで、
まずは混ぜる前に謎のペーストと2種類の粉をペロリとしてみると、
ペーストは背脂が混じったこってりめのカツオ餡で、
茶色は普通の魚粉でオレンジ色はピリリと辛いガーリックパウダー!

DSC03282.jpg

それらを趣味のゴルフで培った手首のスナップを利用しながら、
(コースはおろかクラブすら一度も握ったことないけど)
一気に全体を混ぜ込んでいくと具材の底のほうから、
太さが微妙に異なる強ちぢれ極太麺が出てきて思わず赤面!(なんで?)

見た目どおりのガッチリゴワゴワとした屈強な歯ごたえをしていて、
背脂カツオ餡やピリ辛パウダーがドロドロに絡んでくるが、
通常の油そばと違って魚介の風味がしっかり立っているので食べやすい。

チャーシューは七輪に乗せて豪快に切り分けながら焼き、
さらにその上からバーナーで一気に炙って香ばしさを足していて、
まるでポークステーキのようにジューシーで食べ応えバッチリ!

さらに水菜やメンマや味玉は麺とは混ぜずに脇に置いておき、
油に浸らないように単独で食べて箸休めとして使わせてもらった。

油そばは途中で酢とラー油を入れるのが定番だと思うが、
辛さは俺基準ではこれ以上必要なかったので酢だけ入れてみると、
なんと容器の底にカツオの厚削り節が山ほど沈んでいて、
酸味とともにさらに魚介の風味がアップ!これはいいアイデア!

DSC03281_20160809141902499.jpg

さて俺があまり油そばを好んで食べない最大の理由が、
口の中が乾いてモッサリしてくるのがどうも苦手な点なのだが、
こちらはコンソメのような味わいのスープが付いてくるので安心だね!

ただサーブの際に「こちらのスープはスープとしてお飲みください」と、
店員さんから禅問答のようなアドバイスをもらったのだが、
要するにつけ麺みたいに麺を入れて食べたりだとか、
丼に注いでラーメンにするには向いてないよ!って解釈でいいのかな?

なんとか完食したけどやはり2杯目で200グラムはキツいわ!
明日はもう一日名古屋でゆっくりだから早々に休もうっと!

ホテルに戻っていちおう非常口とか避難経路の確認のついでに、
あくまでついでにペイチャンネルカードの自販機の位置をチェックし、
こちらのVODにはどんなラインナップが揃っているのか、
リモコンでテレビ画面を操作してサンプル映像をカジュアル感覚で観てみる。

しかしやたらハードコア系かマニアック系かという、
俺的にはドン引きしちゃう好みから外れるものばかりだったので、
そっと財布からはみ出させていた千円札をしまったのでした…!

えっ!?違うよ映画だよ!あくまで映画の話だってば!
(冷や汗&冷や汗と違う液体をしたたり落としながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑やけにラブシーンばっかりの映画だな気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0059_20151215185140903.jpg

↑漫画家・佐藤両々先生とのコラボTシャツ!
 「天使のお仕事」登場キャラが着ていたTシャツを完全再現!
 これを着てれば力士に張り手を喰らわされる心配ナシ!『テッポウ禁止』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らぁめんや 好陽軒@桜山

DSC01397_20150721180721c68.jpg

2015年6月19日/らぁめんや 好陽軒/桜山/
叉焼麺 松/800円


東海最大のアートイベント・クリエーターズマーケット出店のため、
1年ぶりにこむら代表が名古屋にやって来ましたよー!

決してちょうどこの日の夜に栄のHMVで開催される、
アンジュルムのトーク&握手会のためじゃないんだからねっ!
大器晩成~!もぉお~!そんな人生~!もぉお~!
(ナナちゃんの頭頂部にしがみついて拡声器で熱唱)

東京を出発してまずは地元で人気の『新谷』さんに直行して、
神田うののツラの皮より分厚い自慢のチャーシューを、
いきなり3枚もやっつけるというなかなかの豚展開。

しかし次に目指す『好陽軒』さんは名古屋では定番の、
薬膳の手法を用いた身体にいいラーメンだから問題ないでしょ多分!

DSC01396_20150721180719e5f.jpg

桜山の駅から西へ10分ほど歩いた29号線沿いにあり、
店舗のすぐ右横に6台分の駐車場もあるのでマイカー組も安心。

厨房に沿った一列の真っ赤なカウンターのみで、
笑顔の優しい店主さんご夫婦が柔らかい物腰で迎えてくれる。

そしてアラシックスくらいかと思われるそのベテラン店主さんによる、
独特のイントネーションの「いらっしゃいませぇー!」がめっちゃええ声!
どこかでナレーションのお仕事とかしてもらいたいくらい!

しかしそんなアットホームな雰囲気とは対照的に、
壁には自家製のスープやチャーシュー、メンマへのこだわりが、
一枚板に達筆でビッシリ書かれた看板が掲げられており、
ここが『好来道場』を総本山とした好来系一族であることを思い出させる。

メニューに「松」「竹」「寿」などのネーミングが施されてるのも同じだし、
麺を茹でるのに使うザルを4分割した特殊なテボもまったく同じ!

初めてなら普通の「松」がいいですよーとのことだが、
いわゆるデフォルトだけど正式名称は「叉焼麺」となる。

うっすらと濁ったスープは豚骨と鶏ガラをベースに、
タマネギやニンニクなどの根菜から摂ったダシをブレンドした、
その名も仰々しい「秘伝和漢根菜汁」を謳っている。

カエシや油にはまったく頼っていないので、
初めのうちはちょっと薄味に感じちゃうものの、
徐々にベロのほうが自然にピントを合わせるようになっていき、
じきにじんわりとした滋味を感じられるようになってくる。

まるで身体に天然の栄養剤を注入しているような、
胃袋から元気が湧いて出てくるような健康的なスープだわね!

そこに中太くらいのストレート麺を合わせていて、
一本一本が短くて箸で持つとプリン!とスープから全体が上がってくる。

ちょい柔らかめの茹で上げだがダレていることもなく、
モチモチともプリプリとも違う独特の軽やかな食感をしており、
あまり他で食べたことのないユニークな存在感。

そして4枚乗ったバラ肉巻きチャーシューも薄味に仕上げてあるが、
旨味を逃さないようにじっくり煮込んであって美味しい!

さらにテレビでも取り上げられるほどの名物メンマは超極太で、
かつて栄の『好来分店』でメンマ増しの「竹」を注文したら、
材木置き場か!とツッコみたくなるほどの量が出てきた記憶があるが、
デフォルトだと8本程度とそれでもなかなか多め。

乾燥メンマをお手製でじっくり時間をかけて戻しているそうで、
コリコリはしてるんだけど決して固すぎず、
繊維に沿ってスッと歯が入っていく柔らかさもあってたまらんです!
ちょっとピリ辛のネギ油でもかけてビールのつまみにしたい!

中盤にはこれまた「好来系」定番の高麗人参酢でさっぱりと、
終盤には辛すぎない深みをプラスするラー油を入れて、
最後まで身体を浄化する気分ですっきりあっさりといただきました!

お店を出る時には「どうもっ!ありがとうございましたっ!まったどぉーぞっ!」と、
なんとご夫婦二人で譜割り完璧のユニゾン挨拶で送ってくれて、
なんか心もホッコリ暖かくなっちゃう本当にいいお店でした!

さーあとはホテルにチェックインして夜までゆっくりなので、
握手に備えて洗面所で洗えるだけ手を洗っておかなきゃな!
大器晩成~!もぉお~!こんな御時世~!もぉお~!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑推しはやっぱりあやちょです気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0058.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生のアシスタント・フジイとのコラボ!
 名人との約束が守れない子のゲーム機なんか、
 お姉さんが容赦なく破壊しちゃうんだから!『ゲームは一日一時間』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん 三吉@荒畑

DSC05379.jpg

2013年12月8日/らーめん 三吉/荒畑/
塩らーめん/730円


何らかのハラスメントなんじゃないかって思うくらい、
もの凄いボリュームだった『まさ春』さんの巨大チャーシューのおかげで、
すでになかなか腹はパンパンの状態。

しかしこれからまた400km以上ドライブして、
東京に帰らなきゃならないっつーウンザリするミッションがあるのだ!
1カロリーでも栄養を蓄えて臨まなければ簡単に足元を救われる!
絶対に負けられない戦いがそこにはあるのだ!

というわけで愛知出張のラストを飾る一杯は、
かつて名古屋の老舗だったという伝説の同名店の、
味やイズムを受け継いでいるという『三吉』さんへお邪魔します!
その前にジャパンブルーのユニフォームに身を包んで国歌斉唱!

DSC05378.jpg

山王通に面しており都心に近いのに駐車場も完備のこちらは、
外観も内装も木目調の喫茶店のような雰囲気で、
地元の人に「ここはコメダ珈琲店ですよ!」とデマを流されたら、
入店するやいなや思わずシロノワールを注文しちゃいそうな感じ。

厨房に面したカウンターには一段台を取り付けており、
座ると目線と同じ位置に調味料や割り箸が並んでいるユニークなレイアウトで、
白ゴマをお好みで自分で擦れるようにと、
小さなすりこぎとすり鉢まで置いてあるのも面白いね!

若干ラビーこと関根勤先生に似た店主さんによる、
踊るような独特の小刻みな動きの調理法が見てて飽きない!
gifアニメに起こしてTumblrにアップしたい!

とにかくこちらは困ってしまうほどメニューが多く、
まず定番は塩、薄口しょうゆ、しょうゆ、白味噌胡麻、味噌の5種類で、
他にも「えび風味のほろにが味噌つけ麺」と「桜えびのまぜそば」、
さらに季節ごとに定期的に変わる創作系として、
「こがし野菜のほろにが塩」「にんにくしょうゆ」「わさび塩」の3種類。

進路相談の時でもこんなに迷わなかったってくらい迷ったが、
やはりド定番を味わいたくて「塩らーめん」を注文。

全体に油が乳化したスープはとろりとした口当たりで、
まろやかマイルドで甘みのある豚骨鶏ガラの動物系がメインで、
あらかじめたっぷり散った煎りゴマの香ばしさがアクセントになっている。

その味はなんとなく遠くのお山の向こう側に、
『山頭火』のしおラーメンの面影が見えたり見えなかったり。

細麺にはゴワゴワとした強いちぢれが付いていて、
全粒粉が練り込んであるのかポツポツとふすまが見える。

やや粉の質感の強いポソッとした素朴な歯ごたえで、
噛むたびに広がる豊かな小麦の風味がなんともノスタルジックだが、
スープを吸いやすいので早めにいただくのが吉。

薄くカットされたチャーシューは脂身の少ない部分で、
細かくフレーク状に崩れてしまうほど柔らかく、
さらにメンマと海苔と味玉半分と輪切りネギが乗る。

さてサーブの段階で写真撮影の許可をとった際に、
どうやら店主さんにその筋の人間だと判断されたようで、
手の空いたタイミングで「何か質問があればどうぞ…」と、
向こうから予想もしていなかったリアクションが!

その後こちらが特に質問していなくても、
化学調味料のデメリットや別々にスープを炊いて丼で合わせる手法、
さらに東京と名古屋の人間における微妙な味覚の違いなど、
脳内に詰まったラーメン学の数々を惜しげもなくレクチャーしていただく。
どうやら店主さんも筋金入りのラーキチですな!

さすがにイベント終わりでヘトヘトだったので、
今回はほぼ聞き役に徹してしまったのだが、
いつもだったら吉田豪ばりのインタビュー能力で、
店主さんの人間性まで赤裸々に浮き彫りにできたはずだったのに残念!

でもこの内容は東京へ帰ったら2万字にまとめて、
クイックジャパンに寄稿する予定ですのでどうぞお楽しみに!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑もちろんボツになりました気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0083.jpg
↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
 こまつさんのガラス工房のスタッフTシャツ風!『アマートクラシック』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らぁめん 翠蓮@いりなか

suiren2.jpg

2011年6月17日/らぁめん 翠蓮/いりなか/
濃いめ焼き干し(醤油)/890円


名古屋に到着してすぐ、
いきなり二杯の麺をやっつけ、
してやったり顔でやっとホテルにチェックイン。

一泊1,600円弱と破格だったので、
なんの気無しにカプセルホテルにしたのだが、
これがまぁ昭和40年代で時が止まったかのような、
歴史の遺物的存在で参った!

黄ばんだカプセル内にはコンセントもなく、
フロントの有料充電器も故障のまま放置してあり、
携帯の充電もままならない状態。

せめて疲れを癒そうと、
ミロのヴィーナスや亀の彫刻が並ぶ、
夢の世界のような大浴場に向かうも、
労働者風の常連客にあちこちで叱られて、
まったくくつろげる雰囲気は皆無…。

傷心のままカプセルに戻り、
野球ボール大の穴からただ風が吹いてくる、
空調とも呼べない空調を浴びながら、
いまだにアナログ放送のテレビを観ているうちに、
数時間のまどろみタイムに突入…。

気がついたらもうすっかり夜。
気力を振り絞って夜麺攻略に出発!

でもそんなテンションなもんだから、
見事にデジカメをホテルに忘れますよね!
もう泣きたいよね!

suiren1.jpg

ということで携帯のカメラで撮ってます。
あぁブレる!どうしてもブレる!

地下鉄に揺られること十数分。
いりなかという静かな新興住宅街に、
これまた静かな雰囲気で佇む『翠蓮』。

バリ島をイメージした内装で、
大きな蓮の花の写真が飾られていたり、
調度品やBGMまですべてが南国ムード。

店内かなり湿気がこもって蒸し暑いのも、
東南アジアを意識した演出だそうです。
(たぶん違う)

寡黙そうな店主さんと、
石野真子に似た奥様?の二人体制。
やはり静かに淡々と仕事をこなしている感じ。

通常の「醤油」と「塩」などに加え、
さらに「濃いめ焼き干し」なるメニューが。

あまり他で見ないメニューなので、
一期一会の出会いとはいえ、
そちらのほうを醤油で頼んでみた。

動物+魚介のコクのあるスープに、
さらに焼きアゴ干しを加えてひと煮立ちさせ、
ガツッとエビ油を効かせたもの。

アゴ独特の深みのある苦味と、
エビ油の強烈な香ばしさに支配された、
かなり独特で食べ手を選びそうなテイスト。

魚介が好きな人間にとっては、
蓮の葉に乗って極楽浄土まで行けそうな、
まさに至福の一杯といえようぞ!

メニューでは太麺と謳っていたが、
実際はさほど太くはないゆるやかウェーブ麺。

程よく熟成していて、
プリプリした歯ごたえのある麺で、
なかなかおいしゅうございます。
160gと量もそこそこある。

チャーシューは短冊状に刻んであり、
炙りを付けたものがたっぷり。

豆腐を発酵させたという、
腐乳の風味をまぶしてあるそうで、
ほんのりとまったりした発酵臭を感じる。

メンマは極太で屈強な繊維質。
豆苗はラーメンの具としては珍しい。

オリジナリティあふれる一杯に、
なかなか満足させていただきやした!

しかしちょっと気になったのは、
卓上のティッシュがほとんど切れていたり、
カウンターの細かい部分が汚れていたりと、
ホスピタリティのほうまでは、
手が回りきっていないような印象があったこと。

麺のサーブと客回転で精一杯なのかな?
そういえばお二人ともなんだか、
どこか疲れてるみたいにも見えるし…。

ここは笑顔の素敵な、
愛想のいい娘さんでもバイトに雇って、
店の雰囲気をパッと華やかにしてはどうだろう!
(ケチャを踊りながら余計な提案)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑高速トランス気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報