滝野川 大勝軒@池袋

DSC03703_20161124131444c5c.jpg

2016年8月25日/滝野川 大勝軒/池袋/
ラーメン(小)/700円


本日18時からの漫画「いとしのムーコ」新作Tシャツの販売開始に向け、
エネルギーを蓄えるべく池袋でラーメン連食をぶちかましている、
こまつさんじゃなくてラーメンさんがだーいすき!な代表でーす!ぴー!

まず1軒目に伺った九条ネギたっぷりの『よってこや』のスープが、
清湯とはいえ背脂が浮いたややこってりめのものだったので、
メリハリを重視する俺の「連食理論」に基づけば次のお店はあっさり系!

そういえば雑司が谷から池袋に移転してからというもの、
デカ盛りのお店としてマスコミに奇異な演出でもてはやされるようになって以来、
なんだか足が遠のいていたままだった『うめもと』さんに、
「浜塩めん」というハマグリを使った未食のラーメンがあったじゃんか!

九条ネギの次はハマグリと大好物を一気にパクパクだなんて、
そんな贅沢まるでどこかの国の王様か!最高指導者か!
(サイドを大胆に刈り込んだ独創的なヘアスタイルで)

DSC03701_201611241314403ab.jpg

しかしさっそく入店して券売機を確認してみるも、
先客は誰もいなかったのに「浜塩めん」だけが売り切れランプ!
これたぶん最初から仕込んでないでしょ!どうなのアーン?メーン?

幸い店員さんが奥にいてまだ存在すら気付かれていなかったので、
すぐに撤退して駅方面に向かってツラツラと歩いていると、
そういえばこちらも移転してからは未訪だった『滝野川大勝軒』を発見!

こってりの後に鬼こってりとか俺の連食理論大崩壊だけど、
いてもたってもいられずに飛び込みましたよね!
人のポリシーなんてこんな風に脆く崩れ去るもんなんですよね!

DSC03702.jpg

元々は屋号のとおり北区の滝野川で長く営業していたお店で、
今は亡き山岸御大から正式な跡継ぎを任された、
二代目店主である飯野さんが店長を務めていたことで有名。

店舗はその飯野さんがプロデュースしていた『KINGKONG』の跡地で、
カクンと折れたステンレス製のカウンターなどはほぼ前店舗の居抜き状態。

思わずモノマネしたくなる独特な口調の大柄の店長さんに、
アシスタントふたりの3人体制でせっせと大量の麺を茹でている。

券売機のメニューを確認すると「ラーメン」「もりそば」「あつもり」と、
『大勝軒』グループの王道と言えるスリートップが揃っていて、
他に野菜や岩のり、玉子やとろろなどのトッピングでかなり賑やか。

普通サイズだと300グラム前後と連食には不向きのボリュームなので、
ここは素直に白旗を掲げて「ラーメン」の小でお願いいたします!

小サイズだと昔ながらの龍模様の丼でサーブされるのだが、
このビジュアルだとまったく大勝軒っぽく見えなくなるから不思議だね!

粘度こそ無いものの素材のダシがフルボディで詰まっているのが、
その見た目だけでも分かるくらい濃密に濁っているスープは、
動物系の旨味に鰹鰯鯖の魚介が爆ぜるパワフルな飲み口。

やや強めに効いた酸味が独特の後味を醸し出していて、
まさにこれは「ジャンク系大勝軒」といっても過言ではないオリジナルな味かと!

さらに店内にまだ『KINGKONG』の麺箱が置いてあるので、
おそらく自家製であろう中太のストレート麺は、
啜って噛んだ瞬間思わず「おぅ!うめぇ!」と声が出ちゃったほど!

得てして大勝軒系は柔らかめでソフトな食感なところが多いが、
こちらはしっかりとコシを残した茹で加減に仕上げてあり、
噛むたびに広がる小麦と卵の風味がなんとも絶妙!
こりゃ是が非でも「もりそば」でさらにその風味を楽しみたいところ!

チャーシューは肉身がワイルドな豚モモ肉で、
メンマが砂糖的な甘口の味付けなのは伝統を受け継いでいる感じ。

なんとか食べられたけどやっぱりここは連食に組み込むんじゃなく、
隣りの席のメタボなおっさんみたいにガッツリ食うべきだったなー!

つかそのおっさん「もりカレー」大盛り(麺の量500グラム!)のつけ汁に、
一味唐辛子をひと瓶分ドバドバかけながら食ってたから、
やっぱりあんなおっさんのマネだけはしたくないなー!

コンビニで買ってきた野菜ジュースを持ち込んで、
合間にチューチュー飲んでたけど焼け石に水だし後の祭りだなー!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑覆水盆に返らずでも可気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0099.jpg

↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!
 あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!
 『いも大学』早く~しないと~売れちゃうよ~!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

京都進化系 三代目ねかし よってこや@池袋

DSC03699.jpg

2016年8月25日/京都進化系 三代目ねかし よってこや/池袋/
京九条ねぎラーメン/880円


いよいよ今日は漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ、
『しっぽ!しっぽ!』の通販解禁日なのであります!
約1年半ぶりの新作リリースとあって盛り上がりは確実の状態!

通販開始はお客さんの仕事や学業が終わる18時からに設定したので、
ここはちょっと夜までにパワーを溜め込んでおきたいところ!

しかも週末には「真夏のデザインフェスタ」も控えているので、
結論としましてはガッツリとラーメン連食をガンギメしたいと思います!
あくまで俺の人生なので異論は一切認めません!

湧いて出てくる後ろめたさを必死に打ち消しながら向かったのは池袋、
株式会社イートアンドが運営する『よってこや』さんでございます!

系列店である錦糸町の『太陽のトマト麺』にはしょっちゅう通っているが、
なぜわざわざバリバリ資本系のチェーン店で食べるために、
電車賃を払って池袋まで?と思ってらっしゃる方も多いことでしょう。

実はこちらの池袋店は今年の5月にリブランドを施され、
京都の九条ネギをメインに据えたラーメンを提供するようになったのだ!

いつか死んだら花じゃなくて九条ネギで棺を埋めてほしいと思っているほど、
生粋の九条ネギャー(アムラーみたいなニュアンス)としては、
こんな気になる案件をほっとくわけにはいかんのです!
これがホントのほっとけないよ!こんにちは楠瀬ネギ志郎です!

DSC03698_20161124131431ff6.jpg

池袋東口の飲食店が密集しているエリアにあり、
目の前が『鬼金棒』ですぐ近くには『がんこラーメン』もあるという激戦区。

店の奥まで長く続くカウンターだけのインテリアは、
おそらく『よってこや』時代のまま継続して使っていると思われるが、
厨房の奥からはラーメン屋では珍しい天ぷらを揚げる香りが漂っている。

隣りの席の部活帰りとおぼしき男子高校生ふたり組は、
どちらも普通の「豚骨醤油ラーメン」みたいなのを食べていたが、
ここへ来て「京九条ねぎラーメン」か「京九条ねぎ天つけ麺」を食わずしてどうする!
そんなだからいつまでたっても補欠なんだぞ!(極度の偏見)

DSC03700.jpg

俺がチョイスしたのは「京九条ねぎラーメン」だが、
グリーンが鮮やかな九条ねぎがたっぷり乗ったビジュアルは壮観!
しかし店内のライティングが微妙で写真撮影はたいへん難儀!

実際食べてる間も背中側から当たってる照明のせいで、
ずっと自分の頭で影ができて丼を覆っているため(皆既オレ食)、
せっかくのラーメンがずっと暗がりにある状態なので、
イマイチ食欲をそそらないのでぜひここはライティングの再考を!

まずスープからいくとサラサラした清湯に背脂が浮かんでいて、
鶏ガラベースで昆布や節類の旨味とカエシの甘み、
それに直前にチャーシューを焦がした香ばしさが次々とやって来る。

同じ京都のラーメンでも昨今都内にも増えている『新福菜館』系ではなく、
今出川の『ますたに』の系譜を受け継ぐ味わいに思えるが、
唐辛子ペーストは沈んでいないのでお好みで卓上の黒七味をどうぞ!

麺は箸でつかむとビヨンとした伸びを感じさせる、
色が白くて細くてまっすぐなストレートで、
恒例の「女優例え」で言うなら仲間由紀恵あたりでしょうか!

やたら硬茹でにせずしっかりと火を通した茹で加減で、
コリコリというよりはムッチリとした滑らかな食感をしているが、
体感で130グラム程度とボリュームは程々なので、
食べ盛りのスケベ男子なら大盛りかご飯ものの追加が必須かも。

そしてコーヒーカップ一杯分くらいドサッと乗った主役の九条ねぎは、
毎日京都の農家から直送されているそうで肉厚そのもの!

黒七味をかけてそのまま食べてもザクザクした食感と心地よい苦味が、
そしてスープに浸けてしんなりさせても甘味が引き立って最高です!

薄切りにされた炙りモモ肉チャーシューも3枚ペロンと乗っているが、
このねぎの前ではさすがに脇役に回らざるを得ないでしょうな!

緑色の「ねぎラーメン」の看板につい足が向いてしまうのか、
激戦区にも関わらずひっきりなしにお客さんが入ってきていて、
ひとまずリブランドは成功といったところですかね?

揚げたての九条ねぎの天ぷらが添えられてくるという、
「京九条ねぎ天つけ麺」もぜひチャレンジしてみたい一品なので、
またネギ禁断症状が出た時にはお邪魔したいと思いますねー!
(毛穴という毛穴からネギ臭をまき散らかしながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑怪奇!ネギ男現る!気分でポチッと押してくださいませ~

akts0098.jpg

↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾『しっぽ!しっぽ!』!
 自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鶏そば 壽@池袋

DSC03658_201611241312051f2.jpg

2016年8月15日/鶏そば 壽/池袋/
豆苗そば/930円


ああぁー!足りねぇ足りねぇ!足りてねぇ!
こちとらいっぱしの現代人は最近野菜の摂取量が全然足りてねぇ!

店じまいした八百屋の周りによく散らかってる葉っぱクズだとか、
公園に自生しているとりあえず毒ではなさそうな草とか(当てずっぽ)、
とりあえず摂れる野菜は積極的に摂るようにはしているが、
やはりビタミンが必要となる暑い夏にはそれだけでは賄えないのが事実!

今日は昼までで仕事を切り上げ池袋に出かける用事があるので、
そこでモリモリと野菜を食べて栄養不足を補うべく、
池袋西口に2014年にオープンした鶏そばの『壽』さんへと向かいます!

ちなみに公園の草に関してはたいてい岡本信人がツバを付けているので、
できるだけ始発電車が動いていない早朝を狙って摘みにいき、
万が一バッティングした際はタイマン張ればいいってことよ!

DSC03656_201611241312015f8.jpg

西口からは歩いて5分かからないくらいの駅チカ物件で、
ヲタの聖地・カラオケパセラ本店のすぐ近くといえばお分かりかな?

ポケモンGOに無言で興じる集団がなんとも猟奇的で恐ろしい、
池袋ウエストゲートパークからもすぐの裏路地にあり、
まん前には新宿が本店の『海神』もあるというプチラーメン激選区。

ちなみに屋号は「ことぶき」は「ことぶき」でも「寿」ではなくて、
元・ジャイアンツの新浦壽夫の難しいほうの「壽」だからお間違えなく!
(ご飯にサイダーをぶっかけてかき込みながら)

奥行きがゆったりしたカウンター席だけの店内は、
赤が基調のパキッとした明るい雰囲気だが、
なぜか「鶏そば」だっつってんのに壁や天井には、
前店舗の名残なのか泳ぐ魚のシルエットが描かれている。

基本メニューは「鶏そば壽」のあっさりとこってりのみなのだが、
そこにラーメン店ではちょっとユニークなトッピングが、
あれもこれもと豊富に揃っているのが一番の売り。

しかしこの日はたまたまなのか大根、キノコ、トリュフが売り切れで、
大根&豆苗の組み合わせを狙っていた身としては残念至極だが、
待ち合わせの時間も迫っていたのでここはあえて、
「豆苗そば」をあっさりでいくという手を打ってみますよ!

DSC03657_20161124131203088.jpg

若い女の子の店員ちゃんに額を地面に擦り付けて土下座しながら、
(哀れに見えるかもしれませんが性癖なのでバッチコイです)
豆苗はあえての別皿でサーブしてもらうようお願いしたので、
この通り最初はネイキッドな状態の「鶏そば壽」を楽しめるってもんよ!

あっさりなのでサラサラとしたライトな鶏白湯スープは、
漫画ゴラク片手にテキトーな気持ちで食べていたら、
おそらく豚骨ラーメンと勘違いしちゃいそうなテイスト。

ほんのりとしたコクと甘みを必要最低限の味付けで活かしていて、
時折レンゲに滑り込む白と青混合のネギや、
シャキシャキの刻んだ生タマネギがアクセントになるが、
何せスープ自体の量が少ないので調子に乗ってると無くなっちゃうよ!

そして麺もこれまたどこか博多豚骨ラーメンを想起させる、
あっという間に茹で上がる極細のストレートタイプで、
特に茹で加減の好みは聞かれなかったけどお願いすればいけるのかな?

俺がモタモタ写真を撮ってたのも原因だったのだろうが、
デフォルトだとかなり柔らかめでプニンとした噛み心地だが、
Tシャツ屋の繁忙期ゆえに患った歯肉炎には優しい感じ。

ボリュームも軽めなのでここはお店の公式Facebookをいいね!すると、
サービスされる替え玉をバリカタあたりで追加してちょうどいいかもね!

具には味付けも軽くしっとりした鶏ムネチャーシューが2枚と、
なぜか細かく刻んであって箸で拾いにくいキクラゲがたっぷり。

そしてプラス150円だけあって山盛りでサーブされた豆苗は、
半分はスープに浸してシナシナさせながらいただいて、
残り半分は別皿のまま黒胡椒をガリガリかけて、
ちょっとした豆苗サラダ風にして残さずいただきましたよ!

これでこの夏の野菜不足は完全に補えたと思うので、
明日からはプロレスラーばりの肉食中心に戻るんだゼァ!(白目)
なーにまた足りなくなったら信人とタイマン張ればいいってことよ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑血で血を洗う野草争奪戦気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』フレンチレッドは在庫限り!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

博多一幸舎 池袋店@池袋

DSC03181.jpg

2016年6月3日/博多一幸舎 池袋店/池袋/
ラーメン/750円


日本全国の社畜の皆さんにお知らせです!
わたくし地獄の25連勤をなんとか乗り切りましたーっ!
(紙吹雪のように一面に舞い散るシュレッダーの紙クズ)

どっ平日の金曜日だけどさすがに本日はお休みを頂戴して、
サンシャインシティで開催されている「めんそーれ沖縄フェスタ」で、
お天道様の高いうちからオリオンビールをしとどに呑み、
13時と16時の2回行われる「きいやま商店」の無料ライヴを観るんだもんね!

とその前にわざわざ池袋まで来たからには、
もちろんブクロのメンラーを一発ぶっ込みたいところだが、
4月の山口福岡旅行の際に博多本店でいただいたあの味が忘れられず、
脱兎の如く『一幸舎』さんに駆け込んでしまった次第であります!

DSC03180.jpg

東京の支店では世田谷の経堂に次いで2店舗目となり、
池袋駅東口から旧豊島区役所があった方向へ歩いて3分ほどの立地。

それにしてもここのすぐ隣りには『博多天神』があって、
道を挟んだ向かいには『博多風龍』もあるという、
豚さんはビビって前を通れない豚骨ラーメン激戦区と化してますな!

赤を基調とした元気一杯なファサードをくぐると、
11時ちょい過ぎという早い時間だったため先客はサラリーマン一人で、
Jの字にカーブしたカウンター席はちと寂しい印象だが、
店員さん達は明るい接客でこの辺りはさすが人気店の風格。

メニューは「ラーメン」「黒ラーメン」「赤ラーメン」とほぼ構成は同じだが、
博多本店と比べるとやはり物価の違いか全体的に50円お高め。

ちなみに向かいにあるマルハンの「休憩券」を持参すれば、
150円の替え玉が無料になるという嬉しいサービスも行っているので、
スロットで女房子供を養っているプロの皆さんも大満足だね!

硬さはバリカタでお願いしたのですぐにサーブされた「ラーメン」は、
龍がプリントされた丼&受け皿と博多本店と同じビジュアルで登場!

時間のせいか呼び戻しスープは本店よりも濃度は大人しめで、
お店のウリである「泡脂」もやや少なめな気がするが、
それでもしっかりとした豚骨の旨味が出ていてやっぱり美味しい!

タレには九州特有の甘い醤油を使っているらしいが、
そこにニンニクなどの調味料や魚介ダシなども加えているそうで、
甘いだけではないキレを感じさせるのも俺のツボなのかも!

どうもメシにおける甘ったるい味付けってのが得意ではないものでね!
桜でんぶとか考えたヤツに蝶野ビンタ喰らわしてやりたいわ!

そして自社でこさえた製麺メーカー「慶史」から直送された麺は、
いかにも博多らしい極細でやや平べったいストレート。

バリカタ指定だけあって箸で持ってもしっかりしたハリを感じ、
コリコリとした食感と小麦の風味の良さは折り紙付きの出来!
ただ替え玉前提なのでやっぱりボリュームが軽いなー物足りないなー!

注文ごとにスライサーでカットされるチャーシューは、
脂身がほとんど付いていない肩ロースを薄切りにしたもので、
グイッと強い歯ごたえで染み出る肉汁を楽しめるもの。

あとのデフォルトの具はキクラゲと青ネギのみだが、
ここで卓上の炒りゴマや辛子高菜をいいだけ投入し、
さらに着色されてない白生姜もぶち込んでさっぱりとフィニッシュを迎えました!

と思ったら最後のひと口にレンゲですくったスープが垂れ、
ミルククラウンのように跳ねて俺の目に飛んでくるというミラクルが発生!

みんな知らないと思うけど濃厚豚骨スープって、
目に入れると尋常じゃないくらいすっごく沁みますからね!
この清涼感はロートZi:どころじゃないスースー具合!

さっそくYoutuberの皆さんは試してみて動画をアップすればいいと思うよ!
そんで小金を稼いで暮らせばいいんじゃないかな!フン!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑一切責任は持ちません気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0097.jpg

↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!
 『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

やきそばー HIT@巣鴨

DSC02769_20160418164501779.jpg

2016年3月19日/やきそばー HIT/巣鴨/
和風醤油らーめん+つまみもビールも大量に/
ひとり3,000円いかないくらい


本日はいつもの部活動でもないはずなのに、
6人ものラーツ部員が埼玉某所に集結いたしました!

というのもあの某有名店で修行を重ねたラーツ部のふじひろ部員こと、
寛くんのお店がついに今月末に正式オープンの運びとなり、
「ぜひ皆さんに忌憚のないアドバイスをいただきたいです!」と、
我々だけで貸切のスペシャルな試食会を開催してくれたのだ!

名称は仮称だが「煮干しらーめん」と「豚骨煮干しらーめん」を、
それぞれ中太麺と細麺で試食させてもらったのだが、
ぶっちゃけ味についてはド素人には一切アドバイスなんかできないっての!

「客にインパクトを与えるためにセーラー服で接客しろ!」だの、
「流行の猛禽類カフェみたいに店内に野鳥を放そう!」だのと、
迷惑千万としか思えないテキトー極まりない意見をぶつけておきました!

そんなクソみたいな意見でも寛くんは熱心にメモを取っていたので、
いつかセーラー服のラーメン屋がオープンしたら皆様よろしくお願いしますね!

すっかりいいことをした気分に浸ったので(さんざんタダ酒まで煽ったクセに)、
せっかくこれだけのラーツ部員が休日に集まったということで、
夜は念願だった巣鴨の『やきそばーHIT』さんでプチ飲み会を開催します!

DSC02770_201604181645098e8.jpg

DSC02771_20160418164511aa6.jpg

DSC02755_20160418164430e7a.jpg

巣鴨駅からは線路沿いに歩いて2分とすぐ近くなのだが、
いちおう開店時間は18時半~となっているが結構いい加減らしく、
近くのコメダ珈琲で時間を潰して19時に改めて伺ったが、
店主さんが出てきてあれこれ準備が整ったのは19時15分くらい。

ほんのり薄暗くまさにBARの雰囲気漂う店内は狭いカウンターのみだが、
ちょうどカドで折れ曲がる部分が少し出っ張っていて、
テーブルのように使える場所があるのでそこに5人で陣取る。

壁には店主さんが過去にエントリーしたマラソン大会のゼッケンが貼られ、
中には一人で100キロを走りきるウルトラマラソンのものも!

DSC02758.jpg

まずはサッポロ生ビールでカンパーイ!
寛くんの前途が洋々でありますようにーっと!

こちらは焼きそばとBARをかけて「やきそばー」という名のとおり、
お酒のつまみに焼きそばなどの麺類を楽しめるのだが、
パスタマシンで打つという自家製麺がラヲタ界隈でも評判のお店なのだ!

他にも簡単なおつまみメニューも色々揃っているので、
食べ盛りの我々ラーツ部は片っ端から注文していくのです!

DSC02760_20160418164440289.jpg

まず登場した「うま辛もやし」はなんと100円ポッキリ!
デカビタC一本買うよりも安いんだぜ!ヴァモラ!

シャキシャキもやしにしっかりニンニクが効いたジャンクな味わいで、
口の中がヒリヒリするほど激辛なのでビールが進む進む!

後から来た客に店主さん曰く「ラーメンと同じくらい調理に手間がかかるんですー」とか、
「なのでサッとお出しできるメニューじゃないんですよー」とか話していたので、
これはちょっとマネしようと思ってもマネできない一品ですぞ!

DSC02761_20160418164442844.jpg

次にド定番もド定番の「焼き餃子」をお願いしたのだが、
この皮も自家製なのか薄めだけどしっかりモチモチしていて、
野菜多めで軽い餡なのでサクサクといただけちゃいますな!

定番の醤油+酢+ラー油でもいいけど酢+コショウも合うね!
この食べ方を最初にネットで広めたのは俺たちです!ウソです!

DSC02762_201604181644437eb.jpg

そして「角煮」は沖縄でいうラフテーのような煮込んだ状態ではなく、
野菜の餡かけを絡めて出てくるという手間のかかりよう!

サイコロキャラメル大の角煮は歯がいらないくらいトロトロで、
試しに歯を全部抜いてから食べてみたけど全然大丈夫でした!
なお現在はすべてインプラントにしたのでご安心ください!
つかこのフレーズ前にもこのブログで使った気がするけどまぁいいや!

つまみひとつひとつの旨さに完全に火が付いた我々は、
ここから麺メニューを肴に酒を呑みまくるという本気モードに突入!
それが証拠に全員金色になった髪の毛がバリバリに逆立ってます!

DSC02763_201604181644450e1.jpg

まず「釜玉らーめん」は茹で上げで温かいままの麺にダシ汁をかけた、
日本蕎麦やうどんでいうところの「ぶっかけ」スタイル。

とにかくこの細ストレート麺のパツパツした歯ごたえが最高で、
ダシの香りの中にしっかりと感じさせる小麦の風味が素晴らしいこと!
温玉や海苔やワカメといった定番アイテムもいい仕事してますね!

DSC02764_201604181644468be.jpg

二番手には「やきそばー」なのでもちろん「あんかけ焼そば」を。

フライパンで焦げ目がつくほど焼かれた細麺は、
そのカリカリした部分とモチモチした部分の食感がなんとも楽しく、
ダシの効いた野菜&海鮮たっぷりの餡かけがベストマッチ!

今まで餡かけは頭からかぶるもんだと思ってたので新鮮です!
つかこのフレーズも絶対前に使った気がするな!

DSC02765_20160418164455c3f.jpg

三番手にはちょっと変化球の「味噌つけめん」が登場!
見てよこのいかにも旨そうなピカピカに輝く中太麺を!

その麺は水で締めたことにより一層コシが際立ち、
ちょい甘口の味噌ベースのつけ汁にくぐらせると、
たっぷり野菜のシャキシャキと相まってまさに至福の時間っす!

DSC02766_2016041816445729a.jpg

DSC02767_201604181644581e0.jpg

そしてお店の看板中の看板である「手打ち(ソース味)焼そば」は、
チャーシューとうずらとヤングコーンでニッコリ笑顔が作ってあるよ!
焼そば君はじめましてこんばんはー!僕たちがSexy Zoneですよー!

いわゆる普通の焼そばとはちょっと違いソース味の餡を絡めた調理法で、
フルーティーで甘辛いソースをカリカリ麺が吸って実に美味しい!
つーかこのバラ肉のチャーシューも地味に激ヤバなんですけど!

DSC02768_20160418164500632.jpg

さらにちょっとメニュー名だけでは想像がつかない「韓国風油そば」は、
あらかじめ麺にタレと油をしっかりと和えてあるスタイル。

コチュジャンのようなほんのり甘くて辛い味わいで、
一枚乗っかったサンチュをちぎりながら一緒に食べれば、
まるで東大門か南大門の屋台にでもいる気分チュセヨ!

人懐っこい接客の店主さんとマラソントークなどで盛り上がっていると、
なんと外待ちの行列までできるほど混んできてしまったので、
ラストは「和風醤油らーめん」を2人前お願いして〆ることに。

クラシカルな雰囲気漂うスープはあっさりした鶏ガラベースで、
じんわりと優しい口当たりながらダシ感は上々でとても美味しい!

細ストレート麺は熱いスープに入るとまた表情が変わって、
モチモチとした食感にスープや鶏油がしっかり絡む。

具材もバラロールチャーシューとメンマのみとシンプルで、
もちろん5人で2杯なんてあっという間にペロリのポロリでございます!

「混んでるからって席を移動させたり焦らせるの嫌いなんですよー」という、
店主さんのポリシーもあって非常に居心地がよく、
なんだかんだ3時間半も腰を据えてビールを呑み倒したというのに、
お会計したら一人3,000円いかないとかここは天国か!

今後も寛くんのお店に通うついでについ吸い込まれちゃいそうだね!
んじゃ次回以降はアドバイス料として寛くんに奢ってもらおうっと!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑先輩の言うことは!?絶対ー!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0094.jpg

↑漫画家みずしな孝之先生によるオリジナルデザイン
 ちょっと目を離したスキに部屋中に飛び散るティッシュの残骸!
 だけどやっぱり憎めない猫大好きなアナタへ!『ティッシュねこ』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺処 篠はら@要町

DSC02353_20160202181941576.jpg

2015年12月24日/麺処 篠はら/要町/
醤油そば/780円


ラーツ部のセクシーサンタことぷっと部員と合流して、
ついに食べ納めとなってしまった『蔦の葉』を堪能したあとは、
またとげぬき地蔵のジジイババアをかき分けながらひとまず巣鴨駅へ。

俺は仕事があるのでここで解散して事務所に戻ろうとしたが、
「代表を手ぶらで返すわけにはいかない!」とどこかの丸パクリのセリフで、
ぷっと部員に説得されたのでもう一杯だけお付き合いすることに。

あと俺が年中上半身裸で胸を手で隠して街を歩いているのは、
単なる趣味嗜好だからぷっと部員に言われる筋合いは無いけどね!
(一応「その手ブラじゃねぇよ!」ってツッコんでおいてください)

山手線のホームでどの店に行くかの緊急協議の結果、
お次には池袋からアクセスできる『篠はら』を選ばせていただきました!

DSC02352_20160202181940a08.jpg

池袋駅からだと要町方面へテクテク歩いて10分ほどで、
連食の胃袋をリフレッシュさせるにはちょうどいい距離。

間隔が狭くちょっと座りにくいカウンター席だけのお店で、
厨房と客席との距離がかなり近いので、
店主さんの調理の様子をかぶりつきでマジマジと鑑賞できる。

その店主さんはあの天下のほん田グループである、
大宮の『ほん田 niji』で長らく店長を務めていた方で、
店内には一番弟子であることを認定する本田さん直筆の「卒業証書」が!

そんな情報を知ってしまったからにはこちらのハードルも
タイトスカートじゃ飛べないくらいググッと上がっちゃうってもんです!

さて事前にチェックしていたメニュー表では、
「煮干しそば」や「鯛白湯そば」なんてのもあったはずなのだが、
まだ試作段階でこの日の時点では券売機にボタンはあるものの未提供で、
「醤油そば」一品のみと二人で来ただけにちょっと残念…!

しかもぷっと部員の「特製醤油そば」のサーブ時に、
店員さんが丼を置いてスライドさせようとしたら滑りが悪くつっかえてしまい、
ブレーキがかかったことによる慣性の法則でスープがこぼれ、
ぷっと部員の股間にぶっかかるというアクシデントも発生!

チャーシューが1枚多いのはそのお詫びにいただいたものです!
彼は普段から熱湯をかけられて興奮する性癖なので気にしないでください!

気をとり直してそのスープからいただいてみると、
その材料は鶏牛豚に魚介野菜果物とかなり贅沢に使っており、
柴沼醤油醸造のカエシのキレもあるあっさりした飲み口だが、
後味に明確に残るのはシジミと思われる貝類の香り!

イノシン酸にグルタミン酸にグアニル酸にコハク酸と、
まるで方程式のように複雑に折り重なる「UMAMI」の洪水に、
思わずこちらもモルツのCMでゲラゲラ笑ってるEXILEのように大はしゃぎ!

そして麺は自家製ではなく「心の味製麺」製だそうで、
見た目にもツルツルした質感が伝わってくる細めのストレート。

摩擦を感じさせない滑らかで軽快な啜り心地と、
プリプリッとした弾力のある食感でこちらも負けずに美味しいっす!

チャーシューは豚のみだが部位の異なる2種類を乗せていて、
かたや厨房のオーブンでその都度焼き目を付けている香ばしいバラ肉、
こなた低温調理でムチムチのピンク色に成長したロース肉と、
どちらと同棲するかによって自分の人生がまるで違う展開になりそうな両極端さ!

近々リリースされるという「白煮干しそば」や「鯛白湯そば」も俄然気になるし、
年内最終営業日の12月30日には限定100食で、
「鴨と真鯛」なんて超絶気になるスペシャリテもやるそうなので、
みんなも今のうちからカレンダーに◯を付けとくように!

つってもこのエントリがブログにアップされる頃には、
とっくに終わってるので何の意味もないですけどねー!
そもそもこのブログに意味を求めるほうがお門違いですけどねーだ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑2ヶ月遅れでお送りしております気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0075.jpg
↑イブニング誌で連載中の人気漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ『ぴー』!
 ムーコがTシャツを「ぴー」してるように見えます!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Japanese Soba Noodles 蔦の葉@庚申塚

DSC02348_2016020218192978c.jpg

2015年12月24日/Japanese Soba Noodles 蔦の葉/庚申塚/
味玉醤油そば/850円


<過去の『蔦の葉』訪問レポ>
1回目2回目

残念ながら12月27日をもって休業してしまう『蔦の葉』。

琢磨店長は今年いっぱいで『蔦』グループを退職する運びとなり、
我らがラーツ部のお尻番長ふじひろ部員こと寛くんも、
年明けから夢だった独立に向けての準備期間に入るということで、
二人のコンビネーションが見られるのは実質これが最後!

なんとか仕事を調整して駆けつけようと思ったら、
ラーツ部ぷっと部員もクリスマスイヴにも関わらず、
予定がガラガラに空きまくっていたので二人で食べに行くことに。

イヴにちなんでそれぞれが前足と後ろ足を担当して、
本物にしか見えない超リアルなトナカイのコスプレでいざ巣鴨へ出発!

DSC02346_2016020218192566a.jpg

DSC02347_20160202181927c7f.jpg

4のつく日でごった返しているとげぬき地蔵商店街で、
トナカイの四足歩行では無数のジジイババアに足を取られてしまい、
開店時間の20分前とちょっと出遅れての到着に。

するとミシュラン効果に休業特需も重なってか、
すでに30人近い行列とさすがの大人気でもっと早く来ればよかった…!

大人しく並んでいると時々外の様子を見に寛くんが出てくるので、
いつ我々に気付くかとニヤニヤしながら待っていたら、
こちらと目があった途端に胸が膨らみ身体が丸みを帯びてきて、
急性の思春期が始まってしまうハプニング発生!母さん今夜はお赤飯だ!

並び始めから90分でようやくカウンターの角に腰を落ち着けると、
『蔦』本店からたみさんがヘルプで加わった3人体制で厨房は大忙し。

第二次性徴のおかげですっかり大人のカラダに成熟した寛くんも、
豊満なバストをユサユサさせながら奮闘しております!

メニューは「醤油そば」「塩そば」「味噌そば」の基本パターンに、
鴨100パーセントスープの「チリ・ダック」に「ブラック・ダック」、
さらに「醤油つけそば」「塩つけそば」という悩ましいにも程がある構成。

後ろの行列を考えると店内連食ってのも気が引けるし、
ぷっと部員は未食の「ブラック・ダック」狙いだということで、
最後の一杯と考えたらやはり「味玉醤油そば」で締めますかね!

3人の見事な連携でさほど待たずにサーブされると、
『蔦』本店とはまた違うビジュアルながらその神々しいほどの魅力たるや!
これはもうラーメン界のクレオパトラやー!

スープは鴨の清湯ダシをベースに煮干しを効かせたもので、
鴨ならではの厚みのある旨味を全体の下支えにして、
煮干しがどこまでも広がる波紋のように口いっぱいに余韻を残していく。

時折口に滑り込んでくる爽やかなミツバの香りも相まって、
野暮ったさは一切なくどこまでも洗練された味わいなのが凄い!
ひと口飲むたび溜め息が出るほど美味しいんだからもうっ!バカバカ!

そして大西店主渾身の自家製麺もとんでもない出来栄えで、
ポツポツとふすまが見える細めのストレート麺は食べなくてももう旨い!

箸でたぐった時のしなやかなほどけ具合と啜り心地の滑らかさ、
噛むたびに広がる小麦の甘みと硬すぎず柔すぎずの絶妙な食感、
そして飲み込む時のスッと胃に収まっていく喉越しの良さ…!
ホントに非の打ち所がないというのはまさにこのことと見たりですよ!

さらに肉汁がいいだけジュージュー出てくる鴨チャーシューは、
丸々ひと固まり譲ってもらってお正月のおせちで食べたいくらい最高!

味玉も濃厚な黄身がほぼ液状のトロトロ状態で、
そこに麺を突っ込んでグルグルと黄身を絡ませ、
釜玉みたいにして食べたら一瞬でヘヴンに達してしまいました!

DSC02351_201602021819388a9.jpg

こちらはぷっと部員オーダの「ブラック・ダック」で、
100パーセント鴨ダシのみのスープにさらに鴨油を加え、
丸大豆濃口醤油をちょいと強めに効かせた遊び心ある一品。

とにかく鴨の旨味成分の強さにはただただ驚きで、
そのダシをキュッと引き立てる切れ味のある醤油の香り、
そしてあらかじめかけられた黒胡椒や刻みタマネギも非常にマッチ!
これだけでも一軒お店にしたって充分繁盛するって!

DSC02350_201602021819371a6.jpg

さらにビックリしたのが休日モードでビールも楽しんでいる、
酒豪ぷっと部員がつまみ代わりに追加した「鴨葱飯」!

角切りにされた鴨チャーシューをたっぷりご飯に乗せ、
さらに芯の部分がトロトロに柔らかい葱と合わせ、
香ばしいオニオンソースと黒胡椒でまとめた珠玉のサイドメニュー!
これにはぷっと部員もグラスを噛み割る勢いでビールが進んでました!

清湯ラーメンの最高峰といっても過言ではない一杯が、
これで食べ納めになってしまうというのは本当に残念だけど、
それぞれの門出でもあるわけだし笑顔でサヨナラしたいよね!

なお寛くんにはそのスーパーボディが一瞬で話題となり、
芸能事務所からのスカウトも殺到しているらしいので、
ラーメン店主とグラドルとの二足のワラジで頑張ってちょうだいね!
目指せミシュラン!目指せミスヤンマガ!

ダンナが今日からラーメン屋 風雲編 (バンブーコミックス)
竹書房 (2016-02-02)
売り上げランキング: 1,739

↑そんな寛くんの修行生活を奥様の目線から描いたコミックエッセイ
 「ダンナが今日からラーメン屋」読みましょう!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑日テレジェニックでも可気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0084.jpg
↑演歌の名曲がモチーフなのになぜかアメリカのモーテル看板風!
 全室くもりガラス完備で他人の妻にオススメ『さざんかの宿』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

えびすこ@池袋

DSC02286.jpg

2015年12月15日/えびすこ/池袋/
富山ブラック 元味+ご飯/780円+100円


あたし…今まで誰にも秘密にしてたんだけど…!
実は…富山ブラックラーメンヴァージン…なんです…!

とはいえ以前「水科どうしよう」というDVDの企画で、
著名な漫画家先生に昼夜問わずゲリラのサイン会を強行させるべく、
日本全国を連れ回した際に富山を訪れた経験だけはあるのだ。

しかしあまりに分刻みのタイトスケジュールだったために、
滞在したのは富山駅前の広場に僅か小一時間、
せっかくすぐ近くに有名な『大喜』も『喜八』もあったのに、
食べるチャンスがまったく無かったのがあまりにもったいなさ過ぎる!

ところがそんな富山県を代表して『えびすこ』というお店が、
7ヶ月ごとに地方代表の名店が入れ替わっていく池袋のテナント、
石神大先生プロデュースの「厳選極み麺」に出向してきたっていうじゃない!
これはあの時の無念を晴らすには恰好の朗報!

さっそく「えびすこすこすこラブ注入!」と激しく歌い踊る、
俺の考えたギャグを披露しながら池袋へ出発しまーす!
(その後元・付き人をボッコボコにして芸能界を干されるハメに)

DSC02285.jpg

DSC02288.jpg

「楽園タウン」というパチンコ店の1階にある「厳選極み麺」は、
まず2013年スタート時の岐阜『白神』(未訪)を皮切りに、
青森『長尾中華そば』金沢『神仙』大分『佐伯ラーメン』ときて今回が第5弾。

本場富山の『えびすこ』は元・格闘家の小路晃氏によるつけ麺のお店で、
今回の富山ブラックに関しては高田馬場にある『渡なべ』の店主、
渡辺樹庵氏が全面的にプロデュースを担当したんだとか。

考えてみれば前回の『佐伯ラーメン』も渡辺氏のプロデュースだったし、
これは石神大先生とのガッチガチの蜜月ぶりが垣間見えますな!
秀幸と樹庵ゎ…ズッ友だょ…!

相変わらず座席の間隔が狭くて腰が痛くなるカウンター席のみで、
時折奥まった厨房からご飯をよそって持ってくるのが小路さんなのかな?

メニューは本場そのままの味を東京に持ってきたという「元味」と、
しょっぱさを抑えて出汁を効かせたアレンジ版の「新味」のツートップ。

しょっぱいというファクターにビビってか「新味」の注文が目立つが、
せっかくヴァージンを捨てるならガチムキの男(元味)に抱かれたいじゃない!

DSC02287.jpg

しかし真っ黒なスープを恐る恐るひと口飲んだ瞬間に、
身体中の毛穴が一気にすぼまるほどの激烈なしょっぱさに襲われ、
思わず「クーッ!」と軽い悲鳴を挙げちゃったくらい!

スープのベースは鶏ガラメインの動物系と思われるが、
おそらくカエシはチャーシューの煮汁がベースなので、
豚肉から出たようなダシの風味もそれなりに感じられて、
しょっぱさの中にコクや甘みをしっかり感じられてクセになる味わい!

あらかじめ大量にかけられたブラックペッパーも、
ピリピリと口の中を刺激してきやがるのでご飯とお冷やが進む進む!

麺は三河屋製麺によるでっぷりとした太めストレートで、
箸で持ち上げるとすでにスープで真っ黒に染まっている。

強く啜るとブリンブリン暴れるので慎重に口に運ぶと、
多加水でモチモチプリプリとした食感が実に心地よく、
激烈しょっぱいスープにも負けない存在感があっていいねこれ!

チャーシューは脂身のないロースなのかな?を、
ざっくばらんに薄切りにしたものが5枚ほど乗ってきて、
これは塩分的にもご飯に乗っけてくるんで食べるのがモアベターよ!

さらにそのチャーシューよりもしょっぱい味付けのメンマに加えて、
分厚くザクザク切った長ネギも食感のインパクトとして最高です!

卓上にはおそらく新たなトッピングとして考案されたであろう、
おろしニンニクと揚げ玉が置いてあったので中盤に投入してみたら、
ニンニクの風味が加わることで一気にパンチが増して、
なぜか千葉内房の竹岡式ラーメンっぽくなるのがなんとも不思議!

そして揚げ玉のカリカリした食感も中盤以降の絶妙なアクセントになって、
軽く二日酔いだった身には最高の塩分補給になりました!

そういえば池袋には『がんこラーメン』もあるわけだし、
高血圧上等のしょっぱいもん好きにはたまらない町になったね!

かくいう俺もすっかりトリコになっちゃったので、
これから一日3食すべて富山ブラックにしたいと思いまーす!
(人類未到達の超高血圧を叩き出してしまいすぐ医療調査の対象に)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑上が3000下が1500気分でポチッと押してくださいませ~

akts0089.jpg
↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ!
 単行本7巻で若き日のうしこうさんが着ている、
 ドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (131)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報