スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

播磨坂 もりずみ@茗荷谷

DSC03850_20170201113314ef0.jpg

2016年10月13日/播磨坂 もりずみ/茗荷谷/
鰹本枯れ節塩らぁ麺/1,080円


ウチのねこ系Tシャツを販売してもらっていた「第3回ねこまつり」は、
おかげ様で盛況のうちに幕を閉じることができまして、
本日はそのTシャツを引き取りに湯島の「王冠印雑貨店」まで車でお出かけ。

エビハラ店長には「13時ごろ行く」とアポを取っておいたものの、
当然そんな約束は守るはずもなくまずはひと麺ぶっ込むわけだが、
Googleマップを駆使して湯島から範囲を広げて未訪のお店を洗ってみると、
小石川にだいぶ前にオープンした『播磨坂もりずみ』がヒット!

すぐ近くにパーキングメーターがあることを確認してさっそく向かうと、
小石川植物園も程近い播磨坂周辺は長い桜並木が続いていて、
まるでパリの郊外にでも迷い込んでしまったかのようなハイソな雰囲気。

思わずこちらもベレー帽にアニエスベーのボーダーTシャツと、
昔のフリッパーズギターみたいな恰好に着替えてお散歩しちゃうもんね!

DSC03851_20170201113315a88.jpg

DSC03849_20170201113306479.jpg

その一角にある『播磨坂もりずみ』もシックなグリーンの外観と、
モノトーンで落ち着いた雰囲気がまるでモンマルトル通りの小粋なカフェのよう!

こちらはかつて『ちゃぶ屋』ブランドで世界進出も果たした、
今となっては懐かしい「ラーメン界のイチロー」こと森住敏史氏のお店で、
ラクーア内にある『もりずみキッチン』と同じキュイジーヌ・カンパニーによる経営。

その森住さんは不在だったが店長さんにカウンター席に促されると、
まるで舞台のようにキッチンが一面に見渡せる特等席でございます!
坂本冬美のコンサートだったらチケット代ツェー万はするねこれは!

メニューは「醤油らぁ麺」「塩糀らぁ麺」「鰹本枯れ節塩らぁ麺」と、
バリエーションの異なる3種類のラーメンのみでつけ麺の類いはナシ。

『ちゃぶ屋』で醤油は『もりずみキッチン』で塩糀はいただいたので、
ここは鰹節リバイバル委員会会長として鰹本枯れ節でいくしかないでしょ!

湯煎して温める専用の厨房機器にスポッと丼をはめて調理するため、
ヤケド防止のため受け皿に乗せてサーブされる。

『もりずみキッチン』の「塩糀らぁ麺」はうすにごりの白湯だったのに対して、
こちらのメニューは淡い色合いのサラサラとした清湯で、
鶏と魚介のあっさりじんわりした上品な旨味が感じられるもの。

そこに仕上げにたっぷりと振りかけた本枯れ節の鰹節が、
ゆっくりと溶けていくと徐々に芳醇な鰹の香りがスープに移っていって、
イノシン酸の旨味が相乗効果となって美味しいっす!

ただその本枯れ節は一包ずつビニールパックに入っている、
既製品をピッとちぎってそのまま丼に振りかけていて、
オープンキッチンゆえその一部始終が見えちゃってなんか安っぽく感じちゃう…!
せめてあらかじめ容器に移し替えておくとかの演出も必要じゃないかね…?

そして麺も以前の『ちゃぶ屋』時代とは完全に印象が変わり、
やや低めの加水率に感じる中細のややちぢれタイプを使っている。

アムッと口に含んだ瞬間から芳醇な小麦の風味が感じられ、
啜ると鰹節やネギとともにスープもしっかり絡んできて、
噛んでも適度なコシを楽しめるというバイプレイヤーのような存在だね!

具はシンプルに薄切りにされたバラロールチャーシューに、
太いけどしんなりと柔らかいメンマが3本のみという構成。

つかスープを吸った本枯れ節だけでも充分具として成立してます!
これとネギをちょいと乗せてスープをかけたらご飯が無限に止まらなくなるはず!

森住さんが厨房にいなかったのはかなり残念だったし、
値段もトッピングなしでツェー千円越えとなかなか強気の設定だが、
トータルでの満足値は非常に良かったのではないでしょうかね?

着替えるのがめんどくさかったのでベレー帽にボーダーTシャツのまま、
「王冠印雑貨店」に到着するとエビハラ店長に開口一番、
「なにそれ?ウォーリーを探せ?」とdisられる始末!

ちげぇよ!フリッパーズ・ギターだよ!ネオアコだよネオアコ!
加藤久仁彦と加藤高道による兄弟ユニットだよ!よく覚えとけ!
(どうやらフリッパーズ・ギターと狩人を勘違いしているようです)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
 ↑ブログランキングやってみたりしています
 ↑あずさ2号に乗るつもりじゃなかった気分でポチッと押してくださいませ~

 ↓漫画家みずしな孝之先生のアシスタント・フジイとのコラボ!
 ↓偉大な名人との約束が守れない子のゲーム機なんか、
 ↓お姉さんが容赦なく破壊しちゃうんだから!『ゲームは一日一時間』
akts0058.jpg

 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

瀬佐味亭@本郷三丁目

DSC03826_2017020111321725a.jpg

2016年9月25日/瀬佐味亭/本郷三丁目/
担担麺+畑の麦ごはん/800円+50円


先日錦糸町の『RAINBOW』に早仕舞いで振られてからというもの、
寝ても覚めても頭の片隅から消えないほどの担々麺モードに突入。

あぁ!ラー油が効いた辛くて痺れるスープを頭から浴びたい!
ドロドロの香ばしい芝麻醤を全身に塗りたくりたい!
(良い子は食べ物を粗末にするのはやめましょう)

大好きなお布団に潜って惰眠を貪るだけ貪って、
目が覚めた頃にはとっぷり日も暮れた夕方過ぎという、
ダメ人間を象徴するようないつも通りの休日を終える前に、
ちょっくら車でも出してタンタン一発かましてやろうかね!

未訪の担々麺屋さんを宿題店の中からピックアップすると、
結構な老舗のお店である『瀬佐味亭』さんがヒットしたのだが、
場所が本郷三丁目っていうのがちょっと微妙なところ…!

というのもその地価の高さや絶対数の少なさから、
本郷三丁目駅の周辺はコインパーキングの料金設定が、
ヒルズ族でしか到底払えないほどの鬼高なのだが(20分400円とか)、
日曜祝日だけ30分200円という庶民でもギリ払えるパーキングを発見!

ではさっそく本郷までのプチドライブに出発します!
ただし「そこが満車だったら引き返す」という条件付きだけどな!

DSC03825_201702011132091c4.jpg

パーキングは無事に開いていたのでさっそくお店に向かうと、
場所はミドリムシラーメンで一部マニアに話題の『安庵』や、
濃厚家系ラーメンの『家家家』もすぐ近くにある本郷通り沿いで、
もうちょっと北に行けば東大赤門がすぐというIQが高いエリア。

この辺を歩いているとかつて解剖医になるために必死に勉強していた、
学生時代を思い出してセンチな気分になっちゃうんだよなぁ…!
あの頃は「バカの壁」がベストセラーになるなんて夢にも思ってなかったなぁ…!
(どうやらただいま養老孟司の生き霊が憑依しているようです)

「マスター渾身のおすすめ」というピアノジャズが軽快に流れる店内は、
不思議な形に折れ曲がった向かい合わせのカウンターのみで、
暖色系の黄色いライティングが夜だとほんわかと寛げる感じ。

パリッとコックコートを着たベテランの店主さんしかり、
おそらく息子さんっぽい二代目のお兄さんのスマートな接客が、
まるで老舗の洋食店のような気品に溢れていて素晴らしいのひと言です!

こちらは銀座周辺にいくつも支店を持つ担々麺の老舗、
『はしご』をルーツに持つお店でもちろん売りは「担担麺」であり、
その『はしご』でもおなじみの「太肉」や「排肉」などの、
肉感あふれるトッピングをお好みで組み合わせるスタイル。

他にもゴマが異なる「黒担担麺」や「金の担担麺」に、
辛くない「東京らーめん」など様々なラインナップなのだが、
やっぱりビジターなので基本の「担担麺」からいただいて、
50円と破格の「畑の麦ごはん」も添えなきゃダメですよね先生!

小ぶりな丼に注がれたスープは出身店よりも、
明らかに芝麻醤のねっとり感が強くて透明度が浅い印象。

サラサラであっさりとした鶏ガラベースと思われるダシに、
底に溶け残るくらいたっぷりの芝麻醤の甘みとコクが際立っていて、
なんだか浅くてすくいにくい銀色のレンゲがもどかしくなってくるほど。

舌に感じるピリピリする辛さはさほどでもないのだが、
山椒や八角やネギなどを入れて焙煎した自家製の「五香辣油」の、
薬膳による保温効果なのかひと口ごとに汗がダクダク吹き出てきて、
体内の細胞がみるみる蘇っていくのを実感しますな!

厨房の様子がまったく見えないので自家製なのかは不明だが、
麺は担々麺に合わせるにはこれっきゃない!と、
おたかさん風に断言できちゃう細めのストレートタイプ。

低加水ながらも引っかかりがなくてツルツルと啜り心地がよく、
中心にジャストな芯を残したコリッとした歯ごたえが絶妙だが、
さほどボリュームは無いのでここはごはんが必須かと!

具には担々麺では定番の甘辛い挽き肉は乗らず、
箸で持てないほどトロトロに柔らかいバラ肉の「太肉」と、
少なくともチンゲン菜ではない青菜と刻んだニラのみとシンプルな構成。

「畑の麦ごはん」はもちろんスープに浸してもいいのだが、
『はしご』でもおなじみの「例のタクアン」は唐辛子がまぶされていて、
ちょっとスパイシーな味付けなのでメシのお供にピッタリ!

タクアンとスープを口に含みながらモリモリごはんを食べていたら、
あっという間に一滴残らず平らげてしまいましたとさ!

帰りの車中でもなかなか汗が引かなくて困っちゃう!
養老先生!俺を解剖して汗腺を全部取っちゃってください!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
 ↑ブログランキングやってみたりしています
 ↑バカなだけ気分でポチッと押してくださいませ~

 ↓漫画家みずしな孝之先生によるオリジナルデザイン
 ↓ちょっと目を離したスキに部屋中に飛び散るティッシュの残骸!
 ↓だけどやっぱり憎めない猫大好きなアナタへ!『ティッシュねこ』
akts0094.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン さんぱち 御茶ノ水店@御茶ノ水

DSC03781_20170201113022c1f.jpg

2016年9月16日/ラーメン さんぱち 御茶ノ水店/御茶ノ水/
味噌ラーメン/750円


13日から始まった「第3回ねこまつり」が好評なようで、
イベント中「王冠印雑貨店」に置いてもらっているウチのねこ系Tシャツも、
まさにネコまっしぐらな勢いで売れているようで嬉しいニャー!

エビハラ店長から「とっとと追加しろやこのプッシーキャットが!」と、
実に女性らしい気品に満ちたメッセージを頂戴しましたので、
さっそく両手に抱えきれない量のTシャツを納品しに出かけてまいります!
あとプッシーキャットは男性には使わない言葉だから覚えておこうね!

しかし御茶ノ水駅から湯島に向けてトボトボ歩いていると、
急に曇天の空に変わりゲリラ豪雨が迫ってきているではないか!

ヤバいヤバい!これじゃTシャツが濡れちゃうよー!
どこかラーメン屋さんに避難して雨宿りしないとヤバいよーっ!

DSC03780_20170201113021e8d.jpg

ということでちょいと軒先を借りる感覚でやって来た、
こちら『さんぱち』さんはルーツである北海道はもちろん、
なぜか沖縄でも積極的に店舗展開しているラーメンチェーン店だが、
東京というか関東圏ではここ御茶ノ水店1軒のみというレアっぷり。

カウンターだけの店内は昔ながらの薄暗い雰囲気で、
女子プロレスラーのサイン色紙や写真などが無数に飾ってある。

厨房では東南アジア系のお兄ちゃんが豪快に火を上げながら、
カンカンと中華鍋を振るって野菜やスープを炒めていて、
その迫力たるや全盛期の井上京子ばりだね!女子プロ詳しくないけど!

メニューは「味噌ラーメン」「塩ラーメン」「醤油ラーメン」に加えて、
「ピリ辛ラーメン」「トリプルニンニク醤油ラーメン」など、
北海道に留まらない幅広いラインナップが揃っているが、
アセトアルデヒドを排除したい俺としては当然アミノ酸補給のため味噌をば!

油が回ってマーブル模様のようになったスープは当たり前だけど熱々で、
動物系をベースに炒めた野菜の甘さがじんわりと感じられ、
そこに濃いめしょっぱめの香ばしい味噌ダレを加えた王道の札幌スタイル。

しかしその濃ゆい味付けとかなりオイリーな飲み口は、
確実に二日酔い野郎の胃袋にダメージを与えてきやがるぜ…!

麺は茹で釜の横に置かれた段ボールから取り出しているのだが、
角度的に箱の側面が見えなくて「北海道◯◯」がかろうじて読めたのだが、
おそらく『さんぱち』グループの麺を一括で作っている自社メーカーかと。

黄色くてブリブリにちぢれたこれまた札幌らしい卵麺で、
長い熟成によりミシミシとした歯ごたえが楽しめる仕様になっており、
炒め野菜と一緒にグワッと豪快にいただくのがいいんではないかと!

その炒め野菜は9割強がモヤシで1割弱がタマネギという構成で、
さらにチャーシューとメンマに屋号が書かれたオリジナルのナルトが乗るが、
まぁこの内容においてはあくまでオマケくらいの気持ちでいましょう!

卓上の一味唐辛子をパラパラとかけながら、
付属の穴開きレンゲで挽き肉をすくっているうちに気付けば完食!
胃の調子が良ければぜひライスを添えたかったところ!

しかし雨宿りも兼ねて食べに来たにも関わらず、
店を出る頃がゲリラ豪雨のピークで一歩も動けず、
結局雑居ビルの軒先で30分も足止めを喰らうことになるのでした…!
しょうがないから身体中ペロペロ舐めて毛繕いでもするかニャ…!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
 ↑ブログランキングやってみたりしています
 ↑グルーミング気分でポチッと押してくださいませ~

 ↓化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する、
 ↓天然ダシラーメン好きの貴方へ贈るTシャツ『鬼平無化調』
akts0071-3.jpg

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン 大至@御茶ノ水

DSC02647.jpg

2016年3月4日/ラーメン 大至/御茶ノ水/
ラーメン+ワンタン/670円+150円


<過去の『大至』訪問レポ>
1回目2回目

かつては一緒にTシャツイベントなども共催した同業者で、
現在は湯島で「王冠印雑貨店」を営んでいるエビハラ店長に、
猫グッズばかりを集めた「ねこまつり」なるイベントへのお誘いを受け、
うちのねこ系Tシャツを取り扱ってもらったところこれがおかげ様で大好評!

土日は湯島天神の梅まつりのついでに寄ってくれるお客さんも多く、
特にイベントラストの2日間はかなりの人手が予想されるらしい!

ならエビハラ!もう売れるだけ売っとけやコラーッ!とばかりに、
大量のTシャツを小脇に抱えて通算3度目となる納品に向かった帰り道、
ついでに同じく3度目の再訪となる『大至』でランチするとか、
なんか浅からぬ運命を感じるじゃないですかー!

DSC02646_201604181640078df.jpg

相変わらず常人にはどういうテーマなのか皆目見当がつかない、
スピリチュアルなデザインのポートレートやポスターが並ぶ店内は、
変則的な向かい合わせのカウンター席がギッシリ満員状態。

しかしオフィス街ゆえ13時半を過ぎると引き潮のように客が減り、
あっという間に俺一人ぼっちになってしまうという予期せぬ死神状態。

人手が足りなくて片付けが追いつかないのか、
食べ終わった丼があちこち放置されてるのはちと萎えるね…!

この冬の限定は「味噌ラーメン」「辛味噌ラーメン」「カレー南蛮つけ麺」と、
全裸の身にとっては体を温めてくれそうなものばかりだが、
「辛味噌ラーメン」は数年前にヨメと訪れた際にいただいているので、
ここはあえて約7年ぶりの「ラーメン」を人気のワンタントッピングにしましょうね!

とにかく水面が輝くビジュアルからして美しい丼から、
まずは黄金色の清湯スープをレンゲですくっていただくと、
「普通のラーメンを丁寧に作る」というお店のコンセプト通り、
鶏の旨味をメインに構築されたどこか昔ながらの人懐っこい味わい。

しかし少量の材料を弱火でコトコト炊くクラシカルな手法ではなく、
丸鶏などの高級な食材を惜しげもなく強火で一気に炊き上げ、
濁ったところに鶏挽き肉を加えて清湯にフィードバックするという、
中華ならではの調理法を用いているためダシの厚みがハンパないの!

ただ以前よりもカエシの影響かはたまた香味油が増えた影響か、
後味にまったりとした甘みが強く残るような味わいに変化していたので、
中盤以降は卓上のS&B黒コショーを入れて微調整しました!

麺はカラスがカーと鳴く浅草開花楼製のものだそうで、
中細といえばそうだし中太といえばそう感じるくらいの太さで、
やや黄色みが強くプリプリとちぢれたビジュアルはいかにもクラシカル風。

ちぢれがありつつも表面に香味油をまとってくるので、
啜るとツルツルとスムーズに持ち上がってきて、
中心に適度なコシのあるシコシコパッツンとした食感は、
食べてて実に口の中が気持ちがいいですね!

チャーシューはフレンチでいうところの「コンフィ」という調理法で作られ、
ほんのりレア仕立てでムッチリした食感がたまらない。

あとの具はメンマにナルトに半熟ながら普通のゆで卵と、
法事で田舎に親戚一同が久々に集まったような懐かしさですな!

DSC02648_201604181640152b8.jpg

そして2個で150円というなかなか値が張るワンタンは、
モチモチとした皮の中にクワイ?それともレンコン?みたいな、
サクサクした野菜を練り込んだ肉餡が詰まっててとってもいい感じ!

無駄に目をデカくして宇宙人みたいな写りになるような、
しょうもないプリクラ撮ってるくらいならこっちに150円使うべし!

とまぁ今回も非常に満足値の高かったそんな『大至』だが、
テナントビルの老朽化に伴う取り壊し&建て替え工事のため、
なんと4月下旬から1年以上にも及ぶ長期休業に入ってしまうそうな…!
しばらく食べられないかと思うと今日行けててホント良かった…!

2017年の5月まで生きてられる保証なんてどこにも無いからなー!
その頃までTシャツ屋なんてアコギな商売続けてられてないかもしれんしなー!
おいエビハラ!やっぱり今のうちにTシャツ売れるだけ売っとけやコラーッ!
(店に入りきらないほどの段ボールを小脇に抱えながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑漠然とした将来への不安気分でポチッと押してくださいませ~

akts0091.jpg

↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、
 この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等の、
 モヤモヤした気持ちを表現しました!『そこにいろ!』Tシャツ!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん天神下 大喜@湯島

DSC02627.jpg

2016年2月27日/らーめん天神下 大喜/湯島/
納豆中華そば+小ごはん/900円+100円


<過去の『大喜』訪問レポ>
1回目2回目

16日から始まった「第二回ねこまつり」で期間限定で置いてもらっている、
うちのねこ系Tシャツもおかげ様で順調に売れているようなので、
お客さんが増える週末に向けての在庫補充のため、
本日は会場である湯島の「王冠印雑貨店」へ納品のお仕事です!

商品はもちろん宅配便で送っちゃえば手っ取り早いって話なのだが、
古い付き合いの元同業者・エビハラ店長とも会いたいからね!
ウソー!ついでに食べる湯島のラーメンが5万パーセントお目当てでーっす!

新メニューがどうしても気になって久々に『大喜』を訪れたのだが、
この時期は湯島天神で「梅まつり」が開催されているのと、
先日あのお化け視聴率番組「L4YOU」にてお店が紹介されたこともあり、
てっきり大混雑してるかと思いきや予想外の前5人待ち。

すぐ近くの『阿吽』には30人近く並んでたというのに!
あれか!みんな寒いから辛いもんでヒーヒー言いたいのか!このスケベが!

DSC02626.jpg

ということで行列に並ぶ前にまず食券を買うわけだが、
今日時点では「とりそば」「うめしおらーめん」「中華そば」「醤油らーめん」、
さらにそれぞれ麺が異なる「つけめん」に「つけそば」という布陣。

限定15食の「純とりそば」と「辛味噌らーめん」は売り切れていたが、
今回狙っていた「納豆中華そば」はまだ残っていたので、
すかさず小ごはん付きでゲット!ラッキーだったな!

織田裕二の「Love Somebody」の「ネバネバネバネバ」の部分だけを、
エンドレスで熱唱しながら待つこと僅か10分ほど、
スムーズに一番手前のカウンター席に通されると、
休日だけあってレモンサワーなどでパイイチやっているお客が多い。

武川店主を筆頭に男性の店員さん二人が厨房を、
キビキビと動くお姉さまがホールを忙しく仕切っている。

次々入る注文のたびになん種類も用意された麺を、
それぞれベストの状態で茹で分ける武川店主のテクに見惚れていると、
ブクブクと泡立った衝撃のビジュアルの「納豆中華そば」が登場!
わーん!まるでアメリカ映画に出てくるバスタブみたーい!

DSC02628.jpg

生卵とともにフワッフワになるまでホイップされたひきわり納豆は、
まったく臭みが感じられず豆本来の甘みが引き立っていて実に美味しい!

スープは薄口醤油でまとめた淡麗な鶏と魚介の清湯ダシで、
穏やかながらもじんわりと余韻を残すような上品な旨味に溢れていて、
スープと納豆が際立たず壊さずのベストバランスを保っており、
とかくクセの強い食材を見事にまとめた圧巻の出来です!

そのフワフワホイップのベールを纏いながら上がってくる麺は、
もちろん武川店主による自家製の細めストレートタイプ。

一本一本が長くてツルツルと啜り上げるお楽しみのアトラクションの後に、
実にしなやかでコシとハリのある食感が待っていて、
夢中で啜っては噛んでいるうちにあっという間になくなっちゃう!

そして納豆以外の具はほとんど目視は不可能だが、
ホロホロと崩れるほど柔らかいバラロールチャーシューと、
メンマにナルトにネギにカイワレとここまでは『大喜』の基本ベース。

そこに生姜が香る鶏挽き肉と山椒が香るゴボウの煮物、
それに刻み海苔とすべてが納豆と調和するアイテムで揃えてあり、
何ひとつ不必要な要素のない一杯でもう全面降伏です!

DSC02629.jpg

DSC02630_20160418163938c18.jpg

これには当然「小ごはん」を付けざるを得ないわけだが、
生姜風味のチャーシューの佃煮を早々にやっつけ、
そこにフワフワホイップと卓上の自家製ラー油をオン!
そんなもん田んぼが何ヘクタールあっても足りないってもんですよ!

納豆の効果か食後はさらに舌も滑らかに動くようになったので、
今度はMIEの「NEVER」の「ネバネバネバネバ」の部分だけを、
エンドレスで熱唱しながら大満足で帰宅したのだが、
「王冠印雑貨店」への納品を完全に忘れていたというオチを付けて終わりまーす!

★本日のエンディングテーマ/「NEVER」MIE



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑不良少女と呼ばれて気分でポチッと押してくださいませ~

akts0095.jpg

 ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない、
  炭水化物大好きな貴方のためのTシャツ!
  『ラーメンライス軍』ただいま入隊員募集中!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

元祖東京家系ラーメン 横横家 東京店@湯島

DSC02569_20160418163735271.jpg

2016年2月13日/元祖東京家系ラーメン 横横家 東京店/湯島/
ラーメン(小)+チャーシュー+青菜+キャベツ+のり+ライス/
500円+70円+60円+50円+30円+130円(外税)


※なんとビックリ僅か2ヶ月弱で閉店してしまいました
 あくまでアーカイブとしてお読みください
 それにしても昨今の外食チェーンの見切り発車ぶりは酷い!


最近どうにもキナ臭い動きが続く横浜家系ラーメン界隈。

柏の『王道家』が直系をはずれ独自路線の展開を始めたタイミングで、
吉村大将が突然「家系王に俺はなる!」的なコメントをHPにアップ、
その一環として『吉村家』の横浜駅前への店舗移転計画を発表し、
さらにその資金確保のために『環2家』を『玉』グループへ約2億円で売却。

ここまででも「ガイアの夜明け」2週分はありそうな撮れ高なのに、
今度は金沢八景の『横横家』が地元の人気が根強いなか、
なんの前触れもなく突然の不可解な閉店…!

次の顛末はその『横横家』がなんと東京湯島に移転した上に、
まるで「はなまるうどん」のような完全セルフ方式を取り入れたとか!
もうこれ池井戸潤に脚本書かせてドラマ化すればいいじゃん!

今日はTシャツ屋仲間だったエビハラ店長のショップ「王冠印雑貨店」に、
ちょうど納品に行く用事があったのでこれ幸いと偵察に伺ってみたよ!

DSC02568_201604181637330db.jpg

同じ並びに『大喜』があるという激戦区の春日通り沿いで、
一面ガラス張りの雰囲気はどこかファストフードか牛丼屋のような佇まい。

自動ドアをくぐるとまず左手に受付カウンターがあり、
「ラーメン」のサイズと固さ濃さ油の量を事前に注文するシステム。

小を麺やわらかめ味濃いめでお願いすると店員のお姉さんから、
何やら液体の入った丼をお盆に乗せて渡されたので、
てっきりアペリティフだと思ってその場でグイッと飲み干したら、
あまりのしょっぱさに一瞬で体内の水分が蒸発してしまいました!

良く聞いたらその丼にはタレと油だけを先に注いだ状態で、
お会計の後にそこにスープと麺を入れてくれるシステムなんだって!
そんなやり方見たことも聞いたこともないから分からんかったよ!
(カラッカラに干からびてミイラ化した状態で)

改めて丼を受け取ってお盆をレーンに沿ってスライドさせていくと、
次は定食屋のように小鉢に入った具材が並べられていて、
好きなものをセルフで取ってお盆に乗せていく。

この日はチャーシュー、青菜、タマネギ、青ネギ、キクラゲ、のり、キャベツで、
定番のチャーシュー青菜のりにキャベツを加えて合計210円也(外税)。

お会計のレジも手渡しでなく大型スーパーにあるような、
セルフで小銭やお札を投入してお釣りを受け取る最新型のやーつで、
スープと麺を入れてもらったらお好みでネギを入れようやく完成。
店内が意外と狭くて混雑時はお盆を持って席に移動するのが大変そう…!

DSC02570_201604181637436e8.jpg

とりあえず具材をそれらしく盛り付けてまずスープからいただくと、
直系ならではの豪放磊落なド濃密なものではなく、
唇がくっつくほどのゼラチン質で濃度を高めたような豚骨醤油。

キャベツ前提で味濃いめにしたためキュッとした強いしょっぱさがあり、
ライスを進ませるにはちょうどいいくらいの味わいだわね!

麺は定番の酒井製麺ではなく増田製麺に変わったようで、
中太ちぢれで一本一本が短いスタイルはそれっぽい感じ。

やわらかめ指定なので弾力のないプニンプニンとした食感で、
小だと体感で120グラム前後とボリューム的にはそこそこ。
つか丼が小さいのもあって凹凸のない塗り箸だと掴みにくくて大変!

一枚70円のチャーシューは定番の脂身が少ないモモ肉だが、
直系ではおなじみのスモーク臭がしなくてごく普通なのはちょっと残念。

キャベツや青菜は時間が経ち過ぎて水分がほぼ抜けきってるので、
味濃いめにする必要はまったくございませんでした!
はあぁ~しょっぱい!(細川たかし)

卓上には味変アイテムがほぼフルセットで用意されているので、
ライスには辛味噌ときざみ生姜を乗せて鶏油しませ海苔でローリング食い、
スープには中盤にゴマと行者ニンニクを投入して、
まぁエンターテイメントだと思って最後まで楽しくいただきました!

どうやら『横横家』という屋号だけはそのまま残したものの、
どこかの企業が売却してラーメンチェーンとして展開する計画のようで、
実際『吉村家』のHPからもすでにその名前は消えていた。

金沢八景時代からのファンだった方にとっては、
もちろんまるっきり違うお店になった事実には辛辣な感想になるだろうが、
俺としてはその辺のしょうもないなんちゃって家系チェーンよりは、
全然美味しく食べられたので問題はございません!

さぁ果たして数年後にはどこの街にもお店があって、
いつでもどこでもセルフで家系ラーメンが食える時代が来るのか、
経済アナリストとしては今後も注視していきたいと思います!
以上、森永卓郎がお送りしました!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑アナリストってなに?気分でポチッと押してくださいませ~

akts0095.jpg

 ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない、
  炭水化物大好きな貴方のためのTシャツ!
  『ラーメンライス軍』ただいま入隊員募集中!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 ねむ瑠@本郷三丁目

DSC02365_2016020218201098f.jpg

2015年12月29日/麺屋 ねむ瑠/本郷三丁目/
超濃厚 烏賊煮干中華そば+子供の感性を育てる煮玉子/
800円+0円(年内最終営業日サービス)


色々あった2015年も残すところあと3日!

そろそろ皆さんスーツケースに里帰り用の荷物を詰め込み、
東京駅や羽田空港で「東京ばな奈」を買っている頃でしょうか?

こちとら江東区を離れたことのないマイルドヤンキーなもんで、
田舎に帰るなんて習慣はまったく持ち合わせていないので、
まだまだ仕事も納めずダラダラと残務をこなしつつ、
宿題店を片っ端から攻略する「ラーメン大掃除2015」を実行中です!

本日訪れたのは惰眠大好きこむらさん的には、
屋号にシンパシーを感じずにはいられない本郷三丁目の『ねむ瑠』さん!

実は数日前にも呑気にマイカーで訪れていたのだが、
本郷周辺の車の停めにくさは都内でもトップクラスと思われ、
湯島天神の近くまでウロウロしてようやく見つけたコインパーキングも、
30分400円という悪魔が経営してるとしか思えないボッタクリ設定!

結局つたない心がボッキリ折れてそのまま帰ってきちゃったので、
なんだかんだでようやくの初訪問と相成りました!
もちろん今回は丸ノ内線でね!電車って便利な乗り物だね!

DSC02364_20160202182008372.jpg

クランクを作りながら奥へと続くカウンターのみのお店は、
ポップなポートレートなどが飾られたスタイリッシュな雰囲気で、
キチッとした接客を忘れない店主さんとアシスタントさんの二人で、
続々とやって来るお客さんをこなすのに厨房でてんてこ舞い状態。

メニューは今のところ「超濃厚 烏賊煮干中華そば」一本で、
あとは「とにかく明るい安村」と文法が一致している「そのまま食べれる替え玉」や、
「子供の感性を育てる煮玉子」など一風変わったネーミングの、
サイドメニューやトッピングが用意されているのみ。

ちなみにこの日は年内ラストの営業日ということで、
トッピングが一品サービスだったので煮玉子いただいちゃいました!
あざーす!この借りは子供の感性を育てることで返しまーす!

「超濃厚」と謳うだけあってチョコレート色のスープはトロトロで、
鶏白湯と昆布のダシをベースにイワシやイカの煮干を加えたもの。

どっしりとした鶏の旨味にイカの香りがほんのり広がり、
さらに能登の魚醤である「いしる」や生揚げ醤油をブレンドした、
まさにチョコをも想起する独特の甘口の味付けが特徴的。

後日食べに行ったというラーツ部てらみん部長は、
毎朝出勤前にクヌギの木に樹液を舐めに行くほどの甘党なので、
この甘い味付けはかなり舌に合ったようで絶賛していたが、
俺には後半ちょっと重たく感じてきちゃったかな…?

そこに泳ぐ麺は村上朝日製麺のものだそうで、
表面がツヤツヤと輝く中細のストレートタイプをマッチング。

とかく濃厚煮干系ラーメンはやたら硬めでポキポキさせがちだが、
こちらはしっかりと火を通したジャストな茹で加減で、
プリプリとした程よい弾力のある噛み心地は実にストライクです!

低温調理された豚チャーシューは薄切りにしてあって、
肉の旨味が凝縮していてローストポーク的な味わい。

そして「子供の感性を育てる煮玉子」は黄身がトロリと柔らかで、
もちろん麺をその黄身の中にグリグリと突っ込んで食べる、
俺の48の殺人技のひとつ「釜玉食い」を楽しみましたよ!

ちなみに何が「子供の感性を育てる」のかというと、
この煮玉子の売上の一部が子供向けのクラシックコンサートを主催する、
NPO団体に寄付されるからなんだそうです!

俺もキン肉マンネタとか書いて喜んでるヒマがあったら、
ちょっとは人様の役に立つことでもしなさいね!

卓上には前述のいしるに穀物酢と山椒オリーブオイルが置いてあり、
後半重たくなってきたところで山椒オイルを投下してみたら、
ピリッとした痺れを伴う辛さとオリーブオイルのコクが、
絶妙に味を引き締めてくれて断然好みの味に変化しました!

細切れチャーシューや煮干し粉が乗っていて、
いしるをかけながらまぜそばにもできる替え玉も旨そうだったけど、
14時からアポイントがあって時間がなくて断念したのが残念無念!
上の一行だけで「念」の字が3回も出てきましたね!

完全にももクロカラーの5色のスタンプカードから、
ももか推しとして迷いなくグリーンのカードを貰って急いで事務所へ。

このアポが終わったらさっそく子供の感性を育てるんだ!
近所の小学生たちを公園に集めて紙芝居でも見せてあげるかな!
(内容は「失楽園」や「愛の流刑地」などの渡辺淳一作品)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑鈍感力気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』フレンチレッドは在庫限り!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山手ラーメン 本郷 安庵@本郷三丁目

DSC01750_2015090915565033b.jpg

2015年8月20日/山手ラーメン 本郷 安庵/本郷三丁目/
みどりラーメン/750円


皆様は「ユーグレナ」という食材をご存知だろうか。

ユーグレナとはビタミンやミネラルなど豊富に含んだ栄養源が注目され、
いま沖縄・石垣島で試験的に培養されている話題の新食材であり、
各種サプリや食品などが次々と開発されているのだ。

しかし身体にいいことばかりなのにどうにもネックになっているのが、
和名だと「ミドリムシ」っつー微妙すぎるネーミング!

ミドリムシなんて聞いたらどうしてもいしいひさいち先生が描くタッチの、
なんか安田みたいなモジャモジャしたやつをイメージしちゃうもの!

んでそのミドリムシをなんとラーメンに取り入れたという、
ヤンチャなメニューが『安庵』という店にあるのは前々から知っていたのだが、
なかなか勇気が出なくて行くチャンスをずっと逃していた。

しかし本郷周辺はコインパーキングがGHQか!ってくらい異常に高いので、
『花のれん』から電車で連食できる今しかチャンスはねぇ!
ミドリムシでもミカヅキモでも持ってこいってんだ!
(数百枚のプレパラートを片っ端から割りながら)

DSC01749_20150909155648d9e.jpg

本郷の交差点から北に進んだ東大赤門のすぐ近くで、
この辺を歩いてると勉学に明け暮れていた学生時代を思い出しちゃうなぁ…!

えっ!ホントだよ!4年間ちゃんと建築学科に通ってたんだって!
今じゃ毎朝オヅラのねちっこい嫌みを聞かされるタレントに成り下がったけど!
(どうやらただいま菊川怜の生き霊が憑依しているようです)

ガラス戸をガチャッと開けるとまず番号式の券売機があり、
そこから長い廊下を越えると奥に厨房とカウンターが。

こちらは駒場東大前にある『山手ラーメン』の支店という位置付けで、
メガネにヒゲを生やした店主さんも東大OBというエキスパート。

アルバイトのお兄ちゃん達も歴代含めて全員、
現役の東大生を雇うというのがこの店の伝統らしく、
厨房内の輝かしいIQの高さに劣等生だった俺は瞬時に捻くれモードに突入!
お情けで卒業させてもらった高卒だってこうして生きてまーす!

基本的には背脂チャッチャ系の「ゆきラーメン」がメインのようだが、
「焼にんにくラーメン」「トマトラーメン」「八菜ラーメン」や、
さらに「かつお醤油ラーメン」「ピリ辛海鮮ラーメン」「コク味噌ラーメン」など、
かなり独創的でバリエーション豊かなラインナップ。

DSC01751_201509091556524b1.jpg

中でも最高潮にイカれてるのはやっぱり「みどりラーメン」だぜ!
見てよこの色合い!何も知らなかったら完全に近所の沼でしょ!

スープ自体はサラサラした豚骨鶏ガラベースのダシで、
コクと甘みがある分かりやすい美味しさの白湯になっている。

そこにミドリムシを溶かしたオリーブオイルを浮かべてあり、
さらにバジルなどのハーブが効かせてあるので意外と洋風の味わいで、
ミドリムシ自体に味はなくほんのり磯の香りがする程度なので、
単純に豚骨バジルスープとしてすごく美味しいじゃん!

特に卓上の刻みニンニクを少し落としてみると、
その香りが最高にマッチするから試してごらんなさいよ!

麺は1分半で茹で上がるという細めのストレートタイプで、
箸で持ち上げるとほんのり透き通っていて艶やかな質感。

歯ごたえが良くプリンプリンとした軽やかな食感で、
ミドリムシハーブオイルを絡めながらいただくのが吉と〜!
わたくしのハープが言っています〜!(急に懐かしのオラクル後藤)

具にはざっくりと大きく切った茹でキャベツとモヤシ、
それに彩り担当の赤と黄色のパプリカが乗ってきて、
軽くスープに浸けながらバリバリ食べると箸休めにはピッタリ。

さらにふっくらと炊かれた煮豚タイプのバラチャーシューと、
スープにちょうどいい塩気をもたらすワカメが乗る。

思った以上にキテレツ感はなく食べやすい一杯で、
ミドリムシの効果で疲れていた身体が一気に健康そのものに!

この勢いだったらオヅラの野郎ぐらい余裕でぶっ飛ばせると思うので、
明日の「とくダネ!」生放送を楽しみにしておいてネ!
(どうやらまだ菊川怜の生き霊が憑依しているようです)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑助けてあまたつーっ!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』フレンチレッドは在庫限り!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。