スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和風楽麺 四代目 ひのでや@蓮田

DSC03052_20160809141152e3f.jpg

2016年4月23日/和風楽麺 四代目 ひのでや/蓮田/
はまぐりラーメン/980円


さいたま生まれの彩の国育ち!大切な方への贈り物!
埼玉推奨品・彩果のラーツ部をどうぞ!

どうも!今月は最後までテレ玉CMにこだわり続けました!
神園さやかのイーグルバスと迷ったけど今回川越は行ってないし!

杉戸町から加須を経て春日部と行ったり来たりする形で、
『煮干乱舞』からの『忘八』からの『間宮堂』と巡ってきた今月の部活動は、
ラストもこれまた少し西に戻って蓮田市まで移動し、
タグ部員が推し麺に指名していた『ひのでや』さんに向かいます!

なぜ今回ここを推したのかタグ部員に聞いてみると、
「もちろんこれだよ!これ!」と突如ランニングマンを踊りだしたので、
それを言うならライジングサンだろ!と全員で大笑い!

まったくタグさんったら!LDKに疎いんだからまったく!
(もっと言えばそれは三代目のほうの踊りだしLDKじゃなくてLDHですね)

DSC03049_20160809141141ef3.jpg

あちこち工事中なものの再開発が進んでいそうないなさそうな、
そんなひなびた蓮田駅前のロータリーからすぐの場所。

店頭に設けた「麺打ち場」の横のエントランスをくぐると、
照明を落としたムーディーな店内はそんなに広くはないものの、
かなり上品で厳かな造りはまるで高級な小料理屋のよう。

「四代目」と冠が付いているのはこちらが蓮田駅の周辺で、
和食割烹や日本蕎麦店などを経営している『彩々楽』グループの系列で、
そのオーナーさんが四代目だったりするからじゃない?どうなのかね?
(いかにも知っていそうで何も知らないという無責任トーク)

ちなみにお店の近くにグループ共通の駐車場がなん箇所かあるのだが、
一方通行が多いうえに道が複雑で超見つけにくいので注意だ!

まぁ僕らはお金持ちなんでサクッとコインパーキングに停めましたけどね!
(そのわりには周辺を30分くらいウロウロした)

メニューは「雅楽谷ラーメン」「塩ラーメン」「醤油ラーメン」に、
いわゆる具材の全部のせと思われる「ひのでやラーメン」の4種類。

しかし最近藤原紀香との婚約を発表したばかりのラーツ部市川貝十郎としては、
新メニューの「はまぐりラーメン」なんてあったらそりゃもう外せませんぜ!
ねぇー紀香ちゃん!今日も一緒に水素水飲もうねー!

煮こごり状になったスープを小鍋でコンロにかけて温め、
丼に注いだあとに別の小鍋で仕込んだはまぐりの煮汁を加えており、
サーブされた段階からそれはそれはかぐわしき貝のパフュームが!

ベースとなっているのはおそらく「雅楽谷ラーメン」と同じ、
帆立と鰹からコトコト旨味のみを抽出した至極クリアな「おだし」。

そこに嫌味にならない程度にふわりと広がるはまぐりの風味と、
やや甘口の味付けとうっすらとゴマ油のようなコクが施されており、
いかにも和食のお店が作るラーメンらしく上品で非常に美味しいです!

しかしスープを超えて印象に残る出来栄えだったのが、
麺打ち場からやって来た自家製の「熟成たまご麺」ちゃん!

日本女性の黒髪を思わせるビューティーなまっすぐストレートで、
そのしなやかさとシルキーでツルリと持ち上がる啜り心地、
そしてコシと喉越しの良さは今すぐ紀香との結納品に使いたいくらい!

具にはチャーシューなどの肉類は一切入っておらず、
煮はまぐりが10個とネギ&白ゴマ&糸唐辛子のみというストイックさ。

DSC03053_20160809141153712.jpg

これまた上品な味付けの煮はまぐりはプリプリで旨いのだが、
10個のうちひとつはアサリみたいに砂がザリッ!と歯に当たり、
ひとつは身が行方不明で殻しか入ってなかったのはちと残念…!
やっぱり紀香との婚約は解消することにしようかな…!

DSC03051_201608091411509d4.jpg

一方こちらは松嶋菜々子との結婚生活も順調な、
ポイズンKEN-1部員がオーダした「雅楽谷ラーメン」の半熟煮玉子乗せ。

ちなみにこれで「うたやらーめん」って読むそうなんだけど、
そういえばさっき行った杉戸町のスパ銭も「雅楽の湯」で「うたのゆ」だったな!
「雅楽」ってキーワードは埼玉のこの辺りと何かゆかりがあるのかね?

こちらのスープはストレートに帆立と鰹のダシを楽しめるもので、
気品に満ちた味わいはさすがお店イチ押しだけのことはありますな!
そして具のレンコンはやっぱり「蓮田」にかけてるのかしら?

DSC03050_201608091411446d7.jpg

そしてこちらは恐妻カイヤとの不仲もビジネスにしている印象の、
てらみん部長オーダの「塩ラーメン」半熟煮玉子乗せだよ!マヨー!

スープはまた異なりこちらにはアニマルが介在していて、
鶏と魚介のダシは今回いただいた中でもっともラーメンらしい味わいで、
やや尖りを感じさせる塩加減でグイグイ飲ませるような印象だった。

DSC03054.jpg

さらに残ったスープでお茶漬けにしても美味しいという、
「ミニ帆立ご飯」を全員で追加しようとするも、
またもや最初に注文したてらみん部長の一杯だけで売り切れというミラクルが!
なんなの!?ドラゴンボール7個集めて神龍に頼んだの!?

さすがに自分ばかりツイているのにドン引きしたてらみん部長は、
顔を青ざめながら全員にシェアさせてくれたのだが、
貝柱のダシが染みまくったお米はスープをかけなくても絶品でした!

これにて楽しい部活動はお開きとなったわけだが、
今日はラーメン4杯だけでなく刺身やご飯まで食べちゃって、
LDHコレステロールがちょっと心配だなー!
(だからそれはEXILEの事務所でコレステロールはLDLです)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑善玉?悪玉?気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg

↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

煮干乱舞@北葛飾郡杉戸町

DSC03029_20160809141059c12.jpg

2016年4月23日/煮干乱舞/北葛飾郡杉戸町/
肉中華そば(醤油)/700円


※こちらのお店は現在埼玉の武里駅前に移転しています
 あくまで当時のアーカイブとしてお読みください


プオーン…風が語りかけます…エロい!エロ過ぎる!
どうも!埼玉銘菓・十万石ラーツ部です!

テレ玉で何十年も流れてるローカルCMのパロディから、
賑々しく始まりました今月の楽しい楽しい部活動は、
利根川に沿うようなルートで埼玉西部を食べ歩いちゃいますよー!

しかし移動に時間がかかる栃木だの群馬だのに行くわけでもないのに、
パジャマやネグリジェのまま集合したのは早朝も早朝の7時!

なぜそんな中学の剣道部みたいな待ち合わせにしたのかといえば、
本日一軒目にして最大の宿題店『煮干乱舞』さんが、
土曜日は7時から10時までの営業という超早起きさんだから!

しかもかなりの行列を覚悟しないといけないってことで、
みな睡眠時間を削ってまで駆け付けるに至ったわけでございます!
(興奮で極薄のネグリジェをビショビショにしながら)

DSC03026_20160809141048f81.jpg

片側一車線の下道を延々と北上すること約25キロ、
杉戸町の畑のど真ん中にある巨大な道の駅、
「アグリパークゆめすぎと」に到着したのは9時ちょい前。

恐ろしいほどの台数が停められる駐車場に面して、
道の駅では定番のソフトクリームやフランクフルトなどを売っている、
簡素なプレハブ小屋が10軒ほど並んでいるのだが、
その一角におよそひなびた雰囲気に似つかわしくない大行列が…!

噂には聞いていたけどざっと数えて20人は並んでるじゃん!
出がけにズムサタのお天気お姉さんに見とれてる場合じゃなかった!

DSC03027_2016080914105066a.jpg

売り切れの懸念もあるので大慌てで最後尾に接続すると、
すでに周囲にはかぐわしい煮干の香りが充満していて、
来世ではネコに生まれ変わる予定の我々はすでにニャンゴロニャンゴロ!

「複数人での回し食いは不可」や「水は各自で用意すること」など、
お店の形態ゆえ色々と細かくルールが設定されているが、
どれもお客として最低限のマナーさえ持っていればクリアできる話。
「常識が服を着ないで歩いてる」と言われるラーツ部には守れることだらけよ!

メニューは「中華そば」「肉中華そば」の醤油味と塩味、
それに300円と破格の「あぶらそば」のみとシンプルなラインナップで、
並んでいるうちに注文と会計を済ませて出来上がったら受け取るだけ。

基本は店の前に並べられた折り畳みテーブルで食べるのだが、
人数が多い場合はお盆を借りて車に持っていくことも可能。

というわけで後部座席を倒してフルフラットにした状態で、
そこにキャンプ用の小さなローテーブルを組み立てて、
全員でヒザを突き合わせながら仲良く車内で食べることに!
わーい!なんだかキャンプみたいで楽しいねー!

様々なラーメン店で採用されている「πウォーター」で炊かれたスープは、
お店のツイッターによると細かい改良を経て現在は「Ver.3.5」だそう。

メインの煮干はこの日は千葉の背黒2種に伊吹の白口、
さらに鯵に宗田節に鯖節に昆布と水族館並みの豪華キャスティング!

煮干エキスを一滴残さずとことん抽出したかのような、
リッチビターな苦味にあふれたスープはさすがの絶品だが、
量がちと少なめなのでチビチビと舌で転がすように楽しむのがベター。

麺は滑らかでツルツルした細めのストレートで、
かなり硬めの茹で加減なので箸でほぐしながら少しずつ啜る。

こういう濃厚煮干系のルーツである『伊藤』を彷彿とさせる、
低加水でパキパキとしたプラスティックな食感だが、
具の刻み生タマネギを絡めながら食べるとなかなかいい感じだね!

なお普通の「中華そば」の場合はタマネギ以外の具は一切乗らず、
チャーシューが欲しい場合は「肉中華そば」をチョイスする必要がある。

バラ肉を巻いたものがたっぷり4枚も乗っていて、
早めにスープに沈めておかないと若干冷たいものの、
ふっくらした肉身ととろけるような脂身のバランスがたまらんです!
できることなら出来たてをビールのアテにしたい!もちろん朝っぱらから!

DSC03028_201608091410523b0.jpg

てらみん部長&タグ部員は同じく「肉中華そば」を塩味で。
改めて見るとスープの色合いだけだと醤油だか塩だか分からんね!

何せ濃厚な煮干スープのバイアスが相当に強く、
タレをも凌駕しているのでその差はほとんど掴めないが、
多少こっちのほうが後味がすっきりしているかな?どうかな?って感じ。

DSC03031.jpg

とにかく腹ペコだったので夢中でかき込んでいたら、
量もそんなに多くなかったのでものの2分で全員完食完飲!
この元気な絵ヅラだけ見たらおよそアラフォーの集団には思えんね!

食べ終わった丼をお盆とともに返却口まで持っていけば、
ルールをしっかり守りつつ全てのミッションが完了!ごちそう様でした!

朝の寝ぼけた胃袋を叩き起こすのにはもってこいの、
ラヲタには最高のブレックファーストを楽しむことができましたね!
川口春奈もコーンポタージュよりこっちのニボールスープで温朝食しなさい!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑もちろん加藤憲史郎くんも!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0083.jpg

↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
 こまつさんのガラス工房のスタッフTシャツ風!『アマートクラシック』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 鶏口@上福岡

DSC01364_20150721180612376.jpg

2015年6月13日/麺屋 鶏口/上福岡/
黒煮干しそば+味玉/750円+100円


ピロピロ…ピロピロ…!
お前のラーツ部、また選挙カー追いかけてたぞ!
どうも!そんなに5時に夢中じゃないふかわりょうことラーツ部です!

埼玉は川越にお邪魔している今月の部活動、
昼の部は『こひや』さんから『ひな多』さんへと華麗なリレーを決め、
少し離れた「小江戸はつかり温泉」で全裸休憩。

こちらには露天風呂の頭上に大きな樽が設置してあり、
そこに少しずつ水を溜めていくとししおどしの要領で徐々に傾き、
5分に一度ザブーン!と池に大量の水が落ちてくるという、
子供たちも大喜びの大掛かりなアトラクションが!

「よい子は池に入りません!」の注意書きがあったが、
あくまでお笑いでいう「フリ」だろうと全員池に勢いよく飛び込み、
全裸でザブーン!キャッキャッ!と遊んでいたら、
雷オヤジに耳がもげるほどの強烈なビンタを喰らっちゃいました!

全員顔の片側だけパンパンに腫らした状態で、
夜の部一発目はちょいとふじみ野市まで移動して、
長らくの宿題店だった『鶏口』さんに念願の初訪問でございやす!

DSC01361_201507211806095ca.jpg

こちらはかつて南古谷の『田家』さんの支店だったのだが、
店主さんの独立に伴い店舗ごと譲り受けたという、
『おおぜき中華そば店』さんや『きりきり舞』さんなどと同じパターン。

古い居酒屋だったっぽいテナントを改装したような造りで、
鮮やかなブルーバックの大きなメニュー写真が目を引く。

なんとも部活向きのメニュー構成は「中華そば」「塩そば」「鶏そば」が基本線で、
ニボ枠の「煮干しそば」「塩煮干しそば」「黒煮干しそば」「辛煮干しそば」、
さらに「つけ麺」に「まぜそば」とあまりに多過ぎてあたし困ります!
何もしないって言うから来たのに!もう帰ります!

一瞬で10円ハゲができるほど悩んだ末にチョイスした、
「黒煮干しそば」はその名の通り真っ黒なスープがなんとも印象的!

漉し器を通して注がれたスープはバリッと煮干しが効いているが、
苦味えぐ味がなくあくまで「ダシ」としての旨味が抽出されており、
初代ニボ蔵としてはどストライクな煮干しの使い方でこれは好みだわ!

そこにみたらしにも似た黒醤油独特の甘じょっぱさがプラスされ、
唯一無二の「こいくち」な味わいに仕上がっていて面白美味しいっす!

「中華そば」や「塩そば」「鶏そば」には細麺を合わせているが、
煮干し系のラーメンには太麺をマッチングさせている。

「丸富」と書かれた麺箱から取り出されたそれは軽いちぢれがあり、
しっかり熟成させたようなプリプリとした食感でインパクトが強い。

ちなみに「煮干しそば」のみ太→細への変更も可能らしいので、
気になる人はオバマの声帯模写で「チェンジ!」とお願いしてみよう!

チャーシューはしっとりとした食感のロース肉が1枚、
さらに柔らかくトロトロの穂先メンマと海苔、
そして苦い同士で煮干しダシに相性ピッタリのカイワレ大根が乗る。

本日ここまでノーエッグだったのでトッピングした味玉は、
絶妙な黄身の半液状具合で顔面に塗りたくりたい!

DSC01362_20150721180610713.jpg

こちらはラーツ部では「市川鶏蔵」の名跡を持つ、
てらみん部長が悩み無用でオーダした「鶏そば」。

鶏100パーセントのダシを尖りのない塩ダレでまとめていて、
熱々の状態から徐々に冷めて全体が落ち着いてくると、
鶏挽き肉からもじんわり旨味が溶けて広がってくるので、
笠智衆にでもなったつもりでじっくり時間をかけて食べるのが吉!

細麺は一転してコリコリとしたハリを感じさせる食感で、
この淡麗スープにはこれっきゃない!という相性の良さ!

DSC01365_20150721180613fc0.jpg

そして気まぐれ天使ことタグ部員は飛び道具の「まぜそば」を。

桜エビや刻み海苔、タマネギや魚節が盛られた太麺は、
まったりと濁った濃厚なタレにひたひたに浸かっている。

ムチムチした太麺に旨味たっぷりのタレや卵黄が絡んでくるが、
旨味メインで油分抑えめな上品なまぜそばで美味しい!

つけ麺のつけ汁ですらスープ割りせずに飲み干すことから、
シロガネーゼ的な意味で「ワラネーゼ」と呼ばれているタグ部員は、
その残ったタレすら丼に口を付けてグビグビ完飲してました!
さすが路上のネコ避けペットボトルの水ですら飲み干す男は違うね!

食後は屋号の由来にもなった「鶏口となるも牛後となるなかれ」の諺にのっとり、
たった3人のコミュニティの中で誰が長となるかで大モメになったが、
結局無数のひっかき傷を作って3人ギャン泣きで終了!

「みんな仲良く」がモットーのラーツ部には上下関係なんていらないよね!
じゃあブログも書き終わったから誰かチェリオ買ってこいよ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑先輩の言うことは絶対だろ?気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0084.jpg
↑演歌の名曲がモチーフなのになぜかアメリカのモーテル看板風!
 全室くもりガラス完備で他人の妻にオススメ『さざんかの宿』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

つけめん さなだ@三郷

DSC00927.jpg

2015年2月15日/つけめん さなだ/三郷/
つけめん/800円


珍しくパッチリと早起きできた日曜日は、
趣味のドライブを兼ねたラーメン遠征に限りますな!

財布とiPhoneとデジカメだけ持ってとりあえず出発し、
思うがままに車を走らせながらどの店に行くか考えていると、
股間に取り付けたコンパスがビーン!と北の方角を示したので、
埼玉県まで突っ走って三郷まで向かうことにしました!

目的地はつけめんのパイオニア『六厘舎』出身ということもあり、
新規オープン時からすでに注目度の高かった『さなだ』さん!
久しぶりに王道のつけめんってのもいいじゃないか!

DSC00930.jpg

1時間ほどの下道ドライブでお店に到着したものの、
近隣にはほとんどコインパーキングが見当たらず、
しばしグルグルと周辺を旋回することに。

ちなみに店の並びにある業務スーパーや、
裏手の早稲田公園の駐車場にゴニョゴニョとかはご法度ですよ!

この日は帽子もヅラ(小倉さんと同タイプ)も吹っ飛ぶほどの強風だったが、
それでも前3人後ろも続々と噂どおりの人気っぷり。

寒さに耐えつつ10分ほど待って入店すると、
カウンター席は入口すぐ左手にたったの3席で、
あとは2人掛けと4人掛けのテーブル席が中心と、
近隣の家族連れが多い客層のニーズに合わせた構成。

ちなみにカウンター席に面した壁には、
「全国労働衛生週間」の橋本環奈ちゃんのポスターが貼ってあり、
天使すぎる笑顔に見下ろされながらお食事することになるよ!興奮だよ!

メニューは「つけめん」「辛つけめん」をツートップに、
「鰹だしの特製味玉」や「鶏ほぐし」「富士盛メンマ」などのトッピングのみだが、
店頭の張り紙によると「中華そば」も近日中にリリース予定だとか!

カウンターは厨房に背を向けたレイアウトなので、
ナポレオンズに頼んで首を回転させないと様子が見えないのだが、
伝票が風で飛んだのかしっちゃかめっちゃかになったらしく、
俺の注文もまるっきり間違えてるほどオペレーションが大混乱。

そのためか店員さんによる「お声がけ」と称した、
お客さんへの逐一のフォローを徹底しており、
バタバタしてる中でも極力トラブルを減らす接客を心がけている。

麺とつけ汁に多少のタイムラグがあって、
15分ほどでようやくサーブされた「つけめん」は、
驚くほどの極太麺が丼にデンととぐろを巻いていて大迫力!

DSC00928.jpg

ほんのりイエローグレーがかったその麺には、
ポツポツとアスファルトに刻むふすまが垣間見え、
歯ぐきが鍛えられるようなゴリゴリマッチョなハード食感と、
その対価としてしっかりと感じられる小麦の風味が豊か。

並盛だと生麺で250グラムとボリュームもしっかりあり、
箸のひと掴みごとにずっしり胃袋が沈んでいくのが実感できる。

そのままで食べてもペロリといけちゃいそうな、
なるほどさすがにクオリティの高い麺で美味しいっす!

DSC00929.jpg

そのきんに君な麺を受け止める女房役のつけ汁は、
あちこちで見る同タイプのものよりちょいと色合いがダーク。

動物系は豚骨だけでなく鶏の旨味も感じられ、
魚介系は鰹だけでなく煮干しの風味も感じられと、
その辺の凡百な店だと得てして平べったくなりがちなWスープに、
しっかり奥行きを持たせていてこちらもいい感じ!

油やコラーゲンといった要素での濃厚さではなく、
素材そのもののポテンシャルで食わせてくれるので、
これまたグイグイ箸を進ませる訴求力があるね!

チャーシューはバラ巻きタイプを4等分したような変わった形で、
脂身のジューシーさと焼いたような香ばしさを誇っている。

さらにメンマとたっぷりの刻みネギが散らされ、
サクサクした食感と辛味が絶妙なアクセントになる。

途中で卓上のグレープフルーツ酢を入れてさっぱり感を増したり、
一味唐辛子を入れて刺激を与えたりしながら麺を完食し、
スープ割りをお願いすると鰹か柚子から選べるとのこと。

花沢さんを世界で一番尊敬する身として、
悩むことなく「カツオくーん!」をチョイスすると、
なんと目の前で削り器でガリガリと鰹節を削ってくれるではないか!

かわいらしい女の子が!俺のために!
鰹節を!削って!くれる!な!ん!て!

ただ指ごといっちゃいそうな何とも危なっかしい手付きで、
大した量は削れなかったのであくまでアトラクションだったが、
スープジャーから注ぐあっさりした鰹ダシも加わり、
さっぱりすっきりと〆られたからまぁいいか!

しかしお会計を済ませて車へ戻る間に、
強風であっという間に身体が冷えちゃって寒い寒い!

あったかいスープでも飲み直さないとやってられないので、
調子に乗ってもう一軒くらい連食しましょうかね!
環奈ちゃんだってあの天使すぎる笑顔で許してくれるはずだよ!
(再び股間のコンパスが東の方角にビーン!)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑あくまでコンパスです気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg
↑悪意1000%のラーメン系(?)Tシャツ最新作!
 「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん 勇@松原団地

DSC05858.jpg

2014年6月1日/らーめん 勇/松原団地/
塩/730円


出でよ…ラーメン界のノストラダムスよ…!

汝は今から7年前の2007年に惜しまれつつ閉店した、
元『がんこ十代目』だった新橋の名店『勇』が、
たっぷりの駐車場と広々としたテーブル席を完備した、
ロードサイド大型店舗として復帰するなんて予言できたのであろうか…!?

実はラーツ部のてらみん部長にとって、
もっとも想い出深いラーメン店がその『勇』であるという。

新橋でのラスト営業日にてらみん部長にお供して、
最後の客としていさせていただいた身としては、
これは祝花が枯れないうちに表敬訪問せねばならないわけですよ!

先ほどの『永太』がなかなかボリュームがあったのだが、
そんなの関係ねぇ!とブーメランパンツ一丁ですぐに草加へ移動します!

DSC05857.jpg

紫の看板が目立つお店は国道4号線の下り線にあり、
最寄りの松原団地駅からは歩いて15分以上はかかりそうなので、
完全にモータリーゼーションを意識した営業スタイル。

有名ラーメン店からはもちろんのこと、
あのそねねことギャル曽根などの芸能人からの祝花も多数!
ギャル曽根大好きクラスタとしてはこの時点でもう興奮!

意気揚々と入店すると奥のほうのテーブル席に、
店主の張替さんと談笑する見覚えのある顔が…!

なんとそこにはなんの打ち合わせもしてないのに、
まったく同じタイミングで食べに来たてらみん部長がいるではないか!

でもこれは偶然ではなくて必然の出会いなのです!
すべては神様によるお導きなのですよ!さぁ貴方も祈りましょう!
(やべぇ…こいつ目がマジだ)

天井が高く座席もゆったり空間を取った開放的な造りで、
厨房やホールには若いお兄ちゃんやおばちゃんなど、
前時代からは想像もできないほど従業員もたくさん。

あの頃とほとんどイメージの変わらない張替店主さんは、
続々と押し寄せる車の整理や声出しなど、
今のところは現場監督的なポジションを務めている様子で、
昔よりさらにエネルギッシュになってる気がして頼もしいのなんの!

メニューは「塩」「醤油あっさり」「醤油こってり」とシンプルで、
名物だった黄身がふたつ入った二頭卵も通常の味玉に。

丼が変わったので見た目の印象はだいぶ違うが、
「塩」の澄んだスープはまさにがんこの系譜を受け継ぐスタイル。

今も牛骨を使っているかまでは分からなかったけど、
各素材を際立たせることなくバランス良く合わせたダシを、
キレッキレのシャープな塩ダレがまとめ上げる味わいは健在だが、
しょっぱさが緩和されて円みがあり飲みやすくなった印象。

どうやら「新橋の味で!」と頼めばしょっぱくもできるらしいが、
これならファミリー層も安心して食べられる感じですな!

黄色みの強い麺はかなり強いちぢれが付いていて、
啜るとゴワゴワとした感触が唇に伝わってくる。

ほんの気持ち柔らかめの茹で上がりで、
独特のクニッとしたユニークな弾力がなかなか面白く、
量もかなり少なめなので連食でもスイスイ入っちゃうよ!

薄切りのバラ巻きチャーシューは肉の味が強く、
箸で持つとホロホロと崩れてしまうほど柔らかい。

そして『勇』時代からのアンセムであった焦がしネギは、
軽くスープに浸けてかじるとほんのり甘く香ばしく、
その香りを移したネギ油とともにスープを引き立てる必要不可欠な存在!
麺と一緒に絡めて食べてもカリカリして美味しいね!

4号線はラーツ部埼玉遠征の際に良く通るルートだし、
これは今後は千葉での『やぶれかぶれ』に続く、
毎回必ず寄っちゃうラーツ部殿堂入り店舗になる可能性大!
個人的には「しそ塩」の復活が待たれるところです!

さて面白い話はまだあってなんとこの日の夜に、
今度はタグ部員も何の打ち合わせもないのに訪れており、
「醤油こってり」を食べに来ていたんだそうな!
一日で3人もラーツ部員がやって来るまさにパワースポット!

やはりこれも偶然なんかではなく神様によるお導きなのです!
さぁ祈りましょう!そしてこのパンフレットをぜひ読んでください…!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑この壺も買ってください気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0073.jpg
↑悪意1000%が贈る「古典落語Tシャツシリーズ」第一弾!
 『SHIBAHAMA-芝浜-』買ってくれなきゃ釜の蓋が開きゃしないよ!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らぁめん 赤星@深谷

DSC05589.jpg

2014年3月2日/らぁめん 赤星/深谷/
和そば+味付玉子/680円+100円


ほーら坊ちゃん嬢ちゃん!似顔絵おじさんだよー!
(安倍首相の似顔絵色紙を股間に貼り付けて追いかけ回しながら)

年に数回お仕事をいただく似顔絵師として、
本日は朝6時起きで埼玉は深谷市まで来ております!
東京から約100kmって!絶望的に遠いよ!

現場では1時間の昼休憩をいただけるのだが、
せっかく深谷くんだりまで来たからにはランチはラーメンか、
生の深谷ネギ一本食いのどちらかしかないでしょ!
まぁ常識人で通ってる俺としては間違いなく前者を選びますけども!

事前にめぼしいお店をチェックしてみたところ、
現場から約5kmと往復の時間含めてギリ1時間で行けそうな、
『赤星』さんにズームインしてみたいと思います!

DSC05586.jpg

DSC05587.jpg

『伊藤』インスパイア系煮干ラーメンの『のかぜ』の跡地で、
ペンキでペイントイットブラックされた看板にも、
隠し切れない当時の面影がうっすらと見えている。
つか経営はそのままのリニューアルなのかな?どうなんかな?

カウンターと小上がりがメインの店内は以前と変わらない印象で、
ベテランのご夫婦らしき二人が奥の厨房で黙々とラーメンを作り、
その息子さんなのか若いお兄ちゃんが手前側にもうひとつある厨房で、
餃子を焼いたり夜のおつまみの仕込みをしている。

メニューは「中華そば」を差し置いて「和そば」と「和かけそば」がトップという、
和テイストを前面に打ち立てた一風変わったラインナップ。

ビールが屋号のとおりちゃんとサッポロラガー赤星なのは合格!
まぁ仕事中&運転中だからスポイト一滴分も呑めませんけど!

日本蕎麦のカエシを使っているという「和そば」は、
チャーシューの赤に味玉の黄色に海苔の黒、
そしてミツバやほうれん草の緑と彩りからまず魅せてくれますな!

スープはじんわりと優しく穏やかな動物魚介のダシと、
ほの甘い醤油の香りをたたえたカエシとが、
静かに折り重なるような極めて淡口の味わい。

油脂感もだいぶ控えめに調整してあるので、
どこまでも重くなくすっきりとした飲み口は、
ちょっとだけ白河系のラーメンをも思い出したりしなかったり。

細ストレート麺は適度なコシと弾力があり、
プリプリとした程よい歯ごたえを残した茹で上がり。

先人たちのレビューを見るともっとボソッとした食感の、
それこそ日本蕎麦のような麺だったという表記が多いので、
ひょっとしたら仕様を変えたのかもしんないっすね。

レアでほんのり赤いチャーシューは厚みもあって、
ムチムチと舌に吸い付くような艶かしい食感は、
男子中学生だったら今夜は興奮して眠れなくなるだろうな!

さらにしっとりと柔らかい超ロング穂先メンマや、
ちょっと形容できない面白い味付けの玉子もなかなか美味しい。

終盤は店のオススメ通り一味唐辛子をパラパラしてみたが、
甘みの強いカエシにピリリとした風味が加わると、
もう紛れもなく蕎麦つゆっぽくなっちゃった!

『のかぜ』時代のパンチ煮干とは180度趣きが異なるコンセプトで、
大きなインパクトは無いが丁寧に作ってあるのは感じられて、
老若男女が安心して食べられるラーメンという印象。

何せ1時間しかないので長い行列などもなく、
ササッと来てパパッと食べられてよかったよかった!
んじゃ阪神の赤星ばりの猛スピードで現場に戻りまーす!
(デザートの深谷ネギを一本食いしながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑この似顔絵おじさんネギ臭い…気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0083.jpg
↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
 こまつさんのガラス工房のスタッフTシャツ風!『アマートクラシック』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

めんや 正明@志木

DSC04790.jpg

2013年10月19日/めんや 正明/志木/
鰤らあめん 醤油/680円


元祖ぶりっ子アイドルとして一世を風靡した我々ラーツ部、
埼玉を巡る今月の部活動ラストの一杯は、
ぶりっ子にちなんで鰤ラーメンをいただきに来ました!
(竹下通りの美容院でセットした聖子ちゃんカットで)

ラーメンの素材としてあまり鰤とは聞いたことがないが、
その先駆者的存在なのが志木にある『正明』さん。

以前は千葉の松戸にお店があったマチャアキさんだが、
当時食べに行った際はあまり人通りの多くない薄暗い立地で、
ずいぶん目立たないとこで営業してんな〜という印象だった。

そんな場所でよりによって鰤のラーメンという、
ある意味キワ物のコンセプトではさすがに厳しかったのか、
突然「煮干味噌らあめん」や「焼肉つけめん」に業態を変えたと思ったら、
また鰤に戻したりとブレッブレの姿勢が周囲をヒヤヒヤさせていたのだ。

しかしこのたび心機一転で埼玉は志木へ移転して、
「鰤らあめん」と「鶏そば」の二枚看板のお店として再始動した次第。

ブリとトリってことでこれがホントの浜田ブリトリー!
彼女のダイエットのバナー広告もう見飽きたから何とかして!

DSC04788.jpg

入口のドアをガラリと開けた瞬間から、
鰤を炙るなんとも言えないいい香りが広がる店内は、
カウンターのみとこじんまりしているが製麺室まで完備。

大量の鰤の切り身が並ぶ厨房で調理に専念する店主さんを、
若いアシスタントさんと店主さんのお母上がサポートする三人体制なのだが、
どうにも店主さんの所作はどこか危なっかしい感じ…!

丼を置くポジションがいちいち定まってなかったり、
切り身を入れたタッパーの上に切れ味抜群の長い刺身包丁を、
無造作にグラグラした状態で置いたまま作業していたりと、
見てるこっちが鰤の照り焼きよろしく脂汗かいちゃうわ!

前述した2種のラーメンはそれぞれ醤油味と塩味が用意され、
さらにサイドメニューで「鰤ごはん」や「鰤の刺身」など、
ブリリアントな皆さんにはたまらないアイテムも揃っている。
むろん鰤好きな身としては「鰤らあめん」を醤油味でいってきまーす!

松戸時代は鰤の刺身を具としてそのまま乗せていたこともあり、
もっと鮮魚の香りが強く食べ手を選ぶような、
ちょっとクセのあるラーメンだったという印象があった。

しかし現在はとろりとした鶏のダシをベースとして、
しっかりと下処理をして生臭さを排除した、
鰤の旨味のみを丁寧にスープに抽出してあり、
どこか和のテイストをも感じさせる味わいに変貌していた。

例えればちょっと濃厚な潮汁っぽいイメージで、
これなら誰もが美味しいと思えるんじゃないでしょうか!

ハカリでしっかり分量を調整して茹でられた自家製麺は、
かんすいを抑えた低加水の細めストレート。

やや硬めでザクザクとしたハードな食感で、
序盤はもうちょっと茹でたほうがいいかな?と思っていたが、
程よくスープを吸って全体になじんでいく意図があったのね!

自家製ゆえか見た目よりもかなりボリュームがあるので、
本日四杯目に食うにはなかなかタフな相手だぜ!

鰤の切り身は提供前にバーナーでしっかりと炙ってあり、
わずかに内側にレアな部分が残る程度に絶妙に火が入っていて、
とろけるような脂が上品でこりゃもうバカうま!

特に良く運動するシッポに近い部位の身の締まり具合ったら!
鍛えて養った釈由美子ばりのパーフェクトボディ!

なんでも店主さんの親戚に鰤の卸売りをされている方がいるそうで、
鹿児島産の特にいいところを仕入れられるんだそうな!
その独自のルート僕にも分けて分けてー!

さらにスープと一緒に小鍋で煮込んで甘みを引き出した白菜と、
てらみん部長が特に絶賛していたメンマ、
彩りのカイワレと2種類のネギが乗っかり具材も賑やか。

DSC04789.jpg

てらみん部長とKEN-1部員は「鰤らあめん」を塩味で。

甘みのある塩のみでまとめてある分、
鰤の香りはこちらの方がよりはっきり明確に出ているが、
生臭さなどは皆無なので非常に食べやすく仕上がっている印象。

DSC04791.jpg

そしてタグ部員はあえての「鶏そば」を塩味でチャレンジ。

甘みの強いまったりとした鶏ダシに、
ほんのりと生姜の香りを効かせた白湯スープは、
どこか洋風でチキンコンソメみたいな味わいになっており、
あまたある鶏白湯の中でもとりわけ個性が際立つ一杯。

明らかに松戸時代よりブラッシュアップしていて、
鰤のラーメンという難しいジャンルに挑み続けるその姿勢は、
常にオンリーワンを目指しているようでカッコいいっす!

俺達もいつまでもぶりっ子キャラで通せるわけではないし、
どんどん突破口を切り開いていかなきゃいかんと気を引き締めました!
とりあえず聖子ちゃんカットを断つところから始めようっと!
(また竹下通りの美容室で今度はKyon2カットにチェンジ)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑渚のはいから人魚気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg
↑悪意1000%のラーメン系(?)Tシャツ最新作!
 「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

自家製麺 中華そば こむぎ@越谷

DSC04540.jpg

2013年8月4日/自家製麺 中華そば こむぎ/越谷/
醤油 味玉中華そば/850円


今年は酷暑で毎日毎日うだるような暑さが続き、
一日じゅう家にいる休日はエアコンかけっぱなしの状態なので、
もはや我が家の電気代はグングンうなぎ登り。

こういう時はあえて外出しちゃって、
よその冷房が効いた場所で過ごすのが節約主婦の常識!

フローリングの涼しい場所に寝そべったまま動かない、
ヨメをなんとか説得してドライブに繰り出し、
目指すは前回訪問時に臨時休業にやられてしまった『こむぎ』さん!
ぜひ店内をキンキンに冷やしておいてくんなまし!

DSC04538.jpg

お店は越谷市役所のホントに真向かいにあり、
休日は目の前の大きな駐車場が一般開放されているので、
遠征組にはサクッと停められてありがたいことこの上なし!
まぁとはいえチャッカリ有料なんですけどね!お役所仕事バンザーイ!

今度はなんとか無事に開いていたものの、
日曜だからか団体客が多く外にまで行列が伸びている状態。

ヨメの機嫌がみるみる悪くなっていくのを、
シンデレラの絵本とかを読み聞かせてなんとかなだめつつ、
結局15分ほど待ってようやく入店の段取りに。

DSC04539.jpg

元気いっぱいに入口のドアを開けようと、
握った取っ手に違和感を覚えて思わず二度見してみたら、
なんとそれは透明アクリルの筒状になっていて、
中に小麦の穂のディスプレイが!なんて芸が細かいこと!

ここでいまだ心に半ズボンを穿いている万年小学生こと俺の、
イタズラ心がムクムクと芽生えてしまい、
こっそり小麦とチンアナゴを入れ替えてやろうと思ったけど、
そもそもチンアナゴが手元にいなかったので今回は諦めましたよ!
(上の四行の文章を総じて「不毛」と言います)

店は元々は和風割烹だったような渋めの店構えで、
入口はいってすぐにはガラス張りで外から丸見えの製麺スペース、
そしてカウンターの背中側には小上がりらしき座敷もあるが、
そこはフスマを閉めており使っていない様子。

ピカピカの厨房ではご夫婦らしき店主さん&女性の二人と、
アルバイトの若いお兄ちゃんが忙しく動いている。

しかし店主さんはビシッと一本筋の通った所作で調理に専念し、
一方の奥様らしき女性がハキハキと丁寧な応対で接客、
アルコールを使ってカウンターを拭いていたりと、
衛生面にも気を使ったホスピタリティがとても気持ちいいっす!

ちなみにそのビシッとした店主さんは、
製麺機などを手がけるメーカー大和製作所による、
ラーメン店主育成プロジェクト『大和麺学校』の出身。

同じ卒業生には新御茶ノ水の『潮』などがあり、
その『潮』でも使う話題のにほんいち醤油を使った「醤油 中華そば」と、
淡路島の藻塩を使った「塩 中華そば」がツートップで、
夏の限定なのかこの日は「冷やし肉汁つけそば」もラインナップ。

俺オーダの「醤油 味玉中華そば」は、
かすかに濁りのあるスープは鶏をベースに、
ふんだんに魚介を投入したハイブリッドでリッチな味わい。

昆布やサンマ節などが織り成す華やかな旨味と、
やや甘口に仕上げたカエシの風味がなかなかマッチしており、
どこか蕎麦やうどんのダシにも近い和風のニュアンスで美味しいっす!

細かく刻んだミツバや柚子の皮など、
スープにアクセントを与えるブツもやはり和テイスト。
思わず近所の丸昌で晴れ着を着付けてもらいたくなっちゃう!
(そして成人式の会場で大暴れ)

麺はポツポツとふすまが見て取れる中細タイプで、
茹でる前にギュッと強めに手もみされちぢれが付いている。

やや低い加水率でそれを硬めに仕上げており、
啜り上げると唇を叩くかのようになかなかエッジが立っていて、
シコシコとした軽快な歯ごたえは存在感ありあり。

チャーシューは部位が違うものが2種類で、
サーブする直前にバーナーで炙っているのだが、
その時間が長いのか油が抜けすぎて硬くなってしまっており、
たまたまだったのかちょっとイマイチだったかしら。

いっぽう丼を半周する穂先メンマは柔らかく、
味玉は黄身がほとんど液状でトロトロとしており、
こちらはしっかり合格ランプを点させていただきます!

DSC04541.jpg

こちら大和ヨメ学校担当の「塩 中華そば」は、
肉巻きアスパラが乗るビジュアルなどは、
やはり『潮』との共通点をプロファイリングせざるを得ませんな!

しかしスープはポタージュ風の『潮』とはまったく別物で、
醤油と同じ鶏をベースにアサリやムール貝や真いかなど、
個性の強い魚介グループの風味を前面に出した面白いテイストで、
ひと口だけで磯の香りがいっぱいに広がります!

ただやはり繊細な風味のスープに対して、
チャーシューの炙り風味がちょっと邪魔に感じちゃったので、
個人的にはこの中華そばと飛鳥涼さんには炙りナシでお願いしたいところ!
(そういう話題を蒸し返すんじゃありません)

都合2往復してるので東京からトータル80km走って、
ようやく食べられた一杯だったけど、
その労力に余りある内容のラーメンでよかったよかった!

ちなみにそのガソリン代やら駐車場代やらを考えたら、
家のエアコンの電気代より遥かにオーバーしてますけど、
そういうのをチマチマ気にしてたら人生つまりませんから!
浪費バンザーイ!散在マンセー!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑キリギリス気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0073.jpg
↑悪意1000%が贈る「古典落語Tシャツシリーズ」第一弾!
 『SHIBAHAMA-芝浜-』買ってくれなきゃ釜の蓋が開きゃしないよ!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。