貝出汁しっぽりラーメン 純子@立川

DSC02100_20151202153130481.jpg

2015年10月31日/貝出汁しっぽりラーメン 純子/立川/
味玉入り貝出汁ラーメン/830円


『丸孫商店』からの『龍世』と青梅の2軒を順調に消化し、
昭島のスーパー銭湯にてしばしの休憩に入ったラーツ部一同。

ハロウィンということでこの日のために夜なべして全員分作ってきた、
本物をくり抜いたカボチャパンツもいい加減重くて邪魔になってきたので、
醤油とみりんでコトコト煮込んで脱衣所にいた皆さんにお裾分け!
みんな俺達が履いてたとも知らず旨そうに食べてましたぜ!

さてとっぷりと日も暮れてから夜の部一軒目に向かったのは、
スパ銭と同じ昭島にある『アンタイNOODLES』!

何を隠そう今月の「推し麺ルール」担当だったこの俺こと俺が、
どうしてもあの端麗な中華そばが食べたくて指名させていただきました!
長年憧れていた一杯とついに対峙できるなんて一生安泰だな!ワッハッハー!

DSC02094_20151202153117760.jpg

アンターーーイ!!!ナシよーーー!!!

なんでだ!?各データベースの営業時間もバッチリ調べたし、
お店のツイッターにだって臨休の情報なんか載ってなかったのに!

何度も何度も店頭に貼られた営業時間を確認すると、
その横に名刺よりも小さい紙に手書きされたメモを発見…!

DSC02095_20151202153118f69.jpg

DSC02096_20151202153120d54.jpg

はーい!しばらく土曜夜の営業はお休みですってよー!
ツイッターも7月まで遡ったらようやくその情報を見つけましたよー!
つかできれば毎週土曜ごとにツイートしてちょうだいよ!

これで先月のKEN-1部員が推した『ら塾』に次いで、
2ヶ月連続で「推し麺」に選んだ店に振られるという異常事態!
これを機に一気に暴落する日経平均株価!大騒ぎの為替市場!

日本の財政を守るためにもすぐ隣りのコンビニ前でリカバリ会議を行い、
まずは本日ラストに向かう予定だった『純子』を前倒しすることに。

DSC02099_20151202153128f74.jpg

DSC02097_2015120215312721a.jpg

立川の駅から少し離れた三叉路の角地にあり、
先っちょの部分は幅1メートルほどの狭さになっていて、
そこには後ろ髪を巻き貝にした純子さん?のシルエットが描かれている。

そのとんがった部分に券売機を配したレイアウトになっており、
10席ほどのカウンターや厨房にはゆとりあるスペースが確保されているが、
iPadかスピーカーが不調なのかオシャレな曲ばかりのBGMが、
ところどころ途切れ途切れになりながら流れていて若干気持ち悪いね…!

厨房には紫煙をくゆらせ「やめてよ…こんなおばさんをその気にさせないで…」と、
しっぽりとした雰囲気を醸し出す純子さんはいるわけもなく、
痩せた小山田圭吾っぽいポロシャツ姿の店主さんが一人で切り盛り。

ちなみにいま登場した「妄想純子さん」は、
俺の中のキャスティングでは美保純さんです!みんなはどうかな?

メニューは「貝出汁ラーメン」「濃厚ホタテつけ麺」「まぜそば」と豊富にあるが、
一日限定20食というつけ麺もまぜそばも売り切れており、
問答無用で全員「貝出汁ラーメン」を頼まざるを得ないことに…!
せっかく大人数なのにちょっともったいないね…!

しかし手際よくサーブされた「味玉入り貝出汁ラーメン」のビジュアルに、
思わず純子さんを力任せに抱きしめたくなるほどテンションUP!

キラキラと油が輝く清湯スープはさらりと軽やかで、
飲んだ瞬間からはっきりアサリの旨味が広がる掛け値なしの「貝出汁」全開!

後味にはアサリだけでなく牡蠣っぽい渋みも感じられ、
さらにカエシや油にも貝類の旨味を移しているらしく、
まさに貝づくしの仕上がりにはラーツ部の市川貝十郎もうメロメロです!

そして麺は青梅の『いつ樹』で作ってもらっているという、
中細でしっかりカドの立ったストレートタイプがデフォルトなのだが、
お店のFacebookによるとこの日は特別に太麺も限定で用意されているらしい。

しかし『アンタイ』に振られたことで気が乱されていたのか、
せめて一人でも太麺にチェンジすればいいのに誰も頼まないという大失態!
これには投資家たちも失望の表情を隠し切れない様子!

しかし中細麺もさすが『いつ樹』謹製だけあって、
打ちたてのようなフレッシュさで程よい弾力をたたえていて、
噛むとパッツンと跳ねるような食感と小麦の香りも豊かで美味しい!
啜るたびに鼻に抜けるシェルスメルもたまりません!

具は部位の違う2種類を大胆に厚切りしたチャーシューと、
ふ菓子のような真っ黒いビジュアルが個性的な極太メンマ、
それに思わずトッピングした黄身がゼリー状の味玉。

そして何よりのトピックスはチャーシューの上にかけられた、
アサリの身がたっぷり混ざった「アサリペースト」!

これを溶かすとガーリックバターのようなコクとアサリ風味が増し、
さらにクリーミーな貝スープにバージョンアップするという代物!
これにはもう一軒あるのについ興奮してスープまで完飲しちゃいました!

純子さんの男のツボを知り尽くした絶妙なテクニックに、
すっかり骨抜きにされてヘロヘロのラーツ部一同…!

純子さん…次は指名するから名刺をください…!
角が丸くてカラーペンでひと言コメントを書いたあの名刺を…!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑名刺持参で次回は1,000円引き気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0093.jpg
↑青い海なんて大っ嫌いだ!
 夏は涼しい部屋でダラダラ過ごしたい、
 超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

北海道 恵比寿 Supported by 蔦亭@立川

DSC03693.jpg

2013年1月4日/北海道 恵比寿 Supported by 蔦亭/立川/
北海道味噌/750円


ラーツ部のチームPことぷっと部員と行く、
立川アレアレア・ラーメンスクエア巡りもついに佳境となりました!
(つってもたった二軒回って終わりだけど)

まずは『魚魚』でバリエーション豊かな一杯を堪能した後は、
次なるお店を決めるべく施設内をウロウロ、
しかしどうにも決め手に欠けて行ったり来たりすること数十回…!
(もちろん不審者と勘違いされ通報&バックヤード連行)

身分証明書を提示しながらの必死のアピールの末、
5時間後にようやく解放されてようやく二軒目に選んだのは、
「立川」にあるのに「北海道」の「恵比寿」という、
なかなかに頭のこじれる屋号の北海道ラーメンのお店。

DSC03692.jpg

さらに看板には「Suppoted by 蔦亭」と、
プロ野球ドラフト会議 Supported by 東芝みたいな仰々しいサブタイが付いており、
こちらが旭川の老舗店『蔦亭』とのコラボであることをアピールしている。
なんでも『蔦亭』は『恵比寿』店主のお父上のお店だったんだとか!

こちらもやはり集合施設のためかメニューが豊富で、
基本となる「北海道味噌」&「北海道辛味噌」以外にも、
ラクレットチーズのパウダーをたっぷり乗せた、
どことなく某九十九らーめん&田中義剛チックな「北海道チーズ味噌」や、
彩り豊かな炒め野菜をトッピングした、
某けやきにビジュアルが酷似した「野菜たっぷり味噌」などもある。

さらに鶏ガラ清湯スープの「中華ソバ」や、
豚骨スープの「夜鳴きソバ」などちょっと節操のないラインナップで、
券売機はちょっとしたカオスな状態となっている。

これまたしばらく各自が何を食うか迷ったが、
長い取り調べで憔悴しきっていたのかあまり頭も働かず、
全員なんとなくで券売機のボタンをポチッ。

大きな厨房を見渡せるカウンターにテーブル席も潤沢に用意され、
壁には北海道の観光ポスターがあちこちに貼られており、
北の大地のムードを醸し出しております。

店内に流れるBGMもやはり北海道っぽくビートルズで決まりだよね!
確か彼らは手稲区の出身だったっけか?

俺はとりあえず基本の「北海道味噌」にしたのだが、
三角錐の小さめな赤い丼に注がれたスープは、
店頭のPOP写真だともっと黒っぽい味噌色に写っていたのだが、
実物はほぼ茶色の淡いカラーリングをしている。

中華鍋で味噌と野菜とスープを炒める札幌方式のわりには、
なぜかそんなに熱々ではないのが不思議でしょうがないが、
甘めの味噌に山椒などのスパイスが軽く効かされた、
どちらかというと女性的なイメージの味噌スープに仕上がっている印象。

底に忍ばせた刻んだ生姜のかけらが少しずつ浮いてくると、
じわじわと味にジンジャリズムが席巻してくる。

そして麺は熟成させた玉子麺なのはいかにも札幌風だが、
ブリッブリの極太サイズなのがかなり個性的。

しかし麺の量に対してテボが小さすぎるためか、
ところどころ茹でムラでくっついちゃってるのが残念なところ。
じっくり泳がせなきゃいけないのは麺も犯人も一緒!

チャーシューは豪快に厚切りされたバラ肉で、
さらにサイコロ状にカットされたものもコロコロ乗っかっている。
ホロリと脂がとろけるようでこれはなかなか美味しい!

野菜は強火で炒めてシャキッとしたモヤシと少量のタマネギ、
メンマにはほんのりと鰹風味が付いていた。

DSC03694.jpg

ぷっと部員がオーダーしたのは「しん・塩」の味玉入り、
「しん」って何?新?それとも団しん也のしん?

クリーミーでシンプルな味付けの塩豚骨スープで、
なんとなく札幌の名店『五丈原』の「とんしお」を思い出す味。
今すぐ「チャーシューおにぎり」をデリバリーして!

DSC03695.jpg

いっぽうてらみん部長の「中華ソバ」は、
びっくりするくらい直球王道の豚骨鶏ガラ煮干し昆布の清湯に、
ポソッとした細ストレート麺を合わせたオールドスタイル。

家族で来店した際のお年寄りニーズってことなんかな?
いずれにせよ北海道の看板を掲げてる以上ムリしなくても…!

若干コンセプトがとっちらかった印象は拭えなかったが、
味噌ラーメンのクオリティは流石と感じさせられましたわ!

--------------------

ひとまず本日のプチラーツ部はこれにて終了!
いや~もうお腹いっぱい!なんもいらない!

でもまだ陽も高いしおしゃべりもしたいので、
ちょっと腹ごなしに駅の周りを散歩でもすっかね!

あれ?裏路地がなんだか賑やかですな…!
なんだか美味しそうな匂いもしてくるじゃないの…!
ちょっとだけ!ちょっとだけどんなもんか様子見てみる…?

2013-01-04-143146.jpg

2013-01-04-144818.jpg

気がついたら我々は昼間っから開いてる大衆酒場に腰を据え、
さっきまでもう隙間などなかったはずの胃袋に、
大量のアルコールとタンシチューを詰め込んでいたのでした…。

おそらくこれは霊の仕業でしょう…!
いや~正月早々恐ろしい体験をしたもんです!ウィ~ヒック!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑なんでも霊のせいにすんな!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0074.jpg
↑円の中心に蔵が建っているだけなのに、
 なぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!殿中にござる!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

立川中華そば 魚魚-Toto-@立川

DSC03689.jpg

2013年1月4日/立川中華そば 魚魚-Toto-/立川/
焦がし煮干しらーめん醤油/750円


男6人が正式メンバーのラーツ部の中で、
今や鮭児ばりのレアキャラと化してしまったぷっと部員。

某ショップの店長(もちろんこども店長)という職業柄、
土日がほとんど休めないため月イチの部活動にも参加できず、
悔しさとうらやましさのあまりラーツ部のメーリングリストで、
我々の部活動中に自分の生ケツを写メして送り付けてきたりするほどだ。
(これはまぎれもない実話)

しかし年末年始も働きどおしだったそのぷっと部員が、
ようやく今日から休みで麺遠征に出かけるとツイートしているではないか!

こちらとしてもまだまだ無精ヒゲ上等の正月休み真っ最中、
同じく予定のなかったてらみん部長も合流し、
急きょ新年一発目のプチラーツ部を開催と相成りました!

電車内で各自好みの女性を凝視しながらの会議の結果、
ちょっと遠出して立川アレアレアの「ラーメンスクエア」に行くことに。

DSC03685.jpg

冬晴れで富士山が眼前に見渡せる立川に到着するや否や、
脇目も振らずラーメンスクエアに直行すると、
中央の広場スペースを囲むように総勢8店舗が凌ぎを削っている状態。

施設内はなぜかアメリカンスタイルのデザインで統一され、
若干スベってる感は否めませんことよ!

DSC03686.jpg

ひとまず店頭のメニュー表を一軒一軒チェックし、
「まぁここは外せないわな」と3人の意見が一致したのが『魚魚』さん。

かつて部活で訪れたことのある立川本店でも、
完全無化調とは思えない気品あるラーメンを提供してくれていたが、
現在本店は完全に居酒屋として独立させており、
ラーメン部門をこちらの店舗に切り離したっつー形らしい。

メニューは集合施設だからかかなり多種多様に揃えており、
地産地消がモットーだという「立川中華そば」を筆頭に、
「焦がし煮干しらーめん」に「香味塩らーめん」、
さらに「トマトらーめん」に限定の「新潟味噌らーめん」と実に悩ましい!
こりゃひとりで来ないで正解だったわ!

誰が何を食べるか券売機前でかなり迷ったが、
ニボ蔵こと俺としてはやはり「焦がし煮干しらーめん」を、
そしてトリ蔵ことてらみん部長は「香味塩らーめん」を、
エロティックコマンドーことぷっと部員はデフォルトの「立川中華そば」を選択。

店内は白を基調にしたスッキリしたレイアウトだが、
やたらアルコール系のポスターが目立つのは、
やっぱ元々が居酒屋さんだからっつー流れなのかね?

それとも利益率の高いアルコールを呑んでもらうことで、
いかにも高そうなテナント家賃をペイするた(猟銃パーン!)

白濁した「焦がし煮干しらーめん」のスープは、
表面に煮干し粉のミックスされた厚い油の層があり、
みるみるうちに膜を張っていくほど濃厚!

100%純な煮干し+昆布で旨味を補正したダシに、
中華鍋でローストした煮干しを「追い煮干し」するという凝った手法で、
始めはその炒め油でマスクされてややオイリーな味わいだが、
徐々に深みあるニボい苦味に味蕾が開けてくるようになる。

煮干しならではの酸味やえぐ味も強く出ているが、
それを不快と感じないギリギリのラインで留めてあり、
上品さをも感じさせる着地点にいるのはさすが『魚魚』ですな!

胚芽とふすまをブレンドしてあるという、
細かいプツプツの目立つ細めのストレート麺はザックリしていて、
独特のボソリとした食感は日本蕎麦に近いイメージ。

茹で加減は自由に選べるらしいのだが、
かため指定くらいがこの濃厚スープには合いそうな感じ。

噛むたびに胚芽がプチプチと弾けるような感覚で、
小麦の素朴な香りが広がってまるで製粉工場にいるようだわ!
ほらほら!あたしを捕まえてごら~ん!ウフフウフフ!
(製造ラインの隙間を巧みにすり抜けながら)

チャーシューはこちらもローストしたような香ばしい風味で、
歯に仕事をさせるシャクシャクとした噛み心地。
対価として肉汁がジュージュー出てきてこりゃ旨いっすわ!

ニボ系ラーメンには定番のタマネギは軽く茹でてありいい箸休めに、
あとは柔らかいメンマと青菜が乗っかる。

ちなみに壁に貼られた「食べ方指南」のとおりに、
終盤は卓上の紅生姜を少し投入してみたのだが、
ちょっと酸味が強くて味が散ってしまい何だか良く分かんなかったわ!

DSC03688.jpg

こちらはぷっと部員の「立川中華そば」。

追い煮干しはせず純煮干しのダシのみで構成された、
動物系は完全不使用という清湯スープなのに、
鶏油の甘く官能的な香りも相まって物足りなさなど皆無!
魚類だけでこれだけ厚みが出るってすげぇな!

さらにぷっと部員は替え玉を固めで追加注文して、
麺の食感の違いを確かめるという研究熱心&食欲旺盛っぷり。
まぁ君の好きなように生きればいいと思うよ!

DSC03687.jpg

トリ蔵でもありシオ蔵でもあるてらみん部長の「香味塩らーめん」は、
なんと豊潤な鶏ダシに貝の旨味を効かせ、
仕上げにトリュフ油でまとめたという超異色作で、
繊細なスープの風味を殺さないためか具が別皿で供される。

こちらも鶏油がまるでバターのように甘くまろやかに効き、
喉を通すとトリュフ油の独特の官能的な香りが、
ふんわりと鼻に抜けていく絶品なスープとなっております!

相変わらずラーメンもハイクオリティだったし、
一度ぜひ本店のほうの居酒屋でも、
旨い肴でじっくり腰を据えて呑んでみたいもんですな!

その際はムサいラーツ部じゃなくてぜひ女子!女子を!
こうなりゃ手当たり次第にその辺を歩いてる女をナンパして誘(再び猟銃パーン!)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑マタギが狙ってる気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0070.jpg
↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!
 だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン荘 その先にあるもの@立川

DSC01337.jpg

2011年10月1日/ラーメン荘 その先にあるもの/立川/
ラーメン(麺少なめ)/700円


行こう行こうとは思いながら、
東京横断という手間と労力が必要なため、
二の足を踏み続けていた『その先にあるもの』。

しかしもともと一年間限定の出店と決まっており、
10月2日で「たま館」を卒業してしまうというじゃないの!
ということでその前日に駆け込みで訪れてみた。

ちなみに「ぜひ立川二郎と連食で!」という、
無茶な提案をしてきやがったラーツ部てらみん部長は、
罰として6時間電気アンマの刑に処します!
(あんがい喜ぶかもしんないけど)

DSC01336.jpg

閉店前最後の土曜日だし、
施設の目の前のJRAでは重賞もあるということで、
チャン・グンソクの握手会並みの行列を覚悟していたが、
まさかの空席だらけ状態でかなり拍子抜け。

せっかく行列中の暇つぶしアイテムとして、
文庫本を山ほど持参したというのに!
(すべてハーレクイーン・ロマンスと自己啓発本)

4店すべての施設に仕切りがなく、
バリアフリー状になっている「たま館」。
『その先…』はその左奥のスペースにあり、
辺りには醤油の煮詰まったかぐわしい香りが広がる。

メニューは「ラーメン」と「豚ラーメン」のみなのだが、
券売機のボタンをびっしりと埋める、
「その先にあるもの/100円」に圧倒される。
話によると単なる大盛りのことらしい。

しかし俺は気付いてしまった!
もう一度良~く見ると右下のボタンだけが、
「絶対に押してはいけないもの」となってるじゃないか!

かか、核のボタンがこんなところに!
戦争だ!宇宙戦争の始まりだ!
(自己啓発本をビリビリ破り捨てながら)

コップと箸、レンゲとおしぼりは、
券売機ウラの棚から自分で取るシステム。

「俳優になりたい!」「自転車で日本一周したい!」など、
店員さんおのおのの「その先にあるもの」が、
厨房の天井に手書きで掲げられている。

ちなみにボクの「その先にあるもの」は、
いつか安めぐみチャンと結婚したい、でーす!(手遅れ)

「ニンニクは入れますか?」
「お願いしやすめぐみ!」

「水中、それは苦しい」のジョニー大蔵大臣に触発された、
イカしたコール&レスポンスを経て丼登場!

DSC01338.jpg

サイドビュー。

もともと麺少なめにしてるし、
ヤサイ増しにしなければ常識的な量ね。

スープはサラッとした完全非乳化タイプで、
たっぷりの液体油&固形脂が浮かんでいる。

しかしこのスープがまた、
適度に臭みの抜けたフルボディの豚ダシと、
どこか人なつっこい甘みのある油、
そしてツンと立った醤油の香りが渾然一体となり、
非常にバランスも良くおいしいんだこれが!

特に濃いめに味付けされた、
プリプリの固形脂がまたクセになる旨さ!
思わずレンゲですくってそれだけで食べちゃった!

DSC01339.jpg

麺は中村吉右衛門ばりに、
存在感たっぷりの平打ちの極太サイズ。

太さが均一で豪快にうねっているので、
啜ってもなかなか持ち上がってきてくれない。

かなり固めでギシギシした独特の食感ながら、
粉の香りも噛みしめるたびに広がっていく。
確かに『富士○』の系譜を継いでいるのが分かるな~。

豚はモモ肉とウデ肉の2種類。
片や肉の繊維質がしっかり残る噛むタイプ、
片や脂身がトロリと溶けるタイプ。
いずれも当たり!

ヤサイはシャキシャキの茹で加減。
キャベツがザク切りで主張が強い食感。

麺少なめなので終盤苦しむこともなく、
おいしいテンションのままで食べ切ることができた。
もう無謀に戦うトシじゃござんせんし!

DSC01340.jpg

最終日も近いということで、
店員さんがキーホルダーを手売りしていたので、
思わずいっこ購入しちゃいました。
麺撮影用のデジカメにでも付けようかな。

いや~最後の最後に来られて良かった!
ラーメン一杯700円に対して、
電車賃は1200円以上かかってっけど気にしなーい!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑まじんのおのようこ気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

UMA@西武立川

DSC00141.jpg

10年10月16日/UMA/西武立川/
極UMAつけめん並盛/850円


もっちりつけめんを堪能した後は、
武蔵村山市直営の温泉施設で、
お湯まみれになろうと企てたラーツ部一同。

しかしこの日は秋祭りだか何かで、
施設内でフリマや野菜の直売が行われており、
当然温泉もどえらい混みよう!

そこで急遽予定を変更して、
八王子の昭和の遺物みたいな健康ランドで、
しばし入浴&休憩&爆睡&昇天。

閑散とした宴会場で、
同じ人間にばかり当たるビンゴ大会を見学、
なんとも言えないわびしい気持ちで、
日が暮れたころに再び立川へ。

ラーツ部夜の部一発目は、
パイ包みのつけめんで名を馳せた、
あの『UMA』に行くーえむえー!

積年のリベンジに燃える心で、
思わずアソコ(目)を充血させる部員たち!

というのも今年2月の部活で訪問した際、
まさかの1周年記念日に当たってしまい、
その日は特別限定メニューのみという、
遠征組にはショックのでかい目にあったのだ。

もちろん狙いはパイ包みの、
「極UMAつけめん」であるわけでして、
泣く泣くその日は入店を諦めたのでした。

恐る恐る駐車場に車を停め、
熟練のピーピング技術を発揮して、
外から券売機をのぞいてみると…。

大丈夫!まだ「極UMA」残ってる!
ということでようやくリベンジ達成~!
満席のためしばらく外で待つ。

DSC00139.jpg

だだっ広い空き地の中にぽつんと、
トレーラーハウスを改装した、
独創的な店舗が設置(駐車?)されている。

ここは以前も確か立川で、
バーか何かの間借りで営業していたはず。

実店舗は持たない主義なのかしら?
宵越しのウワモノは借りないんでぃ!

若干テンパってる感じの店主と、
妙に若そうな(10代?)女性店員2名の、
3人体制でパタパタ回している。

出来上がりをボンヤリ待っていると、
目の前に突然東京ドームが出現!

DSC00142.jpg

ドームは熱々に焼け膨れている!
ってことはこの中には、
逃げ遅れたクロマティや篠塚や中畑や山倉が!

たいへん!みんなの命が危ない!
慌ててドームを破って救助しようとしたら…。

DSC00144.jpg

つけ汁でしたー!
(ジャカジャカジャーン)

つけ汁の器をパイ包みにして、
オーブンで焼くという、
非常に手間のかかる工程を踏んで作られる。

そのつけ汁は定番の豚骨魚介ながら、
いわゆるベジポタも混ぜているそうで、
まろやかなタッチで非常に上品。

パイ自体もモチモチでおいしいので、
ちぎってつけ汁に浸して食べてもアリ。

麺は打ち立てなのか新鮮で、
ツヤツヤのピカピカに輝いている。

適度にムッチリした弾力と、
滑らかな喉越しがあり非常に好み。
連食でなければ中盛いってたな~。

チャーシューは柔らかでジューシー。
ぷっと部員の頼んだ「MEGAチャーシュー」に至っては、
iPhoneくらいの大きさの、
どエライ肉塊がズドンズドン乗っていた。

しかし食後、
車に乗り込むぷっと部員の顔が、
どうにも濁っていて冴えない。

よくよく話を聞いてみると、
なんとつけ汁にカエシが入ってなかったらしい!

断って入れてもらおうとしたらしいのだが、
あまりの厨房のパタパタぶりに躊躇、
仕方なく卓上の醤油を入れて、
味をごまかして食べたのだそうだ…。

ということでたった一人、
完全なるリベンジは果たせない部員が…。

カエシ入れ忘れって!
テンパるにも程があるでしょ!
もうちょっとゆとりを!大人の余裕を!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ゆとり世代気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば 喜奴屋@武蔵砂川

DSC00127.jpg

10年10月16日/中華そば 喜奴屋/武蔵砂川/
中華そば(醤油)/750円


毎度!
けしからん部活ことラーツ部です!
優木まおみの入部希望!

今月は西東京にエリアを絞り、
気になるアノ超有名店の新業態店とか、
驚きのマル秘仰天つけ麺などを一挙大公開!
チャンネルはそのまま!

(しかし低視聴率でスポンサー撤退)

まず一軒目に選んだのは、
10時半から営業しているという、
森田健作的早起き体質の『喜奴屋』。
(哀川翔的でも可)

こちらも負けじと早起きして、
開店時間と同時にアターック!

DSC00125.jpg

「中華そば」とは掲げているものの、
店頭には「食肉卸・千葉ミート」の看板が。

元々は精肉業らしいのだが、
並行してラーメン店を営んでいるそう。
ってことは肉には期待できるんでねぇの!?

意外に年期の入った店構え。
良く言えば「味がある」って感じで(凸)。

L字型のカウンターがメインだが、
店の向かって右側に民宿や合宿所みたいな、
無機質なドアが等間隔に並んでいて、
その奧には小上がり席もある様子。

「中華そば」や「つけめん」は、
それぞれ塩か醤油か、
細麺か太麺かをチョイスする。

ここは部活の真骨頂!ということで、
相変わらず全員バラバラに注文。
ちょっとずつ分け合うの仲良しだから。

妙にバカでかい丼で、
オラの担当・醤油の「中華そば」が登場!
しかし立ち上るのは魚介の香り!
お、おにくやさんなのに…?

実際に動物系は控えめで、
煮干しと鰹が強めに効いたスープ。
油も少なめですっきりした後口。

例えればすごく優しくシフトした、
『永福町大勝軒』ってイメージかな?

艶があり半透明の細麺は、
熟成してしっかりしたコシがある。
200gでもスルスル入るね。

唯一精肉業としての、
ミートアイデンティティを伺い知れるのは、
厚さが軽く1cmはあるであろう、
皮付きの巨大バラ肉チャーシュー。

トロトロ過ぎずガッシリ過ぎず、
ほどよく固さを残した具合で、
噛むたびに肉の旨味がしっかり出てきて、
さすがこの辺はミートマン!

メンマとほうれん草は、
遠慮なく忌憚なく山盛りなのが嬉しい。

デフォで付く味玉は、
プチュッと黄身が飛び出るほど、
完全に半熟未満の柔らかさ。

他の部員の「塩」や「油そば」も味見。
いずれもじわりと旨味が効く、
さっぱりした味わいで癒される。
特に焦がしネギのアクセントが面白い。

眠った胃を叩き起こすには、
ちょうどいいさっぱり系の一杯でした。

CMのあとは!
アノ超人気つけ麺店が勝負をかけた、
驚きの新業態店のオープンを密着大追跡!

麺に隠されたマル秘技術とは!?
そしてつけ麺には初めてトッピングされた、
超絶品のアノ食材の正体は!?
真相は90秒後!お楽しみにー!!!

(パチンコと法律相談所のCMエンドレス)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑メディア不況気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

太陽堂@西立川

DSC08240.jpg

10年2月20日/太陽堂/西立川/
醤油らーめん/690円


『魚魚☆Rarmen』で、
上品な一杯を堪能したあと、
通報レベルでウォウウォウ叫びながら西武立川へ。

「おい!パイ食わねぇか?」と、
onちゃん着ぐるみ姿でてらみん部長が言うので、
パイ包みのつけ麺で有名な『UMA』に向かう。

トレーラーハウスの店舗に着いたと思ったら、
我々の眼前に衝撃の貼り紙が!
「本日つけめんありません」

なんでも移転一周年を記念して、
本日から3日間限りで大幅プライスダウン。
そのためラーメン類のみの提供なんだとか。

や〜持ってるわ!俺持ってる!
ここまでくると持ってるっつーか憑いてる!?

風大左衛門のような涙を流しながら、
パイが食えるその日まで『UMA』は諦めることに。
同じく立川で候補だった『太陽堂』に予定変更。

それにしても西立川、
壊滅的にコインパーキングがない!
グルグル探し回ってようやく停めたが、
地元民はお構い無しに路駐の嵐…。
これは店舗で駐車場確保しないとまずくね?

おもちゃやポスターがそこかしこに並び、
秘密基地的な雰囲気の店内。
愛想のいいお兄ちゃん二人で厨房を仕切っている。

ここは「青葉インスパイア」な、
先行イメージがなんとなくあったのだが、
出てきた「醤油らーめん」は、
『青葉』をさらにブラッシュアップしたような一杯。

まろやかな鶏をベースに、
魚介が自由奔放に暴れているかのよう。
煮干しの苦味が強く効いていて、
ちょっとビターな大人のWスープといった印象。

麺は細めで適度なポキポキ具合。
コシも適度でのど越しがいい。
130gと量はやや少なめ。

チャーシューは供された時点で、
すでにほろりと崩れている。
ロース肉でしっとりと柔らかくおいしい。

タグ部員の「塩らーめん」も味見したが、
こちらもバジルを効かせたオリジナルな味。
予想以上にレベルが高くて、
パーキングまでの距離がムダにならなくてひと安心。

さ〜ひと段落して小平の温泉だ!
早く全裸になりたい!
濁った液体に裸体をプカプカ浮かべたい!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ほ〜ら潜望鏡だよ〜気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

魚魚☆Rarmen@立川

DSC08237.jpg

10年2月20日/魚魚☆Rarmen/立川/
鶏鯛醤油すーぷ麺/780円


おまっとさんでした!
あなたの街の宣伝本部長・ラーツ部の登場です!

どうでもいいけどアド街の、
「○○コレクション」に出てくる50人の女性って、
良く見ると赤点レベルも混じってるよね!

と、誰も得しない暴言を吐きながら、
今月は西東京エリアの気になるお店に出・没!

まずは立川の街外れにある、
居酒屋の昼の部をラーメン専門店にしたという、
『魚魚☆Rarmen』へ。

店の雰囲気は完全に居酒屋。
全国から旬の魚や地酒を仕入れてるみたいで、
手書きのメニュー表を見るだけで、
左党のハートはキュンキュンしちゃうわ!

店頭には2メートルはあろうかという、
「赤矢柄」のアラが飾られている。
圧巻!でも怖ぇ!

メニューが色々あるので、
部員全員でバラバラに注文。
ぷっと部員は偶然一日限定メニューだった、
「猪骨すーぷ麺」をチョイス(2,000円!)。

ワタクシは基本の「醤油すーぷ麺」。
鶏と鯛のダシを合わせたそうで、
ひと口めから強烈な鶏びんびん物語。

カエシも強めでキリッとしたシャープな味。
鯛の風味はあまり前には出ていない。
より純粋に鯛を楽しみたいのなら、
てらみん部長の頼んだ「塩すーぷ麺」の方がベター。

麺は府中の『麺創研かなで』とのコラボ。
エッジが立った平打ちタイプで、
摩擦感が一切なくツルツルで滑らか。

程よく弾力があり歯ごたえもいい。
かなりのハイレベルな麺ですな~。

具はチャーシューと穂先メンマ。
チャーシューはがっしりと筋肉質で、
肉食ってる!と実感できる野趣あふれるもの。

味見させてもらった「猪骨すーぷ麺」は、
味噌仕立てでクリーミーなのだが、
後味が明らかに豚骨と違う。
かなりのワイルドっぷりで面白かった。

麺のポテンシャルが相当高いので、
こりゃ夜の部にも呑みにこないとダメっしょ!
立川は遠いから泊まりで!
ビジネスホテル手配して!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑執念の呑み気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (131)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報