厚木家@厚木

DSC03145.jpg

2016年5月21日/厚木家/厚木/
ラーメン+野菜畑+半ライス/640円+100円+100円


このたびマルイファミリー海老名さんからオファーをいただいて、
この土日は1階店頭で行われるアートクラフト系イベントで、
キテレツTシャツを販売させていただいております!

初日は地元エビナーのお客さんにも多数来ていただき、
「なんでこんなとこで悪意さんがTシャツ売ってるんですか?」と、
励ましのお言葉もたくさん頂戴いたしまして感謝感激です!
意外とウチって神出鬼没なんですのよ!ウフフフ!

わざわざ家に帰るくらいなら泊まっちゃったほうが楽だということで、
近隣の三つ星ホテル(カプセル)を押さえてあるので、
今夜は自由気ままにラーメン行脚をエンジョイするのであります!

まずは8年ぶりと久々に訪れたレジェンド店『中村屋』さんで、
さすが神奈川淡麗系の雄!とヒザを叩くような一杯を堪能、
お次はやっぱり神奈川に来たら家系ラーメンも食べなきゃね!ってことで、
あの『吉村家』の直系ノレン分けである『厚木家』さんに向かいます!

DSC03144.jpg

246沿いにあるパレスのような3階建てのビルの壁に、
堂々と「吉村家直系」の文字を掲げながら営業中。

20台分ある駐車場が運良くひとつ空いていたので、
すかさずゲットしてルンルン気分で2階へ続く階段を上がると、
厨房を三方から囲むカウンター席は家族連れでごった返しており、
さらに背後霊行列も20人オーバーとさすがの人気っぷり。

客捌きは20年後のあばれる君っぽい風貌の店員さんが担当しており、
それぞれから飛び交う麺の固さや味の濃さなどのお好みから、
トッピングの仕込みにごはん物などサイドメニューの配膳と、
すべての作業を完璧にこなしていてその記憶力には感心するばかり!

その厨房に置かれた巨大な寸胴は常にスープを継ぎ足しながら、
別の若い店員さんが鉄製のヘラで常に全力でかき回し続けている。
叶うものならば俺もあそこに入ってかき回されたい!(叶いません)

メニューは「ラーメン」一本だが本店譲りの豊富なトッピングが売りで、
その中からラーメン食べ歩き組にはありがたい「野菜畑」をチョイス!
もちろん半ライスを添えるマナーも忘れてはおりませぬ!

ちなみにこちらは店内のあちこちに「写真撮影禁止」と書いてあるが、
サーブ時に店員さんに断れば1枚だけ撮ることが可能。
こんな時にピンボケしやがったら投げ壊すからなソ○ニーのポンコツデジカメが!

数ある直系のお店の中では珍しくまるで味噌汁のような、
淡い色合いをしたスープはその見た目通りマイルドな口当たり。

カエシも鶏油もお好み「普通」指定だとかなり控えめの設定で、
その分豚骨や鶏ガラのダシの味わいをとことん楽しめるようになっていて、
これはこれでまた異なるアプローチの家系ラーメンで面白おいしいね!

麺はもちろん直系御用達である酒井製麺の中太タイプで、
であればもちろん水を飲むかの如くナチュラルに「麺やわらかめ」でオーダ。

飛び交う「かため」オーダのものより2分ほど長く茹でられていて、
もはや歯ごたえなど存在しないデロンデロンの食感なのだが、
このほうが麺そのものの甘みや風味を感じられて俺は大好きですけどね!

ファッション感覚だけで「麺かため!」って言ってるやつには、
いつか滔々と説教してやりたいですね!相席居酒屋で!

そして初めてトッピングしてみた「野菜畑」は驚くほどのてんこ盛りで、
注文が入るたびにちゃんとその都度茹でているので、
そのシャキシャキとした食感は新鮮そのもので美味しい!

内訳はキャベツ、もやし、ほうれん草、ニンジン、ニラ、ネギで、
クッタリした麺と一緒に頬張ればコントラストがなんとも楽しいね!

その野菜に隠れてどこにいるのか分からないチャーシューは、
スモークはされているものの脂身のそこそこ付いた部位。

肉の歯ごたえと脂身のトロトロのバランスが実に良くて、
刻み生姜を乗せた半ライスをバクバク食べるには最適ですな!

やはりその辺に乱立するしょうもないチェーン店とは異なり、
直系のお店は人を興奮させる素養がケタ違いなので、
連食にも関わらずハイテンションで完食しちゃいました!あぁ旨かった!

大満足のまま予約していたカプセルホテルにチェックインしたのだが、
そこはパチンコ屋や消費者金融などゲスい店ばかり入った雑居ビルで、
建て付けが悪くて常にカプセルは震度2くらいで揺れてるわ、
4階にあるはずなのに外の喧騒が丸聞こえだったりと壮絶な宿泊環境…!

写真 2016-05-22 7 06 43

しかも見てよこの布団!写真で分かりますかね!?
縦幅は2メートル以上あるのに横幅は50センチくらいしかないの!

寝返りをうつたびに全部はだけちゃう意味の分からない布団では、
もちろん一睡もできるはずもなくそのまま朝を迎えてしまい、
イベント最終日をどう乗り越えたのかほとんど記憶がございません!

皆さんもホテル代のケチり過ぎにはくれぐれも注意ですぜ!
あと布団はちゃんと4:3くらいのやつを使いましょう!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑あの布団どこで売ってるんだろう…気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0086.jpg

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツ!
 目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

厚木 本丸亭@本厚木

DSC06126.jpg

2014年8月19日/厚木 本丸亭/本厚木/
本丸塩らー麺/850円


憧れの月亭方正さんの気分を少しでも味わうべく、
ひとり「ドライブ A GO GO!」としゃれ込んでいる休日。

残念ながら『隠國』には夏休みで振られてしまったものの、
ずっと宿題店であった『ZUND-BAR』で絶品塩ラーメンを堪能し、
七沢温泉郷の入口にある『七沢荘』でまったり温泉タイム。

絶妙な高さで水面から胸元を覗かせて強調しながら、
「はぁ~温泉って気持ちいい~」的なリラックスした表情を見せる、
オンリーのカットを収録したらいざ夜の部へ!
(撮影のためバスタオルを着用しています)

まずは1時間ほど走って本厚木まで戻ってきて、
かつてカナブン似の福留さん司会のラーメン特番で見事1位を獲得し、
パニックが起こるほどの大行列を作ったこともある、
今やレジェンド的なお店となった『本丸亭』に初訪問でございます!

DSC06125.jpg

やたら車通りの多い601号線沿いに店はあり、
なんでも数年前にはハンドルミスした車に突っ込まれて、
店舗が破壊されて長期休業に至ったこともあるらしい。

なんとなく個人経営のようなイメージだったのだが、
「チームボンズ」という会社のプロデュースに業態変更した様子。

基本的にはバイトっぽいお兄ちゃんとお姉ちゃんの二人が厨房にいて、
注文が入るたびに「師匠!お願いします!」な感じで、
奥から作務衣姿の店主さん?がその都度登場する。

確か以前は仙人のような風貌だったはずだが、
今は立派なおヒゲも無いし同一人物なのかどうかは、
人の顔を覚えるのが大の苦手の俺には判別不能です!

メニューは以前と変わらないようで基本は「本丸塩らー麺」、
そこに激辛の赤丸ダレや鶏つくね、
海老ワンタンなどのトッピングによるバリエーション。
まぁ初訪だしここは「本丸塩らー麺」でいっとくしかないでしょ!

「これはどこの店のラーメンでしょうか?」と丼の写真を出されたら、
ラヲタ100人中99人が正解できるであろう、
春菊をセンターに配したビジュアルはやはり唯一無二。
(ちなみに不正解の1人はラヲタに紛れ込んでいた越後侍)

塩味が基本のスープは鶏がじんわりと香る清湯ダシで、
後味にかすかに焼きアゴなどの魚介風味が広がる。

さらに細かく刻んだ春菊の茎が散らされていて、
その独特の苦味が絶妙なアクセントになっている。
塩加減もほどほどで五臓六腑に染み込んでいくように旨いわー!

麺は太さの異なるものをミックスしていて、
手打ち風に仕上げた太ちぢれタイプで、
じっくり中まで茹でられているのでうっすら透き通っている。

唇をプルプルとドラミングするような啜り心地と、
コシがあってモチモチもっちりとした食感は、
北関東から東北あたりの手打ち麺にイメージが近く、
あっさりしたスープとのコントラストが楽しゅうございます!

チャーシューはいかにも旨そげな分厚いバラ巻きが2枚で、
ふっくらとした肉身ととろける脂身のバランスが素晴らしい!
プリッとした海老入りのワンタンもいいね!

そしてスープが熱いうちに沈めておくのを勧められる春菊は、
適度にしんなりしたタイミングで食べると、
塩味の寄せ鍋とかちゃんこ鍋を思い出すイキフンに。
まぁ千葉ロッテの今江選手には絶対食べられないと思うけど!
(今江選手は春菊が大の苦手です)

火曜日の浅い時間だったからかガラガラだったけど、
まだまだベテラン扱いされるには早いと思うけどなー!

食後は引きの画で店内の全景とともに、
店主さんと和やかに談笑しているオンリーのカットを収録し、
いよいよ本日ラストのレジェンド店に向かいますよー!
(撮影のためバスタオルを着用しています)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑タオル一丁でメシ食うな気分でポチッと押してくださいませ~

akpk-0003.jpg
↑九角形という半端な図形の「悪」マークが
 「別になくてもいい」という逆説的なアイデンティティーを表現。
 『悪意1000%セカンダリーロゴパーカー』完全復活!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ZUND-BAR@厚木市七沢

DSC06122.jpg

2014年8月19日/ZUND-BAR/厚木市七沢/
煮玉子らーめん(塩・まろ味)/870円


5月から続いていたイベント出店ラッシュもひと段落し、
森田健作でもないのに早朝からスッキリ目覚めたある日の朝。

カーテンを開けば眩しいくらいの晴天で、
青い空にモクモクとそびえる入道雲が、
まるで俺を遠くへといざなうかのように広がっている。

よーし!じゃあ今日は一日だけ夏休み!

仕事ばかりで使ってた愛車でちょっとドライブして、
神奈川あたりの宿題店を片っ端から攻略する、
一人ラーメン&温泉ツアーとしゃれこもうじゃないか!フー!最高!

さっそく着替えやタオル、ナース服一式など、
お風呂で使うグッズを車に積み込んで東名道をひとっ走り、
免許も車も持っていなかった頃にはまず諦めていた、
相模原の奥の奥でひっそり営業する『隠國』さんへと向かいます!

DSC06114.jpg

『隠國』があるのは周囲に飲食店どころか民家もまばらな、
工場や倉庫が密集した恐ろしいほど目立たないエリア。

まさに隠れ家のような雰囲気の中でラーメン食えるなんてね!
片道2時間近くかけて走ってきた甲斐がありますねー!

DSC06116.jpg

DSC06117.jpg

ありませんでしたねー!!!

のっけからいきなり夏季休業にぶち当たるという、
ガラスのハートがバラバラに砕け散るような惨劇と、
渋滞を乗り越えた疲れと空腹からくるイライラでおかしなテンションに。

一発目の「ズン!」だけで喉が枯れるくらいの絶叫で、
「きよしのズンドバー節」を即興で歌いながら即座に移動、
向かったのはもちろん七沢温泉郷の入口にある『ZUND-BAR』です!

DSC06120.jpg

こちらはあの神奈川淡麗系ラーメンの旗頭といえる、
『中村屋』店主のお兄さんが経営しており、
都内にあまたある『AFURI』の総本山的な位置付け。

DSC06123.jpg

古い一軒家住宅を改装した渋い店舗のすぐ横には、
清涼な小川がサラサラ流れていたりと、
都会の喧騒をしばし忘れるアーバンライフ溢れる雰囲気で、
嫌が応にも夏休みらしい気分になってまいりました!

店内も屋根裏まで吹き抜けになった開放的な空間で、
薄暗い雰囲気に凝りに凝った装飾が施され、
周囲の牧歌的な景色とは裏腹のBARのようなオシャレな造りで、
店員さんたちもハキハキとした接客が気持ちいい。

ジョカノと七沢温泉でくつろいでから夜に呑みに来たりしたら、
それこそ俺のズンドバーも黙っちゃいねえってもんです!

メニューのキモは「らーめん」の醤油と塩、
「柚子らーめん」に「柚子辣湯麺」に「つけ麺」と揃い、
さらに具をご飯に盛り付けたスタイルの「ZUND-BAR CLASSIC」などなど。
スープを「淡麗」と鶏油を加えた「まろ味」から選べるのもお約束。

ステンレスの器でサーブされるそのビジュアルは、
まさに『中村屋』や『AFURI』とルーツを同じくする神奈川淡麗系。

鶏と魚介、昆布でじっくりダシを取ったスープは、
実に喉越しが良くすっきりとした飲み口で、
引いてはその根本にある水の良さまで感じさせる清らかさ。
まったく丹沢水系先輩ハンパねえっす!

「まろ味」にすると揚げニンニクが香る鶏油が浮かべられて、
その香ばしさとコク、まろやかさがダシ感をより一層引き立てる。

九州ラーメンにも近い細めのストレート麺は、
店の奥の製麺スペースで生産される自家製打ちたて。

低加水で初めは粉の質感のあるサクサク食感で、
後半はスープを吸ってしっとりと表情が変わってくる。

チャーシューは柔らかいバラ肉を巻いたもので、
炙り具合が絶妙で焦がしの風味がちょうどいい感じ!

味玉もやり過ぎない程度の半熟なのがかなり好みで、
さらにポリポリとした細切りのメンマに新鮮な水菜、
海苔も含めて具も過不足なく揃っていて満足値は高い。

何よりそもそも昼は2杯食べるつもりで胃袋を開けてきたので、
スープの一滴までキレイに平らげちゃいました!

DSC06124.jpg

食後はせっかくなので七沢温泉の日帰り入浴も可能な宿、
「七沢荘」の広々とした露天風呂でまったり。

まるで昆布ダシにでも浸かっているかのような、
濃厚でトロトロとした強アルカリ性の温泉で、
『飯田商店』のつけめんの麺ってこんな気分なんだと実感しましたよ!

ヌン!ヌンヌンヌンヌル!き!よ!し!
(きよしのヌンヌル節)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ズンドコ節気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺や食堂@本厚木

DSC06184.jpg

09年4月25日/麺や食堂/本厚木/
味玉そば/780円


毎度おなじみ月に一度のラーツ部遠征。
今月は正直仕事が詰まってて参加できるかどうか微妙だったが、
たまった作業をスポーン!と投げ出すことでムリヤリ参加!
ダメ人間じゃん!

今月は神奈川方面へいざ出陣でおま!
あまたある候補店の中から、
まずはかつて『ブラジル』という謎の屋号だった店へ向かう。

店内は昔のホーロー看板やジュースの瓶が並び、
会計スペースでは駄菓子を販売と、
まあいわゆるちょっとアレな演出方法(凸)。

しかし頼んだ「味玉そば」はビシッと正統派!
鶏ベースで昆布かな?が効いた醤油スープは、
じわりじわりと舌に旨味が押し寄せる。
油にも頼っていないので飲み口もクイクイと軽いっす。

粉の質感が感じられる極細のストレート麺は、
まるで博多ラーメンのような雰囲気。
こういうスープにこの細麺を合わせてくるのは珍しいですな。

ムチッとしたチャーシューやまろやかな味玉もおいしい。
具にもぬかり無し!

接客面も含めてかなり優等生な印象の店でした。
メガネ姿の学級委員って感じ?もちろん女子の!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑メガネ学級委員気分でポチッと押してくださいませ~

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

小林屋@厚木妻田

絨

08年7月1日/小林屋/厚木妻田/
ねぎ味噌ラーメン+半ライス


レッドバズーカ事務所夏のイベントに向けて打ち合わせしたあと、
中井くんが最近よく行くという店で全員で晩飯。

いかにも郊外店らしいだだっ広い造り。
店の奥のトイレに向かう途中、
従業員用の仮眠室があったのだがすっげー雑然としていた。
浪人生の部屋みてぇ(凸)!

「味噌ラーメン」にネギをトッピングしたのだが、
てっきり辛いタレで和えてあるやつかと思ったら、
ただの白髪ネギの山でちょっと肩すかし。

スープは麦味噌の香りが程よい。
濃厚さはなくさらりとした口当たり。
黄色いプリプリの中細麺はスープとの絡みもなかなか。

そして何より目立つのは極厚のチャーシュー!
2cm近くあるんじゃなかろうか?
片面をフライパンでソテーしてあるので香ばしい。
これだけでご飯のおかずになりますね!

味玉がデフォルトで入っているのはありがたいが、
玉子が古いのか変な臭いがするのがかなりマイナスポイント。

腹こわしたらどうするつもりだ!
たむけんよろしく正装で謝罪できるのか(時事ネタ盛り込み)!

意外とボリュームがあるのでフーフー言いつつなんとか完食。
ちなみに中井くんは味噌チャーシューメンに大ライスまで頼んでしまい、
さすがにウンウン言いながら苦しみ食いしてました(凸)。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑食べ過ぎ注意!気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (131)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報