ラーメン専門 くぼ田@西武柳沢

DSC01851_20151015162428c5e.jpg

2015年9月10日/ラーメン専門 くぼ田/西武柳沢/
味玉ラーメン/850円


※すでに閉店してしまったお店のレポです
 当時のアーカイブとしてお読みくださいませ

この世はいつだっておしなべて一期一会、
縁あって出会うものもあれば出会わないまま終わるものもあり、
特に短期間で店舗が増えては減ってを繰り返すラーメンなら尚更のこと。

皆さんにもなかなか行けないままの「宿題店」があると思うが、
俺の中での横綱クラスの宿題といったら『くぼ田』だった。

そうは言っても江東区から西武柳沢って相当不便で、
なかなか行くチャンスも無いまま宙ぶらりんが続いていたのだが、
なんと9月14日をもってその『くぼ田』が閉店してしまうというではないか!

先日もコンビニでどストライクな女の子のグラビアが雑誌の表紙で、
「明日買いに行こうっと!」と翌日見たらもう売り切れていたという、
貴重な一期一会を逃したばかりなので今回だけはなんとしても食べなくては!

それにしてもあの娘なんてコだったんだろ!
せめて名前くらい腕にでもメモしときゃよかったよ!ちくしょう!

DSC01849.jpg

駅前にロータリーどころか道そのものが存在していないため、
車両が一切入れないというハードコアな西武柳沢駅の北口から、
富士街道を2分ほど歩いてふと路地のほうを見ると、
何やらなんの変哲もない一軒家に人だかりができているのを発見。

あれがひょっとして…?と恐る恐る近付いていくと、
やっぱりここが片道1時間かけて目指した『くぼ田』じゃないですか!

閉店特需でかなり混んでいるという話は聞いていたけど、
街には誰も歩いてないにも関わらず12時半で10人以上の大行列!
台風の影響で多少は空いてるかと思ったら完全に憶測が外れたわ!

DSC01848.jpg

DSC01850_20151015162426329.jpg

せっかくここまで来たので大人しく並ぶしかないのだが、
降りやまない雨と昨夜はずみでピキッとやっちゃった腰の痛み、
そして容赦なく短パンの足を襲うヤブ蚊とバラエティに富んだ地獄の数々…!

さらに真後ろに並んだ奴が「ウエッ!ウエッホ!」と、
10秒に一度かなり耳障りな咳払いをエンドレスで続ける始末…!
邪鬼か!お前は俺を苦しめるための邪鬼か!

それでもなんとか必死に耐えながら待つこと80分、
ようやく入店した頃にはもうだいぶメンタリティーがヤバくなり、
危うく白目を剥いて倒れるところでしたぜ旦那…!

さてお店はトタン造りの木造家屋を改装したような素朴な造りで、
ニッポン放送が薄く流れる店内はコンパクトな漆黒のカウンター5席で、
マスク姿の窪田店主がたった一人マイペースで黙々と作業している。

調理の合間にカウンターの台布巾を水洗いしたり、
お冷やのポットに冷蔵庫からローソンから買ってきた氷を足したりと、
とにかく所作のひとつひとつがスローリーで丁寧なのも、
ここまで行列が進まない大きな理由なんだろうね…!

でも常連らしき先客が食べ終わりに「お疲れ様でした!」と声をかけると、
照れ臭そうに会釈してたりしてきっとシャイなんだろうなー!

メニューは「ラーメン」「塩ラーメン」に味玉トッピングのみと、
お店の雰囲気そのものと合致する超シンプルな構成。

注文のたびにチャーシューを切りネギを刻みしっかり湯切りして、
並び始めから待つこと95分でようやくご対面した「味玉ラーメン」は、
真っ赤な縁取りに龍が舞う丼に整然と並んだ具材が、
これぞ「日本のラーメン」として額装したくなるほど美しいビジュアル!

スープは無化調で豚骨鶏ガラの動物系を下地にして、
鰹や昆布などの魚介系を加えた極めてオーソドックスな構成ながら、
じわじわと舌に波紋のように広がる淡い旨味が押し寄せてくる。

醤油ダレや油などの味付けも必要最低限に留めていて、
店主さんが「これが『出汁』ですよ」とマスクの奥で微笑んでいるような、
とにかく上品でどこまでも澄み渡った味わいは、
長かった行列のつらさをひとつ残らず払拭してくれます!

麺は話しによると三河屋製麺のものだそうで、
色が黄色くクラシカルな雰囲気をたたえた中細ちぢれタイプ。

極めてオーソドックスな佇まいながらも啜り心地もよく、
加水率やや高めでしっとりとした噛みごたえは決して安っぽくなく、
スープの乗りもいいので夢中でズルズル啜っちゃうくらいいい感じよ!

具で特に目立つのは大きなバラ巻きチャーシューで、
薄切りなもののしっかりタレが染みていて柔らかい。

さらにトッピングした味玉も熟れに熟れまくっていて、
ねっとりとした黄身の妖艶さは10代のみぎりだったら悩殺されちゃいそう!

ベテラン臭漂うオーラから感じ取れる雰囲気からして、
おそらく「閉店」イコール「引退」なんだろうなーと空気が伝わってきて、
最終営業日の14日の翌日に大きくバッテンが書かれた、
厨房のカレンダーが妙に切なく感じられちゃうよね…!

なぜ無理してでもこの名店に早く行かなかったのかという罪悪感と、
それでもなんとか最後の最後に味わえたという高揚感とで、
食後は何だかメンタルが変なモードに入っちゃって、
思わず白目を剥きながら倒れそうになっちゃいました!

ともかく長らくの営業本当にお疲れ様でした!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑邪鬼も旨そうに食ってました気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0070.jpg
↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!
 だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店@ひばりヶ丘

DSC02131.jpg

2012年4月2日/ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店/ひばりヶ丘/
ラーメン(麺少なめ)/650円


毎年この時期の恒例行事である、
4コマ系の漫画家さんが一同に介する花見大会in豊島園に、
今年も何食わぬ顔してシレッと参加する。

かつては細々と連載などもさせていただいていた身だが、
今やそんな雑誌など一冊も持ち合わせていない立場にも関わらず、
Gペン片手にベレー帽&パイプという、
漫画家のステレオタイプにも程がある出で立ちならば、
すんなり場に溶け込めちゃうのが不思議なところ!

そんなa.k.a.トキワ荘のワタクシことF先生が、
花見の帰りすがらにフラリ立ち寄ったのはひばりが丘。

2012年に立てた目標であるところの、
「月に一度は未訪二郎」を頑なに守るべく、
同じ西武池袋線沿いのヒバジ詣でじゃオラーッ!!!
(Gペンを激しくボキボキ折りながら)

DSC02130.jpg

19時ちょい前くらいの到着で、
タイミングが良かったのか行列なしの状態!
しかしその直後には一気に5人以上の列が出来た。ラッキー!

三田本店から贈られる鏡が貼られた、
ややくたびれた店構えはまさに二郎仕様。

猛者どもが黙々と麺を啜る音と、
ごうごうと二郎臭を吐き出す高速回転するダクトの音だけが、
唯一のBGMとなって千の風とともに消えていく。

明朗快活な口調のにこやかな店主さんと、
スレンダー美人な(でもちょっと元ヤンっぽい)女性の助手さん。

隙間なく置かれた丼めがけて、
豪快に宙を舞うグルエース(化学調味料)の塊は、
まるで雪国を覆い尽くす吹雪のようだわ!
(コートの襟を立てて寒がる演歌系ビデオクリップ風演技)

昼の花見でいいだけ焼肉を喰らっていたので、
もちろん負け戦を挑むことなく麺少なめにしたが、
相対的にスープもやや少なめに。

DSC02132.jpg

サイドビューで見ても大人しいなー。

時間帯のせいか軽く乳化しており、
スープそのものにたっぷり固形脂が溶け込んでいる。

トロンとまろやかな口当たりで、
ダシ、油、カネシのバランスが良くかなり好みの部類!
ほんの少しだけ塩分強めくらいがいいんだよなー!

ニンニクは辛さ控え目なので、
スープに混ぜ込んでも風味の邪魔をしすぎない。

DSC02133.jpg

麺はちぢれのない平打ちながら、
やや一般的な二郎基準よりは細めのタイプ。

しっかりしたコシがあり、
しなやかで噛みごたえもあり非常に旨い。

デフォルトでもやや固めなので、
もしカタメ指定したら相当ゴワゴワになりそう!
たまたまなのか誰も頼んではいなかったけど!

ヤサイはキャベツ多めでホクホクの茹で加減。
天地返しでスープに漬けておくとベストな柔らかさに。

そしてなぜかブタさんの姿が見えない!
大慌てで地元の青年団やレスキュー隊に捜索を依頼!
数時間後にヤサイの樹海の中で遭難しているブタを発見!
要は隠れて見えなかっただけでした!人騒がせな!

ぶ厚く切ったウデ肉が2枚に、
端っこ的な欠片がゴロゴロ入っている。
これがタレの染みもよくトロトロで大当たり!
救助にかかった予算を無事に相殺できた感じ!

40も間近に迫った身としては、
麺少なめで自分にはちょうどジャストな量だった。

だけどその「ちょっとだけ物足りない感」から、
ついスープを全飲みいっちゃいそうになっちゃった!
自制なさい!ケジメなさい!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑マッチ気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

新玉名ラーメン くれは@田無

DSC00099.jpg

10年10月3日/新玉名ラーメン くれは/田無/
新玉名ラーメン+煮干し汁割り/
700円+50円


保谷から田無へ移動。

しかしよく考えてみたら、
「田無」って地名すごいな!
田んぼが無ぇ!って開き直っちゃってるもの(凸)。

そんな田レスの地で、
聞き慣れない「玉名ラーメン」の名を掲げ、
今年オープンした『くれは』。

玉名とは聞き慣れない地名だが、
何やら熊本の有明海に近いエリアらしく、
そこで広がった「玉名ラーメン」文化が、
後の「熊本ラーメン」の発祥になったそうだ。
(すべてWikipediaの受け売り)

DSC00098.jpg

狭い道なのにバスがビュンビュン通る、
おっかねえ住宅街の片隅に佇む、
長屋造りの建物の一角。

若いあんちゃんが二人で切り盛り。
店内はなかなか狭いが、
丁寧な接客も相まって居心地はいい。

店内は豚骨独特の匂いと、
さらに煮干しのスープまで炊いているので、
混沌としたオイニーワールドが展開されている。

そしてなんとこちら、
替え玉が何杯頼んでもなんと無料!
自家製麺だかららしいけど大丈夫なのかね?

全盛期のたけし軍団が来たら、
あっという間に潰されちゃいますよ!
(北のや事件)

券売機には生姜や生ニンニク、ラー油など、
様々な有料トッピングが並ぶ。

とりあえず基本の「新玉名ラーメン」と、
気になった「煮干し汁割り」を。
事前に焦がしニンニクの有無を聞かれる。

見た目からもヘビーさが伝わる、
なかなかの男前な丼が登場!

スープはドロリと濃厚で、
豚の旨味も臭味もたっぷり出た、
食べ手を選ぶストロングスタイル!

独特の苦味を伴った味わいは、
原宿にあった改装前でボロかった頃の、
『ばさらか』をなんとなく思い出した。

自家製麺は九州系にしては、
やや太めで強くちぢれが付いた、
あまりない珍しいタイプ。

強烈に芯を残してあり、
ボリボリした歯ごたえが印象的。
スープもガンガン乗ってくるぜ!

具はチャーシュー3枚と海苔、万能ネギ。
チャーシューは薄いけど、
なかなかジューシーでおいしい。

DSC00100.jpg

替え玉を頼んだタイミングで、
いよいよ別皿でもらった「煮干し汁」を投入。

投入前に味見しようと、
試しに煮干し汁をちょっと飲んでみると…。
うぎゃー!苦ぎゃー!

豚骨スープがパワフルなので、
これくらい煮干しパチキかまさないと、
ケンカできないんだろうね。

実際丼の中での、
ガチンコのぶつかりっぷりはすごい!
豚と煮干しのバーリトゥードだ!

さすがに連食+替え玉は、
胃袋に強烈なダメージを与えられてしまい、
レフェリーの角田信朗からストップが!

もう限界!腹一杯!
エスエスエスエスエスカップ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑総合格闘技気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 彩香@保谷

DSC00096.jpg

10年10月3日/麺屋 彩香/保谷/
味玉醤油/800円

何も予定のない日曜日。

布団にゴロゴロと横になり、
枕カバーの匂いに「くせっ」とか言ってるうちに、
無駄に一日が終わってしまうではないか!

もっとアグレッシブに!
もっと生産性のある行動を!

ということでヨレヨレのパジャマを脱ぎ捨て、
久々にドライブがてら遠征に出発ざます!

今回向かったのは西東京市。
今年オープンしたばかりの、
気になるアノ娘(新店)をハシゴするジョイ!
まずは保谷の『彩香』嬢から。

DSC00092.jpg

怪しげなスナックが軒を連ねる、
場末感丸出しのテナントビル。
看板が出てなきゃ完全スルーだよね…。

DSC00097.jpg

増築に増築を重ねたような、
計画性ゼロのいびつな構造のビル内の、
いちばん奥に確かに「彩香」の文字が!

DSC00094.jpg

到着。ふう…。

立地の面で相当なマイナスだと思うけど、
なんでここ選んだんだろ…。

しかし店内は逆に古さを利用して、
コンクリもあえてむき出しにしたような、
ちょいオシャレな空間になっている。
BGMのミスチルも軽やかに流れます。

桜庭和志にちょい似の店主、
元ボクサーだそうです!
ぼくさぁボクサーなの(byガッツ先生)

なんでもラーメン作りのノウハウを、
『69'n Roll One』の嶋崎さんに教わったとか。
湯切りも控え目にロックン流だ!

供された「味玉醤油」は、
まさにロックンの血を引いている感じ。

鶏の旨味をじっくり抽出したような、
コク深いスープに甘味のある鶏油。
昆布などの旨味も感じられる。

ロックンほど極端にフレてはいないけど、
身体にじんわり染みていくような、
深い味わいでおいしいです!

タレの醤油の香りに、
もう少し熟成した感が出てくれば、
最強のバランスになりそう!

麺は極細で少し平べったい。
スルスルと啜り甲斐がある、
一本一本が長くてストレートなもの。

ややねっとりとした食感がある、
ありそうで無いイメージのもの。
量はかなり少なめ。

チャーシューは小ぶりなバラ巻き。
極太メンマはムニュッと柔らかめの食感。

味玉は皆様のご期待通り、
黄身がトロトロにございます~。
あた~り~!(ドンドンドン)

強いインパクトこそないものの、
真面目に丁寧に作られた一杯で、
思わずこちらも姿勢を正し、
ネクタイを締め直していただきたくなったっす!
(ネクタイ以外の服は着用してません)

帰りすがら同じビルのスナックで、
酒ヤケ声のママに癒してもらおうと思ったが、
まっ昼間に開いてるわけもなく断念。

無意味にボトルでも入れようと思ったのに…。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑JINRO気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺匠 ヒムロク@田無

DSC08242.jpg

10年2月20日/麺匠 ヒムロク/田無/
つけそば並+味玉/780円+100円


ことのほか昼の2杯が軽かったので、
これスケジュール的お腹的にも、
16時まで営業の『ヒムロク』に行けんじゃね?

とラーツ部員の意見が一致。
急きょ全裸タイムを遅らせて田無に移動。

それでも土曜日とはいえ、
15時手前で20人近い待ちが。

しかも店主ひとりで回しているようで、
回転が金星の自転周期レベルで悪い!
着席までに1時間かかってしまった。

食券を店主に渡す際に、
麺の量を並か中盛りか伝えるのだが、
なぜかてらみん部長だけが、
「並だと少ないですよ?極端に少ないですよ?」
と念を押されていた。キレンジャーキャラ?

カウンターのみのシンプルな店だが、
大小さまざまな無数の寸胴や、
最新鋭の浄水器システム、
それに5種類も並べてある包丁など、
厨房の充実っぷりはすごい。

「つけそば」の麺は噂にたがわぬごんぶと!
こりゃ茹で時間8分もかかるはずだわ。

4種類の小麦粉をブレンドしているそうだが、
なんと自家製ではなく三河屋製麺のもの。
会社的には相当手間がかかる仕事だろうな(凸)。

もっちもちの固めのうどんのようで、
全粒粉のようなプチプチ弾ける感覚もある。

粉ガツオの天の川がかかった(ミルキーウオ)、
つけ汁は高濃度でドロンドロン。

豚骨+鶏+魚介のおなじみブレンドに、
野菜スープを合わせた「ベジポタ系」。
油に頼っていないので、
こってりしつつもマイルドで食べやすい。

刻んだ水菜やフライドガーリックが、
食感のアクセントになって面白い。

具は短冊のチャーシューと極太メンマ。
味玉は黄身が黒ずむほど煮込まれている。
お前相当遊んでるだろ(凸)!

割りスープはさっぱりとした和風ダシ。
底の方には大量の粉ガツオが溜まっていた。

さすがに昼3杯はボリュームがあったな〜。
今度こそ温泉でシェイプアップ乱!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑もっこり気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺家 宝@田無

DSC03523.jpg

08年3月14日/麺家 宝/田無/
らーめん


『七彩』を出てさらに新宿線を埼玉方面に向かう。

二郎出身の『いごっそう』と迷ったが、
せっかく『七彩』の後に二郎系ラーメンとか食っちゃった日にゃ、
店のアイデンティティー完全無視なので、
長らく宿題店だった『宝』へやって来た。

目立たない路地裏にありながら5人ほどの並び。
特に何も目印がないので、
行列のどちらが先頭なのか分かりにくい。

店内は結構年季が入っている。
古いラーメン屋だったのを居抜きしたっぽい。

狭い厨房では若い夫婦が、
細かく指示を出しあいながら二人で切り盛り。
接客も大きい声で明瞭にしてらっしゃいます。

でも時折、二人の会話で口調が荒くなることがあって、
余計な心配をしちゃったり。
奥さんどうなの~(みの)?

それにしても二人の作業スピードが半端じゃない。
よくあれで間違ったりしないな~。
『糀や』のおばちゃんを連れていったらどうなってしまうのか。

盆に乗せられて出てきた「らーめん」は、
見た目、具も少なくて超シンプル。

スープはやや食傷気味の濃厚豚骨魚介系だけど、
お互いのバランスが良いのであまりクド過ぎない。

丼にタレと一緒に粉ガツオを振りかけ、
スープと麺を入れてからさらに粉ガツオを投入していたので、
鰹のガツン具合がすごい。

そしてコラーゲンのまとわりつきが尋常じゃない。
小雪か?ってくらい唇テカテカ。
女子はこれ食えばリップグロスいらずだね!

開化楼製の中太ストレート麺はポクポクと素朴な味わい。
極太メンマやチャーシューもかなり薄い味付けなので、
濃厚なスープの箸休めになってちょうどいい。

水の代わりに麦茶を置いていたり、
ともすれば飽きが早い濃厚系スープを飽きさせない工夫を感じた。
各濃厚系スープの店は勉強しにくるよーに!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ビエラリンク気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (131)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報