ラーメン Indie@吹上

DSC04393.jpg

2013年6月22日/ラーメン Indie/吹上/
インディーらーめん/730縁


熊谷での出向のお仕事はきくちさん家での休憩を挟みつつ、
予定通り17時をもってつつがなく終了。

明日の行田でのお仕事は朝9時半に現場集合なので、
それまでの時間オレは自由!フリー!この世界からの卒業!
(飴細工でできた窓ガラス壊して回りながら)

とはいえけっこう仕事がハードだったので、
もはやエロス羽を伸ばす気力もないくらいクタクタなので、
大人しく麺啜ったらとっととホテルでバタンキューしますよえぇ!
そういうのは黒田勇樹さんにお任せしますよえぇ!

眼球をしとどに窪ませたまま鴻巣市まで移動し、
向かったのはオープンからまだ一年経たないニューカマー、
吹上の『Indie』さんでございまンディー!

DSC04392.jpg

ラーメンを食うという用事がなければまず来ることはなかったであろう、
吹上駅前のうら寂しいロータリーからすぐ近くのお店で、
駐車場は店の脇から一方通行に入った奥に一台分。
まぁほとんどの客が平気で路駐しちゃってましたけど!

モノトーンでまとめられたシックな店内には、
なぜかバイクのプラモやシーサー柄の泡盛の徳利、
そして青森ねぶたを模した楊枝入れなど、
やたら統一感のないアイテムが雑然と並べられている。

まだまだ若そうなイケメンの店主さんと、
奥様らしき女性の二人体制で回しているようだが、
あいにくカウンター席からは厨房の様子はうかがえない。

メニューは「インディーらーめん」と「インディーつけめん」が軸で、
つけめんは「濃厚つけめん」も用意されている。

そしてどうにも気になるのは「極秘チャーシューめん」!
「極秘」と言われると男子中学生でなくてもドキドキしちゃう!

ちなみにこのエントリトップの「730縁」は誤植ではなく、
ちゃんとお店のメニュー表の価格表示が、
「円」ではなく「縁」ってなってるからだかんね!
日本国内とは違う貨幣制度が特別に認められているからだかんね!

「数あるラーメン店で生き残る為に正統派で勝負しようと決めました(抜粋)」と、
店内の張り紙にて力強い決意表明をしているように、
「インディーらーめん」は正々堂々とした無化調Wスープ。

コラーゲン由来と思われる軽いとろみが付いており、
動物も魚介も仲良く手を繋いでみんなで同時にゴールする、
最近の幼稚園の運動会みたいなバランス重視の優しい味わい。

若干カエシが控えめで味がぼやける印象もあるが、
それを具として添えられた香ばしい干しエビの風味が、
スープに適度なアクセントとして上手く補ってくれている。

ちなみにエビはサーブ前に入れていいかどうか聞いてくれるので、
アレルギーの人にもナイスな心遣いね!

中太の麺は強いちぢれを持っており、
啜ると口の中でゴワゴワと暴れるやんちゃな盛り。

コシが強くプリップリッとした弾力のある歯ごたえで、
干しエビや刻みネギも絡まって一緒に昇ってくるので、
その様々な食感も噛んでいて楽しい。

バラ巻きチャーシューは片側をバーナーで炙ってあり、
スープ同様薄味だが香ばしくなかなか美味しい。

そしてゴリッと繊維質の強い拍子木メンマと、
ブラックペッパーをまとったトロトロの味玉が半分。

総合してシンプルで静かな構成ではあるものの、
そこに店主さんの「気」や「決意」が感じられるような、
実に「いいラーメン」でございました!

インディーなどと言わずにぜひメジャーの世界に!
さぁ!この1億縁の契約書にハンコを!さぁ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑実印でお願いします気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』Tシャツ好評です!
 
スポンサーサイト

豚骨ラーメン いちもんじ 初代@鴻巣

DSC03576.jpg

2012年11月24日/豚骨ラーメン いちもんじ 初代/鴻巣/
豚骨醤油ラーメン/500円


鴻巣の皆さんおはこんばんちは!
またもや某クライアントからのお仕事の依頼で、
初代クラリオンガールことこむらさんがやってまいりましたよ~!

最近はこうして埼玉西部に仕事で来る機会も増え、
すっかりこの辺りのラーメン事情にも詳しくなってきたところ。

もちろん今回もお昼のランチ休憩および、
仕事終了後の夜麺の候補店はバッチリ調査済みでございます!
ぬかりはありやせんぜ旦那!イッヒッヒ!

しかし今回はいつもの現場とは場所が異なるため、
いったん自分の車をクライアントの駐車場に置き、
送迎車で移動する段取りだったのを当日知らされたため、
せっかく綿密に立てたラーメンプランはもろくも台無し!

しかもその現場周辺はラーメン店はおろか、
まともな飲食店がほぼ見当たらないハードコアな立地だったため、
昼飯選択の自由などハナから無しという民主主義に反する有様!

それでも何とか強引にラーメンサイトで近辺検索して、
一番近かった『いちもんじ』なる完全ノーマーク店へ行ってみた。

DSC03575.jpg

店の裏手に広々とした駐車場も完備し、
黄色を基調とした店内の厨房をグルリと囲むカウンター席には、
地元の人やドライバーの客足が絶えないなかなかの人気店。

券売機が妙にでっかいタッチパネル式で、
なんだか遊園地にありそうなタイプなのがユニークね!

メニューは「豚骨ラーメン」の醤油と塩、
それに「赤豚骨」などのカスタム系メニューも豊富に揃う。

ニンニク酢を加えたという「スタミナラーメン」が気になったが、
確実にあとあとの業務に支障が出るので自粛!
オーソドックスに500円と破格の「豚骨醤油ラーメン」にします!

うっすらと白濁したスープはシャバッとしていて、
背脂をゴリゴリとザルで濾して加えているので、
そのコクやこってり感で食わせるような超ライト級豚骨。

カエシの醤油感も控えめなので、
適時卓上のゴマや元ダレ、紅生姜などを加えて、
自分好みに味を変えていくのが正解!

ちなみに生ニンニクと高菜は店員に言わなきゃ出てこないよ!
人見知りを発動させてたら永遠にありつけないよ!

一本一本がやけに短い細ストレート麺は、
バリカタ指定だとかなり小麦粉の質感を残した、
ザクザクしたハードな噛み心地でなかなか旨いが、
信じられないくらい量が少ないので替え玉は必須!

実際オレの隣の席の作業着姿の兄ちゃんは、
なんと4回も替え玉してたよ!何が君をそこまでさせるんだ!?
(答え:空腹感)

具はペラいバラ巻きチャーシューとキクラゲ、
それに切手くらいの大きさにカットされた海苔のみと寂しい。

でもお冷やがコスト高そうな烏龍茶だったり、
食後には次回の替え玉無料券もくれるので、
これで500円ならトータルで文句も言えなかろう!

さて緊急ではあったけどとりあえず麺充もできたので、
また午後も一生懸命働きましょうね!
(ヨイトマケの唄を地味な服装で熱唱しながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑美輪明宏気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 冬にこそ着たいTシャツ『かぜっこどうぶつ』で風邪予防!!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

燕三条系 にぼ兄弟@吹上

DSC02742.jpg

2012年8月26日/燕三条系 にぼ兄弟/吹上/
濃厚煮干し中華そば(並→大盛)/750円


『来集軒』で日本一の川幅を堪能した後は、
なぜか中山道を東京とは反対方向へ逆走!

次のお目当ては吹上という駅の近くなはずなのだが、
行けば行くほど道の周りは真っ暗になってきて、
えもいわれぬ不安と猜疑心にさいなまれそうになった瞬間、
ようやく『にぼ兄弟』の文字を発見!

DSC02741.jpg

プレハブの表面にだけ板を打ち付けたような、
なかなか強引な造りの外観には看板もなく、
プリントアウトしてパウチした文字が貼り付けてある。

屋号の『にぼ兄弟』はやっぱり「異母兄弟」、
すなわちいしだ壱成と理子との子供インスパイアってことでオッケー?
(ピチTを華麗に着こなしながら)

DSC02743.jpg

ちなみにこちらは隣の「つけ麺らーめん研究所」と、
厨房のスペースがつながっているので、
左右それぞれのラーメンも食べることができる。
ちなみにこちら『にぼ兄弟』は燕三条系ラーメンでげす!

年期の入った薄暗いカウンター席のみで、
隣はなんだかお客さんが多くてワイワイした雰囲気だが、
こちらはナイター中継が静かに流れる中お客は俺ひとりだけ。

寂しくなんか…ないやい!
(ママが作り置きした料理をチンして食べながら)

メニューの基本は「濃厚煮干し中華そば」だが、
さらに豚骨スープの濃度を増した「特濃煮干し中華そば」に、
清湯ベースの「淡麗煮干し中華そば」とバリエーション豊富。

「濃厚煮干し中華そば」は背脂ランクが選べ、
下からチットンベェー、ためしてみっぺ、
いいかしんねぇ、いってくらーと続く。
なんのこっちゃ分からんが背脂気分でいいかしんねぇ!

メガネ姿の店主さんが麺を茹で始めると、
しばらくして「あっ!」と小さな声を上げた。
そしておもむろに申し訳なさそうに「すいません…!」とひと言。

どうも前客の伝票とごっちゃになったみたいで、
なぜか間違えて大盛りの分の麺を茹でてしまったらしい。

「多かったら残していただいて結構なので!」とは言ってくれたものの、
もちろん連食で300gとか絶対食えないっす…!

そして目の前に現れたのが上の写真の洗面器ですよ!
もちろんバッシャバッシャ顔を洗ってからいただきますよ!
(味が移っちゃうからビオレは未使用)

仕上げにスープに投入される背脂は、
なんと炊飯器でホカホカに保温されていた!

どうやらレードル一杯分が1ランクになってるみたいで、
「いいかしんねぇ」だとスープが見えないくらいのかなりの量!

そのスープは魚粉も溶け込みかなり激しい煮干しダシと、
質がいいのかしつこさやもたれが無く甘みの強い背脂が、
ちょうど10対10のイーブンで戦ってるような印象。

かなり背脂の油分でマスクされてしまうので、
より煮干し感を楽しみたいなら、
ランク2の「ためしてみっぺ」くらいがちょうど良さそうだっぺ!

細かく刻んだ生タマネギが、
時折シャキシャキとした食感を加えてくれる。
カイワレの苦味も箸休めにはちょうどいいね!

断面が正方形に近い極太麺は、
啜るとぶるんぶるんとおてんばに跳ねる弾力と、
パツパツとしたコシがありかなり美味しい!

ただ当然食べても食べてもなくならない!
並だったらプレッシャーなくガツガツいけたのに!

分厚くジューシーなバラチャーシューも、
ボリッとしたハードな食感の極太メンマも、
個性だらけのラーメンの中で負けない存在感。

しかし残り2/3くらいのところで胃袋は限界!体力の限界!
結局食べきれず残すことになっちゃいました…。

丹念に煮干しと背脂を育ててくれた、
お百姓さんにこれじゃあ一生顔向けできねぇ!
チットンベェー!チットンベェェェーーー!!!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑チッ豚兵衛気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華料理 来集軒@鴻巣

DSC02737.jpg

2012年8月26日/中華料理 来集軒/鴻巣/
川幅手打ちラーメン/650円


本日も某お仕事は激務のまま幕を下ろし、
一日中ペンを握りまくっていた左手はもうパンパン!
どうせ握るんだったら別のもん握ってたいよなガハハハー!
すいませーん!ホッピー中身おかわりー!

そんなわけでOL風に言うと「自分へのご褒美」のため、
夜麺一発目に向かったのは鴻巣の『来集軒』。

DSC02735.jpg

あの東京・浅草の老舗『来集軒』の流れを汲む店とはいえ、
ご近所さんへの出前も迅速、
ラヲタはまずパスしそうな完全なる中華料理屋さんなのだが、
わざわざこの店を選んだのには訳があるのだ!

DSC02740.jpg

ここ鴻巣では特産物の人形に加えて、
市の西側を流れる荒川の川幅が日本一!という、
なんとも地味すぎるご当地盛り上げキャンペーンの一貫で、
市内の各店舗で「川幅」にちなんだグルメを展開しているんだとか。

そこでこちら『来集軒』さんでは、
その川幅をイメージした「川幅麺」を提供しているのだ!
うーん!説明すればするほど漂うこの何ともやるせない気持ち!

大学生くらいの息子さんが店を手伝う家族経営で、
中華の丸テーブルが並ぶいかにもな街の中華料理屋さん。
法事の親戚の集まりとかに使うような感じ。

メニューは麺類以外にも一品料理も豊富で、
お目当ての川幅麺は「川幅ラーメン」と、
自慢の手打ち麺と半々ずつ盛った「川幅手打ちラーメン」で提供。
んじゃあ半分ずつ食いたいのが人情でしょ!

スープはやや濁りのある醤油色で、
軽く魚介も感じるどこか懐かしい味わいなのだが、
閉店時間も近く煮詰まってしまったせいか、
後味に猛烈に襲ってくるなかなかの獣臭!

味付け自体も非常にシンプルな醤油味ので、
口の逃げ道がなくてこりゃ困ったぞ!

DSC02738.jpg

とかいう不安をすべて忘却の彼方に送るような、
川幅麺が神々しく登場~!

余裕で10cmはオーバーしてそうな幅と、
ワンタンの皮よりちょっと厚いくらいの厚さの麺が、
丼に寝そべるかのように堂々と三本!

ひらひらと舞いを舞うような啜り心地と、
ムチムチとしたなまめかしい歯ごたえで、
とてもキワモノ(失礼)とは思えない美味しさ!

三本とはいえミッチリと密度があるからか、
結構ズシンとお腹にたまっていく。

DSC02739.jpg

一方の手打ち麺は太さも厚さもバラバラな、
喜多方ラーメンを思わせるようなタイプ。
モッチリした歯ごたえがありこちらも美味しい!

クラシカルな味わいのチャーシュー、メンマを頼りに、
なんとか獣臭のプールから麺だけはすべてやっつけて、
川幅グルメを堪能させていただきやした!

そういえばお会計時にいつものクセで、
念のためレジ周りにショップカードがないか探したら、
代わりに屋号の入ったマッチが置いてあったよ!

そういえば昭和の時代ってショップカードじゃなくて、
電話番号とかが入ったマッチだったよね~!
くろやなぎすゎ~ん!!!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑他の川幅グルメは一切知りません気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺房 長谷川@北鴻巣

DSC02734.jpg

2012年8月26日/麺房 長谷川/北鴻巣/
味噌らーめん/630円


埼玉の皆さんごきげんよう。
今週も某お仕事で鴻巣にやって来たシティーボーイです。
(泣く子も黙る0メートル地帯・江東区民だけど)

先週同じ現場での仕事の時はスケジュール管理が曖昧で、
昼飯どころか10分の休憩すら取れないという、
全盛期のピンクレディーみたいな過酷労働になってしまったので、
今回はキッチリ休ませてもらいまっせ!往生しまっせ!

12時になると同時に現場をダッシュで飛び出し、
向かったのは中山道沿いの『長谷川』さん。

チェーン店ばかりの鴻巣の中で珍しい個人経営だが、
各サイトや埼玉ラ本でもいつも上位にランクされている。
コウノサーのお手並み拝見といこうじゃないの!

DSC02733.jpg

ちょっと先まで行けばニトリやラウンドワンがあるものの、
店の周りは見事に工場と畑とラブホテルだけという、
ステレオタイプな郊外のロードサイド店。

しかし席数も豊富なロッジ風の店内は、
地元の人が続々と車でやって来るので程よく埋まっている。

券売機を見ると醤油と味噌に野菜らーめん、つけめんと、
確かにファミリー層のニーズにも応える充実したラインナップ。

店のイチオシは「味噌らーめん」らしいが、
この日は35℃近いバカみたいな酷暑!
でもオススメならばと干からびる勢いで味噌にチャレンジ!

中華鍋で野菜と合わせて一気に焼く、
札幌ラーメンの手法で作られた熱々のスープは、
ライトな豚骨ベースに香ばしい味噌の香りが適度に効いて、
暑い夏でも食べやすいあっさり仕様。

ほんの少しかけられた焦がしネギ油が、
軽やかな香ばしさを与えてくれるのがなかなか面白い。

辛味の成分はデフォではほとんど無いので、
途中で卓上にある煎り唐辛子を投入してみると、
煎ったことによる重たい辛さが加わりグッと味を引き締める。

さらに終盤にカレー粉を投入すると、
思わずご飯が欲しくなる味噌カレーラーメンに大変身!
奥様スターに変身(TBSジャストより)!

こちらも札幌ラーメンの雄・西山製麺の熟成たまご麺は、
強いちぢれとプリプリした弾力のある歯ごたえが、
まさに今、厳寒の北海道にいるかのように錯角する札幌テイスト!
(35℃を越える鴻巣にいます)

チャーシューは薄いがしっかり脂身がありジューシー、
メンマと海苔はまぁただそこにいる存在かな。

炒め野菜は100%モヤシのみだが、
これを「野菜らーめん」にするとキャベツやニンジン、
タマネギなどの彩り野菜が一気に増えるみたい。
しまった!そっちだったな!

突出はしてないものの充分おいしいラーメンで、
ロードサイドで営業する分にはなんの問題もございません!

ニトリで買い物してラウンドワンで遊んで、
ラブホに寄り道した帰りにでもぜひ皆様どうぞ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑HOTEL OZ気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん どんぐり@北鴻巣

DSC08954.jpg

10年8月14日/らーめん どんぐり/北鴻巣/
ワンタンめん/800円


埼玉の皆さーん!こんにちはーっ!
平成のさくらまやことこむら代表でーす!
大漁~ま~つぅ~りぃ~♪

某知人からお仕事をいただき、
2週連続で土日に埼玉出張することに。

せっかくの機会なんで、
もちろん麺だって堪能しちゃうのです!
うまい!うますぎる!(十万石)

初日の勤務地は鴻巣市広田。
目の前には無数のビニールハウスと、
延々と草むしりするババァのみという、
テクノロジーのかけらもないロケーションのなか、
宅地造成地で黙々と仕事をこなす。

お昼休みにちょいと車で移動。
田んぼが一面に広がる県道を走ると、
オレンジ色の「どんぐり」の看板が見えた。

店のドアをくぐる前から、
ふわりと煮干しの香りがしてくる。
それもそのはずこちら『どんぐり』は、
あの『永福町大勝軒』の流れを汲む店。

テーブル席がメインで、
地元のファミリーだらけで超満員。
しばし席が空くまで待つことに。

しかしこんな小さいうちから、
ニボったラーメン食べて育つだなんて、
なんとも頼もしいお子様だこと!
腕白でもいい逞しくニボって欲しい!

10分ほどでカウンターに着席。
ひと口お冷やを飲むたびに、
風の速さで即座に注ぎにきてくれるので、
すまないと思っているっ!

口の広い丼にたっぷりのスープ。
熱々のラードの層の下には、
バリッバリに煮干しが効いた和風ダシが。
まさに永福町系譜の味!

しかしラードは気持ち少なめで、
そのぶん食べやすくなっている。

柔らかめに茹でられた中細麺は、
ツルツルした喉越しで、
軽快に食べられるクラシカルなもの。
草村製麺かはどうかは不明。

永福町ほどではないものの、
それでも200gくらいとボリューム満点。

チャーシューはがっしりマッチョで、
噛みごたえのあるもの。

ワンタンは皮のチュルチュル感が気持ちよく、
中には歯ごたえのいい挽き肉が。

まさか北鴻巣の地で、
永福町譲りのニボ補給ができるとは!
これで午後の仕事も乗り切れるジョイ!

嬉々として仕事場に戻ると、
まだババァは草をむしっていたのだった…。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑妖怪むしりババァ気分でポチッと押してくださいませ~
 
banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次念序@鴻巣

DSC04890.jpg

08年9月20日/次念序/鴻巣/
つけめん


15日の夜から腸炎でダウン。
いっこうに腹痛&下痢がおさまらずもがき苦しむ日々。
医者で薬をもらって何とか収束。やれやれ。

そんな訳で実に5日ぶりのラーメンでござ~い!
しかもおなじみラーツ部で埼玉遠征でござ~い!

大崎のカリスマ的つけめん屋(カリつけ)、
あの『六厘舎』出身のお店。
開店40分前に到着もすでに8人ほどの行列。
オープン時には20人オーバー!ひえー。

事前に注文を聞いてくれるので、
着席からそれほど待たずに「つけめん」降臨。

ややグレーがかった麺は見た目いまいちおいしそうに見えないが、
グレーの色は昆布粉を練り込んであるそうで、
そのまま食べても昆布の旨味が溶けてきて大変おいしい。

固さも芯がなくなった直後くらいの、
絶妙のタイミングで茹でてあって、
もっちりと固めのちょうど中間くらいのいい塩梅。
うめえよーうめえよー!

思わずつけ汁につけないまま完食しそうになり、
グッと我に帰って汁につけると、
『六厘舎』ほど暴力的ではなく程よいバランスの動物魚介。
酸味や辛味も適当でかなり好み!

スープ割りするほど濃くはないので、
麺の合間にクイクイいってたら、
いつの間にか完食しちゃってました。

近年で三指に入るつけめんでございやした。
健康バンザイ!昆布粉バンザイ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑健康第一気分でポチッと押してくださいませ~

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (131)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報