らーめん餃子専門 一 HAJIME@間々田

DSC02478_20160202182416c2b.jpg

2016年1月16日/らーめん餃子専門 一 HAJIME/間々田/
らーめん+ニラ/600円+100円


えーまずは皆さんが1ミクロンも興味がないことは承知の上で、
毎月毎月飽きもせずに続いているラーツ部の部活動が、
どのようにして開催されているのかをご説明させていただきます!

まず前月末のうちに各自スケジュールが空いている日を、
ラーツ部員専用のツイッターメッセージに送信、
(三戸なつめが嫌いなのか頑なにLINEをやらない部員がいるため)
3人以上が参加できる日を優先的に翌月の部活動に設定する。

次に部活動に参加できる部員のみ前月のうちに決めておいたエリアから、
自分が行きたい店を再びツイッターメッセージに投票、
出揃ったところでそれをてらみん部長が取りまとめて精査し、
多数決および移動効率などを考慮して3軒(+推し麺1軒)が決まるのである。

しかし今回は6人が参加という大所帯での開催だったため、
各自の行きたい店がバラバラで投票が大幅に割れてしまい、
満票だった『吉田商店』を除くと2票しか入らない店が9軒も並ぶ事態に!

未曾有の大混戦にコミッショナーであるてらみん部長も業を煮やし、
無人島での殺し合い(バトル・ロワイアルより)で決着をつけようと企画したが、
そもそもみんな死んじゃったら部活動にならないことに気付き即ボツに。

結局風呂休憩の間に9軒のうち小山にある5軒から最終投票を行い、
3票を獲得した『麺童 豊香』さんが勝ち抜けとなりました!

昨年12月下旬にオープンしたばかりでラーツ部に選ばれるという、
シンデレラルーキーの実力を確かめにいざ出発しまーす!

DSC02473_20160202182403d17.jpg

DSC02474_2016020218240551c.jpg

ガシャーーーン!!!
(ガラスの靴を全力で壁に投げつけた音)

どうでもいいラーツ部の仕組みとかダラダラ説明しておいて、
最終的にはこういうオチが付くというまさに時間のムダ!

つか「人手不足」とか「スープ不出来」とかでの臨休は良くあるけど、
「力不足」による営業の中止ってのは初めて聞いたよ!
俺たちも脱力しちゃって今もうたぶん握力とか5キロしかないよ!

これで忘年会がメインだった昨年12月の部活動を除けば、
4ヶ月連続で花道を喰らうという暗黒時代に突入!

小山最終投票で次点の2票だった『一 HAJIME』をリカバリに選び、
踵を返して間々田に向かう我々にも緊張が走ったが、
無事に看板に明かりが灯っているのが見えて心底ホッとしたよ!

DSC02476_201602021824083d9.jpg

DSC02475_20160202182406602.jpg

しかしその看板は真っ暗な住宅地の中にポツーンと立っていて、
およそ飲食店があるとは思えない壮絶なロケーション。

こちらは「美しが丘」といういかにもな町名が付けられた、
高度成長期に山を切り崩して宅地造成したようなエリアにあるため、
駐車場も20台は停められる広々としたスペースを確保してある。

店舗専用に作ってある平屋建てのキレイなお店で、
やはり小上がりやテーブル席がメインの広々とした落ち着いた空間で、
閉店30分前の20時過ぎでも半分ほどの入りで賑わっている。

それにしてもホール担当の店員のお兄さんが顔は全然似てないのに、
声といい口調といいコロコロチキチキペッパーズのナダルにそっくり!
これには思わず即興でコロチキの卓球コントを完全再現!
(全員が西野の役をやり始めちゃってクチャクチャの展開に)

こちらは小山宇都宮界隈で圧倒的な人気を誇る老舗、
あの『一品香』のご出身の店主さんによるお店ということで、
メニューは「らーめん」と「餃子」にトッピング類のみという潔い編成。

しかし例によって「かかり過ぎ」状態のてらみん部長は、
俺が外観の写真を撮ってからオーラスで入店した時には、
すでに人数分の「らーめん」と「餃子」を注文済み!
大慌てで狙っていたニラトッピングを追加したよ!焦らないで坊や!

「このらーめんやっべえぞ!」という心の声を受け取りつつ、
ナダル君からサーブされた「らーめん」のニラトッピングは、
丼になみなみ注がれたスープ一面をビッシリとニラの緑色が覆っていて、
これぞまさにラーメン界のジャングル西表島やー!

スープは豚骨と鶏ガラの動物系100パーセントだそうだが、
すっきりしながらも動物系ならではの福福しい甘みと、
コクの分厚さがハンパなくて何これ超美味しい!

そこにニラから出る独特の爽やかな苦味を伴う香りがマッチしていて、
こりゃニラ大好きのニラーはトッピング必須ですぞ!

DSC02480_2016020218241870c.jpg

麺は『一品香』出身ということでもちろん店主さんによる純手打ちで、
ちぢれというよりはボコボコとした強弱が付けられている。

思わず麺リフト写真を撮っちゃうほどデップリと存在感があり、
啜るとプルプルと唇を叩くようなユニークな感触と、
ちょっとビックリするくらい弾力があるモチモチ具合は珠玉の出来!
修業先と同じくデフォで200グラム近くありそうだけど夢中で食べちゃう!

さらにチャーシューは中心がほんのりピンク色といういやらしさで、
噛み切りやすいよう繊維に沿って筋切りを入れてあるほどの分厚さ。

俺はいま肉を喰らっているんだ!と野生の心を思い起こされ、
思わず狼ばりの遠吠えをかましちゃうほどワイルドな味わいは最高っす!

極太でボリボリとハードな食感の拍子木メンマや、
スープを吸ってもシャキシャキとしたネギもさらに食欲をかき立て、
気が付いたら丼はカラになっておりました!4杯目なのに恥ずかしい!

DSC02479.jpg

ニラをトッピングしたのは俺とshigeruuu部員だけだったので、
当然ノーマルな「らーめん」のほうも味見させてもらう。

こちらはストレートに動物系ダシのまろやかさを楽しめて、
いずれも甲乙付けがたい味わいですな!

DSC02481_20160202182420311.jpg

そして全員でシェアするため3個入りをふたつ注文した「餃子」も、
これまた手作りと思われる皮が特に分厚くモチモチとしており、
野菜中心の餡が隙間なくギッシリ詰まっているので超ヘビー!
もし俺が桐谷美玲だったらこれ1個でお腹いっぱいになっちゃうと思う!

確かにベースには『一品香』の面影はあるものの、
少しだけ独自のエッセンスを加えて現代風にアレンジしている印象で、
そりゃこの立地でも大人気なはずだわ!と思わせるハイレベルな一杯でした!

ハプニングはあったものの無事に本日の部活動は終了ということで、
バリバリに重低音が響くウーファーを搭載したタグ部員のヤン車(もちろん土禁)で、
SURFACEの「さぁ」を爆音で聴きながら東京へ帰ります!さぁー!くれーぃ!

★本日のエンディングテーマ/「さぁ」SURFACE



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑それじゃあバイバイ気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0092.jpg
↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!
 黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!
 『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』は初の3色展開!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん 吉田商店@小山

DSC02469_20160202182351a3e.jpg

2016年1月16日/らーめん 吉田商店/小山/
濃厚旨コク鶏そば+手づくり餃子/750円+300円(シェア)


水で戻したかんぴょうを全身にグルグル巻きにした状態で、
栃木にお邪魔している今月のラーツ部部活動、
まずは佐野で『日向屋』『ゐをり』と過去に花道を喰らった2軒を無事クリア。

ここで今年のミシュランで「ビブグルシリ」に選ばれた、
ふじひろ部員の美尻を久しぶりに思う存分鑑賞するべく、
小山に移動して遊園地の跡地にできた「思川温泉」でしばしのクールダウン。

ここの露天風呂は雄大な思川が一面に見渡せるのだが、
俺はふじひろ部員の尻をスケッチするのに躍起で、
ちっとも景色なんか愛でてる場合じゃありませんでしたけどね!

完成したスケッチをスキャンしてpixivに投稿した頃にはとっぷりと日も暮れ、
全員再びお腹がペコリーノだったのでさっそく夜の部に突入!

まずはラーメンデータベースではあの『サンジ』に次いで、
小山市のランキング第2位に君臨している人気店『吉田商店』から!
こちらもずいぶんと長いこと宿題店だったのよね!

DSC02465.jpg

小山駅からは3キロほど離れた典型的なロードサイド型店舗で、
元々は『くいしん坊』という昔ながらのラーメン店だったものをリノベーションしたそう。

やはりテーブル席や小上がりを中心としたなかなかの大バコで、
どこかの資本でも入っているかのような落ち着いた内装で、
忙しく働く店員さんたちの教育も徹底しているのか、
いかにも男っぽいハキハキとした大きな声の接客が気持ちいい。

お互いのほっぺたがくっつくほど密集しながら小上がり席に陣取り、
メニューを確認すると淡麗系の「和だし醤油らーめん」「鶏だし塩らーめん」に、
濃厚系の「濃厚旨コク鶏そば」「濃厚鶏つけそば」などなど。

しかし事前にネットで見ていた「超濃厚鶏そばプレミアム」や、
「塩マニア」などの限定ものは表記されておらず、
ひょっとしたら常連さん向けの裏メニューだったりするのかね…?

仕方なくレギュラーメニューからまた全員バラバラに注文すると、
「つけめん以外は柚子が入りますけど大丈夫でしょうか?」とエスクキューズが。
もちろん大丈夫です!なんなら俺達にもドバッとかけてください!

唯一濃厚系をチョイスした俺の「濃厚旨コク鶏そば」は、
トロンとした茶濁スープが一見すると「またお前か系」風。

しかしベースは豚骨ではなく鶏でまろやかクリーミーな口当たりだが、
そこに予想してなかった煮干しの風味がドーンと効いていて、
これ「鶏煮干しそば」って書いたほうがよくない?と心配しちゃうほど!

しかし油っこさはまったくもって排除されていて、
後味がベトつかずしつこくないので美味しくてつい飲んじゃう!
さすが小山人気ナンバー2の実力は伊達じゃありませんな!

麺は四隅にしっかりとカドが立っている細めのストレートで、
ところどころに茶色いドットが見えるので全粒粉入りかも。

鶏煮干し系だとリアルガチで硬いポキポキ麺を合わせるケースが多いが、
こちらはそこまで硬くないもののかといって柔らかいわけでもなく、
ボソリとした食感はどこか日本蕎麦の面影をも感じさせる。

具には定番のバラロールチャーシューやメンマに加えて、
軟骨入りでコリコリした食感の鶏だんごや、
箸休めとして最適な青菜が乗ってくるのが少し珍しいかな?

DSC02467.jpg

DSC02466.jpg

一方淡麗系のラーメンをチョイスしたのは、
てらみん部長、KEN-1部員、shigeruuu部員のスケベ3人衆。

まず「鶏だし塩らーめん」は鶏ガラと昆布などの清湯ダシに、
香り付けの鶏油とほんのりとした塩気を効かせた王道のスタイル。

一方の「和だし醤油らーめん」は魚介ダシもプラスされ、
キリリとした醤油ダレが加わることで明確な旨さを感じさせるもの。

具材や麺などは「濃厚旨コク」と同じだと思うが、
入るプールによってこれだけ印象が変わるとなれば、
やっぱり水着選びは慎重に決めなきゃいけないってことだよね!なんの話だっけ?

DSC02472_201602021824023b5.jpg

DSC02471_20160202182354907.jpg

そして「つけめん」シリーズをチョイスしたのは、
タグ部員とふじひろ部員のエロス兄弟。

「濃厚鶏つけそば」はベースのスープは旨コク鶏白湯だが、
モチモチとした存在感のある極太麺とマッチさせると、
また表情が変わって一気にストロングスタイルに変貌するので、
ひょっとしたら「濃厚旨コク」よりさらに濃度を高めてるのかしら?

さらにそのアップグレード版として先日大久保公園で行われた、
「大つけ麺博2015」にて先行販売していたという、
「濃厚辛シビ担々つけ麺」はふじひろ部員がチョイス。

極太麺の上には砕いたピーナッツがかけられ、
つけ汁の底にはピリ辛の挽き肉とゴマペーストが沈んでいて、
序盤は甘口なものの後から辛くて痺れるなかなかの刺激がやって来る。

ただビジュアル面で普通のつけそばとの差異が分かりにくいので、
例えば挽き肉は麺のほうに盛り付けるかつけ汁から見えるようにするか、
そういう工夫があったほうがいいとふじひろ部員が言ってました!
俺じゃないです!このおまんじゅうみたいな美尻の男です!

ちなみに「つけめんはスープ割りもございますので!」と言われてたけど、
タグ部員はつけ汁を割らずに飲み干す通称「ワラネーゼ」であり、
予想以上に辛すぎたふじひろ部員は「ノマネーゼ」になっちゃったので、
割りスープがどういう味かは確認できませんでしたのであしからず!

DSC02470_20160202182352826.jpg

そしてここでも「手づくり餃子」を全員でシェア!
こちらは極めてオーソドックスな味わいでした!

駐車場も広いため家族連れでやって来る客も多く、
万人が日々の食事としてラーメンつけめんを楽しめるような、
ファミレス感覚でも使えるお店だったのは意外っちゃ意外だったな!

食後は頭の上から大量にかけてもらった柚子の皮が、
髪の毛やら洋服やらに引っかかってえらい事になっていたので、
サルの毛づくろいのごとくみんなで協力して取り合うことに。
よい子は食べ物で遊んじゃダメですからね!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑取った柚子は美味しくいただきました気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン 虹ノ麺@小山

DSC00264.jpg

2010年11月13日/ラーメン 虹ノ麺/小山/
ラーメン/700円


本日のラーツ部ラストの一杯は、
まさかまさかの燕三条系!
油コッテリ!麺デップリ!

昼の2杯のダメージが、
まだ相当残っているというのに…。

思えば前回の栃木ラーツ部でも、
なぜか胃の負担がなかなか取れず、
4杯目の『ハングリードラゴン』で、
もうゲンナリしながら麺を啜ったものでした…。

栃木…やられるねぇ~!

でも我々は戦うのだ!
ラーメンの歴史を追求するため!
一期一会のラーメンと真正面から対峙するため!
そしておねえちゃんにモテたいため!

そんな崇高な思いを胸に、
夜の小山の住宅街を走っていると、
「がんばって営業中」の看板が見えてきた。

DSC00262.jpg

こちらが『虹ノ麺』。
これで「にじのいと」と読ませるという。
なかなかうるさい屋号ですな(凸)。

のれんには「最強 大油」と染められ、
ここが燕三条系であることを仄めかす。
まるで我々に「引き返せ!」と忠告するかのよう。
しかし負けない!たのもーう!

こちらも小上がり席を中心とした、
ファミリーユースな造り。

メニューはかなり多彩なのだが、
券売機に特に説明がないため、
かなりチョイスに苦労してしまう。

自分とKEN-1部員が基本の「ラーメン」、
てらみん部長は「潮ラーメン」、
タグ部員が「油そば」をチョイス。
しかしこの後ひとり泣きを見るものが…。

卓上には胡椒やラーメンダレに加えて、
煮干しを粗びきしたパウダーも。

DSC00263.jpg

その名もズバリ「魚」だ!
単刀直入!質実剛健!ドイツ人か!

さらに「つけ麺」には、
IHヒーターを使えるようにするなど、
様々な工夫が垣間見える。

さて「ラーメン」。
特に背脂の量を指定しなかったので、
ビジュアルは非常に大人しい。

濃いめに醤油が効いたスープは、
意外に上品な煮干しのダシを、
甘い背脂が優しく包み込んでいる。

変なベタつきが無いので、
疲れた胃でも非常に食べやすい。
これなら中油くらいはいっとくべきだったな。

極太のちぢれ麺がこれまたいい!

滑らかでプリンプリンで、
噛むと弾けるようなフレッシュな食感!
久々の健康的お色気麺!

例えるなら沖縄のビーチで、
黄色いビキニでおっぱいプルンプルンさせた、
篠崎愛とでも言いましょうか!
言いましょうかじゃねぇよ!

チャーシューはぶ厚くてごっつい。
肉の味がしっかりしたタイプ。

あとはメンマとナルト。
岩海苔がスープによく合っている。

てらみん部長の「潮ラーメン」も、
鰹の香油が効いた繊細な味で、
味の幅の広さに驚かされたなぁ。

と安心して余裕で食べていると、
顔色のすぐれない部員が約一名…。

タグ部員の頼んだ「油そば」は、
なんと丼いっぱいの極太麺に、
大量のヤサイが乗った二郎インスパ系!
少なく見積もっても250g!

味見したら確かに旨い!旨いが!
4杯目に食う一杯じゃねぇ!
しかし挑まれた戦いは買うのが、
ラーツ部の掟でもある!

酢や魚粉などの味変に頼ることもなく、
最後は福本伸行の描く漫画みたいな顔で、
意地で完食に成功したタグ部員!
男だ!あんた男だ!

しかし帰京後に行ったダーツは、
みな散々な成績だったのは言うまでもない…。

栃木…やられるねぇ~!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑北関東の大ボス気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 こころ@小山

DSC00259.jpg

2010年11月13日/麺屋 こころ/小山/
比内地鶏らーめん塩/880円


皆さん~こんばんは~。
ラーメン~カメラマンの~、
渡部~ラーツ部です~。

今月の~部活動は~、
栃木県は~小山市~なのですが~、
昼に食べた~『はるか86』と~『サンジ』が~、
ことのほか~ボリュームがあったので~、
しゃべり方も~こんなに重く~、
なって~しまいました~。

…ああぁ~!もどかしい!!!
やめやめ!もうやめ!!!

胃の重さを表現するために、
戦場カメラマンのモノマネを始めたものの、
このペースだとひとつの記事で、
さだまさしの歌詞みたいになっちゃうので、
普通にレポしたいと思います!

小山ゆうえんちの跡地にある、
巨大商業施設の中にある立ち寄り温泉で、
しばし消化の促進に努める。

露天風呂から思川が一望でき、
とても商業施設内の風呂とは思えない!
かなりオススメなので、
川へ裸をさらしたい方はぜひドーゾ!

とっぷり日も暮れたころ、
ようやくラーツ部夜の部に突入!

さすがにあっさり系を一杯入れたいので、
チョイスしたのは『麺屋こころ』。
「美」の意識を追求したという、
デラックスなラーメンが味わえるという。

DSC00258.jpg

隣のファミレスや焼肉店と共同の、
バカでっかい駐車場完備。
「比内地鶏」ののれんが誇らしげですこと!

U字型カウンターを中心に、
テーブルや小上がり席も潤沢にある。

つけめんのスープ温め直し用に、
わざわざ電子レンジまで置いてあるほか、
携帯の充電器や膝掛け、
小上がり席専用エアコンのリモコンと、
ビジホばりの充実したアメニティ。

「つけめん」や「焼き干し醤油らーめん」
さらに限定の「鶏の雫」なる、
福生のアソコを思い出すメニューも並ぶ。

しかしやはりここはキラーコンテンツ、
比内地鶏系をいきたいでしょ!と、
二人ずつ「醤油」と「塩」を注文。

具は別皿に乗せられて登場。
この辺が美意識なのかしらオホホー!

すっきりした比内地鶏のダシに、
沖縄天然塩と鶏油の甘さが香る、
これぞ鶏塩系の王道!といった感じ。

ヘビーパンチを喰らい続けた胃に、
染み入るような旨さだわ~。

麺は細打ちのストレート。
するすると啜り心地が良く、
コリッと芯を残した歯ごたえ。

丼が広口なので、
スープの中でも泳いでくれるのがいい。

別皿の水菜やさらしネギは、
スープにちょい浸けして食ってみる。
鶏チャーシューはジューシー。

玉子は確か「朝告げ卵」なる代物。
黄身の濃厚さはもちろんだが、
白身がプリプリで旨い。

味見させてもらった「醤油」は、
なぜか具は全部丼の中。
その基準はどこにあるのだろう(凸)?

丸大豆醤油の熟成した香りが絶品。
個人的には醤油のほうがス・キ!
これなら鰯ベースの、
「焼き干し醤油らーめん」も期待できたな~。

お会計の時、
東京なのでもう来れないと思います、
って言ってるのにクーポン券をくれる。
これも美意識なんだね(違う)!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ビューティーコロシアム気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華蕎麦 サンジ@小山

DSC00257.jpg

2010年11月13日/中華蕎麦 サンジ/小山/
つけ蕎麦 並/750円


今月のラーツ部は栃木県小山市!
事前にピックアップした4軒は、
すべて小山駅の周辺。

したがって店間のインターバルが短く、
お腹を空かせる時間がないため、
ペース配分も重要なファクターになってくる。

2軒目の人気店『サンジ』も、
先ほどの『はるか86』から僅か3km。
ものの10分ほどで到着してしまう。

幸い店の駐車場にはいっぱいの車、
そして長い行列ができていた。

貴重な待ち時間を利用して、
部員はそれぞれヨガやストレッチ、
電柱によじ登っててっぺんで逆立ち(池谷式)、
体中にビッシリお経を書く、
など思い思いの消化促進を実践する。
周りの目なんて気にしない!キニシナーイ!

DSC00256.jpg

あ、はいはい『サンジ』のレポね!

白のトンガリ屋根が印象的な、
まるでロッジのような建物。

入口も二重扉になってるし、
雪対策だったりするんかね?
北関東の冬は厳しいもんなんかのぅ…。

その二重扉の間に置かれた券売機で、
先に食券を買ってから並ぶシステム。

客捌き担当のおばちゃんは、
しょっちゅう表に出てきては、
的確にお客さんの注文を捌いている。

濃厚豚骨魚介の「つけ蕎麦」に、
あっさり煮干しテイストの「2号つけ蕎麦」、
そして「中華蕎麦」のスリートップ。
もちろん全員バラバラでシェア。

結局20分ほどで着席。
対面式のカウンターとテーブル席1組。
テーブルは子供連れ優先の様子。

店内には謎のダルマが並ぶ。
店主が味の参考にしているという、
千葉・松戸『とみ田』のTシャツも飾ってある。

俺担当の「つけ蕎麦」は、
見ただけで高濃度確定のベルが鳴るわ!
「泡脂」が浮くのも『とみ田』譲り。

豚骨も煮干しも鰹も、
すべての打者がホームランを狙っている、
まるで全盛期の長嶋巨人のような、
フルボリュームの豚骨魚介つけ汁。
ヘイカール!

濃度や破壊力でいったら、
『とみ田』よりも数倍激しいぞこれ!

適度な太さのツヤツヤ太麺は、
ギュウギュウに小麦が詰まっているようで、
がっしりと強靭なコシがある。

こちらも芯を食えば、
ドームの天井スピーカーにまでぶつけるほどの、
ブライアント並みののスラッガー!
(崩れ落ちる日ハム角盈男)

バラ巻きチャーシューは極厚。
つけ汁の味に犯されて肉の味が分からん(凸)!
あとの具はメンマ、ナルト。

スープ割りは多少量を間引き、
細切れチャーシューと柚子が追加される。
割ったところで濃いもんは濃い!

個人的には味見させてもらった、
「2号つけ蕎麦」のやや濃度控えめで、
煮干しを立たせたバランスのほうが、
より方向性が明確で好みでした。

あまりのパワーに、
部員一同すでに撃沈寸前!

重い身体を引きずりながら、
のそのそと立ち寄り温泉に向かうのでした…。
胃が!胃がくるぶしまで落ちてる!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑メークドラマ気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん はるか86@小山

DSC00253.jpg

2010年11月13日/らーめん はるか86/小山/
らーめん/650円


赤井さ~ん!
どうしてそんなに大きくなっちゃったんですか~っ?
あと本日はラーツ部で~す!

そんなマジメにやってきた、
アリさんマークのラーツ部ですが、
今月は栃木県小山市を重点的に攻めます!

まずは事前の栃木本リサーチで、
ビジュアルだけで満場一致で即決した、
『はるか86』なるお店へ。

「86」ってなんの意味なんだろ?
エリア88インスパイア?
(by新谷かおる)

DSC00252.jpg

「関東職業能力開発大学校」という、
仰々しいにも程がある名前の大学の真向かい。
土地も広く堂々たる店構え。

開店時間になると、
お店のお子様がドアを開けてお出迎え!
一生懸命声を出して接客もこなしている。
よっ!こども店員!

広々した明るい店内には、
郊外の店ならではの立派な製麺室が。
都内在住の浪人生の部屋より広いぞ(凸)。

そして厨房の保温器の中には、
巨大なチャーシューの塊がズドン!
あれ首に巻いて暖を取りてぇ!

基本メニューは「らーめん」と「つけめん」。
実に直球でシンプルな構成。

てらみん部長は「つけめん」。
あとは全員「らーめん」をチョイス。
さらに「餃子」の5個入りをシェア。

豚ガラと鶏ガラのみで、
魚介ダシを使っていないというスープは、
濁らないように丁寧に煮出してあり、
予想以上にあっさりテイスト。

背脂の甘さも溶け出ていて、
口にじわじわ旨味が広がるイメージ。
どこか懐かしさを感じる味だね~。

麺は太くて厚くてちぢれがある。
スベスベした口当たりで、
啜るたびに唇が気持ちいい。

噛むとふんわりした優しい食感で、
かなり好みストライクな麺でございます!
ボリュームたっぷりなのも嬉しい!

チャーシューはかなりデカくてぶ厚い!
しかしホロリと柔らかく、
噛むたびに肉汁が染み出てくる。

あとの具は穂先メンマとネギ、海苔。
ザクッと切ったネギの食感がいい。

DSC00254.jpg

餃子もひとつひとつがデカい!
携帯電話ぐらいあるぞ!

皮がムッチリと厚く、
中の餡もギュウギュウに詰まっている。
野菜がメインでサクサクした歯ごたえ。

一食目にはふさわしい、
シンプルで瑞々しい一杯に満足。
小山攻略にますますテンション上がるぜー!

おやぁ~まゆ~ぅえ~んちぃ~♪
(当然鼻に両親指をつっこんで、
 残りの指をヒラヒラさせながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑桜金造気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報