スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きくちひろき@熊谷

DSC04391.jpg

2013年6月22日/きくちひろき/熊谷/
醤油らーめんあっさり+味付玉子/730円+100円


<過去の『きくちひろき』訪問エントリ>
1回目2回目

ごきげんよう!青色申告納税者です!
本日は出向のお仕事で朝6時起きで埼玉に向かいますよ!

しかも今回は初日が熊谷2日目が行田と、
自宅から考えたら天竺並みに遠い立地での2DAYSなので、
車で200km近く往復するリスクを回避するために泊まりにしちゃった!

女房の目の届かない場所でオイタ三昧!うひひひ!
とりあえずホテルで読む用の袋とじ付きFLASHを買ってこよーっと(いくじなし)!

さて熊谷まで来たからには当然、
『きくちひろき』さんに行きたいのが世の常なわけだが、
仕事現場は現地に行ってみないと分からないため、
当日まで食べられるかどうかは不確定というイケズな状況なのだ。

しかし今回の現場はきくちさん家から約1.5km!
60分のランチ休憩時間があれば余裕で何とかなる!これはチャンス!
きーくーちくーん!あーそーぼー!
(そこら中の家にピンポンダッシュをかましながら)

DSC04390.jpg

12時の時報とともにダッシュで店に向かうと、
相変わらず日除けのれんの「花」の字がなかったら、
グレースケールの写真なのかと思うくらいモノトーンでまとめられ、
牛骨が吊るされた妖しい外観はまったく変わらず。

しかしこの日は土曜日ということもあり家族連れが多く、
どことなく店内は和気藹々とした雰囲気で、
きくひろ店主さんの筋の通った接客もさらに冴え渡ってます!

そういえばお店のTwitterによると、
最近ダシ取りに使う素材の量を増強したそうで、
「まずはぜひ塩か醤油のあっさりでお試しください!」と、
熱いツイートがしたためられていたのを思い出した。

ならばやっぱり直球勝負の「醤油あっさり」でしょ!
いつ食べるか?今だよ!(ここは変化球)

素材を増やしたとはいえスープは相変わらず澄んでクリアだが、
確かにその旨味の厚みがグンと増したような気がする。

現在は牛骨を使っているのかは定かではないが、
動物系のダシに煮干しや昆布、スルメなどの海産物の旨味をプラスし、
さらに野菜や果物なども加わった華やかな仕上がりで、
いずれも突出せずバランス良くまとまっている。

がんこ系ならではの醤油ダレのしょっぱさにも切れ味があり、
前回食べた塩よりもさらにシャープで鋭角的な印象。

個人的には清湯スープの最高峰だと思うの!
あぁ旨い!頭に取り付けたししおどしから流して定期的に飲みたい!

黄色みの強い細麺はしなやかで弾力があり、
適度なハリとコシを残していて食べていて気持ちがいい。

啜るたびに仕上げに熱々のままジューッ!とかけるねぎ油の、
かぐわしき甘い香りが鼻に抜けてえも言われぬ幸せ!
なんなら俺の脳天からもジューッ!とかけてください!

箸では持てないホロホロに柔らかいチャーシュー、
黄身がトロリととろける味玉も万全のコンディション。
つかますます味玉の色が黒くなっていってる!松崎しげるか!

最後は卓上の醤油ダレをレンゲ半分ほど投入し、
しょっぱみを強くしてよりがんこ系らしい表情に変えて、
舐めまわすように完食完飲でフィニッシュです!アンガーラ!

さぁ!気合いも入ったところで午後の仕事も頑張るぞ!
塩分の過剰摂取で発汗が止まらないけど気にしない気にしない!
(頭のししおどしから水をガブ飲みしながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑腎臓からのSOS気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 加藤@大麻生

DSC03721.jpg

2013年1月13日/麺屋 加藤/大麻生/
まぜそば(並)/650円


出向のお仕事のため早朝から片道90kmかけて、
埼玉は熊谷までやって来た元祖ヤマンバギャルことこむら代表。

まずは籠原で淡麗な塩ラーメンをいただいた後は、
事前にラーメンデータベースで熊谷のお店チェックをしていた際に、
「まぜそば」のビジュアルに一目惚れしてしまった『加藤』さんを目指す。

そもそも俺ってまぜそば食べない人じゃないですか~!

どうしてもあのもったりした食感が苦手で、
麺を食べる際のプライオリティが低くなってしまうのだが、
惚れてしまったものはしょうがないじゃない!
あたしのこといつも殴るけどあとで抱きしめてくれるんだもん!

などとDVチックな妄言をほざいているうちに店に着いたわけだが、
こらまた飛び抜けてハードコアな場所だこと!

DSC03720.jpg

籠原方面からだと押切もえこと「押切橋」という、
荒川を跨ぐ大型の橋を渡ったふもと辺りに店があるのだが、
周辺はオレンジ色の薄明かりが灯るだけでほぼ真っ暗。

DSC03723.jpg

それどころか飲食店はおろか民家もまばらで、
墓と畑に囲まれた中にポツンと黄色い店舗が建っているだけという、
まるで彼岸の果てみたいな壮絶な立地条件。

横並びカウンターのみの店構えも相当年季が入っており、
店内には年代物のシンガーの足踏みミシンや、
クラシカルなラジオがディスプレイのように置かれ、
厨房ではおそらく加藤さんと思われる若い男性店主さんが孤軍奮闘。

どこか幻想の世界に紛れ込んでしまったような気になるが、
それでも満席とはいかないもののポツポツとお客がやって来る。

煮干しのイラストが描かれた壁のメニューを見ると、
濃厚豚骨煮干の「らーめん」と「つけめん」、
それに「まぜそば」に各種トッピングというシンプルな構成。

いつもだったら順当に「らーめん」を所望するところだが、
先ほど言った通り「まぜそば」に一目惚れしてしまっていたので、
この日のために買ったエンゲージリングを差し出しながら並盛りでオーダ。

見よ!中央に王様のように卵黄が堂々と鎮座し、
それをチャーシュー、桜海老、煮干し粉、メンマにネギと、
しもべ達が取り囲む美しいこのビジュアルを!
給料3ヶ月分はたいてリングを用意したくなる気持ちが分かるでしょ!

まずは三河屋製麺製の太麺だけほじくって啜ってみると、
先ほどの『No One Style Cafe』の女性的な印象の麺とは対極の、
ゴワッとした啜り心地とガッシリとした噛みごたえがある、
上腕筋を誇示するボディビルダーのような男臭さ全開のマッチョタイプ。

茹で上げをそのまま丼に投入しているので、
独特のねっとりとした肌触りが何ともなまめかしい!

DSC03722.jpg

次に一気に底から全体をまぜ込んでいくと、
少量注がれた濃厚豚骨スープと油がドロドロに絡まってきて、
一気に丼の中はカオスな茶灰色ワールドに!

豚骨はかなりこってりドロドロとしており香りもワイルドで、
そこに大量の煮干し粉の苦味に桜海老の香ばしさ、
それに卵黄のまったり感が一気呵成してズシンと胃を攻撃してくる。
誰か俺にすぐ黒烏龍茶を!あと太田胃酸を!

提供直前にバーナーで炙ったチャーシューは、
まぜた時点でほぼ原型をとどめなくなるほどホロホロ。

それゆえ全体に混ざっちゃって味が良く分からなかったので、
これだけは混ぜずに単独で食べるべきだったかな…?

ところで俺がどうにもまぜそば系にあまり触手が伸びないのは、
単一的な味の展開にどうしても食べてる途中で飽きちゃうのと、
本来胃弱なので食後のダメージがでかいというのが理由として大きい。

その問題を一気に解消してくれる、
貴重な味変アイテムといえば酢!もしくはビネガー!

その酢を探して卓上を一瞥してみたのだが、
そこには一味唐辛子&ラー油と辛味を増やすアイテムのみ!
仕方なく両方入れてみたけどラー油の油分がさらにこってり感を助長!
えーん!胃が!舌が重いよぅーママー!

今すぐミツカンの工場へ直行したい気持ちを抑えつつ、
もったりした口中をリフレッシュすることもできないまま、
何とかかんとか完食したのでありました…!

味そのものは確かに美味しかったので、
ぜひ味変アイテムの充実を検討していただきたいです!

食後は東京に戻るべく車に乗り込む前に、
光の速さで自販機で伊藤園のウーロン茶を購入したのだが、
もうその一滴すら入っていかないくらい胃がパンパン!

やっぱまぜそば系はもうあと100年くらいいいや!
エンゲージリングはブランド王ロイヤルに売るから返して!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑リーゼント社長気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0073.jpg
↑悪意1000%が贈る「古典落語Tシャツシリーズ」第一弾!
 『SHIBAHAMA-芝浜-』買ってくれなきゃ釜の蓋が開きゃしないよ!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

No One Style Cafe@籠原

DSC03718.jpg

2013年1月13日/No One Style Cafe/籠原/
淡麗しお/750円


今日は天気も良くあったかい気候だったためか、
出向先のイベント会場には次から次へとお客さんが押し寄せ、
昼休み以外はフルスロットルで似顔絵描きまくりの一日でした!

結局実働6時間で描いた人数約30人!
フルカラーの似顔絵をひとり頭12分ペースで描いてくんですよ!
まったく大変さが伝わらないことは百も承知ですよ!

ペンの持ちすぎでジンジン痛む左手をアイシングすべく、
ガストのドリンクバーの氷入れに手ぇ突っ込んでじっくり癒してから、
いざ熊谷の夜麺ツアーへとまいりましょうぞ!
(もちろんガストでは一切飲み食いせず)

まずは先日発売の石山本にも掲載されており、
なかなかに旨そげな淡麗ラーメンを提供しているという、
ちょっとユニークな屋号の『No One Style Cafe』さんへ向かう。

DSC03716.jpg

三角のトンガリ屋根が可愛らしい建物だが、
357号線からも目立つ巨大な「ラーメン」の看板が印象的。

二階部分まで吹き抜けになった天井にはシーリングファンが回り、
代官山のCD屋で売ってそうなコンピ盤ミュージックが柔らかく流れる、
まさに雰囲気はオシャレなカフェのような空間。

メニューにもイタリアンコーヒーや各種マキアート、
それに「ハチミツのフレンチトースト」や「クリームブリュレ」など、
スイーツ女子がズイキの涙を流して喜びそうなブツが並んでおり、
二度見してもやっぱりどっからどう見てもカフェの様相。

しかしメニューのキモはラーメン!ラーメンなのよ!

なんと10時間以上炊いたという濃厚な豚骨スープと、
鶏ガラや昆布、野菜類をじっくり炊いた鶏ガラスープの2種類が用意された、
実に本格指向なラーメンがこちらには揃っているのだ!
ぬるいスイーツ女子は原宿でマリオンクレープでも食ってろ!

鶏ガラスープは「淡麗しょうゆ」「淡麗しお」となっており、
中でも評判の高い「淡麗しお」をチョイス。
何より盛り付けの美しさでもう合格です!

煎りゴマの香ばしい香りが立ち上がってくるスープは、
じんわりとコクのある鶏ガラダシに野菜の甘味が溶け込んだ、
まるで凪の海のように穏やかで優しい味。

しかし先述の煎りゴマと仕上げに散らされた揚げネギの風味、
さらに丼の底には揚げニンニクまで忍ばせてあり、
食べてるうちにももクロの曲ばりに色々と展開が変わって、
シンプルだけど飽きさせない実に奥深い構造になっている。

なんとなく先日食べた『1/20』のスープにも似てる気がして、
ってことは完全に俺のストライクな味ということなのだよ!
はいもう完食完飲決定でーす!

麺はかんすいの存在を感じない美白な細麺で、
細いわりに少し粘りのあるようなムチッとした食感。

とはいえ華奢で弱々しいようには感じず、
最後までへたらずにその粘りをキープしており、
しっかりと小麦の風味を楽しめるものでこれまたいいですな!

チャーシューは小ぶりだがトロリと柔らかく、
薄味だが上品な脂の甘さが好印象。
ほんのり焼き目の香ばしさも感じられて非常に美味しい!

あとの具はメンマと海苔、青菜と白髪ネギ、
トロトロの味玉がデフォで半分入ってるのが嬉しい。

DSC03719.jpg

そしてカメラを構えたバカ面がバッチリ写り込むほど、
ピカピカに磨かれたステンレスの器で添えられてきたのは、
お好みで入れるという乾燥させた柚子皮。

これを良きタイミングで投入すると、
スープの熱で一気に溶けてふわっと柚子の香りが立ってくる。

当たり前のように舐めるようにスープまで飲み干しちゃった!
いや~これはわざわざ籠原まで来た甲斐があったわ!

ホントは食後のイタリアンコーヒーで、
まったりと一服して長い夜を楽しみたかったところだが、
連食予定の次の店が20時閉店というハードルの高さ!

慌てて車に乗り込んで次の店に向かいながら、
100円ショップで売ってた知らない会社の缶コーヒーで我慢ガマン!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑やたら甘くてまずいやつ気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0074.jpg
↑円の中心に蔵が建っているだけなのに、
 なぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!殿中にござる!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

きくちひろき@熊谷

DSC03713.jpg

2013年1月13日/きくちひろき/熊谷/
塩らーめん(しそ風味)+味付玉子/730円+100円


(ミステリーハンター風の口調で)
みなさ~ん!こんにちは~!
私がいまどこにいるか、皆さん分かりますか~!?

そうです!
年明け一発目となる出向のお仕事のため、
埼玉県は熊谷市まで来てるんですよ~!
(板東英二さんは出演を控えさせていただきました)

つか自宅から出向先まで実に100km越え!
先方には集合時間の30分前には着かないといけないので朝6時起き!
遠いっつーの!眠いっつーの!

でもわざわざ熊谷まで出向く機会なんて滅多にないので、
これはまさに大事な大事なラーメンチャーンス!
(右拳をグッと握り締めながら)

ここはやはりあの『がんこラーメン』の系譜で、
約2年前にラーツ部で訪れた際にそのあまりの旨さに、
思わずてらみん部長のナニがアレしてしまったという伝説を持つ、
『きくちひろき』さんを再訪するきゃない!するっきゃない!

DSC03712.jpg

ランチ休憩に「ちょっと用事があるんで出てきます~」なんつって、
現場から約2km車を飛ばして久々のご対面!

黒を基調とした妖しさ満点の外観、
ボロボロになったノレン代わりのTシャツ、
そして営業中を知らせるために鎖でぶら下げられた牛の大腿骨…!

DSC03714.jpg

良く見たら「幸せを呼ぶ大腿骨 さすって下さい」だって!
もちろん加藤鷹ばりのフィンガーテクでさすりまくってやりました!

どう考えても何も知らない善良な熊谷市民は敬遠しそうだが、
実際は入ってみるとすごく接客も丁寧で居心地も良いので、
勇気出して入ってみることをオススメします!

つかそんな外野の心配はご無用とばかりに、
ボンヤリと薄暗い店内には日曜昼時ということもあってか、
地元の家族連れや一人客の若者などで大盛況!

前回訪問時は色んなメニューをシェアできるラーツ部だったので、
あえて変化球を狙って青唐辛子の風味豊かな、
「青鬼」なるキテレツラーメンをチョイスしちゃったので、
今回はズバリ王道のスープを楽しめるものにしたい!ズバリ言うわよ!

しかし一番人気の「塩らーめん」だけでも、
仕上げにかける油がねぎ油、えび油、しそ油と風味の異なる3種類!

さらに「醤油らーめん」だとしても、
背脂の量によってあっさり、中間、こってりとこれまた3種類!

どれを食べるか朝からずっと悩みっぱなしで、
似顔絵を描く仕事なのにすべてラーメン丼を描いちゃう有様だったが、
(そっくりでしょ!の一点張りで強行突破!)
なんとなくさっぱりした味が食べたかったので、
「塩らーめん」をしそ油の味玉付きでファイナルアンサー!

てっきり秋葉原の『八代目がんこ』のような、
刻んだしそが散りばめられた油が浮かんでるのかと思ったら、
なんとしそを低温でじっくり揚げて香りを移した油が使われており、
スープの水面は驚くほど鮮やかなグリーン!

そのスープは鶏と魚介をベースにして、
スルメや果物などの独創的な素材をも巧みに操って炊かれた、
あっさりしてるのに求心力の強いまさにがんこ直伝のもの。

見た目よりしその風味は思ったほど強くなく、
スープの魅力を損なわない程度にふわりと香る程度。
はぁ~美味しい!本当に美味しい!

万人に合わせて塩分は控えめに調整されているが、
がんこ特有のショッパーな味を求める諸兄のために、
ちゃんと卓上に醤油と塩の元たれも置いてあるので安心しな!
顔はやめなボディにしな!

麺はかんすい由来の黄色みが強い、
おそらくがんこ系御用達の「さっぽろめんフーズ」製であろう、
極細でゆるやかにちぢれたタイプ。

茹で加減は硬めでしっかりとコシがあり、
スッと通っていくような喉越しも上々でございます!

むしろスープを飲んでいる時よりも、
麺を啜っている時のほうがしその香りが鼻に抜けて、
より風味が引き立ってくるのが面白いところ。

チャーシューは大きめのバラロールタイプで、
箸ではもう持てないほどにトロトロに柔らかく、
脂身の甘さが絶品のもはや神と崇め家内安全を祈りたいレベル!

黒ずんだ色の味玉も中までしっかり味が染みていて、
トロリとした黄身に麺をチョイ付けして食えば即死亡&蘇生!

半分ほど食べ終わったところで、
試しに「塩たれ」をレンゲに注いでひと舐めしてみたら、
これがまたアマゾネスにビンタされたかのような強烈なしょっぱさ!

しかしその塩気の奥に魚介、特に貝柱かな?の、
激烈なる旨味がギュッと凝縮されていて旨いのなんの!

レンゲ二杯分くらいスープに溶かしてみたら、
まさにあのがんこ系のしょっぱ旨いラーメンに大変貌!
思わず一滴も残さず飲み干しちゃいました!
これで血圧上がるんなら本望です!

すっかり陶酔しきって現場に戻ってきたのだが、
その後もしばらく余韻にひたりっぱなしで、
今度は描く似顔絵すべて一条家元の顔になっちゃったのでした!
アンガーラ太”郎

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑家元ブログも更新中!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0070.jpg
↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!
 だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

きくちひろき@熊谷

DSC00672.jpg

2011年4月23日/きくちひろき/熊谷/
青鬼/670円


あの池上さんも、
「いい部活ですねぇ」と絶賛のラーツ部です!
今月は埼玉の左上のほうを探訪中。

深谷の温泉施設で、
桜舞い散る露天風呂に浸かりながら、
桜色に染まった臀部を叩き合っているうちに、
あっという間に夜の部に突入です。
シートに座るとおケツが痛い!

お目当ては『きくちひろき』。
中山道沿いに突如現れる、
嫌が応にも目に入る巨大な骨の看板が目印。

DSC00671.jpg

店頭にぶら下がった牛骨、
「咲くか咲かぬか我がスープ」の謳い文句から、
ここががんこ系であることは一目瞭然。

竹を天井や壁に無数に使った、
かなり大胆で個性的な内装。
なぜか天狗の面や馬の肖像画なども飾ってある。

古めかしいデザインのラジオからは、
ガンガンにアップテンポなロックがかかる。

店主(多分きくちひろきさん)は、
厨房でひとりキビキビした動き。

メニューは醤油のあっさり、中間、こってり、
塩はネギ油、エビ油、しそ油と、
香味油の風味を変えて3種類も用意されている。
さらには謎の赤鬼、青鬼なるメニューまで!

ふん!鬼がなんだ!俺も男だ!
戦わなければならない時だってある!
ということで「青鬼」と対峙することに。

しかし目の前に現れたのは、
すごい形相でこちらを睨み付ける、
見るも恐ろしい鬼の顔!

DSC00673.jpg

ギャ~ッ!
やっぱりコワイよ~ママ~!!!

ちびりながら店を飛び出し、
慌てて東京の自宅まで逃げ帰って、
布団でガタガタと震えていたところ、
店に残っていたラーツ部メンバーから、
あれは鬼の顔を模したラーメンだと電話が入る。

じゃあ改めて食べにいきまーす!
(往復200kmの無駄)

純に澄みきったスープは、
キリリと引き締まった塩ダレをメインに、
動物も魚介も野菜も強く主張せず、
まるで黄金比のようなバランスを保っている。

そこに仕上げにジュッとかけられる、
熱々のネギ油の香ばしさと、
青唐辛子の爽やかな辛さが引き立ち、
さらにスープに深みを与えている。

がんこ特有のしょっぱさや、
青唐辛子の辛さはそれほどではないのだが、
身体の奧のほうからじんわり温まり、
ほんのりと汗ばんで色っぽい感じになってくる。
抜群に旨いなこれ!

麺は茹でる前にグイッと手もみされた、
細めのストレートタイプ。

がんこ系御用達の、
「さっぽろめんフーズ」製かは不明だが、
滑らかな啜り心地と、
コリコリした爽快な歯ごたえが絶品。

鬼の目の部分のチャーシューは、
ほぐした肉をハムのように固めたもの。
当然箸で持てないほどホロホロに崩れちゃう。

レンゲですくって食べると、
スープと対照的な濃いめの味付け。

フライパンでソテーされた、
熱々のメンマも昔ながらな感じでおいしい。

後半は揚げネギの香ばしさもスープに溶け、
思わず本日二回目のスープまで完飲完食!

DSC00674.jpg

これはてらみん部長チョイスの、
「塩ラーメン」のエビ油。

部長自身のマストラーメンだった、
新橋の『勇』を思い出したようで、
思わず涙ぐみながら食べておりました。

さぁ部長これで涙をお拭き…。
(手頃な大きさに切ったスポニチを差し出して)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑再利用気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

福は内@妻沼

DSC07904.jpg

09年10月31日/福は内/妻沼/
つけめん(中)/750円


『あぢとみ食堂』のある川島町からグッと北上し、
ネギでおなじみ深谷の温泉施設で休憩。
キレイで静かで12歳以下入場不可なので落ち着いてて上々!
フルチンで滝を見ながらリラックスすることも可能(ブラブラウォッチング)。

夜のラーツ部(アダルトっぽい)の第一食めは、
おとなり熊谷で自家製麺が話題となっている『福は内』を狙う。
狐に化かされてんじゃねえか?ってくらい真っ暗な道をウネウネ行くと、
「道の駅めぬま」のJA物産センターの一角に店舗発見!

何せ道の駅なので駐車場も店舗もかなり広い。
製麺室も軽く六畳くらいはありそう。

なんだか分からんがとにかくお冷やがうまい!
地元の天然水だったりするのかしら?
耳から漏れ出すほどガブ飲みしていたら「つけめん」が到着。

なによりこの麺の迫力といったら!
しなやかさと弾力を併せ持つ絶妙な茹で加減!
グイグイと歯を押し返してくるような強烈な粘り腰!
そして噛み締めるたびに香る小麦の風味!

なんでも地元の特産・大和芋を練り込んであるとか。
それでこの粘りが出ているわけですな。
感動のあまりトロロを全身に塗りたくる部員一同!
(みるみる赤く変色していく肌)

一方のつけ汁も featuring 大和芋、
M-flo風に言えば loves YAMATOIMO らしい。

豚さんをベースに煮干しなどの魚介をプラス。
そこに大和芋の甘さが効いていてまろやかで相当うまい!
濃厚さは芋由来のものなのでしつこくないのもいいところ。

いや~これは熊谷まで来た甲斐があった!
あ、そうそう一部ラーメンデータでは22時閉店と書いてありますが、
店先の看板を見ると20時半閉店に変更になってました。

余裕こいて遅めに到着すると、
隣のガソリンスタンドの灯りしか見えない暗闇で絶望することになるので、
遠征される方はくれぐれもご注意!

大和芋バンザーイ!
(痒みでヒリヒリする肌にさらにトロロ重ね塗り)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑道の駅でかぶれまくり気分でポチッと押してくださいませ~

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。