スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特上豚骨 自家製麺 一陽軒@塩釜口

DSC03307.jpg

2016年6月20日/特上豚骨 自家製麺 一陽軒/塩釜口/
特上味玉/940円


あぁ…次の一杯がついに名古屋ラストの一杯なのか…!

『こはく』さんからの『雪濃湯』さんと順調に昼麺を消化し、
またもやスーパー銭湯での休憩で温泉に浸かってるうちに、
お楽しみがもうじき終わってしまう事実が重くのしかかってきたよ…!

これからまた独りで350キロ走って東京へ帰らなきゃならないし、
4日間も空けていたために仕事も山のように溜まってるし…!

すべての現実から逃避してこれからは石として生きようと、
露天風呂の片隅にしゃがみ込んでジッと動かないでいたのだが、
体調不良と勘違いしたジジイにスタッフさんを呼ばれてしまい、
恥ずかしさのあまり逃げるように銭湯を後にしました!

そんなわけでラストに選んだのは名古屋ではおなじみの、
「好来系」の気鋭店である『一陽軒』さんでございます!

DSC03305.jpg

交通量もかなり激しめの国道153号線沿いにあり、
店の横にある駐車場に出入りするのにちょっと難儀するかも。

各種データベースだと夜の部は18時からとなっていたが、
現在は19時からと一時間遅く変更になっていて、
時間潰しにコンビニに寄ってる間にポールポジションをさらわれちゃった…!

定刻キッチリに「営業中」の札が出されて入店を促されると、
奥まで長く続くカウンターだけの店内は極めて和の面持ちで、
オープンから数年経っているはずなのにピカピカでまぁキレイだこと!
この清潔感なら林与一も安心してエタノールをポケットにしまうことでしょう!

そのピカピカ厨房では大きな羽釜がふたつグラグラと沸いており、
豚骨が水面からはみ出す状態で積み木のように重なっていて、
もはや木の蓋がその豚骨の上に乗っかっちゃってるよ!

こちらの店主さんは昨年の名古屋出張の際に訪れたことがある、
桜山の『好陽軒』のマスターのご子息さんだそうで、
そのお父様の味とかつて自身が修行した『博多一幸舎』『一本氣』の味を、
独自にミクスチャーした画期的な一杯を提供しているんだそうな!

そのメニューは「特上豚骨」と「特上黒豚骨」のみとシンプルで、
そこに自慢のメンマやチャーシューを組み合わせる形。

見た目にもぽってりとしていて濃厚そうな豚骨スープは、
ふたつの羽釜でスープを入れ替えながら育てていく「呼び戻し」方式。

臭みやしつこさといったネガティヴな要素は一切排除され、
とことん骨と髄の旨味のみが抽出されたまさに特上の味わいで、
さらに「好来系」ならではの根菜類の甘みとコクを加えるため、
細かくカットしたタマネギが沈んでいるのがすごくマッチして美味しい!

自家製麺は色白でちょいと太めという渡辺直美的ボディで、
箸でちょっとつまんだだけでもプニッとした弾力が伝わってくる。

まっすぐストレートなので太めでもスルスルと持ち上がりが良く、
噛んでる歯と歯茎がマッサージされているかのような、
クッション性の高いモッチリとした食感もまた素晴らしいの一言で、
8020運動を推奨している日本歯科医師会はすぐに表彰すべきですよ!

チャーシューは薄めにカットされたロース肉で、
脂身が少なく薄味なのでしっとりとした肉の旨味を楽しめる。

さらに「好来系」と言えば拍子木のような極太のメンマだが、
メンマ増ししなくてもスープの上に櫓のようにたっぷり組んであって、
さっきの羽釜の豚骨といい積むのがお好きなようですな!
きっと休み時間とかツムツムばっかりやってるんじゃないのチョンチョン!

ポリポリと強い歯ごたえと爽やかな竹の香りが絶品で、
毎回毎回「好来系」の店に行くたびにレポで書いてるけど、
このメンマをお持ち帰りしてビールのつまみにしたいーの!

中盤は高麗人参を漬けた酢を入れてさっぱりさせたが、
左隣りのお客さんが頼んだ「特上黒豚骨」にかかったマー油の香り、
そして右隣りのお客さんがガリガリと挽く粒胡椒の香りもたまらんかったね!

大満足で「ごちそう様でした!」と店を出ようとすると、
「ありがとうございました!またお越しくださいませ!お待ちしております!」と、
店主さんとアシスタントさんが見事なユニゾンでご挨拶!

これには感動してすぐ堂珍くんと川畑くんに電話でオファーして来てもらい、
「どういたしまして〜」と特上のハーモニーでお返ししました!
(ただし二人の美声のジャマになるので俺だけ口パク)

さぁさぁ!これにて名古屋を後にして東京へ帰りまーす!
もし疲れたら堂珍くん川畑くん運転代わってね!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑3人目のケミストリー気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg

↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』フレンチレッドは在庫限り!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らぁ麺や 汐そば 雫@堀田

DSC03248.jpg

2016年6月17日/らぁ麺や 汐そば 雫/堀田/
あじ玉汐そば/860円


年に一度(たまに二度)の「クリエーターズマーケット」への出店のため、
東京から約350キロを走破してやって来た恒例の名古屋出張は、
イベント前日の金曜日の午前中のうちに前乗りしての、
名古屋ラーメン食べ歩き行脚がお約束の行事となっております!

まずはマニア臭が溢れる『営利庵』の煮干しラーメンから幕開けした後は、
守山区から名古屋の中心地を避けるように瑞穂区へと移動、
ずっと存在が気になっていた『雫』さんで連食とまいりたいと思います!

というのも昨年総合ランキング3位を受賞した「ラーメンwalker」東海版で、
もうビジュアルから旨そうな「汐そば」に一目惚れしてしまい、
思い出すたびに全身から雫が流れて止まらなくなっていたのだ!

おかげで店に着いた頃にはもう車内は至るところビッショビショ!
あらかじめシートや荷物にゴミ袋を被せといて正解だったわ!

DSC03247.jpg

名鉄の堀田という駅から徒歩10分ほどの立地らしく、
店の前に3台分用意された駐車場が運良く空いていたので、
外観写真が撮りやすい一番端っこに停めてまずは記念撮影。
(もちろん気持ち悪いくらい肌をツルツルに加工してインスタにアップ)

空席もあったのですんなりと着席することができたが、
直後にドドッと団体客ばかり押し寄せ一気に行列になってしまった。
ついてる!俺きっと今回の出張はついてる!

ウッディでオシャレなインテリアの店内には製麺機を完備し、
小上がりには「穂のちから」や「傾奇者」などの小麦粉の袋が積まれ、
さらに様々な食材が棚に並んだ雰囲気はまるでラボラトリーのよう。

メニューは「汐そば」「醤そば」「まぜそば」とあり、
なぜか「まぜそば」のみ大盛りが無料という不思議なサービスも。

大盛りにはピクリとも反応せず「あじ玉汐そば」を注文すると、
細かい魚粉が浮かんだスープはコクのある鶏と魚介のダシで、
何かが突出することなく究極のバランスが保たれていてこれ美味しい!

塩…もとい汐加減は甘すぎずしょっぱすぎずの絶妙の塩梅で、
浮かべた鶏油も適度なまろやかさを与えていてついゴクゴク飲んじゃう!

さらに自家製麺はややカドの立った細めのストレートタイプで、
一本一本が長めなのでたぐるように箸で引っかけて一気に啜る。

滑らかな肌触りでツルツルとしたシルキーな啜り心地で、
弾力のあるシコシコしたフレッシュな食感の中に、
ほんのりとした風味が感じられてこれまた美味しいですな!

チャーシューは中心をほんのりレアに仕上げた低温調理タイプで、
ムチムチした噛み心地とジューシーな肉汁はローストポークのごたる!

さらにサクサクとクリスピーな細裂きのメンマといい、
あっさりとした塩味で黄身がトロトロのあじ玉もモアベターよ!

東京で似たような味を探せと言われてもちょっと思い出せない、
噂にたがわぬ非常にレベルの高い「汐そば」をいただけて、
感動のあまりまたも全身から流れ出す雫がしばらく止まりませんでした!

このあとはスーパー銭湯に立ち寄ってロングドライブの疲れを癒すので、
こっそりビショビショになったパンツを洗っておかなきゃな…!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑洗い場での洗濯は禁止です気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0058.jpg

↑漫画家みずしな孝之先生のアシスタント・フジイとのコラボ!
 名人との約束が守れない子のゲーム機なんか、
 お姉さんが容赦なく破壊しちゃうんだから!『ゲームは一日一時間』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

営利庵@大森・金城学院前

DSC03246.jpg

2016年6月17日/営利庵/大森・金城学院前/
醤油ラーメン/730円


さぁさぁ!年に一度(たまに二度)の名古屋出張ですぞーっ!!!
(地球に落ちてきた巨大隕石を中日の宇野ばりにヘディング)

毎年6月に開催される東海地区最大のアートイベント、
「クリエーターズマーケット」に出店するための出張なのだが、
当然そこには「#名古屋ラーメン食べ歩き」のハッシュタグも付随するわけで!
嫌が応にもテンションは血管が切れる直前まで上がるってもんです!フーウ!

東名高速の渋滞の回避と深夜割引で節約するふたつの目的で、
まだまだおねむな早朝も早朝の3時20分に家を出発、
途中5回のトイレ兼朝メシ兼エロ妄想休憩を挟みつつ、
片道350キロというウンザリするような距離を約8時間かけて走破。

名二環の小幡ICで降りてまず真っ先にやって来たのは、
名古屋市の北東・守山にある『営利庵』さんでございます!

ところで当ブログの賢明な読者さんなら薄々勘づいていたと思うが、
俺が東京を出た時からずっとシガニー・ウィーバーの顔マネをしていたのは、
実は屋号の「エイリアン」繋がりという意味だったのでした!
どうよこの古沢良太脚本ばりの見事な伏線の回収は!

DSC03244.jpg

DSC03245.jpg

「東雲荘」という鉄筋コンクリートのアパートの1階にあり、
オレンジ色のパトランプが回る「ラーメン」の看板が無かったら、
倉庫か何かと勘違いして通り過ぎてしまいそうなハードコアな外観。

居酒屋の居抜きのような古めかしいカウンター席だけで、
今どきブラウン管のテレビで「暴れん坊将軍」の再放送が流れる店内は、
オープン直後の早い時間だったので先客は誰もおらず、
エプロン姿のお母様がひとり新聞片手にくつろいでいた。

お店のブログでいつもボヤいてばかりいる店主さんは、
勝手にイメージしてたよりも年輩の方っぽく見え、
厨房の奥からヌッと現れて調理が終わるとまたヌッと消えていく。

メニューは「醤油ラーメン」「塩ラーメン」がデフォルトで、
さらに「特煮干し極ラーメン」や「極みこってり」などの濃厚煮干し系、
夏季限定の「冷やし煮干し中華」に「冷やし中華」と意外と幅広い構成。
ここはやっぱりオーソドックスな「醤油ラーメン」でしょうね!

ミニラーメンかと思っちゃうくらい小ぶりな丼いっぱいに、
なみなみとスープが注がれた状態で手渡されるので、
受け皿ごと慎重にカウンターに下ろすのに手がプルプルしちゃう!

そのスープの表面にはうっすらと油が引いてある程度で、
カエシの色合いも淡くていかにも穏やかそうに見えるが、
鶏ガラベースであっさりしているものの煮干しの旨味がくっきり立っていて、
予想以上にパンチがある力強い味わいに仕上がっている。

サービスエリアでの朝メシをおでんとおにぎりだけに抑えていたので、
空っぽの胃袋に染みるような味わいで1軒目に選んだのは大正解!

店頭に置かれた麺箱は「麺彩物語」と「太陽食品」の2種類で、
どのメニューに対してどれを使うかまではメンタリズムできなかったが、
色白で中細程度の太さのストレートタイプを合わせている。

低加水でコリコリした食感は煮干し系では定番の組み合わせで、
丼は小さいけどちゃんとひと玉分入っているので安心してください!

チャーシューは表面の焼き目が香ばしいバラロールで、
さらに太めでサックリしたメンマとトロリとした味玉が半分乗っかる。

後から入ってきたお兄ちゃんが頼んでた「特煮干し極ラーメン」も、
いわゆるセメント色のヤバげなスープで旨そうだったな!

思わず口の中からもうひとつのインナーマウスをニュッと出して、
つまみ食いしそうになっちゃったのはナイショの方向でね!
(ここでも見事にエイリアンネタを絡めたところでやめさせてもらうわ)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑リドリー・スコット監督気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0077.jpg

↑お前の髪はニセモノだ!
 周囲を気まずくする上司や家族の秘密を貴方に代わってズバッと暴露します!
 『カツラハンター』着用はくれぐれも自己責任で!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば 新谷@藤が丘

DSC01393_2015072118070819f.jpg

2015年6月19日/中華そば 新谷/藤が丘/
中華そば(チャーシュー3枚)/800円


暇つぶしにフロントガラスに篠崎愛の最新DVDを投影しつつ、
当然外の景色は一切見えないのでカンだけで走ること約350キロ、
今年もクリエーターズマーケット出店のため名古屋にやってまいりましたー!

※こむらは特殊な訓練を受けているのでマネしないてください
 あと篠崎愛のDVDはこのあとスタッフが美味しくいただきました

例によってクリマは出展者用駐車場が先着順のため、
遅くとも初日の朝5時には会場にいないといけないため(ゲンナリ)、
金曜のうちに前乗りして今日は一日ラーメン三昧!
名古屋におねえちゃんがいるわけでもねぇしそのくらいいいだろ!

というわけで東京からナビに住所を打ち込み、
まず真っ先に向かったのは名古屋でも屈指の人気を誇る『新谷』さん!

しかし店舗前2台とテナントのあるマンションの裏手8台の駐車場は、
常に順番待ちの車が停まっている噂通りのフィーバーっぷり。

特にマンション裏の駐車場は道路がメチャクチャ狭く、
出入りする車との譲り合いをするのにかなりのドラテクが求められるので、
来るなら小回りの効く軽自動車か大八車がオススメです!

つか感覚がマヒしてたけど今日ってバリバリのド平日なのに、
次から次へと客がやって来るこの混みっぷりは凄ぇな!

DSC01395_20150721180717a84.jpg

結局駐車場が空くまで15分ほどかかりようやく行列に並ぶと、
広々とゆとりあるスペースのU字型カウンター席と、
2卓のテーブルの境に大きな壁を設けたギャラリーのようなレイアウトで、
白黒のモノトーンでシックにまとめたインテリアが印象的。

メニューは「中華そば」のチャーシュー3枚と1枚、
それに「ピリ辛そば」や「めんまそば」「のりそば」などのバリエーションのみ。

細麺で伸びやすいため一度に二玉しか茹でない方針らしく、
着席してからもサーブまでにはちょっと時間がかかるが、
待ってる間に箸の箱、爪楊枝、胡椒&唐辛子など、
サーブまでの時間を逆算して少しずつ目の前に小道具がセッティングされていく。

かくして5時起きからの6時に東京を出発して、
約7時間後にようやくのご対面となった「中華そば」は、
まるで俺を歓迎するかのごとく巨大なチャーシューがお出迎え!

しかしまずはサラサラに澄んだ清湯スープからいってみると、
なんとチャーシューの煮汁と鰹ベースの醤油ダレに、
お湯を注いだだけという千葉の竹岡式のようなスタイルでビックリ仰天!

しかしドメスト感あふれる竹岡よりはもっと洗練された上品な飲み口で、
豚肉の甘みとコクがすっきりさっぱりと軽やかで、
隠し味に使っているというコンソメの香りも後味に鼻をかすめる。

ロングドライブの末にようやくたどり着いた泉から、
こんこんと湧き出る聖水のごたる清らかさでしみじみ旨いっす!

思わず一糸まとわぬ姿になって水浴びに興じたのだが、
それを目撃した村人の勘違いが人魚伝説のルーツと言われています!

麺は伸びやすいというのもそりゃそうね!とうなづける、
細めで強いちぢれが入ったいかにも「中華めん」なタイプ。

序盤は中心にほのかに残ったコシを楽しむことができるが、
みるみるスープを吸ってふわふわした食感に変わっていくので、
早く食べないとふやけてどんどん丼の底に沈んでいっちゃうから、
のんきに水浴びとかしてないで急げ!急いで食え!

DSC01394_20150721180709aab.jpg

そして厚切りジェイソンこと厚切りチャーシューは、
余裕でひとつ3センチは超えていそうな超ビッグサイズ!
ホワーイ!ジャパニーズピーポー!?
(ブログにアップするまでブームが続いてますように)

バラ肉を約7時間かけてじっくりと煮込んでいるそうで、
香ばしく表面を焼き固めて旨味を閉じ込めた中心に、
ホロホロに溶ける肉汁ととろける油が詰まるだけ詰まってて、
そりゃ切り落としチャーシューが飛ぶように売れてくのも納得だわ!

さらにコリコリと歯をビビらす食感の極太メンマに、
あっさりスープに相性のいい刻みネギもどっさりで、
人気に比例した実力をまざまざと見せつけられましたぜ!
真っ先に東京から駆け付けてよかったよかった!

いきなりチャーシューを3枚もお見舞いされるという豚展開だが、
せっかく名古屋まで来たからには昼にもう一杯くらい食っとかんとね!

車の運転って意外とカロリー消費するらしいから多分イーブンだって!
しかもカンだけで走ってるから神経も使ってるし!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑高橋レーシング所属気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0086.jpg
↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツ!
 目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば まさ春@大江

DSC05373.jpg

2013年12月8日/中華そば まさ春/大江/
中華そば/670円


それでは最終結果の発表です!
ドゥルドゥルドゥルドゥル…(口でドラムロール)ジャン!

2日間にわたる名古屋でのイベント出店、
ものの見事に惨敗に終わりましたー!やっぱ冬はダメだー!

本当だったら明日の月曜まで延泊するので、
帰りすがら静岡あたりに寄り道してラーメンちょっと啜りつつ、
日帰り温泉でゆっくり疲れを癒して…とか考えてたけど、
貴重な売上金をこれ以上ムダに使うわけにはいかんので却下却下!
疲れなんてリポDでも飲んでりゃ勝手に取れんだろ!

というわけで失意のまま東京へ帰る前に、
名古屋ラストのひと啜り、いやこうなったらふた啜りじゃ!

まずは名古屋で最近ブイブイ言わしている『如水』グループという、
常滑線と築港線が乗り入れる大江駅のほど近くにある、
『まさ春』さんへ行ってみるぜあんちゃ~ん!(まさはる繋がり)

DSC05372_20140407144422878.jpg

店は県道55号名古屋半田線沿いにあり、
運転してるとイヤでも目に入る真っ白い巨大看板が目印。

店の裏手に3台分の駐車場があるのだが、
かなり急な傾斜になっていて停めるとものすごい車がナナメになり、
MJばりのゼロ・グラビティを決めてるんじゃないかって状態になるので、
停めにくいからかバンバン路駐してお客さんがやって来る。

厨房に面したカウンターに加えてテーブル席も潤沢で、
結構年輩にお見受けする店主さんを筆頭に、
元気良く、を超えてもはや威勢良くのレベルで接客している。

メニューは基本の「中華そば」を筆頭に、
「味噌ラーメン」「博多とんこつラーメン」「たいわんラーメン」、
さらに「まぜそば」「つけ麺」とかなり豊富に揃っていて、
唐揚げやアジフライ、コロッケなどの揚げ物を絡めた定食も完備。

一期一会の店は基本!ってことで「中華そば」を頼むと、
もうサーブの段階から笑って白旗を振るしかないチャーシューの圧!

DSC05376.jpg

角煮を超えるデカさに加えて厚さも余裕で3cmオーバーの大物で、
持ち上げた箸が折れるんじゃないかっつーズッシリ具合!

オッパイにむしゃぶりつく時と全く同じ表情でかぶりつくと、
見た目に反して薄味でさっぱりとした味付け。

巨大なバラ肉をじっくりタレで煮込んだというその味は、
脂身は脂身らしく肉身はしっかり肉身らしい、
実に分かりやすいチャーシュー然とした印象。

ただ一度冷凍してしまっているようで、
核の部分はところどころまだ冷たいままなので、
スープの底に沈めて温めながら食べるのがローカルルールみたい。

そしてスープはなんとこのチャーシューの煮汁を、
お湯で割っただけという明らかに竹岡式と似ている驚きの手法。

そのため当たり前だけど余計な雑味がなく(お湯だもの)、
じわじわとチャーシューから油も染み出てきて、
ほのかに肉の甘みとコクが感じられて不思議だけど美味しい。

個性派揃いの中でもはや脇役に回っている麺は、
中細くらいの太さでかなり強いうねりを持っており、
熟成感があるのかブリンブリンとした歯ごたえのあるもの。

他のラーメンだったら充分主役を張れるポテンシャルなのに!
あまりにかわいそうな負け戦じゃないのさ!

チャーシュー以外の具は海苔と刻みネギのみで、
いかに原価のほとんどがチャーシューに費やされてるかが伺えるね!

隣の兄ちゃんが旨そうに食っていた、
「たいわんラーメン」にライス+アジフライっつー、
まるで「いい旅夢気分」の旅人のキャスティングみたいな、
不思議な取り合わせのオリジナル定食も気になったし、
とにかくこちらには驚かされることばかりでしたよ!

そして将来いつかオレの自分史を発行することになったら、
今日2013年12月8日は「人生でもっとも歯にものが挟まった日」と記すであろう!

肉の繊維とかネギとか全部の隙間に詰まっちゃって、
爪楊枝が何本あっても足りなかったよ!シーシーハーハー!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑糸ようじプリーズ気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0082.jpg
↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
 大好物のジャーキーを我慢し過ぎてよだれの池が…!『待てっ!』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

萬来亭@鳴海

DSC04432_20130930180128cf6.jpg

2013年6月30日/萬来亭/鳴海/
ラーメン並+たまごW+ねぎ丼小/600円+100円+220円


2日間にわたるクリエーターズマーケットin名古屋は、
そこそこの成績をもって無事に終了いたしました!
ご来場くださった皆様への感謝の気持ちを歌にしました!聴いてください!
(どう聴いてもトイレの神様をパクったっぽい曲を弾き語り)

いつもならイベント終わりでそのまま東京へ帰るところを、
なんと今回はもう一泊名古屋に滞在するのです!
なんたる贅沢!なんたるブルジョワジー!

ということで今夜もゆっくりスケジュールなので、
当然ひとり打ち上げがてらラーメンパイイチいっちゃうよねー!

シラフだしスーツも着ていないというのに、
頭にネクタイを巻いて打ち上げ感を演出しながら、
車で30分ほど走って向かったのは名古屋市は緑区の『萬来亭』さん。
なんでも地元で超人気の家系ラーメンのお店なんだとか!

名古屋でわざわざ横浜発祥の家系ラーメンもどうかと思ったけど、
すでに小牧市で博多とんこつラーメンも食っちゃってるし気にしない!
日本はもっとボーダーレスな社会にならなきゃダメなんだよ!

DSC04431.jpg

名古屋市といっても名駅や栄などの繁華街からはだいぶ離れた、
ちょっと寂しい住宅街にお店はあるのだが、
なぜか表の看板に照明が灯っていないので、
最初どこにあるのか見つけられなくてグルグル探しちゃった!

しかもイベント終わりの晴れやかな気持ちで来たというのに、
店の向かいの駐車場に後から入ってきた家族連れに、
早足でスッと割り込みされてしまって心の弁が一気にピシャーン!

10分ほど外で待っている間に、
iPodの中のグラビア画像などを全力で眺めて、
強引にテンションを回復させてからようやく着席。

カウンターとテーブル席で20人は入れそうなキャパだが、
その席は常に埋まっているという噂にたがわぬ大人気っぷり。

壁に貼られたメニューを見ると「ラーメン」の醤油豚骨と塩豚骨、
トッピングのねぎとチャーシュー、たまごとのりのみという、
シンプルながらも過不足ないラインナップ。

麺の固さや油の量、味の濃さなどもお好みで選べるため、
厨房には注文を通す呪文のような言葉が飛び交っている。

しかしホールを担当する金髪パッツンヘアの、
木村カエラが好きそうな美容師っぽい風貌の女の子が、
忙しい厨房を完璧に仕切って陣頭指揮をこなしていて感心感心!
思わず心の中で「Butterfly」を熱唱!

3回目のサビを唄ってる最中に供された「ラーメン」醤油の並は、
淡い色合いのスープに映える大きな海苔にほうれん草、
そしてうずらの玉子というビジュアルで、
まさに家系の中でも『壱六家』の系譜を踏んでいると思われるもの。

そのスープはかなり鶏油もカエシも控えめに設定してあり、
甘くクリーミーな豚骨の風味を活かした、
優しいながらもしっかりとパンチのある味わい。

『吉村家』伝統の濃厚ワイルドなラーメンをミスターSASUKE山田と例えるならば、
こちらのどこか女性的なんだけど骨太なラーメンは志穂美悦子だわな!
まぁ自分でも何言ってるか良く分かりませんけども!

麺はどこの製麺所なのかは分からなかったが、
いい意味でだらしなくスープに寝そべるような平打ち太麺で、
一本一本が短くブリブリッとした歯ごたえのある食感。

注文時に特に好みは聞かれなかったので茹で加減は普通だと思うが、
この麺なら柔らかめくらいに指定したほうが、
よりスープとの親和性が深まりそうな気がする。

チャーシューは脂身の少ない部位でまあ普通、
そしてほうれん草は見た目は少なそうに見えるけど、
実は丼の底に沈んでいるので後から後から出てくるぞ!

うずらの玉子は常連さんにならってダブルで頼んじゃったので、
4+4+デフォの1で合計9個もプカプカ浮いちゃってます!

しかし適度に味が染みて黄身もトロリとしており、
スープとも相性バツグンで実に美味しい!
うずらダブル、いやトリプルくらいは必至ですぞ奥さん!

DSC04433.jpg

そして今夜は連食する気がなかったので、
人気のサイドメニュー「ねぎ丼」の小も追加で注文。

単純にラー油の辛さだけではなくごまや黒胡椒など、
スパイシーな香りを付けたねぎと刻みチャーシューを和えて、
ホカホカご飯にたっぷり乗っけたもの。

卓上の豆板醤を軽く落として、
鶏油とスープをしっかり浸した海苔で巻いて食べれば、
この世のものとは思えない得も言われぬ幸せ!ジュテーム!

そもそも自分の家系ラーメンデビューが、
同じ『壱六家』系列の東京木場『大黒家』だったわけだし、
こういうクリーミー家系ラーメンはDNAに刻み込まれた味で大満足!
なるほど地元で人気があるのも大いにうなづけました!

さぁー今夜はゆっくりホテルで休んで、
明日は名古屋を離れてちょっくら麺遠征としゃれ込むぞ~!
バタフラ~イ今日は~今ま~で~の~♪
(ウエディングドレス姿で幸せいっぱいの表情で)

--------------------

★2013年5月のトータル杯数/30杯
★2013年の通算杯数/128杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,644杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ゼクシィ気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

豚そば ぎんや@黒川

DSC02412.jpg

2012年6月30日/豚そば ぎんや/黒川/
豚そば/700円


麺レポの前にまずは愚痴ですよ愚痴!
有料ブログじゃないんだからちょっとは付き合いなさいよ!

今回出店した名古屋のアートイベント、
根本的に駐車場のシステムがおかしいんですよ!

出展者のための駐車場は事前予約が可能なのだが、
荷物の搬入がしやすい平面の駐車場は、
わずか100台もないくらいで基本当日の早い者勝ち。

それ以降回される立体駐車場は、
小さなエレベーターがいっこしかないため、
荷降ろしの大渋滞に巻き込まれるという扱いの格差っぷり!

なので会場が開くのが7時からだというのに、
5時には車の列に並ばないといけないという無駄さ!
しかもいつ動き出すか分からないので、
一人だとトイレにもコンビニにも行けない地獄!

エロ妄想の使い手じゃなかったら、
こんな時間をただただ無益に過ごすところだったわ!

そんなこんなで長距離ドライブの疲労と極度の寝不足で、
イベント初日終了後はピリオドの向こう側へ!
逆に一気にハイテンションになったまま夜麺に突入しまーす!
(お待たせしました愚痴終了です)

前日に昼営業に間に合わなかったため、
当初の予定を変更してまずは豚そばの『ぎんや』へ向かうべく、
地下鉄を乗り継いで黒川という駅へ。

しかし最寄り駅つっても店はかなり遠く、
どんどん景色は寂しげな住宅街に変わっていき、
不安で涙が止まらなくなった辺りでようやく店発見!
通りすがりのおばあちゃんに飴もらって慰められちゃった!

DSC02411.jpg

なんだか別業態店も含めて、
名古屋市内に4店舗だかの支店を増やす実力店だが、
ここ本店はL字カウンターだけのこじんまりした感じ。

常に外の椅子に行列が絶えない人気で、
入店着席までには30分ほどを要してしまった。
いくらエロ妄想しても足りねぇ!

メニューのキモは当然「豚そば」だが、
丸鶏魚介系清湯の「汐そば」に「海老味噌ラーメン」、
「つけそば」はストロングや限定のカレーパンプキン、
さらに「まぜ郎」なんてアレ系なメニューも…。

しかしこういう時に冒険する気にならない、
事なかれ主義ボーイとしては普通に「豚そば」を注文。

お盆に乗せた丼を手渡しされるのだが、
そのお盆が丼底の大きさギリギリのサイズなので、
受け取ってカウンターに置くまでがグラグラしてかなり危険!
すぐに人間工学の先生を招聘しなさい!

手間暇かけて抽出したという豚骨スープは、
なるほどザラッと髄や骨粉が溶け込んだ、
濃密な味わいながら臭みやしつこさは抑えられていて、
気品すら感じるたたずまいで素直に旨い。

そこにほんの香り付け程度に、
鰹メインと思われる魚介の風味と、
必要最低限の味付けに醤油ダレが加えられている。

底には細かく刻んだタマネギが沈んでいて、
それが食後のさっぱり感を演出。

途中で卓上の七味をパラリしてみたが、
華やかな辛味は豚骨の風味に見事にマッチ!
今度から豚骨ラーメン屋には七味持参だな!

麺は長浜ばりの超極細ストレートで、
デフォルトでバリカタくらいに茹でられていて、
かなり歯ごたえが強いタイプ。

ダレやすいので大盛りは不可らしいが、
極細麺の割には量はけっこう多いように思った。

具はチャーシュー、穂先メンマ、青ネギに海苔で、
チャーシューは厚く切られたバラ肉で、
ちょい濃いめの味付けで存在感が大きい!具が大きい!

結果的に構成は良くある豚骨魚介なのだが、
丁寧な仕事が垣間見えるラーメンで、
決して十把一絡げでくくっちゃいけないレベルの高さでした。

疲れで満腹中枢もクラッシュしたのか、
一杯食ったら食欲はさらに加速!
急ぎ栄まで戻ってもう一杯じゃ!
ついでに道行くナゴヤ嬢も抱けるだけ抱いとけ~!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑夜の帝王気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。