活龍 海老蟹専門 甲殻堂@つくば

DSC01154_20150527144424e74.jpg

2015年4月25日/活龍 海老蟹専門 甲殻堂/つくば/
海老そば/700円


夜の部から合流した今月のラーツ部茨城遠征、
まずはつくばの『飯村製作所』さんで絶品中華そばを堪能し、
ラストに向かったのは同じつくば市内にある『甲殻堂』さんです!

茨城県内で飛ぶ鳥を落として白湯スープにする勢いの、
『活龍』グループが新たにお贈りするニューカマーで、
今度のコンセプトは海老や蟹などの甲殻類をふんだんに使った、
ラーメンやつけめんを提供するお店なんだとか!

そもそもラーツ部は蟹工船での労働で知り合った仲間たちなので、
甲殻類と聞くとあの頃の辛さを思い出して涙が止まらないね…!

その頃の僕たちのエピソードは小林多喜二くんが、
「蟹工船」という小説にしてくれているのでKindleで買ってぜひ読んでね!

DSC01148.jpg

DSC01149.jpg

北関東ではおなじみのスーパー「カスミ」の向かいにあり、
なんと駐車場を挟んだ隣りのテナントに、
『活龍』の総本山があるという力の入ったロケーション。

ドアをくぐった瞬間から一発で鼻を持ってかれるほど
強烈な甲殻類スメルが店内に充満していて、
厨房が一望できる広々とした明るいカウンターは、
海老蟹大好きなスケベな若者たちを中心に満席の大盛況。

DSC01150.jpg

ちょうど空いていたので1卓だけあるテーブル席に通されたのだが、
一枚一枚違うキャッチコピーが印刷された紙のマットに、
割り箸とおしぼりがキッチリとセッティングされていたりと、
さすが『活龍』系ならではのホスピタリティーは徹底している印象です!

メニューはタッチパネル式の券売機でしか見られないので、
ひとまず全員でポチポチと色々押しながら確認。

まずラーメン系は「海老そば」と「濃厚海老そば」、
さらに日替わりの「渡り蟹のつけめん」「伊勢海老のつけめん」に、
「海老まぜそば」という悩ましいラインナップ。

てらみん部長が率先して「伊勢海老のつけめん」をチョイスしたので、
成り行きでもっともオーソドックスな「海老そば」にしてみた。

極太麺ゆえサーブまでには少々時間がかかるので、
海老や蟹の殻でできた甲冑をまとってキャットファイトに興じ、
「これがホントの甲殻機動隊なんつって!」とひとボケかまして、
士郎正宗にハリセンでシバかれたところで「海老そば」登場!

甲殻類をイメージさせる真っ赤な丼でサーブされるのだが、
スープの色は白っぽくパッと見はあまり海老っぽくないビジュアル。

しかしサラッとした口当たりの動物系清湯をベースに、
とんでもない海老フレーバーに満ち溢れていて、
そのギャップに思わずエビ反りになるほどビックリ!

どちらかと言うと海老の「殻」というよりも、
「身」から抽出したような旨味成分が強く感じられ、
果たしてここまでの海老感を出すのにどんだけの量を使ってるんでしょ!

麺は細めだけど平べったく圧ぺんされており、
ピラピラとしたゆるやかなウェーブがかかったユニークな形状。

多加水なのか持ち上げるとうっすら透き通っていて、
プニッとしたどこか可愛らしさのある食感が印象的で、
もちろん啜るたびに海老スメルが鼻を貫通していくよ!

具はシンプルに薄味に仕上げたバラ巻きチャーシュー半カットと、
鰹ダシが染みるだけ染み込んだ極太メンマ、
それに崩れるまで煮込まれた刻みタマネギと万能ネギ。

DSC01151.jpg

一方KEN-1部員オーダの「濃厚海老そば」になると、
ダシもドロリとした動物系白湯がベースとなり、
その名の通り濃厚でどっしりとした口当たりに変貌。

さらに甘海老のドッヘをミキサーで粉砕した、
オレンジ色の「海老エキス」まで浮かべられているので、
海老がキライな人だったら水戸あたりまで逃げちゃいそうなほど、
めくるめく甲殻類ワールドが展開されております!

DSC01152_2015052714442109c.jpg

さらにタグ部員オーダの「海老まぜそば」は、
スープと海老エキスでひたひたになった極太麺に、
大量の粉チーズとタバスコをかけて食べる洋風まぜそば。

重厚な海老の風味に乳製品独特の酸味も折り重なり、
個性的にも程がある不思議な味わいになっていて、
個人的にはちょっと味覚の許容範囲をオーバーしてたかな…?

DSC01153_20150527144423d39.jpg

そしててらみん部長が真っ先にチョイスした「伊勢海老のつけめん」。

極太な上に超固茹ででゴリゴリ食感の麺200グラムに、
一切麺が沈んでいかないほどスーパードロドロの動物系白湯、
それに強烈なしょっぱい味付けのインパクトに完全に負けてしまい、
満腹感のあまり半分ほどで箸を置いてしまう緊急事態に!

聞けば1軒目の『豊崎自転車商会』ではラーメンにチャーハンまで付け、
『良温』でもデフォより麺の量が多い「生海苔のまぜそば」、
そして『飯村製作所』で200グラムの麺と山盛り野菜の「タンメン」と、
明らかに自分の胃袋のキャパを読めていないメニューチョイスが露呈!

涙目でフーフー言いながら何とか完食はしたものの、
その後カスミのベンチにグッタリと腰掛けたまま、
三日三晩動けなくなっていたのでそのまま放置して帰りました!

みんなも食べ過ぎにはくれぐれも注意だよー!
(蟹工船でオホーツク海に消えていきながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑プロレタリア文学気分でポチッと押してくださいませ~
 

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!
 激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば 飯村製作所@研究学園

DSC01145.jpg

2015年4月25日/中華そば 飯村製作所/研究学園/
中華そば醤油+味玉/750円+100円


俺はどうしても外せない用事を済ませたその足で、
人生初乗車となるつくばエクスプレスに揺られ、
始発の秋葉原から終点のつくばへと単身向かっていた…!

というのも今月は茨城におじゃマップしているラーツ部部活動に、
スパ銭での休憩からでも途中合流するためだよ!

先月の群馬遠征も大阪出張と重なってしまい、
楽しい部活動に参加できないという事態になってしまったので、
2ヶ月連続のお預けだけはどうしても避けたかったのだよ!

たとえ始発から終点まで1時間近くガッツリ乗車して、
片道1,000円オーバーの電車賃をかけたとしてもな!
おかげでケツボンバー(痔)が痛くて痛くて泣きそうだぜ!

しかし昼に『豊崎自転車商会ラーメン事業部』からの『良温』と、
土浦の2軒をやっつけていたラーツ部本隊は、
筑波山のてっぺんにある天竺みたいな温泉に行っちゃう始末!
こちとら車も無いってのにどうやって辿り着けと!

筑波山行きのシャトルバスもギリギリで終わっちゃってたし、
かといってサイバーシティつくばには昼キャバやビデオBOXも見当たらないので、
結局迎えが来るまで駅ビルのベンチで2時間以上もボーッとするのみ…!
こんなことならアキバのコスプレ風俗にでも行ってりゃよかった…!

結局18時半になってようやく筑波山から降りてきて、
温泉の香りをホカホカさせて紅潮している部員どもの穴という穴に、
コスモ星丸のフィギュアを腹いせにギューギューねじ込みながら、
夜の部一発目に向かったのは『飯村製作所』さんです!

DSC01143_2015052714435025d.jpg

水戸スタミナラーメンの『馬しゃ屋』からのリニューアルだそうで、
店舗はつくば駅からそれほど遠くない場所なのだが、
Googleマップで検索するとなぜか筑波山のふもとにある、
ガチの工場っぽい「飯村製作所」がヒットする。

ひょっとして店主さんのご実家だったりするのかな?
なんにせよナビを鵜呑みにしてそっちに行かないように注意だ!

二重扉の奥にゆとりあるテーブル席とカウンターが並び、
ウッディーで落ち着いた空間はなかなか居心地がよく、
厨房ではいかにも体育会系な雰囲気の店主さんを筆頭に、
若々しい店員さん達がテキパキと働いている。

メニューは『馬しゃ屋』時代のスタミナラーメンは消え、
「中華そば」の醤油と塩をトップに「汁なし」「つけ麺」「タンメン」と豊富で、
他にも二郎系の限定「オレジ。」などもあるようだがこの日は未提供。

サーブの瞬間からスモーキーな香りが広がる「中華そば」の醤油は、
煮干しの魚介風味をメインに据えたあっさりテイスト。

しかし焼き干し由来だと思われるその香ばしい風味と軽い酸味、
そして屋台骨を支える動物系ダシとたっぷり浮かべた鶏油が、
淡麗ながらもしっかりとした力強さを備えておりなかなか美味しい!

何より筑波山からの冷たい風に吹かれまくって、
仮死状態にまで陥っていた身体に温かいスープが染みる!染みるよ!
のうのうと温泉に浸かってた輩にはこの気持ち分からんだろうな!
(また腹が立ってきてフィギュアを穴にギューッ)

自家製麺は普通盛りでも200グラムとかなりのボリュームで、
少食な人向けに50円引きで麺半分にすることも可能。

中細以上中太未満の太さの断面が丸いストレートで、
箸で持ってもズシリとした重量感が伝わってくるもので、
低加水でハリが強くゴリゴリした歯ごたえがインパクトハイ!

ただあまりに麺の主張が強すぎて淡麗系のスープとは、
若干アンバランスになっちゃってる印象は否めないので、
個人的にはもうちょい多加水でフワッとした麺のほうがベターかな…!

チャーシューは程よくサシの入ったウデ肉で、
赤身のワイルドな味わいが楽しめる厚切りのものが豪快に2枚イン。

さらに細裂きメンマと海苔と2種類の刻みネギ、
トッピングした味玉は黄身がほぼ液状のトロトロ具合だった。

DSC01146.jpg

同じ「中華そば」の味玉入りをタグ部員は塩味でオーダ。

尖りがなく優しいミネラルを感じさせる塩ダレに、
昆布のような旨味成分もしっかりと効いていて、
よりダシそのものの風味が楽しめてこちらもなかなかいいね!

DSC01144_20150527144351179.jpg

さらにてらみん部長は珍しく「タンメン」をチョイス。

中華鍋で一気に炒めたてんこ盛りの野菜と、
細かく刻んだ生の生姜のトッピングはどこか『トナリ』チック。

しかしベースのスープが優しいのであそこまで豪快ではなく、
野菜の甘みがしっかりスープに溶けていて実に美味しい!

DSC01147.jpg

そして件のゴリゴリマッチョな太い麺が、
一番ポテンシャルを発揮していたのがKEN-1部員オーダの「汁なし」!

茹でてから水で締めることによってさらに屈強な歯ごたえになり、
そこに濃いめの醤油ダレと油がしっかり絡んできて、
ピリ辛のほぐし肉やフライドガーリックも波状攻撃を仕掛けてくるので、
噛めば噛むほどえもいわれぬ幸福が口いっぱいに広がるよー!

まぁ1時間かけて移動してきた上にこの寒い中ながら、
噂にたがわぬクオリティの「中華そば」に大変満足できたので、
温泉の件は長い付き合いに免じて許してやろう!

でも今度全員でアキバのコスプレ風俗おごれよこの野郎!
もちろんレンタルルーム代もそっち持ちでな!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ぴっくるす気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺や 松辰@つくば

DSC04148.jpg

2013年4月13日/麺や 松辰/つくば/
限定B 清湯煮干し塩/650円


く・る・ま!く・る・ま!
(パジェロがリコールされた当時の東京フレンドパークの観客)
どうも!平成のホンジャマカことラーツ部です!
ちなみに本家よりはもうちょっと仲はいいと思います!

茨城を巡る本日の部活動ラストの一杯は、
先ほどの『活龍』からも程近いつくばの『ドラ猫』さん!

DSC04144.jpg

DSC04145.jpg

おそらく80年代の筑波万博の頃に、
高度成長期に伴う大規模な宅地造成の計画の一環として、
各地方から移住してくるであろう住民のために、
人工的に配置されたと思われる歓楽街が密集しているエリアがある。

その名もズバリ直球の「くいだおれ」!
完全に当時のデベロッパーが大阪から丸パクリしたことは明白!

『ドラ猫』さんはそんな渋い「くいだおれ」の一角で、
スナックや一杯呑み屋と肩を並べて営業している様子。

やはりTPOに合わせた身だしなみが大事なので、
俺はお魚くわえたドラ猫のコスプレ、
てらみん部長はそれを裸足で追いかけるサザエさんのコスプレ、
タグ部員はその一部始終を盗撮してYoutubeにアップして逮捕される大学生のコスプレと、
完璧なチームワークを披露しながらいざお店へ!

DSC04142.jpg

みんなが笑ってるーーー!!!
(どちらかというと嘲笑のほうで)

DSC04143.jpg

つかさぁ!ちょっとマジで怒らせてもらうとさぁ!
お店で公式のTwitterやってるのにさぁ!
営業時間の変更なんてこんな大事なことをなぜツイートしないのよ!
アカウント見てるのはお友達だけじゃないのよもうっ!

※その後はちゃんと営業情報もツイートするようになったみたいです

このまま2時間近くもボーッと待ってられないので、
わずらわしいサザエコスプレの衣装を乱暴にトランクに投げ込んで、
茨城ラーメン本を見ながら緊急リカバリ会議を行うも、
これからの移動ではめぼしい店にはどうにも間に合わず…!

どうするラーツ部!どうなるラーツ部!

しかし先ほど駐車場の空きスペースを探していた際、
同じ「くいだおれ」の一角に『松辰』さんという、
正直ノーマークだったラーメン店があるのを発見していたので、
もういてもたってもいられずこちらですぐさまリカバリ決定!

DSC04146.jpg

店頭のPOPでは鶏白湯の「濃厚白みそらーめん」を推していたが、
なーんか味噌の気分じゃねぇなーとブツブツ言っていた一同、
しかし券売機を目の前にして一気に表情が恵比寿顔に…!

なんと「濃厚白みそらーめん」以外にも、
「あっさり醤油」に「濃厚白湯醤油」に「黄金鶏そば」と、
予想以上に多彩でフットワークの軽いメニュー構成!

さらに「限定A」「限定B」と限定メニューも2種類あり、
ひとつは「海老和えそば」もうひとつは「清湯煮干し塩」と、
つま先から脳天まで電流が走るほどそそられる内容!

タグ部員に基本っぽい「黄金鶏そば」を任せて、
つい限定とか頼んじゃったオイラはニボ蔵!ヤクザなニボ蔵!

ウッディな店内はカウンターが少々とテーブル席がメインだが、
間隔を広く取った開放的な雰囲気。

ホール担当のぽっちゃりした安藤美姫みたいな風貌の女の子が、
まだ接客に慣れていないのか一生懸命なんだけど、
どこかたどたどしいのが逆にカワイイ!おやつあげたい!

さほど待たずに提供された「清湯煮干し塩」は、
まるで泉のように澄みわたったクリアな水面。

じっくりと水出ししたような、
パステルタッチで柔らかく優しい煮干しダシを軸にした、
波紋のように旨味が広がっていくような味わい。

昼に食べた『イチカワ』とは対極の煮干しの使い方で、
改めてダシを取るという行為の奥深さを感じさせられますな!

そして奇しくも本日三回目の菅野製麺製の、
かんすいの存在を感じさせない色白美人な細麺には、
軽く手もみ程度のちぢれが付けられている。

やや硬めの茹で加減で調整されていて、
コリコリとした体幹を感じるような締まった歯ごたえ。

チャーシューは厚めにカットされた三枚肉、
めんまは白ゴマで和えられている丁寧なお仕事っぷり。
2種類のネギの上に散らされた一味唐辛子がナイスアクセント!

DSC04147.jpg

タグ部員チョイスの「黄金鶏そば」は、
その名のとおり鶏ダシ100%の清湯スープで、
みずみずしい鶏の旨味にあふれていてこちらも美味しいじゃん!

具ではカリカリに焼いた刻み油揚げが、
いい感じにスープを吸ってふやけていっていい感じ。

ハッ!そういえば油揚げといえば、
同じつくばの『ハリケンらーめん』でも具として使ってたような…!
開店時には生花も届いていたようだしひょっとして何か関連が…?

DSC04149.jpg

そしててらみん部長はもうひとつの限定、
「限定A 海老和えそば」をチョイス。

モチモチとした極太のちぢれ麺には、
あらかじめパスタのように海老ペーストを和えた状態。

ねっとりと甘い海老の風味が絡む麺だけでも充分イケるが、
そこに別添えの濃厚海老塩スープをつけ汁にしたり、
直接丼に注いで海老ラーメンにしたりと、
様々な楽しみ方ができる実に面白い一杯となっている。

申し訳ないが不勉強ゆえ完全ノーマークだっただけに、
予想外のハイレベルなラーメンだったのは非常に嬉しい誤算!

これだから麺活はやめられないのねーん!
(くいだおれの看板によじ登って絶叫)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑絶景かな絶景かな気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑ただいま全国で大ヒットロードショー中!
 映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

つけめん・らーめん 活龍@つくば

DSC04136.jpg

2013年4月13日/つけめん・らーめん 活龍/つくば/
つけめん/750円


ビートルズがやって来る!ヤァヤァヤァ!
ついでに後ろからラーツ部もやって来た!ラァラァラァ!

土浦の温泉で充分な休息を取ったのち、
再び科学万博の余韻も冷めないつくばに逆戻り。
目指すはようやくの初訪問となる『活龍』さんです!

つくばでは一二を争う人気店ではあるものの、
基本的に多数決(たまに拳)で店を決めるラーツ部では、
どうにも豚骨魚介系はプライオリティが低くなってしまい、
なかなか票数が伸びず後回しになってしまっていたのだ。

しかしこのままいつまでもズルズルと
惰性だけで一緒に暮らしてる同棲カップルみたいな状態じゃダメ!
はっきりカタを付けてよ!やってられないわ!

DSC04135.jpg

山口百恵のドヤ顔を各自完全再現しながら、
55号線から一本入った道にあるお店に到着すると、
店舗前の駐車場はなかなか埋まっていて盛況を物語っている。

「天辺ダッシュカンパニー」が運営するこちらは、
最近はすぐ隣りの敷地に博多ラーメンの『バリ龍』を開店、
さらに二郎系の『龍郎』やその亜流の『活龍+1』など、
茨城県内で多岐にわたった店舗拡大を続けており、
そろそろ「ガイアの夜明け」で取り上げられてもおかしくない勢い。

ジャズが流れる店内も天井が高く開放的で、
スタッフの衣装も内装も白黒赤でまとめたスタイリッシュな雰囲気で、
テーブルも広くファミリーユースにも最適。

もちろんメニューの要は「つけめん」で、
中盛りはおろか大盛りまで無料と、
なかなかのサービス精神でよろしゅうございます!

他にも「とんこつ醤油」とか「中華そば」、
さらに「タンタン麺」と豚骨魚介系じゃないメニューも豊富。

サイドメニューの「龍神ぎょうざ」のキャッチコピーが、
「俺のぎょうざを食ってくれ!」と『雷神』と同じなのは偶然?
それとも何かムニャムニャモゴモゴな関係が?

濃厚系に食傷気味のてらみん部長とタグ部員は、
早々に自前のブリーフをDIYで改良した白旗を挙げて、
「中華そば」と「タンタン麺」をチョイスする日和りっぷり!

部員で唯一おおっぴらにブログやってる自分に、
定番メニューを任せるという大義名分はあるけれども何さ!キイッ!
んじゃあ俺が率先して「つけめん」いったるわい!
並盛りでも300gあるらしいけど知ったことか!

歪んだ形の重厚な面持ちの丼の中で、
美しく折り畳まれた麺がまず芸術品のよう!
これは早く「美の巨人たち」で取り上げるべき!
(どんだけテレ東好きなんだよ)

国産小麦100%で製造されたというその極太麺は、
ギッシリと詰まった感のあるガチムチ系だが、
首の皮一枚でほのかなモッチリ具合を残した絶妙な茹で加減で、
意外と300gも訳なくすんなり胃袋に収まっていく。

噛めば噛むほど小麦粉の薫りが口いっぱいに広がり、
そのまま塩でも付けて食べてもペロリといけちゃいそう!

その麺を受け止めるつけ汁はどっぷりダークブラウンで、
豚骨と鰹、煮干しをバーリトゥードで戦わせた、
超ステレオタイプな濃厚豚骨魚介系。

しかし濃度こそ高いものの油分には頼っておらず、
コラーゲン由来によるねっとり感なので、
しつこさやもたれは感じず食べやすい仕上がりになっている。

具は脂身たっぷりのブロックチャーシューが4切れほどと、
拍子木状のゴリゴリメンマが3本ほど。

DSC04139.jpg

終盤つけ汁が冷めてきたところで、
『TETSU』が始めて以来もはやお約束の「焼き鉄」を注文。

DSC04140.jpg

ジュンジュワ~!!!

スープが地獄の釜状態で一気に熱々に戻り、
ネギが焦げてその香ばしさもプラスされるので、
フィニッシュに向けて絶妙な味わいの変化が楽しめる。
スープ割りは和風ダシの入ったポットからお好みでどうぞ!

DSC04138.jpg

てらみん部長チョイスの「中華そば」は、
いかにもいにしえの東京醤油ラーメン!と呼びたくなるような、
鶏ガラのしっかり効いたクリアな清湯スープに、
チリチリのちぢれ麺という組み合わせ。

DSC04137.jpg

一方タグ部員の「タンタン麺」は、
真っ赤なポルシェこと真っ赤なラー油が一見辛そうだが、
それ以上にゴマペーストがマイルドに効いていて、
甘みと辛みが共存していて食べやすいタイプ。

「つけめん」だけでなくこの辺の亜流メニューも、
しっかり及第点以上を叩き出してくるあたり流石ですな!

さぁ!泣いても笑ってもデレてもヤンでもあと一軒!
正直300gの麺でおなかはパンパンだが負けないアタイ!
おいおめぇ後輩だろ?じゃあチェリオと胃薬買ってこいよ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑消化促進剤気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑ただいま全国で大ヒットロードショー中!
 映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

煮干中華ソバ イチカワ@つくば

DSC04124.jpg

2013年4月13日/煮干中華ソバ イチカワ/つくば/
特濃煮干ソバ/760円


毎度お騒がせします!ラーツ部でございます!
ラーツ部公式LINEスタンプもぜひダウンロードしてね!
(主に部員それぞれの下腹部のイラスト)

今月の部活動は茨城にロックオン!

勘のいい方はすぐにお分かりいただけると思うが、
もちろん茨城となれば今回もっとも重要な宿題店なのが、
類い稀なる大行列店だという噂の『イチカワ』さん!

もとは龍ヶ崎で『風天』という屋号で始まり、
『伊藤』『ajito』というまったく毛色の異なる二店の、
インスパイア的メニューを提供していたお店だったのだが、
このたび煮干しラーメン一本に絞って移転リニューアルし、
今や茨城はおろか関東全域のニボ助たちを骨抜きにしているという。

そのニボ助を世の女性に例えるのであれば、
『イチカワ』の存在は言うなればマイケル富岡!
そんな絶倫系煮干しラーメンを黙って見過ごすわけにはいかんざき!

ちなみにマイケル富岡の建てた豪邸は、
ガレージを抜けるとすぐにベッドルームに直結しています!
はい!ここセンター試験に出ますよ!

DSC04122.jpg

そのマイコーことイチカワさんは「リッチモンド2番街」という、
昭和の時代から時計の針が止まってしまったような、
天井が吹き抜けになった古いテナント施設の一角にあるのだが、
そんな裏寂しい雰囲気に似合わぬ大行列が!

かなりの混雑を見越して開店時間45分前に着いたというのに、
なんとすでに8人待ちという狂乱っぷり!

建物入口のスペースはすでに先客の車で埋まっており、
10mほど離れた専用駐車場も我々が停めた時点で満員札止め、
その後は遅れを取った者どもが次々と駐車場難民となり、
困った様子で何度もウロウロしているという異常事態!
(周辺にコインパーキングの類いは皆無)

ちょっとコンビニにでも寄り道して、
熟女系のエロ本なんぞ立ち読みでもしてたもんなら、
我々もあの難民と同じような事態になっていたかと思うと、
つくづく熟女がそんなに好きじゃなくて良かった!ホッ!

DSC04123.jpg

結局開店時には30人オーバー!
その後も客足は途切れる気配無し!酒池肉林!

店内は広々としているもののカウンター9席のみで、
窓側にはあらゆる産地の煮干しが詰まった段ボール箱が、
テトリスよろしく大量に積み上がっている。

厨房には店主さんとそのお母さん?がいるようだが、
たまたま冷蔵庫で死角になる席になっちゃってなんも見えねぇ!

しかも全9席で前8人待ちということで、
先頭に並んでいた俺一人だけがファーストロットで座る事態に!
これじゃ他の部員とシェアできないじゃないの!ぐっすん!くっすん大黒!

メニューは「煮干ソバ」と限定30食の「特濃煮干ソバ」のみで、
特濃には「煮干し好きの為のメニューです。
稀にエグミ、苦味を感じるお客様もいらっしゃいます。
御一考の上、ご注文下さい。」とものものしい但し書きが。

エロい妄想を御一考した上でここは「特濃煮干ソバ」を、
さらにタレを黒(醤油)白(白醤油)S(塩)から選ぶのだが、
オセロ中島さんの早期復帰を願って黒をチョイス。

真っ白な丼で登場した「特濃煮干ソバ」の、
もはやブラウンともグレーともつかない、
コピックですら似た色を見つけるのは困難であろうスープは、
なんか異常に量が少なくて枯渇寸前のダム状態!
水道局がご家庭に節水を要請するレベル!

煮詰まってとろみが付いたような粘りがあり、
たったひと飲みで口中を煮干しが蹂躙するスーパーストロングスタイル!

苦味もエグミもすべて溶かし込んだ強烈な風味だが、
それを補って余りある旨味と動物系ダシとのバランスが絶妙で、
まるで麻薬のようにハマったら抜けられない魔性のラーメン!
こんなの食べたらミニにタコができちゃう!

菅野製麺の細ストレート麺も超硬茹でで、
完全に芯を残したポッキポキの食感。
歯のコンディションが悪かったら完全にアウト!

スープが少ないせいもあるのかもしれないが、
これだけ濃いスープをまったく乗せてこないという、
なんとも特殊な性質を持っていらっしゃいます!

大きくカットされたバラ肉チャーシューは、
焼いたような香ばしさのあるもので地味に旨い。

細いのにコリコリと歯ごたえのあるメンマと、
煮干しに負けない強い香りの3種のネギもなかなかの存在感。

隣の席のお兄ちゃんが「和え玉」なるものを追加していたが、
これは煮干し油と煮干し粉、タレをかけた替え玉を、
まずはそのまま食べて油そばの要領で楽しみ、
最後は余ったスープでつけ麺にするという遊び心にあふれたもの。
連食じゃなかったら死んでも注文するのに!

セカンドロットでカウンターの真逆の席に座った部員に、
デジカメを託して先に店を出てしまったので、
まったく味見ができなかった悲しみの一杯がこちら!

DSC04126.jpg

DSC04127.jpg

ちなみに写真上がてらみん部長の「煮干ソバ(S)+味玉」、
下がタグ部員の「特濃煮干ソバ(白)」だったはず。
まぁ食ってない人間には分かりやせんぜ!ヘッ!

当初の『伊藤』インスパイアだった面影はなく、
今や完全にネクストレベルまで振り切っちゃったような一杯。
そりゃ魔力に取り憑かれた者どもの大行列ができるわけだわ!

ちなみにマイケル富岡の豪邸は設計する段階で、
すでにラブホテルを意識した造りになってます!
はいこれも試験に出るから覚えて!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑マイケル大学富岡学部気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑2013年6月15日全国ロードショー!
 映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

喜元門 つくば@研究学園

DSC02515.jpg

2012年7月21日/喜元門 つくば/研究学園/
苦煮干塩/760円


元祖大食いクイーンことラーツ部の面々、
本日は茨城にて部活動を行っております!

ラストの一杯に選んだのは『喜元門つくば』。
以前やはり部活で石岡の本店には行ったのだが、
今回はそこのつくば支店にあたる。

カーナビに住所を打ち込んで向かったのだが、
大きなビジネスホテルの前で「目的地周辺デス」と案内終了、
しかし大通りにはそれらしき店は無し。

DSC02511.jpg

車を停めてしばらく周辺をウロウロしてみると、
なんと一本脇道に入った薄暗い場所に店があり、
大通りには背を向けてまったく見えない状態というひねくれっぷり。
こりゃ初めて来たら分からんわ!

入口の脇には大きなステンレスの機械が置いてあり、
そこには「タイムマシン」との張り紙が!

さっそく中に入ってみるも、
操作の仕方が分からず適当にいじってたら、
うっかり原始時代に放り出されて帰れなくなっちゃった!
2012年に戻ってくるまで長かったな!

店は厨房を見渡せるカウンターのみで、
照明の当て方など随所にもこだわりが見え隠れする。

ちなみにメンマが苦手な人は、
玉子に変更できるサービスもやっております。
麺とスープが苦手な人はどうすりゃいいの!?
(答え:来なきゃいい)

DSC02512.jpg

それにしてもこの『喜元門』っつー店は、
日本一メニュー決めに悩む店ではなかろうか!

ただでさえすごい量の麺メニューがあるのに、
さらにチャーシューを炭焼き、バラ、直火焼き、低温調理から選ぶという、
上司の娘との縁談レベルで悩ましい試練も待ってるし!

もう本日4杯目で考える気力も失っていたので、
それぞれ思うがままに麺とチャーシューをチョイス。
俺は『苦煮干塩』を低温調理で!

煮干粉などのざらついた感じは一切なく、
サラリとした滑らかで澄んだスープなのに、
名前の通り煮干しの苦味がズドーン!と口中に飛び込んでくる。
こりゃニボ蔵にとっては聖水でござんす!

信じられないくらいパワフルなのに、
後味は軽くて上品ささえ感じさせてしまうという、
もう魔法としか言い様のない不思議ちゃんだこと!

色白でストレートの麺は、
サクサクッとしたスナッキーな食感で、
煮干しのスープに合わせる定番のようなタイプ。

見た目のイメージに反して、
丼の底にギッシリと詰まるほど量が多いので注意!

低温調理チャーシューはピンク色で、
吸い付くようにムチムチの食感で旨い!エロい!ビデオ回したい!

穂先メンマはしっとりと柔らかく、
しっかり苦味を抜いたネギも具として主張している。

DSC02516.jpg

こちらはふじひろ部員の「あご出汁」。
これまた荒海をピョンピョン跳ねるトビウオフレーバー全開!
タモだタモ!タモ持ってこい!

DSC02514.jpg

これはKEN-1部員の「芳醇煮干らーめん」多分!
苦煮干とは一線を画す穏やかな煮干風味。
どっちが好みかはそれぞれの判断に任せた!

DSC02513.jpg

んでこれがタグ部員の「海老風味」これも多分!
昼に食べた『虎ノ道』に引けを取らない濃厚海老テイスト。
つかタグさん海老ばっか!もう海老になっちゃえ!

今回の4杯は全体的に麺の量が多く、
全員少々グロッキー気味だったのだが、
中でも群を抜いて青ざめた顔なのがてらみん部長。
(完全に顔色がシアン100%)

DSC02517.jpg

というのもチョイスした「鶏魚介煮干らーめん」が、
まさかの超濃厚ドロドロスープに極太麺!
胃にズッシリと重たいハードパンチャーだったのだ!

最後の最後でのヘビーな一杯は予想以上にダメージが大きく、
完食はしたものの完全にギブアップ!

介抱するのもめんどくさかったので、
タイムマシンで適当な時代に送っておきました!
過去か未来の皆さんてらみんをよろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑未来には本当にドラえもんがいたそうです(後日談)気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

はりけんラーメン@つくば

DSC00885.jpg

2011年6月25日/はりけんラーメン/つくば/
あっさり魚出汁(塩)/650円


皆さんこんにちは!
「週末部活」ももいろラーツ部Zでーす!
(加齢臭プ~ン)

今月の部活動は茨城つくば周辺!
さっそく二杯のラーメンをやっつけ、
筑波山のふもとにある温泉施設に向かう。

しかしナビの案内に惑わされ、
筑波山を登って降りる過酷なルートへ突入。
なんと軽自動車で峠越えするハメに!
エンジンがヒーン!って言ってたヒーンって!

ちっともサマにならない頭文字Dは、
景色のいい温泉に浸かりながら爆睡!
水分吸い過ぎてブヨブヨの身体のまま、
いよいよ夜の部に突入でーす!

DSC00884.jpg

チョイスしたのは『はりけんラーメン』。
今年5月にオープンしたばかり。

これまた畑に囲まれたロケーションだが、
居抜き物件を改装したと思われるお店は、
内装や調度品、器の類いも含めて、
かなりスタイリッシュで小綺麗です。

名刺を見ると店主さんは張替健一さん。
だから略して「はりけん」なのね!
エノケンとかと同じパターンね!
(渡辺のジュースの素を粉のまま飲みながら)

店舗面積はかなり広いのだが、
8席ほどのカウンターのみで、
窓側のスペースはかなり贅沢に空けている。
いずれテーブルとか置くんかね?

「濃厚魚介豚骨」がメインだが、
他にも「鶏そば」や「あっさり魚出汁」など、
かなり味のバリエーションは広い。

またもバラバラに注文してシェア。
しかしカウンターを横移動するのはめんどいので、
泣く泣くみんなの丼の撮影は断念!
勇気ある撤退!

俺担当は「あっさり魚出汁」の塩。

やや濁りのあるスープは、
なんと贅沢に鯛をベースにしてあり、
お吸い物を連想させるほのかな鯛の香りが、
鼻に抜けて気持ちいいまさにあっさりテイスト。

香り付けの油に過剰に頼らず、
ダシの風味を最大限に活かす方向性には、
非常に好感が持てちゃうじゃござんせんか!

麺は日清の傾奇者を使用しているという、
菅野製麺の中細タイプ。

これもほんのりグレーがかっていて、
細くてももっちりと粘りのある、
実にいい食感をしていやがる。

チャーシューは脂がとろけるジューシーなものだが、
個人的にはこのラーメンなら、
鶏チャーシューを合わせてもらえると嬉しい。
黒胡椒の効いた鶏つくねが絶品だから余計!

あとは穂先メンマと素の油揚げ。
店頭に置いてあった雑誌の写真だと、
油揚げには焼き目を付けてあったのだが、
この方がスープを吸ってふわふわになるからベター。

「海老が入りますけど大丈夫ですか?」
とアナウンスが入る「濃厚魚介豚骨」は、
まさに海老が香ばしく薫るパンチの効いたもの。

いっぽう白湯の「鶏そば」は、
バケットまで添えられてたりして、
とろりと口当たりのいい洋風なスープのよう。

そしてタグ部員の限定メニューは、
韓国風に味付けしたモツたっぷりのまぜそばで、
「モツのコリアン風」略して「モッコリ」!

やめてよー!下ネタ大嫌いなんだからー!
(パンツを足首までずり下ろしながら)

変幻自在のバラエティなメニューに、
引き出しの多さをまざまざと見せつけられた。

豚骨に魚介に鶏に海老と、
仕込みにかかる時間は相当だろうな~。

話好きみたいで、
お揃いのラーツ部Tシャツを着ているのを見てか、
色々話しかけてきてくれるはりけんさん。

くれぐれも体調管理には気をつけてください!
悲しけりゃここでお泣きよ!
(それはシミケン)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑失恋レストラン気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らぁめん 喜乃壺@つくば

DSC00881.jpg

2011年6月25日/らぁめん 喜乃壺/つくば/
煮干蕎麦醤油+味玉/730円+100円


<前回までのあらすじ>
今月から新たにラーツ部に、
正式メンバーとして加入したふじひろ部員。

ある日雷に打たれたショックで、
不思議な能力を身につけてしまってさぁ大変!

ふじひろ部員がちょっと念じただけで、
みんなのブラがポロリと外れちゃうので、
今月の部活は大騒動となってしまうのでした…。
キャーキャー!

--------------------

車の床にAMO'S STYLEのブラが散乱した状態で、
お次に目指すのはつくばの『喜乃壺』。
これで「きのこ」と呼ばせます。

あの小美玉の屈指の人気店、
『喜元門』の出身とあっては、
嫌が応にもハードルはビンビンに上がるってもんだ!

DSC00879.jpg

店の周りはつくば特有の、
賢そうな施設や建物ばかりで、
およそ民家があるような立地ではないのだが、
開店前から駐車場はいっぱいで長い行列が。

この人たちみんな博士号持ってるんでしょ?
つくば在住の人は全員持ってるって聞いたよ!
(人の言うことはなんでも信じます)

ウッディーな店内はテーブル席が多く、
大きな窓から灯りが差し込んで、
まるで居心地のいいロッジのような雰囲気。

店先の製麺室には屋号にちなんで、
「キノコホテル」のポスターが貼ってある。
マリアンヌ東雲様になら踏まれてもいい!

こちらも開店時間前にフライングオープン。
さっそく券売機の前で悩む部員一同。

メニューは「煮干蕎麦」に「鶏支那蕎麦」、
濃厚魚介豚骨の「真空蕎麦」、
さらには限定の「台湾ラーメン」など、
幅広いのも大概にしろよ!と怒りたくなる豊富さ。

さらにチャーシューはバラ、炭、直火、低温調理と、
どれも旨そうな4種類から選べる。
悩む!悩みすぎて頭痛がしてきた!
(脳天から煙がプスプス)

ここでラーツ部の利点を発揮!
全員でバラバラに注文してシェアする作戦に!
俺様担当は「煮干蕎麦」醤油に直火チャーシュー。

もう運ばれてきた丼の、
その一切の隙のないビジュアルにもう負けた!

決して濃厚ではないのだが、
しっかり煮干しダシが浸透しまくっていて、
深みを感じられる極上あっさりスープ。

じんわりと程よい苦味が口に広がって、
肩の力が抜けるようなしみじみとした旨さ。

麺は細麺と中太麺から選べる。
中太麺にしたら220gとボリューム満点!

やや灰色がかった独特の色合いで、
ややヌラリとした表面の肌触りと、
シコシコとした歯切れの良さが特徴的。

直火焼きチャーシューは分厚く切ってあり、
むしゃぶり付く喜びを楽しめる。
いやこの場合は「悦び」と書くべきか。

ムチムチとセクシーな歯ごたえで、
肉の旨味がジュージュー出てきちゃって、
もういやらしいのなんの!
ギックリ腰になったらどうするのよ(なんで?)!

味玉やメンマも質の良さを活かした、
シンプルな味付けでおいしい。
これは文句の付けようが無いな~。

DSC00880.jpg

こちらはタグ部員の「黒真空蕎麦」。

濃厚だがしつこくない動物魚介スープに、
香ばしいマー油がたっぷり。
ひと口飲んで「こりゃ真空だ!」と分かる。

DSC00882.jpg

てらみん部長は「鶏支那蕎麦」の塩。

ダシと塩の調和を重視したであろう、
インパクトよりバランス!の激あっさり味。
低温調理チャーシューも旨そう~!

DSC00883.jpg

そしてふじひろ部員は「煮干蕎麦塩」。

塩のほうがより煮干し感が、
はっきりと出たバランスで面白かった。

どれもこれもクオリティが高く、
腰が立たないほどヘロヘロ骨抜きにされた我々。

特にふじひろ部員は初の連食体験で、
かなりダメージが大きいご様子。
ならば筑波山ふもとの温泉で休憩だ!
きついブラなんか捨てて行け行け~!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑不法投棄厳禁気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (9)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報