大ふく屋 上野店@御徒町

DSC08004.jpg

09年11月30日/大ふく屋 上野店/御徒町/
野郎ラーメン(ニンニク増し)/850円


相変わらずすぐれないオラの胃袋ちゃん。
こうなったら逆にショック療法はどうだ!とばかりに、
二郎系ラーメンを摂取してみることにする(自殺行為)。

そういえば最近オープンした『大ふく屋』上野店限定で、
二郎インスパイアの「野郎ラーメン」ってのがあるんだっけか。
『せたが屋』系列の二郎とはどんなもんじゃい!?
さっそくアメ横に新巻鮭を買いにいくついでにGO!

券売機にはカネシの緑ラベルが誇らしげに飾ってある。
野菜、ニンニク、アブラ増しはコール制ではなく、
事前に券売機で無料の券を出しておく必要があるので注意!

オープン間もないはずなのに、
すでにやけに床がヌルヌルしている。
「うまい中華屋は床ヌルヌル」って誰のネタだっけ?たむけん?

並か大盛りかをチョイス可能なので、
調子に乗って大盛りを頼んでしまったが、
前の人に供された大盛りがかなりのストロング(蝶野レベル)だったので、
慌てて国際色豊かな店員さんに並に変えてもらう。

並でも野菜の量も豚3枚もなかなかのボリューム。
確かにカネシの効いた醤油ダレなのだが、
スープ自体は液体油も少なくかなりのあっさり加減。

その代わりグミ状の巨大な塊脂がかなり多く浮いていて、
後半をスープの表面を隙間無く埋めるほどになる。
もうちょっと味が染みてる脂ならいいんだけど…。

麺は断面が四角いまっすぐなタイプで、
二郎というよりも『ラーメン大』に近い印象。
強烈にコシがあってモグモグした食感はなかなかいける。

野菜はモヤシ:キャベツが8:2くらい。
茹で加減はシャキシャキで歯ごたえがある。
ニンニクは辛めでいい感じ。

さて…問題は豚さんなんですが…。
普段あまりネガティブファクターは書かない主義なのですが、
こればかりは問題外なので書かせていただきますよー!

皮目に近い部分のバラ肉で、
ジューシーでなかなかおいしい豚なのですが、
2切れめを口に入れた瞬間にチクッとした感触が…。

ビックリして戻して確かめてみる。
その正体をカメラは捕えていたのだ!
(グロテスクなので小さい写真にしておきます)

DSC8004-2.jpg

ぎゃー!豚の毛ーーー!!!

要は皮の処理が甘かったみたいで、
1cm四方で表面の毛が残っちゃってたみたいです。
豚足とかなら百歩譲ってもチャーシューで毛が残ってるってどうなのよ?

すっかり食欲をなくしてしまったので、
さすがに豚さんは残して帰ってきました。
ああ、今思い出してもあの感触はゾワッとする…。

改めて「生き物を食っている」という気持ちを忘れずに、
ありがたくラーメンライフを送ろうと決意した次第。
でも皮の処理くらいキチンとやってくれ!

--------------------

★2009年11月のトータル杯数/32杯
★2009年の通算杯数/315杯
★麺レポスタートからの通算杯数/672杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑豚さんありがとう気分でポチッと押してくださいませ~
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

元祖焼麺 ちゃんぽん太郎@西早稲田

DSC08002.jpg

09年11月29日/元祖焼麺 ちゃんぽん太郎/西早稲田/
ちゃんぽん/780円


ここ最近、どーにも体調がすぐれない。
なかなか疲れが取れなかったりすることがしばしば。
何か食生活なんかに問題があるのかしら…?

そんな折り、ひょんなことからお話しした、
元ジャイアンツ・広岡達朗氏から、
「野菜を食べなさい!野菜を」と平板な口調でアドバイスされたので、
さっそく大量の野菜を摂取しようと思います!

あ、ちなみに広岡氏とは話したことも会ったこともないです!

野菜が摂れるといえばちゃんぽん!
ということで西早稲田にオープンしたばかりの新店へ。
あの『一風堂』の新業態だそうです。

コンクリートと木を巧みに使い分けた内装。
かゆい所に手が届いてついでにアロママッサージまでしてくれるような、
細やかな接客態度はさすが『一風堂』といったところ。

調理工程をぼんやり眺めていると、
まず大きな鉄板に油を敷いて大量の麺を焼き、
それをほぐしてからスープの入った鍋に入れ、
さらに中華鍋で炒めた野菜を足して再度スープで茹でている。
かなり手間のかかってますな~。

底の浅い丼で供された「ちゃんぽん」からは、
スパイシーで食欲をそそる香りが立ち上がってくる~!

豚骨よりも鶏の風味が強いスープはややとろみがあり、
まろやかながらも濃いめの味付けと胡椒のピリリ感とで、
どこかジャンクさも兼ね備えたもの。
炒めた野菜の甘さも徐々にスープになじんでくる。

ちゃんぽんでもかなり太い部類に入る麺は、
片面だけを焼いて焦げ目をつけてあるので、
粉の質感が分かるポクポクした部分と、
焦げ目のパリパリした部分のコントラストが面白い。

ただ焼き固めているのでくっついてる部分があって、
ちょっと啜り上げにくいのが難点っちゃあ難点かな?

具材は豚バラ、ゲソ、2種類のカマボコのいきものがかりに、
白菜、モヤシ、ニラ、ニンジンのやさいがかり。

酢や醤油、ソースといったおなじみの調味料に加えて、
クラッシュニンニクや特製カレーパウダーといった変わり種もあるので、
後半は軽く酢を垂らしてさっぱりと、
ラストひと口はカレーパウダーを投入してみた。カレー合うな~。

分かりやすい味と見事過ぎるほどの接客で、
人気が出るのもそりゃうなづけるってもんです。

個人的には屋号はオープン前に仮に付けられていた、
『東京チャンポンセンター』の方がバカっぽくて好きです。
ま、どうでもいい話ですが。

つかこのブログ自体どうでもいい話だらけですがっ!!!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑どお~で~もい~いで~すよ~気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ハングリードラゴン@西刑部町

DSC08000.jpg

09年11月28日/ハングリードラゴン/西刑部町/
長浜ラーメン/600円


今月の部活動最後の店にして、
「栃木リベンジ」の2軒目でもある『ハングリードラゴン』。
略してハンドラ!

5月に行われた群馬遠征の際に、
てらみん部長の長らくの宿題店として候補に上がっていたのだが、
出発直前に宇都宮に移転していた事実が発覚。
無念を北関東に残したまま数ヶ月が過ぎたのであった…。

それからというもの、
群馬には一年中乾いた「からっ風」が吹くようになったんじゃ…。
めでたしめでたし…。
さあ、じいじのお話は終わりじゃ。良い子はもう寝るんじゃぞ…。

県道沿いの陸橋の陰にあり、
やたら道からは目立ちにくい立地に佇む長浜ラーメンの店。
2階には「華いちりん」やら「都」やら上級者向けのスナックが並んでいる。

店内には相当キテる豚骨スメルがもんもんに広がっている!
思わず近所の野良猫が入口の前にニャーニャー寄ってくるほど(マジ)。
猫なら煮干しダシが香る店に行けよ!

卓上には紅生姜、すり胡麻、ニンニククラッシュと元ダレ。
マー油は無料で提供してくれるのだが、
各自入れたり入れなかったりバラバラだったので容器ごと出してきてくれた。

DSC07998.jpg

どろんとレンゲが沈んでいくスープは、
まさに豚骨街道爆走スピード違反パトカー追走のド迫力!
豚臭さや髄から出る酸味もかなり出ているので、
苦手な人だったら靴を履くのもそこそこに退散しそう。

きようび都内でも、
ここまでサイクーなのにはなかなかお目にかかれないな~!
周りに密集した住宅がないからこそできるって感じかしら?

極細ストレート麺は茹で時間20秒のハリガネで。
ポリッとかすかに芯が残る噛み心地。
替え玉が前提の長浜ラーメンとはいえなかなか量も多め。

具はジューシーな脂身がたっぷりの厚いバラ巻きチャーシュー、
それにキクラゲと青ネギとこちらは王道。

「2杯以上入れないと効果がありません」というマー油は、
胡麻油とニンニクの香りが実に香ばしい。
各自すり胡麻や紅生姜でカスタムしつつ楽しんだ。
有料トッピングメニューの「辛玉」や「カレー粉」も気になったな~!

それにしても今月の部活は濃厚系が多かったせいか、
4杯制覇するのにかなり難儀してしまった。
部活前は体調管理を十分に気をつけねば!
とりあえずスクワット1,000回!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑太ももパンパン気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らー麺つるや@宇都宮

DSC07996.jpg

09年11月28日/らー麺つるや/宇都宮/
つけ麺/780円


上河内にある、
「公衆の面前で全裸になっても許される場所」こと温泉でひと休みしてから、
いよいよ今回のメインテーマであるところの、
「栃木リベンジ」を果たしに行くのであります!

昨年1月の部活で謎の臨休を喰らい、
食べることができなかった『つるや』のつけ麺。
1年半以上も臥薪嘗胆で待ち続けた無念をいま晴らさん!がおー!

18時半ごろに着いたら灯りがついている!
すでにいっぱいの駐車場だがひとつだけ空いている!
開店1時間で売り切れてしまうという「つけ麺」も残っている!
これにてリベンジ達成!イエス!

テーブル席が中心の店は黒を基調としていて落ち着いている。
客層は圧倒的に若い人ばかりなのが、
この店のスープの濃厚さを物語っているような。

ほとんどの客が「つけ麺」を頼むので、
巨大なザルで水切りされる麺の量がハンパない!
ちょっとした象の一回の食事ぶんくらいあるぞ(凸)。

今や太麺にはカテゴライズされないであろう太さの麺。
これがふわっとした食感ながらも、
しっかりしたコシを備え持った素晴らしい出来。
噛み締めるたびに小麦の風味もしっかり味わえる。

平たい皿に盛られているので一見少なそうだが、
実は皿の中央がくぼんでいてかなりの量が入っているというトリック。
まるっとお見通しだ(復活記念)!

一方つけ汁はみるみるうちに膜が張るほど濃厚。
豚骨と魚介が激しくぶつかり合うガチンコな出来。
これも中継したら内藤×亀田戦くらいの視聴率取るんじゃね?

しかし嫌味になる一歩手前の濃度でとどまっていて、
実にこの辺はバランスの良さを感じる。
魚粉に頼っていないのも好印象。

七味唐辛子と青海苔のようなものがほんの少し入っていて、
これがアクセントになって食べ飽きない。

分厚いドデカチャーシューはムチムチ、
短冊の極太メンマはちょっとゆるい食感で、
若干アタイのストライクからは外れていたかな。

麺の多さとつけ汁のドロドロ攻撃とで、
腹具合がかなりヤバいことになってきている…。
もう一軒のリベンジに若干の不安を覚えつつ移動しまーす!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑おなかパンパンリベンジ気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

自然派ラーメン 花の季@宇都宮

DSC07994.jpg

09年11月28日/自然派ラーメン 花の季/宇都宮/
ラーメン+極上半熟味付玉子/680円+160円


続きましては長らくの宿題店だった『花の季』。
ついに来たよ兄ちゃん〜!って感じですね!
俺兄ちゃんいないけど!

ちなみに屋号のサブタイが、
「バカうまラーメン」から「自然派ラーメン」に変わった様子です。

潤沢に用意された駐車場の片隅では、
自家製の白菜などの野菜類も販売している。
お店はログハウス風で天井が高い広々した造り。
あまりの解放感から真っ先に裸になるラーツ部一同(すぐ着たけど)。

DSC07993.jpg

まずお通しで自家製大根の浅漬けが登場。
軽く酸味が効いていて旨い!ビール!ビールを我らに!

看板メニューの「バカうまラーメン」にしようとしたら、
これって通常のラーメン2玉ぶん+味玉をプラスしたものらしい。
2杯目で洗面器みたいな器のラーメン食えねえっつーの!

そんなわけで基本メニューの「ラーメン」を。
さらに100円の「煮玉子」に対して、
160円と強気な価格設定の「極上半熟味付玉子」とやらがある。
アジアの石油王としては当然高い方でしょうよ(指輪キラーン)!

勝手なイメージで魚介が効いたあっさり系を想像していたら、
予想以上にこってりした豚骨醤油で驚いた。

背脂がしっかり溶け込んでいるであろうパワフルな味。
しかし変な嫌味はなく実にまろやかで上品っす。

小麦から畑で育てているという自家製麺は、
ややちぢれのある平たい形状。
気持ちいいくらい舌触りが滑らかツルツルで、
思う存分啜り心地を楽しめます。
素朴な小麦の香りもグー!

チャーシューはタレが染みた濃いめの味付け。
そしてセレブ御用達の極上玉子は、
白身の絶妙なプルプル具合とまったりした黄身の甘さとで、
なんだか果物を食べてるような気分になる逸品!

60円の余裕がお財布にあるのならぜひこちらを選ぶべき!
僕はおいしかったお礼に30億ほどチップで置いてきたけどね!
(豪邸から一万円札を撒きながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑鈴木義司インスパイア気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

E.Y竹末@喜連川

DSC07991.jpg

09年11月28日/E.Y竹末/喜連川/
塩中華そば/650円


栃木の皆さ~ん!お邪魔しま~す!
「お嫁さんにしたい部活ナンバーワン」こと、
東・ラーツ部・ちずるがやって来ましたよ~!

ごめんねごめんね~!
(あえてNGワードを堂々と言うという、
 一周回った妄言テクニック)

まずは栃木有数の温泉地、
喜連川の一角にある『E.Y竹末』。

もともと『竹末食堂』という、
老舗の食堂だったそうだが、
代替わりでラーメン店にリニューアルしたらしい。

ちなみに屋号の「E.Y」とは、
店主が心酔する矢沢永吉のイニシャルらしい。
となれば当然ブルーレイのCMでの、
ウネウネした独特の動きのマネで入店します!

店内のBGMも当然のように永ちゃん。
従業員同士の掛け声も、
「ヨロシクゥ!」で揃える徹底ぶり(凸)。

それにしても「肝っ玉母さん」そのものの、
お母様のまぶしい笑顔と、
気持ちよすぎる接客は素晴らしいっす。

店は昔ながらの食堂の雰囲気のままだが、
トイレは改装されていて、
それはそれは見事な空間となっております!

ここでネタバレしても面白くないので、
ぜひその目で確かめること!

「UWO中華そば」「SST中華そば」など、
謎のメニューが並んでいる中から、
基本の「塩中華そば」をチョイス。

鶏油でスープがキラキラ黄金色に輝いてます!
め、目がくらむ~!

穏やかな鶏ダシにズンと響く鶏油のコク。
端麗さとパワーを兼ね備えた絶妙なバランス。
冷めて全体がなじんでくると、
また印象が変わってくる。

「固めに茹でています」と断り書きがあるように、
中くらいの太さの麺は、
ザクッとしたハードな食感。
粉の質感や風味をじっくり味わえる。

青菜に笹ネギ、刻みタマネギにカイワレと、
種類豊富にたくさん乗った野菜はどれも新鮮。
特にネギは爽やかな苦味で相当おいしい。
さすがネギの獲れどころ北関東!

厚切りのチャーシューは脂身がふるふるで、
とろけるように柔らかくて旨~い!
これならチャーシュー丼頼んでもよかったなあ。

そして味玉の旨ぇこと旨ぇこと!
黄身の濃厚さが明らかに違う!
久々に心が震えた玉子だね!コケー!

部員同士でそれぞれ、
「UWO中華そば」や「二代目つけそば」、
さらには「まぜそば」をシェアリングして、
計5種類(!)食べたけど、
どれも個性的でクオリティの高いものばかり。

しょっぱなから当たりでラーツ部は絶好調!
車内でYAZAWAバスタオルを、
ぶんぶん放り投げながら2軒目に向かいます!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑止まらないMen-Men気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

海新山@学芸大学

DSC07989.jpg

09年11月27日/海新山/学芸大学/
超コラーゲン上上ラーメン/1500円


15年選手の麺狂いにとって、
それはそれは特級クラスの宿題店だった『海新山』。

何せキャッチコピーが、
「宇宙からやって来たご主人が作る、
 漢方やコラーゲンを駆使した古代中国ラーメン」!
ね、足が遠のくでしょ(凸)。

しかしせっかく学芸大学まで来たわけだし!と、
思い切って「ひとりラーツ部荒行」を決行してまいりましたっ!

五本木の脇道をちょっと入った、
車も通れないような狭い狭い道にひっそりと店はあった。

DSC07988.jpg

外から見ると中は真っ暗なのだが、
入口にはしっかり「営業中」の看板が出ている。

恐る恐る開けてみるとお母さんが静かに座っていた。
「いらっしゃいませ~」とやっとここで蛍光灯を付けてくれる(凸)。
どうやらご主人は不在の様子。

中華料理屋ならではの円卓と3席のカウンター、
年代物のストーブやラジカセが置かれた店内は、
そのままドラマの撮影にでも使えそうな昭和家屋100%テイスト。
あちこちにコラーゲンの効果を謳う張り紙が貼られている。

1500円もする「超コラーゲン上上ラーメン」を、
清水の舞台から飛び降りるつもりで注文!

正油・塩・味噌から選べるようなので塩にすると、
「レモン入りのほう?」と難易度の高い質問が。
とりあえず当てずっぽで「はい!レモンで!」と返答(凸)。

麺を茹でる音だけが聞こえる静かな雰囲気のなか、
古い給水機から「NASAが開発した純水」を飲みながら待つ。
怪しさ満点だけど確かに水自体はうまいな。

出てきたラーメンには確かにレモンの輪切りが浮いている!
もうノックアウト寸前!

怯えつつスープをひと口飲むと、
これが驚くほどさっぱりとした味わいで逆にビックリ。
もっと漢方薬くさいのを想像していたが、
かすか~に舌の奥にピリッとした辛さと苦味を感じる程度。
予想外においしいラーメンが出てきてさすがに拍子抜け。

麺は中細でややちぢれた、
極めてオーソドックスで懐かしいタイプ。
これには特に健康への効果はなさそうっすね。

チャーシューなどの肉類は入っておらず、
海藻と三つ葉、飴色のネギに青菜と変わった具材。
「レモンはコラーゲンの吸収、消化を助けるので食べてください」
ということなのでガブガブかじる。

「スープは全部飲んでください」とのことなので完飲完食。
食後に一休みしていると、
お母さんがボウルに入ったコラーゲンの塊を見せてくれた。

ふるふるした茶色いゼリーのようで、
「上上ラーメン」はスープのほとんどがこのコラーゲンを溶かしたものらしい。
油分は皆無なので胃にももたれないそうだ。へ~。

確かに2杯+しらすご飯まで食べた割には、
食後の胃への負担は少ない気がする。

それにしてもご主人の不在が気になるところ。
「医者に一度もかかったことがない」と豪語するご主人の、
ムーテイスト溢れる宇宙トークが聞きたかったなあ~。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑荒行はまだまだ続く…気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺処 びぎ屋@学芸大学

DSC07987.jpg

09年11月27日/麺処 びぎ屋/学芸大学/
醤油らーめん半熟味付玉子入り+静岡直送釜揚げしらすご飯/800円+300円


毎日毎日眠くて眠くてたまらん!
誰だ!日本中に眠い菌を散布しているヤツはっ!
ということで眠気を覚ますために久々に遠征してみたよ!
(理由は何でもいいのです)

新宿御苑の『ひるがお』や目黒の『ラーメンゼロ』で店長を務めた方が、
満を持して独立したという『びぎ屋』へムーンウォークでGO!

商店街の片隅でどこかのんびりした雰囲気。
ウッディーな店内のそこかしこに、
小さなガラス玉(海で漁をする時の浮き玉)がオブジェで飾ってあって、
ビーチコーミング好きとしてはそれだけで合格点でございます!

メニューは「醤油らーめん」のみなので味玉入りで、
ついでにしらすを使ったメニューは食べずにはいられない、
今流行りの「シラサー」としましては、
静岡直送という「釜揚げしらすご飯」も当然頼みます!

鶏の深いコクが底辺を支えつつ、
魚介の香りがすーっと鼻に抜けていく非常に上品なスープ。
甘露しょうゆを使っているせいか、
カエシにほんのり甘さがあるのが特徴的。

表面に小麦の粒々が見える中細麺は、
断面が四角くてザクッとエッジが利いた食感。
しかし噛みしめると素朴な小麦の味が広がる逸品。

チャーシューはバラ肉の煮豚とロース肉の焼豚と2種類。
ソフト、ハードと対称的な味わいが楽しめます。

さらにメンマも短冊と穂先の2種類だし、
味玉も黄身はトロトロながらしっかり味が染みている。
どんだけ仕込みに手間がかかっていることやら?

DSC07986.jpg

「釜揚げしらすご飯」はリアルにたっぷりのしらすが乗っていて、
ふわふわの食感と甘さがあって絶品!
次に生まれ変わる時はしらすに生まれ変わりたい(輪廻転生)!

しらす自体に十分塩気があるので、
付いてくる醤油はほんのちょっとかける程度がオススメ。

奥様の笑顔で柔らかい接客も含めて、
もはや今年開店とは思えない完成度の高さ。
東横線沿線に住んでる人は行っとけ!やっとけ!

ああ、眠い…。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ネムネム星人の仕業だなっ!気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報