琉球らーめん 虎@名護

DSC08829.jpg

10年6月30日/琉球らーめん 虎/名護/
虎・特製らーめん塩味+ゴーヤー餃子/
650円+300円


沖縄最終日の朝も、
3時間程度の睡眠でバッチリ起床!
酒豪伝説すごい!神!

本日はレンタカーなど借りまして、
ベタすぎる観光スポットこと、
もしくは美人すぎる海女こと、
「美ら海水族館」へとGO!GO!みなみ家!

巨大なジンベイザメに感動し、
奴に吸い付くコバンザメのように生きようと、
水槽に飛び込んでこっぴどく叱られ、
傷心のまま昼食に向かったのが『虎』。

名護市内から美ら海に向かう、
周りに特になにも無いような地味な場所に、
ぽつんと存在する不思議な立地。
白髪のマスターが一人黙々と作業。

しかしゆったりした小上がり席もあり、
大きな窓からは東シナ海も見渡せる。
昼寝!昼寝をさせてください!

県産の材料にこだわっており、
当然お冷やも薄めのさんぴん茶。
「特製」だと軟骨ソーキと三枚肉が乗り、
さらに沖縄らしさに拍車が。

飴色に輝くスープは、
嫌みのない動物系のコクに、
すっきりした魚介の風味が香る、
非常に繊細でバランスがいいっすね~。

隠し味はアバサー(ハリセンボン)だとか。
よく沖縄の市場で売られてる、
全身ひん剥かれてるのに笑顔のアイツね。

確かにすごく淡白な魚介の風味なのは、
そのアバ吉のせいなのかしら?

タレは沖縄県産の塩をブレンドしているようで、
甘みと塩辛さが実に丁度いい。

徐々に添えられたアーサ(岩海苔)の、
磯の香りもいいアクセントになってくる。

麺は自家製という平打ちタイプ。
かんすい不使用なのか、
口当たりツルツルでモチモチした食感は、
やや沖縄そばにも通じる。

チャーシューはほんのりピンク色。
ムッチリしていていやらしい!はしたない!

箸で持てない柔らかさの三枚肉、
骨まで食える濃厚トロトロなソーキも、
実にレベルが高くていやらしい!しどけない!

DSC08830.jpg

おもしろ半分で頼んだ「ゴーヤー餃子」も、
挽き肉&ニラの代わりに、
ゴーヤーのみじん切りが加えられていて、
爽やかな苦さで予想以上においしかった。

一人で作っているとは思えない、
ハイクオリティなラーメンを沖縄で食べられて、
非常に満足しております!

その後は瀬底島を冷やかして、
浜辺でたわむれる水着ギャルを、
全神経を集中して遠巻きにながめ、
記憶をこぼさぬように東京に帰ったのでした!

また来るよ~!水着ギャル~!

--------------------

★2010年6月のトータル杯数/31杯
★2010年の通算杯数/155杯
★麺レポスタートからの通算杯数/864杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑瀬底ビーチの運命や如何に気分でポチッと押してくださいませ~
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

首里そば@首里

DSC08788.jpg

10年6月29日/首里そば/首里/
そば(中)/500円


明け方4時まで飲み明かしたというのに、
翌朝は8時半にはカキンと起床!

沖縄のコンビニなんかで売ってる、
「酒豪伝説」の効き目はスバラチイ!
開発した人に2時間ベロチューしたい!

そんなこんなでホテルを飛び出し、
およそ3年ぶりの再訪になる、
『首里そば』へ向かうべくモノレールで移動。

相変わらず開店前から続く行列と、
2×3方式の6台で停めさせるために、
出入りで大パニックを引き起こす駐車場(凸)。

ギャラリーを改装した板の間に、
靴を脱いで上がるまったりした空間。

提供までにかなり時間がかかるので、
瓶のオリオンをチビチビやりながら、
ゆるい地元のラジオに耳を傾けつつ、
のんびり待つのが正解です。

極限まで透き通ったスープは、
究極の「引き算の論理」と言えるような、
淡い淡~い豚骨と鰹のフェザータッチ。

全神経を舌先に集中して、
儚く消えるようなダシの味を感じ取るのじゃ!
Don't think,feel!

そして木灰を練り込み、
油をまぶして寝かせて熟成させる、
沖縄伝統の完全手作り麺。

モチョッとした歯ごたえののちに、
プチンと弾けるような食感は、
ここでしか味わえない唯一無二のもの。

一本一本を噛みしめるように、
ゆっくり時間をかけて味わいます。

具は三枚肉と脂身のない肉、カマボコ。
紅ではなく針生姜なのが、
この繊細さを引き立てる大事な役目。

一日限定70食程度と、
非常に敷居が高い一杯なので、
沖縄に着いたら真っ先に駆けつけるべし!

--------------------

DSC08796.jpg

そして夜は沖縄では35年ぶり、
ナイターでは初開催となるプロ野球、
横浜×ヤクルト戦を観戦。

試合開始直前のスコールで、
ズルズルに濡れるハメに。
野良犬と同じ匂いを発しながら応援!

試合終了後は急いでホテルへ戻り、
サッカーW杯日本×パラグアイ戦をテレビ観戦。
またもや明け方まで飲み倒すのでした…。

今夜もカモン!酒豪伝説!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑お求めは薬局・コンビニで気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

栄町ボトルネック@安里

DSC08775.jpg

10年6月28日/栄町ボトルネック/安里/
沖縄そば+つまみ多数/600円


めんそーれ!めんそれーたむ!
またもや呼ばれてもいないのに、
沖縄にやって来たうーまくーですよー!
(訳:うーまくー=悪ガキ)

仕事を朝イチでこなしつつ、
15時羽田発18時半那覇着という、
呑み助には最適の飛行機を活用し、
ホテルでひとっ風呂浴びてから繁華街へGO!

今回どこより駆けつけたかったのは、
5年ほど前にフラリと飛び込んだ際に、
沖縄そばのあまりのダシの旨さに、
心底ほれ込んだ『栄町ボトルネック』。

よくガイドブックに出ている、
「牧志公設市場」よりはかなりマイナーな、
「栄町市場」の片隅のお店。

DSC08770.jpg

外ヅラもこんな感じだし、
いちげんさんの観光客だったら、
完全に素通りしてしまいそうなディープさ。

DSC08771.jpg

しかし一歩中に入ると、
奥に畳の小上がり席もあるような、
まったりゆったりした空間が広がる。

オリオンの小瓶をグイッとやったら、
完全に毛穴全開のダメ人間モードに突入!
基本呑み屋さんなので、
まずは豊富なつまみをついばみます!

DSC08772.jpg

島豆腐のやっこ。

箸で持っても崩れないほど、
しっかり固められた沖縄の豆腐。

右に写っているのは、
各テーブルに置いてある炒り豆。
勝手に好きなだけつまんでいいシステム。

DSC08773.jpg

ニガナ白あえ。

沖縄独特の野菜である、
その名の通りのニガナ(苦菜)を、
おぼろ豆腐と黒ゴマで和えてある。

シンプルな味付けと苦味が、
クラッカーとの相性もバツグン!

DSC08774.jpg

チーズポチギ。

こってり濃厚なソーセージ、
ポチギをこれまた濃厚なチーズとともに。

お店オススメの泡盛、
まるだいを一合頼んだタイミングで〆。

こちらの店では沖縄そばのダシが、
なんとヤカンに入れられて出てくるのだ。
おいしダシをたっぷり味わってほしいという、
お店の配慮みたいです。

DSC08776.jpg

そしてそのダシは相変わらず、
全身に染みていくように旨い!

店主のおばぁの味を目指しているという、
鰹の旨味に溢れたスープ。
油っぽさなどは一切排除された、
純粋に豊潤なダシの味を楽しめるもの。

もう生物学的に許されるのなら、
我が血管に血液の代わりに流したいくらい!
(瞬速で絶命するけど)

麺は沖縄そばの中では、
やや細めで柔らかめの茹で加減。
量も適度で呑んだ後にはベストなくらい。

そして通常は三枚肉や、
軟骨のソーキなどが乗るのが定番だが、
ここは皮付きのバラチャーシューなのが面白い。

麺を食いきってもダシばかり飲み続け、
気付いたらヤカン全部飲み干しました!
なんならドラム缶でください!

大満足で店を出たのですが、
その後明け方まで呑み明かしていたことは、
ここだけの秘密にしてくださいね…。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ビバ泡盛気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

GO!GO!みなみ家@蒲田

DSC08759.jpg

10年6月28日/GO!GO!みなみ家/蒲田/
醤油とんこつラーメン並+うずら+ミニライス/
650円+50円+50円


はいさーい!ぐすーよー!ちゅーがなびら!
(訳:やあ!皆さんこんにちは!)

沖縄では実に35年ぶりとなる、
プロ野球の公式戦が開催されることに。
(横浜×ヤクルト戦)

某横浜関係のお仕事を持つ身としましては、
これにかこつけて遊びに行く…もとい!
取材しに行かない手はございません!

ということで今日から3日間、
沖縄・那覇へ行ってくるさ~!

わーはもうちむどんどんさー!
(訳:俺はもうドキドキしてるよー!)

その前に羽田空港へ向かう乗り換え駅、
蒲田でサクッとモクッと一杯。

家系が食べたい気分だったので、
ちょっと気になってたGO!GO!さんへ、
若林豪と加藤剛とともにGO!GO!
(お二人とは蒲田で解散)

場末感ただよう歓楽街の片隅で、
やたら目立つ赤い扉で営業中。

ベテランっぽい店主とチャイナさんで、
手際よく作業をこなす。
常に客足は途絶えない人気っぷり。

ラーメンは醤油と塩、
さらに「豚の海岸物語」という謎メニューも。
気になったが初志貫徹で基本の醤油を。
うずらとミニライスもいっちゃおうぜ!

塩味なんじゃないかと思うほど、
白っぽい色のスープ。

とろんとマイルドな豚骨スープで、
鶏油の量や味付けも程々なので、
どことなく女性的な家系という印象を受ける。

いかついおっさん店主との、
見た目とのギャップがすげえ(凸)。

麺は太さが均一で、
まっすぐでストレートな平打ち。
おそらく非・酒井製麺かな?

ツルツルした口当たりなので、
優しいスープとは合っているように思う。

スライサーで切った極薄チャーシューに、
ほうれん草は家系のお約束。

そしてこの店のマストアイテムといえば
わ・さ・び・海・苔!

軽くピリッとくる辛味は、
スープを浸してライスと食べると最高!
悶絶するほど旨い!

うずらも濃いめの味付けなので、
ライスとともに行くのが正解。

後から来た客が頼んだ、
キャベツトッピングもてんこ盛りで旨そうだった。

さあこれで事前の麺補給も完了!
満を持して沖縄に向かうのであります!

やーがてんぶすくわっちーさびら!
(訳:あなたのデベソいただきます!)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ニセうちなーぐち気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

最強ラーメン烈伝@赤坂サカス

DSC08754.jpg

10年6月27日/最強ラーメン烈伝/赤坂サカス

約3週間にわたるラー烈も、
いよいよ最終日となってしまいました!

ラーツ部部長のてらみんちゃんと合流し、
悔いのない千秋楽にしたい所存です!

DSC08755.jpg

日曜日ということもあり、
近辺の会社が軒並み休みのためか、
ちょっと可哀想なくらい閑散としている。

時間を持て余し気味の某店主たちは、
すでに室内の食事スペースで、
赤ワインを開けて打ち上げモードに突入(凸)。
呑んどけ呑んどけー!

各店やけっぱちのように、
最終日限定メニューを並べるなか、
これだけは食べておかねば!と『大喜』へ。

DSC08753.jpg

らーめん 天神下 大喜/最強ラーメン烈伝/
極太黄金とりそば/800円


高円寺の『大喜庵』がリニューアルし、
正式に湯島の支店扱いになるらしい。
そこで提供される新メニューの、
プロト版的な扱いの一杯だそうです。

鶏油がキラキラ輝く様はまさに黄金!
王様が食べるラーメンですぞ~!

まるで上質の水炊きのような、
瑞々しい鶏の旨味にあふれたスープ。

鶏の挽き肉や春菊の香りで、
少しずつ味が変化していく。
まさに『大喜』の真骨頂といった感じ。

そして麺も『大喜』では珍しい、
かなり太めの平打ちのもの。

程よい弾力でモチモチした食感は、
端麗な鶏スープとも意外に相性がいい。

焼き色が付いた鶏チャーシューに、
細くてコリッとした食感のメンマ。
カイワレやネギも食感にひと役買っている。

高円寺に出る頃には、
さらに改良されての提供になるだろう。
裸の王様コスでまた行かねば!

忙しくなっちゃうよ~(安部譲二口調で)!

DSC08757.jpg

長尾中華そば/最強ラーメン烈伝/
こく煮干し/800円


イベントラストの一杯をどれにするか、
各店とも魅惑の限定メニューばかりで、
悩みに悩む俺&てらみん。

まさにラーメンの遊郭状態!
旦那さん遊んでおいきよ~!

さんざん悩んで決めたのは、
また青森との遠距離恋愛が続いてしまうので、
ヤれる時にヤっとけ!という真っ当な理由で、
今イベント2度目の長尾さん。

狂煮干しスープの「ごぐにぼ」は、
限定10食と狭き門で当然売り切れ。
やや狂煮干しの「こく煮干し」は限定30食で、
そちらは残っていたのですかさずゲット。

前に浅草松屋の催事で食べた時と、
その印象はまったく変わらず。

強い濁りのあるスープは、
鶏がメインでまろやかな口当たり。

そこに大関・魁皇が、
自慢の握力で煮干しを搾り出したかのような、
強烈な煮干しエキスを配合。

えぐ味臭み一歩手前のニボり具合だが、
鶏の円みがうまいこと中和して実に旨い。

麺は中細でちぢれの強いもの。
ポソポソした食感は、
どこか懐かしさすら感じるもの。

具はチャーシューとネギのみの潔さ。
チャーシューが肉厚ジューシーでうめ~!

またしばらく遠距離になっちゃうのか…。
青森に戻っても元気でな…。
ああ~早くアイツを抱きたい!

--------------------

店主さんたちの気合いの入れ具合や、
現場スタッフの細やかな配慮などで、
非常に楽しいイベントだったと思います。

もちろんまた開催してほしいけど、
あとは主催者がどこまで宣伝告知するか!
深夜帯にコッソリCM打つだけとか、
そんなみみっちい宣伝じゃダメダメ!

あと「ロケみつ」の放送枠は、
もっと早い時間に繰り上げよろしく!
(ラーメンと無関係の要望)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑桜・稲垣早希タンLOVE気分でポチッと押してくださいませ~
 

中華そば とんちぼ@鶴ヶ島

DSC08751.jpg

10年6月26日/中華そば とんちぼ/鶴ヶ島/
煮玉子そば/750円


埼玉で二杯をやっつけた我々ラーツ部。
比企郡のキレイな温泉施設で、
日頃の労働(お宝鑑定士、あなたの街の宣伝本部長等)で、
たまった疲れを流して夜の部へGO!

チョイスしたのは鶴ヶ島の『とんちぼ』。
駅前で静かな佇まいで営業中。

若いご夫婦と思われる二人で、
声を掛け合いながら、
楽しそうに調理しているのが印象的。

まさにおしどり夫婦!
またはおしぼりウェッティ!

しかしその調理工程はかなり複雑。

丼にタレや油を数種類入れてから、
ペースト状の謎の物体Xや、
寸胴から鶏油をすくい取って入れている。

さらに小鍋に何個もザルを突っ込み、
追い煮干しをした状態で、
ザルごと傾けてスープを注いでいる。

このへんは修行先の、
『多賀野』で研究した成果なのかも!

かくして出てきた「煮玉子そば」は、
見た目は非常にオーソドックスなもの。

しかしスープをひと口飲むと、
香りの良い煮干しの風味が、
口いっぱいにブワーッと広がる。

煮干し独特のクセや酸味は皆無で、
どこまでも豊潤で尋常じゃなく旨い!

しかし透き通っていたスープは、
徐々に濁りをたたえていく。

ああ…今度こそタヌキか…。
と思っていたらその正体は、
タヌキではなく丼の底に沈めていたペースト。

おそらく背脂ベースの何かだと思うが、
それが少しずつ溶けてきて、
動物系のコクが補填されるという仕組み。

まさに一杯で二度おいしい!
または郵便配達は二度ベルを鳴らす!

菅野製麺所の中太麺は、
断面の四角いシャープなもので、
芯をしっかり残した固めの茹で加減。

これはこれでおいしいのだが、
個人的にはもうちょい柔らかめで、
スープと一体化させて食べてみたい気もした。

チャーシューはしっとりジューシー。
ぷっと部員が頼んだ「チャーシューつけそば」だと、
さらにバラ巻きタイプも加えられていた。
これも旨そうだに~!

ほろっと柔らかいメンマや、
プリプリの煮玉子も文句なし。
全員スープまで飲み干して大満足!

メニューは「中華そば」と「つけそば」、
そこに限定メニューを1種類だけと、
非常にシンプルなメニュー構成。

鶴ヶ島という郊外のエリアで、
自分たちの手の届く範囲内で、
シンプルに最高の一杯を作ろうという、
職人的コンセプトには非常に共感いたします!

じゃんじゃん店舗を増やして、
次から次へと新業態を展開するばかりが、
決してラーメンの正解じゃないのだと、
声を大にして言いたいわけですよ!皆さん!

(立候補者にまぎれて渋谷の路上で演説)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑清き一票気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

うさぎや@寄居

DSC08749.jpg

10年6月26日/うさぎや/寄居/
らーめん/650円


秩父から少し南下し、
次にやって来たのは寄居町。
先日閉店した『十兵衛』で修行した、
女性店主の店『うさぎや』。

しかしナビ通りに着いた場所には、
店らしき姿はまったく無し。
石神本の写真と照らし合わせてみると、
そこは居酒屋に姿を変えていた…。

今度こそタヌキに化かされたのだと、
落胆して帰ろうとした矢先、
NASAが開発したマル秘最先端テクノロジーこと、
iPhoneで調べたぷっと部員から衝撃の一言が!

「おい!いつのまにか移転したみたいだぞ!
 あと砂糖は舐めると甘くておいしいぞ!」

大慌てで移転先へ向かう。
あやうく時間切れになるとこだった。
実際我々が頼んだ2杯で「らーめん」類は完売。
危なかった~!

以前の目立たない場所と変わって、
今度は広いバイパス沿いで目立つ目立つ。
テーブル席もあり広々した造り。

「らーめん」は細麺と中麺から選べる。
細く長く生きられるように、
との願いを込めて細麺をチョイス。

修行先の『十兵衛』の面影を感じるような、
ホッとするような和風のダシ。

動物系を下支えにして、
鰹や煮干しが穏やかに効いた優しい味は、
まさに女性店主ならでは。
ママー!ミルキーちょうだい!

細麺と言いつつも、
やや太さのあるちぢれ麺は、
かんすい香る昔懐かしいテイスト。

中麺とつけ麺、油そばと、
すべて違うタイプの麺だったので、
ひょっとしたら自家製かもしれない。

チャーシューは小ぶりながら、
ギュッと肉の旨味が詰まっていて、
穂先メンマも柔らかくおいしい。
デフォルトで玉子が半分乗っている。

いや~おいしかった!
ギリギリ間に合った甲斐があった!

iPhone持ちのぷっと部員に感謝!
ってか砂糖が甘いのは知ってっから!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑豊富な糖分気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 たつみ喜心@秩父

DSC08747.jpg

10年6月26日/麺屋 たつみ喜心/秩父/
味玉らーめん/780円


おうおう!
俺たちはラーツ部ってんだ!
昨日ムショを出てきたばかりなんだ!
ゴムひも買ってくんな!

そんな昭和の押し売りライクな我々が、
今月の部活に選んだのは埼玉北部。

高速を乗り継ぐこと約2時間、
ついに秩父までやって来たわけです!
行くとこまで行っちゃった感満載(凸)!

お目当ては以前から宿題の『たつみ喜心』。
店の隣はおもちゃの「たつみや」。
親御さんの店だったりするのかしら?

煮干しや鰹などの素材が、
理科室のようにディスプレイされている。
中には「烏賊煮干し」や、
「白えび煮干し」といった変わり種も。

店内はチャーシューを炙る煙が充満。
思わず119番したくなるレベル。

このまま視界が遮られて、
ようやく晴れたらそこには、
店なんてすっかりなくなっていた…。

た、タヌキだー!
あるいは影虎、影虎の仕業かー!?

真っ黒いスープの「らーめん」は、
見た目に度肝を抜かれるが、
ざらついた口当たりと鰹の香りは、
どこか『もちもちの木』を思い出す。

飲むと一瞬強い塩分を感じるが、
すぐにすっと消えていく後口の良さ。

とろり濃厚な鶏白湯をベースに、
鰹や烏賊煮干しをふんだんに使ったという、
魚介スープを合わせている。

焦がしたような風味もあり、
実に奥行き深い味わいに仕上がっている。

麺は丸い断面の中太ストレート。
ツルッと滑らかな啜り心地と、
プチッと弾けるような食感が印象的。

具のひとつひとつもリッチ!
脂身がジューシーなチャーシューと、
コリコリした強い歯ごたえのメンマ。

特に海苔は磯の風味が良く、
ネギも爽やかな苦味がいい高級品。
おそらく地元・深谷あたりのネギなのでは?

とにかくあらゆる食材を使いこなすのが、
楽しくてしょうがないといった雰囲気。

やんなっちゃうくらい揃っている、
日替わりの限定メニューを食うには、
もう秩父に住むしかないのかね…。

ラーツ部でシェアして一戸建て買って、
男5人で幸せに暮らそうよ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑幸せな生活気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (131)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報