四川担々麺荘 彩たまや@川口

DSC00544.jpg

2011年1月29日/四川担々麺荘 彩たまや/川口/
黒担々麺/840円


2011年も毎度お騒がせします!
ラーツ部は栃木県佐野市に来ております!
(C-C-Bの衣装で)

いよいよ本日4杯目、
ラストの一軒は新進気鋭のニューカマー、
『ゐをり』を目指すのであります。

しかし!
なんとなくそんな予感はしてたけど、
案の定売り切れ早仕舞い!
ショックで部員一同急激に老化!

ポリグリップを歯茎に塗りながら、
『ゐをり』駐車場で代替店会議をするも、
佐野は閉店時間が早い店が多く、
会議は困窮を極めるのであります。

ということで作戦変更!
帰り道の東北道のインター近辺から、
候補店を必死に搾り出すことに。

ようやく決まった『彩たまや』も、
ラストオーダー直前に滑り込み。
あぶねぇあぶねぇ。

ちなみに専用駐車場は狭く奥まっていて、
かなり停めにくい場所なので、
初めからバックで入っていくのがベター。

おお!なんて有益な情報!
100円ちょうだい!100ペソでもいいよ!

DSC00542.jpg

竹ノ塚の『しおの風』や、
赤羽『金字塔』などの関連店。

落ち着いたテーブル席のみで、
一品料理やアルコールも豊富に揃う、
普通の中華料理屋さんの風情。

屋号にもある通り、
こちらの看板メニューは担々麺。

しかも赤白黒黄緑汁なしと、
実に6種類も用意されている。
6杯~6色~♪6色の担々麺~♪
(アッキーニャのメロディで)

せっかくなので黒、緑、汁なしと、
部員それぞれバラバラに注文。
あれ?俺今日2杯目の担々麺じゃん(凸)。

DSC00543.jpg

先に小さなすり鉢でゴマが出てくる。
自分で擦れってか!

「どうもどうも社長!
 今日も相変わらずの性豪顔ですね!」と、
上司にゴマを擦りながらゴリゴリ。

俺担当は「黒担々麺」、
何より色のコントラストが美しい!

動物系メインと思われる、
コクのあるスープをベースに、
黒ゴマの香ばしさや、
黒酢のまろやかさが効いている。

ラー油やナッツ、
挽き肉や山椒などの香りも広がり、
味わいは実に華やかで多層的。

意外と辛味が強く、
じわじわと汗ばんでくるほど。

麺は浅草開化楼製の、
ちぢれが強い中細麺。
コシが強くプリッとした食感。

表面にややざらつきを感じ、
そこにぐんぐんスープを乗せてくる。

具は刻んだ青菜とクコの実のみと、
やや寂しめでアタイ泣いちゃう!

ほうれん草&豆乳風味の、
独創的な味わいの「緑担々麺」や、
ゴマペーストがマイルドな「汁なし担々麺」も、
それぞれに面白いテイストだった。

それにしても22時ラストオーダーで、
営業時間は23時までだというのに、
やけに丼を早く下げたがったり、
ソワソワしている空気が伝わってくる。

そういえば今夜は!
サッカーアジアカップ決勝じゃん!

早く後片付けを終わらせて、
家帰って観たいつもりなのはお見通しだっ!
(李忠成ばりのボレーシュートで
 塊チャーシューを蹴りながら)

--------------------

★2011年1月のトータル杯数/20杯
★2011年の通算杯数/20杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,032杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑弓を引くポーズ気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

手打ちらーめん しまだや@佐野

DSC00540.jpg

2011年1月29日/手打ちらーめん しまだや/佐野/
手打ちらーめん+手作り餃子+特製大トロホルモン/
600円+450円+450円


まだ佐野にいますラーツ部です!

『木挽亭』『とかの』と、
方向性の違う佐野ラーメンを堪能し、
いよいよおまちかねのお風呂タイムです!

しかし佐野の近辺には、
あまりいい温泉がなさそうだったので、
(一軒だけあったスパ銭は汲んできた温泉)
わざわざ群馬は太田市まで移動。

なぜそこまでこだわるのかって?
そこに温泉があるからさ!
(フルチンでどや顔)

「安眠の湯」という名のスーパー銭湯で、
安眠どころか永眠する勢いで爆睡!
なんとか蘇生して夜の部に突入します。

『とかの』でご一緒した佐野在住の知り合いに、
「地元民のオススメを教えてください!」
「部員の誰かをお婿さんにしてください!」
とリクエスト。

教えてもらったのがこの『しまだや』。
そしてお婿さんの件は速攻で却下!
「プロポーズするなら服くらい着たら?」
と言われちゃいました!ごもっとも!

DSC00537.jpg

県道沿いの大型店舗で、
いかにもロードサイド店な雰囲気。
栃木ラーメン本にも載っていなかったので、
まったくのノーマークだったなー。

道から見える目立つ場所に、
堂々たる製麺室も設置。
外待ちができるほどの盛況っぷりです。

広々としたカウンターに、
テーブルや座敷も潤沢にある。

プランターのお花なども飾られて、
非常に清潔感もあっていい感じ。
ただ座布団のくたびれっぷりが尋常じゃない(凸)。

メニューは「手打ちらーめん」に、
各種トッピングのみとシンプル。
その代わり「餃子」や「もつ煮込み」、
「大トロホルモン」などサイドメニューが豊富。

気になるのでもちろんサイドも注文!
3人でシェアすれば安いもんよ!

DSC00538.jpg

まずは「大トロホルモン」。

皮のぷるぷるした食感と、
とろける柔らかい脂身が絶品。
濃いめ甘めの味付けも旨い!
レモンサワー!レモンサワーを呑ませろ!

続けて「らーめん」と「餃子」が、
ほぼ同着で我がテーブルにゴール!

『とかの』も相当優しかったが、
こちらはさらに淡く穏やかなタッチで、
「静かなスープ」という印象。

舌先に全神経を集中して、
じっくり転がして味わうような感じ。

ほのかな動物系のコクが、
スーッと現れては消えていくような、
はかなげなテイストで実に旨い。

ここまで雑味の無い「裸のスープ」だと、
その奧の水の良さがないと成立しないだろうね。
さすが銘水の郷・佐野!

麺はやはり青竹の手打ち麺だが、
前2軒と比べて加水率を抑えているのか、
歯ごたえを重視した打ち方に感じた。

そのためコシも強く、
澄み切ったスープの中では、
ひときわ存在感を誇っている。

ひとえに手打ちといっても、
店によってまったく違うんだね~。

チャーシューはスープとは対照的に、
醤油を立たせた濃いめの味付け。

メンマはしっかりした歯ごたえと、
タケノコの香りがしっかりした一級品!
あとはさやえんどうとナルト。

DSC00541.jpg

「餃子」は『とかの』とは正反対の、
薄めの皮で餡のザクザク感を活かした、
クリスピーなタイプ。

そのデカさも特筆もの!
でもやっぱり比較対象がなくて、
写真だと大きさが全然伝わってない!
ジャーナリズムのかけらもない(本日2度目)!

「佐野ラーメン」つっても、
店によって様々な特色があるんだね~。
いや今回は勉強になった!
これでラーメン大学の入試もバッチリだぜ~!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑怒涛の合格気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とかの@佐野

DSC00535.jpg

2011年1月29日/とかの/佐野/
ラーメン+餃子/600円+400円


毎度おなじみ流浪の部活、
ラーツ部の今月の部活動は、
栃木県は佐野市にお邪魔しています!

しかしスケジュールが合わず、
今月の参加者は最少催行人数の3人だけ。

「東方神起に続いてラーツ部も分裂か!?」
と一部メディアで取り上げられましたが、
事実無根であるとお伝えいたします!
(無数のフラッシュを浴びながら)

せっかく車の席も空いてるので、
Twitterでゲストの参加を呼びかけたところ、
地元・佐野在住のお知り合いの女子が挙手!

さっそく厄除け大師近くで合流し、
紳士的なエスコートで向かったのは、
佐野イチの知名度を誇る『とかの』。

DSC00534.jpg

ひなびた県道沿いに現れる、
街の雰囲気とは似合わぬ大行列!
昼時だったので軽く15人待ちくらい。

駐車場を確保するのもひと苦労。
ちなみに近くのセブンイレブンには、
「絶対停めるな!」と厳しい口調の看板が。
絶対停めちゃダメよマジで!

せっかくのゲスト参加ということで、
待ち時間には部員お得意の、
タップダンスや百面相をお披露目し、
時間を無駄に過ごします。

事前にお母さんが人数を聞きにきて、
ついでに「餃子は焼きますか?」と尋ねられる。
もちろん焼きますとも!

30分ほど待ってやっと入店。
なんとテーブルふたつにカウンター数席だけと、
イメージしていた以上に狭い客席。

とはいえ急かすわけでもなく、
店内は非常にのんびりした空気で、
行列の原因はこの辺にありそう(凸)。

お母さんたちの連携プレーで、
ひとつずつ運んできた「ラーメン」は、
色も淡く油もほとんど浮かない、
究極に透き通ったスープが印象的。

その味も最低限の醤油の香りと、
豚骨、鶏ガラベースのコクが、
じわ~っと舌を這うような、
極限まで無駄を排除したストイックさ。

しかし物足りなさはまったくなく、
どこか人懐っこいその味は、
郷愁を誘うようでホッとします。

青竹で打った手打ち麺は、
先ほどの『木挽亭』に比べるとやや細め。

ふわふわとエアインしたような、
加水たっぷりのソフトな食感が、
あっさりスープとも見事に調和している。

太さや厚みの違いによって、
噛み心地がそれぞれ違うのも楽しい。

チャーシューは臭みもなくジューシー。
メンマもザクッとした食感で美味。

DSC00536.jpg

そして「餃子」の迫力にはびっくり!

ひとつひとつがデカい!
って写真じゃ全然伝わってないけど!
ジャーナリズムのかけらもない!

とにかく皮の厚みがすごい!
滑らかでモチモチした部分と、
焼かれてパリッと香ばしい部分の、
食感のコントラストがすごい。

中の餡もしっかり詰まっているが、
この皮の前では完全に脇役!

食前の勝手な思い込みで、
ちょっと物足りないのかな?とか思ったら、
なんのなんのたいへん満足しました。

まさに佐野ご当地ラーメンの、
トップにふさわしい風格ですな!

ゲストさんとはここで解散。
別れた途端にさっそく紳士の皮を捨て、
いつものスケベ顔に逆戻り!
温泉に向かうのでありますよ~!裸!裸!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑紳士の皮をかぶったスケベ気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

青竹手打ちらーめん 木挽亭@佐野

DSC00532.jpg

2011年1月29日/青竹手打ちらーめん 木挽亭/佐野/
冷やしたんたん麺+半ライス/1150円+200円


2011年、ラーツ部始動~!
あけましておめでとうございます~!
(羽織袴に見立てたボディペインティングで)

というわけで今年一発目のの部活動は、
栃木県は佐野に決定!

すっきりしたスープに、
青竹で打った手打ち麺が合わさる、
北関東を代表するご当地ラーメンのメッカ。
思えば一度も行ったことがなかったわけで。

昨年は個人的に、
全身にビッシリと厄がこびりつき、
わしゃ厄みつるか!と、
小粋なジョークをかましたくなる一年だった。

そこでせっかく佐野に行くのなら、
まずは厄除け大師に行こうではないか!

グーグー鳴るすきっ腹をこらえつつ、
まずはお参りと相成りました。

DSC00528.jpg

DSC00529.jpg

今年一年のラーツ部の安全と、
麻木久仁子の幸せをお祈りしてから、
毎年恒例のおみくじで運試し。

DSC00530.jpg

結果は「半吉」!
今まで見たことねぇ!誰だ半吉って!

待ち人も来たらず!
仕事も当たらず!
健康もよろしくないってさ!
うひゃひゃひゃ!うっせー!

怒りのあまりおみくじを、
ミクロの単位までひきちぎったのち、
ようやく本日の一軒目へ。

DSC00531.jpg

厄除け大師からほど近く、
川沿いに店を構える『木挽亭』。
地元でも隠れた名店みたいです。

杉板を使った大きなテーブルに、
鉄のやかんがぶら下がっていたりと、
和風で日本蕎麦屋のような雰囲気。

昔はヤンチャしてた風なご主人と、
奥様の二人体制。
どこかのんびりした空気で居心地がいい。

ガラス張りの製麺室に並んだ、
大小さまざまな青竹や麺棒が盛観!
俺も練って伸ばしてください!

しょう油にしおにみそ、
冷やし系にチャーハンと、
佐野にしてはかなり豊富なメニュー。

その中からワタクシは、
栃木ラーメン本で気になっていた、
「冷やしたんたん麺」を半ライス付きで。

わざわざ佐野まで来て、
いきなり変化球ですいません!
だってあの手打ち麺を、
締めたらどうなるのか知りたかったんだもの!

凍えるような寒さだというのに、
やって来た丼にはご丁寧に氷の塊まで!
凍死するってば!

スープはしっかり冷えていて、
ゴマの香ばしさが効いている。
ラー油のコク深さが印象的。

しかしダシ自体はシンプルなので、
くどくなくあっさりと食べられる。
優しいたんたん麺ですな。

手打ち麺は太めで平ため。
ほんのり透明感がある。

冷たい氷水で締められているので、
プリプリとしたコシがあり、
噛みごたえがあって非常に旨い!

他の部員の温かいらーめんも味見したが、
こちらはふわっと優しい噛みごたえ。
まるで印象が変わるのが面白い。

具はたっぷりの挽き肉と白髪ネギ、
それに刻んだザーサイ。
このザーサイのコリコリした食感がいい。

それになぜか生のレタス!
スープに漬けて箸休め的にいただきます。

意外に後から辛味もくるので、
冷やしなはずなのに汗がタラタラ…。
うーんパラドックス!

DSC00533.jpg

半ライスは最後まで取っておき、
当然残ったスープを豪快にぶっかけ!
ここスロー再生で観てね!

温かいご飯に冷たいスープなので、
どこか宮崎の「冷や汁」を連想するテイストに。
もちろん相性は最高です!

ライスも合わせて1,350円と、
ややコスト的には張るものの、
満足度は高かったので無問題です!

さぁお次は佐野の老舗中の老舗、
あの名店に向かいますぞ~!
半吉!お前もついてこい!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑へいっ!(半吉)気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺処 美空@神保町

DSC00526.jpg

2011年1月28日/麺処 美空/神保町/
味玉生姜らーめん/800円


空気が乾燥するこの季節、
インフルエンザやノロウィルスなど、
菌の野郎も繁殖しやすい今日この頃ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

かくいうワタクシ代表も、
数日前からどうも風邪っぽいんです。
(バカじゃないことを必死にアピール)

「見て見ぬふり」という、
最新にして最強のプラシーボ効果で、
必死に持ちこたえてきたのだが、
ついに今朝起きたら猛烈に喉が痛い!

いまダウンするわけにはいかない!
(妄想上の)愛する妻子のために、
身を粉にして働かないといけないのに…!

などとボンヤリお布団で考えていたら、
Twitterで「喉には生姜がいいですよ!」との、
ありがたいアドバイスをいただく。

思いついたのはここしかございません!
大量の生姜トッピングで話題の『美空』!

屋号にちなんで自宅から、
ドーム公演の際の不死鳥ルックで行くのが、
まぁ最低限のマナーですよね。
ありがと。(鼻にかけた声で)

ところが『美空』と書いて、
「びくう」って読ませるそうですね!
いやーん!鼻腔があったら入りたい!

DSC00525.jpg

靖国通りから一本入った、
『北かま』とかがある並び。

その『北かま』も、
近くの有名な讃岐うどん店も、
昼時ということで相変わらずの行列。

こちらは佇まいが地味なせいか、
行列こそできていないものの、
続々と近隣のサラリーマンがやって来る。
オープンしたてだけど人気あるね~。

若そうな店主さんがひとりで、
忙しそうに店を回しているが、
接客は物腰柔らかく丁寧で好印象。

BGMは美空ひばり…ではなく、
清志郎や奥田民生などのジャパニーズロック。
さすがディスクユニオンのお膝元!

メニュー構成はシンプルに、
「らーめん」と「生姜らーめん」、
それに各種トッピングの類い。
もちろん「生姜らーめん」を味玉入りで。

噂によると店主さんは、
『麺屋武蔵』系での修行経験があるとか。
そのため湯切りもダイナミック!

しかし厨房と客席の間隔が狭く、
湯切りの飛沫が飛ばないように、
腰を屈めての窮屈そうなテボ振りだ(凸)!

そして仕上げにうず高く丼に建てられる、
東京スカイツリーこと生姜スカイツリー!
あまりの高さに供される時点で倒壊!

DSC00527.jpg

とにかく生姜の存在感が凄い!

ひな壇の中央にデンと構え、
完全に司会者を食っちゃってます!

とりあえず非生姜ゾーンからスープを。

これが実にまろやかな口当たりで、
ほんのり甘みのあるコク深い豚骨白湯。

濃厚一辺倒にシフトしがちな中、
この方向性は実に嬉しくなります。

カネジンの麺箱から出された、
一見手打ち風に見える平打ち太麺。
太さが不均一でヨレも強い。

気持ち柔らかめの茹で加減で、
ムチッとした食感でおいしい。
優しいスープとの調和も取れている。

チャーシューはさっぱりテイスト。
黒胡椒をまぶしてあるので、
ほんのりピリリと来る。

味玉もどこか優しさを感じるもの。
逆にメンマは歯ごたえのあるストロングタイプ。

そしてやはりこの生姜!
徐々にスープに溶かしていくと、
一気にジンジャー無双状態に。

しかしスープのまろやかさが、
うまく生姜の辛味を相殺してくれるので、
決してこの量でもゲテモノにならず、
むしろ全体が見事に引き締まってくる。

できるだけ生姜をレンゲですくい、
喉の腫れに直接当たるように飲んでいたら、
いつの間にか丼は空になっていた。

それにしても後から来る客は、
全員生姜レスの「らーめん」の注文ばかり。

しかも中には、
「俺なんか今日風邪っぽいんすよ~」
などとのたまう若者まで!

食え!だったら生姜を食え!
そして切ったネギを尻にぶっ刺しとけっ!
(デスおばあちゃんの知恵袋)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑だってしょうがないじゃない気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ちゃぶ屋@護国寺

DSC00524.jpg

2011年1月27日/ちゃぶ屋/護国寺/
塩らぁ麺+水餃子/750円+400円


<過去の『ちゃぶ屋』訪問日記>
1回目

すっかり茶の間にも定着した感のある、
「名店再訪シリーズ」でございます~!
奥様!チャンネルはそのまま!

またも友人を引っ張りだして、
俺色の麺狂いに教育してやるザマス!

今回は約3年ぶりの訪問となる、
『ちゃぶ屋』でご機嫌をうかがいます。

初めて護国寺まで車で行ったのだが、
最寄りのコインパーキングが、
30分400円と都内でも屈指のボルタック!

いくら大都心のド真ん中だろうが、
ただの地面じゃねぇか!

悔しさのあまりパーキングの敷地内に、
軽トラで運んできた腐葉土を敷き詰め、
小麦の苗を植えてウサ晴らし!
立派な麺になるんですよ!

DSC00521.jpg

気を取り直してお店へ。
相変わらず通りから奥まっていて、
隠れ家的な雰囲気は健在。

その風貌や技術・センスの高さ、
世界を視野に入れた経営方針などから、
「ラーメン界のイチロー」とも呼ばれる、
店主・森住さんはあまりに有名。

俺だって巷では、
「Tシャツ界の喜田剛」って呼ばれてるんだぞ!
(半端な成績しか残してないから)

その森住さん、
四谷の新店にいて不在なのかと思ったら、
普通に客席で打ち合わせしてました。

ちなみに打ち合わせしてる方、
全員ハンチング帽でした。
(本当にどうでもいい情報)

カジュアルフレンチのような、
ピシッと引き締まった雰囲気が心地いい。

客層も近所の出版系と思われる、
アラサーの女子会に使われていたり、
錦糸町のモツ焼き屋とはまったく違いますね。
(当たり前)

カウンターから調理の様子を、
一望に見渡せるオープンキッチン。
丁寧な所作でラーメンが作られていく。

以前は昼夜でメニューが違ったようだが、
いまは統一されている様子。
そして麺類は100円値下がりしたかな?

とりあえず「らぁ麺」の醤油と塩、
そしてサイドメニューの「水餃子」も注文。

DSC00522.jpg

皿に置く位置や向きまで、
キッチリ整えられた「水餃子」。
盛り付けの美しさにも惚れるわ~!

たっぷりの白髪ネギと、
甘酸っぱいタレがかけられといる。

皮はツルツルのもっちもちで、
中の餡は鶏挽き肉らしいので実にさっぱり。
ほんのり紫蘇が香るのもポイント。

しばらくして静かにサーブされた、
凛とした佇まいの「塩らぁ麺」は、
意外に軽くスープに濁りがある。

大きなインパクトこそ無いものの、
実に高いレベルでバランスを保っている。

塩ダレ自体はごくシンプルなので、
鶏と魚介、昆布などの、
ダシの旨味をダイレクトに味わえる。

そしてガラス張りの製麺室で作られる、
国産小麦の自家製麺。

平打ちのまっすぐストレートで、
綾瀬はるかばりのスベスベ美肌。

滑らかな啜り心地と喉越しの良さで、
もはや中華麺の範疇を越えてしまったような、
新しい次元にまで到達している印象。

チャーシューはほんのり塩味。
野性味がなく実にさっぱりしている。
メンマの食感もなかなか。

白ネギ、万能ネギと、
揚げエシャロットと3種のネギが、
それぞれ違う食感で楽しい。

DSC00523.jpg

味見した「醤油らぁ麺」は、
香ばしい醤油の香りが広がり、
こちらはダシとの調和を楽しむタイプ。
はっきり明確な味ですね。

そういえば香港の『ちゃぶ屋』が、
ミシュランで一つ星を獲得したそうで!
おめでとうございます!

まだまだ世界的には、
ラーメンの地位は高いとは思えないので、
これからも向上のために研鑽してください!

星みっつですっ!
(マチャアキばりのハスキー声で)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑世界にはばたけ気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

豚骨ラーメン じゃぐら@新高円寺

DSC00520.jpg

2011年1月26日/豚骨ラーメン じゃぐら/新高円寺/
ラーメン/700円


前回振られた『じゃぐら』へ、
ようやっとのリベンジにございます!

つか振られたつっても単に、
自分が定休日チェックしてなかっただけだけど!

さらにおんなじ理由で今日もまた、
『はやしまる』に振られてるわけだけど!
笑わば笑え!

怪しげな古着屋から漏れるお香の匂いに、
90度右に鼻を曲げながら、
商店街を新高円寺駅方面へ10分ほど歩く。

DSC00519.jpg

今日は無事に開いてたー!
(そらそうよ)

店名の『じゃぐら』にちなんで、
得意のジャグリングを披露しながら入店。
しかし火の付いたたいまつはやり過ぎだった!
慌てて外で鎮火させて再入店。

店内はなかなかの豚骨臭で、
今度は90度左に鼻が曲がってくれたので、
元通りのお鼻になったよ!

店主さんと奥様(?)の二人体制。
なぜかスピッツの「チェリー」が、
延々BGMとしてエンドレスでかかっている。

何これ?一種の洗脳?
それとも草野マサムネの歌声は、
豚骨スープに良い影響を与えるとか?
(日本酒にクラシックを聴かせる的な)

とか思ってたら、
さすがに途中で飽きた奥様に、
J-POPに変えられてました(凸)。

ラーメンに浮かべる油を、
黒、茶、赤の3種類からチョイスできる。

ちなみに黒は黒麻油、
茶は魚介オイル、
赤はネギ辛味オイルでございます。

基本っぽい黒で頼んだ「ラーメン」は、
見ただけでもスープの濃さが分かる!
レンゲを差し込むとボッタリとしてるよ!

骨も髄も肉もすべて溶け込んで、
もはや豚さんを一匹丸ごと、
巨大ミキサーにぶち込んだかのような、
圧倒的な超高濃度豚骨スープ!

肉片なども残っていて、
その粗い口当たりは相当ヘヴィー。
かなり食べ手を選ぶ個性の強さ。

しかしややしょっぱめの味付けと、
脂は一切使っていないという効果か、
しつこさやもたれは感じないから不思議。

これがマサムネ効果か!
(インディゴ地平線を疾走しながら)

黒麻油の香ばしさも、
このスープの前では勝ち目がない!
その位パワフルな豚骨臭っす。

麺は6分半かけて茹でられる、
つやつやしたシルキー肌の太麺。

モチモチの食感で、
このスープの中でも存在感たっぷり。
もちろんスープもドロドロ絡むので、
みるみる水位が低くなっていく。

チャーシューは厚いバラ巻きが2枚。
こちらも脂身はそがれていて、
さっぱりとした食べ心地。
黒胡椒をピリッと効かせてある。

大量のキクラゲとネギは、
まさに箸休め的ポジション。

連食2杯目には相当キツく、
卓上に濃縮ジャスミン茶がなかったら、
危うく食いきれないところだった…。

ハマる人をとことんハメる狙いの、
極めてコンセプチュアルなラーメン。

決して万人向けではないので、
それなりの決意を持って向かうべし!
(再びたいまつでジャグリング&炎上)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑火だるま気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らぁめん ひら石@高円寺

DSC00517.jpg

2011年1月26日/らぁめん ひら石/高円寺/
らぁめん/700円


25日は嬉しい嬉しい給料日!

我々自営業にとっては、
自分で自分に給料を支払う日!
自分で乳房をつ~かみ~♪(黒沢年男)

冬場の緊縮財政のため、
雀の涙どころか唾液にも満たない額だが、
それでも懐に入ったことには違いない!

ということで本当にいつぶりでしょう、
久々の連食遠征と参ります!

期待で頬(&どこか)を紅潮(&怒張)させながら、
中央線で向かったのは高円寺。
『はやしまる』でわんたんめんとしゃれこむつもりが、
なんと水曜定休にビンゴ!

相変わらずのリサーチ不足!
ふ、ふ、不足!一本不足!

独特の草なぎダンスをキメながら、
リカバリに選んだのは『ひら石』。

DSC00515.jpg

JR高円寺駅の北口からすぐ。

車も通れないような、
八百屋と八百屋の間の路地を入った、
「大一市場」という施設の中。

DSC00518.jpg

渋い乾物屋や飲食店が並ぶ、
VIVA!アジア丸出しな雰囲気の奧にある、
通路に面したカウンターのみの店。

「雨の御堂筋」などの、
演歌・歌謡曲の名曲がガンガンかかり、
さらに向かいの乾物屋から聞こえる、
「ゆうゆうワイド」ともシンクロして、
昭和の向こう側にタイムスリップした気分に!

しかし「無化調にぼしらぁめん」とある通り、
水は自然回帰水を使ったりと、
その昭和ライクな雰囲気とは裏腹に、
随所にこだわりが見てうかがえる。

柔和そうな雰囲気のおじ様が、
ひとり厨房を仕切っている。
(後から奥様?も合流)

丼の写真を撮っていいか聞くと、
その店主さんから「光栄です!」とお返事が。
心して撮らせていただきます!

大きめのすり鉢に、
なみなみスープをたたえた『らぁめん』。

ラードがたっぷり浮いていて、
スープはしっかり熱々。

初めは油にマスキングされて、
味にソフトフォーカスがかかった感じだが、
徐々に深みのあるカエシの風味と、
煮干しと昆布の香りにピントが合ってくる。

無化調なので後味もすっきり。
これ何気においしいっすよ!

富士山の湧き水で打ち、、
かんすいも卵も使っていないという、
中太タイプのちぢれ麺。

色はややアイボリーっぽく、
噛むとパツパツと跳ねるような、
独特の食感を持っている。

ちょっと他に似た麺が見つからない、
極めてオリジナリティが高い麺だと思う。

具はバラ巻きチャーシューと、
ゴマ油風味のメンマとモヤシ。
モヤシは無味なのでなくてもいいかな。

なんだか懐かしいようでいて、
かといって古臭いわけでもなく、
ちょっと目新しい部分もあるという、
今まで食べたことのない不思議なラーメン。

いちげんさんには立地的に、
ちょっと敷居が高い感じもするけど、
台湾の裏路地あたりよりは平気だと思います!

って台湾行ったことねぇけど!
(イメージだけで発言したことをお詫びします)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑丸出しむき出しアジアだし気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報