純天然だしラーメン アートマサシヤ@神泉

DSC00575.jpg

2011年2月28日/純天然だしラーメン アートマサシヤ/神泉/
濃口ラーメン/700円


元々は沖縄・那覇にあった、
『島らーめん正志や』が東京に移転。

おととしにラーツ部てらみん部長と行った、
10日間にも亘る沖縄旅の時に、
ホテルのチェックインよりも何よりも、
那覇空港から直行で食べに行ったのが『正志や』。

元BEAMS関係者だった店主さんならではの、
センス溢れる居心地良い空間と、
芳醇なダシの香りに満ちたラーメンとで、
思わず三日三晩カチャーシーを踊ってしまうほど、
テンションが上がったのも記憶に新しいっす。
(その後ひどい腰痛に)

しかし昨年夏に再び訪れたところ、
閉まったままのシャッターに、
「貸し店舗」の張り紙を見つけた時には、
三日三晩生け捕りのハブをブン回すほど、
嘆き悲しんだものでございます…。
(その後噛まれて血清沙汰に)

しかしまさか渋谷に移ってくるとは!
飛行機代が浮いたぜ!

DSC00574.jpg

渋谷から道玄坂経由で歩いていくと、
246を横断するのに地下道を使わねばならず、
ちょっとめんどくさい場所にある。

喫茶店の居抜きらしきお店。
屋号の「アート」とは、
その喫茶店の名前だったらしい。

ってことは元の店が、
来る夢来る人と書いて「来夢来人」だったとしたら、
屋号は『ライムライトマサシヤ』だったのか…。
(時間の無駄なので読まなくても大丈夫ですよ)

内装もまさに喫茶店そのまま。
窓際には待ち客用の、
大きなテーブルまで設置してある。

メニューは那覇時代と同じく、
らーめんの「旨口」と「濃口」、
またの名を「タカ」と「ユージ」の二人体制。

那覇では「旨口」を食べたので、
今回は「濃口」にしてみた。

濃口といってもスープは透き通り、
旨口よりも醤油色が濃い程度。

鰹節や昆布などからダシを取った、
化学調味料不使用の天然ダシ。

若干魚介由来の酸味が強いが、
かえってそれがシンプルすぎず、
味のアクセントにもなっている気がする。

そこに濃いめに効かせたカエシと、
焦がしネギが薫る香味油を合わせてある。

純粋にダシを味わえる旨口に対して、
こちらはよりパンチを求める人向きかな?

麺は無かんすいだという、
平打ちのストレート。

舌触り滑らかなセクシーな食感で、
吸い付くような適度な粘りと、
サクッとした切れ味を併せ持つ。

具はしっとり系のチャーシュー一枚と、
水菜、薄い卵焼きのみ。

+150円で味玉と別皿の海苔が付くのだが、
それにしないとかなり寂しげ…。

「純天然だし」の名に恥じない、
ホッとするような一杯は、
沖縄時代と遜色ないものでひと安心。

同じ「アート」を冠する身として、
切磋琢磨していきたいものですね…。
(とってつけたようなベレー帽姿で)

--------------------

★2011年2月のトータル杯数/11杯
★2011年の通算杯数/31杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,043杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑自称アーティスト気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

玉 赤備@川崎

DSC00572.jpg

2011年2月26日/玉 赤備/川崎/
鶏豚つけめん+ゆず玉ソース/730円+50円


さーぁ!
復帰一発目のラーメン日記だというのに、
ポジティブなことは書けないぞー(凸)!

かといってただ、
批判的な文章でも面白くないので、
稲川淳二先生の怪談話風でお送りいたします。
(BBゴローから借りたヒゲを付けて)

あれはー、まだまだ肌寒い、
2月の終わりごろだったと記憶しています。

毎月恒例のラーツ部という部活で、
その日は横浜~川崎エリアを回ってたんです。
最後の4杯目は『玉』の新店舗ってことで、
僕達の期待も大きかったんだな。

DSC00571.jpg

川崎の駅から徒歩1分、
目抜き通りのアーケードをくぐって、
あっという間に店に着いたんです。

客層は土地柄なのか、
カワサキ☆ヤンキーみたいな若者ばかり。
あれ~なんだか怖いな~イヤだな~と思いながら、
外の椅子に座って待っていたんです。

しかし食券を取りにくるバイト君が、
完全マニュアルのような対応しかできず、
まったく融通がきかないんです。

あれ~会話が通用しないな~、
なんでだろうな~おかしいな~と思ったんですが、
2階に上がるように促されたので、
大人しく従うことにしたんです。

2階は広々としたテーブル席で、
あ~ようやく落ち着けたな~よかった~と、
思ったその矢先うわっ!
絶対にここおかしいぞ!と感じたんです。

まずお冷やのポットが空っぽなんだ!
でも店員はまったく気付かないんだ!
そんなわけないだろう~!

さらに卓上のレンゲを良~く見ると、
パサパサパサ~ッ!と埃が落ちてるんだ!

さらにさらに箸箱をそ~っと開けてみると、
「塗り箸と割り箸をご用意しています」
と説明書きがあるにも関わらず、
割り箸しか入っていないんです…。

なんだか大変なとこに来ちゃったな~、
早くここから逃げたいな~と思ったんですが、
もう引き返すこともできなかったので、
注文したつけめんが届くのをジ~ッと待ちました。

店には商品用のエレベーターがありまして、
2階の注文はそれで運ばれてきます。

しかし店員さんは我々4人分の丼を、
わざわざ4往復してひとつずつ運んできます。

おいおいなんだかおかしくないか~?
お盆を使えば一発で持ってこれるのに、
なんでだろうな~おかしいな~?

なんとか気を取り直して、
つけめんの定番・魚介類を使わず、
豚と鶏だけで作ったという「豚鶏つけめん」を、
恐る恐る口に運んだんです…。

あれっ!?

麺が!!!

全部くっついてる!!!

平たくてゆるやかなウェーブの、
まさに『玉』定番の麺なのだが、
表面の水分がきれーいにぜーんぶ抜けきって、
すべてくっついちゃってるんです…。

一生懸命水切りしたとしても、
ここまで水分がなくなるわけないだろ!
もしかして茹で置きしたのか、
ひょっとして茹でたあと、
ぽつーんと放置されたのかしら…?

あ~怖いな怖いな怖いな!
早く食べて身体を温めて帰ろう!

そう思ってつけ汁を啜ると…。

ぬるい!!!

いや!ぬるいを通り越して冷めてる!!!

しかもかなりオイリーで、
他の部員の「つけめん」や「中華そば」も、
1cm近くある油の層がビーッシリあったので、
この油の量がデフォルトっぽいんです。

動物系の旨味はたっぷり出ているが、
麺を入れるたびにみるみる冷たくなっていく…。
俺の身体も冷たくなっていく…。
思わずゾクーッ!と寒気を感じました…。

具はペロンと一枚入ったチャーシューと、
メンマ、ナルト、海苔。
これはまあ普通においしくてホッとしました。

DSC00573.jpg

トッピングの「ゆず玉ソース」は、
魚介や野菜のダシを煮詰めて、
ソース状になったものでした。

柚子の爽やかさと魚介風味が加わるが、
何せつけ汁が冷えきっちゃってるので、
ほとんど味の変化が分からないんです。

もう限界だ!
早くここから立ち去ろう!

と空になった丼を良く見ると、
真っ赤~な日本地図が書かれていました…。

命からがら逃げ出してきて、
ようやく今、冷静に思い出してみると、
どうやら今後のフランチャイズ計画をにらんだ、
旗艦店なのかもいれないと思いました。

大衆向けなメニュー構成に、
店員のシステマチックな役割分担、
長い営業時間などのファクターからして、
たぶん間違いないと思うんです。

その教育の場だとするならば、
だいぶ混雑していたタイミングだったので、
こんな状況に当たってしまったのかもしれません…。

そうではないとしたら…。
これは霊の仕業なのかもしれません…。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑喜んでいただけましたか?気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ぼちぼち復帰します

皆様ごきげんよう。
平成の発明将軍ことこむら代表です。

何やら日本全体がバタバタしておりまして、
ふだん全裸がどうとかばかりの当ラーメンブログも、
ちょっと自重すべきなんかなー、とか、
色んなことを考えておったわけです。

とはいえ腹は減りますし、
ラーメンだって食べたくなるのです。

何より大きな被害を受けなかった自分が、
普段どおりの生活を心がけなくてどうする!と!
働いて食べて呑んで経済を回せ!と!
勝ちたいんや!と!(星野仙一)

そんなわけでこのブログも、
いつも通りの妄言だらけの文章で、
ぼちぼち復帰しようかと思っております。

どうぞ色々悩ましい頭をたまにはカラッポにして、
アハハくだらねー!とお付き合いくだされば幸いです。
よろしくお願いいたします。

ちなみに麺狂いの皆様のために、
こんなプロジェクトも動き出しているようです。
代表も積極的に参加していこうと思います!

小さいことからコツコツと~!
(目をひんむきながら)

http://amba.to/h4TQ5R

http://chibaraumen.seesaa.net/article/190347761.html

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑やすしく~ん!気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

横浜ラーメン 百舌鳥@上星川

DSC00570.jpg

2011年2月26日/横浜ラーメン 百舌鳥/上星川/
雲呑麺/890円


オス!オラ悟空!
そんでこいつらは、ラーツ部!

鳥山イズムあふれるラーツ部の皆さん、
2月の部活動は横浜~川崎エリアです。
昼の2杯をやっつけて、
上星川の温泉施設でまったり休憩。

しかしここ泉質はいいんだけど、
畳で仮眠できるようなスペースが無い!
仕方なくファミレスの高校生みたいに、
食堂のテーブルで寝ようとしたらそれも禁止!

温泉入って寝るなっつーのは、
あまりにも酷ってもんでしょーよ!
県知事出てこい!
(県知事のせいではありません)

結局寝ることもままならず、
死んだ魚のような目をしながら、
部員一同が夜の部一発目に向かったのは、
『横浜ラーメン百舌鳥』。

『百舌鳥企画』って屋号も見かけるが、
お店のHPもこう表記してあるので、
今は変更になったっぽいです。

DSC00569.jpg

同じ上星川の駅前にあるお店。
夜の開店時間まで少しあったので、
駅の周りをぶらついて「モヤさまごっこ」。

誰が大江アナの役をやるかで、
取っ組み合いの大喧嘩をしてるうちに、
暖簾が出されたのですかさず入店。

ビールケースのカウンターだけの、
本当に小さな小さな店。

しかしその厨房にいるのは、
かつてメディアにも大きく取り上げられた、
『いまむら』元店主の今村さん。

美人の奥様?との二人体制で、
物静かにラーメンを作っている。

店奧のスペースには、
日本酒専門の立ち飲みバーも併設。
そっちも非常に気になるな~。

基本メニューはしょっちゅう変わるようで、
この日はさらに洗練され、
煮干し拉麺の醤油と塩、つけ麺のみ。
さらに張り紙に書かれた限定も。

『いまむら』にもあった「煮干し増し」も、
ライト、ハード、エンドレスと多彩。
Endless rain~♪
(小泉純一郎のコスプレで)

限定も激しく気になったので、
またも4人全員バラバラで注文。
オラの担当は醤油味の「雲呑麺」。

かなり小さめの丼で、
熱々の状態で提供される。

スープは薄すぎず濃厚すぎず、
絶妙なテイストの鶏+煮干しスープに、
さらに煮干し粉で荒々しさを加えてある。

醤油ダレにも深みがあり、
鶏油のコクも舌先を絶妙に弄ぶ。

ちょっとでも間違えたら、
もろくも崩れてしまいそうな、
崇高なバランスが保たれている。
旨いねこれ~。

麺はよれが強く、
手打ちのような形状の平打ちタイプ。

プルプルと唇を震わす、
凹凸のある食感が気持ちいい。
気持ち柔らかめで噛み心地ももっちり。

そして注文が入ってから、
成型し茹でられる雲呑は、
薄いながらもしっかりモチモチ感のある皮と、
挽き肉の弾けるような食感が絶品!

肉厚ジューシーなチャーシュー、
コリッとしたメンマなども抜かりなし。

味見させてもらった、
てらみん部長の「男の煮干しらぁ~めん」は、
むせ返るほど濃厚な煮干しスープと、
ゴロゴロ入った背脂が、
5:5で丼に入ったキテレツメニュー。

途中でタバスコを投入して、
味を変えるという大胆な試みも。

そしてぷっと部員の「男のまぜ担々麺」も、
どこかエスニックな味付けで、
途中でスープを入れて、
なんとも複雑な味わいの汁麺にできたりする。

どれもひと工夫もふた工夫もされた、
手の込んだものばかり。

しかし万人向けかと問われれば、
決して難易度の低いラーメンとは言い難い。

上星川という、
あえてメジャーではない街に店を構えて、
来れる人にだけ来てもらって、
自由な発想でラーメンを作りたいという、
今村店主の心の現れなのだろうか?

まさに「孤高の天才」という表現が、
ピッタリはまるような一杯に感じた。
オラも天才になりたいど~!
(靴下をズルズル引きずりながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑天才ヴァガボンド(COIL)気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺や 太華@戸塚

DSC00568.jpg

2011年2月26日/麺や 太華/戸塚/
中華そば並+ねぎ増し/650円+150円


まわれま~われラーツ~部~♪
ララララ~ララ~ツ部~♪
ワナメイクラブワナメイクラブ♪
(全力のナオミキャンベルの物真似で)

2月のラーツ部は、
横浜、川崎エリアに攻め込んでおります!

まずは『AOZORA』で朝ラーを決め込み、
港町本牧から戸塚まで移動。
念願の『太華』にやって来ました。

DSC00567.jpg

「トツカーナモール」という、
アッキーナ的ネーミングの商業施設、
そこの最上階にあるお店。

他の飲食店テナントとは、
隔離されたようなひっそりとした場所で、
吹き抜けになっていて寒ぃ寒ぃ!

店頭にロゴ入りのベンチコートを置いてあり、
待ち客のために貸し出してくれている。
全裸の身分にはありがたいサービスです!

また全裸~?
(はるみの「また転勤~?」口調で)

しかしそんな悪条件をもろともせず、
11時の開店と同時に一気に満席。
すげぇな!

カウンター8席とテーブルのみ。
一段高く様子が見えない厨房からは、
渾身の湯切り音が聞こえてくる。

尾道の『太華園』出身ということで、
本格的な尾道ラーメンがいただける。
もちろんチョイスは「中華そば」。
青ネギもトッピングしちゃうもんねー!

しかしてっきり青ネギは、
別皿で来るもんだと勘違いしていて、
これでは丼の雰囲気が写真で伝わらない!

袋とじ目当てでFLASH買ったのに、
ぜんぶ手ブラで乳首が隠れていたような、
あの感覚に、ちょっと似てるよな…。
(バーでマルボロをくゆらせながら)

丼から立ち昇るかぐわしい香りで、
もうすでにノックアウト!

さっぱりした優しいダシと、
キリッとした醤油の香りと切れ味、
それにミンチ背脂の甘さとまろやかさ…。

攻めるところは攻めて、
守るところはしっかり守る、
オフェンスとディフェンスのバランスが秀逸!

思わず厨房に、
ザッケローニの姿を探してしまうが、
えくぼがチャームな店主がいるだけでした。

麺は自家製だそうで。
いかにも打ちたてフレッシュな、
ツヤツヤした中太の平打ち麺。

摩擦感ゼロの滑らかな啜り心地と、
適度にスープを吸った、
ムッチリした食感がいいっすね~。

チャーシューは脂身の少ない、
薄めのものが2~3枚。

メンマはトロトロ柔らかい部分と、
ザクザクしたハードな部分のミックス。

そして丼をジャングル状態にする、
広島・倉橋島産の青ネギ!

キツい苦みがなく香り豊かで、
サクサクした食感がスープの熱で、
徐々にしんなりしていく様がたまらん!

俺が死んだら棺は青ネギで埋めてくれ!
(定期POST)

噂にたがわぬ上質な一杯で、
寒さも忘れてほころぶラーツ部一同。
いや~旨かったっす!

さて部活動もひと休み!
ナオミ扮装用のドーランを落としに、
スーパー銭湯に移動するとしましょう~!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑久保田利伸気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とんこつラーメン AOZORA@山手

DSC00566.jpg

2011年2月26日/とんこつラーメン AOZORA/山手/
とんこつ正油ミニサイズ(ライス付き)/400円


おはようさーん!
最近巷で「持ってる」と評判の、
ラーツ部王子の登場です!

僕が持ってるものが分かりました!
それは「仲間」です!
(カピカピのハンカチで汗を拭きながら)

今月の部活動は横浜・川崎方面。
湾岸線を飛ばしてハマを目指します。

主力メンバーのぷっと部員が、
仕事の都合で今日の部活を最後に、
しばらく参加できなくなるとあって、
どこか神妙な雰囲気が漂う車内…。
(でも終始下ネタトーク)

そんなぷっとちゃんチョイスで、
本日一軒目に選んだのは『AOZORA』。

DSC00564.jpg

あちこちにコンテナがうず高く積まれた、
本牧ふ頭近くのお店。
昭和40年代に建てられたと思われる、
古い県営住宅の1階に店はあった。

港湾で働く人に合わせてか、
なんと朝5時から営業している。
ニワトリよりも早起きじゃん!

内装はなんかスナックみたい。
なぜか店の一角のショーケースには、
ギラついた装飾の皮製品が飾ってある。
販売?それとも戦利品?

鳥ガラベースのあっさり系と、
豚骨ベースのこってり系。
それぞれミニライスが付いた、
朝ラーメンのセットメニューがある。

みんなが鳥ガラ系をチョイスしたので、
家系病に毒された俺は豚骨を。

DSC00565.jpg

お茶碗よりも少し大きいくらいの、
ミクロな丼が目の前に。
まさにラーメン界の矢口真里!

豚骨臭もほとんどなく、
鶏油も控え目で、
口当たりがかなりマイルドなスープ。

丁寧な処理を感じさせるもので、
朝にピッタリの瑞々しさ。
寝ていた胃袋が目覚めていく~!

平打ちのストレート麺は、
モチモチしていて啜り心地も滑らか。
ミニサイズなので量は100gと軽め。

具は巻きチャーシューとほうれん草。
大振りの海苔は2枚。

もちろんライス巻き巻き計画を実行したが、
海苔が薄くて弱くて、
スープに漬けたら一瞬でへたってしまう。
ここはパリッとイキたいっす!

さらにライスは開店前に炊いて、
そのまま保温してあったためか、
若干冷たく固くなっていたのがちと残念。

鳥ガラ醤油も味見させてもらったが、
こちらは昆布茶のような旨味が効いた、
他にあまりない独創的な味わい。

麺も細ちぢれ麺と使い分けてました。
こっちのほうが面白かったな~。

とはいえラーメンとライスで、
400円というプライスは大したもの!

港が近い絶好のロケーションなので、
今度の裏取引の際にまた利用しようっと!
(アタッシュケースに小麦粉を詰めながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑まずは金が先だ!気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ら~~めん caravan@南砂町

DSC00563.jpg

2011年2月18日/ら~~めん caravan/南砂町/
スタミナら~~めん/750円


身の危険を感じるほどの、
激しい強風が吹き荒れる今日の東京。

こちとらコンビニのごみ箱から拾ってきた、
弁当のシミだらけの新聞紙だけの姿なので、
吹き飛ばされたら一大事だかんね!

そんな中で先日振られたばかりの、
『金糸雀』へのリベンジのために再び亀戸へ。

DSC00560.jpg

また玉砕~!ハラショ~!

しかし良く見てみると、
何やら張り紙の内容が変わっている。

DSC00561.jpg

オープンして3ヶ月ちょっとなのに…。

ラーメン屋さんという職業は、
それだけ体力気力使うってことでしょうか…。
ともかくお大事に!

仕方なくリカバリってことで、
我が事務所から至近距離の場所に、
いつの間にかオープンしていた新店へ。

DSC00562.jpg

なんかケーキ屋やらクリーニング屋やら、
色んな店が出来ては消えていく、
風水的にも良くないテナント。

しかし入口をガラス張りにしたり、
一から手直ししている気合いの入れよう。

いざ店に近づこうとすると、
なんと折からの強風で、
店横の看板がすっ飛ぶハプニングが!

慌ててニット帽にエプロン姿の、
店員らしきお父さんが回収してました。
一歩間違えたら大惨事!

厨房には派手めな化粧の女性が二人。
さっきのお父さんは雑用担当。

平日の真っ昼間だというのに、
ビールやレモンサワーを堂々とあおり、
テレビの海老蔵トークに花を咲かせる、
職業不詳のナイスミドル&マダムばかり。

その場末な雰囲気といい、
店員さんが常連らしき客から、
「ママ!」「○○ちゃん!」と呼ばれてるあたり、
スナックからの業態替えと思われる。

『キャラバン』なんて屋号も、
いかにもそれっぽいですもんね。

おかげでちょっと居心地は良くないけど、
ママさんの接客は温かく柔らかい。
思わずボトルキープしちゃうよ!
ボトル無いけど!

メニューは醤油に味噌、スタミナと幅広い。
夜はつまみ類もたくさん揃うみたい。

なんとなく変化球狙いで、
「スタミナら~~めん」を半ライス付きで。

フライパンで野菜を炒めながら、
大きな茹で釜で麺を茹でている。

ママさんの平ザルの振り方などは、
なかなか手慣れたもの。

醤油スープは極めてオーソドックスな、
豚骨鶏ガラメインの東京風。
化学の力も結構効いてますな。

そこにキャベツ、ニンジン、タマネギ、
それにニンニクの芽が山と乗せられる。

炒めてから寸胴からスープを注いで、
煮る行程を加えているので、
具とスープの一体感はしっかりしている。

ただ焦げ味なのか野菜が新鮮でないのか、
スープに独特の匂いが出ちゃってるのは、
やや気になるところではある。

麺は中細のちぢれ麺。
こちらもオーソドックスな中華麺。
茹で加減はバッチリ。

予想外だったのはチャーシューの旨さ!

バラ肉をサイコロ状にしたものが、
野菜に混じってゴロゴロ入っている。

適度なタレの染み方と、
ジューシーで柔らかな肉の部分、
それにとろける脂身が最高!

野菜に埋もれた半熟ゆで卵も、
黄身の味が濃くてなかなかおいしかった。

あと半ライスに付いてくる、
キュウリの味噌漬けも何気に旨い。
こりゃお通しで出てきたら人気だろうよ(凸)。

一応最寄り駅は南砂町だけど、
軽く20分は歩きそうな立地なので、
わざわざ電車で来て食べるラーメンではない。

しかしラーメン枯渇地帯の、
我らが北砂の地元民にとっては、
非常に重宝しそうな店ではある。

また機会があれば行ってみよっと!
その前にスナックスキルを上げておかないと!
ポッキー!キスチョコ!テレサテン!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑〆はママお得意の焼きうどん!気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

佐賀ラーメン 美登里@浅草

DSC00559.jpg

2011年2月17日/佐賀ラーメン 美登里/浅草/
味自慢ラーメン+生卵(卵黄)/
700円+50円


こんばんは昭和の喜劇王です。
(哀愁のチャップリン形態模写で)

最近テレビジョンで、
あのラーメン官僚だとか、
ストーンゴッド大先生だとかによって、
やたら取り上げられている『美登里』。

なんでも都内では珍しい、
佐賀ラーメンの専門店らしいです。
何それ気になる!行かなきゃ!

佐賀ラーメンというと、
かつて四谷三丁目にあった店を思い出す。
なんていう屋号だったっけ…。
確か『喰』って字が入ってた記憶が…。
(「ググれ」はNGワードです)

DSC00558.jpg

浅草から約10分ほど。
あのムフフスポット・吉原の南側あたり。
6軒続く昔ながらの長屋の一角。

とはいえ中は徹底的にリフォームされ、
銅製のカウンターが目にまぶしい、
どこか斬新な造り。

でもBGMが椎名林檎だったり、
ミスマッチ感全開なのは狙い?天然?

厨房の奥にズラリと並ぶ、
四つもの巨大な羽釜が何より目を引く。
若いスープから順番に、
継ぎ足し継ぎ足しで作ってるのかしら?

麺や醤油はもちろんのこと、
米や海苔まで佐賀産にこだわる徹底ぶり。

メニューは「味自慢ラーメン」一品。
それにトッピングとご飯もののみ。

もちろん「味自慢ラーメン」に、
ラーメン官僚の教えを忠実に実践して、
生卵もトッピングしてみた。
んなまたまご~(研ナオコ)。

豚骨特有の臭みもなく、
マイルドで優しい口当たりのスープ。

九州特有の甘みのある、
醤油の香りともベストマッチング。

いやらしさの一切ない、
清楚な豚骨ラーメンという印象。
カーディガンが似合う原田知世的な!
的な、じゃねえよ!

麺は佐賀の畑瀬食品から直送している、
やや太めの色白ストレート。

気持ち柔らかめの茹で加減で、
水分をたっぷり含んだ、
モチモチ吸い付くような歯触り。
優しいスープともうまく調和している。

具は大振りのチャーシューが2枚と、
万能ネギ、海苔。

この海苔が有明産の高級品らしく、
厚みといい艶といい見るからに旨そう!
磯の香りとパリッとした食感がたまらん!

こいつをつまみに日本酒呑みたい!
ついでに身体に貼りつけて踊りたい!

生卵はすき家にある例のやーつで、
白身を落とした卵黄のみ。

余った卵白がもったいなかったので、
店主さんに無理を言って、
全身に塗ったくらせていただきました!
ありがとうございます!

残り3分の1くらいの時点で、
卵黄を一気にクラッシュ。

さらにスープにマイルドさが増し、
気がついたら久々にスープまで完食完飲!
いや~旨かった!

しかし食後の胃の具合や、
ゲップの状況などから、
意外に油分がしっかり乳化した、
オイリーなスープだったことが分かる。

普段はカーディガンなんか着ちゃって、
かわいい顔してるくせに、
やることやってんなぁ!おい!
(何が?)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ギャップ系気分でポチッと押してくださいませ~

banner-akui-long.gif
↑こむら代表のTシャツブランド
 「キテレツTシャツ 悪意1000%」もよろしくです!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (9)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報