茨城スタミナラーメン 松五郎 東京支部@馬喰町

DSC00686.jpg

2011年4月28日/茨城スタミナラーメン 松五郎 東京支部/馬喰町/
スタミナ冷やし(普通盛)/750円


茨城県は水戸周辺でおなじみの、
知る人ぞ知るご当地メニュー、
その名も「水戸スタミナラーメン」。

その元祖的存在とも言える、
老舗中の老舗『松五郎』が、
まさかの東京進出を企ててくるとは!
まったく夢にも思わなかったぜ!

まぁふだん見てる夢といえば、
お札のお風呂に入ってキャッキャとか、
グラビアアイドルと二人っきりでムフフとか、
そんなんばっかしだけどね!
(もうすぐ37歳になります)

東京でスタミナ系を出していたのは、
かつての経堂『虎』だとか、
『神田スタミナラーメン』だとかもあったが、
老舗の直営とあれば間違いないはず!
さっそく行ってみるダス~!

DSC00684.jpg

オフィス街のど真ん中・馬喰町とあって、
12時を回ると同時に、
興味本位な近隣の勤め人で大行列。

DSC00685.jpg

店頭にはこんな感じで、
初心者向けの看板も設置してある。
確かに世間にはまだまだ浸透してないもんね。

水戸の本店は未訪なのだが、
なんとなく本店は老舗特有の、
やさぐれたイメージが勝手にあるのだが、
こちらはにこやかなお姉さんがホールだったりと、
かなり居心地のいい雰囲気。

さらに本店は撮影禁止!
カメラなんか取り出そうもんなら、
脳天から餡掛けをぶっかけられると、
もっぱらの噂なのだ!
(もちろんデマ)

こちらは断りさえすれば、
撮影もまったく大丈夫だった。

メニューは餡掛けを乗せた、
スープ有りの「ホット」とスープ無しの「冷やし」、
それに普通の「ラーメン」も用意されている。

周りを見渡すと、
意外に「ラーメン」の客が多い。
そこはスタミナ食っときましょうよ!

スタミナの店でスタミナ食わないなんて、
映画「岳」を観にいって、
長澤まさみのシーンだけ目をつぶってるようなもんだ!
(分かるような分かんないような)

自転車こいで出かけたら、
恥ずかしいくらい汗ダクになるほど、
気温がグングン上がった暑い日だったので、
今回は冷やしにしてみた。

ビジュアルはもうまごうこと無き、
水戸スタミナのそれだ。

餡掛けは甘さはやや控え目で、
一味唐辛子をたっぷり効かせた、
軽くスパイシーな味わい。
もちもちプルプルの太麺にも絡む絡む!

この甘辛い独特の味付けが、
グイグイ箸を進めさせる。

麺自体もムチッと弾力のある、
気持ちいい食感で旨いっす。

具は定番のレバーにキャベツ、
ニラ、カボチャ、ニンジンなどなど。
レバーは臭みが一切なくておいしい。

それにしても普通盛だと、
あっという間になくなってしまう。
どうやら200gというのは茹で後の量の様子。
成人男子は中盛以上が必須!

まさかチャリンコ圏内で、
水戸の味が堪能できる日が来るとは!
どうでもいいけど水戸市内に建ってる、
スネークキューブみたいな建物ってあれ何?

--------------------

★2011年4月のトータル杯数/13杯
★2011年の通算杯数/57杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,069杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑映像は水戸市内の様子です気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

双麺@錦糸町

DSC00683.jpg

2011年4月27日/双麺/錦糸町/
双麺らーめん醤油+味玉/650円+100円


ゴールデンウィーク直前、
Tシャツ屋にとってはいよいよ、
本格的な繁忙期を迎えるわけであります。

毎日毎日忙しい!
まさに猫の手も借りたい!
ついでに麻美ゆまチンの手も借りたい!
(用途が違うように思われます)

当然メシを食う時間も制限されるのですが、
性欲以上に強い麺欲は、
とうてい抑えようにもないわけですよ!

ということで今日はサクッと、
近場の店で済ませることに。

そういえば地元・錦糸町に
新店ができたという情報をキャッチしたので、
井上公造ばりのレポーター魂で、
マイク片手にさっそく向かってみます!

DSC00681.jpg

錦糸町駅の北口からすぐ。
『漁だし亭』からのリニューアル。

でも店横の看板は、
『漁だし亭』のままになってたりするし、
急きょの業態替えなのかしら?

店員さんがやたら大きな声で、
元気な接客になっていた。

よく見ると餃子が、
「雷神餃子」なんてネーミングなのを見ると、
小岩近辺に多いライジン系なのかな?

L字型のカウンターはそのままだが、
内装には若干手が入った様子。

床が油でヌルヌルなのだが、
カウンターの下に棚が無いので、
バッグをヌルヌル床に直接置かなきゃならんのは、
いかんともしがたい状態…。

基本メニューはラーメンとつけめん、
それぞれ醤油と塩がある。

ちなみにスタンプ10個集めると、
「スカイツリーラーメン」なる、
マル秘メニューをおごってもらえるらしいぞ!

総重量なんと約1.5キロらしいぞ!
ありがた迷惑だぞ(凸)!

基本っぽい「双麺らーめん」を醤油で。
ロマンティック味玉モードだったので、
100円追加で颯爽とトッピング。

そしたら奥さん…。
やっちゃいましたよ味玉一個半…。
ひと言アナウンスをくれてもいいのになぁ…。

まさに不覚の極み!
あるいは下衆の極み!
(大人気のハマカーンのネタですよー)

魚介メインのさっぱりしたスープに、
ゴロリと大きめの背脂が浮かぶ。

液体油もかなり多めだが、
ベースの清湯スープがさっぱりしているのと、
カエシの甘さが中和してくれるので、
比較的あっさりと食べられる。

刻んだタマネギが浮いていて、
時折シャリッと食感のアクセントに。

麺は喜多方を連想させるような、
ちぢれの付いた幅広で厚みのあるもの。
プリプリした食感でおいしい。

この麺なら油そばとかにしても、
いい仕事してくれそうですのぅ。

バラ巻きチャーシューは極うすうす。
人力ではまず不可能な薄さ。
メンマや味玉も含めて具はまあ普通かな。

終盤スープが冷めると、
ややカエシの甘さが立ってくるので、
卓上の「自家製海老辛具入りラー油」を投入。

すると辛さと香ばしさで、
いい感じに味が引き締まった。

2階にはテーブル席もあるが、
調理担当は一人でまかなっているので、
やや時間がかかるのが気になった。

それでも昼時には、
近隣の勤め人に重宝されてる印象だった。

そういえば駅ビルに『青葉』も出来たし、
地味に錦糸町も麺屋が増えたね~。
個人的には『一風堂』の出店を待ってます!
なんなら不動産屋も仲介します(ウソ)!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑空きテナント情報待ってます気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

煮干らーめん のかぜ@深谷

DSC00678.jpg

2011年4月23日/煮干らーめん のかぜ/深谷/
煮干醤油ラーメン+あじ玉/600円+70円


こなさんみんばんは!
街のほっとステーション・ラーツ部です!
いずれは十羽一絡げなメンバー構成にして、
EXILEに対抗してやろうと思ってます!

そんな I Wish なラーツ部は、
今月は埼玉左上にお邪魔しています。

最後の一杯は行田の『くりや』。
特にラーメン本などでは取り上げられてないが、
丁寧で上質なラーメンを提供しているらしい。
ちなみにてらみん部長のチョイス。

最後はやっぱり醤油かな?
でもスープの良さを確かめるなら塩かな?
などと学校帰りの女子中学生みたいに、
キャッキャウフフしながら店に向かうと…。

DSC00675.jpg

大・玉・砕~!
はいドンドンドーン!!!
(安田大サーカス)

DSC00676.jpg

閉店時間より、
軽く90分は早いスープ切れ終了とは…。
よっぽど人気でおいしいんでしょうね…。

ショックのあまり店先で、
思い思いのジョジョ立ちで途方にくれる部員一同。
そのまま『くりや』の駐車場で、
リカバリ店を緊急ディスカッション。

決定したのは深谷の『のかぜ』。
またもと来た道を15km以上も戻ることに。
この情熱を産業成長に回せば、
もっと日本は豊かな国になってたのにねっ!

DSC00677.jpg

店頭には堂々と「煮干」の看板。
元々はオーソドックスなラーメンだったのを、
煮干し系に切り替えてから好評なのだとか。

つまみメニューも豊富で、
居酒屋的な使い方をしてる客も多い。

民家か何かを自前で改装したのか、
畳張りの小上がり席のほかに、
I字型とU字型のカウンターが不規則に並ぶ、
ちょっと変則的なレイアウト。

厨房は奧にあるので様子は見えない。
カウンターの片隅には製麺機も置いてある。

ファンヒーター&ストーブが計3台、
空気清浄器が計2台も置いてあるけど、
よっぽど換気の具合でも悪いのかね(凸)?

出てきた「煮干し醤油ラーメン」のビジュアルは、
はて?どこかで見たことがあるような…?

スープはやや油が多めで、
苦味を効かせた全開の煮干しフレーバー。
深みのある醤油ダレとの相性もいい。

安直に煮干し粉に頼るわけではなく、
しっかりダシそのものを抽出してる印象で、
なかなか好感度大でございます。
(ちなみに卓上には煮干し粉完備)

麺は断面が丸い、
細めのストレートタイプ。
丼の中央にこんもりと盛り上がっている。

加水率はかなり低そうで、
啜るとパツパツッとした持ち上がりで、
ポキポキと折れるような食感も独特。

巨大チャーシューは三枚肉で、
肉汁がしっかり残っていておいしい。

たっぷり乗った刻みネギは、
シャキシャキした食感でフレッシュ。
やっぱり土地柄深谷ネギなのかしら?

そして4杯目にしてようやくゲットしたあじ玉は、
黄身が完全に液状で、
噛むとプチュッと飛び出るわよ!
お気に入りのドレスを汚さないように!

DSC00679.jpg

こちらはタグ部員の担当、
埼玉名物「焦がし醤油ラーメン」。

動物系を強めたスープに、
焦がした醤油と揚げネギを効かせたもの。
香ばしくてこれもなかなか。

DSC00680.jpg

そしてこちらはてらみん部長の、
限定メニュー「トマトラーメン」。

かなり濃厚なトマトスープに、
挽き肉やバターの風味が加えられた、
極めてイタリアーノな一杯。

さてそれでは正解です!
(ミステリーハンター風に歩きながら)

こちらの「煮干し醤油ラーメン」、
味の構成やビジュアルから判断した結果、
あの『伊藤』のインスパイアでしたー!

油の量を多くしてこってり感を出したり、
独自色は見せてはいるものの、
紛れもなく『伊藤』のそれだと思われます。

とはいえそのクオリティは高く、
まさか深谷で伊藤テイストが食べられるとは、
夢にも思ってなかったのでラッキーでした!

では黒柳さんは没シュートです!
野々村さんは嫁にビンタされてください!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑スーパーひとしくん気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

きくちひろき@熊谷

DSC00672.jpg

2011年4月23日/きくちひろき/熊谷/
青鬼/670円


あの池上さんも、
「いい部活ですねぇ」と絶賛のラーツ部です!
今月は埼玉の左上のほうを探訪中。

深谷の温泉施設で、
桜舞い散る露天風呂に浸かりながら、
桜色に染まった臀部を叩き合っているうちに、
あっという間に夜の部に突入です。
シートに座るとおケツが痛い!

お目当ては『きくちひろき』。
中山道沿いに突如現れる、
嫌が応にも目に入る巨大な骨の看板が目印。

DSC00671.jpg

店頭にぶら下がった牛骨、
「咲くか咲かぬか我がスープ」の謳い文句から、
ここががんこ系であることは一目瞭然。

竹を天井や壁に無数に使った、
かなり大胆で個性的な内装。
なぜか天狗の面や馬の肖像画なども飾ってある。

古めかしいデザインのラジオからは、
ガンガンにアップテンポなロックがかかる。

店主(多分きくちひろきさん)は、
厨房でひとりキビキビした動き。

メニューは醤油のあっさり、中間、こってり、
塩はネギ油、エビ油、しそ油と、
香味油の風味を変えて3種類も用意されている。
さらには謎の赤鬼、青鬼なるメニューまで!

ふん!鬼がなんだ!俺も男だ!
戦わなければならない時だってある!
ということで「青鬼」と対峙することに。

しかし目の前に現れたのは、
すごい形相でこちらを睨み付ける、
見るも恐ろしい鬼の顔!

DSC00673.jpg

ギャ~ッ!
やっぱりコワイよ~ママ~!!!

ちびりながら店を飛び出し、
慌てて東京の自宅まで逃げ帰って、
布団でガタガタと震えていたところ、
店に残っていたラーツ部メンバーから、
あれは鬼の顔を模したラーメンだと電話が入る。

じゃあ改めて食べにいきまーす!
(往復200kmの無駄)

純に澄みきったスープは、
キリリと引き締まった塩ダレをメインに、
動物も魚介も野菜も強く主張せず、
まるで黄金比のようなバランスを保っている。

そこに仕上げにジュッとかけられる、
熱々のネギ油の香ばしさと、
青唐辛子の爽やかな辛さが引き立ち、
さらにスープに深みを与えている。

がんこ特有のしょっぱさや、
青唐辛子の辛さはそれほどではないのだが、
身体の奧のほうからじんわり温まり、
ほんのりと汗ばんで色っぽい感じになってくる。
抜群に旨いなこれ!

麺は茹でる前にグイッと手もみされた、
細めのストレートタイプ。

がんこ系御用達の、
「さっぽろめんフーズ」製かは不明だが、
滑らかな啜り心地と、
コリコリした爽快な歯ごたえが絶品。

鬼の目の部分のチャーシューは、
ほぐした肉をハムのように固めたもの。
当然箸で持てないほどホロホロに崩れちゃう。

レンゲですくって食べると、
スープと対照的な濃いめの味付け。

フライパンでソテーされた、
熱々のメンマも昔ながらな感じでおいしい。

後半は揚げネギの香ばしさもスープに溶け、
思わず本日二回目のスープまで完飲完食!

DSC00674.jpg

これはてらみん部長チョイスの、
「塩ラーメン」のエビ油。

部長自身のマストラーメンだった、
新橋の『勇』を思い出したようで、
思わず涙ぐみながら食べておりました。

さぁ部長これで涙をお拭き…。
(手頃な大きさに切ったスポニチを差し出して)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑再利用気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

めんじゃらけ@菖蒲町

DSC00670.jpg

2011年4月23日/めんじゃらけ/菖蒲町/
塩らーめん/700円


ラーツ部は強い部活っ!
(眉間に尋常じゃない力を込めながら)

2ヶ月ぶりのラーツ部活動、
今月は埼玉の左上のほうを、
モゾモゾと移動しておる次第でございます。

『麺処 慶』の濃厚スープを、
旨さのあまりつい飲み干してしまい、
今後の胃腸のコンディションに不安を覚えつつ、
上尾から菖蒲町へ移動。

次のお目当ては老舗の『めんじゃらけ』。
ちなみに志村けんが踊っていたのはウンジャラゲですね。
だっふんだ!(ガシャーン)

DSC00669.jpg

見た目は普通の豪華な一軒家。
こちらも店頭の駐車場が常に一杯で、
待ち客が絶えない人気っぷり。

テーブルや小上がりが豊富にあり、
中にはまったく使っていない、
12畳はありそうな立派なお座敷まで。

思わず普段は狭い団地住まいなので、
田舎の親戚の家の広さに驚いて、
「うわ~!うわ~!」ってあちこち散策する、
都会っ子ごっこを展開(例えが長い!)。

おっさん3人で迫真のごっこ遊びをしているうちに、
20分ほどでようやくテーブル席に通された。
(全員汗だく!)

震災の影響で食材が入らないらしく、
みそ系のメニューはお休みになっていて、
塩と醤油のらーめんとつけめん、
それに埼玉名物の焦がし醤油に限定されていた。

トッピングはネギ、バター、
チャーシューのみで味玉系は無し。

焦がしも気になったが、
3人とも常連さんが必ず頼むという塩にしてみた。

ラーメンが出てくるまでの時間も含めて、
店内はかなりのんびりムード。
秒単位で働くビジネスマンには不向き。

やや薄く濁ったスープは、
ふわりと香る鶏ガラをベースに、
魚介の風味を効かせたもの。

それを甘みのある塩ダレが、
グッと全体を引き締め、
絶妙に調和の取れた穏やかな味わいになっている。

渇いたスポンジに染みていくような、
ジワジワと口内に広がっていく味で、
非常においしゅうございます!

麺は白っぽい色の中細タイプで、
手もみしたようなゆるいちぢれがあり、
一見クラシカルな面持ちに見える。

しかしギュッと圧縮したかのような、
濃密に中身が詰まった感じの噛み心地で、
そのコシの強さはかなり印象深い。

他では食べた記憶のない、
唯一無二な存在の麺ですよこれ。

具で何より目を引くのが、
丼の縁にデロンと寝そべる巨大チャーシュー。
トドかっつーの!

肩ロースなので脂身はないのだが、
肉の旨味が閉じ込められて、
噛むたびにジューシーで旨い!
赤ワイン風味の味付けも個性的かつ印象的。

メンマもタケノコの香りがしっかりして、
地味に高レベルな代物。

のんびりした店の雰囲気に合った、
柔らかながらも一本ピシッと芯のあるラーメンで、
客足が絶えない理由も分かるな~。

帰りすがらは連休も終わって、
東京に帰るのがちょっぴりセンチメンタルで、
親戚のおじさんにバイバイされて、
つい涙ぐんでしまう都会っ子ごっこを展開。
(だから例えが長いっつーの!)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑夏休みになったらまたおいで気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺処 慶@上尾

DSC00666.jpg

2011年4月23日/麺処 慶/上尾/
みそラーメン/750円


(都会の喧噪のなか汗だくで駆けてきながら)
待たせてごめん!ラーツ部です!

震災のため3月は自粛したため、
実に二ヶ月ぶりの部活動でございます!
今回は埼玉の左上のほう攻め!
(頭の悪い表現方法)

まずはいきなり今回のメインである、
『麺処 慶』にお邪魔します。
もちろんお笑い芸人の慶のコスプレで!

DSC00665.jpg

なんてまぁ控えめな看板だこと(凸)。

周りは閑静なベッドタウン。
カウンターに加えて小上がり席もあって、
近隣のファミリー層にも安心。

手首にタトゥーのある、
コロコロしたかわいらしい女性店員さんに、
先に食券を渡してしばし外待ち。

店内からは味噌とニンニクが焼かれる、
香ばしいフレーバーが溢れている。
腹減った~!ガルル~ガルル~!

突然の土砂降りに耐えながら、
20分ほど待ってようやく入店&ずぶ濡れ。

ラーツ部の特権として、
「メニューが多い店はバラバラに頼んでシェア」
という必殺技が使えるので、
ここでももちろんその戦法で。

俺の担当は「みぞラーメン」。

しかしどう見ても明らかに、
事前に本などで知っていたビジュアルと違う。
あれ?イメチェンしちゃった?

そう、それはまるで、
夏休みを境に急に不良っぽくなってしまった、
憧れのあの娘のように…。
(遠い目&漏尿)

以前はいわゆる「純すみ系」と呼ばれる、
たっぷり油の層があるスープだと記憶していたが、
今は魚粉が溶け込んだ超濃厚なタイプに。
レンゲを差し込んでも入ってこないよ!

そのとろみは豚足などの、
動物系由来のものらしく、
かなりドスンとパワーのあるスープになっている。

そこに煮干しと挽き肉の香りが絶妙に広がり、
味噌はその全体をまとめる監督的役割。

油はほとんど浮いてないので、
濃厚ながらもくどくなく食べやすい。
これは旨い!旨いぞ~!

麺はうねりの強い極太なもので、
濃厚スープに浸かっているので、
まったく冷めず熱々のまま。

プルプルと唇を震わす啜り心地と、
ムチッとした食感でおいしいっす。

チャーシューはぶ厚く、
見るからにエロそうな顔をしてやがるぜ!

肉の部分と脂の部分の、
ホロホロトロトロなコントラストが最高!

あとはこちらも負けじとぶっといメンマと、
たっぷりの笹ネギとモヤシ。

お好みでニンニクや生姜をもらえるので、
途中で生姜を加えてみると、
味がビシッと引き締まる。

そして残ったスープに、
試しに卓上のガラムマサラを投入すると、
これがまた絶妙なバランスの、
味噌カレーラーメンに様変わり。

まだこれから3杯も食うっつーのに、
思わずスープまで完食!

DSC00667.jpg

こちらはタグ部員担当の、
「辛みそらーめん」。

深みのある一味の香りと、
エビ風味の効き方が半端じゃない。
なんだかご飯を欲する味。

DSC00668.jpg

そしてこちらはてらみん部長の、
「濃厚煮干そば+へた肉」。

猛烈な煮干し風味だが、
味に深みがあってまったく嫌みがない。
へた肉はこんなに乗って50円!

いや参った!やられた!
みそ以外のメニューもどれも高レベル!
上尾市民は全員食っとけ!
アゲアゲ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ホスト漫談気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋永吉 花鳥風月@葛西

DSC00660.jpg

2011年4月17日/麺屋永吉 花鳥風月/葛西/
温玉カリーつけめん/1000円


結局『うえだ』を食べ終えて、
店を出たのはもうすでに16時過ぎ…。

中途半端な時間なので連食は諦め、
凪のテンションのまま30km運転して帰宅する。
『ぜんや』リベンジは近々に!
近々ケロンパ!

しかしどうにも収まりがつかなかったので、
またも友人を引っぱり出して、
晩ご飯も麺!麺を喰らうのじゃー!

今回狙ったのは『麺屋永吉 花鳥風月』。
今月15日に浦安から移転オープンしたばかり。

DSC00659.jpg

近隣の家族連れを中心に、
10人ほどの行列が続く人気っぷり。
ときおり店主さんの奥様が人数確認に来てくれる。

その奥様もまるで、
軽くソシアルダンスでも踊ってきたかのような、
豹柄のエレガントなドレスで気合い十分。

「当店は丁寧にお作りしているので、
 ものすご~くお時間がかかってしまうんですよ~!
 申し訳ございません~!」

と深々とお辞儀をされるたびに、
ざっくり開いた胸元が見えちゃうもんだから、
もうラーメンどころではございません!

想定外のセクシーに悩殺されながら、
必死に頭の中で九九を数えながら(中学生かよ)、
結局30分ほど待って入店。

いやでも冗談抜きにして、
こちらのホスピタリティは素晴らしい!

例えば待ち客のために、
ブランケットを用意してくれているのだが、
まぁ大半はポンと置いてあって、
「ご自由にお使いください」的な感じだと思う。

しかしここはそうではなく、
キチンと奥様自らお客さんに手渡ししてくれて、
入店の際にちゃんと回収してくれるのだ。

こういうことってけっこう大事!
大事MANブラザーズバンド!
(いま大人気)

前はカウンター5席だけの、
ビフォーアフターも驚きの超狭小店舗だったが、
テーブル席も潤沢に用意された、
広々オシャレな店に様変わりしていてビックリ!

ツヤ消しの黒を基調にした、
まるでシックなピアノバーみたいな雰囲気。

店主さんは浦安時代と変わらず、
決してスピーディーではないものの、
ひとつひとつの所作に、
ピシッと気が入っているというか、
静かなるオーラを発している。

今回は未食だった「カリーつけめん」を、
温玉付きでご機嫌をうかがいます。

ちなみに「カリー」の正式表記は漢字だけど、
携帯でもPCでも出てこない字だった(凸)。
「口可口厘」ね。

「小松川東屋製麺」からの花が来ていたので、
おそらくそちら製の中細平打ち麺。
たぶん「らーめん」と同じものだと思う。

たっぷり水分を含んでいて、
プルプルとフレッシュな食感で非常においしい。
締めるだけで「らーめん」とは、
だいぶ印象が変わるもんなんだね~。

そしてつけ汁がまた旨ぇこと!

『永吉』お得意のサバ節や煮干しが効いた、
じんわり優しいWスープに、
スパイスをたっぷり加えたカリー風味。

最初は和風な面持ちで、
一瞬蕎麦屋さんのカレーっぽいかな?と思うが、
後からややエスニックな辛味が、
ブワーッと口いっぱいに広がる。

そこに適時で温玉を放り込むと、
まろやかさが追加されマイルドな味わいに。

具はトロトロのチャーシューが一枚と、
メンマ、青菜、海苔と、
「らーめん」とまったく同じ構成。

スープ割りを頼むと、
通常の和風ダシで間引いてくれる。

さらにダシの香りが深くなり、
まさに和風スープカレーだ!
何をどう考えてもライスが合うのだが、
なんと売り切れですよ!またかよ…。

DSC00661.jpg

友人の「らーめん」も味見したが、
浦安時代よりもさらに淡いタッチで、
魚介の香りが優しくなった印象。

まぁ寸胴も大きさがだいぶ変わったし、
この辺はまだ微調整してるのかも。

退店時は奥様が外までお見送りしてくださり、
最後にもう一回お辞儀で胸元チラリ。

カリーの味と胸元は一生忘れません!
(絵日記にしたためながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ふゆやすみのおもいで気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺家 うえだ@志木

DSC00658.jpg

2011年4月17日/麺家 うえだ/志木/
焦がし醤油らーめん/750円


外は天気も良くポカポカ陽気。
特に予定もなくのんびりした日曜日。
久々にマイカーを洗車する。

一心不乱に汚れを舐め取り(猫かよ)、
あっという間に車はピカピカ!
(というかヌラヌラ)

そうなるとちょこっとでも、
ドライブしたくなるのが人情ってもの!
さらにその向かう先に麺が待ってたりしたら、
それはイコール至福!幸福!エクスタシー!

あれこれ宿題店を考えた結果、
新座の『ぜんや』『うえだ』という、
二大人気店を取りこぼしている事実に気付き、
片道30kmの埼玉詣でに決定!

一般道で90分ほど、
『ぜんや』に着くと10人ほどの行列が。
急いで列に加わろうとすると…?

しかし!その先頭の看板には、
「スープ切れのため完売いたしました」の文字が!

14時でもダメだったか…。
日曜日ナメてました…。
つかここまで来て振られるのはこたえるよ…。

ショックと絶望のあまり一気に脱毛、
リーブ21に電話しながら、
急いで次に行く予定だった『うえだ』へ直行。

DSC00657.jpg

こちらは何とかまだ営業中で、
しかも駐車場もタイミング良く開いてた!
喜びで一気に発毛!
リーブ21に慌ててキャンセルの電話。

それでも日曜とはいえ、
15時前で13人待ちですよ奥さん!

強い西日を受けながら、
地道に待ち続けること30分ちょっと。
味のある店内にようやく入店。

こちらの名物は「箸が立つ」と言われる、
「特濃魚介豚骨らーめん」なのだが、
名物店主・みさえさんが、
埼玉のご当地ラーメンとして考案した、
「焦がし醤油らーめん」が気になったのでそれを。

スープを軍鶏と豚骨から選べたので、
幸田シャーモンをチョイス。

煮玉子が食べたかったがまたも売り切れ。
最近玉子運もないなぁ…。
島田秀平に玉子線を占ってもらおうかなぁ…。

二重にした丼に醤油ダレを注ぎ、
それを両手に持ったふたつのバーナーで、
一気に焼き焦がしている。

たっぷりの時間をかけて、
50cmはある火柱をゴウゴウ上げる様は圧巻だが、
ちょうど席が食洗機が邪魔で死角になっていて、
せっかくのファイヤーショーがまったく見えない…。

そうして完成した「焦がし醤油」は、
プンと濃い~醤油の香りが立った、
真っ黒なスープが特徴的。

これでもか!コケー!とばかりに、
軍鶏のコクや旨味が抽出されたスープに、
焦がした醤油のシャープな切れ味や、
鼻に抜けるような香ばしい香りに支配される。

後半ちょっと塩分がきつく感じるが、
揚げネギや唐辛子のアクセントが、
うまいことそれを中和してくれる。

思わずレンゲを止めさせない、
極めて中毒性の高いスープだなぁ~。

麺は細めで断面の丸いストレート。
小麦粉の質感を残したポクポクした噛み心地。

スープをみるみる吸って、
ぐんぐん自らに旨味をたたえていく。

厚さ1cmオーバーのチャーシューは、
片面に焼き色をつけてありジューシー。
肉にむしゃぶりつく悦びを楽しめます。

それにメンマと茹でたキャベツ、海苔と、
面白いのは一枚ペロンと乗った、
薄焼きのお煎餅。

「少しスープに浸してふやかしてね~」との、
みさえさんのアナウンスに従うと、
程よくふやふやした食感とお米の香りが、
スープに良くマッチしている。

ちょうどなんつーか、
お雑煮の餅みたいな感じに近くなるかな。

個性的な一杯でたいへん満足。
やっぱり「特濃魚介豚骨」も気になるし、
もう一回くらいは来るべきかなぁ。

どっちにしても『ぜんや』リベンジという、
重すぎる足枷もついたことだし(嗚咽)。

思い出してまた脱毛!
リーブ21に再予約の電話!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑発毛日本一コンテスト気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報