スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きしもと食堂@新宿伊勢丹 大沖縄展

DSC01162.jpg

2011年7月31日/きしもと食堂/新宿伊勢丹 大沖縄展/
きしもとそば/840円


はいた~い!めんそ~れ~!
ぐす~よ~ちゅ~がなびら~!
(ヤシガニに足首を思いっきり挟まれながら)

夏だ!夏がやって来た!
となると毎年恒例のあのイベント!
新宿伊勢丹の大沖縄展じゃ~!

県内の特産物やら泡盛やらが、
催事場に一堂に介するだけでなく、
屋上ではこの期間だけのビアフェスタが開催され、
まっ昼間っからオリオンビールで酩酊できるという、
フラーにはたまらんイベントなのです!

DSC01161.jpg

まずはイートインコーナーで腹ごしらえ。
今年も沖縄そば担当は『きしもと食堂』。
たまには変化が欲しいような…。
前は『首里そば』とか『御殿山』も来てなかったっけ?

どうせ後でさんざん呑み食いするので、
いわゆる炊き込み御飯の「じゅーしー」はパスして、
「きしもとそば」一本だけで。

見切りで次々と茹でているので、
着席してすぐに供されるのはありがたい。

豚骨と鰹の旨味がたっぷり出た、
ふくよかで優しいダシは催事でも健在。
沖縄の本店にも引けを取らない完成度!

途中で島唐辛子を泡盛に漬けた、
「こーれーぐーす」を加えても味が壊れない、
しっかりと厚みのあるダシです。

麺はぶっとくて迫力のあるもの。

粉の詰まったような強靭なコシがあるが、
歯で押すとパツンと跳ねるような、
沖縄そばならではの食感が楽しい。

三枚肉はかなり濃いめの味付けで、
がしっとした噛み心地。
沖縄特有の丸かまぼこもおいしい。

まぁ毎年のように食べているので、
さすがに目新しさはなくなってきたが、
催事とは思えないおいしい沖縄そばだと思う。

一方のラー油でおなじみ『辺銀食堂』では、
和えそばを軸にしたオリジナルの定食を提供していた。
そっちでも良かったかな~。

その後は沖縄つまみをしこたま買い込み、
屋上でオリオンビール三昧!
沖縄出身のミュージシャンによるライヴも堪能し、
閉店時間までドップリとうちなーたいむを過ごしたのでした。

んちじゃ~びら~!
(ハブに逆の足首を噛まれながら)

--------------------

★2011年7月のトータル杯数/22杯
★2011年の通算杯数/122杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,134杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑血清ちょうだい気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たけちゃんにぼしらーめん 府中店@府中

DSC01160.jpg

2011年7月30日/たけちゃんにぼしらーめん 府中店/府中/
鳥パイタン/750円


水もしたたるいい男6人組、
ラーツ部は今月は西東京にお邪魔してまーす!
(実際は水じゃなくて水飴でヌメヌメ)

本日ラストの一杯は、
調布の老舗『たけにぼ』が久々に出した支店。
そういえばかつて代々木にもあったよね…(遠い目)。

DSC01158.jpg

府中の駅からすぐの、
飲み屋などが立ち並ぶひなびた路地の一角。
おなじみのイラストの看板をくぐると、
マスターの坂本さんがいらっしゃった。

お弟子さんとのトークを弾ませながらの、
軽快な調理は健在でホッとする。

こちらは煮干し系にこだわらず、
オリジナルメニューも用意するということで、
券売機の先頭には「鳥パイタン」なるメニューが。

部員同士の緊急会議の結果、
たけにぼ初訪問の人は「にぼしらーめん」を、
既食の人は「鳥パイタン」にすることに。
ということで俺もパイタン組に。

これまで3杯とも煮干しだったのに、
最後の最後に鳥に浮気しちゃった!

浮気は文化だ!
(東尾理子ってオヤジそっくりだよな)

しかし供された丼を見て、
思わず顔を見合わせる部員一同…。
「どこをどう見ても白湯じゃねぇ!」

かつてルネ・マグリットは、
「これはパイプではない」という絵画を残したが、
これは言わば坂本さんからの、
「これはパイタンではない」というアプローチなのか!?
ミシェル・フーコー呼んでこーい!

おお!なんか今日の記事は知的レベルが高いな!
(ついさっき東尾がどうとか言ってたクセに)

油が多めで熱々のスープは、
シンプルに鶏の旨味とコクを引き出したもの。

口当たりはどこかパキッと硬質で、
そのプラスティックな味わいは、
誤解を恐れずに言ってしまえば、
すごく高級なカップ麺にありそうな味。

そこに刻んだセロリがたくさん入っていて、
スープにもかなりセロリ風味が移っている。
こりゃなかなかの異色作ですな~。

麺はピラピラと暴れるような、
かなり硬めの茹で加減の平打ち麺。
ただ若干スープとの相性には疑問符かな。

具はセロリとチャーシューのみ。
チャーシューはモモ肉で脂身の無いタイプ。
じっくり噛んで旨味を引き出すタイプ。

DSC01159.jpg

一方の「にぼしらーめん」は、
穏やかな煮干しとカエシの風味を活かした、
まさに昔ながらの煮干しラーメン。

やっぱりここのマストは、
「にぼしらーめん」だなぁと改めて実感。
軽はずみに浮気した自分を責めるのでありました…。

浮気は文化じゃない!
(東尾理子って今ゴルフやってんの?)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑素足にローファー気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺創研かなで 改@府中

DSC01157.jpg

2011年7月30日/麺創研かなで 改/府中/
煮干らーめん(チャーシュー2種)+名古屋コーチン味玉/
750円+130円


本日はラーツ部です!
そして週刊新潮は明日発売です!
(ドンドンヒャララ)

社会構造のピラミッドにおける、
最下層に位置する我がラーツ部の、
唯一の取り柄といえば「晴れ部活」なこと。

どれだけ天気予報が悪くても、
現地に付いてしまえばドピーカン!という、
驚異的な雨雲避けセンスを持っていたのです。

しかし稲城の温泉施設で、
まったりと入浴&休憩しているうちに、
外は一気に雷鳴轟く大雨に!
か、雷様におへそを取られちゃう~!

慌ててマツキヨで貞操帯を購入し、
腹をガッチリとガードしたまま夜の部へ。
今度は府中へとやって来ました。

DSC01156.jpg

個人的には二回目の訪問となる『かなで』。

しかし以前は『かなで』がまずあり、
その後、激辛系の『かなで紅』が、
店のトイメンにオープンした状態だった。

しかしいつの間にか、
『かなで』と『紅』が営業店舗を交換トレードし、
旧『紅』店舗が『かなで改』と屋号を変更したのだ。

ということは結果として、
『改』は初訪問という扱いになるのである。
ええぃ!ややこしい!

内装や店の雰囲気など、
基本的な造りは『紅』時代と変わらない。

しかしラーメンが大幅にモデルチェンジし、
「煮干らーめん」を中心とした、
トッピングのバリエーションのみに変更。

昼の『69'n』『進化』に続き、
まさかの一日三回煮干し補給!
カタクチイワシや!カタクチイワシ持ってこい!
(春団次風)

こちらは煮干しの苦味や深みを、
グッとスープに浸透させたような印象で、
豚鶏の動物系とのバランスを重視した作り。

しかし後味に残る煮干しの風味は、
昼の二杯よりもかなり強い。
ある意味もっとも「クセのある」作りかも。
煮干し好きにはたまらんですばい!

麺はかなり細めで、
煮干し地獄にたおやかに泳ぐストレート。

スルッと心地よい啜り心地と、
滑らかでしっとりした噛み心地。
そのしなやかさは新体操の選手レベル!

通常のラーメンに50円プラスすると、
チャーシューを鶏豚の2種類に変更できる。
共にしっとり柔らかく旨い!

そして名古屋コーチンの味玉も絶品!
トロリとした黄身の濃さが桁違い!

この黄身だけを漬けにしたという、
卵かけご飯も旨そうだったな~。

ひとえに煮干しといっても三者三様。
それぞれにプレースタイルが違うので、
まったく連チャンでも飽きることなく食べられた。

そしてラストの一杯は、
その煮干し系の原点とも言える、
あの店の支店にお邪魔しますよ~!
煮干しスープ飲みなはれ!やりなはれ~!
(ミラクルファイト風)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑渚のロッケンロール気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

町田汁場 しおらーめん 進化@町田

DSC01155.jpg

2011年7月30日/町田汁場 しおらーめん 進化/町田/
煮干塩/700円


<過去の『進化』訪問日記>
1回目2回目

どうも!ラーツ部で~す!
踊り子さんには手を触れないで~!

今月は新入部員・ふじひろ君の、
さらなる麺スキルアップを目指すため、
町田~府中エリアのド定番店を再訪しております。

まずは移転した『69'n Roll One』で、
ロックな一杯を堪能したあと、
片足だけで土下座しながら『進化』へ移動。

ロックンロール!
(脅迫メールを送信しながら)

DSC01154.jpg

『69'n』に続いてこちらもまさかの行列無し。
町田の人間は食欲というものを失ったのか!?
それとも集団で神隠しにでもあったか!?

店内はポスターやフラッグなども増え、
さらにロックな雰囲気に拍車がかかった様子。
ロックンロール!
(脅迫メールを再送信しながら)

この日は店主さんのお母様らしき方が、
お手伝いで入っていた。
このロックな雰囲気もすべてお母様の趣味だとか。
(口から出任せですので気にしないように)

もともとは塩ラーメンの専門だったが、
今は白醤油のらーめんとつけめん、
限定の冷やし和えそばなども始まっていた。

以前しおと限定の醤油は食べたので、
今回はレギュラーメニューの「煮干塩」を。
今日はとことん煮干し攻めじゃあ!

先ほどの穏やかな『69'n』の煮干しとは、
対照的な荒々しいベクトル。

スープは厚く油が覆い熱々で、
旨味とコクのある豚骨清湯をベースに、
ガツッと煮干しを効かせてある。

しかし油がまろやかに中和し、
後味には塩ダレのほんのりした甘みが残る。

丼の縁に添えられた西洋ワサビを溶かすと、
パーッと一気に爽やかな辛味もプラスされるが、
決してスープを壊すことはない。
これも旨いな~。

麺は「しおらーめん」のそれよりも太く、
全粒粉入りで茶色いふすまが目立つ。

ややボキッと硬めの茹で具合で、
噛むとプチンと跳ねるような食感をしており、
小麦の素朴な風味が楽しめる。

チャーシューはやや硬めのワイルドな部位。
さらにメンマと紫タマネギ。

ひと口に「煮干しラーメン」といっても、
様々なアプローチがあるもんだね~。

あいにく席が離れてしまったので、
味見もビジュアルも見ることができなかったのだが、
てらみん部長が頼んだ夏期限定メニュー、
「いしるを使ったまぜそば」も、
相当ゴキゲンな一杯だったらしい。

ふじひろ部員も気にいってたみたいだし、
ここは定期的に来ても良さそうだなー。

ロックンロール!
(樹木希林に袋叩きにあいながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ゼクシィ気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラァメン家 69'n Roll One@町田

DSC01152.jpg

2011年7月30日/ラァメン家 69'n Roll One/町田/
煮干し味玉ラーメン/950円


毎度~!ラーツ部で~す!
今月は西東京にお邪魔しますよ~!
(ブーメランパンツで奥様を魅了)

先日のラーツ部総選挙(司会:徳光)で見事1位を獲得し、
先月より正式にラーツ部の一員となった、
通称あっちゃんことふじひろ部員。

それまでラーメンは好きだったものの、
単独で遠征などに行く機会はなかったという彼。

既存メンバーによる厳正なる会議の結果、
部員として更なるスキルアップをしてもらうべく、
今後の部活動はあえてのド定番店を、
再訪して回る要素も盛り込む方針を固めたのでした。

まずは2007年の11月以来という、
約4年ぶりの再訪となる『ロックン』へ。

JR町田駅に直結した、
ステーションビル内に移転したということで、
ぜひ再訪したかった一軒でございます。

DSC01153.jpg

見よ!この異様なたたずまい!

すぐ横の広場では地元のバンドによる、
呑気なコンサートなんかが行われている中で、
他を寄せ付けない圧倒的なオーラ!

シャッターには殴り書きで、
「叫びたくなる味」のキャッチコピーが!
思わず卑猥な言葉をシャウトする部員一同!
コンサートの音色と意外なシンクロ!

そんな怪しげなムードもあってか、
まずいちげんさんは来ないようで、
土曜日の昼時でまさかの空席あり状態。

店内は薄暗く私語禁止なので、
ピンと空気が張った物静かな雰囲気は変わらず。
しかし席数もスタッフも大幅に増えていた。

嶋崎さんは以前と変わらぬ、
リーゼント&ワークシャツ&ラバーソール姿。
シャツはロックンのオリジナル仕様じゃないの!

前回は「2号ラーメン」だったので、
ニボ蔵としては心を揺さぶられないわけがない、
「煮干しラーメン」をチョイスしてみた。

ちょうど座った場所が、
嶋崎さんが目の前で調理するアリーナ席だったので、
渾身のロックな湯切りもバッチリ拝めました!

スープが丼に注がれた瞬間から、
ふわっと煮干しの香りが立ち上がってくる。

仕上げにスダチの皮と七味を浮かべ、
さらに丼の縁にスダチの果汁を一周塗り付けるという、
芸の細かさは見ていて飽きないの~。

芳醇な極上の煮干しダシを活かすために、
鶏ダシや鶏油の効かせ方は控え目。

深みはあるがしつこさはなく、
飲むたびに煮干しの苦味が強く現れては、
潮が引くようにスッと消えていく。

時折香るスダチと七味の風味が良く、
程よいアクセントになっている。
うーむ!こりゃうめぇ!

中根製麺の細ストレート麺はしなやかで、
気持ち柔らかめに茹でられており、
スープとよくなじんでいる。

啜り心地も喉越しも良く、
シコシコッとしたコシも十分感じられる。

鶏チャーシューはムチッとした歯ごたえ。
メンマは薄くスライスされたような形状で、
何やら香ばしい味付けがされていた。

味玉はプルンと弾けるような食感。
やや冷たいのでスープに沈めておくが吉。

いや~さすがロックン!
相変わらずいい仕事をしてくださる!

嶋崎さんの「どもっ」に送られつつ、
次の店に向かうのでありました。

まさに「叫びたくなる味」だったぜ!
(またも放送に耐えない言葉をシャウト!)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑喉ガラガラ気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺・酒処 らん亭@曳舟

DSC01141.jpg

2011年7月27日/麺・酒処 らん亭/曳舟/
中華そば醤油+つまみ色々/ひとり4000円くらい


ついぞ昨日『金町製麺』で、
顰蹙レベルでさんざんっぱら呑んだというのに、
舌の乾くヒマもなくまたも麺屋呑みです!

いいじゃん!
アルコールが無いと何もできないんだよ!
(末期的発言)

ご近所さんの同業者、
スカラヴィジョンの館長&センガさんを、
「らん亭行かない?あとAKBでは誰派?」とお誘いしてみると、
「行く行く!あとAKBではミヤコ蝶々派!」とお返事が。

お互い仕事が片付いたら、
現地で集合ね!と約束してさっそく向かう。

DSC01131.jpg

DSC01132.jpg

古い民家か料亭を改装した店内。
たまたま空いてて二階奧の和室が貸し切り状態。

やや薄暗い雰囲気のなか、
座布団で落ち着いていると実に居心地がいい。
ここに布団敷いてくれて寝てもいいなら、
2000円は出してもいい!

まずは生ビールをやりながら、
数々のつまみを一気呵成にやっつける。
値段は一部失念してるけどダイジェストで。

DSC01133.jpg

「大山鶏あぶり焼」。

ほんのりレアに炙られた鶏肉は、
ギュッと歯ごたえがあり旨味たっぷり。
思わずおかわりしちゃった!

DSC01134.jpg

「天然インドマグロブツ切」。

普通のマグロブツもメニューにあるのだが、
こちらはホワイトボードに書かれてた本日限定品。
ブルジョアTシャツ屋は迷わずこちらを注文。

DSC01135.jpg

「味付け玉子」100円。

こちらは人数分おつまみで。
醤油タレをかけてありビールに最適。
私も卵を産みたい(秋吉久美子)!

DSC01136.jpg

「鶏もも照焼」600円。

またも鶏関係のつまみ。
甘辛いタレと唐辛子が相性バツグン。
もうニワトリに足を向けて寝られません!

DSC01138.jpg

ここでキンミヤ焼酎のボトルと、
アヅマタンサンに切り替えていよいよ深酒モード。
俺達の夜はまだ終わらないぜ!(炭酸シャワー)

DSC01139.jpg

「小柱オロシ和え」。

コリコリした小柱と粗挽きの大根。
これこそ酒飲みのためのメニュー!
ガキンチョはすっこんでやがれ!

DSC01140.jpg

「板わさ」450円。

これまた酒飲みメニュー。
横のオロシは無理を言ってつまみで出してもらったもの。
わがままジュリエットですいません!

Perfumeでは誰派かどうかで、
館長と取っ組み合いのケンカになるほど、
絶妙に酔っぱらってきたため、
いよいよ〆でラーメンをいただくことに。

俺担当はオーソドックスに「中華そば」。

以前に隅田の花火大会で食べた時は、
生姜がかなり強めに効いた鋭さのあるものだった。

今は鶏ガラベースで野菜の甘さも感じる、
ラードのトロンとしたまろやかさを活かした、
昔懐かしいタイプに変わっていた。

まぁ前回の訪問はだいぶ前だし、
向島芸者さんも訪れるような立地なので、
その辺はしょっちゅう微調整してるのかも。

麺は太くてしっかり手もみされており、
スープを良く持ち上げてくれる。

しっかり芯まで火が通っていて、
スープと静かに調和した優しい食感。
呑んだ後にはこれぞベストマッチ!って感じ。

チャーシューは『きび』系お得意の、
バラ肉をじっくり煮込んだもので、
厚みがあるがふわふわでジューシーで旨い!

DSC01142.jpg

麺類はみんなでシェアしたのだが、
個人的に特に気に入ったのが、
館長オーダーの限定「青唐辛子風味の中華そば」。

マイルドなスープをキリリと引き締める、
青唐辛子の爽やかな辛さが、
実にマッチしている。

DSC01143.jpg

DSC01144.jpg

女性陣は塩系の「中華そば塩」と「梅塩つけ麺」。
いずれも鶏の旨味をシンプルに引き出した、
さっぱりテイストでこちらも旨い。

気が付いたら日付はとうに代わり、
25時過ぎてるじゃありませんこと!
お互いご近所で良かったね!

最後はTシャツ屋呑みの恒例行事、
お互いが着ている汗&唾液まみれのTシャツを、
脱がせっこ&着せっこで交換して終了!

また呑もうね館長~!
(東京へ向かう館長の乗った列車を追いかけながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑下町呑みはやめられない気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

丸長 目白店@目白

DSC01130.jpg

2011年7月27日/丸長 目白店/目白/
やさいつけそば中盛/850円


耐震対策による建て替えのため、
7月いっぱいで一時閉店してしまうという、
目白の老舗『丸長』。

麺狂いとして大変恥ずかしながら、
いまだ未訪問だったわけであります!
恥ずかしついでに言っちゃえば、
夜はシャネルの5番だけ着て寝ております!

やはりあの味のある店の佇まいを、
一度でも愛でておきたかったため、
ギリギリ閉店3日前に駆けつけてみた。

DSC01128.jpg

JR目白駅から歩いて5分ほど。
どことなく平凡な街並みに良くなじんだ、
ごく普通の中華そば屋さんのよう。
壁の建築計画が寂しさを誘うねぇ…。

ある程度の並びは覚悟していたが、
12時を少し回った時点で、
実に30人オーバーの大行列!

後ろに並んだ男がワンセグで、
「笑っていいとも!」を爆音で見るという迷惑ぶりに、
t.A.T.u.にドタキャンされたタモさんのような、
いかんともしがたい表情でひたすら待つ。
結局入店までは40分ほど。

DSC01129.jpg

この時点で店の看板メニュー、
「チャーシューつけそば」はすでに売り切れ。
そりゃそうですよねー。

ガラス張りのメニュー表の下には、
「日本初オラオラロック~オラオラ小僧」なる、
謎のポスターが貼られてるけど何?

ややくすんだ赤が基調の店内は、
厨房に面したカウンターとテーブルのみで、
かなり席の間隔が窮屈で狭い。

でもおばちゃん達の柔らかい接客で、
居心地は悪いどころかくつろげる雰囲気。

記念なので「やさいつけそば」を、
50円増しで中盛でいってみる。
すると注文からあっという間に供された。

ある程度茹で置きしているようなので、
タイミングによってはこうなるみたい。

スベスベした白肌がセクシーな太麺は、
表面が滑らかでツルツルと啜り心地がいい。
もちっとした食感も喉越しも上々。

中盛でもなかなかの量があり、
そのケチケチしない豪快っぷりが素敵!

もちろんやさいだってテンコ盛り!
夢がモリモリ!

このままでは麺がつけられないので、
クタリと茹でたモヤシとキャベツを、
軽く唐辛子を振って単独でいただくことに。

つけ汁は甘い辛い酸っぱいが、
それぞれ一斉に150km/hの豪速球を投げ込んでくるような、
かなりシャープで攻撃的な味。

醤油の味もかなり濃いめなので、
麺を啜るたびに胃がカーッと熱くなってくる。
まぁ~こりゃ中毒性が高ぇこと!

やさい以外の具は細かく刻まれて、
フレークのような形状になったチャーシューと、
メンマ、刻みナルトが入っている。

予想以上のボリュームに若干ピンチも感じたが、
瀬戸内寂聴の説法を思い出しながら、
一心不乱にかき込んでなんとか完食。
スープ割りまで一気に飲み干しました。

建て替え後は6階建てのビルになる様子。
ここもピカピカでキレイな店になることだろう。
なんとかその前に来られてよかった!

昭和の景色がまたひとつ消えていく…。
齢は取るものではなく取らされていくものなのだと、
改めて実感した夏の午後でした…。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑変わりゆく町並み気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

立ち飲み居酒屋 金町製麺@金町

DSC01122.jpg

DSC01127.jpg

2011年7月26日/立ち飲み居酒屋 金町製麺/金町/
油そば+つけ麺+つまみ色々/合計6000円ちょっと


<過去の『金町製麺』訪問日記>
1回目2回目3回目

7月26日。
本日は葛飾の花火大会でございます~!

いつも取引先としてお世話になっている、
柴又のプリント工場の屋上で、
毎年酒&つまみ持参で見物させてもらっております。

たまたまラーツ部ぷっと部員が休みで、
「今夜金町製麺に行く」とメールが入ったので、
半ば強引に花火見物にも参加してもらう。

江戸川の花火大会が中止の影響か、
いつも以上に柴又周辺も混雑していて、
辺りは浴衣姿のカップルやら、
ナンパされる気マンマンのギャルばかり。

みんなこのあとよろしくやるんだろ!
夜のスターマイン!
(これ以上無いという下品な決めポーズ)

毎年7月の最終火曜日という、
半端にも程がある日程で行われる花火大会は、
今年は予算の削減でもあったのか、
19時20分~20時の40分間のみという、
超ショートコースに規模縮小。

後片付けを終えて『金町製麺』に着いても、
まだまだ宵の口!ひゃっほう!

DSC01113.jpg

さすがに花火終了直後、
店内は今まで見たことない盛況っぷり!

DSC01116.jpg

急きょ外にテーブル席を設置してあり、
たまたまそこがタイミング良く空いたので、
コソドロレベルのスピードでサッと陣取る。

DSC01114.jpg

DSC01115.jpg

本日のお品書き。

しかしホントにいつ来ても違うのね!
もはや毎日通わないといけないレベル!

住むか!金町住むか!
金町在住のオンナ作って部屋に転がり込むか!
(ジゴロ的発想)

DSC01117.jpg

では例によって数々の至高のおつまみを、
ももいろクローバーZの新曲に乗せて、
ダイジェストでお届けいたします~!

DSC01118.jpg

ガツポン酢/350円

ガツとは豚の腸のこと。
コリコリとした食感は酒のアテに最適。
俺の腸もおいしく調理されてぇ!

DSC01119.jpg

肉厚特製トンテキ/380円

ほんのりピンクでムチムチの歯ごたえ。
男子中学生ならこれだけで悶々とできるレベル。
俺は大人なのでおいしく食います(悶々)!

DSC01120.jpg

愛媛県産 活け〆シマアジの刺身/380円

脂の乗り具合が最高!
いつも思うけどこのクオリティの刺身を、
なぜこんな安価で提供できるの?おせーて!

DSC01121.jpg

水茄子の刺身/330円

「アタイだって刺身で食べてよ!」と、
野菜ビッチからの猛烈セクシーアピール。
サクリとみずみずしい食感で絶品!

DSC01123.jpg

蒸し鶏の柚子胡椒ソースがけ/380円

ふっくら柔らかな鶏肉に、
ネギとキュウリでサラダ感覚でいただける。
土曜の朝はモーニングサラダ(秀樹)!

DSC01124.jpg

熊本県産 活け〆伊佐木の刺身/380円

こちらはシャキッと身が引き締まり、
噛みしめて魚の旨味を味わうタイプ。
だからなぜこんな安価で!ポール安価で!

DSC01125.jpg

米鶴 ごこくなみ/630円

刺身の旨さにやられ、
いよいよ日本酒にシフトチェンジ。
と同時に記憶忘却スイッチもON!

たっぷりのおいしいつまみと、
たっぷりの罵詈雑言を満喫したところで、
いよいよ〆の麺とまいりましょう!

まずはおつまみで頼んだ「油そば」650円。

タレや油の効かせ方は軽く、
もたれずにさっぱりと食べることができる、
実に『金町製麺』らしい油そば。

ビンビンに鰹が効いていて、
酒のアテにもぴったり!

極太麺は強くうねって、
そのタレをグイグイ持ち上げてくる。
ぷるんぷるんとフレッシュな噛み心地。

まるで豊満なバストを揺らして、
こちらに「ハ~イ!」とニッコリ微笑んでくる、
金髪美女のような底抜けに明るいお色気だ!

そして仕上げは最近始めたという、
「つけ麺」700円をぷっとちゃんとシェアリング。
醤油と塩が選べたので塩で。

清湯でサラサラしたつけ汁は、
キリリと強めに効かされた塩分と、
鶏と魚介をバランス良く立たせた、
円みのあるダシが共存共栄し実に旨い!

太麺はどっしりと丼に横たい、
モチモチした食感が絶品。

具は刻んだチャーシューとメンマ、
青菜のシャキシャキ感が箸休めに最適。
あ~食った呑んだ!

なんとか終電前に帰ったが、
駅で乗り換えの階段を昇ってるうちに、
なんか心拍数が上がってきちゃってヤバかった!

チャンポンでの飲み過ぎは、
地獄の一丁目への近道ルートですぞ~!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑金町に住みたい気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。