極辛BLACKつけ麺 七代目けいすけ@秋葉原

DSC01235.jpg

2011年8月31日/極辛BLACKつけ麺 七代目けいすけ/秋葉原/
つけ麺並盛/780円


ちょっと引くぐらいの勢いで、
出店攻勢に拍車をかけるおひげロン毛のけいすけクン。
楽天では長髪ヒゲは禁止や~(ノムさん)。

今度は秋葉原に「七代目」をオープン。
毎回麺のコンセプトが違うことで有名だが、
今度は「極辛」と称したつけ麺の店ですってよ!
ネタとしての賞味期限が切れる前に行っとくべや!

DSC01233.jpg

秋葉原から御茶ノ水に向かう高架下沿い。
看板には「麻辣」の文字が書かれている。
キャッチコピーはアキバにちなんで「ネ申つけ麺」だって!
(あっちゃんの顔マネで)

黒を基調にした店内には、
プ~ンと山椒の香りが広がっている。

天井にティッシュを引き出せる穴が開いていたり、
ポットじゃなくて給水機の蛇口が設置されていたりと、
初期投資にはかなり気合い入ってますぜ!

しかしティッシュを出そうとするとビリビリ破れるし、
蛇口の水はまったく冷えておらずぬるい。
投資が完全に裏目に出てますぜ!

辛さは1辛~5辛まで選べるが、
無謀なチャレンジをしたいお年頃ではないのと、
お尻に爆弾を抱えてるナーバスな身なので、
大人しく1辛にしておきます。

DSC01234.jpg

着席すると問答無用で、
「これでも食ってろ!」とばかりにライスが出てくる。
いらない、って選択肢は無いのね…。

卓上のゆで卵も2個まではサービスらしいが、
俺は板東でも英二でもないので自重。

つけ汁はサラリとした味噌ベースで、
中華鍋で野菜とともにスープを焼き炒める、
最近のけいすけ系に多い北海道スタイル。

そこにスコーン!と目が覚めるような、
山椒や花椒の香りを移した油が乗ってくる。

その辛味がかなり味の全体を支配するので、
2辛を越えちゃうとベースの味が分からなくなりそう。
バランスを考えたら1辛がベターかも。

麺は確かカネジン製の、
つけ麺基準では細めのウェーブタイプ。

ややグレーがかっていて、
ボソリと粉の質感を残した独特の食感がある。
そのためつけ汁の乗りはかなりいい。

具にはチャーシューは入っておらず、
炒めたキャベツにモヤシ、メンマなどに混じって、
なんとカレイの唐揚げが!

しかしたまたまなのか崩れてしまったのか、
ほとんどカケラしか入ってなくてションボリ。

この唐揚げでライスを食え!ってことらしいが、
この量じゃまったく飯のサポートにならん!
誰かごはんですよ買ってきて!

卓上にはカリカリ薬味という、
揚げニンニクなどや青海苔がミックスされた、
ちょっとポテトチップスっぽい味のアイテムが。

仕方なくライスにそれをかけて食う。
わしゃ苦学生か!

スープ割りは和風ダシなどではなく、
ポットに入った熱々のジャスミン茶を使う。

試しにそのまま飲んでみたら、
場末の食堂でももっと濃いぞ!ってくらい薄々。
よって劇的な味の変化は無し…。

うーん正直言って、
コンセプトがとっちらかり過ぎていて、
何がしたいのかまるっきり分からない印象だった。

あれこれテコ入れし過ぎて、
当初の企画から完全に逸脱してしまった、
日テレに良くあるバラエティー番組のごたる!

けいすけクンにはちょっと頭を整理していただいて、
シンプルなアプローチにもチャレンジしてもらいたいな~。
(あっちゃんの顔マネで)

--------------------

★2011年8月のトータル杯数/25杯
★2011年の通算杯数/147杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,159杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑松平健気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

あたりや食堂@岩本町

DSC01232.jpg

2011年8月31日/あたりや食堂/岩本町/
雷々麺/700円


8月の終わり夏の終わり。

特に過ぎ去りし夏を惜しんで謳歌するでもなく、
自主制作してるDVDのデータを入稿しに、
秋葉原のプレスメーカーへお出かけ。

結局この夏は仕事三昧だったなぁ…。
去年の今頃は確か由比ケ浜にいたはずなのになぁ…。
わーんビキニ!ビキニが見たいビキニが!
(昭和通りでジタバタ大暴れ)

その瞬間!
喧噪に気付いた一人の足軽が弓矢を放ち、
それが見事に代表の眉間にヒットしたのであった!
どんどん!あた~り~!

はい!ということで本日のお店は、
秋葉原にオープンしたばかりの『あたりや食堂』ですよ!
矢ガモならぬ矢人間がご案内いたしま~す!

DSC01231.jpg

昭和23年創業の宮崎の老舗、
『アタリヤ』の東京初出店ということらしい。

紙袋に入れたウイスキーの瓶を、
すれ違いざまにガチャンと車に当てて、
莫大な収入を得ている我が身としては、
実に親近感が湧く屋号ですね!
(お電話番号は110!おかけ間違いのないように!)

長いカウンターとテーブルが一卓の、
店内はとても清潔で気持ちがいい。

麺類のメニューは「ラーメン」と、
初耳のオリジナルメニュー「雷々麺」のみ。
面白そうなので「雷々麺」にしてみた。

かなりトロミの強い熱々の餡を、
麺に絡めて食べるいわゆる汁無しタイプ。

すり鉢状の丼からふわっと香る、
ゴマ油やニンニクのにほひが食欲をそそるね~。

水戸のスタミナ系にも近いのかと思ったら、
ほんのりピリ辛で挽き肉が効いていて、
甘さもそれほどなくちょっと違う感じ。

麺はビヨンビヨンするほど、
伸びやかで弾力のある中太ストレート。

断面が丸くチャンポン麺に近い形状で、
餡との絡み具合も申し分無し。
量もさほど無いのでスルスルと胃に入る。

具は豚挽き肉にニラ、タマネギに、
鹿児島直送のさつま揚げが入るのが珍しい。
練り物特有の食感が面白いアクセント。

ランチサービスのライスも付けなかったので、
あっさりと完食することができた。

ただ食べててどうしても味が単一になるが、
卓上には胡椒とラー油しかなく、
さらに味を濃くするものしか無いのが残念。

個人的には酢なんかが欲しいところ。
または練乳かメープルシロップ(味覚バカ)!

どんどん!あた~り~!
(弓矢二発目)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑抜群のコントロール気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とんこつラーメン 麺や木蓮@くぬぎ山

DSC01230.jpg

2011年8月28日/とんこつラーメン 麺や木蓮/くぬぎ山/
九条ねぎ増し豚そば/750円


うぅ~!食いたい!
濃厚でくっさい豚骨ラーメンが食いたい~!

昨日のラーツ部で味わった、
激薄の豚骨ラーメンを食ってしまったショックは、
ひと晩寝ても拭い去ることができず。

枕は涙と豚骨スープでグッショグショです…。
(どういう状況で寝てるんだよ)

そんななか今日はちょっと用事があって、
母親を車に乗せて千葉・鎌ヶ谷へ行くことに。

昼飯を食べるスポットを探すべく、
あまり期待しないでネットで検索してみると…。

あった!

あのくぬぎ山駅前に豚骨ラーメンの店あんじゃん!
ってまったくくぬぎ山ってどこか知らねぇけど!

しかもネットでの評判はすこぶるいい!
行く!すぐ行く!
早く俺に豚骨スープをぶっかけてくれ~!
(着替えは持参します)

DSC01229.jpg

新京成電鉄の線路沿いに、
デン!と置かれたトレーラーハウス。
なんとここが今回お目当ての『木蓮』です。
立川の『UMA』とかと同じタイプかな?

開店時間より相当早く着いてしまい、
仕方なく近所の梨園を冷やかしているうちに、
砂利敷きの駐車場には次々とお客さんの姿が。

とてもトレーラーハウスとは思えない、
厨房設備も揃い清潔でキレイな店内。
割と年配のご夫婦?で切り盛りしている。

厨房の隅には巨大な羽釜がふたつあるが、
それはあくまで仕込み用のようで、
営業中は小さな寸胴からスープをすくい、
それを小鍋に取って温め直している。

メニューは基本の「豚そば」に、
九条ねぎや味玉、明太子などのトッピング類。
夜はつけ麺なんかもやってるみたい。

「九条ねぎ」の言葉にめっぽう弱い、
ラジオネーム・ネギ大好きっ子としましては、
トッピングしないわけにはいきません!

スープは見るからに濃度が高い、
期待が持てそうなボッテリした面持ち。

豚の旨味がフルボディで出ていて、
これ以上やると臭みになっちゃう~!っていう、
ギリギリ一歩手前で踏みとどまってる感じ。

それだけ濃厚にも関わらず、
一度冷まして余計な油分を排除しているのか、
変なギトギト感はなく後口はさっぱり。

今の自分にとってある意味ベストな豚骨ラーメン!
旨い!神様ありがとう!

麺はもちろん超極細タイプで、
ほんの少しゆるいちぢれが付いている。
ひょっとしたら自家製かも?

茹で加減は特に選べないみたいだが、
デフォルトでもけっこう硬めなので、
ザクザクした食感が楽しめる。

具は肉の旨味が詰まった、
激旨チャーシューが3枚とキクラゲ。

九条ねぎは辛味は少なく、
シャキシャキした歯ごたえで爽やか。
個人的にはもっとネギ臭が強いほうが好きなんだが、
まぁこれは季節にもよるんだろうね。

ちなみにこの味玉半分は、
撮影前に母親に勝手に乗せられたもの。
通常はトッピングされないのであしからず!
つか母親って生き物はどうしてそういうことをする!

後半は卓上の紅生姜やゴマ、
ピリ辛の高菜を乗っけて味の変化を楽しむ。
スープが力強いので味がぼやけることも無い。

トレーラーハウスとは思えない、
ハイレベルな正統派豚骨ラーメンに大満足!
くぬぎ山まで食べに来る価値は充分あると思う!
ただし周りは本当になんも無いよ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑コンビニ一軒梨園一軒気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん房 やぶれかぶれ@前原

DSC01228.jpg

2011年8月27日/らーめん房 やぶれかぶれ/前原/
合わせやぶ+味付玉子/800円+100円


<過去のやぶかぶ訪問日記>
1回目2回目3回目4回目5回目6回目7回目8回目9回目

あまりに豹変してしまった豚骨ラーメンに、
テンションだだ下がりのラーツ部一同。

普段なら車内は誰もが無言で、
ただグラビアの袋とじを破く音だけが響く、
重苦しいムードになるところだが、
今日の車内はむしろハイテンションの様相!
(ちなみにグラビアは安達祐実のママ)

だってこの後ラーツ部の聖地、
『やぶかぶ』に行くんだもんねー!
2011年初やぶだもんねー!ねったらねー!

本当はふじひろ部員に食べてもらうために、
部活動のラインナップに入れていたわけで、
ふじひろ欠席が決まった時点で変更してもよかったのだが、
みんなガマンできなかったの!悪い子!

DSC01227.jpg

もともとはてらみん部長の聖地だったわけで、
彼はすっかり常連として認識されている。
他の部員もなんとなく覚えかけてもらってるのかしら?

店主の岡崎さんはいつもと変わらぬ豪快な笑顔で、
温かく迎え入れてくれた。

我々のこのハングリーな気持ちを、
奥様のさとみさんの胸にすがって泣いて、
癒してもらおうかとも思ったが、
岡崎さんに寸胴でぶん殴られそうなので自重。
(岡崎さんはそんなことしません)

前回(すでに9回目!)の訪問で、
レギュラーメニューはひと通り完全制覇。

唯一の未食は限定の「温辛やぶ」だったが、
残念ながら平日限定メニューということで、
打者一巡して初訪問時以来の「合わせやぶ」を味玉付きで。

若干のマイナーチェンジなのか具材が若干変わり、
水菜じゃなくてベビーリーフが、
糸唐辛子じゃなくて白髪ネギが乗ってきた。

「合わせ」とは醤油ダレと塩ダレを、
丼に半分ずつ入れて割ったもの。
両者の魅力を「いいとこどり」できる代物ってわけだ!

このスープをひとことで現すと「儚い」。

決して強く主張してくる素材は無く、
口にした瞬間様々な旨味が淡く淡~く、
無限に口内に広がっていくような未知の感覚。

しかし飲み干した瞬間、
心地よい余韻とともにスッと消えていなくなっていく。
あれは…幻だったのか…?

時間が経って徐々に冷めていくにつれ、
鶏ダシの風味から醤油の香り、塩の香りと、
まるで月の満ち欠けのように表情を変えていく。
しみじみ旨い~!たまらん!

歯ごたえのいい中細ちぢれ麺は、
小ぶりな丼の中でもダマになることもなく、
するりと軽快に啜り上がってくる。

柔らかくも固くもない絶妙な茹で加減で、
コシと滑らかさを併せ持つ逸品。

丼を覆い尽くす巨大チャーシュー、
厚みもあり食べごたえも満点。
そしてほんのり甘い味付けの味玉もハイクオリティ。

「やぶつけ」を頼んだてらみん部長も、
「らーめん」のあっさりを頼んだタグ部員も、
みな陶酔しきったヘヴン顔で一気に完食完飲!
今日も堪能させていただきやした~!

岡崎さんから聞いた情報によると、
9月は某『やぶかぶ』コミュニティの会員限定で、
あの某家元がかつて気まぐれで出していた、
某ふわとろなアイツを提供しているとか!

某やぶつけが好きな某アナタは、
とりあえず某コミュニティを探して入って、
某合い言葉を言って某食べるべし!
某!某!某!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑某アンガーラ気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

博多長浜らーめん ハングリードラゴン@みのり台

DSC01226.jpg

2011年8月27日/博多長浜らーめん ハングリードラゴン/みのり台/
博多長浜らーめん/700円


ボンジュ~ル!マドモワゼ~ル!
チョヌンラーツ部イムニダ~!

今月の部活動は千葉ぶらぶら節。
流山~柏ときて夜の部一発目は松戸へ。
宇都宮から移転してきた『ハンドラ』へ向かいます。

2009年11月の部活で訪れた際は、
そのあまりのド濃厚なグラマラス豚骨スープに、
全員撃沈してしまった苦い経験がある。

今回はそのリベンジということで、
部員一同コンディションを万全に整えてきた!

昼の休憩で入ったスーパー銭湯で、
お互いの腹をさすり合って消化促進に努めたもんね!
あれ…なんかモヤッとした気持ちになってきちゃったぁ…。
(ラーツ部BL本にありがちな展開)

DSC01225.jpg

群馬太田~栃木宇都宮~千葉松戸と、
ジワジワと都心に向かって移転を続けている。
ちなみに『むさし野』とかと同じ通り沿い。

テーブル席メインで広々した店内。
床はなかなかのペタペタ具合。

卓上にはクラッシュ用のニンニクや、
紅生姜、ゴマなどひと通り揃っている。

メニューは件の「博多長浜らーめん」以外に、
醤油豚骨、塩豚骨、味噌豚骨などと、
かなりバリエーションが豊富なのね!

とりあえず俺が「長浜らーめん」、
てらみん部長は「醤油豚骨」、
タグ部員は「味噌豚骨」とバラで注文する。

麺の固さとスープの濃さが選べるようだが、
店員さんからは固さしか聞かれなかった。
バリカタにしたのであっという間に供された。

しかし丼をマジマジ眺めただけで、
明らかに以前とスープの濃度が違うのが分かる…。
ちなみに宇都宮時代はこれね。

豚の旨味を極限まで搾り取ったかのような、
R18暴力的ドロドロだったスープは、
今や文字通り骨抜きでサラッサラのシャバッシャバ。

しかもやたらと味が薄く、
なんかパーキングエリアとかで出されるような、
平板な豚骨ラーメンのようになっちゃってる。

ちょうど寸胴に水を足したタイミングだったのか、
それとも地元民の意見に合わせて、
この濃度に変更したのかは不明。

ただ以前の濃厚スープを知っているがゆえに、
風呂の段階から体調を万全に整えてきただけに、
おもいっきり肩透かしを喰らった挙句、
ドロンコのプールに頭から飛び込んだような気分…。

麺はチリチリと軽くウェーブがかかった、
長浜ならではの極細タイプ。

バリカタだと粉の質感がしっかり残り、
サクサクした食感でこちらは旨い。
君だけが心の拠り所だよ…。

具は同じく薄味のチャーシューが1枚と、
キクラゲ、万能ネギ、海苔。
700円という値段を考えるとうーん…。

てらみん部長の「醤油豚骨」もやはり激薄味。
一方タグ部員の「味噌豚骨」は、
味噌の麹の香りと豚骨スープが良く合っていた。
やっぱ味噌っつー調味料は万能ですな!

マー油のサービスもなくなってしまったようで、
仕方なく紅生姜やクラッシュニンニク、
醤油ダレなどを次々と投入して、
なんとかスープの線の弱さを補正して食べきった。

うーん…どうしちゃったんだろこれ…。
スープの濃さを「ごってり」とかにしとけば、
例の濃厚テイストが味わえたのかなぁ…。

店内のそこかしこに貼られた、
「ラーメンデータベース豚骨部門一位!」の文字が、
虚しく空回りしてるよぉ…。

昔は手が付けられなかったヤンチャな友人が、
若くして体を壊して入院してしまい、
見舞いでしぼみきったその姿を見てしまったような、
何とも言えない残念な気持ち…。

すっかりテンションが落ちてしまったが、
最後はあそこで癒してもらうんだーい!
はやる気持ちを抑えていざ船橋へ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑俺の心がハングリー気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン ヤブキ@柏

DSC01224.jpg

2011年8月27日/ラーメン ヤブキ/柏/
ワンタンメン/630円


キリンさんが好きです!
でも、ラーツ部さんのほうがもっと好きです!
いちばん好きなのはお金です!

流山で純手打ち麺を堪能し、
あっという間に今度は柏へ高速移動。
てらみん部長&タグ部員チョイスの店へ向かう。

ちなみに毎月開催のラーツ部ですが、
どの店に行くのかは基本、拳で決めます!

見えすいたウソはこの辺にして、
まず参加するメンバーが各自行きたい店を、
てらみん部長に向けてメールで送信。

それをまとめて多数決の順に採用し、
同票の場合はルートや営業時間等も加味して、
部長の判断で最終決定するという、
民主主義日本にふさわしい合理的なシステムなのです!

ということで今回の『ヤブキ』は、
見事にてらみん&タグの2票を獲得し、
ラーツ部訪問という栄誉を手にしたわけであります!
さぁ!記念のトロフィーを!さぁ!

DSC01223.jpg

外装内装含めていかにも居酒屋の居抜きっぽい、
和風のざっくばらんな雰囲気。
店内は屋号にちなんで「あしたのジョー」グッズが満載。

客層も男女の一人客やら、
ファミリーやらラーツ部やら多種多様。

どこかまったりと流れる空気と、
テレビから流れる「メレンゲの気持ち」の、
どうでもいい高級マンション特集の映像が、
いかにもな「土曜日のお昼感」を加速させる。

おつまみ類やレバニラ定食など、
メニューもニーズに合わせてか色々揃う。
近々やきとりも始めるみたいですよ!

麺類もかなりバリエーションがあるが、
メインなのは「中華そば」と「ヤブつけ」の2種類。
「ヤブつけ」ってネーミングはやぶかぶへの挑戦状

「ワンタンが旨い」という前情報があったので、
なんとなく「ワンタンメン」をチョイス。

具沢山で賑やかなそのビジュアルは、
昔で言うところの「五目そば」って感じ。

さっそくスープをひと口飲もうと、
どっぷりとレンゲを差し込んでみると…。

と、と、とろみ!?
とろみ付いてますぜ旦那さまー!!!

そういえばおばちゃんが供してくれる時、
スープの水面が一切揺れてないと思ったんだ…。
まるでシリコンが入ったバストのごたる!

「中華そば」で餡掛けはありえないだろうし、
どうやら「ワンタンメン」になるとこうなってしまう様子。
券売機のどこかに書いといてくれればいいのに…。

そのとろみは相当強く効いていて、
なかなかレンゲですくい取れないレベル。

味は鶏ガラと野菜のダシを感じる、
ノスタルジーあふれる昔懐かしいテイスト。
子供の頃のラーメンってこんなだったよな~。

麺も懐かしいちりちり極細ちぢれだが、
かなり柔らかめの茹で加減なので、
餡掛けのとろみに負けちゃってる印象。

もうちょい固めに茹で上げて、
シャキッと歯ごたえがあるほうが好みかな。

チャーシューは脂身の少ないロース肉。
ワンタンは具無しで皮のピロピロ感を楽しむもの。

あとはメンマに茹で玉子半分、
ほうれん草にワカメにナルトに海苔と、
まぁ~大家族並みの賑やかっぷり。

やっぱりここは純粋なスープを味わうべく、
「中華そば」にするべきだったな~。

写真は撮らなかったけど、
タグ部員の「塩ラーメン」も、
てらみん部長の「ヤブつけ」も、
いずれも奇をてらわないオーソドックスなものだった。

つーかまぁこちらのコンセプト自体が、
近所の人が普段使いできる店ってことだから、
我々麺狂いが押し込んでいって、
あーだこーだ言う店じゃないってことだと思う。

確かに近所にあったら助かる店だもの!
それこそ半ドン明けの土曜の昼に行きたいもの!
にんげんだもの!かろうじて!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑お笑いスター誕生~独占!女の60分気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

純手打ラーメン 長八@初石

DSC01222.jpg

2011年8月27日/純手打ラーメン 長八/初石/
ねぎラーメン/570円


おまんたせいたしました!
貴女の夜の潤滑油・ラーツ部の登場ですよ~!
(全身ローションまみれで猛烈アピール)

今月は予定が二転三転。
当初は新入部員のふじひろ君のスキルアップのため、
『必勝軒』や『やぶれかぶれ』など、
千葉の名店を再訪する予定だった。

ところがふじひろ部員が、
急遽AKBのセンターに大抜擢されたため欠席!
(秋元先生のコネクションだって!)

やむなく名店再訪は戸棚に大事にしまっておき、
我々古参は千葉の未訪店を攻めることに。
まずは森の街・流山の『長八』へGO!

DSC01221.jpg

さすが流山だけあって、
周りには緑がたくさんあって気持ちがいい。

店はもともとは日本蕎麦屋だったようで、
入口に置かれたすすけた招き猫など、
昭和テイスト全開な純和風のひなびた風情。

開店30分前に着いてしまったので、
双眼鏡とスピードガン片手に店周りをチェック。

店の向かって左側には製麺室があり、
開け放たれた窓の網戸の向こうからは、
ほんのりと小麦のいい匂いが香ってくる。

店頭には巨大な段ボールが。
どうやら業務用大型冷蔵庫をお買い上げした様子。
メーカーに成り代わりまして厚く御礼申し上げます!

開店時間が近くなると、
続々と店横の駐車場が埋まっていく。
中には歩道に堂々と駐車する猛者まで!
誰か10円玉持ってこい!

11時ちょうどにノレンが出されて開店。
店の中央にカウンター代わりの大きなテーブルと、
畳敷きの小上がりが3卓のみ。

ほっかむり姿のおばちゃん達が、
せっせと働く雰囲気はまさに昭和の食堂。
卓上にはなぜか紅生姜が。

一回のロットで二玉しか茹でないらしいので、
混雑時はかなり待つらしい。

なぜか「ラーメン」と「ねぎラーメン」が、
同じ570円なので「ねぎラーメン」にしてみた。
それにしても安いな!

最近のラーメン本で見た時は、
いかにもドロリ濃厚そうな白湯だったと思ったけど、
濃い醤油色の清湯スープに変わっていた。

軽くてあっさりとしつつも、
じんわりと染みるような深みがある、
動物系ベースで根菜の香りも感じるスープ。

そこにネギとチャーシューを炒めた、
胡麻油の香ばしさがほどよく移り、
実に食欲をそそる味に仕上がっている。

これは確かにサイドメニューの、
おにぎりなんかとも相性が良さそうだな~。

武骨そうな店主さんが、
丹念に手打ち足踏みして打つという麺は、
わざと包丁で太さを変えて切られた乱切りタイプ。

摩擦感のまったく無いすべらかな啜り心地と、
シコシコした手打ちならではのコシの強さで、
こりゃかなりの上玉じゃねぇか!

具は炒めたネギとチャーシューのみ。
このネギがトロトロで芯が甘くて絶品!
チャーシューも薄味だけど柔らかい絶品!
これつまみにして一杯やりたい!

やれ濃厚だ極辛だ山盛りだのと、
ギミック満載の昨今のラーメンと比べたら、
決して派手さがあるわけではないものの、
車飛ばして食べに来る価値は充分ある一杯だと思う。

一日限定わずか80食、
昼過ぎには営業終了と敷居は高いが、
麺フェチの皆さんはぜひチャレンジをば!

食後は流山の森に全裸で忍び込み、
フィトンチットを穴という穴から吸収しまくり、
リフレッシュして次の店へ向かいます~!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ネイキッド森林浴気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば 青葉@錦糸町

DSC01219.jpg

2011年8月26日/中華そば 青葉/錦糸町/
特製中華そば/850円


日々ヒマを持て余すだけ持て余し、
鼻毛のお手入れに丸々半日を費やすほど、
しがない自営業のワタクシ。

しかし年に数回程度は、
昼飯をサッと済ませなきゃいけない忙しい時もあるわけで、
久々に近場の未訪店で一杯かましたったります!

かつては食べられる悦びにワクワクしながら、
前のめりで中央線に乗って中野まで行き、
震えながら堪能していた『青葉』の中華そば。

それが今や20軒を超えるような、
一大チェーン展開を成すようになり、
あまつさえ徒歩圏内の錦糸町で食べられるようになるとは、
感慨深いっつーかなんつーかホントに。

DSC01218.jpg

錦糸町の北口駅改札から直結の、
最近改装された「テルミナ2」の一角。
そういや以前は『ティーヌン』が入ってたっけなー。

次から次へと押し寄せる客を、
現場のリーダーらしきうら若き女性が、
動きの悪い店員のケツを叩かん勢いでテキパキ捌いている。

入口に面したカウンター席に座ったのだが、
後から入ってきたポロシャツのおっさんが、
外敵から身でも守ってるのか!とツッコミたくなるくらい、
強烈なオーデコロン臭でいきなりテンションダウン!

メニューは中野時代と変わらず、
「中華そば」と「つけめん」にそれぞれの特製のみと、
ストイックな構成なのは変わっていない。

ただし付け合わせとしてお好みで、
「柚子唐辛子」を付けられるようになっていた(無料)。

ラーメン界のひとつの道筋を作った、
動物系と魚介系を丼で合わせるWスープ。

さすがに汎用になって濃度は押さえ目になり、
あっさりとした飲み口にはなったが、
代わりにたっぷりのコラーゲンが抽出され、
唇がペタペタするようなねっとり感が増した。

この辺はチェーンで唯一味が異なる、
西荻窪店のノウハウが活かされてるのかしら?

デフォルトでたっぷりかけられた、
ブラックペッパーとスープの相性もいい。

麺は柔らかめに茹でられた、
ややゆるやかなちぢれの付いた中太タイプ。

スープとの調和を重視したかのような馴染み具合で、
安心して啜れる安定感がある印象。

特製なので肩ロースのチャーシューは、
それぞれ厚みも大きさも違うものがドーンと3枚。
はらりとほぐれてしまう柔らかさ。

そして中野時代からのこだわり、
スープに半分だけ浸されて助清状態の味玉は、
黄身が濃厚で非常においしい。

半分ほど食べ終わったところで、
小指の先ほど添えられた柚子唐辛子を溶かす。

ピリリとした刺激的な辛味と、
柚子の爽やかな香りがふわーっと広がり、
絶妙なアクセントになるナイスな脇役っぷり。

もはや中野までわざわざ出かける意味はなくなったが、
こうして近所にいてくれるのであれば、
ちょっとした時に重宝する店になるとは思います。

それにしても隣のオヤジの、
オーデコロン臭を嗅ぎたくないがために、
ずっと横を向いて食ってたので首が痛ぇ痛ぇ!
これ欧米だったら訴えりゃ勝てるかもしんねぇぞ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑欧米か!気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (9)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報