中華そば専門 田中そば店 秋葉原店@末広町

DSC02220.jpg

2012年4月30日/中華そば専門 田中そば店 秋葉原店/末広町/
山形辛味噌らーめん/880円


ウソだろっ!?
今日でもう一年の1/3が終わっちゃうのか!?
誰だ俺の時間をかすめ取っていった奴は!時間泥棒ー!

急ぎ足で警察に飛び込み、
パワポで作った手製の被害届を提出しようとするも、
蔑むような態度でまったく取り合ってくれない警察官!
くそー!国民の平和を守るのが仕事じゃないのか公僕め!
(春なんで勘弁してやってください)

こうしてる間にも時間は刻一刻と過ぎていく!
ラーメンだ!ラーメンを食べなきゃ!
やっぱり月の終わりは麺で〆たいですよね!(にっこり)

DSC02217.jpg

一分一秒でも節約するために、
カーナビで最短で行けるルートを検索し、
それを一切無視してワイルドに向かったのは秋葉原。
足立区六町にある『田中そば店』の支店です。

なんでもこちらは超人気の声優さんが、
自身のブログで絶賛した事から一気に話題となり、
そのファン層を狙ってのアキバ出店ともっぱらの噂らしい。

声優界に詳しくないんだけど人気声優って誰?
分かった!羽佐間道夫でしょ?それともやっぱり納屋吾朗?

ああぁ~嘘ですすいません~!
ゆかり王国追放にしないで~!(知ってんじゃん)

木の風合いを活かしたキレイな空間で、
厨房を囲むように広々としたカウンターがコの字に並ぶ店を、
いかにも「みんなのお母さん」的な、
威勢のいいホール担当の女性がグイグイ仕切っている。

いっぽう厨房を仕切るロザン宇治原似の男性、
どっかでお見かけした気がしたんだけどなぁ…?
同じ関連店の浅草『つし馬』だったような気もするけど…?
思い出せないや…なんだかとっても眠いんだ…。

メニューはトッピングの有無があるだけで、
「中華そば」と「山形辛味噌らーめん」が運慶海慶の状態。
六町で「中華そば」は食べたので「辛味噌らーめん」をチョイス。
何気に都心で山形辛味噌が食えるって貴重ね!

油が厚く張った味噌スープに、
青海苔と辛味噌が乗っかったビジュアルは、
まさにラ博の『龍上海』でもおなじみ山形赤湯の辛味噌ラーメン。

しかし味付けから味噌の辛さから、
すべてが極端に振れたデフォルメチックな『龍上海』と比べて、
こちらはかなりビギナー向けとでも言いましょうか。

辛味噌を溶かさない状態のスープは、
唇がテカるほどの油のこってり感も若干あるものの、
豚骨清湯ベースで軽く鰹風味を加えた、
味噌汁くらいの超ライトな濃度。

そこに少しずつ辛味噌を溶かしていくと、
ニンニクや唐辛子のパンチが加わるものの、
むしろスープの甘みを引き立てる程度で優しいテイスト。

さらにパンチを求めたい場合は、
卓上にある「特製唐華」をスプーン一杯加えると、
深みのあるジワリとした辛さが増していい感じ。

麺はゆるくウェーブが付いた平打ちタイプで、
小さめの丼にギッチリ詰まっている。

スベスベ感が強く滑らかに持ち上がってきて、
ムチッとした歯ごたえを残した絶妙な茹で加減。
プリプリ太麺好きにはたまらんね~!

チャーシューは厚く切った大きなバラ肉が、
デフォルトでも景気良く3枚ドーン!
肉の風味がしっかりしていてご飯が欲しくなるね!

ポリポリした食感のメンマやザク切りのネギも、
具としての存在感がある。

DSC02219.jpg

いっぽうヨメ王国オーダの「中華そば」は、
豚清湯のダシ感と甘みのみを、
薄口醤油ベースで引き立てた超シンプルテイスト。

懐かしいようで新しくもある、
独特の味にヨメ御用達に認定しました!(需要ゼロ)

田中店主が個人で立ち上げた一号店で、
スパムおにぎりとセットで売っていた時代と比べると、
喜多方ラーメンの面影はだいぶ薄れて、
完全なオリジナルのラーメンに変化を遂げたような印象。

いつか聖地の仙台店にも行ってみるんだ!
そしてゆかり王国の奴隷にでもさせてください!
巨大な木製の歯車を回して発電するくらいならします!

--------------------

★2012年4月のトータル杯数/21杯
★2012年の通算杯数/88杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,339杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑王国民気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン バリ男 神田小川町店@小川町

DSC02212.jpg

2012年4月27日/ラーメン バリ男 神田小川町店/小川町/
バリ子/750円


久々に似顔絵の仕事をいただく算段になり、
画材の買出しに御茶ノ水へ。

公務でお出かけしたとなれば、
ひと麺入れて帰りたくなるのが自然の摂理ではあるのだけど、
界隈で未訪の気になる店がどうも思いつかず…。

『極や』にはうんざりするほどの行列が、
『あかむぎ』は海老メインだしアレルギーが心配、
『徳福仁』は単になんかそそらない…。

Twitterでラーツ部員にアドバイスを請うてみても、
卑猥な単語が無機質に返ってくるだけのbot状態…。

朝からの雨でテンションは落ちてるし、
スニーカーに穴が開いちゃってて雨水が入り込むしで、
もう歩くのも限界!なんだか疲れたよ!

パトラッシュとともに道っぱたに横になると、
目の前に見えるのはルーベンスの絵画…ではなくて、
真っ赤な外壁にギャートルズみたいな黒字の『バリ男』の看板!
もういいここに入る!大人しく待ってろパトラッシュ!

DSC02211.jpg

降りてきた天使をハエ叩きで追い払いながら、
いきおい飛び込んだのは新橋に本店がある、
何らかの資本が入ってると思われる二郎そっくりさん系の店。

神保町には直系のボチョジ『用心棒』もあるが、
こちらはかなり小川町寄りなので住み分けはできてそう。

北海道ラーメンの『どぎゃん』の跡地だが、
その面影はまったくないほど改装されており、
ゆとりあるカウンター席が店の奥まで続いている。

オーダした「バリ子」とは麺が200gと少なくなり、
代わりに「赤いやつ」なる辛味噌が乗るメニュー。
ちなみに麺少なめ&味玉の場合は「バリ子ちゃん」という名称。
いちいちツッコミませんよ!

ニンニクとカラメ…じゃなくて「ラーメンタレ」は卓上に。
焙煎したような濃い色の一味唐辛子も置いてある。

ちなみにニンニクはスプーン一杯入れれば「イケメン」、
二杯で「超イケメン」、三杯なら「バリ男」だそうだ。
いちいちツッコミませんよ!

DSC02214.jpg

カタコト日本語の店員さんから、
「ニンニクヤッチャッテクダサイ!」とそそのかされつつ丼が供される。
コールは特にないためヤサイの量も大人しい。

ややとろみのあるスープは背脂が浮き、
かなり豚骨臭が強めに出ている。

味付けは薄め&ヤサイの水分が多めなので、
卓上のカラメ…ではなくて「ラーメンタレ」は必須な感じ。

「赤いやつ」を少しずつ溶かしていくと、
色合いほど強烈ではない程よいピリ辛風味の、
味噌ラーメンに華麗に変身します!私が証明です!

DSC02215.jpg

三河屋製麺の麺箱から取り出された太麺は、
ヨレも強くなかなかの存在感。

オーションなのかどうかは不明だが、
強力粉っぽいゴワゴワした噛みごたえある固さで、
小麦の風味もしっかり感じられてなかなか旨い。

少なめで200gくらいらしいが、
もはや年老いたネロおじさんにはちょうどいいくらいの量。

豚は見た目に反して箸でハラリと崩れる柔らかさで、
脂の部分はなく肉の味がしっかりしている。
ヤサイはややクタめで9割方がモヤシ。

こってりスープ+ヤサイっつー組み合わせではあるけど、
もはや二郎とは似て非なるものだよなー。
「インスパイア」って呼ぶには抵抗があるよなー。

そんな事を考えつつ、
ガードレールにつないで待たせていたパトラッシュを連れて、
再び大聖堂へと歩き始めたネロなのでありました…。

あっ!画材買うの忘れたっ!!!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑フラダンスの犬気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

新潟進化系ラーメン 俺たち越後や@門前仲町

DSC02210.jpg

2012年4月25日/新潟進化系ラーメン 俺たち越後や/門前仲町/
熱烈なる鍋焼き越後味噌ラーメン/780円


今年は異常気象なのか知らないが、
もう4月も終わりだってのに何だかスースー肌寒い毎日…。
さむい!こごえてしまう!(近藤正臣)

なんか身体の温まるような、
あったかいものでも食べてホッコリしたいですね!
できればマグマを!確実に舌ちょっとヤケドするけどね!
(そんなもんじゃ済みません)

そういえば門仲にできた『俺たち越後や』なる店に、
酒粕を使った味噌ラーメンがあったはず!
まさに身体を温めるにはうってつけのラーメンじゃないの!
さっそくヨメも付き合わせて暖を取りにレッツラゴー!

DSC02206.jpg

それにしても「新潟進化系ラーメン」と冠が付いた、
変わった屋号が誰だって気になるところ。

「俺たち」といえばTIMか、
西武ライオンズの中継ぎ陣と相場は決まってるんでい!

テーブル席も豊富な居酒屋チックなお店で、
夜はつまみメニューも色々と揃い、
自称「女子会」みたいな呑みに使う人もチラホラ。
愚痴ばっかりの呑み会してちゃ小ジワも増えるぞ!

お目当てだった「純米酒粕味噌ラーメン」には、
「失楽園」ばりにR20指定が付いている。
まさかと思って尋ねたらやはりドライバーも不可!

なんでも大量の酒粕を使用し、
アルコール分を飛ばさないで提供しているらしい。
分かってれば籠かき呼んで出かけたのに!

仕方なくノー酒粕バージョンの、
「熱烈なる鍋焼き越後味噌ラーメン」を注文。

週末だからか徐々に混雑してくると、
オペレーションがかなり乱れてきて、
ドリンクやつまみがなかなか出てこなかったり、
お会計の金額が合わないとモメたりしていて、
なんだかピリピリした雰囲気の中ようやくサーブ。

カンカンに熱された石鍋に麺と具だけが乗った状態で、
「大変熱いのでお気をつけください」と言いつつ、
店員さんがポットからスープを一気に注ぐと…!

DSC02208.jpg

ジュワー!マグマー!マグマ大使だよぉー!
こんばんは江木俊夫です!

一気にグラグラと沸騰&猛烈な湯気!
バンバン跳ねるので撮影も戦場カメラマンばりの緊張感!

新潟越後を謳うだけあって、
スープにはコシヒカリを煮込んだ重湯が加わるので、
レンゲを沈めるともったりとした重たさがある。

当然そのスープはアッツアツやぞ!なので、
慎重にフーフーしてから少しずついただく。

ベースはあっさりした魚介系スープのようだが、
かなりその重湯の味の主張が強く、
ちょい甘口の味噌や背脂もほとんどマスクされているので、
おいしいんだけど何とも形容が難しい味。

あまりに熱々すぎるので、
舌が味を感知できないせいもあるのかな…?
カンチ!セックスしよ!

途中で卓上にあったカレー粉を投入しても、
まったくもって風味が飛んでしまうほどのインパクトです。

麺は極太でブリンブリン。
当然スープがドロドロ絡んでくるのでなかなか啜れない。

しかしモチモチした厚みのある食感と、
しっかりした小麦の香りを感じられてかなりおいしい!
底に沈んだ部分がオコゲになってパリパリしてくるのも面白い。

具は凡庸なチャーシューが2枚と、
白菜、ネギにおざなりに入れられたシメジ。

DSC02209.jpg

一方ヨメたち越後やの「燕三条醤油ラーメン」は、
セオリー通り煮干しのスープを背脂が覆い、
生タマネギと極太麺という組み合わせ。

しかし妙にスープが甘かったり、
なぜかあおさ海苔が浮いていたりと、
正直燕三条系ラーメンとはまったくの別物だった。

うーん、やっぱりここは車で来ないで、
「純米酒粕味噌ラーメン」を頼むのが正解なんだろうなー。

ボウルから食べたいだけ盛ってくれる、
ポテサラなんかもそれなりに旨そうだったので、
単に呑みに来ても良さそうだけど。

要は酒さえありゃあ何でもいいんだよ!
オ・レ・た・ちALC!(アル中)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ゴルゴ松本気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

KITCHEN Troquet トロケの台所@中目黒

DSC02205.jpg

2012年4月23日/KITCHEN Troquet トロケの台所/中目黒/
レッドチェダー/880円


長い事お世話になっているプリント工場に、
納品ついでにご挨拶しておこうと雨の中目黒へ。

普段吹きだまりみたいな下町で生活していると、
滅多に来る機会のないナカメのハイソサエティ感には、
完全に魂を抜かれそうになるぜ!

おしゃれ死!おしゃれ死しちゃうー!
(気付けにアズマ炭酸をガブ飲み)

しかしナカメまで来たからには、
OLに混じっておしゃれランチの一杯くらい食わなきゃ、
男がすたるってもんでございやす!

さっそくトマトラーメンで有名な、
『トロケの台所』へ下町野郎が邪魔するぜっ!

わざと引き戸を力任せにガラッとやって、
荒々しく入店しようとしたら自動ドアでやんの!いやーん!

DSC02204.jpg

ジビエ料理の『マタギが街へ下りてきた』が、
ランチに提供していたトマトラーメンが評判となり、
そのまま店舗として独立した。

カウンター4席とテーブル席のみの小さな店で、
ワインの瓶が並んだざっくばらんな雰囲気は、
まるでナポリあたりの大衆的な食堂のよう。

紙エプロンのサービスがあるあたりもおしゃれね!
錦糸町や亀戸じゃこうはいかないよ!
せいぜい新聞紙敷いておしまいですよ(なわけない)!

トマトラーメンはプレーンな「ポモドーロ」を基本に、
激辛タイプの「アラビアータ」や、
挽き肉入りの「ボロネーゼ」、
さらに「トマ味噌」など様々なバリエーション。

それ以外にもコロッケなどの定食、
もとい!ランチプレートの類いもたくさんある。

かなり迷ったがチーズとの相性が良さそうなので、
「レッドチェダー」を細麺でチョイス。
ちなみに+50円で平打ち太麺にも代えられます。

鮮やかな赤いトマトスープに、
バジルオイルやサラダ菜のグリーン、
そしてチェダーチーズのイエローが見事に映える。

柔らかく煮崩れたホールトマトが、
ゴロゴロと大量に入ったスープは、
トマト独特の酸味は抑えられており、
むしろ炒めタマネギから出た甘みのほうが強い。

動物系の脂は不使用らしいので、
濃厚だが意外とさっぱりと食べられておいしい。

バジルオイルの爽やかな香りと、
まったりしたチェダーチーズとの相性も言わずもがな。

一部で「柔らかい」「くっつきやすい」と、
評価があまり高くなかった細麺だが、
この日はしゃっきりとした茹で加減に仕上がっていて、
コシも香りも申し分なくベストだったので、
かなり改良された様子っすよ!

フィットチーネ風という、
平打ち麺もモチモチしてそうで気になるなぁ~。

具はさっぱりした蒸し鶏と、
シャキシャキした新鮮なサラダ菜のみで、
焼豚や角煮や豚足やマルチョウの類いは入らないので、
ガッツリ肉を食いたい輩はよそ行けよそ!

卓上にはニンニクを抑えたという自家製ラー油と、
塩と酢のみで味付けしたハバネロが。

トマトと辛味はもちろん合うと思ったので、
ハバネロを小指の先くらいだけチョコンと投入したら、
これがまぁ確実にケツから火を吹く超激辛!ギャース!

隣の席のOLが何食わぬ顔で、
大量に投入してたのですっかり騙されたー!

罰としてお前俺と付き合えー!
そして下町色に染めてやるから覚悟せぇよー!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑錦糸町は鉛の色気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

横浜家系ラーメン 田中@水道橋

DSC02203.jpg

2012年4月22日/横浜家系ラーメン 田中/水道橋/
ラーメン並/600円


やぁ!ボク二日酔いのフックンだよ!
(アロハシャツをワイルドに着こなしながら)

二日酔いの時ってなぜか、
無性に家系ラーメンが食べたくなりません?俺だけ?

あとヌード写真を見ると、
無性にムラムラした気持ちになりません?俺だけ?

まぁそんなイカれたテンションなんで、
いきおい車飛ばして水道橋へ。
まだ行った事がなかった田中さんちへ訪問。
知らなかったけどここって『武蔵家』系列だったのね!

DSC02202.jpg

水道橋駅からは東京ドームを背にして、
神保町方面へ5分ほど歩いたあたり。

店に入ると「ラッシュアワ~スリ~」と、
アップダウン阿部の細かすぎて伝わらないモノマネを、
地でいくようなご挨拶でお出迎え。

基本の「ラーメン」が600円で、
ライスは無料でサイズも選べておかわりも自由、
レンソウ増しも50円と相当コストパフォーマンスがイイネ!
思わず「イイネ!」ボタンを連打!へーへーへー!

中にはラーメン一杯750円も取っておいて、
ライス無料です!って米代も込みの値段じゃねえか!って、
ボッてる家系の店もあるもんなぁ~!
どことは言わないけど!錦糸町あたりだけど!

なんとなく油多めにしたので、
スープの表面にはしっかり鶏油の層が。

髄の旨味がふんだんに出ていて、
予想以上にどっしりとした豚骨醤油スープ。
昨今のマイルド家系があまり好きではないのでこれは嬉しい!

油多めくらいのほうが、
鶏油とスープのバランスが良くて好みっす。

麺はいわゆる家系御用達の酒井製麺の、
ブリブリした麺よりはやや細いタイプ。

でも一本一本の短さといい、
いい意味でのゆるくてしどけない食感は、
なかなか感じが出てるように思います。

チャーシューはまぁ普通の豚らしいタイプ。
デフォルトでもほうれん草が多めなのはありがたい。

スケベな顔で海苔に鶏油をたっぷり染み込ませ、
ライスを巻いて食べるおなじみの食べ方も堪能。

卓上には定番の味変アイテムに加え、
ライス用にたくあんやキューリのQちゃんも置いてある。
そのサービス精神にまたもイイネ!連打!

終盤に生姜と一味唐辛子、ゴマを投入。
いつもは定番の豆板醤なんだけど、
焙煎したような香ばしい風味の一味もなかなか合うね~。

イメージ通りの家系ラーメンも食って、
二日酔いもすっきり抜けた事だし、
今夜もしこたま呑むぞ~!ヨクナイネ!ヨクナイネ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ヨクナイネ!ボタン気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン二郎 茨城守谷店@南守谷

DSC02198.jpg

2012年4月20日/ラーメン二郎 茨城守谷店/南守谷/
少なめラーメン+うずらの卵/600円+100円


ヨメが職場の呑み会で不在の金曜の夜、
仕事を早めに切り上げた俺はひとり、
愛車のエグゾーストノートに耳を傾けながら、
夜のドライブを楽しむのであった…。

これから二郎を食うんだーい!
おくるまブーブーだいちゅき!二郎もちゅき!バブー!

年始に掲げた「月に一度は直系二郎」という、
民主党のなんかよりももっと崇高なマニュフェストをクリアすべく、
向かったのは東京から車で90分ほどの茨城守谷!

夜の予定がないこういう日だからこそ、
遠くて行きにくい二郎を狙うのだ!ロックオン!

DSC02197.jpg

美園という新興ニュータウンの一角で、
二郎では異質なスカイブルーの壁が印象的。

店から道路を挟んだ奥にある駐車場に車を停め、
外に出た瞬間にふわ~んと香る二郎臭に、
一気にテンション上がってきたぞ!

ちなみに同じテナントの2階には美容室が入ってるけど、
始終店内がこの臭いじゃ営業的にもたまらんだろうなぁ~。
シャンプーマシマシで!

店舗面積はかなり広く、
黒烏龍茶の自販機や待ち合い用のベンチも、
すべて室内にあるので今日みたいに寒い夜はありがたい。
団体客が多く10人ほどの待ち。

厨房はゴム手袋をはめた店主さんを含めて、
若い兄ちゃんばかりの4人体制となかなかの大所帯。
BGMはTBSエキサイトナイター。

かなり腹はペコちゃんだったものの、
念のため「少なめラーメン」で様子を窺う事にして、
補填として「うずらの卵」をトッピングしてみた。

途中で生卵を切らしてしまったらしく、
大慌てで若手助手くんに1000円札を握らせ、
近所のディスカウントストア「メルシー」へ買いに走らせる一幕も。
あとでちゃんとお駄賃はあげてください!

DSC02199.jpg

トッピングはいつも通りニンニクのみで。
少なめだと相対的にヤサイも盛りは優しいのね。

あれ?良く見たら豚、豚がない!?
まさか豚もメルシーに買いに行ったの!?と思ったら、
天地返しをした丼の底からヒョッコリ出てきた!
宮古そばかっつーの!

※宮古島のそばは具材を丼の底に沈めた盛り付けなんだよ!

スープには固形の油は一切入らず、
醤油の色が濃く出たほんのり微乳化系。

トロンと軽いとろみがあり、
豚の旨味がフルで出ていてかなりおいしいっす!

タレは底のほうに沈んでいるようで、
食べてるうちに徐々にしょっぱさが増してくる。
こりゃヤサイ増しにでもしなければカラメは必要ないかもね。

DSC02200.jpg

麺は二郎基準でいえばやや細く平べったいが、
密度がありグッと噛みしめるような食感。

噛むたびに広がるオーションの香りと、
しょっぱいスープを吸った醤油の香りが相まってごっさ旨い!
少なめは多すぎず少なすぎずのちょうどいい量。

ヤサイはキャベツ多めで、
シャキシャキした歯ごたえのベストな茹で加減。

豚はバラ巻きとウデ肉の2種類で、
どちらも余裕で厚さ2cmオーバーの超重量級。
ややパサ気味だが味はしっかり染みている。

うずらの卵はタレの染み込んだものが5個。
予想以上でも以下でもないそのまんまの味!

卓上の一味唐辛子&胡椒に加えて、
券売機の横には隠しアイテムの魚粉が置いてある。
スープの染みたヤサイにかけて食べるのがベスト。

良くも悪くも二郎に欠かせない「雑さ」がなく、
非常に丁寧に作られた二郎という印象。

DSC02201.jpg

さぁ~来月はどこに行こうかしら?
湘南藤沢?それとも中山?
あるいはあえてもう一度聖地・三田本店ってのもアリだな!

あぁ~もう時間が足りない!
こうなったら仕事を削って二郎に費やすしかないな!
(終わりの始まり)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑二郎廃人気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

立ち飲み居酒屋 金町製麺@金町

DSC02196.jpg

2012年4月20日/立ち飲み居酒屋 金町製麺/金町/
金町味玉らーめん(醤油)/750円


<過去の『金町製麺』訪問日記>
1回目2回目3回目4回目5回目6回目

今日は柴又のプリント工場へ。
しかもちょっといつもより遅めで午後からのアポイント。

ならば久々にここに行くしかないっしょ!
みんな大好き『金町製麺』でランチだよぉ~!
あーりんだよぉ~!

楽しみのあまり金町浄水場の水を一気に飲み干し、
腹をチャップンチャプンにさせながら店へ向かう。
この日の下町界隈の断水は僕のせいです!

DSC02194.jpg

駅前とはいえ昼間は人通りも少なく、
空席も多くまったりした雰囲気なのは相変わらず。

DSC02195.jpg

まずは入店前にメニューをチェック。
こちらは前日の限定の残りや仕入れ状況によって、
来るたびに毎回内容が違うから慎重に吟味せにゃ!

しかし本日はレアらしきメニューは、
「白醤油らーめん」に「タンメン」くらいで、
はっちゃけた創作ラーメンはなさそうだったので、
あえてオーソドックスな「金町味玉らーめん」を醤油でチョイス。

なんとレギュラーメニューでは業界初だという、
キジをダシに使ったラーメンとな!

以前提供していた幻のラーメンだそうで、
キジの入手経路が確保できたようで復活したらしい。

たまたま車に積んであった桃太郎の衣装に着替え、
キジの代わりにその辺のきったねぇ土鳩に、
キビ団子を投げつけて威嚇しているうちに出来上がり!

見た目はいつものらーめんと変わらないように見えるが、
たっぷり注がれてキラキラと輝く油と、
独特の野趣あふれる香りがまず違う。

熱々のスープはキリッと醤油が立ち、
煮干しや真昆布などの魚介系の旨味も加わった、
構造的には王道の鶏魚介清湯。

しかし後味に微かに残る程よいクセが、
やはりどこか鶏とは似て非なる味わいを醸し出している。

麺はお得意の喜多方風の太ちぢれ。

ヒラヒラプルプルした啜り心地に、
厚さが不均一なので部分によってモチモチだったり、
ガチッと固めだったりが楽しい食感、
それに噛むたびに広がる小麦の甘い香りは白眉の出来。
あぁおいしいおいしい。

チャーシューは薄切りだが脂身がプリプリで、
甘いタレの香りもしっかり感じられる。
サクサクした細メンマも何気に名脇役!

味玉は濃厚な黄身が絶品だが、
さすがにこれはキジではなく鶏の玉子の様子。
お母さんはアンタを産んだ覚えなんかありません!コケー!

たまにしか来ないというのに、
扇風機おばさんレベルの奇跡フェイスのおかげか、
若き店主さんに顔を覚えてていただいているみたいで、
会計の際にはいつも話しかけていただく。

なんでも近々昼メニューを一新するようで、
つけ麺はより濃厚なタイプにシフト、
さらにガッツリ煮干し系や魚介系の冷やしらーめんなど、
かなりバリエーションも増やすみたい。

『金町製麺』で濃厚って!ガッツリって!
一体ぜんたいどんなものが出てくるのやら!?

誰かー!金町にマンション買ってー!
あるいはリムジンで毎回家から送迎してー!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑VIP待遇気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

二丁目つけめん GACHI@新宿三丁目

DSC02193.jpg

2012年4月18日/二丁目つけめん GACHI/新宿三丁目/
濃厚鶏塩つけめん(ノーマル)/780円


今まで黙ってたけど私…ガチなんです!
(黒目ガチの眼を強調しながら)

以前ラーツ部ぷっと部員を含めた、
幼少期から二丁目を根城にしていたメンバーで訪れたのだが、
定休日の変更という予想外の事態で、
まさかの花道を喰らってしまった因縁の店『GACHI』。

※花道=店に振られる事を現すラーツ部用語

こういう店は宿題にしないでとっととリベンジしないと!
このままでは元ドラッグクィーンの名がすたるわ!
(昔オナペッツというユニットで活動していました)

たまたま新宿に行く用事があったので、
念のために肛門科に診療予約の電話をしてから再訪問。
「肛門」と「訪問」で韻を踏むこの文章構成力のスペックの高さね!

DSC02192.jpg

新宿三丁目駅から靖国通りに沿って歩くと、
いわゆる紫色のエリアを通らないので、
比較的安心して行けるルートっす。

今日は無事に営業していたが、
なんか券売機が故障したらしく前金制で手会計に。

まるでオールドアメリカのバーっぽい雰囲気で、
入口付近はラウンジのようなテーブル席になっており、
夜はここでアルコールも一杯やれるみたい。

そこから階段を上がった中2階のような所に、
厨房に面したカウンター席が並ぶ。

もちろん店のメインメニューはつけめん。
まず鶏塩、辛味噌などの中からつけ汁の種類を選んで、
麺の上に乗せるトッピングを決めるシステム。

麺の量もそこそこ多そうだったので、
一番基本の「鶏塩つけめん」でトッピングはノンケ、
もとい!ノーマルにしてみた。

厨房はそっち系にも人気が出そうな、
黒いポロシャツ姿のイケメン野郎3人で回しているが、
まぁそれはそれはずっとおしゃべりしてますよ!
文字通りのおしゃべりクッキングですよ!

気を取り直してつけめんと対峙。

ふすまの粒々が見える自家製の太麺は、
ほんのりブラウングレーの色合いが印象的。

表面は艶やかでツルッとした啜り心地だが、
噛むと歯を押し返すような強靭なコシを持っている。
こういうのガチムキ系って言うんでしょ?
タンクトップが似合うお兄さん系って感じなんでしょ?

つけ汁からはもうもうと湯気が立っているが、
食べてみるとそれほど熱々でもないという謎の現象が。

コラーゲンたっぷりで唇がピトピトするほどで、
濃厚だけどミルキーでクリーミーな口当たりなのだが、
かなりオラオラで「鶏臭さ」も出ているので、
ひょっとしたら苦手な人もいるかもしれないレベル。

塩ベースで味わいも単一的なので、
良きタイミングで麺にレモンを搾ったり、
卓上のクレソルレモンペッパーやチリパウダーを投入して、
味を変えながら食べてちょうどいい感じ。

具は鶏ムネ肉のチャーシューと穂先メンマ。
鶏チャーシューはしっかりジューシーでおいしかった。

スープ割りはそれ用のスープを小鍋に入れ、
一杯ずつ温めるので少しだけ時間がかかる。

魚介系ではなく鶏清湯で割っているようで、
味わいは大きく変わらずそのまま飲みやすくなった感じ。

食後キャップとカバンを取り出して立ち上がり、
「ごちそうさま~」と言って階段を降りて店を出るまで、
店員3人とも調理とおしゃべりに夢中で、
誰も気付いてくれなかったのにはちょっと萎えた…。

そんな事してるとローション無しで、
いきなりブチ込んでやるから覚悟しなさいっ!
(今日は全体的にオゲレツで申し訳ございませんでした)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑お尻とお尻でお知り合い気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts-0063.jpg
↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (131)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報