スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめん やっこ@両国

DSC02325.jpg

2012年5月30日/らーめん やっこ/両国/
みそらーめん/650円


皆様に重大発表があります!
このたびワタクシ、風邪を引いてしまいました!

つきましては裸にエプロンで看病してくれた上に、
「アン!風邪がうつっちゃうよぉ…!」
みたいな展開まで持ち込ませてくれる女子を大募集します!
顔写真とスリーサイズを明記してこちらの宛て先まで!

まぁつっても応募が来る可能性など皆無なわけだし、
自力で治さなきゃいけないのが世の常なので、
ガッツリ食べて栄養つけないとね!

相変わらずクラシカルなラーメンを欲する今日この頃、
浅草橋シモジマへ商材の買い出しに行く用事があったので、
途中の両国で寄り道して『やっこ』へ向かう。
思えば初訪問だったわここ!

DSC02324.jpg

国技館とは反対側の清澄通りから、
一本路地に入った場所にある老舗のお店。

まず先に店舗の写真を撮ってたら、
ステンドグラス風のシールを貼ったガラスの向こうから、
店のおばちゃんにペコリと会釈されちゃった!
それじゃあ入らないわけにゃあいかねぇ!

入店するなり愛想のいいそのおばちゃんから、
「よかったらこれ使って!」となぜかウェットティッシュと、
メントール入りの身体拭きシートを勧められる。

そんなに体臭がキツかったかしら?
伊達に東洋のトム・ジョーンズとは呼ばれてないですね!

さっそく勢いよく素っ裸になって、
全身の溝から窪みからくまなく拭かせてもらいました!
よっ!大統領!

年季の入ったテーブルに、
合革のシブいソファーが並ぶ店内には、
外国人プロレスラーのと思われるサイン色紙がいっぱい。

プロレスはまったく詳しくないので、
誰が誰やらなのかさっぱり分からないけど、
おそらく見る人が見ればビックリするような、
レアな選手のもあるんじゃないの?

俺が選ぶマニアックなプロレスラー第一位!
テレーッ!ブッチャー!
(じゅんいちダビッドソン)

お客さんのほとんどは常連の近所のサラリーマンで、
おばちゃんも顔馴染みの人と、
「○○さん最近来ないけど元気なの?
 ハワイに新婚旅行だなんて言ってたけど~」
なんて気さくなトークを繰り広げている。

このおばちゃんどうやら若者の事を、
「お兄ちゃま~」って呼ぶのがデフォルトらしい。

「山菜らーめん」や「韮玉らーめん」なんて変わり種もあるが、
ここは王道の「みそらーめん」しかないでしょうよ!

厨房を一人で守るおやっさんが、
黙々と鍋をふるって作ったそれは、
表面張力ギリギリになみなみとスープが注がれ、
さらに大量の麺と野菜がこんもり!
さすがお相撲さん御用達の両国クオリティ!

超あっさり仕上げの動物系スープに、
ややしょっぱめの味噌とほんのりニンニクが効かされた、
まさにオールドスタイルの味噌ラーメン。

デフォだと辛味はまったく無いので、
適時卓上に置かれた辣油を加えるのをオススメしている。

これがゴマ油の豊潤な香りと、
煎った唐辛子の深い辛味が加わって実にいい感じ!
さじ二杯くらいいっちゃってください!

麺は柔らかめに茹でられた細ちぢれで、
あまりの量の多さで底でくっついちゃってるのはご愛敬。

カンスイ香るこれまたクラシカルなタイプだが、
スープを吸ってみるみる増えていくので、
篠崎愛の事なんか考えてないで急いで食うべし!

具は強火でシャキッと炒められた、
モヤシとタマネギにスライスのネギのみ。

あえて挽き肉を使わず、
肉汁で旨味を出すのがおやっさんのこだわりらしい。

本当はライスを所望したかったのだが、
わざわざメニューに「半ライスやっていません!」と、
挑戦的な文言が書いてあるほどなので、
果たしてどんな盛りで来るのか想像もつかなかったので自重。

辣油のおかげで身体が温まったのか、
食後は自分が風邪であったのを忘れるほど元気一杯!
でも裸エプロン女子の応募はいつでもウェルカムです!
当選者には個別にご連絡させていただきます!

--------------------

★2012年5月のトータル杯数/18杯
★2012年の通算杯数/106杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,357杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑応募者多数の場合はオーディション気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

和風らーめん シャリ@市川

DSC02320.jpg

2012年5月27日/和風らーめん シャリ/市川/
オロチョン醤油らーめん(並辛)+手作り餃子+半ライス/
750円+100円+100円


まぁ元来自分はラッキーだとか、
幸運の星のもとに生まれてるなんて思ったことは、
38年の人生の中で一回も無いわけですが。

それにしたって最近の、
ラーメン店からの花道っぷりはどうなの!?ねぇ!

※花道=ラーメン店に振られる意味を表すラーツ部用語

俺が何かしたって言うのか!
ちょっとお地蔵さんのお供え物(饅頭、ワンカップ等)を拝借したり、
賽銭箱にガムテを巻きつけたマツイ棒を突っ込んだりしてるだけなのに!
(完全にそれの報いだよ)

あまりの運の悪さにもはや、
ラーツ部で喰らう花道もすべて俺のせいにされる始末!

まぁそんなだから今日だってですね!
本来なら24時まで営業しているはずの、
『グレイト』に22時手前で振られるのだってよもや想定内ですよ!
しかもまさかの野菜&ご飯切れで!

「普段は日曜はそんなに混まないんですけど今日はたまたま…」
と申し訳なさそうに謝る店主さんの姿も、
もう悟りを開いた釈迦のような境地で眺めてましたよ!

DSC02319.jpg

そんなポンコツブッダがリカバリに選んだのは、
市川駅近くの北海道ラーメン『シャリ』。

ずいぶん前から評判は聞いていたけど、
なんとなく後回しにしちゃっていたのでせっかくの機会だからね!
こういうのを一期一会って言うんでしょ!

「~」型のカウンターのみの年期が入った店構えで、
蛍光灯の白けた明かりもどこか昭和の面影。

日曜の夜遅くだからか客足はまばらで、
電波の悪い途切れがちなラジオの音だけが、
静けさ漂う店内にゆるく消えていく。

スープは味噌、醤油、塩にそれぞれのオロチョン、
さらに具はネギ、チャーシュー、角煮と選べる。

それぞれの組み合わせがすべて、
表によって理路整然とまとめられていてワカリヤス~イ!
(NAVITIMEのオヤジのモノマネ)

他にも「あさりバターニンニクラーメン」やら、
「カレーラーメン」やら「二色冷やし」など、
店主さん一人での営業だが創作意欲は並々ならぬもの。

若干風邪気味だったのと、
今朝は地蔵のお供えがなくて何も食べてなかったので、
身体を温めようと醤油味の「オロチョンラーメン」をライス付きで。

さらに土日祝日の夜は100円という、
破格の値段の「手作り餃子」も付けちゃえ!
今夜はパーティーだ!

並辛にしたためかイメージよりはスープは赤くなく、
飲むとじんわりしたマイルドな辛さで飲みやすい。

鰹を主とした和風ダシの香りが、
辛さに負けてないので実にバランスが良く、
思わず食欲を刺激されてレンゲを動かす手を止められない!

サービスののり玉ふりかけをかけたライスとも、
もちろん相性バッチグー!ジャストミート(福澤)!

麺は浅草開化楼製の中太ややちぢれで、
大きな個性は無いがモチモチした心地いい食感で、
安心して嫁に送り出せるタイプ。

チャーシューは脂身のまったく無いロース肉だが、
箸でホロホロと崩れちゃうほど柔らかい。

一時期はここにとろけるチーズを乗せた、
「チーズチャーシュー」として提供してたらしいが、
どうやらもうやめちゃったみたい。
ちょっと楽しみにしてたのでこれは残念!

メンマと半熟のゆで玉子、海苔と、
あとの具材は極めてオーソドックス。

DSC02321.jpg

いっぽうヨメの「塩ラーメン」もしっかり和風ダシが効き、
さらに貝類のような旨味も感じられるもので、
シンプルながらしっかり旨い。

DSC02322.jpg

「手作り餃子」はニンニク不使用でさっぱり味。
何より100円なら何の文句もございやせん!

店の雰囲気含めて決して派手さはないけど、
しっかりとハイレベルなラーメンだと思う。
女もちょっと地味くらいのほうが抱き心地がいいって言うしな!
ガハハハハー!水割りおかわりー!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑場末のスナック気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 がらーじ@国分寺

DSC02316.jpg

2012年5月26日/麺屋 がらーじ/国分寺/
ラーメン/680円


立ち寄った温泉は長期改装中だわ、
『あずき』の営業時間変更で大いに振られるわで、
ハプニング続きの今月のラーツ部。

いっそハプニングつながりで、
このままハプバーになだれ込んで逢瀬を重ねてやろうぜ!と、
「リアルワイルド」な提案をしてやったぜぇ~?
ワイルドだろぉ~?(手錠をハメられながら)

当然光の速さで提案は却下され、
韓国の国会ばりに白熱した車内リカバリ会議の結果、
同じ国分寺にある『がらーじ』に行く事に決定!

夜は一杯呑める店になるみたいだし、
けっこう遅い時間まで営業してるであろうと!
今夜は眠らナイト!眠らせナイト!

DSC02312.jpg

西武国分寺線の線路沿い、
静かな住宅街に溶け込むような寡黙な店構えで、
雰囲気は確かに完全なるBAR。

コンクリ打ちっぱなしの空間のそこかしこに、
無数の流木がアーティスティックに並べられ、
テクニクスのスピーカーからはジャズがゆるやかに流れる。

もはやBARのサイドメニューにラーメンがあるってだけの、
片手間っぽい感覚なんじゃねぇの?と勘ぐってしまうが、
ガラス張りの店頭に置かれた製麺機が、
あくまでここが「麺屋」である事を主張しているかのよう。

とはいえ女子がタバコをくゆらせながら、
気ままにひとり呑みに興じていたりもする。
あぁ~なんだか居心地がいいわ~!

DSC02313.jpg

DSC02314.jpg

ラーメン以外にも豊富につまみメニューが揃い、
アルコールも焼酎を中心にこだわりの銘柄がラインナップ。

ここはひとり呑み女子も巻き込んで、
朝までコースでとことん呑んでやろうかしら!
念のため近隣のホテルも予約しとかなくっちゃ!

とかフンガフンガと考えていたら、
とっくに全員とっととラーメンだけ注文しちゃってやんの!
この草食系め!男なら女を狩れ!マムシをかじれ!

相変わらず全員バラバラに注文しちゃったので、
マスターひとりで切り盛りしているため、
若干のタイムラグがありつつ順番に丼がやって来た。
俺方謙三の担当は基本の「ラーメン」。

スープは完全無化調だそうで、
濃密に旨味が詰まった澄んだ鶏ダシに、
サバ節などの魚介和風ダシをミックスしてある。

さらに深みある醤油の香りと鶏油の甘みも効き、
無化調ながら線の細さをまったく感じさせない。
これかなり好み!

自家製麺は細めのストレートで、
しなやかでツルツルした啜り心地が気持ちいい。

4杯目なのでゆっくり食べたのだが、
それでもコシやハリを失わない良質さ。
スープとの調和も申し分なし。

チャーシューは表面を焼いて肉汁を閉じ込めた、
ジューシーな厚切りのバラ肉が2枚。
あとはメンマと青ネギだけとシンプル。
呑んだ後の〆としても充分立ち上がってきますね!

DSC02315.jpg

てらみん部長は「鶏塩ラーメン」に味玉をプラス。
今日一日だけで味玉4個だって!
てらみんの半分はコレステロールでできています!

こちらは魚介の入らない純粋な鶏ダシを、
シンプルな塩味のみで楽しめるもの。

鶏チャーシューの味付けに使われた、
柚子胡椒の爽やかな辛さがじわりと染み渡る。

DSC02317.jpg

タグ部員はあえての「担々麺」。

香ばしいゴマがぷんと薫る、
あっさりタイプの純日本風の担々麺って感じ。
ラー油少なめで辛さもさほどではないので食べやすい。

DSC02318.jpg

そしてぷっとちゃんは黒板だけに書かれた、
限定メニューの「塩香菜麺」なる変化球をチョイス。
ベトナムのフォーを意識したメニューなんだとか。

塩スープに軽くニンニクやスパイスが効かされ、
さらにたっぷり乗せられたパクチーの風味が強烈!
レモンを絞るとますますエスニック風に。

麺はこれだけが平打ちピラピラタイプで、
これも確かにフォーに近い食感。

こりゃ近所にあったら、
確実にパイイチやりに通っちゃう店だなー!
そしてひとり呑み女子とシッポリあんな展開に…!

とか思ってたら後からしっかり、
彼氏らしき男がやって来て仲良く呑んでたよっ!

チェッ!もうとっとと帰るぞ帰るぞ!
帰りにTSUTAYAに寄ってくれ!あとたちばな書店にも!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑歯ぁ食いしばって寝るだけや!気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば ムタヒロ@国分寺

DSC02310.jpg

2012年5月26日/中華そば ムタヒロ/国分寺/
ワハハ煮干そば/700円


ラーツ部だー!ラーツ部が来たぞー!
子供を隠せー!米と味噌を用意しろー!

今月は西東京にやって来た鬼ことラーツ部の面々、
昼の2杯をやっつけたら恒例の温泉タイム!

数年前にラーツ部で訪れた際に、
朝市かなにかを開催していたため大混雑で、
まったく入れる気配のなかった武蔵村山の某温泉施設を目指す。
今度こそ!今度こそゆっくり浸かってやるぜー!

DSC02303.jpg

DSC02304.jpg



なーにー!!!



全裸に石けんとシャンプーの泡まみれで、
呆然とその場に佇む部員一同…。
(気が早すぎる)

もうこうなったら意地でも入ってやる!と、
足場が組まれ放題の施設内にズカズカ侵入し、
休憩中にコンビニでお湯を入れてきたカップ麺を食ってる、
ガテン系兄ちゃんの怪訝そうな目もお構い無しに「エア入浴」を強行!

空っぽの浴槽(らしき部分)で大いにくつろぐ我々!
あ~あったまったもんね~!

止まらない鼻水を必死にすすりながら、
夜の部一発目に向かったのは八王子の話題店『あずき』。

女性店主が作る「小豆を使ったラーメン」とは一体?
早く小豆を!女性店主の小豆をー!

DSC02307.jpg

DSC02305.jpg



なになになーにー!!!



全裸に石けんの泡まみれで、
呆然とその場に佇むしかない部員一同…。
(今度はなんでそのシチュエーションなんだよ)

今月から昼のみの営業になったらしい…。
女性一人だから仕込みとか体力的にキツかったのかしら…?

風呂&ラーメンと立て続けのカッコ悪い振られ方で、
大江千里メガネを叩き割って悔しがる部員たち。
ここで合流してきたぷっと部員に特殊器具で八つ当たり!

仕方なく最後に向かう予定だった、
国分寺の『ムタヒロ』へ前倒しで向かう事に。
ぷっとも付いてきたかったら特殊器具は自分で外せ!

DSC02308.jpg

DSC02309.jpg

個人的には前回臨時休業にやられていたので、
こちらではなんとかリベンジに成功!
一軒リベンジしちゃあ一軒振られが増えていく無限地獄!

古いスナックだったらしき一軒家を改装した店で、
2階にある良さげな焼酎BARも気になるね~。

ダクトからは店外にガンガン、
強烈な煮干スメルが撒き散らされている。
このダクトの下に住みたい!段ボールを広げたい!

タイミング悪く10人ほど並んでいたので、
2-1-2と三手に分かれてバラバラに入店。
俺はぷっと部員と横並びで奥の席へ。

店の中もイッツ昭和なスナックの雰囲気のまま。
店のアイコンなのか麦わら帽子があちこちに飾ってある。

石ちゃん的スマイルが得意の大柄な店主さんと、
はんにゃ川島にちょい似の助手さんも、
小粋なハット姿が良くお似合いです。

昼夜限定10食程度という狭き門の、
「ガハハ鶏そば」は当然売り切れだったので、
もうひとつの定番「ワハハ煮干そば」をチョイス。
背脂の量が選べたので少なめにしてみた。

きっちり麺を量りで計測するなど、
丁寧な調理のもとで作られたソイツは、
淡い色合いのうすにごりスープが特徴的。

安易に煮干粉などでパンチを出すわけではなく、
しっかりスープ自体に煮干の風味旨味を落とし込んであり、
幸福感すら思わせるような豊潤なスープだわ~!
ニボ蔵にとっては聖水だわ~!

そこに味付けされた背脂が溶けてくると、
その甘くまろやかマイルドな口当たりが、
煮干の苦味と絶妙にマッチ!こりゃ旨い!旨いわ!

麺はもはや細めのうどんと呼びたくなるような、
極太マッチョでブリブリしたもの。

しかし芯までしっかり火が入っていて、
驚くほどもっちりした食感がたまらない。
これならつけ麺や油そばも間違いないでしょ!

チャーシューはしっとり系のロース肉、
丼をぐるりと囲むような穂先メンマも柔らかい。
そしてミツバの爽やかさが地味にいい仕事してる。

DSC02311.jpg

食べ盛りのわんぱく少年ことぷっとちゃんは、
「アハハ煮干つけ麺」を特盛400gでいっちゃうやんちゃぶり。

水で締めた極太麺はキュッとコシが強くなり、
またつけ汁には焼いた煮干が加わるので、
その香ばしさたるや格別!

そして席が離れてしまったため撮影はできなかったが、
てらみん部長オーダの「ニボシアブラソバ」は、
イカのワタで作った醤油をタレに使っているそう。

ほんのり内臓独特のえぐ味が香り、
それが絶妙なアクセントになってこれまた絶品!

いや~こりゃまいった!
これはぜひ機会を見て「ガハハ鶏そば」も狙わなきゃ!

さて思わぬ計画変更となってしまったラスト一軒、
全裸に石けんの泡まみれで、
緊急車内会議は熱を帯びるのでありました…。
(結局ずっと泡まみれじゃん)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ビオレU気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

カッパヌードル@牛浜

DSC02301.jpg

2012年5月26日/カッパヌードル/牛浜/
チリとまと/700円


地球の皆さんハロにちは~!
元祖プッツン女優6人組・ラーツ部ですよ~!
今月は西東京に玉置さんともどもお邪魔しております!

まずは福生で煙にまみれたラーメンをいただき、
その煙を身体の悪い部分にサッサッと当てて、
浅草寺のババァプレイを楽しんだあとは、
東東京の人間にはあまり馴染みのない牛浜へと向かいます。

噂によるとこの牛浜には、
なんとあまり聞き覚えのない「日清インスパイア系」なる、
珍しいラーメンを提供する店があるとかないとか!

って事は「甲午農民戦争ラーメン」とか、
「下関条約ラーメン」があったりするんですかね!?
(それは日清戦争ですね。このブログはお勉強にも役立ちます)

DSC02298.jpg

その屋号はなんと『カッパヌードル』!
ひと文字違うだけで一気に増すこの脱力感!

屋号だけだとてっきり『なんちゃって志村軒』みたいな、
地雷感ビンビンの排他的な店を想像してしまうが、
ブロック塀に囲まれたユニークな店はオシャレで綺麗で、
外待ちの客が絶えないほどの人気の高さ。

DSC02297.jpg

店頭にはガラス張りの本格的な製麺室もあり、
いよいよもって只者ではない雰囲気を醸し出します。

DSC02292.jpg

でもかつての名作CMのキャッチフレーズを模した、
「Are you Harahery?」のコピーはなんともトホホ…。

その他にも店のあちこちに、
様々なギミックが散りばめられている。
いちいちツッコんでたら夜中になっちゃうので写真だけご紹介!

DSC02295.jpg

DSC02296.jpg

DSC02299.jpg

結局入店までには20分ちょっと。
厨房に面したカウンター席の奥には、
広々したテーブルスペースも設置されている。

BGMがクレイジーケンバンドのベスト盤だったり、
店員さんのユニフォームが古着風のボーリングシャツだったりと、
端々にセンスを感じさせる洒落た雰囲気。

DSC02294.jpg

メニューも見事に日清の例のアレを踏襲した、
醤油、シーフード、チリとまとといったラインナップ。

って事はいずれカレーだのブタホタテドリだの、
オリーブオイル風味のsioなんかも出るのかしら?
新メニューのアイデアは勝手に増えてってくれるっていいね!

いずれも手間のかかりそうなラーメンなのに、
手際がいいのかそれほど待たないで出来上がってきた。

俺担当は「トマトを混ぜながらお食べください」と、
食べ方指南を添えられた「チリとまと」。

まずは混ぜないでスープから飲んでみると、
非常にさっぱりした鶏ベースの清湯スープに、
ほんのりトマトの風味が移っている。

ゴロゴロと煮崩れたトマトが入ったペーストを崩すと、
一気に濃厚なトマトの甘さと酸味、
それにピリッと心地いいチリパウダーの辛さが加わり、
イタリアンテイストのラーメンといった感じで非常においしい!ボーノ!

時折大きめに切った刻み生タマネギが混ざってきて、
そのシャリッとした食感がアクセントになる。

麺は九州ラーメンばりにかなり細くて、
手もみしたような軽いウェーブがかかっている。

見た目のとおりギュッと粉が詰まったような、
硬質でパキパキした固めの食感。
濃厚なトマトスープとの組み合わせは珍しいけど意外とアリ。

チャーシューは豚と鶏の2種類で、
豚はシャクッとした歯ごたえの三枚肉。
鶏はさっぱりしたムネ肉が豪快に厚切りにされている。

キャベツ、モヤシの茹で野菜は、
軽くスープに漬けておくと箸休めにピッタリ。

ふと見るとお冷やのボトルが置かれた棚に、
さりげなくタバスコのでっかい瓶が置いてあったので、
こちらも負けずにさりげなく投入してみる。

ほのかな酸味とビリビリくる辛味が、
トマトスープに合わないわけがないだろうがオラァ!

DSC02300.jpg

こちらてらみん部長の「シーフード」は、
鶏白湯スープを雪平鍋に入れ、
野菜や魚貝も合わせて一気に炒めたちゃんぽん風。

コクのある塩味のスープは熱々のうちは貝類の旨味が、
冷めると徐々に海老風味が強くなる。

これには太いちぢれ麺を合わせていて、
モチモチの食感が素晴らしい!

DSC02302.jpg

そしてKEN-1部員の「醤油」には、
本家譲りのエビや謎肉が乗ってるわけではなく、
澄んだスープの王道のビジュアル。

かなり強めにニボった魚介スープを、
豊潤なコクの詰まった鶏スープとブレンドしてあり、
そのバランスたるや絶妙!旨い!

小ネタばかりの話題性だけの店かと思いきや、
かなりハイクオリティのラーメンばかりで驚いた!
やっぱ「遊ぶ」ためにはまず腕がないとダメって事よね!

夜の部は八王子方面の店が中心なので、
横田基地を横目に「ギブミーや!ギブミーしてんか!」と、
米兵にチョコレートをせびりながら移動しまーす!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ブギウギだけが俺のララバイ気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん 煙@福生

DSC02290.jpg

2012年5月26日/らーめん 煙/福生/
味玉しろいぶし/780円


ラーツ部のことは嫌いでも、
ラーメンのことは嫌いにならないでくださいっ!
(大歓声&秋元したり顔)

というわけで今月のラーツ部部活動は、
福生~八王子エリアをメインとした西東京攻めにございます~!
総選挙でそう決まったんだからしょうがない!

しかし前回の部活から6週間という、
あまりに長いブランクが空いてしまったため、
久々に顔を合わせた部員同士なんだかよそよそしい雰囲気に…。

もう一度お互いの心を通じ合わせるために、
とりあえず全員自己紹介からやり直し、
顔と名前、スリーサイズと性感帯を再確認できたあたりで、
一軒目のお目当て『煙』のある福生に到着!

DSC02289.jpg

もともとは『ら~めん雫』という屋号で、
鶏白湯をメインとしたラーメンを提供していたが、
『煙』という屋号からも分かるとおり、
燻製の香りを活かしたラーメンへとリニューアルを果たした。

てっきりスモークの煙が福生じゅうに溢れ、
一寸先も見えない状況なんだと思い込んでいたので、
部員全員ガスマスクを着用していたがまったく杞憂に終わった。
(互いの顔が分かんなかったのそれが原因じゃねぇの?)

開店10分前に到着してポールポジションで入店。
小料理屋のような雰囲気はそのままで、
ご夫婦と思われる二人が手際よく切り盛りしている。

メニューはいずれも燻製臭を売りにしたもので、
白醤油ベースの「しろいぶし」に、
たまり醤油や濃いくち醤油で仕上げた「くろいぶし」がツートップ。
さらに背脂を抜いた「あっさり」も選べる。

より燻製感を味わいたいなら「しろいぶし」らしいので、
それを味玉入りでオーダ。

出来上がった丼の写真を撮っていると、
「うちの麺は水分を吸いやすいので早めに食べていただければ…」
と店主さんにやんわり諭されてしまう。

アタイのこと本気で叱ってくれたのアンタが初めてや!
(パチンコ屋の前で熱い抱擁)

溶けた背脂が表面に厚く張ったスープは、
動物系から抽出された濃厚な旨味に、
香ばしい燻製のかほりがしっかりと感じられるもの。

なんでもスープのダシを取るための、
豚骨や鶏ガラだけでなく背脂まで燻製するこだわりようらしい。

そこに唐辛子や黒胡椒といった、
スモーク感を引き立てるスパイスもピリッと効かされている。
白醤油ベースなので後味はさっぱり。

色の白い極細ストレート麺は、
低加水でエッジの効いたコリコリした食感。
確かにこれはのんびり食べてたら良さを損なっちゃうね!

伸びやすい性質に合わせてか量も軽めなので、
連食しない人は替え玉か「炙りチーズごはん」必須ですな。

丼を横断したウルトラクイズチャーシューは、
提供前にフライパンで軽くソテーされる。

これがジューシーで香ばしくて、
まるで上質なベーコンのようでこりゃ旨いわ!
キャンプとかでこんなの作れたらビール無限に呑めるわ!
山ガールにもモテモテで夜のテントが楽しみだわ!

味玉も濃厚でトロトロの黄身が絶品!
あえてこれだけは燻玉にしてないのも、
全体のバランスを考えると正解かもしんない。

DSC02291.jpg

こちらKEN-1部員の「くろいぶし」は、
燻製の香りはやや奥に引っ込み、
醤油の深く猛々しい香りを存分に楽しめるもの。

通常の背脂入りだと後口はマイルドだが、
タグ部員があえて頼んだ背脂抜きの「あっさり」だと、
竹岡ラーメンにも通じる容赦ない醤油の香りに圧倒されるよ!

ちなみに後から入ってきたお客さんは、
全員お店のメルマガ購読者らしく、
この日限定の二郎っぽい見た目のラーメン食べてたなー。
燻製二郎ってどんな感じなのか気になる!

改めて燻製という調理法の効果と味わいを実感できた、
かなり個性的で面白いラーメンでございました。

ラーツ部員もだいぶいい年齢に差し掛かってるし、
そろそろもうひと皮むけたいところ。

ちょっくら全員で燻製でもされて、
「オトナの渋み」なんぞを醸し出してみようかね!
よーし!桜のチップを大量に用意せーい!
サウナルームを丸々貸しきれーい!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑スモークサウナ気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば もちもちの木 新宿店@大久保

DSC02275.jpg

2012年5月20日/中華そば もちもちの木 新宿店/大久保/
中華そば(小)+煮玉子/650円+0円


昨年末に引き続き、
またも東中野のBAR「バレンタイン」をお借りして、
一日店長を務めさせていただく運びに。

この日のためにダンディな髭をたくわえ、
坊主頭を強引にジェルで固めてオールバックにし、
どっからどう見ても「寡黙なマスター」を気取ってみました!
貴女からの婚姻届はいつでもお待ちしております!

18時からの開店時間の前に、
とりあえず腹ごなしをしようと総武線を途中下車。
移転してからは初めての『もちもちの木』に向かいます。

しかし材料の買い出しに意外と時間がかかり、
のんびり食ってたら遅刻しかねない事態になってしまい、
大久保駅からダッシュで店に駆け込むバタバタっぷり!
あぁ~セットしたオールバックが汗で崩れる~!

DSC02274.jpg

つかせっかく移転したのにまた地下なのね!
どんだけ地下が好きなのよ!
お前はゆめもぐらか!

(ゆめもぐら=大江戸線に当初付く予定だった名前。マジで!)

アングラ系小劇場みたいな雰囲気の、
薄暗い階段をギシギシと降りていくと、
まるで高級なピアノバーのような広々とした空間が。

時間も中途半端だったからか客は自分ひとりで、
一段高いステージのような場所のテーブル席は、
入口をヒモで封鎖されている。

相変わらず照明はかなり落とされ、
写真が撮りにくいこと山の如しな環境だが、
かろうじて壁向かいのカウンター席には灯りがそこそこあるので、
吸い込まれるかのようにその席をすかさずゲット。
気分は誘蛾灯に集まるガ!

いつも通り注文したのは「中華そば」。
ちゃっかりお店のクーポンで煮玉子もゲット!

ここの名物のひとつといえば、
あの団鬼六イズムかと思うほど執拗なまでに続けられる、
平ザルでのチャッチャチャッチャと無限に続く湯切り音。

じっくりその音色に耳を傾けようとしたら、
そこに聞こえてきたのは聞き覚えのない、
無機質な「ウィ~ン!」というヴァイヴレート音…。

なんといつの間にか人力での湯切りをやめてしまい、
テボを入れるだけで水気を吸い取ってくれる、
バキュームマシンを導入しているではないか!

あのストイックな湯切りに、
麺を大切にしたいという思いを感じていたのに!

安直に機械に頼ってばかりいると、
来るべきロボット社会で逆に支配されてしまうのは我々人類だ!
エヌ氏だ!エヌ氏を呼んでこい!
おーい出てこーい!(星新一先生リスペクト!)

「大変熱いのでお気をつけください」と、
わざわざアナウンスが入るザラリと濁ったスープ。

過去に何度も口の薄皮を犠牲にしてきた経験があるので、
まずは慎重にレンゲですくって、
死ぬほどフーフーして飲んでみるが、あれ…?
確かに熱々だけど以前ほどではなくなったような…?

いやもちろんそれでも充分熱い事には変わりないけど、
薄皮もろとも巻き込んで胃袋に玉砕していくような、
特攻隊みたいな温度ではなくなってしまったかな?

でも爆ぜるほどの鰹風味が広がる、
ざらついた口当たりの和風スープは、
相変わらず唯一無二の存在感があるなー。

中細麺・オブ・バキューミングは、
ザクッとした歯ごたえの極めてオーソドックスなもの。

熱い油も一緒に持ち上がってくるので、
油断して啜ると意外と危険危険!
諸外国人が食べるみたいにゆっくり食うべし!

具はバラ肉を巻いたチャーシューと、
長くてコリコリした穂先メンマがたっぷり。
デフォルトでミツバも少量入るようになったみたい。

煮玉子は今時珍しい全熟のおでんタイプ。
ホクホクした黄身もたまにはいいね。

最後までまったくスープの温度が下がらないわ、
BARの開店時間がギリギリだわで一人悶絶しながら完食!
大急ぎで東中野に向かいのでありました!
ケツがある時にはまったく不向きなラーメンですな!

しかしそんな素振りは微塵も見せず、
BARカウンターでは寡黙にコップを磨きながら、
開店時間を迎えてははみたのだが、
お客は来る人来る人みーんな友達ばっか!

「私たち今日で結婚25周年なんです」
なんて初老の上品な夫婦のために、
そっと二人だけのオリジナルカクテルとか出す気マンマンだったのに!
入る注文はキンミヤ焼酎ばっかですよ!

でもみんな来てくれてありがとね!
お礼に1万円あげるから10万円ちょうだい!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑一日店長はまたいずれやります気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 Hulu-lu@池袋

DSC02272.jpg

2012年5月20日/麺屋 Hulu-lu/池袋/
オニオンチャーシュー丼セット(塩SOBA+オニオンチャーシュー丼)/980円


ラーメン店では初のミシュランにも選ばれるなど、
八面六臂の活躍をしていた『ちゃぶ屋』グループが、
まさかの倒産という衝撃のニュースが飛び込んだ今春。

そうなってくるといよいよ『ちゃぶ屋』なんて屋号が、
シャレになんなくなってきちゃうのよね…。

「名付け」ってのはそれだけ慎重を要するって事だ!
キラキラネームを子供に付けたがる親は自覚するように!
ちなみにうちのTシャツ屋は「悪意1000%」って言います!
この屋号で得した事なんかひとっつもねぇ!

そのちゃぶってしまった『ちゃぶ屋』の出身で、
ラーツ部近辺での評判も上々の『Hulu-lu』に、
日曜のお昼にサラッと訪問。

ちなみに『Hulu-lu』はハワイの言葉かと思ったら、
店主さんの名前をハワイ語っぽくもじったものだとか。

何そのかわいらしいいネーミングセンス!
言葉の響きだけで付けちゃった悪意1000%とは大違い!

DSC02269.jpg

ジェイク・シマブクロのウクレレの音色がまったく似合わない、
池袋西口のやさぐれたエリアから少し抜けた、
割と人通りも少ない一角。

DSC02273.jpg

店頭にはおそらくお店のマスコット、
なつっこいワンちゃんがシッポ振り振りお出迎え!
キャア!かわゆい!食べちゃいた~い!
(思わず電柱にしがみついてヘコヘコ)

そして店に入るとさらにお店のマスコット、
アイドルみたいな容姿の女性スタッフさんがお出迎え!
キャア!かわゆい!食べちゃいた~い!
(ここでヘコヘコしたら犯罪なので必死に我慢!)

店内の調度品からBGMから、
スタッフさんのTシャツにいたるまで、
すべてハワイアンテイストでまとめたオシャレ空間で、
どこかのほほんとした雰囲気が気持ちいい。

紙ナプキンもハワイや沖縄で良く見かける、
SPAMの空き缶に入ってたりして面白い!

メニューは塩と醤油のSOBAに加えて、
そのスパムを使ったおにぎりとのセットなんてのも。

でも今回はてらみん部長が絶賛していた、
「オニオンチャーシュー丼」と「塩SOBA」のセットをチョイス。

セットだとなんと20円も安いんだね!
浮いた分は将来のハワイ移住のために貯金しておこーっと!

丼を湯煎するのはもちろん、
注文ごとにチャーシューを切って茹で湯の上で温めるなど、
ひとつひとつの所作が丁寧なのはさすが『ちゃぶ屋』イズム。
カイワレや糸唐辛子も乗せられて彩りも賑やか。

すっきり透き通った琥珀色のスープは、
シンプルに鶏と魚介の風味を引き立てたような、
塩加減も程よい優しい味わい。

しかし鶏挽き肉から出るコクや旨味、
柚子の香りやピリ辛感も徐々に染み出てきて、
じわじわと重奏的に味が広がっていくので実に面白い。
まさにマヒナスターズの演奏のような!(例え下手)

麺は軽い手もみの付いた細ストレート麺で、
全粒粉入りなのか茶色いドットがかなり目立つ。

噛みごたえを重視したような、
コリコリッとしたエッジの立った食感。
素朴な小麦の風味も申し分なし。

チャーシューは箸で持てないくらいホロホロで柔らかい。
脂身が舌の温度でとろけるよ~!マハロ~!

揚げネギで味付けされたメンマも、
たっぷり入っているのが嬉しいよ~!アムロ~!

DSC02270.jpg

こちらがセットの「オニオンチャーシュー丼」。
大きめのコーヒーカップに入ってくる。

DSC02271.jpg

とろけるようなチャーシューを角切りにしたものが、
甘いオニオンペーストとガーリックが効いた、
タレとともにご飯にオン。

甘辛いタレがしっかりご飯に染み込んで、
濃いめの味付けなのがいいね!
端麗な「塩SOBA」とのバランスも良いように感じた。

店主さんのラーメンへの愛情、
そしてハワイへの愛情を充分に感じ取れる良店でした。

俺も将来はワイキキビーチから夕日を眺めながら、
チチをゆっくりと飲み干すような、
優雅なセカンドライフを送りたいなぁ…。

まぁハワイ行った事ないんですけどね!
(ヤシの木にしがみついてヘコヘコ)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ヘルニア気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。