拳ラーメン@丹波口

DSC02619.jpg

2012年7月31日/拳ラーメン/丹波口/
塩系拳ラーメン/750円


帰りの新幹線まであと一時間!
京都でのラーメン行脚もいよいよ佳境どすえ~!

ラストにいただく予定のお店は、
先ほどの『山崎麺二郎』からひと駅の場所なので、
思い出作りも含めてブラブラと歩いていってみることに。

DSC02618.jpg

京都駅からもひと駅の丹波口駅から、
線路と青果市場の間の道をしばらく南下した先にお店発見!

まず何より『拳ラーメン』っつー屋号がカッコいい!

まさに拳ひとつでこの地位を築いた、
俺様にピッタリのラーメンっちゅうわけやな!
オニいいよー!オニー!(鶴太郎)

どうやら元々は『こぶ志』というお店だったようだが、
そのリニューアル店舗らしい。

厨房を囲むカウンターに広く取ったテーブル席もある、
屋号にそぐわぬビストロみたいなオシャレな雰囲気。

メニューは基本の塩系と醤油系に加えて、
新作の「牡蠣塩ロックつけ麺」に「秋刀魚節醤油つけ麺」がチンだ!
さらに「汁なし担々麺」に「黄金鶏和え麺」がボディだ!
あげくに限定の「出汁系冷製オマール海老ヌードル」がボディだチンだ!
とどめに「鶏と九条葱の和え麺」でノックアウトだ!

なんじゃこの悩ましいメニュー構成は!
ラーツ部員!今すぐ荷物をまとめて京都に集合!

とはいえ限定に手を出していたらキリがないので、
無難に「塩系拳ラーメン」で判定勝ちを狙う作戦に。
オニー!いいよー!

DSC02620.jpg

まずその特注の器に驚き!

シチュー皿のように広がった縁の部分に、
赤字で殴り書きされた「拳」の文字!

その拳の字の上に低温調理されているため、
すぐ熱が入ってしまいそうなピンク色のチャーシューを、
一旦救出&マウスtoマウス!

DSC02621.jpg

澄んだスープはあっさりしてそうな見た目に反して、
鮮魚の香りが強く出たかなりの魚力。

そこにほんのり香り付け程度に、
オマール海老の風味を移した海老油を浮かべてあり、
それが独特の香ばしさを醸し出している。
こりゃおもしろ旨いな~!

茶色い粒々が無数に見える中細麺は、
丁寧にじっくり手もみしてから茹でられている。

透明感のあるスルッとした食感だが、
全粒粉がプチプチと跳ねるような感覚があり、
噛んでいて非常にアッパーな気持ちになってまいります!

ビーチサイドに救出したチャーシューは、
なんと塩釜焼きの手法で調理されているらしく、
ムチムチしつつもしっかり脂を残していておいしい!

あとはメンマに味玉半分、
それにチンゲン菜と刻んだ春菊、糸唐辛子といった、
脇役陣もしっかり丼の中での意図を感じられて面白い。

こうなると俄然その他のメニューも気になるわけだが、
胃袋も限界だし何より新幹線に間に合わない!

というわけで結果は俺の完全なるKO負け!
このまま前人未到の13度連続正解王者防衛を目指してください!
ちょっちゅね~!

--------------------

★2012年7月のトータル杯数/33杯
★2012年の通算杯数/159杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,410杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑私は子供が嫌いだ!気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

山崎麺二郎@円町

DSC02617.jpg

2012年7月31日/山崎麺二郎/円町/
らーめん/650円


京都麺行脚もいよいよラストスパート!
京都のみんな~!ラストまでぶっとばしてこうぜ~!
(イメージとしてはももクロちゃん)

「Z女戦争」の衣装に身を包み、
京都駅から嵯峨野線に揺られて一路円町駅へ。
(乗客からはひっきりなしのかなこぉ↑↑コール)

もともとは蕎麦屋だったという店主さんが心機一転、
上本町『麺乃家』での修行の末に独立したという、
異例の経歴を持つ『山崎麺二郎』を訪れてみた。

ちなみに「山崎」の正しい表記は立に可のほうね!
DTP業界で言うところの「たちさき」ね!
中日の山崎武司やオリックスの山崎浩司と同じ方ね!
ちなみにソフトバンクの岩崎は違う崎だから間違えないでね!

DSC02615.jpg

DSC02616.jpg

店頭の大きな「麺」の提灯がなければ、
それこそ日本蕎麦屋さんと間違えられそうな和の佇まい。

しかし18時の開店時間直後にも関わらず、
カウンターはなぜか大学生くらいの兄ちゃんばかりで占領され、
ちょうど満席で待ちが発生している状態で、
なんだか店側の思惑と客層がズレてるような印象…。

Bコースのハブにちょっとだけ似てる、
ポロシャツ姿の店主さんとかわいい奥様?の二人体制。

メニューは「らーめん」と「塩らーめん」「つけめん」に、
各種トッピングのみという潔さ。

しかしそれぞれのメニューごとに、
すべて違うタイプの麺を自家製しているらしい!
さすが麺二郎はん!往生しまっせ!

ひとつひとつの丼を丁寧に仕上げるため、
サーブまでにはややゆっくり。

醤油の色濃いスープはやや甘口で、
鶏をベースに鰹や昆布の旨味を凝縮したような、
上品な和風ダシをブレンドしている。

そのキリリとした佇まいは確かに蕎麦ダシに近い感じで、
胡椒より七味が合いそうな風情ですな。

啜っても引っかかりを一切感じない、
滑らかでしなやかな中細麺は、
やや平打ちで喉越しも気持ちいい。

チャーシューはジューシータイプとムチムチタイプの2種類。
そしてメンマではなく煮タケノコは、
繊維の向きが横になるように切ってあり食べやすい。

学生の下校のタイミングとぶつからなければ、
大人モードでゆっくり腰を据えていただけそうな一杯。
つか君たちはマクドでポテトでもつまんでなさい!
(おもいっきり若者への偏見)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑私は子供が嫌いだ!気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天下一品 京都北白川総本店@一乗寺

DSC02599.jpg

2012年7月31日/天下一品 京都北白川総本店/一乗寺/
屋台の味(並)/680円


京都聖地巡礼その2!

あの全国を席捲する人気フランチャイズ店、
テンイチの総本店を目指します!

あまりに神聖な場に足を踏み入れるとあって、
まず鴨川でじっくり沐浴して身を清めてから出発!
(川床からは好奇と軽蔑の視線)

DSC02596.jpg

『ますたに』からチャリで北上すること約15分、
様々な飲食店が軒を連ねる街道沿いに、
原色ギラッギラのひと際目立つ看板を発見!

DSC02595.jpg

DSC02597.jpg

思わず世界遺産でも訪れたかのように、
感動の面持ちでしばし店外をあちこち記念撮影!
明らかに警戒した様子でこちらを見る地元民!
通報上等です!緒方直人です!(世界遺産つながり)

画一化された店構えの都心の店舗と違って、
やはり総本店は風格すら感じる広々とした造りで、
ゴチャゴチャと張り紙やポスターが貼られまくった店内も面白い。

看板娘のベッキーともやたら目が合っちゃって、
ひょっとしてこれって恋の始まり!?
でも君ってメガネがちっとも似合わないからごめんなさい!

卓上にはもろもろの調味料に加えて、
特製の辛子味噌や辛ニラなんかも置いてある。
これって他の支店にもあったっけ?

DSC02598.jpg

メニューはクラクラするほど多彩で、
もちろん「中華そば」のあっさりこってりが主軸なのだが、
せっかくわざわざ総本店に来たっつーことで、
屋台時代の原点の味という「屋台の味」をチョイス!

ニンニクの有無を聞かれたので、
もちろん京女がドン引きするほど入れてもらいます!

屋号が染め抜かれた真紅の丼の中には、
天一伝統の鶏白湯スープがなみなみ。

アンセムである「こってり」と比べると、
より鶏の強い旨味がダイレクトに舌に届き、
野菜類は奥に引っ込んだような印象。

いわば「あっさり」と「こってり」のちょうど中間くらいの感じで、
重たいスープがあまり得意じゃない、
金髪胃弱野郎の身には非常に食べやすい。
ニンニクと唐辛子も結構効いててパンチも充分!

麺は細麺と普通麺から選べるのだが、
オススメを聞くと細麺は博多ラーメンが好きな人向けらしいので、
だいたい想像がついたので普通麺をチョイス。

やや角ばっていてハリがあり、
プルプルもちもちした食感のまさに王道の中華麺。

具は通常の「中華そば」と同じ、
しっとり気味のペラチャーシューとメンマ、九条ネギ。

チャーシューとネギで麺を巻き、
一気に啜れば口の中はベッキー一色!
ちなみに歌手活動の際は「ベッキー♪#」なのでお間違えなく!

そして途中で投入した辛ニラに感動!

芯はキュッとしっかり詰まった歯ごたえがあり、
葉の部分は新鮮でシャキシャキ、
嫌な辛さや臭みは一切なく心地よい苦味と辛味に溢れてる!

オラこんな旨いニラを食べたの初めてだ!
さすが京野菜のお膝元じゃないね!
とか思ってたらニラって別に京都特産じゃないのね!ズコー!

DSC02600.jpg

何はともあれ総本店を攻略できたことで、
またひとつ天一レベルが上昇したぜ!
竜王を倒しに行ける日も近いです!緒方直人です!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ひまわり娘気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば ますたに 今出川本店@元田中

DSC02594.jpg

2012年7月31日/中華そば ますたに 今出川本店/元田中/
ラーメン並/600円


さぁ!泣いても笑っても、
通りすがりの舞妓さんにぶぶ漬けを投げつけられても、
いよいよ今日が京都滞在最終日ですよ!

本日のテーマは「聖地巡礼」!

レンタサイクルで京都の町並みを楽しみつつ、
老舗中の老舗ラーメン店を礼拝して回るという、
スピリチュアル好き女がシッポ振って喜びそうな、
パワースポット巡り的麺行脚にございます!

しかしまずはその前に、
昨朝の『新福菜館』に続き朝ラーメンとしゃれこみましょう!

もちろんターゲットはその『新福』のすぐ隣にある、
こちらも老舗の『第一旭』に決まってるでしょうがー!
はだけた浴衣姿のまま店までダーッシュ!

DSC02592.jpg

DSC02591.jpg

どーーーん!どんどーーーん!!!

昨日だけで4軒も振られているというのに、
まだ神様はオラを許してくれねぇのか!
もうこの世は神も仏もねぇよ!人間死んだらただの土と灰だ!

きびすを返してホテルにダッシュで戻り、
ヤケクソで爆音でペイチャンネルを流しながら、
ベッドでシクシク泣き崩れること小一時間。
(壁をガンガンにぶん殴る隣の部屋のオヤジ)

ようやく涙も引いたのでホテルをチェックアウトし、
駅前で一日1,000円のレンタサイクルを借り、
優雅に晴天の京都の街をポタリングスタート!
なーんだ!気持ちいいじゃないか!

すっかり機嫌も直りつつ走ること40分、
今出川通りと並走する川を挟んだ向こう側に、
本日第一のお目当て『ますたに』の赤い庇を発見!
あぁ神々しい!まぶしい!

DSC02593.jpg

東京の日本橋にある支店には、
何度となく食べに行った記憶があるのだが、
都心の一等地に建つ東京店とはまるで雰囲気の違う、
いかにも「町のラーメン屋さん」風のたたずまい。

真紅のカウンターが映える店内では、
割烹着姿のおばちゃん達がナチュラルビューティーに接客、
そして動物系のスメルがぷんぷん!期待値アップ!

「通しまーす!」の合図とともに、
次々とラーメンが出来上がっていくが、
店の窓際の奥まった場所に厨房があり、
調理の様子は客席からはまったくうかがえない。

そんな感じであっという間に供された念願の「ラーメン」は、
背脂がギッシリ表面を覆う王道の京都ラーメンスタイル!
これこれ!これが食いたかったのよ!

いかにもこってりしてそうに見えるビジュアルだが、
見た目に反してスープはさっぱりテイスト。

100%鶏ガラのみのコクのあるダシに、
豚の背脂の何ともマイルドな甘みが加わり、
さらに底に沈んだ唐辛子ダレが徐々にピリ辛感を増して、
終盤の味をビシッと引き締めてくれる。

麺はちょい柔らかめに仕上げられた、
色白で細めのストレートタイプ。

しかし一見華奢な見た目なのに反して、
粘りのあるモッチモチの食感でビックリ!

芸能人で例えれば吹石一恵!
ほっそいのに出るとこは出てる感じ!
いっしょぉ~けんめぇ~し~ら~し~んけ~ん♪

チャーシューはホロホロに柔らかいのが景気良く3枚。
メンマに九条ネギの脇役勢も、
京都ラーメンにはなくてはならない存在!

大満足で店を出て余韻に浸っていると、
なんと店内ではまったく見えなかった厨房にいる店主の姿が、
擦りガラス越しにボンヤリと拝めちゃうではないか!
何この見えそで見えないエロチシズム!

あとでジャンプの裏表紙の通販で、
モザイク除去機買って丸見えにしちゃうかんなー!
(結局まったく機械は役に立たず未遂に終わる)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ポニー気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天天有 ひるまや@一乗寺

DSC02587.jpg

2012年7月30日/天天有 ひるまや/一乗寺/
煮干豚骨らーめん/650円


『すがり』でゾーモツ充を果たした後は、
いったんホテルに戻って夜麺2杯目のセルフ検討会議。

持参した関西ラーメン本と、
最新鋭のiPadを駆使して情報を精査し、
かつ自らの胃袋と対峙してコンディションを確認。
いける…今のこの腹具合なら…夢を語りにいける…!

そう!京都が誇る二郎系ラーメンの雄、
『ラーメン荘 夢を語れ』に今なら行けるぞ!

しかし定休日に関する情報が錯綜しており、
第1日曜だったり月曜だったりとイマイチ確証が持てないが、
悩んでても始まんないのでとりあえず出かけちゃえ!
こういうのバカの力って言うんでしょ養老先生!

DSC02577.jpg

DSC02578.jpg

地下鉄の出町柳駅からテクテクと地下を歩き、
叡山電車という素朴なローカル線に乗り換えて一路一乗寺へ。

DSC02579.jpg

御多分に漏れずこの電車にも萌えキャラが!
この娘は加茂川マコトちゃんって言うんだって!
まずはお友達から始めてください!グワシグワシ!

一乗寺駅から東京では考えられないような、
真っ暗な住宅街を10分ほど歩いてようやく到着。

さぁ果たして『夢を語れ』は開いているか!
イチかバチかどっちじゃコラー!

DSC02581.jpg

バチだったー!!!

DSC02584.jpg

はいこれいま現在の営業形態ね!
オレが人柱になったからみんなは安心だねー!

でもまぁある程度は覚悟の上だったし、
一乗寺はリカバリ店が本当に多いのでショックは少なめ!

次なる候補は京都ラーメンの老舗『高安』!
こちらは年中無休という情報も掴んでるし無問題!
カヒミカリィばりのハミングしながら今来た道を引き返すじょー!

DSC02580.jpg

バチー!バチバチーーー!!!

DSC02589.jpg

DSC02590.jpg

フラッシュで反射しちゃったけど読めるかなー?
「換気扇の工事と天井の雨漏りの工事のため8月3日まで休業」
って書いてあるんだよーアハハハハーーー!!!

「毎日休まず営業中」って、
汗までかいてるのにお休みだったよアハハハハーーー!!!

あまつさえわざわざ京都まで来て、
わずか10分足らずで2軒立て続けに振られるというハードパンチは、
一発で輪島レベルのパンチドランカーになれる破壊力!
はいだんごたべてぱ~んとうにゃにゃ~!
(関根勤のモノマネを完コピ)

DSC02585.jpg

すっかり心は折れそうになっていたが、
もう気合いだけでリカバリのリカバリに選んだのは、
本来は翌日の「聖地巡礼ツアー」で行くはずだった『天天有』。

DSC02583.jpg

先ほどの『夢を語れ』のすぐ隣なので、
営業してるのは確認していたのでやむなく妥協することに。
明日の予定狂っちゃうからまたリスケしないとなぁ…。

しかしこちらも京都のラーメンを語る上では、
外すことのできない名店中の名店!

鶏をたっぷり使った白湯の中華そばがメインだが、
最近は昼のみ煮干し豚骨ラーメンの『ひるまや』として、
二毛作営業にもチャレンジしたりしていて、
老舗とはいえ日々進化は怠っていない様子。

店頭の券売機で「らーめん」の食券を買い、
入口横の待ち合いスペースでグッタリと席が空くのを待っていると、
どうも店内の様子がおかしい事に気付く。

なぜ券売機のラーメン写真は鶏白湯じゃないんだ…?
先客が食べてるラーメンも明らかに違うじゃない…?
つかさっきから店内に漂うこの煮干しの香りは…?
まさか…まさかまさか…!!??

ハッと現実に立ち返り店員のおばちゃんに、
「すいません!今日は天天有じゃないんですか!?」と尋ねると、
「こちらの張り紙のとおりなんですよ~」と、
顔色ひとつ変えずにおばちゃんから悪魔のひと言…!

DSC02588.jpg

あぁ…なんと『天天有』としての営業は、
7月30日~8月1日まで早すぎる夏休みとなっていて、
その間は夜も『ひるまや』としての営業なんだってさ…。
だから鶏白湯は食べられないんだって…さ…。

死にたい!もう麺をノドに詰まらせて死にたい!

もうなんか完全に気力が萎えてしまって、
細ストレート麺か太ちぢれ麺か選べたらしいが、
どっちを頼んだのかもあまり覚えてないや…。

店のオヤジさんからドカッと豪快にサーブされた、
うっすら濁ったスープの「らーめん」は熱々で、
ライト気味な豚骨スープに苦い煮干し油が覆っていた…はず…。

麺はストレートでカンスイの黄色みが強く、
モソッとした食感だった…はず…。

チャーシューは確か柔らかくて、
メンマ代わりにヒメタケノコが入ってた…はず…。

昼の『宝屋』も含めたら、
前代未聞の一日4軒に振られるという異常事態に、
俺の脳はもう完全にフリーズ&再起動も効かない状態で、
正直どんな味だったかはっきり覚えてません!

あと記憶に残っているのはもう、
テレビのボリュームを最大にしてペイチャンネルを観ながら、
一人ホテルの小部屋で全裸で泣きながら、
ヤケ酒をあおる己の姿だけです!すいませんでした!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑京都の夜は涙に濡れて…気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

和譲良麺 すがり@四条

DSC02571.jpg

2012年7月30日/和譲良麺 すがり/四条/
もつつけめん1.5玉/880円


『宝屋』がとっくに閉店していたとも知らず、
ノコノコと京都随一の繁華街・先斗町までやって来てしまった、
うっかり母さんことこむら代表。

予定が狂って時間がポッカリ空いてしまったが、
こんな時に豪気な男衆なら先斗町でシッポリ遊ぶんだろうけど、
そんな勇気も財力も持ち合わせていないので、
なんとなく街をブラブラして時間をつぶす。

とはいえさすがに涼みがてらだとしても、
OPAの中にあるブックオフで中古CDをボンヤリ見てる時は、
「オレ京都まで来て何してんだ」感がぬぐえなかったよ!

そうこうしてるうちに夕方も過ぎたので、
ホテルでシャワー浴びてから夜麺に出発じゃー!

散歩がてらブラブラと20分ほど歩き、
向かったのは昼に食べた『高倉二条』のネクストブランド。

DSC02568.jpg

車も通れないような細い筋に、
木造の雰囲気のいい小料理屋さんが並ぶ四条の裏通り、
つけ麺が話題の『すがり』はその一角にある。

DSC02567.jpg

見よ!このラーメン店とは思えない重厚感を!
普通は中尾彬クラスじゃないと入れない店だよ!志乃!

DSC02569.jpg

DSC02570.jpg

さらに間口の小さな引き戸をくぐると、
券売機までの動線に趣きのある長い通路があり、
さらに風情のある中庭を経由してお店に入る。

その店内も古い家屋を改装したという、
木の風合いをそのまま活かした味わいのある雰囲気で、
柔らかい照明も相まって非常にくつろげる空間。
こりゃぜひ京美人とゆっくりパイイチやりたいところですな!

お冷やのお茶を蕎麦猪口で飲ます感じや、
麺を全粒粉麺とゆず太麺から選べるあたりは、
先ほどの『高倉二条』と同じシステム。

メニューは「らーめん」と「つけめん」とシンプルだが、
牛モツや黒毛和牛肉のトッピングが人気。

もちろんゾウモツーとしては気になる「もつつけめん」を、
今度はゆず太麺でいただきます!

バットでモツをバーナーで炙るたびに、
その香ばしい匂いが立ち上がってきて腹が減るホソ〜!

熱々の鉄鍋で供されるつけ汁は、
『高倉二条』と同じく旨味やコクは深いが、
濃度はほどほどでしつこくない豚骨魚介。

そこに少しの酸味辛味が加わり実にバランスがいい!
個人的にはかなり好みの濃度っす!

そしてやや灰色がかった平打ちの全粒粉麺とは対照的に、
ゆず太麺は色白ツヤツヤのまっすぐストレート。

そのままつけ汁につけずに食べてみると、
確かに噛むたびに爽やかな柚子風味が広がるが、
つけ汁と一緒だとやや引っ込んじゃうかな?

ツルツルしてるけどしっかりしたコシがあり、
グッと歯を押し返すような食感で美味しい。

DSC02573.jpg

そしてつけ汁に沈んだモツは、
東京では耳馴染みのない「ホソ」という部位だそうで、
ひと口大にカットされたものが5切れほど。

皮目は弾力があり脂身はプルプルで、
嫌な臭みなど皆無でこれは上等品ですわよー!

連食予定じゃかければコイツをご飯に乗せた、
サイドメニューの「モツ丼」をどれだけ追加注文したかったか!

モツ以外の具は茹でキャベツと、
さらに麺の上に2種類のネギとニンニクの芽。
このネギはやっぱり九条ネギなのかしら?

白髪ネギに一味をちょっとかけて単品で食っても旨い!
醤油ダレが染みたトロットロの煮込みネギもたまらんたまらん!
もう九条ネギ無しでは生きられない!
ローンを組んで一生分の九条ネギを買い占めたい!

スープ割りは和風ダシでさっぱり。
山椒を振っても味が引き締まる。

DSC02574.jpg

店を出るととっぷりと日が暮れていて、
店の雰囲気はさらに味わい深い印象に変わっていた。

ここに舞妓さんの一人でも歩いていたら、
最高に映える景色になるんだろうけど、
そこにいたのは休憩中に彼女に携帯で電話してる、
居酒屋のバイトの兄ちゃんだけでした!

来週の休みはドライブに行くんだって!
悔しさと羨ましさで俺のホソが急性腸捻転!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ねじれたホソ気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺や 高倉二条@烏丸御池

DSC02558.jpg

2012年7月30日/麺や 高倉二条/烏丸御池/
らーめん/680円


代官山のカフェあたりで優雅にいただくような、
胚芽パンにサラダ、ハーブティーあたりのブレックファーストとは対極の、
真っ黒中華そば&ヤキメシの朝飯をかっ喰らった京都初日の朝。

午前中ホテルの部屋でグーグー寝ていると、
突然掃除のおばちゃんが合鍵でズカズカ入ってくるという、
予想外のハプニングに見舞われはしたものの、
予定通り正午ちょっと前に再び京都の町へ。

新手のコールガールかと思ったわマジで!
(コールガールは掃除道具はぶら下げてません)

お目当ての『高倉二条』の最寄り駅までは来たが、
あえて地図は見ずにブラブラと散歩する。

碁の目状に小路が張り巡らされたこの辺りも、
昔ながらの長屋造りの古民家や、
それを改装したカフェやお土産店などが軒を連ね、
いかにも京都らしい風情たっぷりの様相を呈している。

中学の修学旅行の頃とは違い、
いっぱしの大人(38歳児)になってからのこの景色、
やはり感受性が豊かになって受け取り方も全然変わってくるもんです!

「木造だとシロアリとか超大変そうじゃね?」
「つかすきま風とか入ってきたりしねぇの?」
「あのカフェの店員のお姉ちゃんマジかわいいんスけど!」

どうだい?オトナだろう?
(でんでんの「カッコいいだろ?」の感じで)

DSC02556.jpg

そんな趣きのある町の一角に、
ふわりと鰹の香りを漂わす『高倉二条』を発見!
外観はまるで日本蕎麦屋か料亭のよう!

DSC02557.jpg

しかしラーメン店のアイデンティティーを誇示するかのような、
「豚骨魚介」のでっかい赤い提灯が圧巻!
こうして書かれるとなんかの四字熟語に見えなくもない!

中はアール状に厨房を囲んだカウンターのみで、
京都の名店としては予想以上にこじんまりした感じ。

お冷やのお茶を蕎麦猪口で飲ませたり、
麺茹でもタイマーではなく砂時計で計ったりと、
そこかしこにおしゃれセンスを垣間見させるファクターが。
こういう心遣いがモテる秘訣なんだぞ俺!

メニューはシンプルに「らーめん」と「つけめん」、
それに各種トッピングのみ。

ちなみに「つけめん」は全粒粉麺か、
新作の「ゆず太麺」から選べるらしい。
まぁ「らーめん」にしちったから関係ないけど!

トロッとしたスープは提灯のとおり、
ありふれた定番の豚骨魚介だが、
豊かな魚介風味がとても上品でしつこくなく、
凡百なそれとは明らかに一線を画する出来。

卓上には一味、山椒と、
つけめん用のガラムマサラが置いてあったので、
途中で山椒をパラリとしてみたがベストマッチですな!

全粒粉を4割以上も使ってるという、
細かいドットが目立つ細めのストレート麺は、
ボソリとした食感も風味もほぼ蕎麦のよう。

こういうスープとの組み合わせはあまり見ないけど、
上品同士でうまく高めあってるような印象。

チャーシューは脂がトロリと溶ける柔らかさ。
あとはメンマとネギだけという潔さ。

まさに京都のイメージを崩さない、
はんなり美人ならーめんで大変満足いたしました!

さぁ!お次は上品なラーメンつながりで、
コンソメ風味の「すましらーめん」で有名な、
『宝屋』を目指して先斗町へと参ろうではないか!

…がしかし探せども探せども、
地図どおりの場所に店が見つからない!
疑問に思ってらーめんナビを調べたらなんと閉店してたー!
京都でも花道炸裂でございまーす!!!

あまりに同じ道をウロウロしてたから、
風俗の呼び込みに勇気がない男だと思われたらしく、
「大丈夫ですよ!明朗会計ですよ!」とか誘われたけど、
俺には掃除のおばちゃんがいるからお断りだコラー!
(おばちゃんすいませんでした)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑まだまだ続く花道三昧気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば 新福菜館 本店@京都駅

DSC02551.jpg

2012年7月30日/中華そば 新福菜館 本店/京都駅/
中華そば(小)+ヤキメシ/550円+500円


京都の皆さんおはようさん!
こむ奴が遠路はるばる京都に来ましたどすえ〜!
(大量に浴びせられるぶぶ漬け)

2日間の大阪出張を終えたものの、
このまま仕事だけで帰るのも新幹線代がもったいないので、
ついもう2日延泊して京都にやってまいりました!
もちろん目当ては京都ラーメン!

滞在初日の朝は7時にはカキーン!と起床!
まずは優雅にブレックファーストとシャレ込みましょう!

京都でブレックファーストといったらこれでしょうよ!
そう!『新福菜館』の中華そばですよ奥さん!

アクセスするのが楽チンだという、
ただそれだけの理由で店のすぐ裏のホテルを抑えるほど、
今回の聖地巡礼には並々ならぬ気合いが入ってます!

DSC02550.jpg

実は知人の結婚式で京都を訪れた際、
一度だけ来たことがあるので実に10年ぶりくらいの再訪。

改装してカフェ風の店舗になってたりしたらどうしよう…と、
いらぬ心配をしながらイソイソ店に向かうと、
以前と寸分違わぬ姿で朝7時半から元気一杯に営業していた。

DSC02554.jpg

ちなみに店のすぐ左隣にも、
老舗の名店『第一旭たかばし』が密接して建っていて、
こちらは何と朝5時から営業してます!
明日の朝食はもちろんこっちを狙ってます!

油でツルツル滑るレンガ作りの床、
店頭に根拠なく置かれた瓶コーラの自販機、
着席と同時にスッと差し出されるデイリースポーツ…。

まるで店の中だけ時が止まっているかのように、
なーんも昔と変わってねぇ!感動!

朝っぱらから来たのは初めてだが、
驚くほど続々とお客さんがやって来る。

しかも女性のひとり客が多くて驚き!
おそらく修学旅行かなんかの添乗員さんか、
はたまた新幹線のグリーンアテンダントさんか…?

忙しいお仕事大変ですね!
リンパマッサージくらいのご用命であれば、
いつでも馳せ参じますので気軽にお電話くださいね!
(オプションも多数ご用意しております)

常連にならって「中華そば」の小をネギ多めで、
もちろん調子に乗って「ヤキメシ」も注文しちゃうもんね!

DSC02553.jpg

はい来たー!!!

久々にこのツーショットを拝めただけで、
もう国旗を振って万歳三唱したくなるほど感動&感涙!
神々しい!まぶしい!熱いヤバい間違いない!

知らない人はギョッとする真っ黒スープだが、
実は油もほとんど浮いておらず、
見た目に反して適度な塩加減なので、
全然余裕で朝からいけちゃうテイストなのよ。

深みのある焼豚煮汁ベースの醤油ダレの香りに、
じんわりとコクのある豚骨鶏ガラスープの組み合わせは、
老舗ならではのシンプルでホッとできる味。

改めてこうして食べてみると、
いかに老舗であればあるほどスープの味付けが、
シンプルで飽きの来ないバランスなのかが実感させられる。

「毎日でも食えちゃうよ!」と思わせられるかどうかが、
長命の秘訣だと思うんですがどうでしょうか先生!

真っ黒スープに染まって、
もはや茶色くなってる中細のストレート麺は、
ゴムのようにビヨビヨ伸びるような、
独特のコシと粘り強さを持っているオンリーワンな食感。
小でもけっこうボリュームありますぜ!

薄くスライスされたチャーシューは柔らかく、
脂がしつこくないので食べやすい。
これで麺やモヤシを巻いて食べるのもアリ!大アリ!

そしてやはり本場の九条ネギはひと味違うね!
辛味苦味は強いけどとても上品!

もはや九条ネギは大好物ランキング5位圏内には入るね!
いっそ名前を「九条葱之助」に変えたいくらい!
区役所に提出したら鼻であしらわれたけど!

DSC02552.jpg

そしてお茶碗2杯分くらいはありそうな「ヤキメシ」は、
中華そばと同じ醤油ダレで炒められているので、
もちろんスープとの相性は抜群。

しっとりふっくらとした米の甘みと、
焼かれた醤油の香ばしい匂いが絡まり、
もう死んでないのに死後硬直するほど旨い!

それにしてもホール担当のお兄ちゃんは、
たけし軍団のガンビーノ小林ばりの強面だが、
観光客にもフレンドリーに話しかけてくれたりと、
大変優しい接客で感心させられる。

食事中にちょっとむせただけで、
その1秒後にはティッシュの箱がテーブルに置かれていたりと、
隅々まで目をこらして気配りしてるの!もう抱かれたい!

老舗のホスピタリティの高さを、
まざまざと見せつけられた清々しい朝でございました!

んじゃホテルに戻って早急に二度寝しますね!
おやすみ舞妓さん!

※その後、掃除のおばちゃんが勝手に合鍵でドアを開けて、
 部屋に入ってきてしまうというハプニングあり(実話)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑平謝りのおばちゃんと寝ぼけた俺気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0071.jpg
↑無化調ラーメンをこよなく愛する方へ贈る!
 『鬼平無化調』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報