醤油らーめん いるか@竹ノ塚

DSC02745.jpg

2012年8月31日/醤油らーめん いるか/竹ノ塚/
ラーメン/650円


ふおぉ…もう8月も終わりとな…!?

来たるべき厳しい寒さに向けて、
しっかりと脂肪をたくわえておかなければ冬が越せない!
麺や麺や!麺食いに行きなはれー!油飲みなはれー!

そんな冬眠王子がイソイソと向かったのは足立区竹ノ塚、
何やら醤油ラーメンの評判がいい『いるか』さんです!

DSC02744.jpg

竹ノ塚の駅のロータリーがあるほうの反対側、
「エミエルタワー」のすぐお膝元。

ちなみに車の場合は目の前の西友の駐車場が、
1,000円買えば一時間まで無料なので、
TENGAの2本も買えばお得に停められるのでオススメです!
(西友にTENGAは売ってません!)

屋号が『いるか』なんてかわいいネーミングだから、
てっきり「いつかイルカと一緒に泳ぐのがボクの夢なんだ!」とかの、
ピーターパン症候群丸出しの半ズボン店主なのかと思ったらさにあらず!

はたまた原宿の路地裏の怪しいギャラリーで、
エロい女店員に強引に買わされたラッセンのリトグラフが、
悲しげに飾られてるのかと思ったらさにあらず!

店内の壁にはラッセンどころか、
洋楽ロックのレコード盤やジャケットをディスプレイしてあったり、
HIP-HOP系ミュージシャンのポスターが貼ってあったりと、
かなり音楽の趣味が色濃く出た雰囲気。

イルカつながりでおかっぱ頭にオーバーオールで、
なごり雪を熱唱しながら入店した自分は、
完全に70年代に取り残されてて違和感ありあり!
やーだーもー時代遅れー!中津川に帰りたーい!

キャップ姿の店員さんもいかにも音楽が好きそうな、
悪そうな奴は大体友達チックなお兄ちゃん二人だが、
物腰が低く接客は非常に丁寧で思わずギャップ萌えしそう!

メニューはシンプルに「ラーメン」と「つけめん」のみだが、
つけめんは「和風」と「超濃厚」の2パターンある。

「ラーメン」はクリアな醤油スープに油がキラキラと輝き、
いかにも旨そげなビジュアルをしてやがるぜ!

豚鶏ミックスのコクのある動物系を軸に、
鰹メインの魚介風味を華やかに効かせ、
後味に昆布の甘みもフワッと広がるそのスープは、
実に多層的で味に厚みがあって美味しい!

昆布が強いスープってえてして甘味や旨味が過多で、
後半に飲んでて舌が疲れてくるケースも多いんだけど、
これはうまくバランス調整が取れてて飽きない。
いいよー!いるかいいよー!

カネジン製だというストレート細麺は角張った形状で、
しなやかでコリッとした歯ごたえがある。

ただこの日は若干歯肉炎気味だったので、
芯の強い麺は噛むのにひと苦労!
こうして人は老いさらばえていくのであります!

チャーシューは部位の違うタイプが2枚乗り、
ともに肉味(にくみ)が強いワイルドなタイプ。
極太メンマはゴリンゴリンでこれまた噛むのが大変!

笹がきのネギにカイワレを和えて、
さらに仕上げに柚子を添えるなど細かい仕事も丁寧ね~!

帰りには出入口を開けてお見送りしてくれたりと、
ホスピタリティは文句無し!素晴らしい!

良くしてくれたお礼にこのラッセンのリトグラフを特別に譲っちゃう!
今回だけは大特価の5万円だ!持ってけドロボー!
(イルカに乗って颯爽と退場)

--------------------

★2012年8月のトータル杯数/26杯
★2012年の通算杯数/185杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,436杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑城みちる気分でポチッと押してくださいませ~
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

燕三条系 にぼ兄弟@吹上

DSC02742.jpg

2012年8月26日/燕三条系 にぼ兄弟/吹上/
濃厚煮干し中華そば(並→大盛)/750円


『来集軒』で日本一の川幅を堪能した後は、
なぜか中山道を東京とは反対方向へ逆走!

次のお目当ては吹上という駅の近くなはずなのだが、
行けば行くほど道の周りは真っ暗になってきて、
えもいわれぬ不安と猜疑心にさいなまれそうになった瞬間、
ようやく『にぼ兄弟』の文字を発見!

DSC02741.jpg

プレハブの表面にだけ板を打ち付けたような、
なかなか強引な造りの外観には看板もなく、
プリントアウトしてパウチした文字が貼り付けてある。

屋号の『にぼ兄弟』はやっぱり「異母兄弟」、
すなわちいしだ壱成と理子との子供インスパイアってことでオッケー?
(ピチTを華麗に着こなしながら)

DSC02743.jpg

ちなみにこちらは隣の「つけ麺らーめん研究所」と、
厨房のスペースがつながっているので、
左右それぞれのラーメンも食べることができる。
ちなみにこちら『にぼ兄弟』は燕三条系ラーメンでげす!

年期の入った薄暗いカウンター席のみで、
隣はなんだかお客さんが多くてワイワイした雰囲気だが、
こちらはナイター中継が静かに流れる中お客は俺ひとりだけ。

寂しくなんか…ないやい!
(ママが作り置きした料理をチンして食べながら)

メニューの基本は「濃厚煮干し中華そば」だが、
さらに豚骨スープの濃度を増した「特濃煮干し中華そば」に、
清湯ベースの「淡麗煮干し中華そば」とバリエーション豊富。

「濃厚煮干し中華そば」は背脂ランクが選べ、
下からチットンベェー、ためしてみっぺ、
いいかしんねぇ、いってくらーと続く。
なんのこっちゃ分からんが背脂気分でいいかしんねぇ!

メガネ姿の店主さんが麺を茹で始めると、
しばらくして「あっ!」と小さな声を上げた。
そしておもむろに申し訳なさそうに「すいません…!」とひと言。

どうも前客の伝票とごっちゃになったみたいで、
なぜか間違えて大盛りの分の麺を茹でてしまったらしい。

「多かったら残していただいて結構なので!」とは言ってくれたものの、
もちろん連食で300gとか絶対食えないっす…!

そして目の前に現れたのが上の写真の洗面器ですよ!
もちろんバッシャバッシャ顔を洗ってからいただきますよ!
(味が移っちゃうからビオレは未使用)

仕上げにスープに投入される背脂は、
なんと炊飯器でホカホカに保温されていた!

どうやらレードル一杯分が1ランクになってるみたいで、
「いいかしんねぇ」だとスープが見えないくらいのかなりの量!

そのスープは魚粉も溶け込みかなり激しい煮干しダシと、
質がいいのかしつこさやもたれが無く甘みの強い背脂が、
ちょうど10対10のイーブンで戦ってるような印象。

かなり背脂の油分でマスクされてしまうので、
より煮干し感を楽しみたいなら、
ランク2の「ためしてみっぺ」くらいがちょうど良さそうだっぺ!

細かく刻んだ生タマネギが、
時折シャキシャキとした食感を加えてくれる。
カイワレの苦味も箸休めにはちょうどいいね!

断面が正方形に近い極太麺は、
啜るとぶるんぶるんとおてんばに跳ねる弾力と、
パツパツとしたコシがありかなり美味しい!

ただ当然食べても食べてもなくならない!
並だったらプレッシャーなくガツガツいけたのに!

分厚くジューシーなバラチャーシューも、
ボリッとしたハードな食感の極太メンマも、
個性だらけのラーメンの中で負けない存在感。

しかし残り2/3くらいのところで胃袋は限界!体力の限界!
結局食べきれず残すことになっちゃいました…。

丹念に煮干しと背脂を育ててくれた、
お百姓さんにこれじゃあ一生顔向けできねぇ!
チットンベェー!チットンベェェェーーー!!!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑チッ豚兵衛気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華料理 来集軒@鴻巣

DSC02737.jpg

2012年8月26日/中華料理 来集軒/鴻巣/
川幅手打ちラーメン/650円


本日も某お仕事は激務のまま幕を下ろし、
一日中ペンを握りまくっていた左手はもうパンパン!
どうせ握るんだったら別のもん握ってたいよなガハハハー!
すいませーん!ホッピー中身おかわりー!

そんなわけでOL風に言うと「自分へのご褒美」のため、
夜麺一発目に向かったのは鴻巣の『来集軒』。

DSC02735.jpg

あの東京・浅草の老舗『来集軒』の流れを汲む店とはいえ、
ご近所さんへの出前も迅速、
ラヲタはまずパスしそうな完全なる中華料理屋さんなのだが、
わざわざこの店を選んだのには訳があるのだ!

DSC02740.jpg

ここ鴻巣では特産物の人形に加えて、
市の西側を流れる荒川の川幅が日本一!という、
なんとも地味すぎるご当地盛り上げキャンペーンの一貫で、
市内の各店舗で「川幅」にちなんだグルメを展開しているんだとか。

そこでこちら『来集軒』さんでは、
その川幅をイメージした「川幅麺」を提供しているのだ!
うーん!説明すればするほど漂うこの何ともやるせない気持ち!

大学生くらいの息子さんが店を手伝う家族経営で、
中華の丸テーブルが並ぶいかにもな街の中華料理屋さん。
法事の親戚の集まりとかに使うような感じ。

メニューは麺類以外にも一品料理も豊富で、
お目当ての川幅麺は「川幅ラーメン」と、
自慢の手打ち麺と半々ずつ盛った「川幅手打ちラーメン」で提供。
んじゃあ半分ずつ食いたいのが人情でしょ!

スープはやや濁りのある醤油色で、
軽く魚介も感じるどこか懐かしい味わいなのだが、
閉店時間も近く煮詰まってしまったせいか、
後味に猛烈に襲ってくるなかなかの獣臭!

味付け自体も非常にシンプルな醤油味ので、
口の逃げ道がなくてこりゃ困ったぞ!

DSC02738.jpg

とかいう不安をすべて忘却の彼方に送るような、
川幅麺が神々しく登場~!

余裕で10cmはオーバーしてそうな幅と、
ワンタンの皮よりちょっと厚いくらいの厚さの麺が、
丼に寝そべるかのように堂々と三本!

ひらひらと舞いを舞うような啜り心地と、
ムチムチとしたなまめかしい歯ごたえで、
とてもキワモノ(失礼)とは思えない美味しさ!

三本とはいえミッチリと密度があるからか、
結構ズシンとお腹にたまっていく。

DSC02739.jpg

一方の手打ち麺は太さも厚さもバラバラな、
喜多方ラーメンを思わせるようなタイプ。
モッチリした歯ごたえがありこちらも美味しい!

クラシカルな味わいのチャーシュー、メンマを頼りに、
なんとか獣臭のプールから麺だけはすべてやっつけて、
川幅グルメを堪能させていただきやした!

そういえばお会計時にいつものクセで、
念のためレジ周りにショップカードがないか探したら、
代わりに屋号の入ったマッチが置いてあったよ!

そういえば昭和の時代ってショップカードじゃなくて、
電話番号とかが入ったマッチだったよね~!
くろやなぎすゎ~ん!!!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑他の川幅グルメは一切知りません気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺房 長谷川@北鴻巣

DSC02734.jpg

2012年8月26日/麺房 長谷川/北鴻巣/
味噌らーめん/630円


埼玉の皆さんごきげんよう。
今週も某お仕事で鴻巣にやって来たシティーボーイです。
(泣く子も黙る0メートル地帯・江東区民だけど)

先週同じ現場での仕事の時はスケジュール管理が曖昧で、
昼飯どころか10分の休憩すら取れないという、
全盛期のピンクレディーみたいな過酷労働になってしまったので、
今回はキッチリ休ませてもらいまっせ!往生しまっせ!

12時になると同時に現場をダッシュで飛び出し、
向かったのは中山道沿いの『長谷川』さん。

チェーン店ばかりの鴻巣の中で珍しい個人経営だが、
各サイトや埼玉ラ本でもいつも上位にランクされている。
コウノサーのお手並み拝見といこうじゃないの!

DSC02733.jpg

ちょっと先まで行けばニトリやラウンドワンがあるものの、
店の周りは見事に工場と畑とラブホテルだけという、
ステレオタイプな郊外のロードサイド店。

しかし席数も豊富なロッジ風の店内は、
地元の人が続々と車でやって来るので程よく埋まっている。

券売機を見ると醤油と味噌に野菜らーめん、つけめんと、
確かにファミリー層のニーズにも応える充実したラインナップ。

店のイチオシは「味噌らーめん」らしいが、
この日は35℃近いバカみたいな酷暑!
でもオススメならばと干からびる勢いで味噌にチャレンジ!

中華鍋で野菜と合わせて一気に焼く、
札幌ラーメンの手法で作られた熱々のスープは、
ライトな豚骨ベースに香ばしい味噌の香りが適度に効いて、
暑い夏でも食べやすいあっさり仕様。

ほんの少しかけられた焦がしネギ油が、
軽やかな香ばしさを与えてくれるのがなかなか面白い。

辛味の成分はデフォではほとんど無いので、
途中で卓上にある煎り唐辛子を投入してみると、
煎ったことによる重たい辛さが加わりグッと味を引き締める。

さらに終盤にカレー粉を投入すると、
思わずご飯が欲しくなる味噌カレーラーメンに大変身!
奥様スターに変身(TBSジャストより)!

こちらも札幌ラーメンの雄・西山製麺の熟成たまご麺は、
強いちぢれとプリプリした弾力のある歯ごたえが、
まさに今、厳寒の北海道にいるかのように錯角する札幌テイスト!
(35℃を越える鴻巣にいます)

チャーシューは薄いがしっかり脂身がありジューシー、
メンマと海苔はまぁただそこにいる存在かな。

炒め野菜は100%モヤシのみだが、
これを「野菜らーめん」にするとキャベツやニンジン、
タマネギなどの彩り野菜が一気に増えるみたい。
しまった!そっちだったな!

突出はしてないものの充分おいしいラーメンで、
ロードサイドで営業する分にはなんの問題もございません!

ニトリで買い物してラウンドワンで遊んで、
ラブホに寄り道した帰りにでもぜひ皆様どうぞ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑HOTEL OZ気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

不如帰@幡ヶ谷

DSC02731.jpg

2012年8月25日/不如帰/幡ヶ谷/
味玉塩そば/850円


久々にヨメを巻き込んでの、
「名店再訪シリーズ」開催を宣言いたします!
(歓声に湧く超満員のスタジアム)

アサリやハマグリなど無類の貝好きで、
ご近所の井戸端会議でも「あの貝の人」などと呼ばれているヨメに、
どうしても一度食わせてみたかったラーメンがあるわけで!
そう!もちろんハマグリスープの『不如帰』です!

ちなみに俺は「あのいっつも裸の人」と呼ばれてるらしいです!
くそぅ!あのおしゃべり主婦どもめ!
今度イオンで会ったら襲いかかってやるからな!

DSC02730.jpg

我が家から車で移動すること約1時間、
本来なら甲州街道で行ったほうが当然早いのだが、
一本北側の431号線からのほうが空いてて走りやすいし、
コインパーキングも多数あるので断然便利なんだぜ!

『裏不如帰』も含めると4回目の訪問だが、
考えてみれば夜の部に来るのは初めて!
モノトーンのシックな店内がさらにムーディーに見えますな!

厨房にはいつもの奥様の姿はなく、
店主さん一人で仕切っているのでなかなか大変そう…。

限定メニューなどもちろん残っているわけもなく、
基本の「そば」はヨメに譲って未食の「塩そば」を味玉付きで。

コクのある動物系をベースに、
ハマグリの旨味を立たせたスープはやはり唯一無二。

塩だとより貝風味がはっきりと主張する感じで、
焦がしネギとの相性もなかなか良い。

しかしまるで喉の中で誰かが潮干狩りでもしてるかのような、
以前のハマグリ大漁!2kg越えたら別料金!的な趣きではなく、
より全体のバランス重視の方向に振ったような印象。

この辺はやはり旬があるハマグリの、
季節的なコンディションにもよるものなのかしら…?

麺は茶色い「ふすま」が見て取れる、
シャキッと背筋の伸びた細ストレートタイプ。

風味もよくサックリとした食感も軽快で、
啜るたびに鼻に抜けるハマグリの香りが気持ちいい。

チャーシューは味付け薄めのバラ肉。
味玉や穂先メンマも丁寧な仕事が感じ取れますな〜。

DSC02732.jpg

いっぽう貝の人の「そば」もバランス重視で、
醤油の香りが立つぶんさらにハマグリ風味は抑えめ。

もちろんトータルでの味わいはハイレベルだったのだが、
行きの車の中で「超ハマグってっから!」と、
小森純みたいな口調で誇大にあおっちゃったため、
やや拍子抜けな気分にさせてしまったのは、
麺エスコート役としては大いに反省すべき点だわ…!

ハマグリの旬といえば2月から4月!
また春のハマグリの旨味がドーンと出る時期になったら、
再チャレンジしたいところですね!
(股間をハマグリの殻で挟んで隠しながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑あのいっつも裸で貝だけ付けてる人気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Japanese Soba Noodles 蔦@巣鴨

DSC02729.jpg

2012年8月25日/Japanese Soba Noodles 蔦/巣鴨/
煮干と煮干の煮干つけそば/800円


<過去の『蔦』訪問レポート>
1回目2回目

そろそろ8月も終わりとはいえ、
世間様はまだまだTUBEが左ウチワで高笑いするほど夏まっ盛り!

友人たちはこぞって北海道でカヌー三昧やら、
バンガローを借りきって大所帯でキャンプやら夏を満喫中!
それを俺はTwitterで眺めながら黙々と仕事中!

神様なんてちっとも平等じゃねぇじゃねぇか!
(ロザリオポキーン!)

こうなったら俺だってなぁ!
最近ラーツ部員たちがいっちばんハマってる『蔦』で、
冷房の効いた中で冷たいつけそば食ってやるんだ!
どうだ!夏らしいだろうー!わっはっはー!

あれっ…自然と目から液体が…?

DSC02728.jpg

根っからのコレクター気質には珍しく、
短期間ですでに3回目の訪問となるお蔦さん。

だってレギュラーメニューについても、
常にブラッシュアップを図っているので見逃せないの!

つかリアルに他の部員が全メニューコンプする勢いなので、
話題についていけないとハブにされるの!
あられもない格好にさせられて公園に置き去りにされるの!

ちなみに駅周辺のコインパーキングはやや割高なのだが、
ちょっと店の先の一方通行をウロウロすると、
比較的安い所があるからじっくり探してみるといいよ!
はい!いい事教えてあげたから情報料100円ね!

そういえば以前はグローリーのVT-S10だったのが、
いつの間にかVT-B10に変更になってました!
これでメニューが増えても問題ナッシングだね!
(注:券売機の型番の話をしています)

8月25日現在では「蔦そば」の醤油と煮干がメニュー落ち、
代わりに夏限定という形で「つけそば」が加わっていた。

しかも「鶏と魚介」と「煮干と煮干」の2種類!
ニボ蔵としては当然煮干でしょうよ!

いつ見てもオリックスのT-岡田にチョイ似の大西店主さん、
つけそばの提供はかなり腰に負担がかかるそうでなかなか大変そう…。
俺でよければモミモミしてさしあげますのに…。

念力で店主さんの腰に浪越パワーを送り込んでいると、
見るからに旨そうな麺とつけ汁がサーブされた!いやっほう!

麺は冷たい水にヒタヒタに浸かっているのかと思ったら、
実はそれも冷やした煮干の清湯スープ!
おてんばして試しにそれだけ飲んでみたらこれがいきなり秀逸!

なんの味付けもされてないはずなのに、
煮干の苦味の奥にほんのり甘みまで感じられる。

これボトルに入れてポタリングの合間に爽やかに飲みたい!
(街の人にはスポーツドリンクでも飲んでるように見える)

一方のつけ汁も煮干100%なのに、
分厚い旨味にあふれているとんでもないスープじゃ!

普段のメニューでは使わない煮干しの魚粉を、
あえてたっぷりと投入する事によって、
パンチはあるのに押し付けがましさがなく後味はすっきり優しい。

これ点滴で血管から体内の隅々に取り込みたい!
(心も身体もすべて煮干しに満たされた人間に…)

もうこの煮干軍団だけでも充分美味しいのに、
さらに細ストレート麺は長くて啜りがいがあり、
滑らかな舌触りとコリコリッとした逞しいコシがあり、
こちらも珠玉の出来ばえにございます!

徐々に麺がまとったスープがつけ汁側にも移ってきて、
アプローチが変化していくのも面白い。

麺の上には具や九条ネギの他に、
フリーズドライの梅が乗せられているのが面白い。
爽やかな酸っぱさが煮干しの苦味に彩りを添えてくれる。

さらに丼の縁に添えられるのは、
西洋わさびことホースラディッシュ先生!
このスポーンと鼻に抜ける辛さもバツグンの演出!
ちょっとだけ眼球に塗ってみても面白いかもしれないよ!

バラとロース2種類のチャーシューも、
歯ごたえのいいメンマもこの煮干しペアの前ではもはや脇役!

ラストはつけ汁に麺側に残った冷ニボ汁を、
ダム決壊の勢いで一気に投入してのスープ割り!
もちろん皿洗いの必要がないくらいまで舐めるように完食!

いや~満たされた!夏バンザーイ!
(煮干しスープを張ったプールにドボーン!)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑あ~ニボ休み気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

青竹平打ち中華そば 麺壱 吉兆@大井町

DSC02727.jpg

2012年8月23日/青竹平打ち中華そば 麺壱 吉兆/大井町/
支那そば/700円


最後の最後で「お釣り騒動」が勃発したものの、
何とか無事に『ラ・ズンバ』でのミッションを完了!

あー!プレッシャーから解放されてホッとしたら、
なんだかアタシ急にお腹が空いてきちゃった!
せっかく大井町まで来たんだしもう一杯くらい食べても平気よね!
(OLがスイーツを食う時の言い訳インスパイア)

となればターゲットはただひとつ!
前回まさかの臨休にやられた白河中華そばの『吉兆』はん!

あの時はシャッターが降ろされた店舗の前で、
完全に頭が真っ白に…頭が真っ白に…なってしまったのです…。
(耳元でコメントを指導する船場吉兆のババァインスパイア)

DSC02725.jpg

前回と同じくこの狭い「平和小路」を突き進み、
据えたかほりのスナック群を突き当たったところで…!

DSC02726.jpg

よーし!今日はやってたー!

ホクホク顔で外観の写真を撮っていると、
厨房の中にいる店主さんと目が合ってジロリと睨まれてしまう。

おずおずと扉を開けて席に着くと、
窮屈なカウンターだけの小さな店内では、
BGMも無くひたすらラーメンを啜る音だけが響く中で、
寡黙そうな店主が黙々とラーメン作りに没頭している。
こちらもなかなかの緊張感が漂ってるじゃないの…!

しかしホール係の店主奥様?の柔らかい接客と、
ひっきりなしにやって来る常連のお客さんのトークが、
砂漠のような空気の数少ないオアシスとなっている。

こちらは店主さんが毎日青竹で手打ちする、
白河風のラーメンがいただける店となっており、
そちらは鶏ベースのスープの「中華そば」なのだが、
あえてここは魚介系スープの「支那そば」をチョイスします!
理由はボクがひねくれ者だからです!

ちなみにランチタイムは+100円で、
「そぼろご飯」か「ピリ辛納豆ご飯」が付いてきますよ!
ひねくれ者のボクはもちろん頼みません!

ややあって供された「支那そば」は、
隣の客の「中華そば」と見た目はあまり差異は無いが、
スープを飲むとまさに魚介風味が炸裂!

熱々なのに鰹や昆布の旨味が飛んでおらず、
カエシも油も強めに効かされているので、
「支那そば」というネーミング以上にワイルドでパンチのある味わい。
たぶん「中華そば」の方が優しい味わいなのかな?

手打ち麺はちぢれは強いが厚さはほぼ均一で、
ガシッとしたコシを持っているマッチョ系。

水分が多い白河ラーメンの麺特有の、
伸びやすくて後半にゆるくなるような傾向もなく、
最後まで強い歯ごたえをキープするまさに絶倫な麺ですわ!
ぜひあかひげ薬局のCMキャラクターに推薦したい!

チャーシューは縁の赤い、
じっくり焼いて作られた本格的な焼豚。

とろけるだけがチャーシューじゃねえ!とばかりに、
グイグイと噛みしめて肉汁を搾り出すようなタイプ。
こりゃ焼豚ご飯とか最高だろうな~!

他にもサクサクしたメンマに青菜、ナルトと、
具材も色とりどりで賑やか!祭りだ祭りだ!

いや〜連食した二杯とも、
しっかり油を効かせたラーメンだったのでもう腹一杯!

しかし今日はお休み!
この後は大井町の駅前にオープンしたスーパー銭湯で、
ゆっくり身体をほぐしてやるんだもんねー!
オットピン塗りたくってハイパー全裸ターイム!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑一人で悩むのはもうやめましょう気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラ・ズンバ@大井町

DSC02724.jpg

2012年8月23日/ラ・ズンバ/大井町/
塩+煮卵/800円+100円


俺は人知れず大いに緊張しながら、
京浜東北線に揺られて一路大井町を目指していた…。

というのも風の噂に聞いたところによると、
最近の「行きたい店候補」の筆頭である『ラ・ズンバ』には、
身の毛もよだつ恐ろしいローカルルールが満載だという…!

注文はフライングせず店主が聞いてから!
写真撮影は必ず断りを入れてから!
お釣りのないように小銭を用意!万札なんて言語道断!
などなど数え上げたらキリがないほど!

ちょっとでも店主の逆鱗に触れようもんなら、
店の地下に秘密裏に設営されたカネシのプールに沈められ、
もう二度と上がってくる事はないとか何とか!
(どんなデマ吹き込まれてるんだよ)

えーんえーん!怖いよー!でも食べたいよー!

震えと失禁が止まらないまま電車を降り歩いていると、
いつの間にやら店の前に着いちゃった!
もう観念なさい!男の子でしょ!

DSC02723.jpg

大井町の駅から立会川を暗渠した、
ゆるやかなカーブの道を歩いていくと、
看板の無い殺風景な店が二軒並んでいるのが見えてくる。

向かって右の店舗は旧『のスた』という屋号で、
曜日によって二郎系のラーメンと、
細麺のラーメンを交代で提供する二毛作的な形で営業していた。

現在は旧店舗が『凛 大井町店』と屋号を改め二郎系のみとなり、
細麺のラーメンのみを独立して提供する形で、
店のすぐ左側にオープンさせたのがこの『ラ・ズンバ』である。
はいここまで分かったかな?

DSC02721.jpg

緊張をほぐす意味も含めて、
ユニークな屋号にちなんで菅原洋一の扮装で、
「ラ・バンバ」の演奏に合わせて口パクしながら入店しようと思ったが、
完全に凍り付いた空気になりそうだったので2秒で自粛!

L字型カウンターだけの素っ気ない店内は、
噂のボクサーみたいな風貌の店主さんと先客の二人だけだが、
大音量のBGMでガンガンにロックがかかっていて、
殺伐とした雰囲気が音によって多少薄まってるのは唯一の救い。

おもむろに給水機から水を汲んで、
席につくや否や「ご注文は?」と店主さんから不意のコール!

慌てて壁を見るとメニューは「塩」と「醤油」、
それにトッピングと「煮豚ごはん」のみという簡潔っぷり。

かなり動揺しつつもややテンパり気味に、
「し、塩と煮卵でお願いシマーッス!」と、
完全に裏返ったソプラノボイスで注文。

するとおもむろに目の前にドン!と丼が置かれ、
タレと寸胴からすくった鶏油、スープに麺と、
あっという間に眼前で一杯のラーメンが構築されていく。

最後に具を乗っけたタイミングで、
「ニンニクは?」と聞かれるので入れてもらう。

このタイミングで「ラーメンの写真撮っていいですか?」と尋ねると、
しばし無言ののち「ラーメンはいいですよ~」とお返事。
怖い!なにその何ともいえない間は!

軽く濁ったスープの一面を鶏油が覆っているので、
丼の中はめくるめくイエロー・ワールド!
シュッシュシュシュシュッシュ〜シュ〜♪

レンゲが無いので丼から直接ズルリといただくと、
鶏の旨味が悪羅悪羅(オラオラ)に出たダシを、
キリッとした生姜の香りと甘く官能的な鶏油、
そして粒ニンニクの辛さが彩りを与え、
パンチがありつつも複雑な厚みがあり非常に美味しい!

丼を傾けて直接飲むことによって、
適度に鶏油が口に入ってくるのでバランスもちょうどいい。
こりゃクセになる味わいだな〜!

麺は細くて短いストレートタイプで、
前半はシャキッと硬めで弾力があり、
後半になるに従って段々とスープになじんできて、
しなやかな食感に変化していくのが面白い。

二郎系から派生したラーメンとはいえ、
それほど量は多くないので気にせずに食べられるのは嬉しい。

豚はでっかいバラとロースがそれぞれ一枚ずつ入り、
肉の野性味にあふれたジューシーな味わい。
メンマ、煮卵も軽く生姜の風味が効いててジャンクな感じ。

あの老舗中の老舗『さぶちゃん』で修行経験のある店主さんの、
心意気が感じられるラーメンで非常に満足っした!

これにて平穏無事にミッション完了!
と思ったら最後の最後で大問題が発生!
事前に小銭の用意をしてくるのを完全に忘れてたー!

いま大人気のチワワのくぅ〜ちゃんばりに、
目をウルウルさせながら恐る恐る1000円札を渡すと、
意外に柔軟に対応してくれる店主さん。

しかし俺の手に渡されたのは、
なぜか100円玉が2枚…お釣り間違えてる…!

とりあえずその場で額をこすり付けて土下座し、
「すいませんお釣り100円多いでございます!
 お願いですからカネシには沈めないで!この通り!この通りー!」
と懇願して命からがら店を飛び出したのでありました!

あなおそろしやー!おそろしやー!

※このブログはだいぶフィクションです

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑虎穴に入らずんば虎児を得ず気分でポチッと押してくださいませ~
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報