つけ麺 紫匠乃@亀有

DSC04181.jpg

2013年4月30日/つけ麺 紫匠乃/亀有/
紫つけ麺玉子入 並盛/850円


はーんはーん!
世間様はゴールデンウィークですかそうですか!
こちとら忙しくてコールテンのズボンを買うヒマだってありやせんよ!
はーんはーん!

今日も今日とて取引先巡りなわけだが、
「仕事で車を出した日は ついでにラーメン食べていい」という、
見事なドドイツ口調であるセルフルールにのっとり、
昼飯は意地でも麺を啜ったるねん!どついたるねん!

赤井さ~ん!なんでそんなに大きくなっちゃったんですか~!?(股間が)

取引先のある葛飾エリアで気になる店を洗った結果、
オーソドックスな中華そばが旨そげな『敦』を思い出し、
髪を赤く染めてボキャブラ時代のロンブー敦コスプレでさっそくGO!

DSC04176.jpg

バカパクーーー!!!

DSC04177.jpg

いいんだ!いいんですとも!
ゴールデンウイークにラーメン食べたいなどと思った俺が悪いんだ!

ならばと『敦』のすぐ近くにオープンしたばかりの、
北松戸『おとど』の支店にターゲットを切り替えます!
ライスとともにガッツリ食ったるねん!どついたるねん!

DSC04178.jpg

赤井さ~~~ん!!!

いいんだ!いいんですとも!
ゴールデンウイークにラーメン食べたいなどと思った俺が悪いんだ!
つか消えます!今すぐ消えればいいんですね!

失意と空腹でボロボロの服のまま、
亀有の街を呆然とした表情でさまよっていると、
ふとやたら賑やかな看板が目に飛び込んできたのだった…!

DSC04179.jpg

それは環七沿いで異彩を放つ『紫匠乃』の外観だった!
すんません正直完全ノーマークでした!

DSC04180.jpg

つか森下に本店があった時に食べて以来だけど、
こんな若干ウザめのテイストだったっけ?
まぁ何でもいいや!入ります!行きずりの男に抱かれます!

バラックのような木造トタン張りの建物に、
「網走番外地」シリーズやチャンバラ映画のポスターが貼られた、
いわゆる「なんちゃってレトロ」な雰囲気あふれる店内。

カウンターにはなぜか寿司屋みたいな、
一段高くなるようなイカダが各席に設置してある。

こちらは「つけ麺」が主力商品だが、
「まぜそば」や一日10杯限定という「ラーメン」も置いてある。
ちなみに並盛350gだが450gの大盛と600gの特盛まで同料金!お値打ち!

「つけ麺」の提供までにはかなり時間がかかったが、
それも納得のハイパー極太麺が供されてまず驚き!

かすかに灰色がかったその麺は、
見た目通りのガッシリマッチョな噛みごたえで、
小麦のワイルドな風味を残したダイナミックな仕上がり。

350gとはおそらく茹で上がりの量なので、
腹ペコだったら大盛くらい頼んでも問題はなさそう。

サラッとした粘度の軽いつけ汁は動物系をベースに、
鰹や煮干しなどの魚介の風味を立たせ、
さらに白菜の甘みを移した独創的なテイスト。

そのままだとあまり麺に汁が乗ってこないので、
具のスープを吸った刻んだ白菜を、
適時麺に絡めて食べるとちょうどいい感じ。

軽く炙りのついた厚切りバラ肉チャーシュー、
じっくり煮込まれて茶色く変色した半熟味玉も、
しっかり味が染みていてなかなか美味しい。

つけ汁には白菜以外には少量の鶏挽き肉と、
うずらの玉子が一個コロンと入っていた。

食べ終わりのタイミングで女性店員ちゃんから、
何も言わなくても割りスープが登場。

さっぱりした和風の魚介ダシだけど、
元のスープと同じなのか極端に味は変わらなかった。

はぁ…確かに腹は満たされたけれど、
なんだか心が満たされきっていないこの独特な気持ち…!
赤井さ~ん!なぜこの世の中は上手くいかないことだらけなんですか~!?

--------------------

★2013年4月のトータル杯数/22杯
★2013年の通算杯数/74杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,590杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑なんでやろなぁ~?気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らぁ麺 波(she)@千住大橋

DSC04174.jpg

2013年4月26日/らぁ麺 波(she)/千住大橋/
塩らぁ麺/750円


昭和の文豪よろしく事務所にカンヅメ状態のまま、
山と積まれた仕事に翻弄されっぱなしのここ数週間だが、
ようやく貴重な貴重なラーメンチャンスが訪れた!

今日は車で取引先に商品を取りに行くため、
そのちょっとの隙間をこじ開ければ一杯くらいは食えそう!

取引先のある場所から5km圏内で脳内検索した結果、
以前千住在住の友人から情報を聞いていた、
牛スジをたっぷり乗せた「どてのせらぁ麺」なるメニューがあるという、
千住大橋の『波』の存在をはたと思い出した!

今の俺には血肉!血肉が必要なんだ!
パワーを付けるためにさっそく足立区へ移動しまーす!

DSC04173.jpg

足立市場(やっちゃば)のすぐお隣りで営業する、
北綾瀬に本店があるこちら『波』さんは、
元々は神保町にあった支店が移転してきたらしい。

ちなみに屋号は海を表す「Sea」の意味なんだろうけど、
こちらの看板はなぜか「She」という表記になっていて、
疑問のあまりその場で英単語帳を取り出して調べようと思ったら、
覚えた単語のページはちぎって食べちゃうので全然調べらんないでやんの!
シー!ハー!ハー!ハーズ!

しかし店に入ると厨房の中では、
40代くらいのお母さん系の女性が一人で仕切っており、
あぁ!女性が営業しているから「She」なのね!と納得!
アイ!マイ!ミー!マイン!

本店と違いこちらにはサーフボードなどは飾っておらず、
厨房を囲むL字型カウンターのみのこじんまりとしたお店で、
卓上には2種類の辛味と生ニンニクが置いてある。

メニュー表を見ると塩、味噌、醤油のらぁ麺とつけ麺とあるが、
肝心の「どてのせらぁ麺」はどこにも書いていなかったので、
ションボリしつつオーソドックスな「塩らぁ麺」を注文。

DSC04175.jpg

青に黄色のラインが引かれた、
どこかエスニックな雰囲気の丼がいいじゃないの!

ミルクのように白濁したスープは、
ポッテリとまろやかな動物系をベースに、
ニンニクやジャガイモなどの根菜を中心とした、
野菜をたっぷり溶かした甘みがしっかり効いていて、
まるでポタージュのような口当たりで優しく柔らかい味わい。

仕上げに散らされた揚げニンニクの、
カリッとした食感と香ばしさもアクセントにひと役買っている。

こちらもたぶん本店と同じく一日分のスープを、
ずっと火にかけたまま営業していると思われるので、
昼と夜ではスープの熟成具合が違うのも特徴。
夜になればまたとろみも増してクリーミーさが上がりそうね!

生ニンニクを入れるのを推奨しているので、
デートや商談、襲名披露など大きな用事が無ければ、
積極的にクラッシュしたいところ。

そもそもすでにスープにニンニクが溶けてるんだから、
その親和性は言わずもがなでしょうよ!

麺はすぐ近くの千住二郎にも負けないような、
ブリブリにうねった極太タイプを合わせていて驚き!
本店もこんな感じの麺だったっけか?

強力粉なのか独特のゴワゴワした噛みごたえがあり、
パチンと弾けるような食感が気持ちいい。

余裕で1cmオーバーの厚みを持つチャーシューは、
まるで角煮のようにトロントロンに脂がとろけて旨いのなんの!
これはチャーシューご飯にしたら最高だろうな!

硬めにボイルされたモヤシはシャキシャキ、
さらにブリブリしたキクラゲがたっぷり乗るのが珍しい。

確かに充分満足できる一杯だったけど、
やっぱりどてのせの話を聞いてたからには食いたかったなー!

などと思ってたら後日食べに行った友人から続報が入り、
なんとどてのせはメニュー表をひっくり返すと書いてあるという、
まさに「裏メニュー」的存在だったことが発覚!

ギャー!完全に俺のチェック不足じゃないかーっ!
バカバカ!俺のバカー!ユー!ユア!ユー!ユアーズー!!!
(やっちゃばに乱入してターレで轢かれ大惨事)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑やっちゃば気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0075.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ『ぴー』発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

超ごってり麺 ごっつ@亀戸

DSC04171.jpg

2013年4月23日/超ごってり麺 ごっつ/亀戸/
辛ネギ正油らーめん/880円


<過去の『ごっつ』訪問日記>
1回目2回目

風邪は気合いで一日で治したった!

薬飲んで布団潜って汗をバンバンかきながら、
iPodで様々なエロ画像を検索して活力漲らせて治したった!

あとはかかりつけ医師からの綿密なインフォームドコンセントにより、
「とりあえずネギでも山ほど食っときゃいんじゃね?」
と最新の医療の見地からのアドバイスに伴い、
近場で手軽にネギ&カロリーが摂取できる『ごっつ』に行けば完璧!

DSC04170.jpg

最近は秋葉原にも支店をオープンさせるなど、
飛ぶ鳥を背脂をぶっかけて落とす勢いの『ごっつ』さん。

従業員も3人体制になるほどの活況で、
皆さん腹式呼吸から出る大声で元気に接客してます。

この日はぽっちゃりした村上淳みたいな風貌の兄ちゃんが、
豪快に中華鍋で熱した元のスープに、
ザバザバと荒々しく背脂をぶっかけている。

コンロの火にも背脂のかけらが落ちるので、
時折ゴーッ!と火柱が上がるけど大丈夫なのこれ?
背脂火災保険にはちゃんと加入してる?

もちろん今回はネギを食いに来たわけで、
ここはやはり「辛ネギ正油らーめん」一拓でしょうよ!

デフォルトでも背脂多めの「ギタ」が基本だが、
それでもなんか以前よりさらに背脂の量が増えたような気がする。

スープは遥か丼の底に沈んでいるので、
ガンガンかき混ぜて背脂と一体化させてから飲まないと、
ただただとろかした豚の脂肪を摂取するだけになるので注意だ!

椎茸などがメインでさっぱりとした元のダシに、
上質で甘くマイルドな背脂が絡まるスープは、
いにしえの背脂チャッチャ系ラーメンの流れを汲むものだが、
もはやそれを究極まで突き詰めたハイブリッド版とも言える。
DNAに刻み込まれた不動の味ですわよ!

ビラビラとした極太平打ち麺は、
中までしっかり茹でられてモチモチした食感。

当然たっぷり背脂をまとって持ち上がってくるので、
その甘さがしっかり乗っかってくる。

DSC04172.jpg

辛ネギはモヤシとともに山のように盛られ、
程よい辛さのラー油で和えられているので、
ネギだけ単体でそのまま食べても充分美味しい。

底からグワシグワシとかきまぜているうちに、
いずれ薄切りチャーシューもホロホロとほどけてしまい、
麺もスープもネギも肉もすべてがボーダーレスでひとつになった状態に!
これぞ全宇宙の存在が目指すべき理想形なのです!

相変わらずパンチというかインパクトの強さは衰えていませんな!
おかげ様でこれで風邪は撃退!もう大丈夫!

さーて半日休んで山とたまった仕事を片付けなくては…!
誰か俺ともひとつになって手伝って!できれば女子!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑僕とつながろうよ…気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

蒙古タンメン中本 亀戸店@亀戸

DSC04169.jpg

2013年4月22日/蒙古タンメン中本 亀戸店/亀戸/
五目蒙古タンメン+半ライス/850円+110円


<過去の『蒙古タンメン中本 亀戸店』訪問日記>
1回目2回目3回目

体内から沸き起こる言いようのない異変に気付いたのは、
取引先で商品を受け取った帰りの運転中だった…。

どうも妙に背筋にゾクゾクとした寒気と、
関節がギクシャクとするような痛み、
そして普段以上に頭がボーッとするような感覚…!

これは…ひょっとして…恋か!恋煩いか!

アホか風邪や風邪!どう考えても風邪やそれは!
その症状Wikipediaで調べても百発百中で風邪って出るわ!
(銀シャリ橋本レベルの軽快なツッコミ)

この忙しい最中にダウンするわけにはいかないので、
ここは中国三千年の歴史にならって食事療法で治します!
さーてニンニクマシマシか!それともからうまいか!

俺の中にそびえ立つ国会議事堂での審議の結果、
それまで二郎党の法案が可決されるいきおいだったものの、
日本からうま党が強行採決に踏み切ったため風雲急を告げる事態に!
村山富市くんを総理大臣に任命します!(おたかさん)

DSC04168.jpg

からうま党党員の万歳三唱が響くなか、
ゾクゾクする身体で必死にやって来ました中本へ!

平日だからか外待ちまではできていないものの、
続々と辛さのトリコとなったお客さんがやって来る。

BGMのももクロの曲を掻き消すかのように、
人々の気管からむせる咳払いと「ふーん!むーん!」とかのうめき声、
そして鼻水を噛む音が轟くいつもの見慣れた光景。

せっかくなので未体験メニューの五目蒙古にしてみた。
まだヒヤミ(辛さ10)に手を出す勇気が湧かないのアタイ…!

通常の「蒙古タンメン」に多めの野菜と茹で玉子、
それにヒヤミ用のお肉が乗っかるいわば豪華ハイブリッド版。

じんわり辛味と野菜の甘さのある味噌スープに、
徐々に激辛麻婆豆腐とヒヤミ肉の唐辛子成分が溶け、
真綿で首を締めるかのように唇も舌も喉も辛さに蹂躙されていく。

普段でも相当ハイになるような辛さなのに、
風邪引いた状態で食べるとさらにヒリヒリ感が強くなり、
エベレストの登山中なのかと錯覚するくらい意識が遠のいていくわ…!

かんすいの匂いがふんわり香る平べったい太麺も、
いずれこの辛味に支配されて丼は境界線が消え一体化していく。

つかこの麺もものすごい熱々なので、
辛さと熱さに耐えながらハフハフ食べなきゃいけないので、
ただでさえ遅メシなのに余計時間がかかるのよね!

クタクタの野菜と豚バラ肉、
そして豆腐をごちゃ混ぜにして必死に口に突っ込み、
茹で玉子と紅生姜付きのライスを貴重なオアシスにしながら、
なんとか固形物だけは食べきった。

食後はついにエネルギーを使い果たしたのか、
ますます寒気と微熱が強くなってきちゃって、
結局仕事は午前中で切り上げておうちで寝込んじゃいました!
それじゃダメじゃん春風亭昇太です!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑翌日には回復しました気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン二郎 亀戸店@亀戸

DSC04164.jpg

2013年4月18日/ラーメン二郎 亀戸店/亀戸/
小ラーメン/650円


全国1,000万人のジロリアンの皆様を震撼させる、
衝撃のニュースが飛び込んできたのが今年の3月。

なんと3月いっぱいで亀戸二郎の店主さんが勇退し、
新たに藤沢二郎の店主の弟さんが店を継ぎ、
二代目店主に就任するというではないか!

せっかく前店主の形態模写を完璧にマスターして、
細かすぎて伝わらないモノマネ選手権に出る気マンマンだったのに!

は~いたのむなぁ~!
小にはみっつともニンニクを多めに入れてくれぇ~!
券売機の前のお客さんはヤサイも多めだぁ~!
(せっかくなのでこの場でモノマネしてみました)

DSC04167.jpg

あいにく仕事が立て込んでいたため、
前店主ラストの一杯にはありつけなかったのだが、
藤沢イズムが注入されるであろう新・亀戸の味はいかなる代物なのか、
さっそくイソイソとリサーチにやってまいりました!

つか良く考えたらやっと2013年初の直系二郎訪問!
あまりに成績悪すぎ!赤点!留年!非行!

11時半ちょい前の時点で外12人待ちで、
店内で背後霊状態で待ってる人を含めたら20人はいそうな感じで、
明らかに以前よりお客さんのテンションが高くなってる印象。

脂とカネシが染み込んだつぎはぎだらけのカーペットに、
ディスカウントショップで売ってそうなギシギシするスチール椅子も健在で、
店の雰囲気や券売機などは以前とまったく変わらない状態。

しかし店頭に黒烏龍茶が買える自販機が設置されたのと、
厨房の上に「ラーメン二郎社訓」の額が飾られるようになり、
より「二郎らしさ」が増した感じに見受けられる。

笑顔がちょっと魁皇に似てる新店主さんは、
やたらガタイのいいアンコ型の風貌で、
お手伝いのお兄ちゃん二人もガチムキ系で厨房が狭そう!
挟まれたい願望がある方はぜひアルバイトにエントリしてください!

前店主さんはテボでひと玉ずつ茹でていたが、
こちらは丁寧に手もみした麺を大鍋で泳がすように茹で、
平ザルですくって手際良く盛り付けていた。

コールは提供直前にお兄ちゃんから「小の方ニンニクは?」、
いつも通り「お願いします!」と元気よくレスポンス。

DSC04165.jpg

レンゲは頼むと出てくるシステムだが、
あえてここは貰わずに丼からダイレクトプラグイン!

以前は非乳化でカエシが主体のスープに、
背脂を溶かした液体油が浮かぶ亀戸独特のタイプだったが、
それとは真逆のトロリと茶濁したハイパード乳化スープに変貌。

しかしみりん由来のやや甘口の味付けにどことなく、
ノウハウを教わったという前店主の面影を感じる。

FZや二郎醤油はやや抑えめのバランスで、
豚のダシそのものを楽しめるようになっていて、
リニューアルわずか数日でこのクオリティなら文句無しですわよ!

DSC04166.jpg

麺は二郎基準では細めの部類に入る平打ちで、
手もみ+ガンガン泳がせて茹でて麺同士がぶつかり合うためか、
かなりヨレや表面に切れ目が入ってスープを持ち上げてくる。

今までに体験したことのないレベルの柔らかめな茹で加減で、
その食感はもはやフワフワでお菓子みたーい!
もうこれスイーツに分類しちゃってもいいんじゃなーい!
(パンケーキにはしゃぐOLのノリで)

量的にはかなりのグラム数あると思うが、
その軽い食感のおかげで意外ときつくなく、
麺少なめにしなくてもスルスル食べられるのはありがたい!

対照的にヤサイはザクッとしたハードな食感で、
キャベツの比率が多めなのはちょっと嬉しい!

豚は分厚く切ったバラとウデの2種類だが、
どちらも調理のタイミングが悪かったのか、
ちょっと硬めで味もあんまり染みていなかった。

ちなみにコールはマシマシやダブルにも対応していたが、
ノーマルでもニンニクはかなり多め。

ガツンと風味の強い刻みタイプでパンチは充分!
これ食ってからバスに乗って出勤しようってんだから俺様ゲスの極み!
(誰がなんと言おうと俺が考えたフレーズ)

いずれ豚のクオリティも上がってくるだろうし、
そうなると近所にこの味が存在するのは相当ヤバそう!

何せ江東区は砂町にも最近『凛』が出来ちゃったりと、
TRFダンスエクササイズを何時間やっても、
脂肪の燃焼が到底追いつかない緊急事態!

こりゃ~お家の一大事じゃ~っ!
イェイイェイイェイイェイイェイ!ウォウウォウウォウウォウ!
(これも誰がなんと言おうと俺が考えたフレーズ)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑サバイバルダンス気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts-0063.jpg
↑ヤサイマシマシの山に挑むすべての登山家たちへ!
 『登頂成功!』Tシャツ販売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん とうかんや@南砂町

DSC04161.jpg

2013年4月16日/らーめん とうかんや/南砂町/
カレーつけめん+味付玉子+小ライス/800円+100円+100円


<過去の『とうかんや』訪問日記>
1回目2回目3回目4回目5回目

ビッグウェーブが来たぞーっ!!!
(素っ裸でスーパー銭湯のうたせ湯を浴びながら)

ワタクシが細々と運営する駄Tシャツ屋が、
おかげ様で2013年の春は過去最大級ともいえる忙しさ!
これが目に見えて実感できるアベノミクスなのですね安倍先生!
(まだうたせ湯でビショビショのまま)

ヘビーに働く毎日に潤いを与えてくれるアイテムといえば、
もちろんラーメンと菅野美穂の写真集なわけだが、
一分一秒でも惜しいこの時期に麺遠征などもってのほか!
あと菅野美穂の写真集はとっくに誰かに借りパクされちゃったし!

というわけでこれから当分の間は、
事務所から往復1時間以内とランチ休憩の範囲内で行ける、
砂町~亀戸~錦糸町ラインの麺レポばっかになりますのであしからず!
まぁほらちょっとした下町散策だと思えば!

DSC04160.jpg

そんなわけでまた来ちゃったよ『とうかんや』さん!

事務所から5分もかからず歩いて行ける、
間違いのない実力店なのでホント重宝してます!

土日は近所の家族連れで行列が絶えないのだが、
平日なら比較的サクッと入れるものの、
ちょうど満席で窓側のベンチで空くまでしばし待機。

横並びのカウンターだけの店なのだが、
今日は運良く客席と厨房を結ぶ入口を挟んで、
店の奥側に1席だけ独立しているスペシャルシートをゲット!

しかも席の目の前は高い壁になっているので、
誰の視線も気にせず集中してラーメンが食べられる利点が!

誰にも顔を見られないのをいいことに、
ここぞとばかりにコロッケの岩崎宏美の顔真似のマネをしていたら、
店主さんが気を効かせてBGMの「シンデレラハネムーン」を、
モノマネ仕様の早回しで流してくれました!
お気遣いありがとうございます!

もはやこちらはしょっちゅう当ブログに登場するので、
絵変わりさせるためにあえてあんまり頼まないつけめんで、
しかも変化球の「カレーつけめん」にしてみたよ!

麺はおそらくらーめん系と同じ、
下町ではおなじみ「麺工房青柳」製の中太ストレート。

水で締めることによってキュッとしたコシが増して、
もともとのツルリとした滑らかな啜り心地も損なわず、
ちゃんとつけめんとしての表情になっていい感じです!

つけ汁は通常の「らーめん」のトリプルスープから、
動物系をやや強めて濁らせたようなバランスで、
さらりとしていながらも旨味はたっぷり麺に乗っかってくる。

そこに鰹の旨味が効いて和の面持ちの、
お蕎麦屋さん風のスパイシーカレーが溶け込み、
もはや食事として間違いのない味わいに仕上がっている。

ライスをレンゲですくってスープカレーの要領で食べれば、
気分だけは札幌!ススキノ!ブラックニッカ!

しっとりとしたロースのチャーシューとメンマ、
そして個人的に宇宙で一番旨いと思っている榛名地鶏の味玉は、
麺サイドに乗ってきて冷たいままの状態だったので、
若干そのポテンシャルが発揮できていなかった印象。

やっぱ味玉と日本酒は燗に限るな…!
(ゲス甘いカシスオレンジをストローで呑みながら)

後半は卓上の豊富な味変アイテムの中から、
ゴマとニンニクをドサッとつけ汁に投入。
カレー+ニンニクの相乗効果でさらに食欲加速!スパーク!

DSC04162.jpg

〆にはあえてスープ割りはせず、
残しておいたライスをダイブして即席カレーライスに!

しかし割らないままのつけ汁だと塩分が強くて、
ライスひったひた状態だとちょいとしょっぱかったので、
スープ割りをしてもらってからダイブさせるか、
最後までスープカレー風のままいただくのがモアベターよ!

しっかりスパイスが効いているおかげか、
食後はずっと全身の発汗が止まらなくて困っちんぐ!
クールダウンのためもう一回うたせ湯に行ってきます安倍先生!
(そして山積した仕事は忘れられていくのであった…)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ヌッポンヲトロモロス気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

丸長 荻窪本店@荻窪

DSC04158.jpg

2013年4月14日/丸長 荻窪本店/荻窪/
つけそば+ビール(大びん)/700円+620円


『漢珍亭』とのお別れ会からの帰り道、
昔を思い出す久々の懐かしい一杯にすっかり触発されてしまい、
もはや頭の中は99%クラシカルラーメンモード!
(残りの1%は篠崎愛のグラビア画像)

幸い今いるここはクラシカルラーメンの巣窟・荻窪!
いくらだって老舗の店を指名料タダで選び放題なわけで!

脳内書籍にダウンロード済みの「ぴあ黒本・赤本」を頼りに、
連食2軒目に選んだのはあの「丸長のれん会」のドンである荻窪本店、
恥ずかしながら人生初訪問でございます!

DSC04155.jpg

中央線の車窓からも見える線路沿いなのだが、
日曜は見てのとおり完全にシャッターを下ろした状態、
しかしこれでもれっきとした営業中!
実際勝手知ったる常連さんが行列作っちゃってるし!

実はこの閉ざされたシャッターの前で笛を吹くと、
隠し階段が現れて店に入れるという仕組みなのです!(ゼルダかよ)

そうではなく日曜は混雑するのを避けるため、
店のどこかにあるナイショの場所からお客を通すシステムなのだ!

そのため店の奥から聞こえる店主さんの、
「まだ入れますよ~!」の声は絶対に聞き漏らしてはならないのだ!
イヤホンで音楽聴きながらとか言語道断!伊武雅刀!

当然シャッターを開けていないので薄暗い店内も、
カウンター席テーブル席含めて満員御礼の超人気っぷり!

店頭の張り紙によると手間の問題からか、
炒めたりして火を使う「タンメン」や「チャーハン」はメニュー落ちし、
「ラーメン」「つけそば」が軸のシンプル編成に。

しかしこちらは注文が入ってから、
ひとつひとつワンタンを包みチャーシューを切り落とし、
しかも「ラーメン」と「つけそば」を交互にまとめて作る上に、
一回茹でるごとにお湯を捨て新たに沸かしていくので、
提供までにかなり時間がかかるのがお約束。

DSC04157.jpg

そのためビール大びんは時間潰しに必要なのです!
これは偶然ではなく必然なのです!
クーッ!休みの日の昼ビール最高ー!

さりげなく添えられるゴマ油で和えたメンマと、
テレビから流れるデーゲーム巨人×ヤクルト戦をつまみにしていれば、
30分以上かかって提供される「つけそば」を待つのなんて余裕余裕!

太くちぢれた茹でたて麺はツヤツヤしており、
水分と空気がたっぷり含まれているのを実感できる、
ふわふわとしたエアリーな食感で非常に美味しい!

平たい皿にかなりの量が盛られているように見えるが、
食感が軽いので驚くほどすんなり胃袋に収まっていく。

一方つけ汁は砂糖の甘さと酢のすっぱさ、
それに黒胡椒の辛さとすべての味付けが、
極端なベクトルまで吹っ切れたハードパンチャー!

しかしベースの豚骨鰹ダシがドッシリと屋台骨を支えているので、
ただ藪から棒に味が濃いだけじゃない魔力がある。

麺の半分ほどにチョイ付けして一気に啜るのがベストバランスだが、
しっかり浸してしょっぱー!からー!つって食べても、
それはそれでビールとも良く合うわけです!

具はチャーシューの細切れとメンマのみで、
ガッツリ肉を喰らいたい場合はトッピングしてください。

そして食後は空になった平皿の上につけ汁の器を乗せると、
おやじさんが「ん!了解!」みたいなアイコンタクトで、
何も言わなくても割り用のスープをひしゃくで注いでくれる。

さらに鰹の風味がくっきりはっきりして、
残りのビールとともにグイグイ飲んじゃった!満足!

「ラーメン」や「にんにくつけそば」なんてメニューも気になるし、
これはまた天気のいい休日にパイイチやりに来るかな!
時間にとらわれずに食事とビールを楽しみたい日にオススメです!

DSC04159.jpg

↑重要なヒント

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑隠しダンジョン気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑ただいま全国で大ヒットロードショー中!
 映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば 漢珍亭@荻窪

DSC04153.jpg

2013年4月14日/中華そば 漢珍亭/荻窪/
ワンタンメン+味付け玉子/710円+90円


※とっくのとうに閉店してしまったお店の記事です
 あくまで回顧録としてご覧くださいませ


ラーメン食べ歩きにはまってかれこれ20年。

食べログもRDBも当然影も形もなかった当時は、
貴重なバイブルだった通称「ぴあの黒本・赤本」を頼りに、
バイト(主に男娼)で稼いだなけなしの千円札を握り締めて、
電車であちこち遠征していたものです…(遠い目)。

あの当時の東京のラーメン激戦区といえば、
高田馬場でも秋葉原でもなく荻窪だったのだよ若人の諸君!

そんないにしえの荻窪ラーメン界でも、
実に60年近い営業実績を誇る老舗中の老舗『漢珍亭』が、
この4月いっぱいで歴史に幕を閉じてしまうというではないか!

新店探求に追われて長らくご無沙汰しちゃってたけど、
これはなんとしても最後のご挨拶に行っておかなければ!
身支度を整えていざ荻窪へ!

DSC04150.jpg

駅前のタウンセブンビルの脇道に入り口があり、
天井が低くなんとも奇怪な形状の狭い階段を昇っていくと、
噂を聞きつけたのか10人以上の大行列が!

DSC04151.jpg

みんな店とともに年輪を刻んでいったかのような、
常連とおぼしきおっさんおばちゃんばかり!
そんな中では俺ごときはまだまだ鼻垂れ小僧!
パンパースちょうだい!バブー!シャー!

結局20分ほど待ってようやく狭いカウンター席に座ると、
20年前で薄れつつあった記憶が明確に呼び起こされてくる。
雑然とした雰囲気も当時のまんま!

三角形のいびつな厨房ではおやじさんが、
冷蔵庫の扉に身体をぶつけながら大忙しの状態。

その冷蔵庫もかなりのベテラン選手のようで、
もはや限界寸前の内側のパッキンはガムテープでグルグル巻き状態。
引退直前の雅山のテーピングか!

おやじさんは眉間にシワを寄せながら、
流れ作業でひたすら餃子を焼きチャーハンを炒め、
その傍らで豪快なお母さんが麺茹でからチャーハンスープの提供まで、
しっかり役割を分担してテキパキと注文をこなしていく。

なんとなく老舗の店って排他的に感じなくもないが、
そんな中でも常連の家族と冗談言い合ったりと、
和やかな接客なのには心が落ち着くわね。

こちらはラーメンに味付け玉子を取り入れたパイオニアとも言われ、
もちろん今でも名物はその味付け玉子。
90円という10円おまけチックな値段も何だか嬉しい!

その10円の運用方法を必死に考えているうちに、
気がついたら「ワンタンメン+味付け玉子」がサーブ!
結局10円はFX投資に回すことにしました!

鶏ガラメインのすっきりした飲み口の、
いかにも昔ながらのクラシカルな醤油スープ。

しかし味付け玉子と挽き肉を煮込んだ際の、
旨味たっぷりのオツユを仕上げにチョイと投入するので、
その甘さとコクがじんわりスープに移って滅法旨い!

階段に置かれていた麺箱によると、
サッポロめんフーズ製の麺は荻窪系ではやや太め。

麺もワンタンもモヤシも同じ鍋で茹でられて、
平ザルでまとめて一気に上げていくので、
気持ち柔らかめでふんわりした食感なのが特徴的。

DSC04154.jpg

ワンタンはピラピラとした薄い皮に、
お酒の効いた肉餡がたっぷり詰まっていて、
数えただけでもなんと11個も入っているという大サービスっぷり!
リアルに麺よりもボリュームあったぞこれ!

味付け玉子はおでんのような完熟タイプで、
ホクホクした黄身にまでしっかり味が入っている。
レンゲに乗っけてスープで溶かしながら食べると最高!

あとはガシッと硬めのチャーシューが2枚に、
モヤシ数本と柔らかいメンマが数本、
それにベルベットな色合いの挽き肉が少々。

10代の頃に興奮しながら食べたあの時を思い出しながら、
噛みしめるように最後の一滴までいただきました。

閉店は本当に残念だけど理由はおやじさんの引退だし、
誰かが継いだところでこの店そのものの「味」までは、
絶対に再現できないだろうから仕方ないよね…!

とか言ってておもいっくそフランチャイズ展開で、
「麺屋漢珍亭」とかいって郊外のロードサイドに大バコ店を乱立しちゃったら、
それはそれでひっくり返るくらい驚きますけれども!
「元祖味付け玉子の店!」とかコピーまで付けちゃってね!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑お疲れ様でした気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0078.jpg
↑ただいま全国で大ヒットロードショー中!
 映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ『来世で本気出す』!
 今生は諦めて輪廻転生の向こう側で本気出したい貴方に!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (9)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報