スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめん 五ノ神製作所@大久保

DSC04527.jpg

2013年7月31日/らーめん 五ノ神製作所/大久保/
海老リッチらーめん+バジルご飯/750円+150円


エビ!エビ!エービが食いたい!
エビッ!エビッ!エビーッ!
(ピザーラCMの関根麻里ちゃんの振り付け風の踊り)

ここ最近は自分の中に年に数回だけ訪れる、
「異様に海老を欲してしまうモード」が炸裂しており、
寝ても覚めても頭の中はもう海老のことばかり!

せっかくの証言台での無実を訴えるチャンスでも、
裁判長に向かって「エビ!エビちょうだい!」を連呼してしまい、
あきれ顔のまま閉廷させられてしまう始末ですよ!
(その様子を克明にスケッチするくどう昭先生)

なんとか執行猶予をゲットしてシャバに出られたので、
最近出来たしたばかりの『五ノ神』さんの新店に直行エビ~!

DSC04526.jpg

青梅の『いつ樹』の3号店となるこちら『五ノ神製作所』さんは、
大久保駅からすぐの『翔丸』の跡地に7月にオープン。

結局あのクセの塊のようだった『翔丸』の店主さん、
今後はどうするんだろうなぁ…?

などと店舗写真を撮りながら感慨にふけっていると、
店の外にまで轟く海老のフレーバーが俺を誘うではないか!
矢も盾もたまらん!とっとと入店します!

店内は『翔丸』時代のほぼ居抜きのような状態だが、
カウンターに色とりどりのタイルが貼られていたりして、
なかなかポップでオシャレな雰囲気に様変わり。

厨房ではちょっとコワモテの、
若干EXILEチックな風貌のお兄ちゃん二人が、
マジックナポレオンズばりのナイスコンビネーションで、
テキパキと混雑する店を的確に回している。
見た目はおっかないけど接客は非常に丁寧なので安心安心!

券売機を見ると「海老リッチらーめん」のみ購入可能で、
とりあえずボタンだけはある「海老トマトらーめん」と、
「海老油そば」の2種類は未だに提供しておらず、
全国の海老蔵たちの気持ちを今か今かとヤキモキさせております!

ということで問答無用で「海老リッチらーめん」と、
すでに訪問済みのラーツ部ぷっと部員から、
熱烈にプッシュされた「バジルご飯」も追加しちゃいます!

小鍋で一杯ずつ温められるドロッとしたスープは、
見事な真紅でまるでトマトソースのよう。

そのベースはぽってりとした鶏と豚の動物系で、
そこにオマール海老と伊勢海老の旨味をシュリーンプ!と抽出した、
文字通りリッチな味わいのビスクに近いテイストのもので、
これだけ海老全開なのに上品にまとまっているのがすごい!

卓上のカレーパウダーや一味唐辛子をちょっと落としても、
まったく海老風味がそがれることは無いほど。
まさにエビ欲を満たすような濃厚な味わいで美味しいっす!

麺は細めのストレートを合わせていて、、
ポリッとした歯ごたえのやや硬めの茹で上がり。

表面に軽いざらつきを感じるもので、
当然スープがしっかり絡んで持ち上がってくる。
あくまでこの濃厚さとのバランスを重視した存在ですな!

チャーシューはさっぱりした味付けの、
脂身のない豚トロのような部位を使っていて、
かなりガッシリとしていて咀嚼力が試されるタイプ。

さらに緑と紫の茹でキャベツや、
『五ノ神』さんではおなじみの三角形に切られたメンマなど、
各具材もスープとバランスが合うように工夫されている印象。

DSC04528.jpg

そして「バジルご飯」は正直一本取られた!

舟形の器に鮮やかなグリーンのバジルオイルを敷き、
そこにご飯を盛ってバジルペーストをたっぷり乗せてあるもの。

らーめんの合間にそのままで食べても、
爽やかなバジルの香りと白飯の意外な相性の良さに驚かされるが、
さらに海老スープに浸けて即席海老バジルリゾットにすると、
華やかさが加わってもはや口の中はエビロックフェスティバル!
前売りチケットはすでに完売いたしました!

これは連食を諦めてでも食べるべきサイドメニュー!
ぷっと部員が服が全部脱げるほど熱弁していた理由が分かったわ!

これは断然「海老トマトらーめん」あたりが気になってくるところ!
果たしてメニューにアップされるのはいつになるやら?

新宿の『つけ麺 五ノ神製作所』は今や大行列らしいから、
空いてる今のうちになんとか再訪しなければ!
エビッ!エビッ!エビーッ!
(興奮して裸で海老ダンスを踊り再逮捕)

--------------------

★2013年7月のトータル杯数/22杯
★2013年の通算杯数/150杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,666杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑懲役気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』Tシャツ好評です!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Trigo@志木

DSC04523.jpg

2013年7月28日/Trigo/志木/
醤油らーめん/700円


急に思い立ってフラリとやって来た、
新所沢で宿題店だった二軒のラーメンつけめんをやっつけ、
ググってヒットした近所のスーパー銭湯でひと休み。

天然温泉の露天風呂のあまりの気持ちよさに、
白目を通り越して黄目の状態でゆっくり浸かっていると、
何やら西のほうからどす黒い雲が近付いてきたかと思うと、
一瞬で全裸のおっさんを蜘蛛の子のように散らす大豪雨が来襲!

思わず雨に打たれながら天を仰いだりゴロゴロ転がったりして、
アドリブで尾崎豊ごっこを楽しんでみたものの、
気を利かせた知らないおっさんが吹くハーモニカの音色も、
雨音にかき消されてまったく聞こえない有り様!
(浴室への楽器の持ち込みはご遠慮ください)

おかげでせっかく風呂に入ったのに身体は冷える一方なので、
帰りすがらに温かいラーメンを一杯いただいていきます!

DSC04522.jpg

高速に乗る前に寄れるエリアの中から、
未訪の気になる店を画面を雨水で濡らしながら携帯で探し、
チョイスしたのは志木駅そばの『Trigo』さん。

そんなゲリラなタイミングだったのでさすがに前客はいなかったが、
カウンター席と小さなテーブルもあるこじんまりとした店は、
まるで小粋なイタリアンレストランのようにオシャレな雰囲気で、
普段は人気なのであろう様子がうかがえます!

厨房ではグリーンのポロシャツを身にまとった、
金髪の店主さんが一人で静かに回している。

メニューはシンプルに「らーめん」と「つけめん」、
それに夏季限定の「冷やし担々麺」という編成で、
「つけめん」は有料でカレー味や辛口などへの味変もできるみたい。
ここはシンプルかつ大胆に「らーめん」でオナシャス!

昼の『こてつ』『ブロンソン』の濃厚スープ連チャンに、
完全に胃腸をやられた自分にとっては、
この澄んだ水面はまるで泉のように見えてくるわ!

そんな泉アツノ(霊媒師)スープは鶏清湯に、
鰹や煮干しの魚介系に昆布などの乾物系、
そして醤油の香りがちょうどイーブンになるよう設計されている、
絶妙なバランス感覚を誇る味わいでとても美味しい!

温度が落ち着いて全体がなじんでくると、
より素材同士の親和性が増すように感じられて、
思わずグイグイレンゲが進んじゃう!

これは個人的に実に好みのど真ん中どストライク!
敷田球審も思わず100%全力の卍マークを披露しちゃうわ!
(意味が分からない人はYouTubeで「審判 卍」で検索すること)

細麺は軽くヨレがかかった程度のほぼストレートで、
ハリが強くてコリコリとした歯ごたえのある食感。

スープの熱でも最後までそのコシを失わず、
持続力を必要とするスポーツに向いてそうな感じ。

厨房に麺箱の類いは確認できなかったので、
これが自家製なのかどうかまでは分からなかったけど、
だとしてもなかなかいい麺ですな!

チャーシューは最近流行の豚&鶏の2種類で、
ピッギーズはムチムチッと肉感的なタッチのロース肉、
対してケッコーズはしっとりとした食感のモモ肉で、
見事にキャラ分けされたダブルヒロインっぷり。

さらに手裂きしたような太メンマに小松菜と海苔が乗って、
これで700円ならなかなかお値打ちですぜ!
(ブランド王ロイヤル社長のヘアスタイルで電卓を叩きながら)

大満足でホクホクしながら店を出た頃には、
もうすっかり雨は上がっておりました。

なんだか旨さでテンションが上がってしまい、
道にできた水たまりでスズメの水浴びの形態模写を披露しつつ、
本日のプチ遠征はおしまい!東京へ帰るチュンチュン!
(せっかくラーメンで温まったのも台無し)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑風邪をひいちゃいました気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ブロンソン@新所沢

DSC04520.jpg

2013年7月28日/ブロンソン/新所沢/
つけめん並+黒辛/780円+100円


完全なる思いつきでやって来た新所沢遠征、
まずは『こてつ』の動物魚介系ラーメンをやっつけ、
次なるお目当ての店へと向かいます。

そう!新所沢といえばここもかなりの宿題だった『ブロンソン』さん!
屋号からして男のフェロモン全開じゃないか!

てっきりオーナーはMJことみうらじゅん先生か、
元ばちかぶりの田口トモロヲさんだとばかり思ってたよ!
(詳しくは「ブロンソンズ」でググってください)

DSC04519.jpg

新所沢の駅からちょっと離れた住宅街にあり、
昭和の遺産みたいなうらぶれまくりの飲み屋街の一角。
ちなみにすぐ隣のワインバー『チャールズ』も同系列ですって!

への字型のカウンターが中心の店内もなかなか年期が入っていて、
薄暗い明かりの中では店主さんとアシさんの二人が、
どこか武骨そうな雰囲気で調理に没頭している。

メニューは「つけめん」と「濃厚中華そば」、
それに土日限定の「まぜそば」というラインナップ。

さらに個性的なトッピングとして唐辛子の「赤辛」、
ガーリックオニオンの「黒辛」にカレーの「黄辛」と、
味変アイテムも豊富に揃っているのが面白い。

「つけめん」と「黒辛」の食券を渡してしばし待っていたが、
カウンターに「茹で前で250g」との張り紙を発見!
ってことは茹で上がりで400g近いってこと?

ビビって大慌てで麺少なめに変更できるか頼むと、
茹で始めのタイミングだったのか一気に厨房内が不穏な空気に…!

告訴だけは!告訴だけは勘弁してください!
荒縄で縛られて裸馬に引きずられるくらいならしますから!
(西部開拓時代のお仕置き的なイメージ)

でも結果的に少なめ指定で大正解!
丼に詰まった極太麺は少なめでもかなりのボリューム!

その麺はガッシリと凝縮した密度があり、
啜ってもなかなか上がってこないようなゴワゴワ具合で、
全身のパワーを奥歯に集中して一気に噛みつぶすと、
小麦の香りが口いっぱいに広がって美味しい!

そんなじゃじゃ馬を受け止めるつけ汁も、
具が沈んでいかないほどドロドロと重く、
魚粉がたっぷり溶かされてザラザラとした口当たり。

まるで動物と魚介を分子レベルで融合したような、
瞬時に唾液を奪われるほどのもっさりとした濃厚っぷりで、
独特のビターな味付けもかなり印象的。

具は角切りチャーシューと極太メンマ、ナルトで、
チャーシューややパサッとしたツナっぽい食感。
ナルトもこだわった無添加の高級品らしいですぜ旦那!

DSC04521.jpg

「黒辛」は粗めに刻まれた生タマネギを、
苦味の強いマー油と黒胡椒で和えたもので、
半分ほど食べたところでつけ汁にぶち込むと、
苦さとスパイシーさが加わって一気に表情が変わる。

この黒辛のアクセントのおかげで何とか食べ切ったけど、
やはり連食向きではないヘビーさで相当難儀したわ!

しかも濃厚ゆえ確実にお冷やの麦茶が必要不可欠なわけだが、
コスト的にあまりたくさん飲ませたくないのか、
コップが養命酒のキャップか!ってくらい小さくて、
汲んでも汲んでもすぐになくなっちゃうの!
男たるもの豪快にグビグビと飲みたいじゃないか!

うまい麦茶一杯と馬の鞍を交換してもいいぜ!
(それブロンソンのフレーズじゃねぇし)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑MJBコーヒー気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0075.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ『ぴー』発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん つけめん こてつ@新所沢

DSC04518.jpg

2013年7月28日/らーめん つけめん こてつ/新所沢/
味玉らーめん/800円


繁忙期まっ只中のシーズンだというのに、
奇跡的にポッコリとスケジュールが空いた日曜日。

お天気も上々で絶好のドライブ日和!
となれば麺遠征にクリクリ繰り出すしかないでしょうよ!

遠征バージョンの宿題リストを見つつの脳内会議の結果、
目的地はラーツ部などでの取りこぼしも多い新所沢に決定!
さっそく車を走らせること約1時間ばかりで到着!

実はこの辺には親戚が住んでいるので、
家に遊びにいったりしていて子供の頃から馴染みの深いエリア。

しかし相変わらずこの辺りまで来ると、
ほんのりと西武ライオンズの匂いが漂ってきますな!
特にデストラーデのカリビアンダンディな色気がムンムンと!

DSC04517.jpg

おなじみのガッツポーズを連発しながらまずやって来たのは、
シントコでも屈指の人気店である『こてつ』さん。

実は2号店である『にぼしらーめんこてつ』の方には、
すでにラーツ部にて先に行っちゃっていたので、
改めて本店のほうを訪れた次第であります!

新所沢駅からも歩いてすぐの線路沿いにあり、
スナックなどが密集した駅前にありがちなテナントビルの一角で、
店内も壁やら床やらにだいぶダメージがきちゃってる印象だが、
カウンターに小上がり席もあって使い勝手は良さそう。

メニューは「らーめん」と「つけめん」が軸で、
それぞれしょうゆ味としお味が用意されているが、
50円プラスすると「にぼしに変更」か「どろどろに変更」も選べます。

どうでもいいけど「どろどろ」って平仮名で書くと、
なんだか妖怪チックでおっかなくておねしょしちゃうそうね!
早く寝ないとどろどろがやって来て身体を溶かされちゃうぞ~!(ジョーッ)

妖怪どろどろも非常に気にはなったのだが、
でもまぁここはオーソドックスに「味玉らーめん」をしょうゆ味で!

トロリとしたスープは口当たりも滑らかで、
口に含んだ瞬間は魚介由来の軽い酸味を感じ、
徐々に動物系の官能的な甘みが広がってくるいわゆる豚骨魚介だが、
かつての『斑鳩』をも思い出させるようなハイレベルっぷり。

キチッと丁寧に炊かれているのを感じさせる味わいで、
容易く「またお前か系」などとカテゴライズするにはもったいないわ!

麺は中細のまっすぐストレートタイプで、
加水率が低めでサクッとした歯切れのいい食感。

海苔の下に隠された細かく刻んだネギがたっぷり絡んできて、
そのシャキシャキした食感も加わるのが楽しい。

軽く黒胡椒がかけられたロース肉のチャーシューは、
40代の頃の中尾彬みたいな顔でスケベにむしゃぶりつきたくなるような、
肉厚でジューシーで噛みごたえのあるタイプで旨い!

さらに甘口でもはやふ菓子に近い極太メンマ、
そして味玉は季節的な関係かほぼ全熟の状態で、
あまり味も染みておらず正直期待ほどではなかったかな。

まぁ『にぼしらーめんこてつ』の味玉があまりに旨くて、
無駄にハードル上げちゃった俺にも責任はありますけどねっ!

スープに油分もしっかり溶け込んでいるのか、
食後はかなり胃袋にズシンときちゃった。

このあとの連食に一抹の不安を感じつつも、
地平を駆ける獅子のごとく次のお店へと向かいまーす!
ライオ~ンズ!ウォウォウォラ~イオ~ンズ!ラ~ウィウォ~~~ンズ!!!
(松崎しげるに負けない完璧な発声法で)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑作曲小林亜星気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

田川 黒大八@三ノ輪

DSC04513.jpg

2013年7月24日/田川 黒大八/三ノ輪/
ラーメン 黒/850円


※すでに閉店したお店のレポとなります
 わずか半年でお店がなくなるとかシビアですのぅ…


本日はヨメからRK宣言(ラーメン食いたい)が発動しておりますので、
早々に事務所のパソコン(PC-6001)の電源を落として、
晩飯にサクッと一杯啜りにお出かけします!
ハノイの塔の続きはまた明日やろーっと!(仕事してないじゃん)

今回ロックオンしたのは三ノ輪の『鶴若』さん!

なんでも神奈川淡麗系×新潟五大ラーメンの融合という、
気が遠くなりそうなコンセプトのニューカマーなので、
ぜひとも複数人で訪れてシェアしたかったのよね!

「王道中華そば」の醤油にするか塩にするか、
はたまた「背脂中華そば」や「生姜中華そば」も捨てがたい!
などと車内でメニュー選びに花を咲かせながらいざお店へ!
つっるわか!つっるわか!(ワセアカの感じで)

DSC04510.jpg

つっるわかっっっ!!!

DSC04511.jpg

なんとまさかの諸事情により21時で早仕舞いですって!
諸事情ってなぁに諸事情って!

閉められたばかりのロールカーテンの向こう側には、
明らかにまだ人の気配がしている状況!

くそぅ!きっと中では友達同士でプリングルスとか食いながら、
UNOでワイワイ盛り上がってるに違いない!
あー!そこでドローフォー連発とか超ズルイよーもうー!

DSC04512.jpg

ショックのあまりいらぬ妄想をスパークさせつつ、
仕方なくリカバリに選んだのは『鶴若』さんからわずか数十m、
『あんど』の跡地にできた九州ラーメンの『黒大八』さん。
ちなみにこれで「くろだいや」と読むそうです。

『あんど』時代そのままのカウンターのみの小さな店で、
なんか高校生みたいな若いお兄ちゃんと店主さんの二人体制。

券売機の横の給水機が最新式でやたらハイセンスなデザインで、
水じゃなくてエスプレッソでも出てきそうな勢い!

メニューは基本となる「ラーメン」の白と黒、
それにちょっと気になる限定品の「鰯」という編成だが、
もちろん限定などこの時間には残っているはずもなく、
ヨメと「ラーメン」の白と黒をそれぞれ注文。

大きな寸胴からスープを適量小さな寸胴に移し、
それをそのまま火にかけて温めるという変わった手法。

黒い丼に映える真っ白な豚骨スープに、
仕上げに良ぉ~くかき混ぜてから投入されたマー油が、
IKEAで揃えた家具ばりのモノトーンの落ち着きを放っている。

変なドロドロ感はなくサラッとしているものの、
ダシとしての豚骨の旨味はしっかり抽出された豚骨スープに、
ビターで香ばしいマー油のアクセントはもはや鉄壁の布陣。

そこに豚骨系ではちょっと珍しい具の岩海苔が溶け出し、
その磯の香りがいわゆる鰹や煮干などの豚骨魚介とは、
ちょっと違うベクトルの海パワーを醸していて、
実にいい仕事っぷりで面白いっす!

ただ若干カエシのしょっぱさが硬くて、
舌にツンとくるように感じてしまったので、
味薄めくらいにしてもらったほうが好みにはなりそう。

麺は九州系らしい超極細のストレートタイプで、
茹で湯に突っ込んでわずか15秒ほどで引き上げる細さ。

しかし呑気にデジカメやらiPodで写真を撮ったり、
店に持ち込んだアコースティックギター一本で、
「トイレの神様」をフルコーラスで唄っていたせいもあるのか、
時間が経ってそこそこ熱が入りふんわりと柔らかい食感に。
(流しではないのでお金は結構です)

チャーシューはトロトロに柔らかいものの、
半分くらいが脂身でちょっとイマイチな感じ。

その後も前述の岩海苔とキクラゲ、斜め切りの白ネギと、
様々な食感の具材の脇役たちが座を持たす。

麺量もおそらく100g前後と軽めだったので、
すかさず替え玉の食券を追加購入してカタメ指定でいってみる。

すると同じ麺とは思えないくらい一気に表情が変わり、
ザクザクと噛ませるハードな食感に変貌。
ロリ顔なのに女王様とかそういう比喩でだいたい合ってると思うよ!

別皿で添えられる紅生姜はかなり味が濃いので、
スープの味にも影響が出るので入れるタイミングには気を付けて!

DSC04515.jpg

いっぽうヨメの「ラーメン 白」はマー油が入らないぶん、
より豚骨の旨味をダイレクトに楽しめるものだが、
やはり塩分がやや強めでライスが必要になってくる感じ。

こちらには万能ネギや辛味噌が乗ってきたり、
別皿アイテムがまさかの刻み大葉だったりと、
具材にも差異を与えているのが面白い。

ちなみに豚骨スープ+大葉というカップリングは、
友和&百恵ほどのベストカップルでこそないものの、
ジャガー&ヅラ医者夫婦くらいには相性がいいと思うよ!

何せ緊急リカバリでほぼノーマークだったので、
後で調べたらなんと小岩の『一本氣』出身だったのね!道理で!

ただなかなかクオリティが高くて美味しいラーメンだったけど、
正直デフォルトで850円っつー強気な価格はどうかなー!

しかも白が750円で黒が850円っつことは、
マー油ひとかけで100円取られるってのもどうなんかなー!
白650円黒700円くらいじゃダメなんかなー!

あんまり敷居が高いとスキップカード出しちゃうぞ!
(最終的にはUNOパーティーに参加した様子)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑次はジェンガやろうぜ!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg
↑悪意1000%のラーメン系(?)Tシャツ最新作!
 「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

創作麺工房 鳴龍@新大塚

DSC04509.jpg

2013年7月21日/創作麺工房 鳴龍/新大塚/
梅塩拉麺/850円


参議院議員選挙の投票に向かう前に、
まずは期日前ラーメンを啜りに大塚までやって来た、
二代目雑民党党首ことこむら代表。
(どっちかって言ったら全国ラーメン党じゃないの?)

まずは『汁なし破顔』をやっつけたわけだが、
汁なし食ったら汁が飲みたくなるのが自然の摂理でしょうが!
ルーシーを!熱々のルーシーをプリーズ!

DSC04507.jpg

というわけで大塚駅をまたいで新大塚方面へと向かい、
約1年ぶりの再訪となる『鳴龍』さんへ。

というのも根っからのコレクター気質として、
2008年には一年間で一度も同じ店に行かなかった(285軒)という、
ギネスの認定委員が見向きもしない記録を作ったわけだが、
ここ最近はちょっと考え方が変わってきたっつーか。

未訪店に固執せず名店なら再訪もアリかな~とか思うようになり、
体毛が生えはじめ喉ボトケが出て声がワントーン低くなり、
丸みを帯びた体つきになり乳房が発達したのだ。
ママー!性を超越した存在になったよー!今夜はお赤飯ね!

そんなラーメン菩薩でも満席の場合は、
大人しく店の隅っこでジッと待ちます!待ちますとも!

さて『鳴龍』さんは6月に店内を大幅改修して、
厨房のど真ん中に麺茹でスペースが設けられたので、
調理の様子がカウンターのどの席からでもじっくり観られるように。

休日のファミリーやいかにもな麺好き風など客層も様々で、
そのほとんどが人気の「担担麺」を食べているなか、
俺はあえての「梅塩拉麺」いきまーす!

1年前にいただいたキレ味ある「醤油拉麺」とは対照的に、
スープは「ほわーっ」という効果音で表せるような、
舌に波紋のようにじわりと旨味が広がっていく、
淡くパステルチックな味わいの鶏魚介清湯。

そのままだとやや掴みどころがないようにも感じるが、
そこに種を抜いた梅干しとシソ、とろろ昆布を溶かしていくと、
爽やかな甘酸っぱさと昆布の旨味がプラスされて、
一気に味の輪郭が明確に見えるようになっていく。

ひょっとしたらこの梅干しのすっぱさ前提で、
味付け自体は控えめに調整してあるのかしら?
だとしたらさすがのバランス感覚だと思いまっす!

自家製のストレート麺はひと口では啜りきれないほど長く、
伸びやかでねっとりとした食感を持った独特のもので、
全粒粉のドットも垣間見えて風味もいい。

ただスープの香りを逃さないためか、
丼の間口が狭くて深く形状をしているので、
まったく泳がず底でこんがらがっちゃってるのが何とも惜しい。

ガシッとした硬めの低温調理チャーシューは、
ロースとバラの2種類が乗ってるのが嬉しい。
ポリポリとしたメンマの歯ごたえもナイスアクセント!

あくまで梅干しを主役にした一杯で、
爽やかな味わいにすっかり魅了させていただきました!

さてじゃあようやく投票所に向かいますかね!
やる気!元気!イワキ!やるっきゃない!やるっきゃない!
(性を超越してしまった存在のため無効票に)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑マドンナ旋風気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0077.jpg
↑お前の髪はニセモノだ!
 周囲を気まずくする上司や家族の秘密を貴方に代わってズバッと暴露します!
 『カツラハンター』Tシャツ発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

汁なし 破顔@大塚

DSC04505.jpg

2013年7月21日/汁なし 破顔/大塚/
焦がし醤油汁なし(小)/700円


本日は参議院議員選挙の投票日。

こんな俺でもギリギリ国内に戸籍は有しているし、
正々堂々と一票を投じる権利くらいは存在するんだからね!
まぁその代わり投票用紙は泥とポテチの油でベタベタですけども!

しかし投票会場である小学校に向かう前に、
まずは胃袋という名の投票箱にラーメンという名の一票、
いや二票ばかしサクッと投じてくるから、
立候補者の皆さんはちょっとそこで待ってなさい!特に山本太郎!

後ろカゴに「本人」と書かれたノボリをくくりつけた、
リサイクルショップで買った激安の中古ママチャリで、
周囲に最後のお願い(ジャンプ買ってきて!とか)をしながら、
向かったのは昨今ラーメン激戦区になりつつある大塚。

DSC04504.jpg

その大塚に今年6月にオープンしたばかりで、
桜台の『破顔』が人気メニューの汁なしだけを独立させた、
いわばスピンオフの店となる『汁なし破顔』さんが本日一軒目。

「踊る大捜査線」でいえば「交渉人真下正義」、
「相棒」でいえば「鑑識・米沢守の事件簿」、
「セーラームーン」でいえば「亜美ちゃんの初恋」的存在ですな!
(子供用のピッチピチのセーラーマーキュリーの衣装に着替えながら)

JR大塚駅から大陸系のいかがわしさが溢れる通りを進み、
豚骨ラーメンの人気店『ぼたん』を少し越えたあたり。

ちょっと手狭なカウンターのみのお店で、
入ると独特の焦げたような匂いが漂っているのだが、
これはお店のウリである焦がし醤油や炙りチャーシュー由来なので、
くれぐれも慌てて119番とかしないように!

もちろんメニューは「汁なし」のみで、
「醤油」「塩」「焦がし醤油」「海老」の4種類があり、
さらに麺の量を小、中、大から選ぶことができる。
ちなみにお持ち帰りも可能ですってよ!

夏の限定の「鶏チャーシュー冷やし」や「激辛汁なし」も気になるが、
店内の香ばしいアロマに魅了されて「焦がし醤油」をチョイス。

厨房との高い間仕切りから頭上で供される一杯は、
小だと見るからにボリュームは少なめで、
連食にはちょうどいいサイズだわね。

タレは真っ黒になるまで炒めたニンニクと唐辛子がベースで、
さらに溶かした背脂も加わりテラテラと輝いていて、
まずはそいつを極太の麺に豪快に混ぜ込んでいく。

その極太麺は見るからに太く逞しくうねりも強く、
ギュウッと中身が詰まっているものを硬めに茹で上げており、
口の中で暴れるような独特のゴワッとした食感が印象的。

そこに絡まる焦がし醤油のタレは、
ちょっと焼肉ライクな香ばしさと甘さが同居した味わいで、
まったりとした背脂のコクも相まって、
麺を食うのをグイグイ牽引していくパワーがある。

たっぷりのフライドガーリックが加わっても、
それほどニンニク風味は強くなくさらに香ばしさを助長する。

具は炙った角切りチャーシューと味玉半分、刻みネギに海苔で、
このチャーシューが肉厚でジューシーで、
噛めば噛むほど肉汁があふれてまぁ旨いこと旨いこと!
なんならこの焦がしタレとともにライスをかっこみたいくらい!

味玉は箸でグチャグチャにつぶして、
海苔も手でパリパリちぎって麺と絡めつつ、
最後は酢を加えてさっぱりさせつつフィニッシュいたしました。

ただ麺を少し残して割りスープを投入して、
焦がしラーメンにするのを試すのを完全に忘れたけど気にしない!

バリエーションも豊富だし味も間違いないし、
これはもう桜台に続いて大塚でも当選確実が出ることでしょう!
(支援者のバンザイ三唱に深々と頭を下げながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ダルマに目入れ気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0072.jpg
↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが久々に実現!
 イブニングで連載中の人気漫画 「少女ファイト」公式Tシャツ『Memento mori』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

つけ麺 みむろ@梅島

DSC04503.jpg

2013年7月19日/つけ麺 みむろ/梅島/
ざる/780円


お前マジシャンかよっ!(三村)

本日は堀切の取引先の業者詣でのため、
必然的に昼飯は葛飾~足立エリアに絞られるわけだが、
そんな中から本日チョイスしたのは『みむろ』さん。

なんでも先日オープンしたばかりのこちらは、
あの新宿の老舗『満来』のインスパイアっつー、
ありそうであんまりなかった珍しいお店なんだとか!

『満来』といえばあの「このケダモノ!」と叫びたくなるような、
乱暴で荒々しいチャーシューの塊を思い出すわけだが、
果たしてどこまであの肉の山が再現されておりますやら!
登山家ルックでセサミンを大量服用しながらGO!

DSC04502.jpg

店は大きな都営団地の隣にあり、、
同じ建物内には「三室」という氷屋さんが併設されているので、
親子二代でそれぞれ経営してる感じなのかな?

店頭には謎のおっさんの顔が染め抜かれた幟がはためいており、
なんとなく野暮ったい外面のイメージに反して、
カウンターだけの店はスタイリッシュなインテリアで、
軽くジャズが流れる落ち着いた雰囲気。

先客は近所の会社で働く勤め人の姿が多く、
戸惑いながらも大量のチャーシューにかぶりつくOLさんの姿に興奮!
今ここに3Dプリンターがあればその姿を精密に再現するのに!
そして事務所のiMacの上にそっと飾るのに!

メニューはやはり『満来』を踏襲したもので、
「らあめん」と「ざる」の二枚看板。

先客のあのボリュームに日和って普通の「ざる」にしたのだが、
普通盛りでも皿にこんもりとそびえる280gの麺、
そしてつけ汁からはみ出るほどのチャーシューの迫力たるや!

その麺は太く平たくうねりが強く、
あまり水分をたたえていないのでゴワゴワツとしており、
その硬質でハードな食感がなんとも印象的。
刻み海苔もグングン湿気を吸って麺にくっついていくぜ!

そのゴワゴワ麺を受け止めるつけ汁は、
濃度はまったく無くサラッとしたタイプで、
動物が主体となったさっぱりとした味わいの醤油味。

酸味や辛味は控えめに調整されており、
このすっきりしたつけ汁だからこそ、
大量の麺でもスルスルと胃袋に入っていくわけだ!

そして短冊状に細かく刻まれたチャーシューは、
『満来』のものよりもほんのりレアに仕上げてある。

ピンク色の赤身の部分がムチムチとしていて、
肉の旨味にあふれたもので噂通りの美味しさですわよ!
これはいっそ刻みじゃなくて塊のやつをかぶりつきたい感じ!
そしてその俺の姿を3Dプリントすればいいじゃない!

あとの具はメンマとたっぷりの輪切りネギ、
そして小皿で供される柚子皮とシンプルにまとめられている。

先述したおっさんマークが店内でもやたらアピールしている、
卓上の「親父の味噌」なるチューブに入りのペーストを、
途中で麺のほうに絡めてチャレンジしてみる。

酸味とニンニク風味の強い豆板醤のような味で、
やや麺の勢いに押され気味の後半から終盤に、
もってこいの味変アイテムだと思います!

スープ割りは卓上のポットに入った和風ダシで、
最後まですっきりの姿勢を崩さないままフィニッシュ。

インスパイアだけあって「ざる」はかなりの再現力!
何より東京東部であの新宿の味が食べられるのが嬉しい!
そういえば『満来』や『ほりうち』もご無沙汰だから近々行くかな!

つか良く良く考えてみたら俺『満来』系で、
「ざる」って一度も食ったことなかったわ!テヘペロー!
ああぁみんなチャーシュー塊を投げないで!納豆をぶつけないでー!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑満来ファンの皆様すいません気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0073.jpg
↑悪意1000%が贈る「古典落語Tシャツシリーズ」第一弾!
 『SHIBAHAMA-芝浜-』買ってくれなきゃ釜の蓋が開きゃしないよ!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。