スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉麺 いさりび@船橋

DSC04659.jpg

2013年8月29日/拉麺 いさりび/船橋/
ラーメン/700円


今日はお仕事絡みでとある案件の打ち合わせなのだが、
その場所が人生で一度も行ったことのない東松戸!遠いったらない!

我が事務所から出かけるとなると、
まず総武線で西船橋まで出て武蔵野線に乗り換えるか、
流しの駕篭かきを捕まえてエッサホイサ行くかの二者択一!

しかし時代はすっかり江戸は遠くになりにけりで、
京葉道路に突っ立ってても待てど暮らせど駕籠なんか来やしないので、
素直に電車を乗り換えて出かけることにしましたよ!
ついでに船橋まで寄り道してラーメン一杯ひっかけますよ!

DSC04658.jpg

やって来たのは船橋駅の北口から、
歩いてすぐの場所にある『いさりび』さんでございます!

「いさりび」とは漢字で書くと「漁火」となり、
夜中に漁を行う船が魚をおびき寄せるための灯りのことで、
その漁火のようにお客さんを呼び寄せる店になれるようにという、
店主さんの切なる願いが込められた屋号なんだとか!

「悪意1000%」なんて来る者をおしなべて拒絶するかのような、
おっかない屋号を付けた自分とは真逆の発想ですねー!
笑わば笑えー!こちとらこれで14年おまんま食ってんだー!

お店は横並びの長いカウンター席のみで、
その背中側がすべてサッシの入口になっており、
まず外の券売機で買ってから空いてる席の戸を開けて座る仕組み。

ゆるやかにジャズが流れる厨房は、
パリッとした佇まいの店主さんと大陸系の女性の二人体制。

メニューは「ラーメン」と「つけめん」に、
各種トッピング類のみとなかなかに質実剛健。
ただやたら店内ポスターとかでアルコール類のプッシュが凄いけどね!

やはり基本をいただくべくオーダした「ラーメン」は、
どこか御茶ノ水の『大至』に似たビジュアル。

飲むとじんわりと旨味が広がっていくかのような、
コクのある豚鶏魚介のミックス清湯スープを、
やや甘めのカエシと厚めに張られたラードが牽引していく感じ。

初めはやや油にマスクされちゃう印象があるが、
徐々に全体がなじむとバランスが合ってくるので、
急がずじっくりと味わいながら食べるのがベターでしょう!

浅草開化楼製の細めストレート麺は断面が丸く、
カンスイの黄色みが強い昔ながらの中華麺チック。

やや硬めの茹で上げでしっかりとコシがあり、
スープの熱でもへたりにくいのが頼もしい限り!

チャーシューはいま流行りの低温調理タイプで、
ムチムチとしたエロなまめかしい食感をしていて、
思わずマイクロビキニを着せたくなっちゃう!(どうやって?)

お店でちゃんと戻してるっぽいメンマも、
サクサクと上質な歯ごたえをしていて大変美味。
デフォルトで半分乗っかる味玉もしっかり味が染みてます!

トータルで過不足のないように作られた、
隙を見せない優等生な一杯といった印象でした。

ぜひネオクラシカル系ラーメンの代表として、
今後も漁火をガンガンに明るく照らして、
千葉ラーメン界にピカピカに君臨してほしいですな!

じゃあ最後にせっかくですので、
とっておきの強い輝きを放つおまじないをしておきますね!



「バルス!」



--------------------

★2013年8月のトータル杯数/26杯
★2013年の通算杯数/176杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,692杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑目がー!目がー!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0070.jpg
↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!
 だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん 裸@新大久保

DSC04657.jpg

2013年8月28日/らーめん 裸/新大久保/
ラーメン並+たぬき/400円+60円


某Tシャツムック誌の取材が早く終わったので、
空いた時間を使ってちょっとラーメン食べに行くという、
芸能人の時間の使い方みたいな感じで大久保に来ております!

まずは『鯱』さんの鯛煮干ラーメンを堪能し、
まだまだ続く厳しい残暑のなかを新大久保方面へ歩いていく。

ボクはつねづね思っているんです!
気温が30度を超える日は裸で過ごすべきだと!

老若男女全員がスッポンポンでいればちっとも恥ずかしくない!
まさに究極のクールビズではないですか皆さん!
なんならボクが率先して体現しましょうか!
映画「ゆれる」の真木よう子ばりの脱ぎっぷりを披露しますよ!

DSC04655.jpg

穿いてる短パンを膝までずり下ろしながら、
周囲をドン引きさせつつ大声でアジテーションをしていると、
何やら山手線の高架下のすぐ近くに、
セクシーな赤いマニキュアで扇情的に誘う謎の看板を発見!

DSC04656.jpg

こちらが本日2軒目のお目当て『裸』さん!
屋号からも最近麺狂いの皆さんが色めき立ってるお店なのです!

コンクリ打ちっ放しのようなガランとした店内は、
壁や窓に面したカウンター席のみという不思議な造りで、
厨房には金髪&タンクトップ姿でやたら愛想のいい、
店主さんらしきキュートな女性がひとり。

何ともそそる屋号はなんとこちらの女性店主さんが、
裸好きだからとかなんだとかいう噂が!

なんだかボクたち気が合いそうですね!
良かったら今度お台場のヌーディストビーチご一緒しませんか?(ねぇよ)

実際とことん「裸」にこだわっているらしく、
店のあちこちに「裸マーク」のシールがペタペタ貼られ、
厨房前に置かれた酢にもご丁寧に「酢っぽんぽん」のラベルが!
良かったら今度ヌーディストスパご一緒しませんか?(それはただの銭湯だろ)

券売機を見ると基本の「ラーメン」と「塩ラーメン」は、
なんと破格の400円というお値打ちっぷり!

さらに「きつね」や「たぬき」など、
立ち食い蕎麦でしか見かけないトッピングも多数。
面白いので「ラーメン」に「たぬき」を乗っけてみましょう!

出来上がったらトレイに乗せて自分で取りに行くシステムで、
プラスチックの丼になみなみとスープが注がれている。

そのスープは昔ながらの豚骨鶏ガラベースで、
やや甘口なカエシの香りが際立つ醤油味で、
たっぷりの液体油がトロンとしたコクを与えてる感じ。

そこに揚げ玉のカリカリした食感が加わり、
揚げた香ばしさとこってり感が増すので、
予想以上にラーメンのスープにもマッチしている。
ただししょっぱさと油分で相当ノド渇くけどね!

チリチリにちぢれた極細麺はやや硬めに茹でられ、
コリコリとしたどこか懐かしさを感じる食感。

このスープに合わせるにはまさに王道!
なんとなく立ち食い蕎麦屋さんのラーメンチックな感じね!

具は脂身少なめで肉々しい味のチャーシューが2枚に、
メンマと海苔とナルトとたっぷりの刻みネギが乗って、
およそ400円とは思えない充実したラインナップ。

卓上にはラー油や胡椒なども常備されているので、
途中で好みの味にバンバン変えながら最後まで楽しみました!

食後は店主さんの「お気をつけてー!」の声に送られ、
テンションの上昇でついに一大決心して一糸まとわぬ姿に!
そのまま帰宅しようとするも5秒で即逮捕!

まさかTシャツムック誌に載る前に、
新聞に名前が載ることになるとは夢にも思わなかったわ!
裸になって何が悪い!しんごー!しんごー!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑俺たちゃ裸がユニホーム気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』Tシャツ好評です!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鯛煮干ラーメン 麺屋 鯱@大久保

DSC04654.jpg

2013年8月28日/鯛煮干ラーメン 麺屋 鯱/大久保/
白醤油らーめん/800円


なんとワタクシ「キテレツTシャツ悪意1000%」の主として、
某Tシャツ専門のムック誌に取材していただくことになりまして!
あとツレがウツ(TMNのほう)になりまして!

普段じっと日陰で泥水をすすっている身としては、
そんな公の場に取り上げていただけるなんて至極ありがたい話!

ただ緊張のあまり喫茶店でのライターさんとのトーク中、
ずっと中学生レベルの卑猥な単語しか発してなかった気がするけど、
まぁそこはうまく編集して何とかしてくれるだろう!
ライティング能力の腕の見せ所ですよって話じゃんか!

思ってた以上に早く取材が終わってしまったので、
(ライターさんが匙を投げたとも言える)
ちょっと寄り道してひと麺ぶっ込んでから事務所に戻るかね!

ラーメン食うこれ以上ない口実ができて意気揚々と向かったのは、
大久保駅近くに割と最近オープンしたばかりの『鯱』さん。

屋号からてっきりシャチのダシを使ってるのだと勘違いして、
思わず捕獲船に火炎瓶を投げて抗議する勢いだったが、
実際は鯛の煮干を使ったラーメンなんだとか!
危うくシーシェパードもどきになっちゃうとこだったよ!アウアウ!
(見事なシャチの形態模写でごまかす)

DSC04653.jpg

場所は昔懐かしの『竈』があった雑居ビルの近くで、
入口が奥まったところにありちょっと目立たない立地。

間口も狭く元々はバーか何かだったのか、
細長いカウンターのみの手作り感あふれる雑然とした雰囲気の店を、
物腰の柔らかい店主さんが一人で仕切っている。

ボードに書かれたメニューは「塩らーめん」と「白醤油らーめん」のみで、
「シェリー酒漬け味玉」とか「鯛だしご飯」あたりも気になるなぁ。

見るからにパステルチックなビジュアルの「白醤油らーめん」は、
ほのかに鼻をくすぐる鯛独特の鮮魚の香りを、
鶏の挽き肉から取ったという動物系のダシが下支えしている。

それをまるで鉛筆で輪郭線を引くかのように、
白醤油の穏やかな塩分が全体をまとめる、
まさに「淡口」という言葉がふさわしい上品な味わいですな!

「淡口」つっても80年代のジャイアンツを支えた、
オケツぷりぷり打法のアベレージヒッターのほうじゃねえぞ!
(背番号7のユニフォームでフォームを完全再現)

ネギの上に散らされた鯛煮干のパウダー?や、
チャーシューの上にかけられたブラックペッパー、
そして底に沈んだ柚子皮などでわずかに味に変化は加わるが、
終始あっさりとした飲み口なのは変わらない。

その淡い海に泳ぐ色白でゆるやかにちぢれた細麺は、
加水率が低くコリコリポリポリとした食感。

スープがおとなしいぶん麺の主張も強くなく、
あくまで調和を重視したハト派のスタンスを保っている。

低温で真空調理されたチャーシューは、
脂身が少なくしっとりとしたミディアムレア仕立て。

シェリー酒に漬け込んだという珍しい味玉は、
白身までトロトロでほぼ温玉に近い状態なのだが、
肝心のシェリー酒の風味は呑んだことないので良く分かんなかったです!
シェリー!優しく俺をしかってくれー!

さらに柔らかい穂先メンマと刻みネギと水菜が乗るが、
一番はっきりした味を感じるのが水菜っつーのも面白いね!

油分も少なく胃袋への負担も少ないので、
最後まであっさりといただくことができました!
連食する身分にはありがたいことこの上なしですね!

では次のお店までシャチの背中に乗って移動しまーす!アウアウー!
(腹ペコだったシャチ君に下半身をかぶり付かれながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑見た目は人魚みたいな気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

まぜそば専門 闘牛脂@北千住

DSC04650.jpg

2013年8月26日/まぜそば専門 闘牛脂/北千住/
スパイシー&ハニー/950円


ひょんなことからラーツ部の一人きんさんぎんさんこと、
ぷっと部員とランチデートする運びとなりました!
ぷっとは100さい100さい!ぷっとも100さい100さい!

平日の昼間だけ会ってすぐ帰るだなんて、
まるで上司と部下の不倫関係みたいじゃないの!やーだー!
予約しちゃう?シティホテルとか予約しちゃうー?

とはいえ二人でホテルにチェックインしたところで、
ペイチャンネル鑑賞かメンコくらいしかやることが見つからないので、
普通にラーメン食ってそのまま解散しますけどね!

それでも一応念入りに勝負下着をチョイスして、
北千住でぷっと部員と待ち合わせて向かったのは、
牛骨らぁ麺の『マタドール』が月曜の定休日を利用して、
新たに立ち上げたまぜそばの専門店『闘牛脂』さんでげす!

DSC04647.jpg

DSC04648.jpg

見た目は当然『マタドール』のままなのだが、
店頭に掲げられたA看板がイレギュラー営業なのをアピール。

4人ごとの入れ替え制と聞いていたので、
ある程度の行列は覚悟してヒマつぶしグッズを大量に持参していたのだが、
13時ちょい手前で空席ありとやや拍子抜けの客の入り。
まだ地元の人に定休日だからって浸透してないのかしら?

前日に『やまぐち』とのコラボイベントを行っていたせいか、
岩立店主は不在でまだ不慣れな感じの若いお兄さんと、
麺茹でから盛り付けまでをこなす女性の二人体制で回している。

「まぜそば」は醤油、塩、味噌と基本的なものから、
タイ風やスパイシー&ハニーなどバリエーションも豊富。

そんな中から俺は「今夜はブギーバック」の歌詞に出てきそうな、
「スパイシー&ハニー」をチョイスしたぜー!
みんなメモれーコピれー!メイクマネー!

なんでもハンバーガーの味わいをイメージしているという、
供された瞬間からほんのり牛が香るそいつは、
赤、緑、黄色に白と彩りがカラフルでいかにも美味しそう!

底にはまるでデミグラスソースのような、
ダークブラウンのタレと油が沈んでいるので、
ガンガンに全体を混ぜ込んでいただきましょう!

油は牛脂由来なので独特のまったりとした甘さと、
かすかに感じるカレーの風味とトマトの酸味、
そしてマスタードのピリ辛感が複雑に絡まって、
なるほど確かにハンバーガーっぽい味わいになっている。

ここに濃いめのチェダーチーズなんかをトッピングしたら、
さらにフレッシュネスバーガーあたりの味っぽくなるかも!

スパイシーに加えてハニーってくらいだから、
ハチミツが隠し味だったりするのかしら?

かなり長い時間かけて茹でられた平たい太麺は、
茹で上げのまま直接丼に投入していた。

肌触りがスベスベでモチッとした気持ちのいい食感で、
ソースもしっかり絡まって味も乗ってくる。
体感ではそれほど量も多くないのでガツガツ食えちゃうね!

具は牛バラ肉のスライスにカットトマト、
刻みネギ2種類にタマネギにタケノコといった具合。
まぜそばでは珍しい福神漬はピクルス的なポジション?

DSC04652.jpg

しかしどうも個人的に油そばとかまぜそば系は、
食べてて口の中がモタついちゃうのが好きじゃないんだけど、
こちらはデフォルトであっさり味のコンソメスープが、
さりげなくカップで付いてくるのが非常にありがたい!

口直しにそのまま飲んでもよし、
麺をくぐらせてつけ麺風にしてもよしと万能選手!
チームに一人いたらAクラスが見えてくるような存在ですな!

DSC04651.jpg

すでに一度来ていて醤油を食べているぷっと部員は、
もうひとつの変化球メニュー「タイのまぜそば」をチョイス。

甘辛すっぱい甜麺醤のようなエスニックなソースに、
桜海老やクラッシュナッツといった様々な食感が交差し、
気分はまさにバンコク!サワディカップ!コップンカー!
パクチーの香りが強烈なので苦手な人は頼んじゃダメよ!

途中でライムを搾ってさっぱりさせることもできるが、
それでもやっぱり牛脂の香りはしっかり感じられ、
つくづく牛という食材の存在感の強さを思わされました!

というわけでものの30分もしないでランチデート終了!
お互い仕事もあるんで本当に会って食ってさようならでした!
これじゃまるで私たちラフレみたいじゃないの!キーッ!
(勝負下着をメチャクチャに切り裂きながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ピーチジョン気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0075.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ『ぴー』発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん専門 うしおととり@太田

DSC04642.jpg

2013年8月24日/らーめん専門 うしおととり/太田/
黒マー油醤油らーめん/720円


前橋育英高校への表敬訪問を兼ねた、
ラーツ部群馬遠征もそろそろクライマックス!

この日のために全員イガグリ頭に剃りこみ、
ツバと頭頂部を極端に変な角度に折り曲げている、
高校球児独特のセンスによるあの例の帽子で揃えてきたので、
結束力が高まっちゃって名残惜しいのなんのって!

泣きながらシューズ袋にありったけの土を詰めながら、
(残土置き場から拝借したので汚染物質とかちょっと心配☆)
ラーツ部では初訪問となる太田市まで移動、
藤田和日郎先生もビックリのネーミングの『うしおととり』さんへ!

DSC04641.jpg

富士重工の大きな工場の真向かいにあり、
カウンターとテーブル席のシンプルながらスタイリッシュな造りで、
店主さんは奥まった位置の厨房で黙々と調理に没頭、
奥様と思われるカワイイ女性がホールを担当している。

レジ下にはたくさんの漫画本が置かれた本棚があり、
もちろん屋号にちなんだ例の漫画は全巻制覇でしょ!と思ったら、
そこに並ぶのはドラゴンボールやスラムダンク、
ジョジョに幽々白書と完全に集英社クラスタ!
そんな子には小学館ビルのラクガキは見せてあげません!

メニューは「醤油」「黒マー油醤油」「潮」「汁なし担々麺」、
まぜそばスタイルの「菜彩麺」に「豚骨魚介つけ麺」という、
こちらもまた実に部活向きなラインナップ。
ちなみにサイドメニューに「はんばっか」はございません!

俺担当のちょっと変化球「黒マー油醤油らーめん」は、
豚、鶏、魚介、野菜を8時間以上じっくり煮込んだWスープに、
自家製の焦がしニンニクマー油を加えたもの。

そう聞くとワイルドで男まさりなふんどしマッチョマンを想像するが、
一度冷まして余分な油脂分などを排除しているようで、
実に口当たりがとろんとマイルドで柔らかい。

マー油も軽い香ばしさを与える程度でそれほどきつくないので、
全体的に優しくてどこか女性的に感じるような味わい。
同じふんどし姿でもマッチョマンじゃなくて宮沢りえです!(古い)

ただスープの温度がかなりぬるかったんだけど、
これは風味を引き立てるために意図的にそうしてるのかしら…?

やや平べったく圧ぺんされた形状の中太麺は、
プリプリとした心地よい歯ごたえのあるタイプ。

かなり強いウェーブで遊んでいるので、
啜るとじゃじゃ馬のようにぶるんぶるんうねるわうねるわ!
マー油もその辺に飛び散らせちゃってはしたないわよ!

でっかく分厚いチャーシューは片面に焼き色をつけており、
肉汁が染み出るほどジューシーで食べごたえ充分!

さらにメンマと海苔、口休めの茹でキャベツが乗るが、
生のままか茹でてるかの違いこそあれ、
マー油の染みたキャベツをかじると完全に『桂花』を思い出すね!

DSC04643.jpg

タグ部員オーダの「醤油らーめん」は、
マー油の入らない純な動物魚介Wスープで、
黒マー油よりやや魚介の風味を強めたシフトになっている。

こちらは細いストレート麺を合わせていて、
ポクポクとした素朴な食感でこれも悪くないね!

DSC04644.jpg

てらみん部長オーダの「味玉潮らーめん」は、
さらに魚介風味が強めでまさに「塩」でなく「潮」な味わい。

スープには軽く魚粉も溶かされており、
トッピングされたあおさ海苔が磯の風味を加速させる。

DSC04645.jpg

そしてKEN-1部員は珍しくまぜそば系の「菜彩麺」を。
急に縮尺がおかしくなったけど丼がバカでっかいんです!

DSC04646.jpg

醤油や潮と同じポクポク細ストレート麺に、
少量のスープと特製の辛味ソースを混ぜて食べるもの。

まず飴色タマネギの香ばしい甘さが前面に来て、
そのあとに深い辛さがジワジワとくるような他にはない味わいで、
ご飯との相性もよさそうな一杯ですな!

さすがに本日ラストの一杯にどっしり系だったので、
もう腹ははちきれるんじゃないかってくらいパンパン!
ということでこれしかないでしょ!ってセリフで本日はお別れですさようなら!

「もう…喰ったさ。ハラァ…いっぱいだ」

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑獣の槍気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺&cafe coi.coi.@伊勢崎

DSC04637.jpg

2013年8月24日/麺&cafe coi.coi./伊勢崎/
煮干長男/750円


まずは『翔鶴』さんに『新満福』さんと、
前橋の人気店をやっつけた今月のラーツ部部活動。

いつもなら速攻でハイパー全裸タイム(風呂)に突入するわけだが、
今回我々には大事な大事な使命があるのだよ!
そう!甲子園で全国制覇を果たした前橋育英高校への表敬訪問ですよ!

タグ部員は某名門高校で2番手投手にまで上り詰めた球児だったし、
俺だって高校時代は毎日部屋に引きこもって、
ファミコンの「ベストプレープロ野球」に興じてたほどの野球好きだ!
そんなラーツ部がお祝いに行かなくてどうする!

ディノスで買ったそこそこデカい祝花を抱えて、
さっそく高校に行ってまいります!待っててね高橋弘成くん!

DSC04632.jpg

DSC04631.jpg

DSC04629.jpg

てっきり校長先生以下一同が手ぐすね引いて、
盛大なセレモニーでお迎えしてくれるのかと思ったら、
やっぱ北関東の人はシャイな性格なのか、
御存知ラーツ部が来たというのに人っ子ひとりいませんでした!

まぁぶっちゃけ勝手に入っていいのかどうかも分からず、
「あぁーいま見ると校舎も小さく感じるなー」
「お前あの木の下であの娘に告白したんだよなー」
などと誰も聞いてないのに卒業生を装う三文芝居を演じたりもしたが、
ちゃんと展示スペースとかは一般開放されてました!

優勝を報じる各スポーツ紙の号外をたんまりと貰い、
弘成くんにはもちろんひと目すら会えるわけもなく表敬訪問終了!
ひとっ風呂浴びたらとっとと部活動に戻ります!

夜ラーメン一発目は伊勢崎まで移動し、
こちらも最近人気が高いという『coi.coi.』さんを目指します!

DSC04636.jpg

駐車場を共にした同じテナントスペースに、
やはりラーメンの人気店である『みどり』と『じゅん』があるという、
なかなかに激戦エリアとなっている立地条件。

BGMにダフトパンクあたりがノリノリで流れている、
まるでアメリカのカフェのようなオシャレな雰囲気だが、
店頭にはしっかり製麺スペースも設けられ、
店内にはぷんと煮干の香りが漂っていて期待大ですぞ!

こちらの店主さんは「大和麺学校」の出身のため、
同じ卒業生である淡路町の『潮』や越谷の『こむぎ』と、
メニュー構成や具のチョイスなどにどこか似てるものを感じる。

そのメニューは極めて多彩で実に部活向きであり、
まず「中華そば」に「鶏クリーム」「豆乳担担麺」ときて、
さらに煮干系が長男・次男・三男・長女・次女・三女と、
林下家にも負けない謎の煮干ビッグダディ大家族が形成されている。

どうやら男きょうだいは煮干ラーメンの醤油味で、
長男は煮干100%で次男は煮干と鶏が7:3で三男は煮干と鶏が5:5、
そして女きょうだいは同じ配合の煮干鶏スープに、
さらに海老風味をプラスした塩味ということらしい。

それにしてもちゃんと昨今の報道規定に基づき、
「きょうだい」を平仮名で表記しているあたり、
さすがジャーナリズムあふれる当ブログ分かってますね!
ラーメンブログ界の天声人語と呼んでくんな!

もちろんここは全員バラバラに頼んでシェアするわけだが、
俺は煮干ダシ100%の「煮干長男」を担当。
丼の中央に煮干パウダーを配したビジュアルは耽美そのもの!

醤油の黒さの目立つ清湯スープは、
焦がしネギ油を浮かべただけなのにものすごい分厚い旨味!

煮干のビターな苦味のなかにかすかに甘みも感じられて、
およそ動物系不使用とは思えない迫力のある味で非常に美味しい!

煮干パウダーを溶かすとさらにワイルドな鰯の風味が増すが、
個人的にはノーマルの状態のスープでも充分満足!

麺は細麺と中太麺からチョイスでき、
さらに大盛りもサービスと大盤振る舞いだが、
お気持ちだけありがたく頂戴して細麺を普通盛りで。

丸い断面の伸びやかなストレートタイプで、
摩擦を感じないツルツルと滑らかな啜り心地と、
細いのにもっちりとしたふくよかさのある食感は、
さすが大和麺学校で製麺をマスターしただけのことはありますな!

チャーシューの代わりに豚バラ肉に簀巻きにされているのは、
なんとアスパラではなくて茄子!エッグプラント!

かじると中にしっかりナス汁を閉じ込めていてジューシーで、
ソテーした香ばしさも相まってお弁当のおかずにしたいくらい!

さらにとろけるような食感の極太メンマに海苔とカイワレ、
それに味の染みた半熟玉子がデフォルトで付いてくる。

初代ニボ蔵(現・貝十郎)にこんなもんを与えたら、
それはまさにサルにらっきょを与えたのと同じ状態!
丼の底まで舐めるようにスープを飲み干しました!

当然口の中は大量の煮干パウダーでザラザラ!
いま俺とキスしたらケガするぜ…!(まったく予定なし)

DSC04638.jpg

タグ部員は煮干と鶏がイーブンの「煮干三女」を。

まったりとした鶏の旨味が加わり、
さらに丸みのある塩ダレになることによって、
長男より口当たりがほわんとマイルドに変化している。

しかし後味に海老パウダーの香ばしさがズドンとくるので、
やはりそのインパクトたるやすごいね!

DSC04640.jpg

こちらはKEN-1部員オーダの「鶏クリーム」。

濁らせた鶏白湯ダシにジャガイモのペーストを加え、
生クリームで味を調えた完全に洋風のミルキーな味わい。

義兄弟店の『潮』の塩もポタージュ風だが、
あちらと比べてもさらに洋寄りにメーターを振っている印象。

軽いウェーブのある中太麺は弾力があって、
ぷるっぷるとしたフレッシュな食感。

DSC04639.jpg

そしててらみん部長オーダの「中華そば」が、
もっともバランスの良い配合の鶏と煮干のダシを、
大和麺学校卒業生御用達の「にほんいち醤油」でまとめた、
醤油の香り際立つオーソドックスなタイプ…と思いきや!

スープひと口の味見ではっきりと分かるくらい、
猛烈にゴボウの香りが広がる独創的すぎる味わい!
これゴボウ油とか使ってるのかしら?

全然関係ないけど月亭方正さんが二度とやりたくない仕事は、
モリマンとの「ゴボウしばき合い対決」なんだって!
方正さん曰くゴボウは「ただの枝や」ですって!

いずれも個性が際立つメニューばかりで、
またチャンスがあれば他の家族たちも食べてみたいっすね!

ではラストの一杯に向かって移動します!
車内でヒマだから全員で恋恋でもしながら行こうぜ!
お金は賭けてません!賭けてませんってば!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑猪鹿蝶気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン 新満福@前橋市富士見町

DSC04627.jpg

2013年8月24日/ラーメン 新満福/前橋市富士見町/
しろ醤油・らーめん/600円


甲子園で全国制覇を果たした前橋育英高校への表敬も兼ねて、
関越道を飛ばして群馬県までやって来た今月のラーツ部部活動。

まずは『翔鶴』さんの絶品地鶏ラーメンに思わず敬礼し、
次なる一杯を目指すべく赤城山麓をグイグイと登ります!
さすがバカと煙は高いところが好きですね!
いま俺らのことをバカと言った奴は即時告訴するから待ってろ!

途中で郵便局に寄って内容証明を送付したのち、
やって来たのはこちらもRDBで評価の高い『新満福』さん。
なんでも赤城で一番標高の高い位置にあるラーメン屋さんなんだとか!

DSC04623.jpg

最寄り駅などという概念は一切存在しない、
「東国文化歴史街道」というやたらスケールの大きなネーミングの、
山あいの一本道の中にポツンと佇む小さなお店。

「道の駅風ラインふじみ」のすぐお隣にあり、
営業は昼の11時から14時の3時間のみと、
立地条件から考えてもなかなかのハードルの高さ。

ちなみに道の駅には「富士見温泉」も併設されているので、
ラーメンからのひとっ風呂も可能ですよ奥さん!
なおラーツ部との混浴はいつでもウェルカムですのでお待ちしております!
お申し込みはお電話かFAX、またはお葉書でどうぞ!

DSC04624.jpg

ちなみにお店周辺の景色はこの通りの絶景!
写真じゃ分かりにくいけどマジで抜けがいいの!抜けが!
もはや部活の域を越えてかなりの「旅感」が出ちゃっております!

新幹線の駅名みたいに屋号に「新」が付いているが、
おそらく以前は先代による『満福』という中華料理店だったのを、
代替わりの際にラーメン専門店に業態チェンジしたので、
心機一転で改名したって感じなのかしら?

お店は女性二人で切り盛りしており、
ロッジ風の店内は広いカウンターにテーブルもあり、
窓にはゴーヤのグリーンカーテンが掛けられたのんびりとした雰囲気。

メニューはまず「らーめん」が基本であり、
それぞれ醤油、しお、しろ醤油、味噌、極ごま味噌とあり、
さらに隠れた人気の「もやしあんかけ・らーめん」もね!といった編成で、
「煮込み定食」まであるのはモツ文化の栄えた群馬県ならでは。

70年代のデパートや屋台で食べていた、
懐かしいラーメンの味を目指しているというだけあって、
俺オーダの「しろ醤油・らーめん」の構成はシンプルそのもの。

いずれも主張しない程度に動物と魚介と野菜を、
濁らせないようじっくり煮出したダシを、
白醤油の淡い旨味でパステルチックにまとめ上げている。

油脂感も必要最低限に抑えているので、
どこまでもその飲み口は淡麗ですっきりしている。

こういうシンプルなラーメンだからこそ、
赤城山麓の美味しい水ならではの味わいが引き立つんだろうねー!
つくづく水の美味しい地域に住んでる人がうらやましい!

やや太めでひらひらとちぢれの付いた麺は、
水分が多くてプルプルとしたみずみずしい食感。

かすかに表面に黒い粒つぶが見えているので、
ひょっとしたら何か練り込んであるのかも…?

バラのチャーシューは薄くカットしてあるが、
焦げ目が付くまで片面をしっかり焼いてあり、
まるでポークソテーのようなワイルドな肉の香りが広がる。

あとは餡の入っていないワンタンの皮のような、
帯状の麺が一枚とナルト、三角に切った海苔が乗っかる。

ちなみに刻みネギは地の物を使っているのか、
生でもトロトロでほのかに甘くてかなり美味しかった!

DSC04626.jpg

てらみん部長オーダの「しお・らーめん」は、
甘みのある塩ダレでさらにスープの口当たりが淡くマイルドに。

さらに細かく刻んだシソが散りばめられており、
その爽やかな香りもかすかに加わっている。

DSC04625.jpg

転じてタグ部員オーダの「醤油・らーめん」は、
濃いめのカエシの分だけ一番はっきりとした味わいになり、
柚子の香りも加わり華やかな味わいに仕上がっている。

奇をてらわないオーソドックスなラーメンで、
心も身体もほっこりのんびりした気分になりました!
何よりこの大自然とおいしい空気が一番のおかずだよね!

食後はすっかり体内時計が止まってしまったのか、
ついぶらりと隣の道の駅に寄り道して、
赤城の地酒だの採れたての産直野菜だのを買い込んだり、
外のロッジで牛乳飲みながらおしゃべりに花を咲かせたりしちゃった!

もういっそこのまま泊まってっちゃってもいいんじゃね?
どこか混浴ができる温泉旅館がないかさっそく探しに行こうっとー!
(待ちぼうけを喰らう前橋育英高校関係者一同)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑混浴には勝てない気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

地鶏ラーメン 翔鶴@群馬総社

DSC04620.jpg

2013年8月24日/地鶏ラーメン 翔鶴/群馬総社/
地鶏煮玉子中華そば/730円


祝!前橋育英高校甲子園全国制覇ー!
(X JAPANの紅をフルバンドで演奏しながら)

下ネタ甲子園で全国制覇の経験がある我々ラーツ部、
なんと今月の部活動はホントに偶然の絶妙なタイミングで、
群馬県は前橋市にお邪魔いたしまーす!

これも何かの縁だと思うのでお祝いがてら、
前橋育英高校に表敬訪問するつもりでおりますので、
冷たい麦茶でも用意して待っててね!高橋弘成くん!
お茶請けは前橋銘菓「旅がらす」があれば充分ですからね!

その前にまずは腹ごしらえってことで、
群馬界隈でおなじみ「地鶏ラーメン研究会」の会員であり、
ラーメンデータベース群馬県版でもランキング1位になっている、
最近とみに話題を聞くようになった『翔鶴』さんへ!

まずもうその屋号を聞いただけで、
ミリタリー系が三度の飯より大好物のKEN-1部員が一人で興奮!

移動の車中でずっと誰も聞いてない空母トークをやめないので、
タミヤのウォーターラインシリーズ翔鶴プラモ(700分の1スケール)を、
喉の奥まで突っ込んで大人しくさせてやりました!

それでも店に着くまでその状態のまま、
ノートPCでずーっと艦これやってましたけどね!
もうっ!ミリヲタの人の神経なんてちっとも理解できないよっ!
暁の水平線に勝利を刻みなさいっ!(お前もじゃん)

DSC04618.jpg

DSC04619.jpg

そうこうしているうちに群馬総社近くの店に着くと、
店頭と少し離れた場所の二箇所ある駐車場はあっという間に埋まり、
近所の家族連れなどで常に行列が絶えない人気っぷり。

屋号も屋号だし陸自の駐屯地も近いということで、
さぞや店内はミリ系グッズで埋め尽くされてるのかと思いきや、
広々としたカウンターとテーブルがメインの、
ごく普通の居心地のいいラーメン屋さんといった風情。

でも壁に飾ってあるたくさんの色紙の中に、
ヒゲの隊長こと元自衛官・佐藤正久議員のサインを発見!
全然関係ないけどヒゲの隊長ってヒャダインに似てるよね!

看板や店内に飾られたこだわり食材の能書き、
そしてテーブルなどは見事な一枚板が使われており風格がある。

メニューは「塩らあめん」と「中華そば」がメインだが、
てらみん部長やKEN-1部員が塩を所望したので、
ならば俺は「地鶏煮玉子中華そば」で抜錨します!

醤油ベースとはいえ淡い色合いのスープは、
宮崎地鶏やシャモ、赤城地鶏をじっくりコトコト煮込んだもので、
ほわーんと柔らかく鶏の旨味が広がってスッと消えていく、
どこか儚げな味わいのもので実に美味しい!

いちおう魚介も使ってるみたいだけど、
鶏以外の素材感はほとんど表には出ておらず、
引き算の論理で構成したようなシンプルなアウトプットだが、
求心力は十二分にあって素晴らしい出来ですな!

麺は色白な中細のストレートタイプで、
たっぷりの卵を練り込んであるというだけあって、
そのしなやかさはまるでバレリーナのごたる!

啜り心地も喉越しも引っかかりがなくて、
噛むたびにしっかり小麦の風味を感じられる。
スープとの一体感もお見事ですわ!アンドゥトロワ!

アンデス高原豚を赤ワインベースのタレに漬け込んだという、
お店自慢のロース肉のチャーシューは、
脂身がほとんどなくて超ぶ厚い(激厚ぷんぷん丸)のに、
箸で持つとハラハラとほどけてしまう柔らかさ。

繊維の奥の奥までしっかり味が染みていて、
肉の赤身の旨さをとことん堪能できる逸品です!

トッピングした130円と少々お高めの地鶏煮玉子は、
ほぼ全熟の状態なのに黄身がとにかく濃厚!
半熟じゃなくてもここまで質の良さが分かるってすげぇな!

DSC04621.jpg

こちらメガネの隊長ことてらみん部長の「塩雲呑麺」。

カエシが入らず塩のみで味付けされているぶん、
さらにスープは一糸まとわぬあられもない姿になり、
よりクリアになった鶏の旨味をダイレクトに楽しめる。

雲呑は厚みがありモチモチとした皮の中に、
ぷりぷりした食感を残したエビ餡が詰まっていて旨い!

DSC04622.jpg

そして長袖の隊長ことタグ部員は、
夏限定のメニュー「辛肉まぜそば」をオーダ。

ラーメン系とは対極の太くてプルプルとしたちぢれ麺を、
さっぱりとした鶏挽き肉と山椒の効いた辛味とで、
豪快に混ぜていただくいわゆる汁なし系。

どこか和風のジャージャー麺といった味わいで、
キュウリなどの具材がさっぱりとした爽やかさを演出。
これは確かに暑くて食欲がない時でもスルスル入りそう!

〆にてらみん部長のスープを少し拝借して、
ふた口ぶんほど麺を残しておいた丼に注いだら、
なんということでしょう!即席の担々麺に大変身しましたー!

しかもこれが味見したら旨いのなんのって!
これはぜひ50円くらい高くていいからスープ付きにしていただきたい!

さすが群馬ラーメンランキング1位の実力を、
まざまざと見せつけられた我々もテンション最高潮!

さながら空母翔鶴から飛び立つ零戦のごとく、
両手を横に広げて全力疾走で次のお店へ向かいまーす!
(ハタから見たらアラレちゃんにしか見えない)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑キーン!気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。