麺喰屋 澤 水天宮前店@水天宮前

DSC05471.jpg

2013年12月30日/麺喰屋 澤 水天宮前店/水天宮前/
家系らーめん 特濃豚骨醤油らーめん+ライス/730円+100円


ケビン山崎の肉体改造ワークアウトを、
2万回ぶっ続けでやったのとほぼ同じくらい疲れるコミケを終え、
クッタクタでようやく2013年もエンディングを迎えようとしている。

そうなると一年を締めくくるラストの一杯をどこにするか、
各人のセンスが問われる難しいチョイスを考えねばならないのだが、
Twitterアカウントをフォローしているお店からは、
続々と年末限定ラーメン情報のツイートが上がってきて悩んじゃう困っちゃう!

しかしそんな中でも一番気になったのが、
水天宮前の『澤』さんの2日間限定の自称「なんちゃって家系」!

そういえば前回訪問はもう3年半前とずいぶん間が空いてるし、
ショップカードもいただきたいので一石二鳥じゃんか!
さっそくガラガラの道を飛ばしてドライブA GO GO!

DSC05469.jpg

DSC05470.jpg

まずは水天宮さんに無事安産だったお礼がてらお参りし、
(双子の赤ちゃんをわずか20分で産みました!)
人影もまばらな中テクテクとお店に到着。

まずは券売機横のショップカードをすかさずゲット…と思いきや、
カード入れらしき物は確かにあるけど中身はすっからかん!
無念のカード切れですよ!年末だから切らしちゃったのかな?

この日はもうスタッフさんが里帰りしちゃったのか、
店主さんが一人で回しているということで、
U字型のカウンターの一部をビールケースで遮って、
キャパシティを減らして営業していた。

メニューは家系らーめんの「特濃豚骨醤油らーめん」一品のみで、
あとはトッピングとライス、アルコールのみ。

小さめの丼にミチッと具の詰まったビジュアルで、
店主さん曰くライスを頼んだお客さんには、
自動的にほうれん草と海苔増しがサービスされるらしい!あざーす!

しかも卓上にはわざわざこの限定のために用意された、
刻みニンニク、豆板醤、針生姜までしっかりセットされていて、
まさにかゆい所まで手を届かせた細かい配慮!
家系の何たるかをしっかり分かってらっしゃる演出じゃないの!

スープの見た目はまさに家系そのものといえるが、
コラーゲン由来のトロリとした口当たりが印象的な豚骨醤油で、
確かに濃厚だけど雑味が一切なく実にクリーミー。

そこになんと比内地鶏から取ったという鶏油を贅沢に投入していて、
上品な甘みが加わり実にリッチなテイスト!
これはまさにハイブリッド版家系スープといえましょう!

麺はさすがに酒井製麺の熟女系ヌラリ太麺ではなく、
しゃんとエッジの立った中太のストレートを合わせている。

初めは硬めでゴリッと屈強な食感をしているが、
次第にスープの熱が入って柔らかくなってくると、
モチモチとした家系らしい麺の雰囲気に近付いてくる。

チャーシューは薄切りのローストポークのようなレアもので、
肉汁あふれるムッチムッチとしたいやらしい噛み心地で、
こりゃもうパンツが何枚あっても足りないわ!

さらにコロコロ乗っかっている角切りチャーシューは、
ライスのほうに移して鶏油を浸した海苔で梱包!
さらにほうれん草やウズラ玉子もライスに乗っけてそれも海苔で梱包!
今の俺はアート引越しセンターのスタッフより梱包上手だぜ!

終盤はせっかくなので針生姜や豆板醤を入れて、
さらにジャンクっぽさを増して最後まで楽しみました!

そして来年1月4日限定のお正月ラーメンは、
なんと180度趣きの異なる「牛骨らーめん」ですって!

これも胃潰瘍になるほど気になるけど、
何とかそれまでにショップカードの追加生産よろしくお願いしまーす!
それでは皆さん良いお年をーっ!キエーッ!
(ケビン山崎の指導で100kgのダンベルを持ち上げながら)

--------------------

★2013年12月のトータル杯数/26杯
★2013年の通算杯数/269杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,785杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑目指せ清原気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0082.jpg
↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
 大好物のジャーキーを我慢し過ぎてよだれの池が…!『待てっ!』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鮮魚らーめん 五ノ神水産@神田

DSC05465.jpg

2013年12月28日/鮮魚らーめん 五ノ神水産/神田/
かけらーめん雲丹搾り/900円


いちおう仕事納めはするにはしたものの、
年末も年末におそらく最大規模のビッグイベントが控えている。
そう!日本のメッカ巡礼こと冬コミへのサークル参加ですよ!

大量のTシャツを会場に持っていかないといけないので、
夕方以降に会場に入れる前日搬入をすることにしたので、
その前に決戦に備えて腹ごしらえじゃ!

鯛や海老など個性の強いラーメンを提供しているあの五ノ神系が、
また新たに神田にオープンさせたその名も『五ノ神水産』。

実質4号店となる今回のテーマは「鮮魚」で、
なんとデフォルトのメニューが銀だらに鮭に雲丹と、
ラーメンではまず聞かない今まで以上にアバンギャルドな海の幸の数々を、
ふんだんに使ったかなり個性的な一杯を提供しているらしい。

まさに大人のための水族館!
関西のイントネーションで言えば「すいぞっかん」や!

DSC05462.jpg

店は神田駅の北口から3分ほどの場所だが、
地下鉄の小川町や淡路町、新御茶ノ水からもアクセスできるし、
店周辺はパーキングメーターだらけなので車組にも安心。

ステンドグラスのような美しいエントランスが印象的で、
話によると『元楽』の神田店の跡地らしいっす。

DSC05463_20140407144821766.jpg

店頭には五ノ神シリーズの系列店では恒例の、
鉄のゲージツ家クマさんが作ったと思われる(当てずっぽ)、
鮭と雲丹のメタリックなオブジェが飾られていて目立つ目立つ!

テーブルが数卓と厨房に沿った長いカウンター席は、
入店時は一瞬のアイドルタイムだったのかガラガラだったが、
13時を回った瞬間からあれよあれよとお客が押し寄せ、
あっという間に行列までできちゃった婚!

メニューは前述したとおり「銀だら搾り」のらーめんとつけめん、
それに「らーめん焼き鮭搾り」と「かけらーめん雲丹搾り」という構成。

ここは夏ばっぱよろしくアギー!ウニ食ってけー!とばかりに、
もっとも気になる「かけらーめん雲丹搾り」をチョイスし、
ぜひ〆にご飯をぶち込んでいただこうと思ったらまさかの売り切れ!

未練のあまり念のため「ご飯ってないんですか?」と店員さんに聞いたら、
「いま炊いてますんで…」とさらに悔しさが倍増する情報が。
お願いだから営業時間中に切らさないでおくれよ…!

しかし数分でサーブされた丼に顔を近付けると、
どれだけ鼻が詰まってても分かりそうな猛烈な雲丹の香りが広がり、
ご飯切れも忘れるほどに一気にテンションアップ!

レンゲですくうと粒々がビッシリこびりつくほど、
たっぷりと雲丹の身が溶かされたスープは完全に雲丹そのもの!

取ったそばから雲丹を殻ごとミキサーにかけて、
ジュースにして飲むという海女さん伝統の調理法そのままじゃん!
(くれぐれも言っておきますが俺の妄言をいちいち信用しないように)

とはいえここまで全開だとウニ臭さが出ちゃいそうなもんだが、
ベースとなっている動物系ダシとのバランスがいいのか、
濃厚なんだけど上品にまとまっていて非常に美味しいんだわ!

当然中太ややちぢれ麺にもスープがドロドロと絡んできて、
啜るたびに雲丹のフレーバーが鼻に抜けていく。

その麺は独特のクニッとした食感をしていて、
クセの強いスープにはこれくらい主張の少ない性格のほうがいいやね。

具は「かけらーめん」というだけあって、
岩海苔とネギのみと必要最低限のものだけだが、
その岩海苔がさらに磯の香りを引き立てる名脇役ぶりを発揮している。

スープまでそのままキレイにいただいたけど、
やっぱり〆はご飯をぶち込んでウニ雑炊にしたかったなぁ…!

残念に思いつつ丼をカウンターに上げて帰ろうとしたその矢先に、
厨房の炊飯器がピーッ!と鳴ってご飯がふっくら炊き上がりましたー!
あぁどうせ俺の人生いつもこんな調子ですよ!
いっそ雲丹と一緒に海の底で暮らしていけたら…いいのに…!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑私は貝になりたい…気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg
↑悪意1000%のラーメン系(?)Tシャツ最新作!
 「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 Hulu-lu@池袋

DSC05461_201404071448208dc.jpg

2013年12月27日/麺屋 Hulu-lu/池袋/
つけ麺/800円


本日は人気漫画家さん達による忘年会!

4コマ業界を支えるそうそうたるメンツが集まる中に、
アイスの棒程度の支えにもなってない俺様もちゃっかり混ざって、
毎年いいだけの酒と料理を楽しませてもらってます!

宴はたいてい午後からスタートするので、
ここは年内最後になりそうなショップカード貰い直し行脚といきましょう!

説明しよう!ショップカード貰い直し行脚とは、
今までないがしろにしていたラーメン店の「ショップカード」を、
改めて集め直すべく人気店をいま一度巡るセルフミッションなのだ!
(富山敬さんのナレーション風に読んでください)

今回はオープン直後に一度来たっきりだった『Hulu-lu』さんへ。
思わず俺もフルフルしちゃうぜ!

DSC05460.jpg

店頭に繋がれていたかわいいワンちゃんや、
ホール担当のもっとかわいい女の子店員ちゃんはこの日は不在で、
店主さんとガタイのいいお兄ちゃんの二人体制で、
なんだか常夏ハワイというより極熱サウナのような男くささムンムン!

でも相変わらず店内はハワイを思わせるグッズや装飾にあふれていて、
ゆるやかに流れるウクレレとスチールギターの音色と、
ハワイ島かオアフ島を一周する車窓のDVD映像を楽しんでいると、
思わず海パン一丁になってデッキチェアでくつろぎたい気分になりますな!

ちなみにこちらは毎週金曜日はつけ麺デーとなり、
通常の「塩SOBA」や「醤油SOBA」は提供していないのだが、
本日はまさにその金曜日!はなきんデータランド!

しかもお店の公式Twitterによると、
「soupcurryつけ麺」なる限定もあるというのでちょっと狙っていたのだが、
券売機のどの食券を買えばいいのかイマイチ分からず、
結局ふつうの「つけ麺」をチョイスする俺のへタレを笑わば笑え!

大きなサニーレタスに盛り付けられた麺と、
取っ手付きのマグカップに注がれたつけ汁がなんともユニーク。

カフェラテのような色合いに白濁したそのつけ汁は、
じんわりとした鶏ダシのまろやかさを感じるもので、
そこにわずかな甘さと辛さと焦がしネギの香ばしさがプラスされ、
濃厚系とは対極の『Hulu-lu』さんらしい優しい味わいに仕上がっている。

底には鶏の挽き肉がコロコロ沈んでいて、
まろやかさの中に瞬発的な旨味をもたらしてくれる。

それに対して中太の麺はかなり硬めに茹でられていて、
そのままだとボキボキした芯をしっかり感じるハードな噛みごたえで、
つけ汁にしっかりつけてその熱で柔らかくしてちょうどいいくらい。

つけ汁は濃度が弱くサラッとしているので、
麺を啜ってはレンゲで汁をすくいながらいただくのがベター。

ちなみに麺の量は200~300gの間から選べるのだが、
200gでもなかなかしっかりボリュームがありますな!

具はつけ汁サイドには細切りのメンマのみ、
麺サイドにはいかにも肉々しいバラ肉のチャーシューと、
途中で搾って爽やかさをプラスするライムが乗っている。

サニーレタスは途中でパリパリちぎって、
つけ汁にちょいと浸して箸休め代わりに食べたんだけど、
周りの客は受け皿程度にしか思ってないのか、
ほとんど手をつけずに残している有様!謝れ!サニーに謝れ!

しかしカウンターと椅子の高さが微妙に自分に合わなかったからか、
食後は猛烈な腰の痛みにさいなまれる始末!
腰には冷えが一番良くないわけでね!

やっぱりここは今度の正月休みを利用して、
常夏のハワイにバカンスにでも行ったろうかしら!
青い海と広い空が俺を待ってるぜ~!アロハオエー!
(H.I.Sのサイトを見てお正月価格のあまりの高さに卒倒)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑おうちで大人しくしてよう…気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0077.jpg
↑お前の髪はニセモノだ!
 周囲を気まずくする上司や家族の秘密を貴方に代わってズバッと暴露します!
 『カツラハンター』Tシャツ発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Japanese Soba Noodles 蔦@巣鴨

DSC05459_20140407144811cec.jpg

2013年12月27日/Japanese Soba Noodles 蔦/巣鴨/
味噌そば/800円


<過去の『蔦』訪問レポ>
1回目2回目3回目4回目

※2014年7月現在このメニューは提供されていません

くれーのげんきなごあいさつー!
あなたのえがおがみたいからー!
(全裸でお歳暮のサラダ油セットを持って笑顔で)

我がTシャツ屋も本日で仕事納めっつーことで、
ラーツ部の邪悪なお兄さんことふじひろ部員こと寛くんへのご挨拶も兼ねて、
久々にお蔦さん詣でとしゃれ込むことにしましたよ!

というのも先日発行されたTRYのラーメン本において、
味噌部門で堂々の一位を獲得した「味噌そば」が未食だったので、
どうしても年内にやっつけておきたかったのだよ諸君!

味噌は身体に塗ったくるもんじゃねぇ!食うもんだ!(名言)

DSC05457_20140407144809453.jpg

そろそろ年末モードで人が減るはずの東京でも、
相変わらず次々とお客さんがやって来て絶えない行列は圧巻。

くれぐれも待つ際はパーテーションの内側にお行儀良く並びましょうね!
仮面ライダーもしくはプリキュアとの約束だよ!

まったく歩みを止めることのない大西店主は、
なんでもまた最近醤油ダレをブラッシュアップさせたらしく、
その「醤油そば」ももちろん気になるところではあるのだが、
ここは初志貫徹で「味噌そば」をいただきます!

拓馬店長も含め三人体制になったので、
見事な連携で非常にスムーズな流れになったのだが、
まさかのトラブルでサーブがひと回り遅れる緊急事態発生!
まぁでもその間ずっと寛くんとテレパシーで猥談してたので無問題!

もう小鍋でスープを温めてる段階から、
独特の濃いぃ~味噌の香りが漂ってくるので、
もう興奮が抑えきれずサーブとほぼ同時にスープをいただいたが、
思わず小さい声で「おおぉ…!」ってうなっちゃったよ!

いかにも「発酵物を食ってるぞ!」と実感させられる、
もろみにもやや似た大豆の独特の風味がする徳島県産の豆味噌に、
官能的なまでのポルチーニオイルのほろ甘い香りを加えている。

そして新たに豚足を加えたことにより、
さらに動物系の厚みが増した印象のスープが、
味噌に負けずにお互いをどこまでも高めあっていて、
とかく庶民派なイメージの味噌ラーメンの概念を180度ひっくり返す味わい!
こんな味噌ラーメン今まで食べたことねぇ!

麺は細いながらも平たい形状の細ストレートで、
味噌には相性がいいようには思えない組み合わせなのだが、
これもまた意外なほどにマッチしている。

細いのにある所にはある桐谷美玲的なもっちり具合と、
我の強い味噌風味の中でもしっかり感じられる、
豊かな小麦の香りは特ダネものですぞ!

チャーシューはバラがなくなりロース一枚になったが、
肉の旨味とオツユをしっかり閉じ込めた、
焼き豚のような仕様になりよりジューシーに変貌。

さらにコリッとしたメンマとミツバ、ネギのみと、
具材は必要最低限でシンプルにまとめられている。

かなりオリジナルな味噌ラーメンであることは前情報で知ってはいたが、
実際にいただいてみたら脳天をハンマーで打たれたような衝撃でした!
どこまで引き出しがあるんだか恐ろしいわまったく!

食後は忙しいのにわざわざ挨拶に出てきてくれた寛くんを、
今年最後っつーことで思う存分言葉攻めしときました!
(プレイだって分かっていても半泣きになるレベルで)

来年もよろしくお願いしまーす!
(とげぬき地蔵にベリーロールの姿勢で突進)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ババァ大騒ぎ気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0072.jpg
↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが久々に実現!
 イブニングで連載中の人気漫画 「少女ファイト」公式Tシャツ『Memento mori』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン屋 トイ・ボックス@三ノ輪

DSC05456.jpg

2013年12月25日/ラーメン屋 トイ・ボックス/三ノ輪/
味玉醤油ラーメン/800円


ジングルベール!ジングルベール!すっずっがーなるー!
今日はーたっのっしーいークリスーマスー!ヘイ!
(レディサンタの衣装で色々はみ出しながら)

キリストちゃんがこの世に生を受けたクリスマスには、
なんでも鶏ダシのラーメンを食べる風習があるんだってね!

じゃあさっそく三ノ輪にオープンしたばかりの、
『トイ・ボックス』さんで一人クリパーとしゃれ込みましょうかね!
えっ何?ホントは鶏ダシラーメンじゃなくて七面鳥?
ちょっと何言ってるかわかんないっす!

DSC05455.jpg

こちらは浅草『与ろゐ屋』の店長だった方が独立したわけだが、
これまでは『ガイ・キッチン』という屋号で、
色々な店舗を間借りしながら月イチ程度の不定期で営業していた。

それがようやく本腰を据えて新規オープンとなった次第だが、
ここはかつてラーメンジプシー田中玄氏の『一茎草』に始まり、
『地雷源』プロデュースの『あんど』から田川ラーメンの『黒大八』と、
ことごとく猛者どもが敗れていった鬼門の店舗。

厨房を囲むL字型のカウンターのみの店内は、
過去の店舗の頃とほぼ同じレイアウト。

客席からも中身が丸見えの大きな寸胴からは、
会津地鶏の丸鶏がメリークリスマス!と元気に挨拶しているので、
俺もクラッカーを盛大に鳴らしながらメリークリスマス!と大はしゃぎ!
(電撃ネットワークみたいに口の中で鳴らしたので店への迷惑はかけてません)

券売機には限定がAからCまで揃っているのだが、
今のところはまだ「醤油ラーメン」にトッピング類のみで、
ご飯や鶏飯などのサイドメニューにも売り切れランプが付いていたので、
問答無用で「味玉醤油ラーメン」一択でお願いしやっす!

慎重ながらも手際良く作られていくそのラーメンのビジュアルは、
いま大人気の「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!」の人気コーナー、
「何を作ってるんでしょーか!?」の問題で出てきたら、
思わず『69'n roll one』か『飯田商店』と答えてしまいそう!
(そして豪快にズッコケる逸見さん)

しかしあのストイックなまでに緻密に計算された、
キレッキレのスープとはやや違うベクトルに振っている印象で、
じんわりと会津地鶏の旨味が広がるような清湯ダシを、
最初と最後に二度入れされる黄金色の鶏油がマイルドに中和する。

醤油の香りもキレというよりコクを重視したようなタッチで、
全体的にほっとするような味わいでしみじみ美味しいっす!

麺は中細よりはもうちょい太いくらいの、
全粒粉のドットが見えるものを気持ち柔らかめに茹で上げている。

しなやかでふんわりしっとりとした食感で、
噛むたびにしっかり小麦の風味を感じられてこちらもなかなか!
何より啜るたびに鼻に抜ける鶏油の香りがたまらん!

チャーシューはもはやお約束みたいになってきた豚鶏MIXで、
豚さんは脂身も肉もプルプルした愛らしい性格、
いっぽう鶏さんは淡雪のようにしっとりとしたクールな性格と、
ダブル主人公物としてはキャラの棲み分けはバッチリ!

さらに柔らかい歯ごたえの穂先メンマと、
核の部分がほぼ液状でちょい濃いめの味付けの味玉、
そして白ネギと九条ネギを2種類散らす細やかさなど、
ワールドビジネスサテライトで紹介されるレベルでトレンドは抑えてますな!

最後まで引っかかりがなくてすっきりした飲み口なので、
ついスープまでしっかり完食完飲しちゃいました!

さーてお腹いっぱいなのでもう寝ようーっと!
明日起きたらサンタさんは枕元に何を置いてってくれるのかな…?
(翌朝枕元には開けっ放しの窓から飛んできたと思われる洗濯物のブラが)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑サンタさんありがとう!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0074.jpg
↑円の中心に蔵が建っているだけなのに、
 なぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!殿中にござる!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

油そば専門店 GACHI@曙橋

DSC05452.jpg

2013年12月23日/油そば専門店 GACHI/曙橋/
油そば(並)+ほろほろ鳥のスープ/680円+100円


元来「ラーメンは7割方スープを楽しむもの」っつー想いもあるし、
砂漠に取り残されたらまず助からないほど口が乾きやすいクラスタなので、
もったりした食べ口の油そばがどうも得意でない俺こと俺。

しかしあの市ヶ谷の『庄の』さんが新たに立ち上げた、
油そば専門店にはそんなネガティブファクターを解消するどころか、
一気にプラスに持っていくほど魅力的なスープが用意されているんだとか!

本日は年末のイベントに向けて休日出勤なのだが、
明け方になぜかその油そばをモグモグ食べる夢を見てしまったので、
まずは夢を現実にするべく出勤前にお出かけしまーす!
(もちろん起きたら布団には巨大な世界地図が)

DSC05449.jpg

DSC05450_2014040714475030c.jpg

曙橋駅のA2出口を出てすぐ左向け左をすると、
大きな「自家製麺」の看板が目に入ってくる。

立地的には『克味』さんのすぐ真向かいにあり、
こちらは新宿二丁目の『GACHI』の油そば専門店という位置付け。

まず入り口脇の券売機で食券を買い、
金網が張り巡らされたドアを大仁田の顔マネをしながらくぐると、
カウンターのみの店内はなかなか狭く窮屈な造りで、
満席時は確実に隣の客と肘と肘がぶつかるほど。

知らない奴のジーヒーの菌が付いちゃうじゃねぇかよー!
(さまぁ〜ず大竹風)

店の奥には店舗面積の半分を大胆に使った製麺スペースがあり、
現在の『庄の』グループの麺はここで一括して作っているらしい。

確かに市ヶ谷本店にあった製麺室は、
にじり口から入るようなそれこそ茶室みたいな狭さで、
ヘタしたら中に千利休がいそうな雰囲気だったもんなぁ…!
利休にたずねよ…!(渋谷公会堂までの道順とかを)

メニューは「油そば」と「つけ油そば」がメインだが、
本日は月曜ということで限定の「カレー油そば」もラインナップされている。

もちろんここは基本の「油そば」をチョイスするわけだが、
忘れちゃいけないのが前述した「ほろほろ鳥のスープ」ですわよ!

そのスープとライスは店の奥に置かれた、
ジャーやスープウォーマーから自分でよそうセルフサービスだが、
何せ店が狭いのでそのコーナーに辿り着くまでが至難の業!
関節を外したりしながらでないとムリかもしんないよ!(誇張)

スープを小鉢に注いで油とミツバをお好みで追加し、
慎重に自分の席まで戻ってくるとタイミングよく「油そば」がサーブ!

DSC05453_2014040714475511e.jpg

DSC05454.jpg

まずは具材たっぷりで賑やかな丼をしばし鑑賞し、
鬼の形相に豹変して一気に混ぜ込んでいく。

細麺と太麺が選べたので細麺にしたのだが、
パスタ用のデュラムセモリナ粉100%で打たれたその麺は、
噛むと弾けるようなパツパツとした食感をしており、
いかにも打ちたてでフレッシュな小麦の香りが広がりとても美味しい!

その麺に絡まるのは角長醤油のタレと植物性の油で、
香ばしさと重たくない油のコクでさっぱりといただけるのだが、
味付け背脂が物足りなさをやり過ぎない程度にカバーしている。

ただしつこくて重たいだけの油そばとは、
明らかに一線を画しておりこれはお気に入りですよ!

具は炙られてジューシーなチャーシューの拍子木切りとメンマ、
数種類のネギにスプラウトに刻み海苔、ナルトなど。

何よりチャーシューが肉厚で旨い!
これだけでビールをタンクが尽きるほど呑めそう!

卓上にはカウンタースペースを埋め尽くすほどの味変アイテムがあり、
ここぞとばかりに次から次へと投入してみる。

まずは定番の酢とラー油でこってりさっぱり感を与え、
さらにフライドガーリックとハーブニンニクでガツンとパワーを、
しまいには激辛メンマと揚げ麺、魚粉を入れてスパイシーさと食感のアクセントをと、
浜崎あゆみのコンサートばりの衣装チェンジが楽しめます!

特にハーブニンニクと激辛メンマの活躍は目を見張るものがあり、
個人的には本日のMIP(賞金10万円)を贈呈したいっす!

DSC05451.jpg

さてそろそろ「ほろほろ鳥のスープ」の出番ですよ!

普通のニワトリとは明らかにレベルの違う、
ほろほろ鳥独特の香り高きダシと鶏油の芳醇な甘み、
それにミツバの爽やかな香りが相まってマジ絶妙な箸休め!

スープのおかわりは一杯までなら無料なので、
二杯目は思わず表面張力ギリッギリまで注いで堪能しましたよ!
まぁ結果おもいっきし指にこぼしましたけどもね!
でもその後ずっと指が美味しいからしゃぶり続けてますけどもね!バブー!

食後も油が酸化しないからか胃袋もスッキリとしていて、
ちょっと自分の中での油そば感が変わるほどの逸品でした!
次回は太麺&ライス&ほろほろ鳥スープだな!
なんなら魔法瓶を隠し持って行ってこっそりスープを…グオッ!(矢がノドに)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑悪者は密偵に始末されました気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0070.jpg
↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!
 だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

立ち飲み居酒屋 金町製麺@金町

DSC05426.jpg

2013年12月21日/立ち飲み居酒屋 金町製麺/金町/
とにかく酒とつまみと麺多数/ひとり5,000円くらい


<過去の『金町製麺』訪問レポ>
1回目2回目3回目4回目5回目6回目7回目8回目9回目10回目
11回目12回目13回目

宴じゃ!宴じゃ!宴じゃーっ!!!
毎年恒例のラーツ部忘年会 in 金町製麺じゃーっ!!!

今年のドレスコードは「ももクロの衣装」と決まっていたのだが、
なんと部員6人とも見事に色違いになるミラクル発生!
俺あえてのあかりん(青)を選んでおいて正解だったわ!

DSC05430.jpg

つか金町製麺での呑み会は大量に写真があるので、
いつまでも妄言ばかりほざいてると日が暮れちゃうので、
とっとと恒例のつまみダイジェストいきますよ!はいカメラさんパーン!

DSC05431.jpg

「ポテトサラダ」300円。

口開けは定番のポテサラから!
ボールに一杯のポテトサラダが食いてぇ!(ZAZENBOYS)
マヨ感が軽くて食べやすいのが個人的に好み!

DSC05432_20140407144656b3f.jpg

「新潟県産 的鯛の刺身/宮崎県産 ヒラスズキの刺身/北海道産 活けホッキ貝の刺身」各380円。

相変わらず金町製麺の死に魚の新鮮さはすごい!
特に白身の脂の乗りったらたまらんわい!
ちなみにホッキ貝をチョイスしたのはぷっと部員です!スケベ!

DSC05433.jpg

「静岡県産 しらすとカブのぺペロン炒め」380円。

ニンニクを効かせたカブとニラの炒め物。
こういう渋いつまみの旨さがしみじみ分かる歳になったんだねぇ…!
ところで来月のゲートボール大会はいつにする?

DSC05434_20140407144659b46.jpg

「新潟県産 真蛸の辛味ダレがけ」380円。

ピリッと豆板醤ベースのタレをかけたキュッとした蛸足に、
香りのいい九条ネギの組み合わせは酒が進む進む!
東京から浜松くらいまでは進んだと思う!

DSC05435_20140407144709278.jpg

「手羽先のスパイシー唐揚げ」380円。

とにかく手羽の肉質の良さがたまらん!
その引き締まり方たるや吹石一恵さんの手羽に匹敵します!
吹石さんの手羽ってなんだよ!

DSC05436.jpg

「あん肝ポン酢」380円。

この辺で日本酒に切り替えたのでそれ用のつまみを。
チーズのように濃厚でまったりとした味わいが素晴らしい!
足の親指に激痛が走るまで食べ続けたい!

DSC05438_201404071447132df.jpg

「愛知県産 本ミル貝のネギ和え」380円。

とにかくこの日は貝類の充実っぷりがハンパない!
市川貝十郎こと俺にとってはハーレム状態!
60分延長するから片っ端から俺んとこに来い!

DSC05439.jpg

「愛知県産 浅利と椎茸のバター醤油」380円。

またもや貝類登場!アサリぷりっぷり!
これはもうつまみ界の花びら大回転や~!
意味の分からないお友達はお父さんに聞いてね~!

DSC05443.jpg

「シビれるマーボー厚揚げ」380円。

山椒をしっかり効かせた辛めのマーボーちゃん。
辛いのが苦手なてらみん部長が横で相当ビリビリ痺れてると思ったら、
切れた電線に触っちゃってのリアル感電でした!紛らわしいよ!

DSC05444_201404071447284cd.jpg

たぶん「山口県産 活けマテ貝の刺身」380円。

この辺りから酔いで脳が溶けてメモする気も失ってたので、
これがなんの貝なのか今さら判別は不可能!
なんか写真のピントも合ってねぇし!服役してこい服役!

DSC05445.jpg

「千葉県産 本ハマグリ出汁の湯豆腐」380円。

上品なハマグリのダシはまるで高級なお吸い物のよう!
もちろん大ぶりだけど身だってプリップリですよ!
私は貝になりたい!そしてダシをドッピュドッピュ出したい!

--------------------

下ネタからエッチな話題から猥談まで、
グローバルな会話を繰り広げてきた楽しい宴も、
そろそろ憎き「終電」という魔王が降臨する時間に…!
おとーさん!おとーさん!終電がくるーよー!

ということで〆の麺タイムに突入するのだが、
またもメガネをキラーンと光らせたタグ部員が長尾店長に、
「アドリブの一杯もお願いします!」といつものおねだり!
やってやんよとばかりに長尾店長も了承!いつもありがとうございます!

DSC05446_20140407144739f59.jpg

「ハタハタそば」750円。

なんとラーメンの食材としてはほとんど聞いたことのない、
ハタハタでダシを取ったという意欲作!

スープを飲むとハタハタ独特の香りがふわんと鼻に抜け、
クセのある魚が好きな人には中毒になりそうな味わい!

稲庭の中華麺もツルツルとした滑らかすぎる肌触りと、
舌でとろけるような食感がとってもセクシー!
考えてみたらハタハタと稲庭って秋田っこ同志じゃん!

DSC05447.jpg

「牡蠣塩らーめん」750円。

ラーメンにも貝類登場!

こちらは金町製麺お得意の雉のダシをベースに、
ボディの厚みを持たせるためのトロンとした背脂を浮かべ、
広島県産の牡蠣の旨味をたっぷり移したもの。

牡蠣独特の苦味をともなう旨味と背脂の甘みがベストマッチ!
『七彩』謹製のモチモチ太麺にも絡む絡む!

DSC05440_2014040714472266d.jpg

「味噌白子らーめん」750円。

ただでさえ風味豊かでコクありまくりの味噌ダレに、
タラの白子ペーストをプラスしちゃったってんだから、
そのまったり感たるや想像に難くないでしょ!

味付け自体も濃いめなのでライスを欲します!
しかしこの日は炊いてなかったんだって!無念!

DSC05448_20140407144741755.jpg

「酸辣湯麺」値段不明。

そして長尾店長のアドリブによる一杯は、
なんと予想外のサンラーのターンーメーンー!

大量のラー油がかけられていて汗が出るほど酸っぱ辛いが、
椎茸と一緒にとじられた卵がまろやかさを演出し、
シャキシャキのネギと稲庭麺がみるみる減っていく。

これまたライスを欲するけどやっぱり炊いてないんだって!
ふじひろ部員!ちょっと近くのコンビニまでダッシュしてきて!

--------------------

今年も色々ありまくりだったラーツ部ですが、
また来年もあちこちのラーメンを食べ回りましょうね!

〆はいつもの通りおのおのの頭をパカッと開けて、
脳味噌の一年分の記憶が詰まってる部分をスプーンですくって、
比喩でなく「年を忘れる会」にしてお開きとなりました!

ただ自分の家がどこだったかも忘れちゃうので、
てんで見当違いな電車に乗っちゃうのが玉にキズだけどね!
みんな無事に帰れたのかなぁ…つかみんなって誰?

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑脳味噌のすくい過ぎに注意しましょう気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』Tシャツ好評です!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺 酒 やまの@練馬

DSC05420.jpg

2013年12月21日/麺 酒 やまの/練馬/
辛い汁ソバ/800円


食えないほうのサイゼリヤこと、
住めないほうのレオパレスこと、
抜けないほうのSODことラーツ部ですごきげんよう!

夜の忘年会に備えて都内の宿題店を巡る今月の部活動、
まずは麹町の『ソラノイロ』の2号店で3種類のラーメンをしばいたのち、
今度は一気にねりねりねりねこと練馬まで移動、
『とらのこ』グループの新業態だという『やまの』さんを目指します!

「やまの」と言えばもちろん山野愛子!ってことで、
まず部員全員で美容学校に入って美容師になろうと思ったら、
なんか国家資格とかが必要なほど狭き門らしいので5秒で撤退!
教わらなくてもスキカルくらいは使えるっつーの!失礼しちゃう!

DSC05415.jpg

ビルの半地下にあるお店はまず入口に券売機があり、
入場チケット的に食券を買ってから入店するシステム。

メニューは淡麗系清湯スープの「煮干中華」に、
名古屋の市外局番が付いた「まぜそば052」がとりあえずメイン。

しかし他にも「ちゃんめん」「ベジ味噌」「とらのこつけめん」やら、
本日限りのメニューという「ペニボ中華そばうるめっちゃVer.」などなど、
かなり味のバリエーションが豊富でリンダ困っちゃう!

幸い後客がいなかったので券売機の前でかなりの長考に入ったが、
(成田からロサンゼルスに着けるくらいの時間)
なんとなくスカッと辛いものが食べたくなり「辛い汁ソバ」をチョイス、
てらみん部長とタグ部員もようやく腹を決めていざ入店!

ウッディーで雑然とした店内は奥に奥に広く、
ラーメン店というよりも居酒屋さん然とした雰囲気。

良く見ると店内のPOPやポスターなどのそこかしこに、
お店のマスコットキャラクター「やまのん」(勝手に命名)が書かれていて、
まるでディズニーランドで隠れミッキーを探すような感覚に!

とりあえず見つけられたぶんだけ「やまのんコレクション」としてご紹介しまーす!
(BGMはアド街の女の子がいっぱい映るコーナーのあの曲)

DSC05417_201404071446116eb.jpg

DSC05418.jpg

DSC05419.jpg

DSC05424.jpg

DSC05425_20140407144637897.jpg

躍起になって撮影しているうちにサーブされた「辛い汁ソバ」は、
おどろおどろしいほど鮮烈にスープが真っ赤っか!

DSC05421_20140407144623679.jpg

観念して母に手紙を一筆したためてから、
恐る恐るスープを飲んでみると確かに辛いは辛いのだが、
それ以上にカエシの切れ味と鰹ベースのダシの旨味が効いている。

そこに挽き肉のコクと甘みに刻みニラの香り、
さらに煎りゴマの香ばしさが絶妙にマッチしており、
ついクセになってグイグイと飲んじゃう魔力があるね!

一気に毛穴が開いて汗がダラダラに垂れてくるが、
そんなことはこの広い宇宙においてはどうでもいいことだ!

強いヨレのかかったでっぷりとした太麺は、
程よいコシが形成されたモチモチとした食感が気持ちいい。

もちろん唐辛子やゴマがガンガン絡んでくるのだが、
その中でもしっかり存在感を堅持している。
ただ一気に啜ると確実に致命傷なのでくれぐれも注意な!

挽き肉以外の具では地元練馬産のキャベツとモヤシが乗り、
あまりスープに漬けずにそのままポリポリやれば箸休めに最適。

あとは小さめのチャーシューとメンマが乗っているが、
あくまでおまけ程度のものであまり印象には残らなかったかな。

全体的に名古屋の台湾ラーメンを意識したと思われる味わいで、
ライスもしくはビールを強烈に欲する味だったが、
どうせ夜になったら引くほど呑むので必死に我慢しました!偉いぞボク!

DSC05422.jpg

こちらタグ部員オーダの「まぜそば052」も、
まさに名古屋のニュースタンダード台湾まぜそばそのもの!

ピリ辛の挽き肉や濃厚な旨味をたたえたタレ、
そして刻んだニラに海苔に魚粉にネギに卵黄と様々な食材が、
モチモチ太麺にしっかり絡んできてそりゃ旨いに決まってる!
仕上げにライスをぶっ込む「追い飯」も間違いのないレベル!

DSC05423_20140407144628d12.jpg

そしててらみん部長はネーミングの卑猥な響きから、
本日限定の「ペニボ中華そばうるめっちゃVer.」をチョイス。

濁った煮干スープのビジュアルは『伊吹』に酷似しており、
辛さで痺れてる舌でも猛烈に感じるウルメイワシの苦味が強烈!

そこに低加水でポキポキの細ストレート麺と、
刻みタマネギの組み合わせももはや鉄板ですな!

ここで所用(たぶんでんぱ組.incのライヴ)のためてらみん部長は一時離脱、
辛い系を食べて汗ダクダクの二人はいざスーパー銭湯へ!
全身にこびりついた唐辛子を早く洗い流さなくっちゃ!
(どうやらテンションが上がってスープを頭からかぶった模様)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ヒリヒリしちゃう気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報