スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち飲み居酒屋 金町製麺@金町

DSC05833.jpg

2014年5月30日/立ち飲み居酒屋 金町製麺/金町/
例によって酒とつまみと麺多数/ひとり5,000円くらい


<過去の『金町製麺』訪問レポ>
1回目2回目3回目4回目5回目6回目7回目8回目9回目10回目
11回目12回目13回目14回目

さぁ!宴じゃ!宴のはじまりじゃ!
すっかり恒例行事となったラーツ部金町製麺呑みじゃーっ!!!

ついさっきまで野方の『今川』にいたかと思ったら、
光速で車を置いて上野で立ち飲みしていた俺&ぷっと部員、
しかし今回は予約をしていないので確実に席を押さえておきたいので、
ハイボールをたった20杯で切り上げて先に店へと向かうことに。

というのも今回は新たな麺仲間であるshigeruuu君が、
正式にラーツ部員として加入できるかどうかの大事な会合!

先輩部員たちが投票所である礼拝堂(金町製麺)に閉じこもり、
一定数の票を獲得すれば正式にラーツ部員として認められ、
民衆に白い煙を上げて知らせるという厳格なルールがあるのだ!

DSC05837.jpg

仕事のためやむなく欠席したふじひろ部員と、
理由は特になくバックれたKEN-1部員はほっといて、
さっそくラーツ部コンクラーベのスタート!

いつも通り珠玉のつまみ達はダイジェストでどうぞ!

DSC05838.jpg

「まろやか枝豆豆腐」360円。

その名のとおりまろやかで大豆の風味豊かなお豆腐。
醤油でなく塩でいくのがよろしゅうございます!
これには厳格だった部員たちの表情も一気にまろやかに!

DSC05839.jpg

「三重県産 天然ブリの刺身」&「北海道産 オオカミウオの刺身」各390円。

金町に来たらお刺身は欠かせませんな!
特にオオカミウオはごつい見てくれとは裏腹に白身の優しい味!
気になったら画像検索してみ!六平直政みたいな顔してっから!

DSC05840.jpg

「千葉県産 カツオの漬け」390円。

こちらは土佐醤油で軽く漬けにしたカツオ君。
臭みがまったく無いのでわさび醤油で充分いけちゃう!
今度てらみん部長も軽く漬けにしてみよっと!

DSC05841.jpg

「自家製ローストビーフ」390円。

何このエロいピンク色!ビデ倫に怒られちゃう!
しっかり肉汁を閉じ込めていてまぁジューシーだこと!
ニンニクの効いたソースも相性バツグン!

DSC05842.jpg

「宮城県産 生ホヤ」390円。

奥さんホヤですよホヤ!奥さんのホヤは(略)
人生初のホヤだったけどクニュッとした食感と潮の香りが絶品!
またひとつ大人への階段を昇りましたよ奥さん!

DSC05843.jpg

「新潟県産 サワラの唐揚げ 竹の子あんかけ」390円。

あっさりしたサワラと竹の子の香りが合いますな!
こういうものを美味しいと思えるのは日本人の特権!
ジンガイは黙ってカーリーポテトでも食ってな!ウソ!カーリー美味しいよね!

DSC05844.jpg

「北海道産 流氷シシャモ焼き」390円。

いわゆるカラフトシシャモだけど今が旬の魚で、
子持ちではないから卵は入ってないけど脂の乗りが最高!
ちなみに我が実家ではなぜか晩飯のカレーにシシャモが付いてました(実話)!

DSC05845.jpg

「静岡県産 生桜えびと釜揚げしらす」390円。

これぞまさに駿河湾の右大臣と左大臣!
カラーリングも見事に紅白でまぁおめでたいこと!
思わずタグ部員とぷっと部員がクールポコのネタを完全再現!

DSC05846.jpg

「砂肝とにんにくの芽の黒コショウ炒め」390円。

ザクッとハードな砂肝の歯ごたえがいいね!
俺の砂肝も食べたらこんなに美味しいのかしら?
まぁほぼフォアグラ状態だから食えたもんじゃねぇかガハハー!

DSC05848.jpg

「新潟県産 天然ヒラメのカルパッチョ」390円。

あっさりとした上品なヒラメの身に、
バルサミコ酢のソースが効いた洋風のお刺身。
こんなんがシレッとあるあたりが金町製麺の真骨頂!

DSC05852.jpg

「青森県産 イカとスナップエンドウの塩炒め」390円。

イカももちろん柔らかいけどスナップエンドウのジューシーさがパねぇ!
あまりの旨さにスナップを利かせてshigeruuu君にボディブローをお見舞い!
イカみたいに墨を吐いてその場に倒れ込みました!

--------------------

楽しい時間は本当にあっという間に過ぎていくもので、
気が付いたら結構終電までギリギリ待ったなし!

ここで長尾店長に麺類を一気に注文し、
ようやく起き上がったshigeruuu君も含めて〆のパイイチ!

DSC05847.jpg

「手もみ中華そば」670円。

初体験のshigeruuu君に基本の一杯を知ってもらおうと、
まずはド定番のデフォルトメニューから注文。

相変わらず雉の豊かな旨味にあふれ、
柴沼生醤油と白醤油がキリリと全体を引き締めるスープと、
水分たっぷりでモチモチの手もみ太麺は絶品のひと言!
レアなチャーシューのエロチシズムも健在!

これにはさすがにshigeruuu君も感動している様子で、
思わず目頭がウルウル&ズボンまでグッショリになっておりました!

DSC05853.jpg

「塩そば」670円。

これが同じ雉ダシでも塩ダレになると、
一転してマイルドで穏やかな味わいに変貌する。

麺も稲庭うどんライクな平打ち中細ストレートに変わり、
その滑らかな啜り心地としっとり感は乾麺とは思えないほど!

DSC05850.jpg

「雉白湯そば」700円。

その雉を強火でガンガンに炊き出した雉白湯は、
肉そのものが溶けているかのような濃厚な味わい!

たっぷりのネギのザクザク感もスープにマッチしてるし、
鶏ハムもしっとりしていて美味じゃ美味じゃ!
この仕様の入浴剤があったら俺は買うね!いややっぱ買わない!

DSC05851.jpg

「鯛といりこの塩そば」700円。

いっぽうこちらは鯛のアラと昆布、いりこのみでダシを取った、
動物系不使用のいわゆる鮮魚系ラーメン。

優しい口当たりながら魚類の旨味が炸裂しており、
思わずハコフグの帽子を被って「ギョギョギョ!」と叫んじゃった!
これ俺の完全オリジナルだかんね!マネすんなよ!

DSC05849.jpg

「カレーそぼろそば」700円。

中華そばにピリ辛のカレーそぼろを乗せた、
台湾ラーメンなんちゃってな感じの遊び心あふれる一杯。

辛さはさほど強くなく醤油味のスープとナイスバランス!
こりゃ確実に白米を欲するラーメンですね!
ふじひろ部員に電話してデリバリーしてもらおうぜ!

DSC05854.jpg

「冷やしアジアン担々つけ麺」値段不明/勝手に命名

ここで恒例の「タグさんチャレンジ」のコーナー!

グイグイいけちゃうタグ部員が長尾店長におねだりして、
アドリブでメニューに載ってない一杯を作ってもらう恒例行事で、
この日出てきたのはエスニック風のつけ麺!

ゴマとナッツの効いたラー油入りのつけダレにはパクチーも入り、
カレーそぼろを麺に絡めながら食べれば昇天する旨さ!

スパイス系のラーメンが好きだというshigeruuu君も、
これには思わずシャッポを脱いで長尾店長に敬礼!

--------------------

わぁわぁ言うとりますがお時間のためここでお開きとなったが、
気になる投票の結果はもちろん満場一致で、
shigeruuu君を7人目のラーツ部員として迎え入れることに決定!

さっそく白い煙をあげて民衆に報告しようと思ったけど、
金町製麺にはあいにく煙突が無かったので、
代わりにタグ部員がタバコの煙で皆に知らせたけど、
ハタから見たらただ一服してるようにしか見えないのであった…!

--------------------

★2014年5月のトータル杯数/22杯
★2014年の通算杯数/87杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,872杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑shigeruuu部員をよろしくお願いします気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0082.jpg
↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
 大好物のジャーキーを我慢し過ぎてよだれの池が…!『待てっ!』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺処 今川@野方

DSC05830.jpg

2014年5月30日/麺処 今川/野方/
味玉らーめん 鶏/880円


本日はプチラーツ部!

今や歌舞伎町No.1キャバ嬢や認定漫才師など、
なかなかスケジュールの取れない忙しい立場まで上り詰めてしまい、
基本土曜日開催の通常の部活動になかなか参加できなくなった、
ぷっと部員やふじひろ部員のために不定期開催される、
ラーメン食べ歩き兼飲み会こそがプチラーツ部なのであります!

ハナキンの今夜はめいめい仕事を終わらせてから、
どこかで一杯決めたのちに大宴会を予定しているのだが、
その前にぷっと部員を車で連れ回して野方『今川』へと向かいます!

というのもこちらはずっと気になってたお店なのだが、
「鶏」と「魚」というまるでアプローチの異なる2種のラーメンがあるので、
誰かと一緒に行ってシェアできる機会をずっと探していたのだよ!

DSC05829.jpg

電車で行けば駅を出てロータリーのすぐ近くなのだが、
車だとコインパーキングは少ないわ周辺の道は狭く迷路のようだわで、
駐車場を確保できたのは店から500メートル以上離れた場所…!
まさか車で来てるのに片道15分歩くことになるとは…!

L字型のカウンターのみの店舗は清潔で、
まるでお寿司屋さんのようなすっきりとした内装。

屋号の『今川』とは別々の店で修行したダブル店主さんの、
「今田」さんと「川久保」さんの頭文字から付けたそうな。

メニューは前述したとおり「らーめん」の鶏と魚の2種類で、
どちらにするか直前までかなり迷ったのだが、
幼少からマーメイドになりたい願望があるぷっと部員が魚を担当、
チキン野郎としてつとに有名な俺が鶏を担当することに。

今や鶏スープのひとつの完成形とも言えるような、
まろやかで舌にじんわり旨味が広がる鶏清湯ダシに、
大豆の香りが気高い醤油の風味と鶏油を浮かべたタイプ。

その鶏油がけっこう厚めに張られていることで、
思った以上にパンチのある味わいになっていて美味しい!

ちょっと塩気が強い気もしないでもないけど、
かえってそれがグイグイ飲ませる訴求力にもなってるのかも!
塩分なんてサウナでも入って汗で出しちゃえばええねん!

そして麺は細麺か手もみ麺からチョイスできるのだが、
なんと手もみ麺はあの『とみ田』の「心の味食品」の特注だとか!
それを聞いて後者を選ばないヤツは校庭10周!

DSC05832.jpg

茹でる前に両手で丹念に手もみをしてから、
じっくり時間をかけて火を通したそれは圧巻のビジュアル!
思わず滅多にやらない麺リフト写真も撮っちゃった!

啜ると唇をポコポコ叩かれるようなかわいい感触と、
グイッと歯を押し返すような強い弾力はオンリーワンの食感!

手もみしたことによって付いた凸凹にスープが乗って、
麺とスープの一体感を味わえるのも素晴らしい!
俺もこの手でもみたい!揉みしだきたい!

チャーシューはこれまたトレンドの豚鶏ミックスで、
メンマ代わりにコリコリした山クラゲが乗るのも面白い。

DSC05831.jpg

そして実は2回目の訪問となるぷっと部員は、
前回とは真逆の「スペシャル 魚」を細麺でチョイス。

動物系の素材はまったく使っていないらしいのだが、
鮮魚ともまた違う分厚い魚介の旨味が炸裂していてこちらも美味!
白醤油なのかダシ感を活かしたバランスなのも好み!

細麺とは言いつつ軽いヨレのかかった中細くらいの太さで、
こちらはギュッと圧ぺんしたような強靭なコシ!
これにはぷっと部員も尾びれをピチピチさせて喜んでました!
(憧れのマーメイドに一歩近付いた様子)

最終的にはポカリスエットの深田恭子みたいになりたいんだって!
夢見る乙女ぷっと部員へのファンレターは下記住所まで!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑マネージャーが読まずに捨てます気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg
↑悪意1000%のラーメン系(?)Tシャツ最新作!
 「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

富士らーめん@浅草

DSC05828.jpg

2014年5月26日/富士らーめん/浅草/
味玉らーめん/750円


それは昨夜の日曜の夜のこと。

毎週欠かさず観てるTOKIOの「THE鉄腕!DASH」で、
「世界一うまいラーメンつくれるか」という新企画が始まったのだが、
その中で長瀬くんが『じゃぐら』『かなで紅』のラーメンを、
ハフハフ旨そうに啜ってる姿が放送されたのだ。

そんな扇情的な姿を茶の間に流された日にゃあ、
こっちだってラーメン食べなきゃ気が済まなくなるじゃないか!

あまりに青少年に影響を及ぼすショッキングな映像なので、
次回からはモザイク処理をしてください日テレさん!
アンオフィシャルな私設BPOからの忠告です!

というわけでオスゴリラのテンションで車を飛ばして向かったのは、
浅草の名店『与ろゐ屋』や『麺屋武蔵』の系列店にて、
修行経験があるというダブル店主さんによる新店『富士らーめん』です!

DSC05827.jpg

店は雷門の西側・国際通り沿いにあり、
つくばエクスプレスの浅草駅からだったら出てすぐの立地。

かつて15年くらい前に高田馬場の路地裏に『富士ラーメン』っつー、
熊本ラーメンの店があったけどそことは関係はない様子。
あぁ!ラーメンジジィの昔話だと思ってもらって結構だよ!

厨房をJの字に囲むようなカウンターが連なる店内は、
黒を基調としたどこかムーディーな雰囲気で、
まだオープン間もないためそうそうたるメンバーからの祝い札が飾られている。

二人三脚で厨房を仕切る若きダブル店主さんと、
ホール担当のカワイコちゃん店員さんの三人体制。

カワイコちゃんは時折入口に立って呼び込みをするのだが、
そのたびに確実にお客さんを連れてくる入れ食い状態。

そりゃああんなキュートな笑顔で呼び込みされたら、
たとえ直前に1ポンドのステーキを食ってたとしても入っちゃうよね!

メニューはシンプルに「らーめん」一本のみで、
そこに味玉やチャーシュー、キャベツ&マー油などの、
トッピングの追加のみとなかなか潔い構成。
オススメの「味玉らーめん」でも750円となかなかリーズナブルね!

てっきり『与ろゐ屋』出身という肩書きから、
澄んだ清湯系のラーメンが出てくると思い込んでいたら、
見るからに濃厚そうな白濁豚骨醤油ラーメンが出てきてまずビックリ!

薄いピンク色がかったスープはドロドロ感こそ無いものの、
豚頭から抽出したと思われる髄の旨味がギュッと詰まっていて、
油もしっかり乳化していて相当にパワフルな飲み口。

とはいえざらつきや臭みなどはまったくなく、
丁寧な下処理をしているのが伺える仕上がりとなっている。

底に向かうにつれ比重で沈んださらに濃いスープが顔を出し、
徐々に舌触りが変わっていくのも面白い!
こりゃ豚骨好きには頭から被りたくなるくらいの上物ですぜ!

そこに普通ならザクッとした極細ストレート麺が定番だが、
店頭の立派な製麺室で自家製された、
ツルツルの中細ストレートを合わせているのがユニーク。

スープは弾いてあまり持ち上がってこないのだが、
その摩擦のない滑らかな啜り心地とムチムチした食感も、
意外と濃厚な豚骨スープとも悪くないカップリング。
この麺なら水で締めたつけめんにしても期待が持てそうね!

チャーシューはふっくらと炊かれたバラ巻きタイプ、
メンマはふにゃっとした柔らかいタイプと具は癒し的存在。

そして黄身まで火が通ったトッピング味玉は、
提供直前まで鰹ダシに浸してあるようで、
その魚介風味がちょっとだけスープにも移るのもアクセントになる。

正直浅草では類を見ないド濃厚豚骨ラーメンで、
こりゃブレイクする前に行っといて正解だったかもしれん!
ありがとうTOKIO!ありがとう長瀬くん!
やっぱりモザイクは除去して丸見えでオッケーです!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑LOVE YOU ONLY気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0077.jpg
↑お前の髪はニセモノだ!
 周囲を気まずくする上司や家族の秘密を貴方に代わってズバッと暴露します!
 『カツラハンター』Tシャツ発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鶏そば 神樂@竹ノ塚

DSC05822_20140724135009d39.jpg

2014年5月23日/鶏そば 神樂/竹ノ塚/
鶏塩そば/750円


※どうやら最近『ましこ亭』の支店に変わったようです
 色々と大変だったのかしらね…?


ラーメン界の親子鷹を一日で巡るプチツアー、
まずはお父様の店『ましこ亭』のネオクラ東京とんこつを堪能し、
お次はいよいよ息子さんの新店『神樂』へと向かいます!

それにしても親子で同じ道を志すなんて素晴らしいのひと言!
俺なんて結局父ちゃんの内装業は継がなかったですもの!
結果的に明日をも知れないTシャツ屋稼業ですよ!
誰かノーリターンで出資してくれるスポンサー様はおらんかね?

DSC05821_20140724135007fd2.jpg

などと甘い夢を見ながら竹ノ塚に到着すると、
以前は『いるか』というやはりラーメン店があった跡地で、
その頃と若干レイアウトが変わったような印象。

オレンジ色の座席がかわいいカウンターに加えて、
新たに小さいながらもテーブル席が増設されていた。

店主さんとアシスタントさんの接客はとてもハキハキと丁寧で、
これにはこちらもキッチリ七三分けに整髪して、
「いっぷく!」の岩下尚史みたいに応対いたします!

メニューは「鶏塩そば」と「鶏醤油そば」、
それに〆の雑炊用にゆず胡椒ご飯が付いてくるという、
数量限定の「濃厚鶏白湯」という構成で、
いずれも「紅富士鶏」というブランド鶏を使っているらしい。

やや小ぶりな丼でサーブされた「鶏塩そば」は、
清湯スープにキラキラと輝く鶏油がいかにも旨そげ!

そのスープはまさにシンプルイズベストを地で行くような、
雑味がなくてあっさりしたタッチなのに、
じんわりと鶏のステキなコクが広がるもの。

鶏油は全体のバランスを壊さない適量なので、
後味がモタモタせずすっきりしているのも好印象!

途中で卓上の高知県産ゆず一味をパラリとしてみたが、
柚子の爽やかな香りは確かに相性バッチリチリ足ですな!

麺は主張少なめの中細以上中太未満の太さで、
ゆるやかなちぢれが付けられているタイプ。

気持ち柔らかめの茹で加減に調節されており、
独特のもっくりとした素朴な食感が印象的。

ただ麺をたぐっているうちに成分が流れ出ちゃうのか、
透明感のあったスープが段々と濁っていってしまうので、
スープの味見は早め早めがベストですぞ!

鶏チャーシューは低温調理で肉汁をしっかり閉じ込めていて、
しっとりジューシーな食べ応えのあるものだし、
軟骨入りでコリコリした旨味たっぷりのつくねも絶品!

あとはお約束の穂先メンマに2種類のネギと、
脇役を固める具たちもNHKドラマばりにソツのないラインナップ。

お父様のラーメンとはまったく違うアプローチで、
個人的には非常に気に入りましたですよ!

ラーメン界の三国連太郎・佐藤浩市親子を目指して、
これからも精進に励んでくださいまし!
あれ?あの親子はあまり仲が良くなかったんだっけか?
じゃあ浜口親子か関根親子でもいいでーす!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑仲良きことは美しき哉気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0072.jpg
↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが久々に実現!
 イブニングで連載中の人気漫画 「少女ファイト」公式Tシャツ『Memento mori』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東京とんこつ ましこ亭@谷塚

DSC05819.jpg

2014年5月23日/東京とんこつ ましこ亭/谷塚/
極らーめん(正油)/750円


野球界でいえばケン・グリフィー親子であり、
ものまね界でいえばツートン青木・青木隆治親子であり、
演歌界でいえば山田龍二&大輔親子と、
父と子で同じ職の道を志すパターンは良くあるわけで。

それは御多分に漏れずラーメン界にだって存在するわけで、
何でもあの『ましこ亭』の益子店主さんとその息子さんが、
ほぼ同じタイミングで新店を立ち上げたという。

しかも両店ともそんなに距離が遠いわけではなく、
これは親子の店で連食すれば恰好のブログのネタになるじゃんか!

というわけでまずはお父さんのお店である『ましこ亭』へと、
パパに買ってもらったスポーツカーで颯爽と向かうのであります!
(実際は長期ローンでムリヤリ買った中古の軽自動車)

DSC05817.jpg

店は4号線から埼玉との県境手前を横道に入ったあたりで、
「ニューグランド」というでっかいパチンコ店に併設されている。

向かいにそれ用のでっかい駐車場も完備されていて、
ラーメンが目的でも駐車OKなのでマイカー組も安心ですね!

DSC05818.jpg

DSC05820.jpg

元々は竹ノ塚にあった老舗の同名店が、
いったん立川のラーメンスクエアに牛ダシラーメンの店として移転、
卒業後に凱旋のような形で足立区に帰ってきたという、
なかなかエキサイティングな経緯でオープン。

入口は放射状に広がる階段を上がった先にあり、
上から見るとなんだかステージに立っているみたい!

思わずスタンドマイクを設置して即興で漫談を披露するも、
その場に一人だけいた警備員のおっさんは、
ヒマそうにしていてまるで聞いちゃあくれませんでした!
いつか俺がR-1ぐらんぷりで優勝したら覚えとけよ!

Uの字型に座席が並ぶカウンターのみの造りで、
ホールは元気一杯な女の子店員さんが仕切っており、
奥まった厨房の様子はほとんど見えないのだが、
時折看板と同じ顔の益子店主の姿がチラッと覗ける。

メニューは新店にも関わらずかなり豊富で、
「極らーめん」と「えびだしらーめん」が一応メインのようだが、
他にも3種類の味が揃う「つけ麺」シリーズや、
580円とリーズナブルな「お手頃らーめん」なども。

竹ノ塚時代のマストであった「ほほ肉チャーシュー」もあったが、
もちろん息子さんのお店との連食予定なので、
基本の「極らーめん」を正油か塩から選べたので正油で試してみた。

ベースは竹ノ塚時代の味に戻したようで、
あっさりした豚骨清湯ダシに背脂が散らされた、
どこか懐かしさも感じるオールドスタイルのスープ。

しかし後味にうっすら魚介の風味も感じられ、
野暮ったさがない洗練された背脂チャッチャ系といった感じで、
おそらく無化調なので後味もベタつかずなかなか美味しい。

浅草開化楼の中太ストレート麺は、
かなり硬めの茹で加減で丼の中でひしめいている。

よーくほぐして食べるとかなり粉の質感を残したタイプで、
サクサクというかポリポリというかかなりユニークな食感。

しかし食べ進めて密度が減っていくにつれて、
スープの熱で柔らかくなって徐々に馴染んできて、
全体に調和して一体化していく変化が楽しい。

チャーシューは片側だけカリカリになるまでソテーしたバラ肉で、
お焦げの香ばしさと肉のジューシー感が相まって、
さすがチャーシューを名物にしてきただけある美味しさ!

さらにメンマと半熟の味玉半分に加えて、
ネギと水菜と糸唐辛子とフライドガーリックが乗る。
特に糸唐辛子の存在感がしっかりしてるね!

古そうで新しい「ネオクラシカル」に分類できる一杯は、
奇をてらわない万人が旨いと思える味わいなので、
パチンコ帰りのシケたおっさん達にもウケが良さそうな感じですな!

それでは続きまして息子さんの店へと出発します!
レポの更新までむうすこし待ってね!
(たまにはダジャレで終わったっていいじゃない)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑城島リーダー風気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0086.jpg
↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツ!
 目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ちば魂@QVCマリンフィールド

DSC05814.jpg

2014年5月20日/ちば魂/QVCマリンフィールド/
東京背脂中華そば/980円


<過去の『ちば魂』訪問レポ>
1回目2回目3回目4回目

プロ野球は毎年恒例の交流戦がスタート!
俺はキャビンアテンダントさんと交流したーい!

スワローズファンの友人(高田文夫先生じゃないよ)から、
応援用のビニ傘で局部をつつかれながらお誘いをいただいたので、
開幕戦となる千葉ロッテ×東京ヤクルト戦を観戦。

となればいつも通りの『ちば魂』さんですよねー!
今日も外野席から通行証をもらってお邪魔しまーす!

DSC05813_20140724134944bfc.jpg

相手チームが応援する三塁側にあるにも関わらず、
デフォルトメニューが「マリーンズ魂ラーメン」という、
ちょっとロッテファンじゃないと頼みにくいネーミングなので、
もっぱら食べるのは対戦チームのご当地にちなんだ限定の一杯。

本日は東京のチーム・スワローズということで、
なんと背脂チャッチャ系の中華そばですって!
ってことは神宮球場にも程近い『ホープ軒』インスパイアですな!

鶏と豚から取ったスープは自体は清湯で、
じんわりと旨味が広がるかのようなあっさり仕立て。

そこに形がしっかり残ったプリプリ背脂の、
甘みとコクがプラスされてなんとも人懐っこい味わい。
あのいにしえの味がかなりいい感じに再現されております!

そして麺はなんと北海道の森住製麺のもので、
背脂系にはちょっと珍しい細ストレートを合わせている。

それでもツルツルとした滑らかな肌質と、
ムッチリとした艶っぽい食感は意外と背脂系にもマッチ。
プニッとした背脂を絡めて食べてもいいね!

チャーシューは柔らかいモモ肉が2枚、
千葉は松戸産のネギは香りも食感も最高なのだが、
どうせインスパイアするなら金ザルで入れ放題にしてほしかったな!
あと薄いジャスミン茶が付いてくれば文句なし!

DSC05815_20140724134953a9f.jpg

こちらはデフォの「マリーンズ魂ラーメン」。

クリアながら旨味のフォーカス当たりまくりの鶏ダシに、
市川産のアサリのタウリン感を加えた極上の清湯スープ!
いつも限定ばっかだけどたまにはこっちもいいなぁ!

さて肝心の試合はスワローズ優勢で進んだものの、
あと1アウトで勝ちってところから井口に同点弾を喰らい、
挙げ句に延長から加藤翔平にサヨナラHRをお見舞いされるという、
スワローズファンにとっては地獄のような展開に。

試合をボイコットした時の古田みたいな渋い顔で、
落ち込む友人(山本コータローじゃないよ)にかける言葉もないまま、
ロッテファンの大歓声をBGMに帰途につくのでありました…!

野球って面白いね!(ムリヤリ)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑神戸!神戸!神戸!神戸!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』Tシャツ好評です!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

海老そば まるは@船橋

DSC05812.jpg

2014年5月20日/海老そば まるは/船橋/
海老そば/750円


貝の匂いに誘われてフラフラと船橋までやって来た貝十郎先生、
まずは『URA963』のホンビノスラーメンに魅了され、
自分の二枚貝をパカパカさせて大喜び!

しかしわざわざ船橋まで来たというのに、
ラーメン一杯だけで帰るだなんてご先祖様に申し訳が立たないなっしー!

今日のテーマは「海」ということで帳尻を合わせて、
貝の次は海老のラーメンでもいっとこうじゃないの!
俺なりの海洋博覧会とくと見とけや!

DSC05811.jpg

千葉で着実に店舗を増やしつつある『まるは』グループの新店で、
こちらは昨今流行りの海老ダシのラーメンがコンセプト。

海老らしく赤を取り入れたカウンターのみのレイアウトで、
壁には巨大な海老のイラストが描かれている。

店員さんの所作もどこか豪快で男勝りな印象だが、
海老の魅力に惹かれたOLさんらしき客層がメインなのが意外!
女なんてパンケーキ食ってりゃ満足するもんだと思ってたよ!
(烈火の如く怒りまくる田嶋陽子)

メニューはあっさり系の「海老そば」にこってり系の「濃厚海老そば」、
それにトマトペーストを加えた「海老トマトつけめん」などなど。

先ほどの『URA963』で食後のコーヒーまでいただいちゃってるので、
そこに濃厚スープなんて突っ込もうもんなら、
胃袋がバグって強制シャットダウンでもしかねないので、
ここはオーソドックスな「海老そば」をチョイス。

ブクブク泡立つスープは見事にオレンジ色で、
まるで夏休みの東京ドームのライトスタンドのよう!
おぉー!しん!のす!けーっ!

スープは確かにあっさりした飲み口の、
サラリとしたコクの深い鶏ダシがベースで、
そこに甘海老のドッヘ汁が大量に溶け込んでおり、
シュリンパーにはたまらない強烈な海老フレーバー!

ほんのりローストしたような香ばしい薫りも広がり、
単一的にならず味わいに奥行きがあるのがナイスですね!

細かく刻んだチャーシューの脂身や、
粘りが出るまで細かく叩いたタマネギがスープに溶けると、
徐々に風味が変わって飽きさせないのも楽しい。

麺は中太で手もみのようなボコボコした形状で、
啜ると会いたくもないのに震えるようなコシの強さと、
モッチモチの食感はクセになりそう!

当然スープや油もガッツリ持ち上がってくるので、
麺にも海老テイストが炸裂しますわよ!

バラ肉のチャーシューは提供直前にバーナーで炙られ、
焦がしの風味が付けられていて存在感をアピール。

さらにたっぷりの小松菜がさっぱり感を演出。
これはいい箸休めだと思います!

あっさりと言いつつなかなかガツンとくる味なので、
思った以上に胃袋が苦しくなってきて、
終盤は食べ切るのにアップアップしちゃった!

では海老のように後ろ向きにピチピチ飛び跳ねながら帰ります!
やめてー!背ワタは取らないでー!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑つまようじでプルン気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0070.jpg
↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!
 だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

URA963@船橋

DSC05808.jpg

2014年5月20日/URA963/船橋/
濃厚貝出汁ホンビノスラーメン(サラダ・コーヒー付)/980円


どうも!貝類大好きラーツ部の市川貝十郎です!
一番好きなのは官能小説で言うところの秘貝です!

昨今は食糧事情も良くなってアサリやシジミ、ハマグリなど、
様々な貝を素材に使ったラーメンが増えてきており、
わたくしとしてはホタテの高速移動の形態模写で、
喜びを表現する毎日でございます!

そんな中で今度は「ホンビノス貝」という、
あまり聞き慣れない貝を使ったラーメンがあると知り、
さっそく軽めのドライブを兼ねて船橋まで行ってまいります!
(フリスクみたいにシジミを丸ごと噛み砕きながら)

DSC05806.jpg

船橋の呑めるラーメン店の代表である、
『963』シリーズが新たに立ち上げたニューカマー。

実は日曜が定休日になったのを知らず、
2月に一度ノコノコとやって来て花道を喰らっているので、
それ以来のリベンジでもあるのだよ諸君!

そんなに広くないもののカウンターとテーブル席はゆったりと配置され、
たくさんの洋酒や調度品が並ぶその雰囲気は、
完全にラーメン店というよりバーやレストラン風。

夜のバータイムのお通しにでも使うのか、
アメリカ製と思われる業務用の特大の袋に詰められた、
トルティーヤチップスのかほりがほんのり漂っている。

ランチタイムはサラダとコーヒーが付くセットのみで、
麺類は「濃厚貝出汁ホンビノスラーメン」と「麻辣じゃじゃ麺」、
そして「海南鶏飯シンガポールチキンライス」の気まぐれランチという構成だが、
最近ご当地メニューの「船橋ソースラーメン」も始めた様子。

DSC05807.jpg

店員のお姉さんの「ご注文はお決まりですか?」の問いに、
食い気味で「ホンビノスラーメン!あと秘貝!」と注文すると、
秘貝については完全にスルーされたようで、
まずは冷えたガラスのボウルでサラダが登場。

葉物のみの野菜にバルサミコ酢が効いたさっぱり仕立てで、
初めに野菜食っときゃ血糖値が上がらないぜロックンロール!

しばらくしてサービスのライスとともに、
ゴロゴロとでっかい貝が大量に乗っかった丼がサーブされて、
この時点でもう貝十郎先生思わず見栄を切っちゃいます!
(満場の拍手の中で見事な寄り目)

うっすらと濁ったスープはおそらくホンビノスダシ100%で、
ひと口目から貝のあの独特の苦みを伴う、
タウリン感あふれる旨味がズドーンと押し寄せてくる。

塩加減もほどほどに抑えてあるので、
ともすればお吸い物っぽくなっちゃいそうだが、
ほんのりとした鶏油らしき香り油がコクと甘みを与え、
ラーメンのエリア内にきっちり着地させている。

オルニチン効果で肝臓にも良さそうだしいいことずくめ!
朝の目覚めがいいっていうでしょ!あれホントなんですよ!

中細くらいで強いちぢれが付いた麺は、
水分量が多いのか向こうが見えそうなほど透けている。

プルプルと唇を震わすおてんばな啜り心地と、
グニンとした弾力のある面白い食感は、
中華の麺というよりエスニック料理で使うアジアの麺っぽくも感じる。

そしてホンビノスとは東京湾、特に船橋で良く獲れる外来種の貝で、
見た目はアサリ以上ハマグリ未満といった感じの大きさ。

これが8個ほどたっぷりと乗せられてきて、
身も厚くプリプリで完全にハマグリと遜色ない美味しさ!
あとの具は水菜だけなので思う存分ホンビノス充ができますな!

DSC05809.jpg

サービスライスはタイ米をそのホンビノスのダシで炊いているので、
相性が悪くなるわけがございません!

レンゲにライスとホンビノスの身を乗せて、
スープに浸して「即席貝雑炊」のようにして食べれば、
本日二度目の見栄を切らざるを得ないでしょうよ!
(さすがに観客も飽きてきて拍手はまばら)

DSC05810.jpg

〆にはやや酸味のあるホットコーヒーでひと息ついて、
これで980円ならお値打ちなんじゃないでしょうか?
代官山のカフェメシだったらこの値段じゃ食えないよマジで!

夜はパクチーをふんだんに使ったつまみも増えるみたいなので、
ぜひそちらでも三度目の見栄を切りたいところですな!
(怒った観客から次々と舞台に投げられるゴミ)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑秘貝気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。