海老とんこつラーメン ZIPANG 上野店@上野

DSC06178_2014111013330690b.jpg

2014年8月30日/海老とんこつラーメン ZIPANG 上野店/上野/
海老吟醸/750円


どうも皆さん!はじめましてこんばんみ!
東方見聞録でおなじみのマルコ・ポーロです!

あの黄金の国と呼ばれる幻のジパングが、
なんと東京は上野で発見されたという情報を聞いたので、
ニコーロパパとマフィオ叔父さんと共にさっそく向かってみました!

それにしても神田川っつーのは狭いわ浅いわで、
あちこちで船が座礁しちゃってまいっちゃったよマジで!
しょうがないから浅草橋の屋形船んとこに係留させてもらいました!
あとで船宿にビールでも買ってお礼しに行かなきゃ!

DSC06177.jpg

幻のジパングは上野マルイの脇道を入ってすぐで、
以前は『油そば 椿』が入っていたテナントだった場所で、
どうやら神奈川の秦野にある同名店のプロデュースらしい。

カウンター7席のみの店舗は赤を基調にしており、
海老のモチーフがそこかしこに散りばめられていて、
厨房にはスーパー銭湯の館内着みたいな出で立ちの店主さんと、
日本語が若干おぼつかないかわいい女の子の二人体制。

メニューは海老とんこつという「海老吟醸」に「海老つけめん」、
さらに牛乳を加えたという「海老クリーミー」のスリートップで、
サイドメニューの「メカブ丼」がちょっと珍しい感じ。
ここはもちろんデフォの「海老吟醸」をチョイスします!

しかし食券の順番がテレコになっちゃったらしく、
俺の直前に入店してオーダーが通っていたはずの、
隣りの席のオヤジを跳び越して先に俺にサーブされちゃった…!

だからといって「チッ」って舌打ちしながら、
無言でむんずと丼を強奪しなくたっていいんじゃねぇかオヤジ…!

その後店主さんから平身低頭で改めてサーブされたが、
俺たぶんジェノヴァに収監された時と同じ表情だったと思う…!

海老系ラーメンでは定番の真っ赤な丼の「海老吟醸」は、
どことなくビジュアルが元祖エビっ娘こと『一幻』のそれにちょい似。

スープはマイルドで臭みのないまろやか豚骨ダシに、
あらかじめ清湯の海老ダシをブレンドしてあり、
さらにオレンジ色の香ばしい海老香油がパンチを与えている。

バランス的には豚骨すぎず海老すぎず、
ちょうどお互いが共存しているような仕上がりなので、
あまり強烈にエビエビすぎるとちょっと苦手に思っちゃう、
俺の好みにはかなりガッチーン!と合致していて美味しいっす!

三河屋製麺の箱から取り出される麺は、
タイマーで自動的にテボが上がる最先端マシーンで茹でられます!
22世紀はもうすぐそこまで来ているぞ!

強めにちぢれが付けられた中太タイプで、
コシがありブリブリとした食感に乗っかって、
具の青ネギや桜海老、キクラゲの食感がプラスされるので、
啜るたびに噛むたびに楽しくていいですね!

さらにサーブ直前にバーナーでゴーッと、
アヴリル・ラヴィーンされる鶏肉チャーシューに、
彩りも美しい花麩が浮かべられビジュアル面にも工夫が。

強奪オヤジとは反対側の隣のカップルは、
彼氏が追加して頼んだライスを彼女がレンゲに一杯もらって、
「海老つけめん」のつけ汁にチャポンして食べてたけど間違いなく合うな!
つーか君たち仲良しすぎるな!ごちそう様です!

さて今日のことは助手のピサたんにつらつらと話して、
一字一句漏らさず書き起こししてもらわないとな!
あのオヤジ今度会ったらジェノヴァに送り込んでやるから覚悟しとけよ!

--------------------

★2014年8月のトータル杯数/24杯(未掲載分含む)
★2014年の通算杯数/166杯
★麺レポスタートからの通算杯数/1,951杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑イル・ミリオーネ気分でポチッと押してくださいませ~

akpk-0003.jpg
↑九角形という半端な図形の「悪」マークが
 「別になくてもいい」という逆説的なアイデンティティーを表現。
 『悪意1000%セカンダリーロゴパーカー』完全復活!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

会津喜多方ラーメン 小法師@亀戸

DSC06176_201411101332583fa.jpg

2014年8月29日/会津喜多方ラーメン 小法師/亀戸/
みぞれラーメン/760円


たまにはチェーン店だっていいじゃない!
(ブル中野と手首同士をチェーンで繋がれながら)

夜遅くまで働いてるとヨメから久々のRK宣言が発動されたので、
腸炎を発症する前日に食べて以来なんと6年ぶりと、
ずいぶん久しぶりに喜多方ラーメンの『小法師』に行ってみることに。

※RK宣言 = ラーメン食いたい宣言

というのもここのところ店の前を通るたびに、
季節に合わせた限定メニューのポスターが貼ってあって、
どれもこれも創意工夫がなされた旨そげなものばかりだったものでね!
ラーメンに関しては意外と博愛主義なのボクチン!

DSC06174_20141110133254895.jpg

モノトーンでシックにまとめられた店内には、
会津の郷土玩具である赤べこや唐人凧が飾られ、
ひなびた喜多方の街並みを思い出させる雰囲気はそのまま。
初めてのラーツ部合宿で訪れたのももう5年も前かぁ…!

大浴場の眼下に見える県道に向かって、
自分の裸体をさらそうと風呂のヘリに乗っかったぷっと部員が、
足を滑らせて豪快に湯船に落っこちたのも今はいい思い出…!
おまわりさんのお世話にならなくて本当によかったね!

店内のBGMとして蓄音機から流れてるような、
60年代くらいの古い映画音楽がかかっているのだが、
チェーン店共通のチャンネルなのか何分かおきに、
急に脱力系の「坂内&小法師のテーマ」が強制的に流れてきて、
その場末感になんだかこっちが恥ずかしくなっちゃう…!

ばーんない!あんどこ・ぼ・し!
(完全に脳内にこびり付きました)

気になってた「青唐辛子の塩ラーメン」はすでに終了しており、
夏から秋にかけては「みぞれラーメン」を提供していたのでそちらを。

『小法師』ならではのほとんど油が浮かない、
豚骨清湯をベースにじんわりと魚介が香るスープに、
なんと大根おろしと柚子胡椒をあらかじめ溶かしてある。

その大根の甘みと柚子胡椒のピリ辛感が、
よりスープのコクやダシ感を引き立てていて、
こりゃ予想の遥かななめ上を行く美味しさだなこりゃ!

何よりジアスターゼ効果で胃に優しそうなのが一番いい!
毎日バケツ一杯分の胃薬をバフバフ飲んでる身にはありがたい!

麺はいかにも喜多方らしい太くてちぢれの強いもので、
多加水のものを柔らかめに茹でているので、
水分をたっぷり閉じ込めていてしっとりプルプル。

しかし周りの客は麺カタで注文してる人が多かったけど、
なぜに現代ニッポンは柔らかい麺の文化を、
こんなにも否定するような風潮になってしまったのか!
お前ら負担をかけっぱなしの消化器官に謝れ!

具にもネギやカイワレ、水菜と和えた大根サラダが乗っていて、
そのシャキシャキした食感と刻んだシソの爽やかな香りが、
さらに清涼感をアップして食欲を加速させる。

そしてお店のアンセムであるバラ肉チャーシューは、
薄味ながらふっくらした歯ごたえでやさしおいしい!
デフォルトでも5枚も乗ってくるのが嬉しいよね!

DSC06175.jpg

そして包み物フェチであるヨメは「喜多方わんたんラーメン」を。

大根おろしが入らないネイキッドな超あっさりスープは、
じんわりと豚の甘みが舌に広がる郷愁の味。

厚みがあってモチモチした皮の中に、
生姜の効いた餡が詰まったわんたんもベストマッチ!

なぜ6年もブランクを空けてしまったのか後悔するほど!
特に二日酔いの時なんかにはマジ神な一杯!
ってことはこれからかなりの頻度でお世話になるかもねー!
(お酒はほどほどにしてくださいね)

では今回のエンディングテーマは「坂内&小法師のテーマ」!チェケラ!
http://ban-nai.com/store.htm (リンク先いきなり音が出ます)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑フッ・フー!気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

超こってりラーメン つばめ@平井

DSC06172.jpg

2014年8月29日/超こってりラーメン つばめ/平井/
しょうゆ味ネギらーめん/900円


ピーピー!ピピーピーピー!
(燕の巣に無理矢理入ってタダ飯を待ちながら)

いやー!前日ちょっと深酒が過ぎましてね!
朝起きたら絵に書いたような二日酔いですわ!

そしてアセトアルデヒドが残留している時は、
なぜかこってりした物が食いたくなるクラスタですわ!

ならば今日はギットギトの背脂ラーメンでも補給して、
ますます使い物にならなくなるに限るね!
私が死んでも…代わりはいるもの…!(いません)

そういえば平井に背脂ラーメンの新店がオープンしたのだが、
ついぞ3日前に『心の味製麺』に行ったばかりなのに、
まさか週に2度も平井に来ることになろうとはね!
ついでにポニーに寄ってセッチマでも買っていかなきゃ!

DSC06171.jpg

平井の駅からすぐの立地にオープンしたばかりのこちら『つばめ』は、
亀戸の背脂ボス『ごっつ』などで修行したと思われるお店。

しかし広々としたカウンター席は昼飯時だというのに前客ゼロで、
どことなく殺風景に感じる内装の影響もあるのか、
なんとなく厨房からも活気が感じられない印象。

とはいえ中華鍋にあらかじめ注いだスープに、
ビシャビシャと背脂をぶっかけて熱する調理法は、
動きの鈍い脳にもビンビン伝わるハイテンションそのもの!

メニューはしょうゆ味とみそ味の「らーめん」に、
味玉やメンマ、バターなど定番のトッピングを重ねていくパターンで、
ネギが「味ネギ」「辛ネギ」と2種類用意されているのが珍しい。

ちなみに新規オープン当初は背脂の量は特に選べなかったみたいだが、
現在は「背脂の量調整できます」と小さなPOPが貼ってある。

その代わり卓上に通常置いてあったニンニクや豆板醤は、
店員さんに頼まないと出てこなくなった模様。

中華鍋で合わせて煮込んであるぶん、
スープと背脂はほぼシームレスで一体化しており、
あっさりしたダシを一瞬かすめて甘さとしょっぱさがガツンとくる、
かなりヘビーでパンチのある味わい。

スープと背脂がほぼ5:5という猛烈なこってり具合なので、
みるみる口から食道から胃袋からが、
ギトギトの魔法に犯されていくこの背徳感たるや…!

店頭に置かれた麺箱でもアピールしている、
浅草開化楼製の中太麺はかなり強いちぢれが付いていて、
加水率も低く独特のゴワゴワとした食感が印象的。

得てして背脂ラーメンは中細程度の太さで、
ムチッとした食感の麺を合わせるのが定番だと思うが、
こういうカップリングも意外と悪くない感じだけど、
とにかく咀嚼を要するので満腹中枢が刺激されてヤバいっす先輩!

デフォルトの具は薄くカットしたバラ巻きチャーシューが1枚と、
スープ同様これまた甘口に味付けされたメンマ、
それに固茹ででザクッとした食感が心地いいモヤシ。

味ネギは胡麻油ベースの醤油ダレで和えてあり、
辛さはまったく無いので箸休めにはなるけど、
なんとなく船橋『かいざん』のアレのようなのを期待していたので、
後からブラックペッパーを混ぜてリカバリしときました!

後半はもはやレンゲですくってもすくっても、
ほぼ背脂しか拾えないという壮絶な状態になっちゃったので、
これ以上ムチャするとマジで人間・失格になりそうだし、
スープは半分も飲まないで自粛しておきました。

もともと平井はかつて『かづ』もあった立地だし、
ある程度背脂ニーズがある街だと思うので、
これからも思う存分ぶっかけなはれ!ぶっかけなはれー!

ピーピー!ピピーピーピー!オエーッ!
(タダ飯にはありつけたものの母燕にイモムシを口に入れられて)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑やっぱ人間のメシが最高!気分でポチッと押してくださいませ~

akpk-0003.jpg
↑九角形という半端な図形の「悪」マークが
 「別になくてもいい」という逆説的なアイデンティティーを表現。
 『悪意1000%セカンダリーロゴパーカー』完全復活!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

心の味製麺@平井

DSC06170.jpg

2014年8月26日/心の味製麺/平井/
濃厚豚骨魚介つけ麺/800円


皆さんは「心の味」と聞いて何を思い出すだろうか。

故郷の母が漬けた自家製のぬか漬けという人もいれば、
学生の頃に毎日買い食いしていた肉屋のコロッケ、
はたまた塀の中で食わされた臭いメシという人もいるだろう。

かくいう俺はね!うんとね!やっぱりね!
人生で食べてきたすべての食事が心の味だよ!
(なんとなく明確な答えをはぐらかす姑息なテクニック)

さていわゆる「田代系」グループの平井『大黒屋本舗』が、
なんとあの『とみ田』直属のプロデュース店として、
その名も『心の味製麺』として華々しくリニューアルしたという!

果たして俺の「心の味」となりえるのか!?
さっそくサクッと車飛ばして調査に行ってみるしかないね!

DSC06169.jpg

蔵前橋通り沿いの店舗はイチからリノベーションしたのか、
『大黒屋本舗』の頃の面影はまるでなくなっている。

とはいえあの『とみ田』ほどの鬼行列はなく、
すんなり入れるので今のうちなら穴場スポットですよ!

ウッディーでスタイリッシュな空間にはピアノミュージックが流れ、
手前側にテーブル席があり左奥に厨房&カウンターという造りは、
かつてこのテナントに存在していた熊本ラーメンの名店、
『ひごもんず』の頃から変わらないレイアウト。

しかし5席しかないカウンターの真ん中に座ってしまうと、
足元にある収納棚が自分のとこだけ分断されてて、
荷物がしまえないという仕打ちを受けてしまうので注意だ!

しょうがないからカバンは椅子の背もたれんとこに置きましたよ!
食べてる間終始ケツが半浮きの状態ですよ!

メニューはこってり系の「濃厚豚骨魚介」とあっさり系の「あっさり鶏豚」、
それぞれのらーめんとつけ麺が用意されている。
もちろん麺は『とみ田』の「心の味製麺」直送ですよ!

茹でたあと水道水でしっかりと締めてから、
さらに氷水にチャプンと漬けてとどめを刺した太麺は、
綺麗に折り畳まれたイエローグレーの色合いがまるで小麦畑のよう!

そのままで食べてもギチギチ過ぎない程よいコシともっちり感、
そして噛むたびじんわりと広がる小麦の香りは、
『とみ田』謹製だけあってさすがのクオリティ。

ここに塩もしくはハッピーターンの魔法の粉でもあれば、
思わずそのままつけ汁いらずで完食しちゃうところだったわ!

そのつけ汁はレンチンされてから出てくるので、
電磁波の力を借りて熱々の状態でサーブされる。

なるほど「こってり」というだけあってなかなかの濃度で、
トロトロになるまで煮詰めた豚と鶏の動物系ダシに、
煮干しや鰹の魚介をガツンとぶつけたその味わいはかなりヘビーで、
啜るたびにズシンと胃袋が重くなっていくのを体感できるほど。

微かにざらつく舌触りがやや気になるところではあるが、
鬼のように大量に入れられた刻みネギの、
シャキシャキした食感と爽快感でカバーしている印象。

いちおう口休め的にちっちゃい柚子の皮が散らしてあるけど、
そんなネンネちゃんじゃまったく歯が立ってねぇ!

具は厚めにカットしたチャーシューと、
ふっとい短冊メンマが数本つけ汁に沈んでいるが、
その肝心のチャーシューが硬くて旨味も抜けちゃっててイマイチ…!
レンチンしたがゆえに肉汁が飛んじゃってたりするんかね…?

スープ割りをお願いすると「ネギを足しても大丈夫ですか?」と問われるが、
無料で入れてもらえるものを拒む理由などありません!

煮干しメインの和ダシをレードル一杯加えられるので、
さらにビターな苦味とネギの風味とが加わり、
かなり個性的な味わいでフィニッシュになりました。

ただまぁ後から俺の隣に座ってきたオヤジが、
史上最低レベルのピチャラー&クチャラーでもうゲンナリの極致!
濃厚つけ汁の海に沈んで二度と上がってくんなバカ!

他にも気分を害する出来事もちょいちょいあったし、
今日は厄日だからプーさんのぬいぐるみ抱いてもう寝るっ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑帽子はしっかり被りましょう気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

立ち飲み居酒屋 金町製麺@金町

DSC06148.jpg

2014年8月23日/立ち飲み居酒屋 金町製麺/金町/
麺+つまみ+酒ものすごく多数/ひとり5,000円


<過去の『金町製麺』訪問レポ>
1回目2回目3回目4回目5回目6回目7回目8回目9回目10回目
11回目12回目13回目14回目15回目

さぁー!みんな大好き金町製麺の時間だよーっ!
いかがわしい行為はやめてテレビの前に集まれーっ!

『MENSHO TOKYO』からの『ごとう』とやっつけたラーツ部一同は、
都内の穴場チックな北区のスーパー銭湯で休憩しつつ、
夜の暑気払い会をどこで開催するか全裸会議。

「飲めるラーメン屋」の名前があれこれ出てはくるのだが、
最終的にはやっぱり金町製麺になっちゃうの!
発想が貧困!だがそれがいい!それがいいのだよ!

ラーツ部のアイドルだったメガネっ子ちゃんが辞めてしまったため、
現在は長尾店長と昔からいるチーフっぽい女の子に、
まだピチピチに若そうな金髪のお兄ちゃんと、
多部未華子ちゃんっぽいショートボブの女の子が新加入。

この子がなんだかまだ人との距離感が掴めないのか、
注文の時とかにちょいちょいピタッて身体が当たるのよ!
そういうので好きになっちゃうからやめて!やーめーて!(横山弁護士)

DSC06151.jpg

まずはメガジョッキで乾杯!

例によって大量につまみも麺も注文しているので、
「今日のホームラン」の曲を脳内再生しながらダイジェストでどうぞ!

DSC06152_20141110133158ce9.jpg

「冷やしトマト ジェノバソースがけ」390円。

定番のヒヤトマもバジル香るソースをかければ、
一気にイタリアンっぽくなってモテ要素がアップ!
俺も普段の着こなしにベレー帽とかひと足ししようっと!

DSC06153.jpg

「あん肝ポン酢」390円。

新鮮なプリン体さんいらっしゃーい!
俺も肝臓すら愛されるような存在になりたーい!
あいされたーい!あいさーれたーい!(モー娘。'14)

DSC06154_201411101332015b9.jpg

「新潟県産 馬面ハギの刺身&静岡県産 薬味たっぷり鯵のたたき」390円&390円。

金町製麺に来たらお刺身も食べないとね!
いずれも身がプリプリで言うことナシ!
でもホントは馬面ハギには肝醤油が欲しかったな…!

DSC06155.jpg

「うりの浅漬けと四川風きゅうり」390円。

きゅうりが花山椒が効いた本格的な味わいで酒が進む進む!
うり浅漬けも素朴な食感で田舎のおばあちゃんを思い出すね!
生まれも育ちも東京だから田舎なんてねぇけど!

DSC06156_20141110133211bd4.jpg

「青森県産 真鱈のホイル焼き トマトソース」390円。

塩焼きにしたって旨いであろうプリプリの真鱈を、
トマトソースとともにホイル焼きにしたこれまたモテ要素高めのひと品!
俺もちょっと日サロ行って全身焼いてくるわ!

DSC06158_2014111013321486c.jpg

「ポテトサラダ」300円。

もはや論ずる必要もないであろう定番中の定番。
金町製麺のはマヨネーズ軽めで食べやすいのが特徴。
毛穴という毛穴に詰めて暮らしたい!

DSC06159.jpg

「ゆでスナップエンドウ」390円。

つまみではすでにレギュラー入りしてるのかな?
チョンマゲが結えるようになって良かったね!
相撲の遠藤関とエンドウをかけた誰も思いつかないギャグだよ!

DSC06160_2014111013321701c.jpg

「マルゲリータ」390円。

まさかのピッツァ!ボーノボーノ!
カットされてるとジャンケンで田舎チョキを出したまま食べられるよね!
(イタリアの定番あるあるネタ)

DSC06161.jpg

「キムチ入りお好み焼き」390円。

ピッツァに続きまたもコナモンじゃねぇか!
ソースとマヨネーズにキムチも辛味も効いてるから、
ハイボールに合うねうぃーえーい!(吉高由里子)

DSC06167.jpg

「秋田県産 ハタハタの醤油干し炙り焼き」390円。

メスではないようで卵は入っていなかったので、
シシャモのプレミアムテイストみたいな感じ。
コンビニで50円くらい高く売ってるリッチチョコ的な感覚!

DSC06157.jpg

「トマトと牛肉の和えそば」800円。

いよいよ登場の麺メニューひとつ目はおつまみとして。

こってりしたタレに漬け込んで焼いた牛肉を、
トマトソースとともに太麺に絡めていただくまぜそば。

つけめんにも使われるモチモチの太麺に、
濃厚な牛肉の脂とトマトソースがしっかり絡んで、
ビールにもハイボールにもピッタリのガッツリした味わい。

さらに生タマネギや紫キャベツ、ゆで卵もミックスされると、
もはやラーメンともイタリアンともつかない独自テイストに!

--------------------

仕事を終えたぷっと部員とshigeruuu部員が合流してるのも気付かず、
ひと言も発しないまま夢中でつまみを食い酒を呑んでいたら、
あっという間に終電のお時間でございます!

残りの麺メニューを一気に長尾店長にお願いして、
さらに恒例の「タグさんチャレンジ」のコーナーを発動、
タグ部員がメニューに載ってないアドリブの一杯をおねだり。
「そう来ると思ったんで考えておきました」店長カッチョいいーっ!

なぜか定番の「雉中華そば」と「塩そば」は、
写真を撮っていないというクソ酔っ払い状態だったので、
こちらも一期一会のイレギュラーメニューのみご紹介します!

DSC06164.jpg

「豚そば マー油がけ」700円。

金町製麺でまさかのどっしり系豚骨ラーメン!

あえてザラリとした舌触りを残したような、
ワイルドな旨味たっぷりの濃厚な豚骨ダシに、
ニンニク香るマー油をたっぷりかけたパンチ溢れる一杯!

麺もいつもと違う低加水の中細ストレートで、
硬めでザクザクとした歯ごたえもスープにベストマッチ!

こんなの食べたら今晩寝られなくなっちゃう!
今夜はRioっちの芸術作品を鑑賞するしかないようだな!

DSC06165.jpg

「鰯のつみれそば」750円。

「豚そば」とは対極にある繊細さに満ちた一杯は、
これがもうマジでヤバいクオリティ!

煮干しをベースにした魚介100%のスープは、
ほんのりした苦味があるもののどこまでも淡麗で、
ふっくらとした太めの手もみ麺との相性も最高!

そしてゴルフボールくらいある鰯のつみれは、
口の中であっという間に溶けちゃうほどフワフワ!
マンダリンホテルのベッドでもここまで柔らかくねぇぞ多分!
泊まったこともないし一生泊まることもないだろうけど!

DSC06162.jpg

「冷やしアサリペペロンそば(仮)」値段不明。

「アサリペペロンつけそば」がすでに売り切れていて、
北朝鮮の嘆き組のおばちゃんと同じレベルで悲しんでいたら、
見かねた長尾店長がアドリブで作ってくれた一杯。

雉ダシにほんのりタウリン香るアサリダシをブレンドし、
オリーブオイルの化粧を施したキリリと冷たいスープに、
ツルッツルの稲庭中華そばの組み合わせはいかにも涼しげ!

レアチャーシューはスープの熱が入らない分、
さらにエロさを倍増させていてテーブルが持ち上がっちゃう!
6人がかりだったら不可能ではない!はず!

DSC06168.jpg

「牛肉の四川風まぜそば(仮)」値段不明。

そしてこちらが「タグさんチャレンジ」のコーナーで、
長尾店長が腕をふるってくれたアドリブメニュー!

まぜそばにも入ってた漬け込み焼き牛肉を、
四川風の辛いタレと和えてモチモチ太麺にたっぷり乗せ、
ニンニクの芽と花山椒でパンチを与えたヘビー級の味わい!

最後の最後でこんなスタミナ系なんかガッツリ食べたら、
ますますもって寝れなくなっちゃうじゃないの!
こうなりゃRioっちに加えて西野翔タンの芸術作品も鑑賞だな!

DSC06166.jpg

「納豆海鮮ご飯」400円。

この日はこんなサイドメニューまで!助けて!

イナダやスズキの刺身に炙りマグロなどの魚介を、
タレの効いた納豆とわさび、シソと一緒にご飯にオン!
旨いのは当たり前なので取り合うように食べちゃったわ!

もはやスタミナ補給はフルマックスに!
Rioっちと西野翔タンに加えて吉沢明歩も追加!

--------------------

とにかくテンションが上がりっぱなしの暑気払い会も、
無事に城島リーダーもゴールしたことでお開きとなりました。

次回はもう忘年会かしらね?
一年が経つのが早すぎるの何とかしてください!
あとDVDを借りてける近場のTSUTAYAを教えてください!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑TSUTAYA金町店が北口にあるよ気分でポチッと押してくださいませ~

akpk-0003.jpg
↑九角形という半端な図形の「悪」マークが
 「別になくてもいい」という逆説的なアイデンティティーを表現。
 『悪意1000%セカンダリーロゴパーカー』完全復活!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 ごとう@駒込

DSC06147_20141110133143cbc.jpg

2014年8月23日/麺屋 ごとう/駒込/
特製もりそば(つけめん)+生玉子/730円+50円


夏休み絡みの高速渋滞を避けるために、
都内の宿題店を電車で巡っている今月のラーツ部、
まずはラム×豚骨の『MENSHO TOKYO』さんを軽くクリア。

お次は小雨そぼ降るなか南北線で駒込に移動し、
先日池袋から移転してきたばかりの『ごとう』へ向かいます!
何気に5年ぶりくらいなので楽しみ楽しみ!

特に打ち合わせしたわけでもないのに「ごとう」繋がりで、
おのおのターザン後藤、巨人の後藤、アンラッキーごとう等の、
コスプレをしっかり施してきてるあたりさすがツーカーの仲だよね!
(ちなみに自分は後藤田官房長官のコスプレ)

DSC06144.jpg

池袋での閉店から約3ヶ月のブランクを経ての復活だが、
やっぱり今回も半地下のようなテナント。
前世がプレーリードッグとかだったのかしら?

カウンターとテーブルが1卓ある店舗の片隅には、
ガラス張りの製麺室もしっかり完備されている。

後藤兄弟の弟さんと奥様のような女性の二人で切り盛りしているが、
新規オープンの時からお兄さんは不在のようでちょっと心配…!

メニューはシンプルに「ラーメン」と「特製もりそば」と、
『大勝軒』出身の先駆け的存在だった頃を踏襲する2種類で、
それぞれデフォルトで「ラーメン」は200グラム「もりそば」は300グラムと、
自家製麺ならではの出血大サービス!

しかし先ほど『MENSHO TOKYO』で調子こいて、
ラム豚相盛りだのつけめん中盛だの胡椒めしだの、
たくさん食べた反動で全員日和って「ラーメン」ばかり選びやがったので、
俺だけ300グラムの「特製もりそば」いったったわ!

毎日のパンシロン服用で鍛えた胃袋なめんなよオラァ!
(毒霧の要領で部員たちの顔面にパンシロンを吹きかけながら)

とはいえさすがに苦しくなった時のために、
生卵を添えて麺をすき焼き風にして食べようと思ったら、
つけ汁にそのままボチョンと飛び込んでいてさぁ大変!

仕方ないのでレンゲで卵黄だけ麺の上に落として、
白身は軽くかき混ぜてつけ汁になじませていただきます!

まず何より中太ストレート麺の出来が素晴らしく、
そのまま食べてももっちりした噛み心地と豊かな小麦の風味、
そして食道から胃へウォータースライダーのように、
ツルンと滑っていくような喉越しの良さったら!

思わずつけ汁の存在も忘れてしまい、
そのままでしばらくモグモグ食べちゃったほど!

そしてつけ汁は昨今のド濃厚に慣れちゃった人にとっては、
もはや「薄い」と感じる向きもあるかもしれない。

しかしサラリとした口当たりの中に鰹や鯖節の魚介の旨味、
そしてちょっと濃いめの醤油とわずかな酸味が感じられ、
まさに『大勝軒』の系譜を受け継ぐ質実剛健な仕上がり。
砂糖の甘さがほどほどでしつこさが無いのも好み!

しっかりと麺をくぐらせて一気に啜れば、
決して薄いだなんて感じませんぜヘイそこの濃厚民族!

チャーシューはしっとりした肩ロースが2枚で、
肉身の味がしっかりしていてこちらもちゃんと美味しい。

さらにメンマと正方形に切った海苔、
今どき珍しくなっちゃった全熟のおでん風味玉が半分。

途中で麺に移した卵黄を崩して釜玉のようにしていただくと、
黄身のまったり感と麺の相性は言わずもがな!
思わず俺もやおら卵黄まみれにならせていただきました!

DSC06146.jpg

全員が「ラーメン」の中てらみん部長のみ「わんたんメン」を。

こちらは「もりそば」と違って甘辛酸の要素が入らない、
ストレートな魚介風味を楽しめるスープがやはり絶品!

そしてわんたんも生姜の効いたたっぷりの肉餡を包む、
これまた自家製のモチモチの皮がたまらん!
こりゃお腹に余裕があればトッピング必須ですな!

しかしここである事件が発生。

全員が苦しいながらもなんとか完食する中で、
先ほどラム豚相盛りのラーメンに胡椒めしまで食ったKEN-1部員のみ、
7合目のあたりでパッタリと箸が止まっているではないか!

あまつさえ「こんなに量が多いと思わなかった!」だの、
「なんで事前に教えてくれなかったんだ!」だのと、
苦しいのはさも我々に責任があるかのような暴言を吐く始末!

あまりに頭にきたのでパンシロンだけでなく、
明治ステップやアミノバイタル、緑効青汁などの毒霧を、
次々とKEN-1部員の顔面にお見舞いし、
とっとと風呂休憩に向かうべく店をあとにするのでした!

デリカシーの無い人ってホントにイヤよねまったく!
(パンパンに張った腹をさすりながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑その後KEN-1部員もちゃんと残さず食べました気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

自家製麺 MENSHO TOKYO@後楽園

DSC06140.jpg

2014年8月23日/自家製麺 MENSHO TOKYO/後楽園/
ラム煮干中華そば+胡椒めし/750円+100円


ダーリン!ラーツ部だっちゃ!
(虎柄ビキニで誰かれ構わず無尽蔵にスタンガンを当てながら)

毎年8月のラーツ部部活動は夏休みにかぶってしまい、
バカみたいにどこの高速道路も混んでるし、
バカみたいにどいつもサービスエリアでソフトクリーム食ってるしなので、
都内の宿題店を電車で巡るツアー&暑気払いが恒例なのだ!

まずはあのラーメン界のファンタジスタこと、
『庄の』グループの通算5店舗目となるニューカマー、
文京区役所のすぐ隣にオープンした『MENSHO TOKYO』さんへ!

なんと今回のコンセプトは「ラム×豚骨」だとか!
限定とかでなくそれで丸々一軒お店を作っちゃうのが豪快!

DSC06137.jpg

所用のあった部員たちとは店の前で直接待ち合わせしたのだが、
開店時間直前になると店の奥から店員さんたちによる、
気合いを入れる呪文のような叫び声が聞こえてくる。
さながら高校球児のよう!もしくは浜口親子!

しばらくしてノレンが出され開店したものの、
どうも迷子になったらしく部員が誰も到着しないので、
店の前でヒザを抱えながらメソメソ佇んでいると、
人懐っこくて愛想のいい女の子店員ちゃんがお茶を勧めてくれました!

お茶じゃなくて味噌汁を!俺のための味噌汁を作ってください!
(紙袋いっぱいのゼクシィを一気読みしながら)

結局10分遅れでヘラヘラやって来た部員たちに、
熱々の味噌汁をぶっかけて折檻したところでようやく入店。

カウンターとテーブル席もあるピカピカの店内には、
製麺室はもちろんなんと今後のラーメン作りに研鑽すべく、
「実験工房」と称した本格的なラボまで設置してあり、
趣味と仕事と実益がすべてイーブンになってる所さん的なステップアップ!

DSC06143.jpg

良く見たらシャンデリアも煮干しになってるし!
俺もいつかデヴィ夫人レベルの豪邸を建てたら天井に吊るすんだ!

メニューはラム×豚骨の「らーめん」と「つけめん」、
さらに昼夜数量限定の「ラム煮干中華そば」という構成で、
この日は券売機にはあるもののまだ「油そば」は未提供だった。

DSC06138_20141110133117946.jpg

卓上には生姜とカルダモンの甘酢スプレー、
さらに粉末のほうじ茶にミル胡椒と、
一筋縄ではいかない凝りに凝りまくったアイテムが勢揃い。

デフォは任せてあえてチョイスした「ラム煮干中華そば」は、
ラムのゲンコツと豚骨から取った動物系ダシに、
煮干しがほとばしる魚介ダシを合わせたWスープで、
まるで高山とドン・フライの殴り合いのようなガチファイト!

ラム独特のモワッと漂うケモノの香りと、
煮干しのビターな苦味が渾然一体となり、
かなり食べ手を選ぶクセ×クセ丸出しの味わいは衝撃!

しかし刻んだ柚子の皮やタマネギ、ミツバなど、
そのクセを打ち消す素材が見事に中和して上品な後味に昇華してるあたり、
かなりバランスなどを研究してる様子がうかがえて美味しいっす!
とはいえ苦手な人は絶対に苦手なので注意が必要だ!

通常の「らーめん」には低加水の細麺を合わせているが、
こちらは「つけめん」と同じでっぷりとした太ストレート麺で、
国産小麦粉にタピオカを練り込んでいるそう。

摩擦を感じない滑らかでツルッとした麺肌と、
しっかり水分を蓄えたモチモチした食感はかなりいけてる!

チャーシューは通常の豚バラ肉に加えて、
なんとサイコロ状の低温調理ラムチャーシューがゴロゴロ!
これがまったく臭みも無くてねっとりとした食感で旨いのなんの!

途中でほうじ茶パウダーや甘酢も試してみたが、
いずれも個性の強いラム煮干しスープにはあまりアクセントにならないので、
入れるなら気持ち多めくらいでちょうどいいと思う。

DSC06141_2014111013312969b.jpg

気になったのでつい頼んじゃったサイドメニューの「胡椒めし」は、
なんと江戸時代から文献に残っているという伝統食。

粒のままの胡椒を米と一緒に炊いたもので、
そのピリリとした辛さはラムのクセを中和するのにももってこい!
徳川さんとこの家康ちゃんも大好物だったそうです!(デマ)

DSC06142.jpg

こちらてらみん部長とKEN-1部員オーダの「らーめん」。
ちなみにチャーシューを増量した「ラム豚相盛り」仕様。

白濁したラム豚骨スープをストレートに味わえるもので、
クセも少なく深みある羊と豚のコクを楽しめる。

あらかじめほうじ茶パウダーがかけられているので、
お茶っ葉のほろ苦い香りもプラスされており、
さらに麺も細めで加水率の低いサクサクしたものに変更される。

DSC06139.jpg

そしてタグ部員オーダの「つけめん」は、
つけ汁にクミンやフェンネル等のスパイスをブレンドしており、
辛さは無いもののエスニックな香りが鼻に抜ける面白いテイスト。

和ダシを注いで割りスープにしたあと、
胡椒めしを浸してスープカレーのようにしてもいけるね!

食後もしばらくはホワーンと香りが残っていて、
口の中がずっとラム一色だっちゃ!
リゲインエナジードリンクのすみれラムちゃんはヨロヨロしすぎだっちゃ!
(再び無尽蔵にスタンガン攻撃を仕掛けながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑あんまりそわそわしないで気分でポチッと押してくださいませ~

akpk-0003.jpg
↑九角形という半端な図形の「悪」マークが
 「別になくてもいい」という逆説的なアイデンティティーを表現。
 『悪意1000%セカンダリーロゴパーカー』完全復活!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

野郎ラーメン 錦糸町店@錦糸町

DSC06134.jpg

2014年8月22日/野郎ラーメン 錦糸町店/錦糸町/
野郎ラーメン/700円


いちおう江東区から墨田区にかけての、
地元にオープンした店にはなるべく行っときたい主義なのだが、
錦糸町のすた丼屋の跡地にできた『野郎ラーメン』には、
とんでもない勢いでチェーン展開してることもありどうも足が伸びなかった。

でもね!食べてもいないのにどうこうは言えないと思うの!
実際にちゃんと体験してから書くのがルポライターの宿命だと思うの!
(お前いつからルポライターになったんだよ)

今日は朝から自宅でじっくり軽作業ということもあり、
ひと段落して腹も減ったので様子見してこようかねこの豚野郎!

DSC06133.jpg

店内はすた丼屋時代からフル改装してあり、
オレンジ色の壁が印象的な奥まで続くカウンターのみの構成だが、
14時過ぎとはいえ俺以外の客ゼロとはなかなかキツそう。

厨房は店長なのかは分からないが若いお兄ちゃん、
ホールは中国の子と思われるお姉ちゃんが回している。

メニューはデフォルトの「野郎ラーメン」以外にも、
「味噌野郎ラーメン」や「スタミナつけ野郎」「汁無し野郎」など、
とにかく野郎野郎のオンパレードだこの野郎!
でもまずは基本の「野郎ラーメン」からだバカ野郎!

特にコールのような儀式があるわけではないので、
卓上の刻みニンニクを頂上に乗っけてから写真撮影。

DSC06135.jpg

まず炒めたモヤシとニラが乗ってる時点で、
二郎とはもう似て非なる食べ物なので比較してはいけません!

大粒の背脂がプカプカ浮かぶスープは、
軽く乳化した程度のまったりとした豚鶏混合ダシ。

背脂とみりん的な甘みが強い味付けなので、
辛いのが好きな人はさらに一味唐辛子やブラックペッパー、
キリッとした「パンチ汁」などを加えるといいかも。
もう気兼ねせずガンガン味を変えちゃっていいと思います!

DSC06136_2014111013311536f.jpg

たっぷり時間をかけて茹でられる極太平打ち麺には、
龍のウロコのような切れ目がたくさん付いている。

ブリンブリンとした屈強な歯ごたえの中に、
このウロコ部分にスープもしっかり絡んでくるので、
味の乗りも上々というなかなか凝った麺を作ってきましたな!

豚…ではなくチャーシューは豪快に大きく切ったウデ肉かな?
脂身も多めでジューシーだがやや薄味にまとめてある。

そして炒め野菜はもちろん熱々シャキシャキで、
スープに浸けたりパンチ汁をかけたりして楽しんだ。

まぁこれでひとまずノルマは果たしたってことで!
そろそろ錦糸町にも新たな個人店が欲しいぞこの野郎!
わかってんのかおい!金髪豚野郎!

<本日のエンディングテーマ/泰葉「フライディ・チャイナタウン」>



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑春風亭小朝気分でポチッと押してくださいませ~
  
akjs-0002.jpg
↑漫画家みずしな孝之先生の名物アシスタント・フジイによる、
 秋田のなまはげがモチーフのクールなデザイン!
 ブラックに加えて新色・クレイジーカラーも増えました!
 『泣ぐ子はデストロイジャージ』着たい子はいねが~!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (3)
神奈川県(その他) (6)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報