麺や 金と黒@堀切菖蒲園

DSC01163_20150527144450610.jpg

2015年4月30日/麺や 金と黒/堀切菖蒲園/
激辛黒ラーメン(ひかえめ)+ライス(小)/750円+100円


ゴールデンウィークのTシャツイベントを間近に控えて、
今週いっぱいはやらなければいけない仕事が山積み!
もう猫の手も上原亜衣の手も借りたいくらいですよ!

バカ!もちろん仕事を手伝ってもらうためだよ!
他に何の用途があるってんだ!ねぇあいちーん!

今日も今日とて堀切の取引先へ車で向かう用事があったので、
「仕事で車を出した時はついでにラーメン食べて帰る」という、
自分で制定したルールだけは厳格に守らなくちゃいけないんだよねー!
社会の掟を遵守するってのも大変だねー!あーあー!

車内で大声でわめいて振りかかる後ろめたさを必死で排しながら、
本日のランチに選んだのは『金と黒』さんでございます!

DSC01162_2015052714444386d.jpg

堀切菖蒲園駅から歩いてすぐのこのテナントは、
以前は背脂チャッチャ系のレジェンドが復活した『一志-ISSI-』だったが、
その後諸事情があったのか突然鶏白湯のお店にリニューアルし、
そのまま閉店して今回の新規開店に至ったという経緯。

12時ちょっと過ぎでちょうど満席だったため外で待っていたのだが、
日に日に暑くなってきたからか「つけ麺」の注文が多いようで、
調理にも手間がかかるのか回転が悪く入店まで15分ほど待つことに。

店内はまんま『一志』時代と変わらない居抜き状態で、
ベテランっぽい店主さんが一人で切り盛りしているのだが、
こちらが『一志』との関わりがあるのかどうかまでは不明。

メニューは屋号にちなんだ「金の鶏そば」と「激辛黒ラーメン」を基本に、
「つけ麺」「ブラックつけ麺」「とんこつ正油ラーメン」となかなか多彩。

何しろ気になるのは「激辛黒ラーメン」なのだが、
「普通でもかなり辛いです」との注意書きに完全にビビって、
4段階の辛さの中から「ひかえめ」を選ぶヘタレっぷり!
しょうがないだろ!いま具合悪くなってダウンするわけにいかないんだから!

DSC01164_20150527144452860.jpg

食券を渡してからさらに10分ほど待って、
都合30分ほどでようやくご対面となった「激辛黒ラーメン」は、
真っ赤な唐辛子の粒が大量に散りばめられた、
その名の通りの漆黒の麻婆餡がかかっていて壮観そのもの!

予想以上に辛そうなそのビジュアルに思わずシリアスになり、
遠藤憲一とまったく同じ表情のままさっそくいただきます!

まずスープの前にその餡だけペロッと舐めてみると、
ファーストタッチは甜麺醤っぽい甘さも感じられながらも、
後からたっぷり混ぜこまれた唐辛子の辛さがじんわり効いてくる。

この甘辛い味わいにはライスを添えておいて正解です!
俺には10ポイントとスーパーひとし君人形を差し上げます!

次にスープを飲んでみるとベースは濁りのある豚骨醤油だが、
粗い背脂と大量の魚粉がコクと甘みと旨味をそれぞれ引き出していて、
ドロリザラリとした舌触りはなかなかワイルド!

辛さの調整はそのスープへの辛ダレの量で決めているようで、
「ひかえめ」だと発汗上等な俺でも頭皮がじんわりウエッティーになる程度。

隣の席の「大辛」を頼んだおっさんは涙目でむせまくってたし、
楽しんで食べるには「ひかえめ」が俺には限界かな…!

DSC01165_20150527144453946.jpg

そんなスープに負けず麺もかなりのハイインパクトなもので、
箸で持ち上げると大蛇のようにうねっている超極太野郎が登場!
これには大堀恵じゃなくても「元気ねぇ~♡」って言っちゃうわ!

啜るとブルンブルン暴れるので押し込むように口に入れると、
強力粉なのかゴワゴワモチモチとした屈強な歯ごたえで、
アゴが鍛えられるほどかなりの咀嚼を要するので、
ボリューム的にはそこそこなのにみるみる腹一杯になっていくよ!

具はざっくり硬めに茹でたモヤシやニラなどの野菜類、
それにスライスした豚バラ肉に豆腐などが、
餡の下に潜って静かに春を待ちながら眠っているので、
そっと起こすどころかモリモリ食べて退治してやりましたわ!

対照的に澄んだ鶏清湯のあっさり系「金の鶏そば」も旨そげだったけど、
かなり中毒性の高い「激辛黒ラーメン」のほうが、
今後お店の看板メニューになっていきそうな気配大ですな!

さぁ辛いもん食って気合いと馬力も上がってきたところで、
さっそく上原あいちんのDVD発売イベントに行って手を借りてくるね!チャオ!

--------------------

★2015年4月のトータル杯数/16杯
★2015年の通算杯数/83杯
★麺レポスタートからの通算杯数/2,132杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑イベント出入り禁止になりました気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0086.jpg
↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツ!
 目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラー麺 ずんどう屋 新宿店@西武新宿

DSC01160_20150527144440e0f.jpg

2015年4月29日/ラー麺 ずんどう屋 新宿店/西武新宿/
元味らーめん/790円


5月のイベントラッシュを間近にした最後の休日、
仕事明けのけだるいキャバ嬢とのエロい展開を期待しつつ、
前屈みになりながら向かったのは新宿歌舞伎町。

まずは『たかはし』さんで珍しい焼きあごのラーメンを堪能し、
2軒目にチョイスしたのは昨年7月オープンの『ずんどう屋』さんでございます!

ちなみに屋号で思い出したので全然関係ない話をしますけど、
個人的に女性のずんどう体型は嫌いじゃない方でーす!
例えば中川翔子とかしょこたんとかマミタスの飼い主とかねー!

DSC01158_20150527144437deb.jpg

歌舞伎町のオスローバッティングセンターのすぐ近くで、
木の風合いを活かしたカウンターとテーブル席も潤沢な店内は、
合わせて30人は入れそうななかなかの大キャパで、
なんと年中無休の24時間営業という張り切ったスタイル!

土地柄かテーブル席だけは終日喫煙がOKだったり、
「トイレだけ貸すことはできません」なんて張り紙もあったりして、
つくづく魔窟・歌舞伎町で営業するのって大変なんだろうね…!

こちらは姫路でチェーン展開している人気店の東京進出第一弾だそうで、
実際にホールを担当しているリーダーっぽい人も関西弁で、
店内にはうるさいくらいの大声での挨拶や接客が響いている。

メニューは「元味らーめん」「元味HOTらーめん」を基本に、
味玉やねぎ、チャーシューといったトッピングのみで、
ひとまず「元味らーめん」を背脂ふつうの細麺で注文すると、
おもむろにいま大人気のキャラクター・モリゾーとキッコロが登場!

わーい!まるで現在開催中の愛・地球博に来たみたーい!
世界の国からこんにちはー!

DSC01159_20150527144438105.jpg

と思ったらドーム状に盛られた大量の高菜でしたー!
世界の国へとっとと帰れー!

要は卓上の紅生姜やニンニクと同じ無料トッピングなのだが、
あえて個別にサーブしてくれるってのが小憎い演出じゃないの!

ドームの頂点部分に鼻頭を突っ込みながら、
そのまま吸い込むようにモフモフと高菜を摂取していると、
やたらバカでっかい丼で「元味らーめん」が登場!

丼のでかさに相対してなみなみと注がれた白湯スープは、
豚骨と水だけでじっくり炊いたという濃厚濃密なもので、
レンゲを差し込むとコラーゲン由来のヌップリとしたとろみを感じる。

軽いざらつきを伴いどっしりした豚骨の旨味が凝縮していて、
さらに溶かした背脂のこってり感もプラスされているので、
胃袋が元気な時でないと一発で負けちゃうパワフルさだわね!

ただここは姫路の味覚をそのまま持ってきてるからか、
西日本独特のかなり甘口の味付けにちょっとクセを感じてしまったので、
早々に卓上アイテムを使って味を変化させる方向にスライド。

まずモリコロ高菜を箸で2回ぶんほど豪快に放り込むと、
唐辛子の辛さがちょうど良く甘いスープを引き締めてくれていい感じ!

次に煎りゴマを大量に振って香ばしさを加え、
中盤に生ニンニクをひとカケクラッシュしてさらに風味をアップ、
とどめは紅生姜でさっぱりとフィニッシュに持っていくという、
まるで古沢良太が書いたかのような完璧すぎるシナリオ!

麺は細麺かちぢれ麺からお好みを選ぶだけで、
特に茹で加減などは何も聞かれなかったのだが、
細麺だと髪の毛みたいにソイホーのストレートタイプが泳いでいる。

デフォルトだとかなり柔らかめでうっすら透き通っていて、
歯に余韻を残すようなねっとりムッチンとした噛み心地。
これなら個人的にはバリカタくらいでザクザク食べてみたいかな?

チャーシューは三枚肉のまま薄切りにしたものが2枚で、
表面を焼き固めた香ばしさがどこか『一風堂』に近いイメージ。

あとはヘロヘロの海苔と青ネギのみとやや寂しく、
790円っつー値段を考えたらキクラゲくらいは乗っててほしいところ。
まぁその分高菜食っときなさいよ!ってことなんだろうけども!

食後の会計時にレジに2種類のショップカードがあったので、
何気なく貰ってきて後でコレクションにしようとしたら、
それはショップカードではなく正社員とアルバイトの求人募集でした…!

もし近い将来Tシャツで食えなくなったらよろしくお願いします…!
とりあえずしょこたんがどうとか言ってないで履歴書買ってきます…!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑面接お願いします気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』フレンチレッドは在庫限り!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

焼きあご塩らー麺 たかはし@西武新宿

DSC01157_20150527144427c5e.jpg

2015年4月29日/焼きあご塩らー麺 たかはし/西武新宿/
焼きあご塩らー麺/800円


Tシャツ屋にとって一年でもっとも忙しい時期である、
ゴールデンウィークを目前にした貴重な貴重な休日。

どっぷりドープな睡眠を昼までたっぷり取ったら、
通し営業で時間を気にせず食べに行ける宿題店を狙って、
今やゴジラに視姦される街と化した歌舞伎町へ。

もちろんお目当ては美人の女性店員さん…ではなくて、
焼きあごを使ったラーメンが気になった『たかはし』さんですよ!
ホントだって!女性になんかこれっぽっちも興味ないって!
(それはそれで誤解を招きそうな言い訳)

DSC01155_20150527144426bd9.jpg

西武新宿の駅と歌舞伎町のちょうど中間地点に今年オープンしたこちらは、
以前は本郷にあった『たかぎ』さんの移転リニューアルだそうで、
それを機にラーメンもすべてコンセプトチェンジした様子。

それにしても「たかぎ」から「たかはし」だなんて、
夏休みが明けたら急に友達の苗字が変わってました的な、
小学校の頃のクラスの気まずい瞬間を思い出させるけど、
別にそういった親の事情があったとかそういう訳ではないようです(じゃあ言うな)!

店外にある券売機でまず食券を買うシステムで、
屋号にもなっている「焼きあご塩らー麺」を筆頭に、
燕三条系っぽいアプローチらしい「背脂醤油らー麺」もラインナップ。
ここはやはり基本の「焼きあご塩らー麺」ですよねー!

うすーく環境音楽みたいなのがかかる落ち着いた雰囲気の店内は、
奥行きのある白木のカウンターがまるで寿司屋さんのよう。

『たかぎ』時代にもお見かけした大将含む男性二人が調理を、
そして店員であり代表取締役でもある夕佳さんが、
にこやかに接客とサポート役を務めている。

それにしても相変わらず切れ長の目の美人さんだこと!
巫女さんのコスプレしてほしいだなんてこれっぽっちも思ってませんから!

小さめの丼でサーブされた「焼きあご塩らー麺」からは、
店頭にもディスプレイのように段ボールが積まれている、
長崎平戸産の焼きあごの香りがふわんと広がる。

スープのベースは動物系の清湯だと思われるが、
後味に焼き干し特有のスモーキーな香ばしさが含まれた、
魚介の豊かな風味が全面に出てきて上品な味わい。

ただ魚介から出ているのか独特のちょっと甘口の味付けと、
タカノツメなどを浮かべた香味油のピリリとくる辛さが、
じわじわとスープに馴染んで多層的な旨味を構築していく。
あまりよそで食べたことのない味わいでなかなか面白美味しいね!

麺は深い凹凸がボコボコと付けられた、
どこか喜多方あたりの麺をも彷彿とさせる太麺で、
啜るたびにブルブルと唇を叩いてくるじゃじゃ馬っぷり。

多加水なのかうっすらと透明がかっているほどで、
驚くほどのモチモチ感を湛えていてこれまた個性的じゃないの!
普通盛りで160グラムらしいけどあっという間になくなっちゃうね!

チャーシューは分厚くカットされたロース肉で、
ところどころ筋っぽい箇所はあったもののふっくらジューシーで、
スープに合わせてか薄味に仕上げてあって食べやすい。

さらに太いのにしっとりと柔らかいメンマと、
茎を細かく切るひと手間で食べやすくしてある水菜、
それにてっぺんに干し海老を散らした白髪ネギと、
盛り付けにも細やかな配慮が見えるのは女性ならではの視点かな!

祝日とはいえアイドルタイムでも常にお客さんがやって来ていて、
飲食店にはハードルが高そうな歌舞伎町でもすでに人気店の様相。

そりゃあ食後にあの夕佳さんにニッコリ満面の笑みで、
「お気を付けて行ってらっしゃいませ!」なんて言われちゃった日にゃあねぇ!
ゴクミのテレホンカードを質に入れてでも通うってもんですよねぇ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑オレオのやつ気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0070.jpg
↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!
 だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

活龍 海老蟹専門 甲殻堂@つくば

DSC01154_20150527144424e74.jpg

2015年4月25日/活龍 海老蟹専門 甲殻堂/つくば/
海老そば/700円


夜の部から合流した今月のラーツ部茨城遠征、
まずはつくばの『飯村製作所』さんで絶品中華そばを堪能し、
ラストに向かったのは同じつくば市内にある『甲殻堂』さんです!

茨城県内で飛ぶ鳥を落として白湯スープにする勢いの、
『活龍』グループが新たにお贈りするニューカマーで、
今度のコンセプトは海老や蟹などの甲殻類をふんだんに使った、
ラーメンやつけめんを提供するお店なんだとか!

そもそもラーツ部は蟹工船での労働で知り合った仲間たちなので、
甲殻類と聞くとあの頃の辛さを思い出して涙が止まらないね…!

その頃の僕たちのエピソードは小林多喜二くんが、
「蟹工船」という小説にしてくれているのでKindleで買ってぜひ読んでね!

DSC01148.jpg

DSC01149.jpg

北関東ではおなじみのスーパー「カスミ」の向かいにあり、
なんと駐車場を挟んだ隣りのテナントに、
『活龍』の総本山があるという力の入ったロケーション。

ドアをくぐった瞬間から一発で鼻を持ってかれるほど
強烈な甲殻類スメルが店内に充満していて、
厨房が一望できる広々とした明るいカウンターは、
海老蟹大好きなスケベな若者たちを中心に満席の大盛況。

DSC01150.jpg

ちょうど空いていたので1卓だけあるテーブル席に通されたのだが、
一枚一枚違うキャッチコピーが印刷された紙のマットに、
割り箸とおしぼりがキッチリとセッティングされていたりと、
さすが『活龍』系ならではのホスピタリティーは徹底している印象です!

メニューはタッチパネル式の券売機でしか見られないので、
ひとまず全員でポチポチと色々押しながら確認。

まずラーメン系は「海老そば」と「濃厚海老そば」、
さらに日替わりの「渡り蟹のつけめん」「伊勢海老のつけめん」に、
「海老まぜそば」という悩ましいラインナップ。

てらみん部長が率先して「伊勢海老のつけめん」をチョイスしたので、
成り行きでもっともオーソドックスな「海老そば」にしてみた。

極太麺ゆえサーブまでには少々時間がかかるので、
海老や蟹の殻でできた甲冑をまとってキャットファイトに興じ、
「これがホントの甲殻機動隊なんつって!」とひとボケかまして、
士郎正宗にハリセンでシバかれたところで「海老そば」登場!

甲殻類をイメージさせる真っ赤な丼でサーブされるのだが、
スープの色は白っぽくパッと見はあまり海老っぽくないビジュアル。

しかしサラッとした口当たりの動物系清湯をベースに、
とんでもない海老フレーバーに満ち溢れていて、
そのギャップに思わずエビ反りになるほどビックリ!

どちらかと言うと海老の「殻」というよりも、
「身」から抽出したような旨味成分が強く感じられ、
果たしてここまでの海老感を出すのにどんだけの量を使ってるんでしょ!

麺は細めだけど平べったく圧ぺんされており、
ピラピラとしたゆるやかなウェーブがかかったユニークな形状。

多加水なのか持ち上げるとうっすら透き通っていて、
プニッとしたどこか可愛らしさのある食感が印象的で、
もちろん啜るたびに海老スメルが鼻を貫通していくよ!

具はシンプルに薄味に仕上げたバラ巻きチャーシュー半カットと、
鰹ダシが染みるだけ染み込んだ極太メンマ、
それに崩れるまで煮込まれた刻みタマネギと万能ネギ。

DSC01151.jpg

一方KEN-1部員オーダの「濃厚海老そば」になると、
ダシもドロリとした動物系白湯がベースとなり、
その名の通り濃厚でどっしりとした口当たりに変貌。

さらに甘海老のドッヘをミキサーで粉砕した、
オレンジ色の「海老エキス」まで浮かべられているので、
海老がキライな人だったら水戸あたりまで逃げちゃいそうなほど、
めくるめく甲殻類ワールドが展開されております!

DSC01152_2015052714442109c.jpg

さらにタグ部員オーダの「海老まぜそば」は、
スープと海老エキスでひたひたになった極太麺に、
大量の粉チーズとタバスコをかけて食べる洋風まぜそば。

重厚な海老の風味に乳製品独特の酸味も折り重なり、
個性的にも程がある不思議な味わいになっていて、
個人的にはちょっと味覚の許容範囲をオーバーしてたかな…?

DSC01153_20150527144423d39.jpg

そしててらみん部長が真っ先にチョイスした「伊勢海老のつけめん」。

極太な上に超固茹ででゴリゴリ食感の麺200グラムに、
一切麺が沈んでいかないほどスーパードロドロの動物系白湯、
それに強烈なしょっぱい味付けのインパクトに完全に負けてしまい、
満腹感のあまり半分ほどで箸を置いてしまう緊急事態に!

聞けば1軒目の『豊崎自転車商会』ではラーメンにチャーハンまで付け、
『良温』でもデフォより麺の量が多い「生海苔のまぜそば」、
そして『飯村製作所』で200グラムの麺と山盛り野菜の「タンメン」と、
明らかに自分の胃袋のキャパを読めていないメニューチョイスが露呈!

涙目でフーフー言いながら何とか完食はしたものの、
その後カスミのベンチにグッタリと腰掛けたまま、
三日三晩動けなくなっていたのでそのまま放置して帰りました!

みんなも食べ過ぎにはくれぐれも注意だよー!
(蟹工船でオホーツク海に消えていきながら)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑プロレタリア文学気分でポチッと押してくださいませ~
 

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!
 激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば 飯村製作所@研究学園

DSC01145.jpg

2015年4月25日/中華そば 飯村製作所/研究学園/
中華そば醤油+味玉/750円+100円


俺はどうしても外せない用事を済ませたその足で、
人生初乗車となるつくばエクスプレスに揺られ、
始発の秋葉原から終点のつくばへと単身向かっていた…!

というのも今月は茨城におじゃマップしているラーツ部部活動に、
スパ銭での休憩からでも途中合流するためだよ!

先月の群馬遠征も大阪出張と重なってしまい、
楽しい部活動に参加できないという事態になってしまったので、
2ヶ月連続のお預けだけはどうしても避けたかったのだよ!

たとえ始発から終点まで1時間近くガッツリ乗車して、
片道1,000円オーバーの電車賃をかけたとしてもな!
おかげでケツボンバー(痔)が痛くて痛くて泣きそうだぜ!

しかし昼に『豊崎自転車商会ラーメン事業部』からの『良温』と、
土浦の2軒をやっつけていたラーツ部本隊は、
筑波山のてっぺんにある天竺みたいな温泉に行っちゃう始末!
こちとら車も無いってのにどうやって辿り着けと!

筑波山行きのシャトルバスもギリギリで終わっちゃってたし、
かといってサイバーシティつくばには昼キャバやビデオBOXも見当たらないので、
結局迎えが来るまで駅ビルのベンチで2時間以上もボーッとするのみ…!
こんなことならアキバのコスプレ風俗にでも行ってりゃよかった…!

結局18時半になってようやく筑波山から降りてきて、
温泉の香りをホカホカさせて紅潮している部員どもの穴という穴に、
コスモ星丸のフィギュアを腹いせにギューギューねじ込みながら、
夜の部一発目に向かったのは『飯村製作所』さんです!

DSC01143_2015052714435025d.jpg

水戸スタミナラーメンの『馬しゃ屋』からのリニューアルだそうで、
店舗はつくば駅からそれほど遠くない場所なのだが、
Googleマップで検索するとなぜか筑波山のふもとにある、
ガチの工場っぽい「飯村製作所」がヒットする。

ひょっとして店主さんのご実家だったりするのかな?
なんにせよナビを鵜呑みにしてそっちに行かないように注意だ!

二重扉の奥にゆとりあるテーブル席とカウンターが並び、
ウッディーで落ち着いた空間はなかなか居心地がよく、
厨房ではいかにも体育会系な雰囲気の店主さんを筆頭に、
若々しい店員さん達がテキパキと働いている。

メニューは『馬しゃ屋』時代のスタミナラーメンは消え、
「中華そば」の醤油と塩をトップに「汁なし」「つけ麺」「タンメン」と豊富で、
他にも二郎系の限定「オレジ。」などもあるようだがこの日は未提供。

サーブの瞬間からスモーキーな香りが広がる「中華そば」の醤油は、
煮干しの魚介風味をメインに据えたあっさりテイスト。

しかし焼き干し由来だと思われるその香ばしい風味と軽い酸味、
そして屋台骨を支える動物系ダシとたっぷり浮かべた鶏油が、
淡麗ながらもしっかりとした力強さを備えておりなかなか美味しい!

何より筑波山からの冷たい風に吹かれまくって、
仮死状態にまで陥っていた身体に温かいスープが染みる!染みるよ!
のうのうと温泉に浸かってた輩にはこの気持ち分からんだろうな!
(また腹が立ってきてフィギュアを穴にギューッ)

自家製麺は普通盛りでも200グラムとかなりのボリュームで、
少食な人向けに50円引きで麺半分にすることも可能。

中細以上中太未満の太さの断面が丸いストレートで、
箸で持ってもズシリとした重量感が伝わってくるもので、
低加水でハリが強くゴリゴリした歯ごたえがインパクトハイ!

ただあまりに麺の主張が強すぎて淡麗系のスープとは、
若干アンバランスになっちゃってる印象は否めないので、
個人的にはもうちょい多加水でフワッとした麺のほうがベターかな…!

チャーシューは程よくサシの入ったウデ肉で、
赤身のワイルドな味わいが楽しめる厚切りのものが豪快に2枚イン。

さらに細裂きメンマと海苔と2種類の刻みネギ、
トッピングした味玉は黄身がほぼ液状のトロトロ具合だった。

DSC01146.jpg

同じ「中華そば」の味玉入りをタグ部員は塩味でオーダ。

尖りがなく優しいミネラルを感じさせる塩ダレに、
昆布のような旨味成分もしっかりと効いていて、
よりダシそのものの風味が楽しめてこちらもなかなかいいね!

DSC01144_20150527144351179.jpg

さらにてらみん部長は珍しく「タンメン」をチョイス。

中華鍋で一気に炒めたてんこ盛りの野菜と、
細かく刻んだ生の生姜のトッピングはどこか『トナリ』チック。

しかしベースのスープが優しいのであそこまで豪快ではなく、
野菜の甘みがしっかりスープに溶けていて実に美味しい!

DSC01147.jpg

そして件のゴリゴリマッチョな太い麺が、
一番ポテンシャルを発揮していたのがKEN-1部員オーダの「汁なし」!

茹でてから水で締めることによってさらに屈強な歯ごたえになり、
そこに濃いめの醤油ダレと油がしっかり絡んできて、
ピリ辛のほぐし肉やフライドガーリックも波状攻撃を仕掛けてくるので、
噛めば噛むほどえもいわれぬ幸福が口いっぱいに広がるよー!

まぁ1時間かけて移動してきた上にこの寒い中ながら、
噂にたがわぬクオリティの「中華そば」に大変満足できたので、
温泉の件は長い付き合いに免じて許してやろう!

でも今度全員でアキバのコスプレ風俗おごれよこの野郎!
もちろんレンタルルーム代もそっち持ちでな!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ぴっくるす気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華料理 天王@高円寺

DSC01141_20150527144348452.jpg

2015年4月24日/中華料理 天王/高円寺/
生姜醤油ラーメン/600円


おかげ様でこうして毎日ラーメンラーメン騒いでいると、
「あそこの店が美味しいよ!」「あのメニュー食べた?」「臭いよ!」と、
色んな方から情報をいただくことも多くて非常にありがたい!
あと臭い件については加齢に伴うものなのでご容赦願いたい!

先日も中央線沿線在住のおとももちの某漫画家さんから、
「高円寺の『天王』の「生姜醤油ラーメン」が美味しいよ!」と、
あまり中央では話題にならないホットな情報を貰っていたので、
耳慣れない屋号ながらずっと心のブックマークに入れていたのだった。

そして今日まさに高円寺でとある打ち合わせがあり、
煮詰まって夕方を過ぎてしまったのでご飯でも食べながら続けることに。

打ち合わせ相手からの「何が食べたいですか?」の、
最初の「た」ぐらいで食い気味に「ラーメン!」と高速でレスポンスして、
さっそくその『天王』さんへ行ってみることにしました!ひゃっほう!

DSC01139_20150527144336852.jpg

オシャレな古着屋や雑貨店が並ぶ「パル商店街」の一角で、
カウンター席と奥に畳の小上がりがあるこじんまりしたお店で、、
黄ばんだ壁紙やいつから置いてあるか分からない漫画本などが、
このお店の歴史を物語る味あり過ぎな雰囲気。

見た目はなんてことない「町の中華屋さん」風の佇まいながら、
ここであの新潟長岡のご当地メニュー、
「生姜醤油ラーメン」を提供しているなんてちょっと意外!

しかも普通の「ラーメン」や「タンメン」「えびそば」なども揃っている中で、
写真付きの手書きPOPまで飾られたその「生姜醤油ラーメン」は、
見事にメニュー表のトップに名を連ねているほど!
もちろんわたくしジンジャリストとしてはそいつ一択しかないでしょ!

丼に散ったたっぷりのチャーシューとほうれん草、
それにサーブされた瞬間からはっきり香る生姜の匂いは、
まさに以前ラーツ部合宿で訪れた新潟の宮内駅前で食べた、
あの生姜醤油系の聖地である『青島食堂』にそっくり!

醤油色の濃いスープはおそらく豚や鶏の動物系のみで、
程よいダシ感の中に濃いめで味わい深い醤油ダレの香りと、
後味にじんわりと残る生姜のシャープな辛味が広がり、
飲み進めるうちに身体がポカポカ温まってくる。

とかくインスパイアとなるとその特徴をデフォルメして、
個性を際立たせたバランスに仕上げるケースが多い中で、
こちらは現地の味を忠実に再現したような素朴さがある。

奇をてらわず純粋に「美味しいラーメン」に仕上げているあたりからも、
かなり店主さんの「長岡愛」が表現されているように感じます!

一方の麺はかなりオリジナリティーの強いもので、
見た目にも恰幅がいい丸い断面の太麺を合わせている。

これが超多加水なのか表面はしっとり滑らかで、
まるでクッションでも噛んでいるかのようなプリンプリンのモッチモチで、
ちょっとよその店では食べたことのない未体験の食感!

この麺をベッドにびっしり敷き詰めてマットレスにしたら、
さぞや毎晩素晴らしい淫夢が見られることでしょう!
私の睡眠は天王の麺(浅田真央風の笑顔で)!

チャーシューは脂身のないロース肉が5枚ほど乗っていて、
赤身のジューシーさを楽しめるワイルドなもの。

さらにほうれん草もケチケチせずたっぷり盛られていて、
これで600円とかどれだけ満足させたら気が済むわけ!?

DSC01140_2015052714433881e.jpg

一方こちらは打ち合わせのお相手が、
来るたびに食べちゃうというお気に入りの「中太ラーメン」。

枚数こそ違えどチャーシューと麺は同じみたいだが、
明らかにスープの風味は「生姜醤油」とは異なり、
煮干しや鰹などの分厚い魚介風味がプラスされていて華やか!

基本の動物ダシやカエシなども変わらないと思うし、
ってことはこの魚介風味は油で加えてるってことなのかな?

ただでさえ中華屋さんのメニューとは思えないレベルの高さなのに、
さらには新メニューとして煮干しベースに背脂を加えたという、
今度は燕三条の気配を匂わす「煮干中華」なんてのもあったりして、
いよいよもって店主さんの新潟への想いがスパークしております!

その他の麺類や定食も色々と用意されているので、
こりゃもう毎日でも打ち合わせしに来ないといけませんな!
じゃあ一旦持ち戻りでまた明日もよろしくお願いしまーす!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑迷惑なのでやめなさい気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0075.jpg
↑イブニング誌で連載中の人気漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ!
 ムーコがTシャツをいたずらしてるように見える『ぴー』発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天下一品 錦糸町店@錦糸町

DSC01137_20150527144333c16.jpg

2015年4月21日/天下一品 錦糸町店/錦糸町/
あっさりラーメン(並)+つまみ少々/3,000円ちょっと


映画鑑賞で久しぶりに渋谷まで来たついでに、
宿題店だった『穀雨』さんでお昼を食べたのを知ってか知らずか、
夕方になってヨメから突然のRK宣言(ラーメン食いたい宣言)。

こちらはちょっとパイイチやりたい気分だったので、
家から行ける範囲の「呑めるラーメン店」を考えたところ、
頭の中に大大だぁいすきなベッキー♪♯の唄が流れはじめたので、
そうだ!『天下一品』だ!とピコーンとひらめいたのだ!

つーか今までヨメをテンイチデビューさせてないとか、
どんだけの甲斐性なしなんだ俺という奴は!

愛人にかまけて全財産をそっちに貢いじゃうとか、
遊ぶ金欲しさにヨメを水商売で働かせるとかと同レベルの重罪だよ!
(あくまでこいつの尺度で物を言ってるので勘弁してください)

DSC01133_20150527144321425.jpg

さっそく待ち合わせて蔵前橋通りへ向かってみるも、
看板の明かりが付いてなかったので一瞬ギョッとしたが、
節電対策なのかこの状態でもちゃんと営業していた。
振られ体質の人間には心臓に悪いからやめてちょうだいよ…!

蛍光灯がやけに真っ白い店内はまずまずの入りで、
特に仕事帰りのサラリーマンのひとり客が多く、
みな壁に向いたカウンター席で静かにビールを傾けている。

DSC01135_2015052714432492c.jpg

ただいつの間にかお店のイメージキャラクターが、
ベッキー♪♯じゃなくて北乃きいに変わっててビックリ!
もうババァになるまで続けるんじゃないかって蜜月ぶりだったのに!

公の場でうっかり社長のスーツの裾を踏んじゃって、
思いっきりコケさせた上にデカパンが露わになっちゃったとか、
ツッコミのつもりで頭をはたいたらヅラがスポーンと飛んじゃったとかで、
社長の逆鱗に触れちゃったのかねベッキー♪♯…!

※テンイチの社長はデカパンでもヅラでもありません(多分)

DSC01134_201505271443222c6.jpg

まぁ気を取り直してまずは生ビールでカンパーイ!
北乃きいのほうがもっとだぁいすきだから問題なーい!

DSC01136_20150527144332d67.jpg

まずはちょいとつまみたいところなので定番の「ギョウザ」に加え、
俺がいつも頼むのが本来はトッピングである「青ねぎ」の別皿!

テンイチのねぎは九条葱なので香りも風味もよく、
これを卓上の「特製ニンニク味噌」や「からし薬味」と絡めて食べたり、
ギョウザに乗っけて食べたりとネギャーにとっては最高のつまみなのよ!
その代わり翌日の息は大変なことになるから覚悟の上で!

ビールのおかわりを頼むタイミングで〆のラーメンも注文するが、
ここはデビュー戦のヨメに「こってり」を任せることにして、
こんな時でしか食べられない「あっさり」をチョイス!

大量のワカメが乗ったビジュアルにはやや萎えたが、
スープは鶏ガラのダシがしっかり出たボディの厚みを感じさせるもので、
関西ならではの甘口の醤油の風味もマッチしている。

油っ気も少ないのでまさに「あっさり」した飲み口だが、
まったく物足りなさは感じずこれはこれでちゃんと美味しいよ!

麺はおそらく「こってり」と同じ細めのややちぢれタイプだが、
泳いでる海が違うだけでこうも印象が変わるのか!

まずスープがドロドロ絡んでこないので啜り心地が軽く、
モチップリッとした歯ごたえもネイキッドな状態で楽しめる。
まるで脇役が一瞬だけスポットライトを浴びた瞬間に立ち会えた気分!

チャーシュー、メンマ、青ねぎは「こってり」と同じ仕様だが、
だったら尚のことワカメは抜いてもらってもいいかな…!

DSC01138_20150527144335204.jpg

こちらは記念すべきヨメの「こってりラーメン」デビュー丼。
やっぱりビジュアルの安定感がケタ違いだね!

鶏をベースに10種類以上の野菜を加えたスープは、
ネットの世界にいたら間違いなく「粘着」と呼ばれるドロドロっぷりだが、
油脂分が徹底的に排除されてるためしつこさが無く、
トローンと甘い口当たりで相変わらず美味しいこと!

あまり濃厚なのが苦手なヨメも抵抗なく食べてたし、
また気軽にパイイチしたい時は利用させていただきます!

北乃きいちゃんも今後社長にツッコミを入れる時は、
くれぐれも頭じゃなく肩をはたくように心がけましょうね!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑だからヅラではありません(多分)気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0084.jpg
↑演歌の名曲がモチーフなのになぜかアメリカのモーテル看板風!
 全室くもりガラス完備で他人の妻にオススメ『さざんかの宿』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん 穀雨@渋谷

DSC01130_20150527144302370.jpg

2015年4月21日/らーめん 穀雨/渋谷/
ワンタンめん(3個)/830円


沖縄大好き奇祭大好きな俺こと俺にとって、
昔からずっと憧れの存在であった沖縄・久高島の幻の神事、
「イザイホー」の記録映画が金曜まで渋谷で上映されていることを知る。

継承者がいないため観光化されることもなく風化していった神事のため、
この機会を逃したらもういつ観られるのかさえ分からないので、
さっそく白装束に洗いざらしの髪の毛を垂らしたまま、
エーファイ!エーファイ!と裏声で叫びながら駆けつけてみますよ!

意味が分からなければあんたもイザイホー勉強すればいいじゃない!
資料DVDが一万円で売ってるから!俺の分も買っといて!

上映時間は13時からの一日一回のみなので、
もちろん早めに出かけてひと麺ぶっ込んでいく算段なわけだが、
前日の4月20日が二十四節気でいう「穀雨」だったこともあり、
長らくの宿題店であったそのまんまの『穀雨』さんを伺うことにしてみます!

DSC01132_2015052714431998a.jpg

渋谷の喧騒から外れたセルリアンタワー裏の住宅地にあり、
こちらは以前は『OKAZAKI』さんというラーメン店が入っていたテナント。

訪れたのがちょうどランチタイム時ということで、
一時的に外にまで行列が伸びるほどの人気を誇っており、
10席ほどのカウンターをご夫婦らしき二人でテキパキと捌いている。

店主さんはあの『かづ屋』のご出身ということで、
「らーめん」を筆頭に「ワンタンめん」「チャーシューめん」と、
修行先を踏襲した定番メニューが揃っている。

しかし他にも「塩らーめん」や「坦々麺」などバリエーション豊富だが、
やはりここは「ワンタンめん」を外すことはできないでしょ!
そのワンタンも5個と3個から選べるのはありがたいね!

椅子の位置が低いのでカウンターの目線が妙に高く、
かつサーブされた丼がなかなかのビッグサイズなので、
デジカメやiPhoneを天高く掲げて撮影しなきゃいけなくて、
まるで「拝み撮り」してるみたいでちょっと恥ずかしい…!

軽い濁りを伴うスープは確かに『かづ屋』の面影はあるものの、
動物系と魚介系がバランス良く組み合わさったあっさりすっきり系で、
店主さんの朴訥とした雰囲気にも似た優しいテイスト。

とはいえ舌にじんわり感じるコクや旨味は申し分なく、
グイグイ引き込まれるような魅力があって実に美味しいっす!

麺は強めのちぢれが入った細めのものを合わせていて、
丼が大きいためにスープの中でストレスなく泳いでいる。

中心にしっかり歯ごたえを残したシャキッとした茹で加減で、
対照的に表面はトロッととろけるような滑らかな舌触りを湛えており、
最後までそのコンディションをキープしている体幹しっかり系。
よっぽどいいトレーナーさんが付いてなきゃこのボディは維持できないね!

チャーシューも修行先のDNAを感じる縁の赤い「叉焼」で、
蜂蜜のような甘みのあるタレとジューシーな肉汁のセッションが最高!

そして麺と一緒に茹でるワンタンも皮はトロトロに柔らかく、
中には刻んだ生姜が香る肉餡がたっぷり詰まっている。

DSC01131_20150527144318d17.jpg

無料と聞いたら頼まずにはいられないサービスの「揚げねぎ」は、
お願いすると小さなココットに入れて提供してくれる。

終盤スープが少なくなったタイミングで一気に投入すると、
少量でも香ばしさとコクがぐっと増して味が引き締まるのだが、
ねぎだけでなくニンニクやタカノツメも混じってるので、
迂闊に噛んじゃうと猛烈に辛くてとギャッ!てなるので注意だ!

『かづ屋』出身というと最近では荏原中延の『しなてつ』さんや、
行徳に昨年オープンした『小むろ』さんなどがあるが、
自分の感想では魚介の風味が強い淡口の味わいは、
どことなく松陰神社前の『松波ラーメン店』さんに近い印象を受けた。

しかしいずれも修業先をベースにオリジナルなエッセンスを加え、
なおかつレベルの高いお店ばかりなのは凄いことですな!
まるでのちに個性派のタレントばかり輩出した初期たけし軍団のよう!

さて客が全部で6人という中で鑑賞した映画「イザイホウ」は、
神事についてだけではなく昭和40年代の久高島に住む人たちの、
海と土地と共存共栄してシンプルに生きる姿まで伸び伸びと描かれていて、
ドキュメンタリーとしてたいへん面白い作品でございました!

まだ全国のところどころで上映会してるみたいだから観ればいいじゃない!
あと一万円の資料DVD!誰か俺に買って!5枚買って!



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ナンチュ気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0073.jpg
↑悪意1000%が贈る「古典落語Tシャツシリーズ」第一弾!
 『SHIBAHAMA-芝浜-』買ってくれなきゃ釜の蓋が開きゃしないよ!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (10)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報