うまいラーメン バラそば屋@中野

DSC01823_20151015162318927.jpg

2015年8月31日/うまいラーメン バラそば屋/中野/
バラそば/780円


金曜夜の帰宅時になってそこそこの雨が降ってきてしまい、
やむを得ず通勤用のチャリを事務所に置きっぱなしにしてきちゃったので、
週明けの今日はそこそこいいお天気だというのに、
わざわざバスで出勤しなきゃならないというめんどくさい状況。

そこでわたくし足りない頭を必死にフル回転させて、
超ウルトラCの大作戦を考え出しましたよ!

まず自宅からJR総武線を使って中野まで移動して、
そこでラーメンを食い帰りは東京メトロの東西線に乗車、
事務所最寄りの南砂町まで戻ったらあとは徒歩で出勤する!

こうすればただただムダなバス代を使うよりも、
よっぽど有意義な出勤になるでしょ!どうよこれ!?
あれ!?なんでこんなに白い目で見られてるの俺?なんで?

DSC01822_20151015162317cd6.jpg

というわけで史上最大のエクストリーム出勤に抜擢された『バラそば屋』は、
中野の細い路地を入っていった『おーくら家』の移転後跡地にオープン、
すぐ向かいにはレジェンド的存在の1996年組『青葉』がある。

13時半過ぎでも前5人待ちといきなりの繁盛っぷりだが、
すぐにドドドッと先客が引けて一気になだれ込んだものの、
直前でまた満席になってしまい俺ひとりだけが10分近く待つハメに…!

銀行のATMとかもいっつも俺だけ待たされるもんなぁ…!
渡ろうとする信号は直前で必ず赤になるしなぁ…!
所詮俺の人生なんてこんなものですよ…!

こちらは浜川崎の『玉』や大森の『三三㐂』
御徒町の『超大吉』などを手がける「玉グループ」による新業態。

1階は厨房に面した9席のカウンターのみだが、
階段を上がった2階にはテーブルスペースも設けてあるそうで、
いずれはつまみメニューを増やして「呑めるラーメン店」にしたいらしい。

でも現状のメニューは「バラそば」「醤油バラそば」「辛バラそば」のみで、
ライスは「白米」「塩むすび」とわざわざ2種類用意してあるのが珍しい。

ちいちゃめの丼に表面張力いっぱいにスープが注がれた、
「バラそば」の中央にはモッコリとバラ肉を積み上げたお山が!

厨房の大きな羽釜で炊いたスープはサラサラながら、
コクと旨味が充分に溶け出している塩味の豚骨白湯ダシに、
背脂ではなく腹脂を加えてコクを出しているそうで、
余計なクドさがなくほんのりとした甘みを湛えていて美味しい!

とはいえしっかり油が乳化しているので飲んでいるうちに、
ズシッと胃袋が重たくなっていくようなこってり感もあるので、
お冷やを多めに飲んでおかないと後々喉が乾くかもよ!

やや平べったい中太麺はおそらく「玉グループ」による自家製で、
しゃんとカドが立っているまっすぐストレートタイプ。

芯までしっかり火を通すように茹でてありほんのり透明で、
稲庭うどんをも想起させるツルツルで滑らかな舌触りが特徴的だが、
そんな滑らかなのにしっかりスープと油を絡めてくるので、
味の乗りも上々でこれまたようござんすね!

そしてモッコリバラ肉は小鍋に大量にストックしたものを、
注文のたびに必要な量だけスライサーでカットしていて、
箸で持つだけでもうトロトロに崩れちゃうので、
もはやこれが「何枚なのか」という概念から逸脱する状態。

そのままで食べても柔らかい肉身と肉汁が楽しめるが、
麺をくるむようにして食べても全然アリだと思いますぜ!

あとの具は一面に散らされたネギのみという潔さだが、
そのネギも九条ネギなのか青い部分の香りが強く美味しかった。

卓上には味変アイテムがあるので色々試してみたが、
一味唐辛子は中盤くらいで甘みの強い味付けを引き締めるのに、
カット生姜は最後にひとつまみ入れるとガリのような感覚で口直しになった。

『超大吉』も直系の家系ラーメンを彷彿させるレベルの高い一杯だったし、
今回もありそうで無さそうな代替の効かない味になっていて、
固定のファンが付きそうな気配がムンムンムラムラいたします!

間違いなく米との相性がいいラーメンだと思うので、
次の機会があれば「辛バラそば」に塩むすびあたり試してみます!

食後は作戦どおり東西線で南砂町まで移動し、
そこから徒歩で無事に事務所に出勤することに成功!
ただその頃にはもう15時を回っちゃってたけどなんでだろうな?
(みんなに白い目で見られてた原因はそれだよ)

--------------------

★2015年8月のトータル杯数/29杯
★2015年の通算杯数/190杯
★麺レポスタートからの通算杯数/2,239杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑超重役出勤気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0082.jpg
↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
 大好物のジャーキーを我慢し過ぎてよだれの池が…!『待てっ!』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

四川ダイニング 王冠@新浦安

DSC01811_20151015162302ac6.jpg

2015年8月29日/四川ダイニング 王冠/新浦安/
コショーそばセット/1,100円(税別)


当ブログの熱心な愛読者の方はもうすでにご存知だとは思いますが、
こちらは主に70代以上のご年配の方を対象としたブログなので、
まずは事の経緯を皆様に改めてご説明させていただきます。

(ここから健康食品の通販番組みたいなゆったりしたナレーションで)

かつてJR品川駅の港南口からわずか数分、
再開発から取り残されたような狭い小路に飲食店が並ぶ一角に、
『天華』という一軒の古びた中華料理店があった。

ニュースやバラエティ番組にも登場したことのあるそのお店で、
一番の人気とオリジナリティーを誇っていたメニューが「コショーそば」。

丼一面に大量の胡椒がかかったその異様なビジュアルと、
それを超える美味しさに誰もがトリコ仕掛けになったのである。

しかし4月に名物オヤジさんが急逝してしまいお店は閉店を余儀なくされ、
これによって「コショーそば」は幻のメニューになってしまったのだが、
なんと同じ中華の料理人という道を歩んだその息子さんが、
自ら立ち上げた新店『王冠』でその味を復活させたというではないか!

残念ながら『天華』を訪れる機会がないままだったこむら代表は、
未訪のまま終わってしまった罪滅ぼしも兼ねて、
さっそく『王冠』のある新浦安へと向かったのであった…!

(ここからはいつものアキバメイド風アニメ声で)

葛西橋通りをひたすら海側に向かって走ること十数キロ、
埋め立て地の風情をバリバリに感じる新浦安の住宅地の一角に、
重厚なレンガで飾られた「四川ダイニング」の看板を確認。

DSC01809_20151015162259183.jpg

DSC01810_20151015162300f71.jpg

いかにも高級そうなファサードと地下に伸びるエントランス、
それにガラス張りの扉の向こうに見える店内の雰囲気は、
ヘタしたらドレスコードがあるんじゃないかってくらい高級感が漂っている。

最悪スーツっぽく全裸にボディペインティングしてごまかそうかとも思ったが、
Tシャツ短パン姿の俺でも快く迎え入れてくださった。

カウンターは無くテーブル席と個室スペースも完備した店内は、
さすがにオープンから数日とあってピカピカに綺麗。

厨房は奥まっていて調理の様子は伺うことができないのだが、
時々「チーン!」というベルの音が聞こえてくるので、
おそらく料理が完成したことをホールの店員さんに伝えているのか、
または「ぴったんこカンカン」の収録が行われているのかと思われます!

なおメニューは土日祝は「特別セット」のみの販売となっており、
麺類は「手作りチャーシュー麺」「担々麺」「コショーそば」の3種類で、
いずれもライス、ザーサイ、一口デザートとのセットのみなので、
休みの日に連食に組み込もうと考えてる人は要注意よ!

DSC01812_20151015162304d3a.jpg

注文からさほどかからず大きな丼でサーブされた「コショーそば」は、
砂場か!ってくらい振りかけられた大量の胡椒が、
まさに恋い焦がれていた憧れの『天華』のビジュアルそのもの!

スープにはとろみの強い餡かけがかけられていて、
淡麗な動物系の旨味を感じられる塩味の中華スープの風情。

最初の数口はそのとろみにマスクされてあまり感じないが、
やがてスープ全体に胡椒が回るとビリビリとした強烈な辛さが広がり、
唐辛子ともまた違う刺激に思わず汗がポタポタ…!

確かによそではまったく食べたことの無いテイストだが、
クセになっちゃうってのは非常に良く分かりますな!いいっすな!

麺はこれまた中華料理では王道の中細ちぢれタイプで、
もちろん胡椒をたっぷり纏って持ち上がってくるので、
ハフハフと変な声を漏らしながら啜るというより口に押し込む感じ。

程よい柔らかさでムチッとした歯ごたえがあり、
餡かけのとろみもまるでスライムのように絡んでくるので、
思わずスライム繋がりで騒動の最中に成田空港に帰ってきた時の、
某小向さんのボヨンボヨンな姿が脳内にフラッシュバックしますね!

具はおそらく餡かけにする段階で一度さっくりと炒めてあり、
その内訳は豚バラ、白菜、モヤシ、タケノコ、袋茸。

DSC01813_20151015162314cca.jpg

正直ライスは合わないんじゃないかな…と思ったけど、
ビリビリしている口の中を中和するのにはもってこいだった。
ちなみにザーサイは忘れられてたのでお願いして出してもらったよ…!

恥ずかしいくらい汗ビッショビショ状態のまま、
食後にデザートを頼むといったん丼とライスの小鉢を片付けてから、
中華鍋のような小さなステンレスの器で杏仁豆腐が登場。

DSC01814_20151015162316ebe.jpg

まだ口の中がカッカと熱い状態だったからか、
とろけるような杏仁の甘さとほんのした苦さが最高の癒し!
一口と言わず東京ドーム一杯分くらい食べさせてちょうだい!

税込みで1,200円近いランチは貧乏Tシャツ屋にはなかなか値が張るが、
その代わりすぐ近くのセイムズ(薬局)でお買い物すれば、
60分無料になるコインパーキングがあるのでそこを利用しましょう!

ちなみに俺はそこで愛飲している緑効青汁を購入したが、
今ならなんと約2週間分のお試しパックを無料にてご提供いたします!
30分間オペレーターを増員してお電話お待ちしております!
(再び健康食品の通販番組みたいなゆったりしたナレーションで)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑アサヒ緑健の提供でお送りしました気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0077.jpg
↑お前の髪はニセモノだ!
 周囲を気まずくする上司や家族の秘密を貴方に代わってズバッと暴露します!
 『カツラハンター』着用はくれぐれも自己責任で!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とりそばや 俊@蔵前

DSC01808_20151015162257e4e.jpg

2015年8月29日/とりそばや 俊/蔵前/
とりそば/700円


明日はもはや毎月のように出店しているイベント参加のため、
荷物の積み込みと備品の買い出しなどなどで、
休日を返上して働く勤労こむら君がここにいますよ!

買い出しはいつもの通りシモジマのある浅草橋なので、
今度こその勢いで蔵前まで移動して『俊』に向かうのであります!

というのも最初は定休日を確認せずノコノコと水曜に行ってしまい、
2回目は約一週間の臨時休業にぶち当たりと、
短期間でことごとく振られまくっていた因縁のお店なのです!

お店のHPやSNSもなく電話番号も非公開のため、
もはや賭けの気持ちで店に着いたら白いノレンが出てるのを発見!
通算3回目にしてようやくランデブー成功です!
固唾を飲んで見守っていたNASAのスタッフ達も思わずガッツポーズ!

DSC01807_2015101516224921d.jpg

鳥越神社にも程近い蔵前橋通り沿いにあり、
駅からも3分とかからないというなかなかの好立地。

カウンターのみのすっきりしたインテリアはどこか凛としていて、
時おり霧雨が降るような悪天候にも関わらず、
開店時間の12時を過ぎたばかりなのにすでに満席状態で、
ベテランの雰囲気漂う店主さんが一人で厨房を回している。

その店主さんはあまたの人気店を輩出してきた、
あの「大和麺学校」でラーメン作りのノウハウを学んだ方だとか。

券売機は上の一列だけであとのボタンには全体にプラ板を貼ってあり、
そのメニューは「とりそば」「とりそば麺大盛」に、
ビールの「スーパードライ」のみと潔いこと颯の如く!
ならばこちらも悩むことなく0.1秒で「とりそば」の食券を購入!

琥珀色にきらめく澄んだスープは見た目だけでも旨そうで、
大山鶏のガラを濁らないよう丁寧に炊いたダシに、
鶏挽き肉と野菜を加えたという独自の手法によるもの。

みずみずしい鶏の旨味あふれるダシの味わいに加えて、
白醤油にホタテや昆布を合わせたカエシがほのかに効いていて、
甘露ながらも繊細なバランスを保っていて染み入るように美味しい!

かつて沖縄那覇で食べた『マサミ』も同様の感想だったし、
ひょっとして鶏挽き肉のダシって俺の味覚にどストライクなのかも!

麺もスープに合わせた自家製の細ストレートタイプで、
啜り上げると気持ちいいくらいにスープを持ち上げてくる。

しなやかながらもコリッとした適度な歯ごたえを残していて、
途中でダレることなくそのポテンシャルをキープしていて、
これなら麺大盛でもバランスを崩すことなくいただけちゃうかもね!

具はネギとカイワレの葉を刻んで和えたもの以外は、
照り焼きダレを塗り塗りしながらオーブンで焼いたという、
皮付きの鶏モモチャーシューのみとシンプルだが、
丼いっぱいに5、6枚は乗っていて食べ応えは充分!

卓上には胡椒とともに柚子胡椒が置いてあるのだが、
その鶏チャーシューにちょいと乗せて食べてみたらはい大正解ー!

こんなんつまみにしてスーパードライなんか飲んだら、
アサヒビールから特別表彰されるくらい消費しちゃうってーの!

2度振られても諦めずに訪れ続けたことが報われるような、
極上の「とりそば」をスープの一滴まで残さず堪能いたしました!

久しぶりに心が揺さぶられるような一杯に出会えて、
なんだかテンションがうなぎ上りになってしまったので、
調子に乗ってもう一軒ハシゴしちゃいまーす!仕事なんてあとあと!
(呆れて一切の通信を切断するNASAのスタッフ達)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑宇宙のもくず気分でポチッと押してくださいませ~

akts0071-3.jpg
↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する、
 天然ダシラーメン好きの貴方へ贈るTシャツ『鬼平無化調』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺庵 ちとせ@曙橋

DSC01806_20151015162248c34.jpg

2015年8月28日/麺庵 ちとせ/曙橋/
味玉らぁ麺/850円


前夜にヨメとラーツ部ぷっと部員と3人で、
なじみの錦糸町の酒場でしこたまルービーピーホツを呑み、
自宅の床で朝6時半まで寝落ちしちゃったすっとこどっこいな週末。

もちろん身体はカラカラで水分および塩分を欲していたので、
どちらも一気に補給できる便利アイテムことラーメンをいただきに、
曙橋の新店『ちとせ』にフラフラ向かっております!

実は月曜日にも都営新宿線に乗って食べに出かけていたのだが、
神保町を過ぎたあたりでようやく定休日であることに気付き、
車内で「ヒイッ!」と変な声を挙げるに至っていたのである。

結局テンションがた落ちでそのままどこにも降りずに、
九段下でUターンして帰ってきちゃったのだが、
そういう時でも都営線って片道分の運賃はちゃんと取られるのね!
みんなもラーメン店に振られた時には覚えておこうね!

DSC01805_20151015162246401.jpg

曙橋の駅から台町坂通りをテクテク登って10分弱、
余丁町に差し掛かったら脇道に入って少しくらいの立地で、
住宅地にひっそり佇むような渋い店構えで営業している。

小上がりのようなスペースもあるが荷物置き場になっており、
ランチョンマットを完備したカウンター7席のみを使っていて、
物腰の柔らかい店主さんが孤軍奮闘で厨房を仕切っている。

真っ黒に塗られた券売機はほとんどが余白になっていて、
メニューは「らぁ麺」にトッピングのバリエーション、
それに「つけ麺」や「冷やしらぁ麺」だったりちょこちょこ変わる限定も。

ちなみにこの日はボールペンで手書きされたボタンで、
「汁無おやつ麺」「汁無おやつ麺ちょっとジャンクVer.」があった。

「味玉らぁ麺」のスープはさらさらした清湯タイプで、
説明書きによるとはかた地どりや昆布、貝類、ウルメなど、
バラエティに富んだ食材を惜しげもなく使った無化調仕立て。

その口当たりは極めて淡くじんわりしたタッチながら、
鶏と魚貝のダシと気高くツンと立った醤油の香り、
それに香味油がバランス良く配分されていてなかなか美味しい!
ただ意外にオイリーなので二日酔いの身には後々効いてくるけどね!

麺は小上がりの一角をロールパーテーションで区切ってある、
製麺スペースで自家製された平打ちの中太タイプ。

かつての『ちゃぶ屋』を思い出すツルツルの舌触りで、
非常に啜り心地がよく喉越しもいいのでスイスイ箸が進んでいく。

ただあまりに滑らかなので調子に乗って勢いよく啜ってたら、
麺にひっついてきたネギが思いっきり気管に入っちゃって、
この世の終わりかってくらいむせまくりましたけどね!
これがホントのKOMURA NO OWARI!ドラゲナイ!ドラゲナイ!

大きなチャーシューには片面だけ軽く焼き目が付いていて、
肉汁しっかりでなかなかジューシーなのだが、
ところどころ筋っぽくて噛み切れないくらい硬いのが玉にキズ。

あとはトロトロに煮崩れた穂先メンマと喉のライバル刻みネギ、
トッピングした味玉は薄味仕立てでねっとりとした黄身が印象的だった。

全体的に真面目で実直に作られた一杯で、
擬人化するなら学生服に「必勝」のハチマキを巻いて、
グルグルの牛乳瓶メガネで必死に勉強してる学生さんのイメージ。

今年こそ!今年こそ志望の大学に合格するぞー!
(でも隣りの家のマドンナが気になって集中できない)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑勉三さんっぽい気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0078.jpg
↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!
 今生は諦めて輪廻転生の向こうで勝負したい方へ! 『来世で本気出す』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ハナウタ。@四谷三丁目

DSC01804_20151015162245a9c.jpg

2015年8月27日/ハナウタ。/四谷三丁目/
しお/650円


今日は朝からうららかなお天気に恵まれていて、
なんだか鼻歌でも唄いながらスキップしたくなる陽気だね!
(鼻歌は北原ミレイの「ざんげの値打ちもない」)

こんな朗らかな時にランチで食べたくなるものといえば、
バスケットに入ったライ麦パンのサンドイッチでも、
色とりどりのいっぱいの具材を挟んだ「おにぎらず」でもなく、
ラーメンに決まってんだろバカ野郎!女子供はすっこんでろ!

そういえば「鼻歌」にちなんだ屋号の新店がオープンしたのを思い出し、
さっそく総武線の車内でスキップしながら向かってみます!

DSC01803_20151015162243582.jpg

つじあやののニューアルバムみたいな屋号のこちら『ハナウタ。』は、
なんとバラエティ番組の優勝商品のダイヤモンドネックレスでおなじみ、
あのロマン・かがやくエステールが手がけた初の飲食店らしいっす!

場所は四ッ谷と四谷三丁目だったらほぼヨツサン寄りで、
津乃守坂の交差点を下っていった少し先にあり、
白壁と木材の風合いを活かした店内は代官山あたりのカフェのよう。

店員さんも全員ハンチング帽でオシャレに決めていたり、
お冷やをワイン用のデキャンタで一人ひとりに置いてくれたりと、
どこをどうカットアップしてもオシャレ極まりない演出は、
伸びかけ坊主のおっさんが一人で入るにはちょっと気恥ずかしい…!

カラフルな髪の色のお姉さんが渡してくれたメニューを見ると、
「しお」「しょうゆ」「とうがらし」「えび」「鶏白湯」と揃っていて、
ランチ時は各種DON(そういう表記)とのセットも色々用意されている。

「スープは下の方からすくってお召し上がりください」と、
「しお」のサーブ時にあまり聞き慣れない珍しいアドバイスが。

その理由はひと口飲んだらすぐに分かりましたよ!
表面を覆った液体油が超ウルトラスーパー熱々だからですよ!

うかつに飲むと上唇をしとどにヤケドしかねないので、
ダダっ子じゃないんだから言われた通りちゃんとかき混ぜましょうね!

その油と熱さにマスクされて序盤はあまりダシを検知できないが、
少しずつ落ち着いてくると鶏と野菜による無化調ダシの、
じんわりした優しい旨味を感じられるようになる。

輪郭をくっきりさせるためか塩分もやや強めに効かされているので、
決して「あっさり」の範疇には収まらず意外に食べ応え、
いや飲み応えがあるスープに仕上がってますな!

一方の麺は細めで強めのちぢれが付けられており、
デフォルトで少し柔らかめに茹でられている。

ムニッとした弾力はあるがそれほど主張は強くなく、
具の水菜や白髪ネギを絡めながら食べるのが丁度いい感じだが、
スープが熱いせいか割合ダレてくるのが早いので、
尾崎ばりに生き急ぐつもりで素早く食うべし!

具は薄味で肉の旨味を活かした皮付きモモ肉の鶏チャーシューと、
これまた薄味仕立ての塩味玉が半分に薬味のみとシンプルで、
なんとスープまで全部飲み干してもたったの467キロカロリー!
これは心置きなく連食せよというメッセージですね先生!(しなかったけど)

とことん女性の目線で組み立てたラーメンということだったが、
今日は買ったばかりの earth music&ecology のフレアスカートを履いて、
ちゃんと女子力を高めてきてるから問題ないよね!
あした、なに着て生きていく?

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑宮崎あおい気取り気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0081.jpg
↑悪意1000%のラーメン系(?)Tシャツ最新作!
 「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、
 かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなる激しいTシャツ!
 『顔面チョップ』絶賛(ごく一部に)発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

和風らーめん 金子@木場

DSC01802_20151015162233e20.jpg

2015年8月25日/和風らーめん 金子/木場/
和風らーめん/750円


生まれてこのかた40年ほぼずっと江東区に住み続けている、
マイルドヤンキーとまったく同じ思考を持つ俺であっても、
まだまだ区内にノーマークのラーメン店は山ほどあるもんなのである。

先日もグラビア画像を検索した痕跡がびっしり残されている、
事務所PCのブラウザのタブにひとつだけ残されたラーメンデータベースを見ていると、
何やら今までまったく聞いたことのない江東区のお店を発見。
見れば最寄り駅は木場!えっ?木場にこんなお店が!?

「和風らーめん 金子」

『美学屋』(閉店)とか『吉左右』とか木場の名店には何度も通ってたのに、
そんな良さげな店を見逃していたとはなんたる不覚!
これはもう仕事どころじゃない!さっそく調査に出かけなくては!
(お前グラビア検索しかしてねえじゃねぇか)

DSC01800_20151015162229990.jpg

場所は木場といっても東京メトロの深川車両基地などがある、
住所で言うと塩浜というバリバリの埋め立て地エリアで、
そりゃ近所の人しか知らないわけだわ…!

しかしこの『金子』さんはこの地でなんと50年以上も営業を続けている、
紛うことなき老舗中の老舗なんだとか!お見それしました!

DSC01799_20151015162227e8c.jpg

ちなみに店舗写真が何ともおかしなアングルになっているが、
車も入っていけないような細い路地の奥にあるため、
どう身体の関節を外してもこの角度でしか写真が撮れないのよ!

全身脱臼状態でヒジもヒザもプランプランのままお店に入ると、
テーブル席が中心でカウンターは3席のみという、
こじんまりとした店舗はさすがになかなかくたびれた様子だが、
昼時は家族連れや近隣のサラリーマンで満席状態。

厨房は奥まっていて店主さんの姿は一切見えず、
代わりにホール担当のお母さんが元気に切り盛りしている。

メニューは「和風らーめん」「和風つけめん」がメインで、
さらに「たんめん」「昔ながらの中華そば」「熟成赤味噌担々麺」と、
一見すると何てことないラインナップだがさにあらず!

スープはアルカリイオン水で炊かれた完全無化調、
麺や具も添加物は一切使わないという拘りまくりのラーメンなのである!

DSC01801_201510151622302d2.jpg

ちなみにライスは客席の炊飯ジャーからセルフでよそい放題、
冷水機の横には自家製のお漬物バイキングもあるよ!
取り方がみみっちくてウサギの餌みたいな画像になっちゃったけど許せ!

いびつな形がユニークな「和風らーめん」のそのスープは、
無化調らしくすっきりとしてシンプルな薄味仕立てだが
鰹、鯖、昆布から取った魚介のダシがじんわり広がり、
夏の終わりで下降気味のいまの体調にはドンピシャリの味わい!

海苔の下にはたっぷりの揚げネギが忍んでいて、
さらにさりげなく柚子の皮も乗せられていちゃったりして、
それらがシンプルなスープに適度なアクセントをもたらしてくれる。

そして麺もなんとカネジンに特注で作ってもらっているそうで、
中太くらいの太さで強めのうねりを伴っている。

かんすいを使っているのかどうかまでは確認できなかったけど、
その独特のプリプリパッツンとした赤ちゃん的な食感は、
かなりユニークで面白美味しいじゃないの!バブー!

チャーシューは麺をたぐってるだけでハラハラとほどけちゃうくらい、
柔らかく仕上げられた大ぶりの肩ロースで食べ応え充分。

それに通常は穂先タイプだが品薄のため変えているという太メンマ、
さらに半熟味玉半分にほうれん草と海苔にネギと、
デフォルトでもけっこう具だくさんなのがなんとも嬉しいやね!

ただ後半は揚げネギの苦みがダイレクトに来ちゃう感じだったので、
個人的には少なめかナシでもオッケーかも。

正直もっと中央で話題になっててもおかしくない一杯で、
これぞまさに隠れた名店といっても過言ではないんじゃないでしょうか!

では俺は調査も終わったのでただちに事務所に戻ります!
いや!その前に全身脱臼を治しに整骨院かな…!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑車の運転もできません気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0092.jpg
↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!
 黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!
 『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』は初の3色展開!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ニンニク味噌ラーメン まんぷく商店@錦糸町

DSC01795_20151015162141e97.jpg

2015年8月23日/ニンニク味噌ラーメン まんぷく商店/錦糸町/
ニンニク中辛味噌+ライス/790円+100円


前夜のラーツ部暑気払いでうっかり終電を逃してしまったが、
タクシー代が世の中で一番ムダな出費だと思ってるクラスタなので、
裸足にビーサンにも関わらず小岩から約10キロ歩いて帰宅。

深夜3時近くにようやく帰宅してちょっと横になったと思ったら、
気付いた時にはもう16時過ぎって一体どういうことなの!
やい時間泥棒!俺の休日を返して!

とりあえず腹だけは猛烈に減っていたので、
朝メシだか晩メシだかも良く分かんないけどヨメも連れ出して、
ずっとオープンの情報だけが入っていた錦糸町の味噌ラーメン専門店が、
ようやく新装開店の運びとなったらしいので調査に行ってきます!

DSC01793.jpg

錦糸町の北口にある二階建てテナントのこちら『まんぷく商店』は、
かつては『神鷹山』からの『新とんこつ大学』からの『桜とんこつ家』(未訪)と、
ことごとく資本系の家系ラーメンばかりが流浪していた場所。

しかし今度は新橋の『しお福』や北千住の『蔵味噌屋』などを手がける、
株式会社グラストによる新コンセプト店にフルモデルチェンジ。

入口出口を分けないと人が往来できない狭いカウンター席に、
2階には軽くパイイチも可能なテーブル席を設けているが、
客が入っていることを通行人にアピールするためか、
例え2人客だとしても基本的には1階のカウンターに通されるみたい。

メニューは看板にもなっている「ニンニク味噌」がメインで、
辛さの違いによる「ニンニク中辛味噌」「ニンニク激辛味噌」のみで、
あとは軽いつまみメニューもちょこちょこ用意されている。

注文が入るたびに中華鍋ではなく大きな雪平鍋で味噌とスープを合わせ、
あらかじめ茹でて丼にセットした麺の上に注いだら、
別に炒めてある具材を乗せてサーブするという一見変わった手法。

油が全体に回った赤茶色のスープはカンカンに熱されていて、
動物系ダシをベースにやや甘めの味噌の香りがプンと立っている。

ラー油と山椒の辛さは中辛だと頭皮がじんわり湿る程度で、
傍らに添えたライスをバクバク食わせるなかなかパンチのある味わい。

なんとなく後味にピーナッツのような香ばしい豆類とか、
干しエビ?かカニ?のような甲殻類の風味も検知したんだけど、
俺の駄舌はまったくアテにはならないと思うので、
グルメ的レビューを求める諸兄はこのままお帰りくださいまし!

DSC01797_20151015162158b6f.jpg

次に麺を野菜の下からモソモソッと引きずり出してみると、
これがまたブリンブリンにうねった超極太ちゃんが登場して、
思わずHOOTERSに行った時とまったく同じテンションで大興奮!

しっかり熟成させているのか札幌ラーメンばりに黄色みも強く、
パッツンパッツンとした口の中で弾けるような食感には、
思わずパッツン繫がりで「三戸なつめの前髪か!」と見事な上田ツッコミ!

ただ丼の大きさに反比例してボリュームはそれほどでもないので、
無料サービスの大盛りにするかライスを添えるのが吉かと。

具に関してはシャキッと炒めてあるものの100%モヤシのみで、
チャーシューはおろか挽き肉すら入っていない完全ミートレス状態で、
これで790円ならせめて野菜の種類くらいは増やしてほしいなぁ…!

DSC01794_20151015162139e7d.jpg

仕方がないので少しでもモトを取るために、
卓上に豊富に揃った味変アイテムをこれでもかと投入。

まずおろし生姜は甘さが際立ってくる中盤をビシッと引き締め、
次に揚げニンニクと焦がしニンニクで香ばしさを強化、
とどめにニンニク味噌ダレでさらに味を濃くして俺の大勝利!

DSC01796_20151015162143def.jpg

いっぽうヨメのオーダしたデフォの「ニンニク味噌」は、
ラー油が入らないぶん味噌の甘さがかなり強調されており、
甘クドい味が苦手なヨメは序盤で一味唐辛子をダバダバ振ってました…!
完全に連れてく店のチョイスを誤ったな…!

ライスまで完食して屋号のとおり満腹にはなったが、
この時点でもう21時過ぎって俺の貴重な休日はなんだったのか!
NO MORE 時間泥棒!(カメラ型お面を装着してクネクネ)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑寝過ぎに注意気分でポチッと押してくださいませ~

akts0089.jpg
↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ!
 単行本7巻で若き日のうしこうさんが着ている、
 ドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

居酒屋 金町製麺@金町

DSC01767_201510151620198d5.jpg

2015年8月22日/居酒屋 金町製麺/金町/
麺もつまみも酒も大量に/ひとり5,500円くらい


<過去の『金町製麺』訪問レポ>
1回目2回目3回目4回目5回目6回目7回目8回目9回目10回目
11回目12回目13回目14回目15回目16回目17回目

レディースアーンドジェントルメーン!
アーンドおとっつぁんおっかさん!

ラーツ部の夏と冬と年に2回の恒例行事、
そしてブログの更新が通常の3倍かかるでおなじみの、
金町製麺呑みが今宵も妖艶に且つ大胆にスタートいたしますよー!

久々に部員7人全員が揃うという超レアケースなので、
てっきりマスコミの取材が殺到するだろうと記者席まで用意してたのに、
蓋を開けてみたらやって来たのは匂いに釣られた野良猫一匹!
煮干しのダシ殻を与えて早々にお引き取り願いましたよ!

DSC01772_201510151620346f4.jpg

どうせ全員集まるのは夜もトップリ更けてからなので、
まずは先乗り隊だけでとっとと宴を開始!パイカーン!

例によってバカみたいにつまみを食い麺を啜っているので、
「今日のホームラン」の曲に合わせてダイジェストでどうぞ!

DSC01770_201510151620314a8.jpg

「ポテトサラダ」300円。

以前よりジャガイモのほくほく感が強くなり、
マヨネーズ控えめでヘルシーなポテサラになった印象。
これなら顔面にぶつけ合いしてもケガしないから安心だね!

DSC01771.jpg

「自家製辛子明太子の燻製」390円。

明太子のピリリとした辛さと燻製の香りがベストマッチ!
先ほどのポテサラに混ぜ混ぜして食べても最高!
これぞ実写版の「いぶり暮らし」やで!

DSC01773_20151015162043b77.jpg

「チキンナゲット」390円。

最近レギュラーで用意されている定番アイテム。
しっとりとした食感はひょっとしてオカラとかも入ってるのかな?
某ハンバーガー屋みたいにビニール辺は混入してないので安心して!

DSC01775_201510151620461e7.jpg

「鶏団子の蟹トマト煮込み」390円。

プチプチ食感が楽しい鶏団子にトマトの甘みと蟹の風味がマッチ!
これはまさに動物と野菜と甲殻類のハプニングバーやー!
本日もエロ麿呂先生のゲスい例えが冴え渡っております!

DSC01776_20151015162047880.jpg

「岩手県産 鯵のなめろう」390円。

味噌とニンニクの風味が強めのワイルド系なめろうを、
よっぽど気に入ったのかふじひろ部員はこの後マジで3人前追加して、
すべて一人で平らげ「市川舐郎」という称号を手に入れました!このスケベ!

DSC01778_20151015162049dab.jpg

「谷中生姜の豚肉巻きフライ」390円。

見た目はエビフライ!中身はまさかの谷中生姜!
ウスターソースが付いてきたけど断然醤油のほうが合うね!

つかその卓上の醤油ひとつでも旨味がハンパないんだけど、
ひょっとしてこれ贅沢に再仕込み醤油とか使っちゃってる…?
思わず興奮してみんなゴクゴク飲んでました!戦時中か!

DSC01781.jpg

「刺身4点盛り」390円×4かな?

三重県産黒鯛に青森県産スルメイカの焼霜造り、
京都府産天然ブリに北海道産イワシという豪華共演!
これだけのキャスティングが可能なのは金町製麺とオールスター感謝祭だけ!

DSC01782_20151015162102c21.jpg

「北海道産 真蛸の旨辛和え」390円。

プリプリムチムチな真蛸の吸盤をキュウリとネギと和え、
キムチっぽい味付けを施したビールやハイボールにぴったりメニュー。
こんなの樋口可南子じゃなくても興奮しちゃうでしょ!(古い)

DSC01783_20151015162104c53.jpg

「賀茂茄子と加賀胡瓜のエビそぼろあんかけ」390円。

とろける食感の茄子と胡瓜にプチプチの海老そぼろは大人の味。
ただキュウリ嫌いのKEN-1部員は一切手を付けなかったですけどね!
アニメばっか観てるからそうやって大人になれないんですよ!

DSC01784_20151015162112466.jpg

「舞茸と本しめじのジェノベーゼ」390円。

プリプリしたルーキーズことキノコーズの面々に、
ニンニクとバジルを効かせた洋風の味わい。
リゾットやリゾット!リゾット買うて来い!(イタリーの春団治)

--------------------

どれもこれも恐ろしくうまスギちゃんなつまみの数々に、
ガロン単位の酒を消費しているうちにそろそろ終電のお時間!

もはやタグ部員と長尾店長のアイコンタクトだけで通じるようになった、
アドリブの一杯を作ってもらう「タグさんチャレンジ」のコーナーも含め、
麺メニューは全部いただきましたのでこれもダイジェストでどうぞ!

DSC01779_20151015162058c1d.jpg

「冷やしだだちゃ豆そば」値段不明。

「タグさんチャレンジ」に先手を打つ形で、
頼んでないのに長尾店長が作ってくれたメニュー第一弾!
これってあの『七彩』夏の定番の一杯じゃないですか!

香りが実にいいだだちゃ豆のペーストを、
牛乳と生クリームで伸ばした冷たいスープは、
まったりとクリーミーな舌触りで塩ダレとの相性もバッチリ!

伸びやかでツルツルした稲庭中華麺もしっかりスープを拾い、
だだちゃ豆とともに薄焼きにしたチーズもアクセント!

東ハトビーノとかカルビーさやえんどうが好きな人なら絶対ハマるわこれ!
(相変わらずスナック菓子ばかり食ってる40代ですいません)

DSC01780_201510151620599ca.jpg

「冷やし秋刀魚なめろうそば」値段不明。

これまた長尾店長に機先を制された裏メニュー!
先ほど「市川舐郎」と命名されたふじひろ部員が思わず昇天!

鯵よりも青魚のクセが強い秋刀魚のなめろうを、
やはり秋刀魚100パーセントの冷たいダシに溶かして食べる絡め麺で、
キュウリやミョウガといった夏野菜が一服の清涼感を与えてくれる。

『七彩』譲りのブリブリの極太手打ち麺も、
冷水で締めるとキュッとした歯ごたえになってまた美味だこと!

DSC01788_20151015162118c6d.jpg

「手打ち中華そば」700円。

もちろんレギュラーメニューだって全部食べちゃうもんね!

スープの基本素材として使ってるお店はまずよそには無いであろう、
山形産の雉のダシを惜しげもなく使った清湯スープは、
とめどない旨味に溢れていて酔っ払ってても顔がほころんじゃう!

普段は都内ラーメン店のエキスパートの元で働いている、
ふじひろ&shigeruuu部員の二人も思わずマジモードになって、
なぜ雉というクセの強い食材からここまで芳醇なダシが取れるのか、
喧々諤々と大マジメに議論を交わしてました!

まぁでもこの時点で二人ともレディメイド姿なので、
まったくその会話に説得力はなかったですけども!

DSC01790_20151015162128296.jpg

「塩そば」700円。

「手打ち中華そば」と同じ豊潤すぎる雉のダシを、
よりストレートに且つシンプルに味わうには断然こちら!

麺が極細の稲庭ストレートタイプに変わるので、
ツルツルと一切の摩擦を感じさせない啜り心地も圧巻!
綾瀬はるかの肌ってきっとこんな感じなんだと思う!

DSC01789_20151015162126a1f.jpg

「豚白湯マー油そば」750円。

ただでさえ手間のかかるメニューばかりなのに、
いつ豚骨スープを仕込む時間があるってのよ店長!ねぇ店長!

しかもこのスープが旨味フル抽出なものの臭み皆無で、
マー油の香ばしいニンニク風味でグイグイ飲まされるんだわ!
マジでこれだけでお店一軒やっててもおかしくないレベル!

DSC01787.jpg

「酸辣冷麺」750円。

その名の通り酸っぱくて辛い冷たいラーメンで、
ワイルドな豚角煮に極太のゴボウまで乗っかっちゃってて、
思わず全員で下を向きサイズを確認する始末!結果は全員負け!

しかも麺がフィットチーネみたいな平打ちとまた違うもので、
一体どこまで引き出しを持ってるのか逆に怖くなるくらい!

DSC01786_20151015162115b85.jpg

「冷たい味噌納豆そば」800円。

宮崎の冷や汁にイメージの近い魚介と味噌のダシに、
細かく刻んだ納豆を加えた粘り気のあるスープを、
稲庭中華麺に絡めて食べるスタミナ系メニューで、
もちろん全員できる限りのスケベな音を立てて啜りました!

具のオクラやミツバも実に清涼感をもたらしてくれて、
個人的には日本蕎麦でも食べてみたいと思いました!
日本蕎麦どうかなー!あー日本蕎麦ー!(長尾店長に聞こえるように)

DSC01785_2015101516211414d.jpg

「牛油そば」750円。

このメニューは前々からたまにあるものだけど、
何ですかエロ過ぎる仙台牛のローストビーフは!
こんなの子供が検索できないようにセーフガードをかけなきゃ!

油も仙台牛の牛脂を使っているのにまったくクドくなく、
ドライトマトのようなピリ辛のペーストが一気に洋風の面持ちへ招待!

ゲストで参加していた友人のアレコ嬢いわく、
「初めて油そばを美味しいと思って食べた」だそうです!
くれぐれもハマりすぎてファットな世界に飛び込まないように!

DSC01791_201510151621306a3.jpg

「鮮魚と鬼おろしのまぜそば」値段不明。

いよいよ終電もヤバい時間になってきた頃に、
「タグさんチャレンジ」によるアドリブメニューその1が登場!

なんと刺身でいける真鯛の昆布〆を大胆に麺に絡め、
やはり昆布ベースのぬめりのあるダシでいただく超絶贅沢な一杯!

鬼おろしの辛さが絶妙にアクセントになって、
この世のどこにもない「海のまぜそば」が今ここに誕生しました!
全員で鯛の絵のお面を頭にセットして舞い踊って祝福!

DSC01792_20151015162131ec6.jpg

「ローストビーフ牛塩そば」値段不明。

大汗をかきながら1時間以上舞い踊り続ける我々に、
とどめとばかりに長尾店長から供されたラストの作品は、
また子供には見せられないエローストビーフが山盛り!

「塩そば」の雉ダシに牛脂を浮かべただけだと言うが、
それだけで一気にビーフワールドが展開され、
まったく違う味わいに変貌するのが本当に面白いね!

ローストビーフはちゃんと一人1枚の人数分になっていて、
さっきナゲットの取り合いでののしり合いからのひっかき合いという、
大ゲンカになっていたのを見られてたのかな?恥ずかしい!

--------------------

お会計を済ませて外で余韻に浸っていると、
珍しく長尾店長も片付けの合間に顔を出してくれて、
しばしクールダウンも兼ねたトークタイムまで楽しませてもらった。

そういえば「立ち飲み」の文字が看板やノレンから消えており、
れっきとした居酒屋として今後もさらに発展していきそうな予感!
飲み会だけでなく次回はぜひ昼にも寄らせていただきます!
色々ワガママばかりのラーツ部ですが今後ともよろしくお願いします!

しかしあまりに楽しい時間で電車のことを完全に忘れていて、
タクシーで小岩駅に戻った頃にはとっくに終電は出て行ったあと…!

なんかテンションが上がっていたのか自宅まで約10キロ、
ブカブカのビーチサンダルなのに歩いて帰ったらしく、
翌朝起きたら足の甲が擦りむけまくってたのにはビックリしたよね!

結論!みんなもっと大人にならなきゃダメ!以上!
(はぁ…結局ひと記事書くのに2時間かかっちゃった…)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ラーツ部ほぼ全員アラフォーです気分でポチッと押してくださいませ~

akts-0088.jpg
↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ!
 満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!
 『ムーコっかぶり』大好評発売中!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (9)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報