拉麺 5510@大島

DSC02371_20160202182025ef2.jpg

2015年12月31日/拉麺 5510/大島/
きじ+とり飯/800円+150円


<過去の『5510』訪問レポ>
1回目2回目

30日の24時いっぱいまで漫画「少女ファイト」公式パーカーの、
受注生産の予約受付けを当サイトで行っていたため、
大量の駆け込み注文を管理しているうちにあっという間に深夜3時!
それでもなんとか今年はギリギリ仕事納めすることができましたー!

大晦日は毎年恒例の実家ダラダラ呑みが待っているので、
まずは2015年の「ラーメン納め」をどこにするか入念に検討してみる。

すると大島の『5510』でこの日1日だけの限定メニューとして、
なんと雉のダシを使ったラーメンを提供するっていうじゃなーい!
(ここの語尾は波田陽区っぽく読んでください)

雉といえば『金町製麺』くらいでしか食べたことがない貴重なダシだし、
作り手が変わるとどんな感じになるのか非常に気になったので即断即決!
11時過ぎに起きて5分で準備してさっそく行ってきます!

DSC02370_20160202182023673.jpg

DSC02375_20160202182034bec.jpg

ネグリジェの裾をはためかせながらチャリ町さんを飛ばしてきたが、
場所柄なのかさすがに行列までは出来ていなかったものの、
噂を聞きつけた常連さんをメインに続々と席が入れ替わっていく。

今日だけなのかいつものおしゃべりな店主さんに加えて、
おヒゲのお兄さんがサポート役としてお手伝いしているのだが、
二人ともテディベア体型なので厨房がメチャクチャ狭く感じますね!

メニューは限定50食の「きじ」にトッピング類のみで、
さらにこれまた限定のサイドメニュー「とり飯」もあったのでそちらも注文。

ワクワクしながらサーブを待っていると背後から突然、
俺の脇腹をガシッと掴んでくる奴が現れてビックリ!

キャー誰かー!この人痴漢!痴漢です!
あと絶対ネグリジェの中も盗撮されました!警察呼んで警察ー!

と自意識過剰なOLのようにヒステリックに騒ぎたてていたら、
良く見たらなんとその正体はラーツ部タグ部員!

本当は町田の『進化』の限定を食べに行くはずが、
うっかり寝坊しちゃったのでこちらに予定変更したんだって!
なんの申し合わせもしてなかったのになんて偶然なんでしょ!

すったもんだあってようやくサーブされた「きじ」のスープは、
表面にキラキラと油が輝く澄んだ色合いが実に旨そげ!

店主さん曰く普段の鶏の3倍の値がするという雉100パーセントのダシは、
明らかに鶏とは違う力強い旨味の中に甘みや深みも感じられ、
それをキュッと引き締めるカエシの醤油の風味とも、
相性がバチコーンとはまっていてまさに極上の味わい!

『金町製麺』のそれはもっと穏やかに旨味が広がっていく感じだが、
こんなにもパワフルなスープに仕上げることもできるんだね!
おそらく採算度外視のお祭りだからこそ可能なんでしょうけども!

「濃厚」ではなく「濃密」と表現したくなるプレミアムリッチなスープには、
思わずレンゲを持つ右手が永久に止まる気配がありません!

麺や具は通常メニューと同じものを使っているそうで、
ラーメン本によると「龍製麺」という聞き慣れないメーカーのものらしいが、
渋谷から恵比寿に移転した『すずらん』直営の製麺所なんだって!へー!

中細ストレートタイプのその麺は硬すぎないジャストな茹で加減で、
滑らかでツルツルモチモチした心地いい食感が、
濃密な雉ダシにもマッチしててこちらも負けずに美味しいっすね!

チャーシューは肉や油のジューシーさを閉じ込めた焼き豚タイプで、
大きく三角に切られたメンマもサクサクしてて美味!
ほうれん草はスープで重くなる口に絶妙な休息をもたらしてくれました!

DSC02373_20160202182033b74.jpg

そしてこちらは大きな炊飯器から登場した「とり飯」!
お茶碗に軽く一杯分だけど150円はお値打ちじゃなくって!

おそらくカエシと鶏ダシで炊かれたお米はホクホクしていて、
味が染みるだけ染み込んでいてそりゃ美味しいに決まってるでしょ!
そのままでもちょっとスープに浸してもいい感じね!

ただあと5人分くらい後だったら炊飯器の底のほうになって、
さらに旨そうな「おこげゾーン」に達してたので、
せめてネグリジェぐらいは着替えて5分遅らせれてくればよかった!
来年はこういうタイミングの悪い性分を払拭したい!

今日しか味わえないスープを残さないよう舐めるように完食して、
同じく感動した様子で後から出てきたタグ部員と合流。

思わず英語禁止ボウリングの岡村さんとモリ夫みたいな、
アッツアツのくんずほぐれつ状態で感想を交わしていたら、
さっきの痴漢騒ぎで通報を受けて来たお巡りさんに見られてしまい、
そのまま留置所に入れられて新年を迎えることになりましたとさ!良いお年を!

--------------------

★2015年12月のトータル杯数/24杯
★2015年の通算杯数/294杯(惜しい!)
★ラーメンブログ開始からの通算杯数/2,343杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑2016年も懲りずにお付き合いください気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0086.jpg
↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツ!
 目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 ねむ瑠@本郷三丁目

DSC02365_2016020218201098f.jpg

2015年12月29日/麺屋 ねむ瑠/本郷三丁目/
超濃厚 烏賊煮干中華そば+子供の感性を育てる煮玉子/
800円+0円(年内最終営業日サービス)


色々あった2015年も残すところあと3日!

そろそろ皆さんスーツケースに里帰り用の荷物を詰め込み、
東京駅や羽田空港で「東京ばな奈」を買っている頃でしょうか?

こちとら江東区を離れたことのないマイルドヤンキーなもんで、
田舎に帰るなんて習慣はまったく持ち合わせていないので、
まだまだ仕事も納めずダラダラと残務をこなしつつ、
宿題店を片っ端から攻略する「ラーメン大掃除2015」を実行中です!

本日訪れたのは惰眠大好きこむらさん的には、
屋号にシンパシーを感じずにはいられない本郷三丁目の『ねむ瑠』さん!

実は数日前にも呑気にマイカーで訪れていたのだが、
本郷周辺の車の停めにくさは都内でもトップクラスと思われ、
湯島天神の近くまでウロウロしてようやく見つけたコインパーキングも、
30分400円という悪魔が経営してるとしか思えないボッタクリ設定!

結局つたない心がボッキリ折れてそのまま帰ってきちゃったので、
なんだかんだでようやくの初訪問と相成りました!
もちろん今回は丸ノ内線でね!電車って便利な乗り物だね!

DSC02364_20160202182008372.jpg

クランクを作りながら奥へと続くカウンターのみのお店は、
ポップなポートレートなどが飾られたスタイリッシュな雰囲気で、
キチッとした接客を忘れない店主さんとアシスタントさんの二人で、
続々とやって来るお客さんをこなすのに厨房でてんてこ舞い状態。

メニューは今のところ「超濃厚 烏賊煮干中華そば」一本で、
あとは「とにかく明るい安村」と文法が一致している「そのまま食べれる替え玉」や、
「子供の感性を育てる煮玉子」など一風変わったネーミングの、
サイドメニューやトッピングが用意されているのみ。

ちなみにこの日は年内ラストの営業日ということで、
トッピングが一品サービスだったので煮玉子いただいちゃいました!
あざーす!この借りは子供の感性を育てることで返しまーす!

「超濃厚」と謳うだけあってチョコレート色のスープはトロトロで、
鶏白湯と昆布のダシをベースにイワシやイカの煮干を加えたもの。

どっしりとした鶏の旨味にイカの香りがほんのり広がり、
さらに能登の魚醤である「いしる」や生揚げ醤油をブレンドした、
まさにチョコをも想起する独特の甘口の味付けが特徴的。

後日食べに行ったというラーツ部てらみん部長は、
毎朝出勤前にクヌギの木に樹液を舐めに行くほどの甘党なので、
この甘い味付けはかなり舌に合ったようで絶賛していたが、
俺には後半ちょっと重たく感じてきちゃったかな…?

そこに泳ぐ麺は村上朝日製麺のものだそうで、
表面がツヤツヤと輝く中細のストレートタイプをマッチング。

とかく濃厚煮干系ラーメンはやたら硬めでポキポキさせがちだが、
こちらはしっかりと火を通したジャストな茹で加減で、
プリプリとした程よい弾力のある噛み心地は実にストライクです!

低温調理された豚チャーシューは薄切りにしてあって、
肉の旨味が凝縮していてローストポーク的な味わい。

そして「子供の感性を育てる煮玉子」は黄身がトロリと柔らかで、
もちろん麺をその黄身の中にグリグリと突っ込んで食べる、
俺の48の殺人技のひとつ「釜玉食い」を楽しみましたよ!

ちなみに何が「子供の感性を育てる」のかというと、
この煮玉子の売上の一部が子供向けのクラシックコンサートを主催する、
NPO団体に寄付されるからなんだそうです!

俺もキン肉マンネタとか書いて喜んでるヒマがあったら、
ちょっとは人様の役に立つことでもしなさいね!

卓上には前述のいしるに穀物酢と山椒オリーブオイルが置いてあり、
後半重たくなってきたところで山椒オイルを投下してみたら、
ピリッとした痺れを伴う辛さとオリーブオイルのコクが、
絶妙に味を引き締めてくれて断然好みの味に変化しました!

細切れチャーシューや煮干し粉が乗っていて、
いしるをかけながらまぜそばにもできる替え玉も旨そうだったけど、
14時からアポイントがあって時間がなくて断念したのが残念無念!
上の一行だけで「念」の字が3回も出てきましたね!

完全にももクロカラーの5色のスタンプカードから、
ももか推しとして迷いなくグリーンのカードを貰って急いで事務所へ。

このアポが終わったらさっそく子供の感性を育てるんだ!
近所の小学生たちを公園に集めて紙芝居でも見せてあげるかな!
(内容は「失楽園」や「愛の流刑地」などの渡辺淳一作品)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑鈍感力気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0069.jpg
↑漫画家・みずしな孝之先生渾身のデザイン!
 かわいい動物たちがちょっと強引に風邪予防対策!
 『かぜっこどうぶつ』フレンチレッドは在庫限り!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らぁ麺 すぎ本@鷺ノ宮

DSC02363_20160202182007a6b.jpg

2015年12月28日/らぁ麺 すぎ本/鷺ノ宮/
醤油らぁ麺/750円


大晦日までの間にプライオリティの高い宿題店を、
できるだけ回れるうちに回ってしまおうという、
名付けて「ラーメン大掃除2015」をただいま実行しております!
(ゴーグルにゴム手袋で野良犬にマジックリンを噴射しながら)

まずは西武新宿線で久しぶりの野方まで移動し、
年内でラーメンの提供を終えてしまう『野方食堂』をクリア。

お次はまた新宿線でふた駅の鷺ノ宮で下車し、
昨年のTRY本で新人賞に輝いた『すぎ本』へとやってまいりました!

店主さんはあのラーメンの鬼・佐野実さんのフラッグシップであった、
戸塚の『支那そばや』本店で修行していた方だそうで、
ならばこちらの期待値もギンギンに怒張するってもんです!
俺いまプールから上がれないからお前先行ってて!

DSC02362_20160202182005b99.jpg

鷺ノ宮の駅から続く商店街をちょっと路地に入った場所で、
シリーウォークでも3分とかからない駅チカ物件。

それにしても太陽の位置が低い冬場は西向きの店舗だと、
どうアングルを変えてみても看板が光っちゃって、
肝心の屋号が写らないのがジャーナリストとして非常に残念です!

9席のカウンターのみのお店をワンオペで仕切る店主さんは、
佐野さんの名言「数を売るな!味を売れ!」がプリントされたTシャツを着用。

全神経を集中してラーメン作りに勤しんでいるので、
店内にはEXILEとかのJ-POPが軽快に流れているものの、
厨房から伝わるピリリとした緊張感に思わずこちらも背筋が伸びちゃう!

まぁ俺も動画を早送りしながら一番のお気に入りのシーンで、
ビタッ!と止める時これに負けないくらいの集中力を注いでますけどね!
なんの動画かは全員ドン引きするだろうから言いませんけども!

メニューは「醤油らぁ麺」「塩らぁ麺」「醤油つけ麺」とあり、
トッピングの名古屋コーチン味玉やワンタンもめっさ美味そうだけど、
夜にコース料理での忘年会があるからここは「醤油らぁ麺」のみで我慢!
会費5,000円もするから刺身のツマの一本も残さず食べるんだい!

美しく澄んだスープの構造自体は丸鶏と鶏ガラをベースに、
鰹節などの魚介をブレンドした極めてオーソドックスな手法だが、
その旨味の深さやコクの豊かさはさすがのレベル!

そこに生醤油や濃口醤油を独自にブレンドしたという、
キレッキレのカエシとまろやかに舌を包み込む鶏油が、
さらにダシをブラッシュアップしていてメチャクチャ美味しいよー!

さらに麺はこれまた登場の三河屋製麺によるもので、
テボで茹でた上で平ザルに移しパン!パン!と勢いよく湯切りしている。

軽く鶏油をまとってスルスルと気持ちよく上がってきて、
しっかりと全体に火が通ったモチッと弾力のある食感と、
全粒粉の心地よい風味を残しつつスルッと滑る喉越しまで、
一貫したストーリー性があってハリウッドでも充分通用しそう!

チャーシューは煮豚タイプのジューシーな肩ロースと、
対照的にしっとりした食感の鶏ムネ肉の2種類で、
どちらも肉の味が濃いがどことなくオールドスタイルな印象。

自分が特にビックリしたのが穂先メンマの美味しさで、
柔らかいのにサクサクした食感と青い香りが絶品でした!

やっぱり自分はラーメンが好きなのは当然として、
その原点となる醤油そのものが好きなんだと再確認いたしました!

佐野イズムを引き継ぐ貴重な存在ということで、
いずれは自家製麺にもチャレンジしていくのかしら?
そうなればますますゴージャスなラーメンになりそうだよね!

みられるたびにきーれいになるわ!わたっ!しっ!ゴージャスーぅー!
(杉本彩から借りてきたセクシーボンテージ衣装で熱唱!)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑こんな快感やめられない気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0093.jpg
↑青い海なんて大っ嫌いだ!
 夏は涼しい部屋でダラダラ過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ
 『船酔いマリン』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

野方食堂@野方

DSC02359_201602021819561d1.jpg

2015年12月28日/野方食堂/野方/
塩ラーメン/750円


※すでにラーメンの提供は終了しています

今年巷を騒がせたもののなかなか行くチャンスが作れなかった、
宿題店の数々を年末のうちに一気に片付けてしまおうという、
名付けて「ラーメン大掃除」をただいま実施中!

もちろん家の大掃除なんてこれっぽっちも進んじゃおりません!
お風呂はカビだらけ!キッチンは油まみれ!窓は結露でグッショグショってか!

そんな現実から必死に目をそむけながら西武新宿線に乗り込み、
本日やって来たのは野方にあるその名も『野方食堂』でございます!

というのもかつて同じ野方で今田さん&川久保さんの二人で、
『今川』というお店でダブル店長を務めていた、
立ち位置左のツッコミ担当こと今田さんが人知れずこちらに勤務していて、
ひと月ごとに思う存分の創作麺メニューを提供しているのだ!

しかしそのシークレット活動もひとまず今年いっぱいで区切りということで、
「グリーンカレーつけ麺」など遊び心溢れるメニューが多かった中、
あえてラストに選んだのは王道も王道の「塩ラーメン」だというではないか!

先乗りで食べに行っていたラーツ部ぷっと部員もいたく感動したらしく、
毎日俺のポケベルに「889150」とメッセージを送ってくるので、
彼の通信料(東京テレメッセージ)も心配なので早速乗っかってみた次第です!

DSC02358_2016020218195389f.jpg

DSC02361_20160202181957bdb.jpg

野方の駅から商店街を50メートルほど歩いたらすぐの場所で、
店頭に食品サンプルが並ぶざっかけない雰囲気は、
およそ外観だけではラヲタをザワつかせる様子には到底見えない。

カウンターはなく大人数でもオッケーなテーブルがたくさん並んでいて、
明らかにヲタ臭のしない地元の家族連れやご夫婦が、
ゆったりとした空気の中で午後のランチを楽しんでいる。

ホールはいかにも「食堂の看板娘」的なふくよかなお嬢さんが担当していて、
そのコロコロした笑顔だけでも心があったまる感じだね!

件の「塩ラーメン」はメニュー表の堂々トップに書いてあるのだが、
満面の笑みでそれを注文しているのは俺くらいのもんで、
ほとんどのお客さんがボリュームたっぷりの定食に、
ランチ限定の100円メニューでやっこや納豆を付けて旨そうに食べている。

だって確かに「とりから金のハニーマスタードソース」だとか、
「たっぷり牡蠣のオイスター炒め」とかいちいちヤバげな一品ばかりだもん!
ラヲタじゃなかったら普通にそっちを選びたいですよ正直な話!

しかし青磁の丼で看板娘からサーブされた「塩ラーメン」は、
その芳醇な香りで一気に俺が勝者として形成逆転したことを物語っていた!

ちゃんと使用している食材を一覧でまとめてあったので、
そのまま引用させてもらうとスープは豚骨と鶏ガラの動物系に、
鰹節、鯖節の魚介系に臭み取りの野菜を加えたという王道スタイルで、
ひと口飲むとその旨味の厚みがハンパなくて超美味しい!

塩っけも円すぎず辛すぎずのちょうどいいバランスで、
後味にカエシに入れられたあさりのタウリンがほわーんと口に残るので、
よもやの貝十郎大喜びの展開にもうレンゲが止まりません!

麺はもはや国内のシェアどのくらいなんだろうって考えちゃう、
三河屋製麺による細めのストレートタイプを合わせている。

無闇に硬くしないしっかりと火を通した茹で加減で、
それでもちゃんとコシを感じさせるサクサクとした食感と、
一切絡まることのない滑らかな啜り心地でテンポよく減っていく。

具は2種類のチャーシューと紫タマネギ&カイワレのみとシンプルだが、
オーブン焼きの肩ロースはムッチリとしたエロス溢れる味わいで、
低温調理のモモ肉は淡白ながらも旨味が凝縮していて、
興奮のあまり履いていたストッキングのモモをビリビリに引き裂いちゃったぜ!

角切りのチャーシューや煮干し粉にまさかのゆかりを合わせ、
そのまま和えても食べられるという替玉もぜひ試してみたかったが、
宿題店の大掃除が最優先なのでやむなく断念したのが悔やまれるくらい、
ハイレベルな一杯は最後に食べに来られて本当にラッキーだったわ!

来年以降は今田さんの独立&再オープンに向けての、
店舗探しなどの準備が本格的に始まる感じなのかしらね?
でしたらぜひ我が江東区に!なんならパパに頼んで不動産も紹介しますし!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑パパは不動産王って呼ばれてます気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0092.jpg
↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!
 黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!
 『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』は初の3色展開!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

製麺rabo@西新宿五丁目

DSC02356_2016020218195260d.jpg

2015年12月26日/製麺rabo/西新宿五丁目/
中華そば+味付玉子/700円+100円


なんということでしょう!今年も残すところもう一週間だなんて!
そりゃ俺も腰は曲がり歯は抜け落ち老けていくはずだわ!

それでもできる限り積み残ししている宿題店は、
今年のうちに消化するだけ消化しておかなくては!
いわばこれはラーメンマニアにとっての大掃除!

そのせいで家の掃除になんかこれっぽっちも時間がかけられなくて、
保健所が警告に来るくらい物が溢れかえってるけど仕方がない!
つーかゴミじゃねぇよ!全部俺にとって大事な物なんだよ!

そのゴミの山の中から器用にデジカメと財布をほじくり出して、
滅多に乗らない都営大江戸線で向かったのは西新宿五丁目、
かなりの大物宿題店だった『製麺rabo』に向かいます!

実はこちらは台風接近の日に一度訪れたことがあるのだが、
危険を考慮しての臨時休業だったのか営業時間内なのに開いておらず、
吹き荒れる暴風雨でずぶ濡れなのにも気付かないほど、
シャッターの前で尾崎ばりに激しく狼狽した苦い経験があるのだった。

西新宿五丁目の駅から清水橋の交差点を超えて少し歩くと、
歩道に「営業中」と札が下がったA看板が見えてまずはひと安心。

DSC02355_20160202181951284.jpg

DSC02354.jpg

看板に「夢一座 虹」という前店舗のものがそのまま残っているように、
スナックの居抜きと思われる店内は薄暗くどこかしっとりした雰囲気で、
テレビから流れる2時間サスペンスがより緊迫感を演出している。

店主さんもセットのように味のある厨房に溶け込むかのように、
物静かに淡々と調理に集中している感じ。

メニューは「らーめん」「中華そば」「支那そば」「塩らーめん」に、
「つけめん」「つけそば」と名称だけでは見分けがつかない構成だが、
「らーめん」と「支那そば」は魚介ベースでそれぞれ濃厚とあっさり、
「中華そば」は鶏ベースのあっさりということらしい。

POPに「店主イチオシ(笑)」と書かれた「中華そば」をチョイスすると、
小ぶりな丼からかぐわしき鶏の香りが広がり食欲を刺激されるぜ!

軽く濁りのある鶏スープはほんのりとした甘みがあり、
しっかりとしたダシの風味を感じられてメチャ美味しい!

「あっさり」とは言いつつ飲み進めていくうちに、
唇がコラーゲンでピトピトしてくるほど濃密な飲み口なので、
お腹にズシンと溜まっていく感覚で早々に連食は諦めました!

屋号のとおりの自家製麺は「中華そば」には細麺を合わせていて、
色が白くてしゃんと背筋の伸びたまっすぐストレートタイプ。
芸能人で例えるならば草刈民代さんでしょうか!

啜りがいのあるスルスルとした滑らかな質感がなんとも気持ちよく、
しなやかで適度な弾力のコリッとした食感はさすが自家製!

デフォでも180グラムとボリュームもたっぷりなので、
でもやっぱり未練タラタラだった連食はきっぱりと諦めました!

チャーシューは炙っているのか焼いた風味がなんとも香ばしく、
脂身がトロッととろける柔らかさで実にジューシーで、
メンマ&江戸菜の箸休め組とのバランスもいい。

味付玉子は薄味だが黄身がほぼ液状トロトロで、
もちろん麺をグリグリ突っ込んで釜玉感覚でいただきましたよ!

店主さんは初台にある『嗟哉』の初代店主という肩書きを持ち、
さらにその前にはあの『玄』での修行経験があるそうで、
確かに「玄イズム」を感じさせる実直な一杯には大変満足いたしました!

和ダンスで仕切られた奥にはテーブル席もあり、
夜は色々とつまみが増えてパイイチもできるお店らしいので、
いつか草刈民代さんとゆっくりサシ呑みでもしたいですな!
周防監督はヤクルトスワローズの話ばっかしそうだから結構です!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑シコふんじゃった気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg
↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺処 篠はら@要町

DSC02353_20160202181941576.jpg

2015年12月24日/麺処 篠はら/要町/
醤油そば/780円


ラーツ部のセクシーサンタことぷっと部員と合流して、
ついに食べ納めとなってしまった『蔦の葉』を堪能したあとは、
またとげぬき地蔵のジジイババアをかき分けながらひとまず巣鴨駅へ。

俺は仕事があるのでここで解散して事務所に戻ろうとしたが、
「代表を手ぶらで返すわけにはいかない!」とどこかの丸パクリのセリフで、
ぷっと部員に説得されたのでもう一杯だけお付き合いすることに。

あと俺が年中上半身裸で胸を手で隠して街を歩いているのは、
単なる趣味嗜好だからぷっと部員に言われる筋合いは無いけどね!
(一応「その手ブラじゃねぇよ!」ってツッコんでおいてください)

山手線のホームでどの店に行くかの緊急協議の結果、
お次には池袋からアクセスできる『篠はら』を選ばせていただきました!

DSC02352_20160202181940a08.jpg

池袋駅からだと要町方面へテクテク歩いて10分ほどで、
連食の胃袋をリフレッシュさせるにはちょうどいい距離。

間隔が狭くちょっと座りにくいカウンター席だけのお店で、
厨房と客席との距離がかなり近いので、
店主さんの調理の様子をかぶりつきでマジマジと鑑賞できる。

その店主さんはあの天下のほん田グループである、
大宮の『ほん田 niji』で長らく店長を務めていた方で、
店内には一番弟子であることを認定する本田さん直筆の「卒業証書」が!

そんな情報を知ってしまったからにはこちらのハードルも
タイトスカートじゃ飛べないくらいググッと上がっちゃうってもんです!

さて事前にチェックしていたメニュー表では、
「煮干しそば」や「鯛白湯そば」なんてのもあったはずなのだが、
まだ試作段階でこの日の時点では券売機にボタンはあるものの未提供で、
「醤油そば」一品のみと二人で来ただけにちょっと残念…!

しかもぷっと部員の「特製醤油そば」のサーブ時に、
店員さんが丼を置いてスライドさせようとしたら滑りが悪くつっかえてしまい、
ブレーキがかかったことによる慣性の法則でスープがこぼれ、
ぷっと部員の股間にぶっかかるというアクシデントも発生!

チャーシューが1枚多いのはそのお詫びにいただいたものです!
彼は普段から熱湯をかけられて興奮する性癖なので気にしないでください!

気をとり直してそのスープからいただいてみると、
その材料は鶏牛豚に魚介野菜果物とかなり贅沢に使っており、
柴沼醤油醸造のカエシのキレもあるあっさりした飲み口だが、
後味に明確に残るのはシジミと思われる貝類の香り!

イノシン酸にグルタミン酸にグアニル酸にコハク酸と、
まるで方程式のように複雑に折り重なる「UMAMI」の洪水に、
思わずこちらもモルツのCMでゲラゲラ笑ってるEXILEのように大はしゃぎ!

そして麺は自家製ではなく「心の味製麺」製だそうで、
見た目にもツルツルした質感が伝わってくる細めのストレート。

摩擦を感じさせない滑らかで軽快な啜り心地と、
プリプリッとした弾力のある食感でこちらも負けずに美味しいっす!

チャーシューは豚のみだが部位の異なる2種類を乗せていて、
かたや厨房のオーブンでその都度焼き目を付けている香ばしいバラ肉、
こなた低温調理でムチムチのピンク色に成長したロース肉と、
どちらと同棲するかによって自分の人生がまるで違う展開になりそうな両極端さ!

近々リリースされるという「白煮干しそば」や「鯛白湯そば」も俄然気になるし、
年内最終営業日の12月30日には限定100食で、
「鴨と真鯛」なんて超絶気になるスペシャリテもやるそうなので、
みんなも今のうちからカレンダーに◯を付けとくように!

つってもこのエントリがブログにアップされる頃には、
とっくに終わってるので何の意味もないですけどねー!
そもそもこのブログに意味を求めるほうがお門違いですけどねーだ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑2ヶ月遅れでお送りしております気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0075.jpg
↑イブニング誌で連載中の人気漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ『ぴー』!
 ムーコがTシャツを「ぴー」してるように見えます!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Japanese Soba Noodles 蔦の葉@庚申塚

DSC02348_2016020218192978c.jpg

2015年12月24日/Japanese Soba Noodles 蔦の葉/庚申塚/
味玉醤油そば/850円


<過去の『蔦の葉』訪問レポ>
1回目2回目

残念ながら12月27日をもって休業してしまう『蔦の葉』。

琢磨店長は今年いっぱいで『蔦』グループを退職する運びとなり、
我らがラーツ部のお尻番長ふじひろ部員こと寛くんも、
年明けから夢だった独立に向けての準備期間に入るということで、
二人のコンビネーションが見られるのは実質これが最後!

なんとか仕事を調整して駆けつけようと思ったら、
ラーツ部ぷっと部員もクリスマスイヴにも関わらず、
予定がガラガラに空きまくっていたので二人で食べに行くことに。

イヴにちなんでそれぞれが前足と後ろ足を担当して、
本物にしか見えない超リアルなトナカイのコスプレでいざ巣鴨へ出発!

DSC02346_2016020218192566a.jpg

DSC02347_20160202181927c7f.jpg

4のつく日でごった返しているとげぬき地蔵商店街で、
トナカイの四足歩行では無数のジジイババアに足を取られてしまい、
開店時間の20分前とちょっと出遅れての到着に。

するとミシュラン効果に休業特需も重なってか、
すでに30人近い行列とさすがの大人気でもっと早く来ればよかった…!

大人しく並んでいると時々外の様子を見に寛くんが出てくるので、
いつ我々に気付くかとニヤニヤしながら待っていたら、
こちらと目があった途端に胸が膨らみ身体が丸みを帯びてきて、
急性の思春期が始まってしまうハプニング発生!母さん今夜はお赤飯だ!

並び始めから90分でようやくカウンターの角に腰を落ち着けると、
『蔦』本店からたみさんがヘルプで加わった3人体制で厨房は大忙し。

第二次性徴のおかげですっかり大人のカラダに成熟した寛くんも、
豊満なバストをユサユサさせながら奮闘しております!

メニューは「醤油そば」「塩そば」「味噌そば」の基本パターンに、
鴨100パーセントスープの「チリ・ダック」に「ブラック・ダック」、
さらに「醤油つけそば」「塩つけそば」という悩ましいにも程がある構成。

後ろの行列を考えると店内連食ってのも気が引けるし、
ぷっと部員は未食の「ブラック・ダック」狙いだということで、
最後の一杯と考えたらやはり「味玉醤油そば」で締めますかね!

3人の見事な連携でさほど待たずにサーブされると、
『蔦』本店とはまた違うビジュアルながらその神々しいほどの魅力たるや!
これはもうラーメン界のクレオパトラやー!

スープは鴨の清湯ダシをベースに煮干しを効かせたもので、
鴨ならではの厚みのある旨味を全体の下支えにして、
煮干しがどこまでも広がる波紋のように口いっぱいに余韻を残していく。

時折口に滑り込んでくる爽やかなミツバの香りも相まって、
野暮ったさは一切なくどこまでも洗練された味わいなのが凄い!
ひと口飲むたび溜め息が出るほど美味しいんだからもうっ!バカバカ!

そして大西店主渾身の自家製麺もとんでもない出来栄えで、
ポツポツとふすまが見える細めのストレート麺は食べなくてももう旨い!

箸でたぐった時のしなやかなほどけ具合と啜り心地の滑らかさ、
噛むたびに広がる小麦の甘みと硬すぎず柔すぎずの絶妙な食感、
そして飲み込む時のスッと胃に収まっていく喉越しの良さ…!
ホントに非の打ち所がないというのはまさにこのことと見たりですよ!

さらに肉汁がいいだけジュージュー出てくる鴨チャーシューは、
丸々ひと固まり譲ってもらってお正月のおせちで食べたいくらい最高!

味玉も濃厚な黄身がほぼ液状のトロトロ状態で、
そこに麺を突っ込んでグルグルと黄身を絡ませ、
釜玉みたいにして食べたら一瞬でヘヴンに達してしまいました!

DSC02351_201602021819388a9.jpg

こちらはぷっと部員オーダの「ブラック・ダック」で、
100パーセント鴨ダシのみのスープにさらに鴨油を加え、
丸大豆濃口醤油をちょいと強めに効かせた遊び心ある一品。

とにかく鴨の旨味成分の強さにはただただ驚きで、
そのダシをキュッと引き立てる切れ味のある醤油の香り、
そしてあらかじめかけられた黒胡椒や刻みタマネギも非常にマッチ!
これだけでも一軒お店にしたって充分繁盛するって!

DSC02350_201602021819371a6.jpg

さらにビックリしたのが休日モードでビールも楽しんでいる、
酒豪ぷっと部員がつまみ代わりに追加した「鴨葱飯」!

角切りにされた鴨チャーシューをたっぷりご飯に乗せ、
さらに芯の部分がトロトロに柔らかい葱と合わせ、
香ばしいオニオンソースと黒胡椒でまとめた珠玉のサイドメニュー!
これにはぷっと部員もグラスを噛み割る勢いでビールが進んでました!

清湯ラーメンの最高峰といっても過言ではない一杯が、
これで食べ納めになってしまうというのは本当に残念だけど、
それぞれの門出でもあるわけだし笑顔でサヨナラしたいよね!

なお寛くんにはそのスーパーボディが一瞬で話題となり、
芸能事務所からのスカウトも殺到しているらしいので、
ラーメン店主とグラドルとの二足のワラジで頑張ってちょうだいね!
目指せミシュラン!目指せミスヤンマガ!

ダンナが今日からラーメン屋 風雲編 (バンブーコミックス)
竹書房 (2016-02-02)
売り上げランキング: 1,739

↑そんな寛くんの修行生活を奥様の目線から描いたコミックエッセイ
 「ダンナが今日からラーメン屋」読みましょう!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑日テレジェニックでも可気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0084.jpg
↑演歌の名曲がモチーフなのになぜかアメリカのモーテル看板風!
 全室くもりガラス完備で他人の妻にオススメ『さざんかの宿』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

二代目 狼煙~桜~@蕨

DSC02343_20160202181914145.jpg

2015年12月23日/二代目 狼煙~桜~/蕨/
鶏帆立の塩つけめん(並)/850円


せっかく2015年ラストの祝日ということもあり、
とっぷり日も暮れた頃からフラリとドライブに出かけた埼玉川口で、
まずは今年の黄金ルーキー『有彩』の絶品塩らぁめんを堪能。

どうせ川口まで来たならちょっと森くんに挨拶していこうかと思ったが、
もちろんオートレース場はとっくに閉まっている時間だし、
何より良く考えたら森くんとはまったく面識がなかったので、
大人しくもう一軒食べて帰ろうと近隣の宿題店をピックアップ。

すると和歌山風中華そばで人気の戸田公園の『あがら』が、
西川口から僅か5キロちょっとと近いことに気付く。

魚介と鶏のあっさり系塩味の次は豚骨のこってり系醤油味となれば、
2杯のバランスを重視する俺の「連食理論」にもガッチリ一致!
さっそく強くなってきた雨脚にも負けずに戸田へマッハで移動しまーす!

DSC02339_201602021819080c5.jpg

DSC02340_20160202181909d6e.jpg

森くーーーん!!!

車窓からシャッターを下ろす瞬間が見えたほどなので、
どうやらタッチの差で間に合わなかった模様…!

やり切れなさのあまり今さら和歌山出身である小久保監督の、
プレミア12におけるチンプンカンプンな采配をひとり大声でディスりながら、
また川口まで戻って『二代目狼煙~桜~』でリカバリします!
先発と抑えばっか集めたってリリーフが機能するわけねぇだろ!

DSC02341_20160202181911fc2.jpg

足立区綾瀬にある『狼煙』の2軒目の支店となるこちらは、
「芝マンション」の1階に並んだ飲食店の一角にあり、
裏手には3台分の駐車場もあるのでマイカー組にも優しい。

やや年季の入ったカウンター席のみのこじんまりした雰囲気で、
気合い満点の店主さん?がワンオペで奮闘努力している。

DSC02342_2016020218191238c.jpg

カウンター上には「何でもお聞かせ下さい」と書かれたPOPがあるのだが、
「ラーメンがぬるい」「店員の態度が悪い」「まずい」に加えて、
「店員の笑顔が卑屈」なんてブラックな例題が!

俺も昔からよく「顔付きが犯罪者っぽい」「蛇のような目をしている」と、
色んな人から言われてきたのでシンパシーを感じるね!泣いてなんてないよ…!

メニューは「二代目つけめん」「あつもり」が券売機トップに来ており、
さらに「辛つけ」「かれつけ」とスパイシー系もあるかと思ったら、
「二代目らぁめん」「二代目濃厚らぁめん」「まぜそば」と実に多彩な構成。

しかし世界に名が轟くラーツ部の市川貝十郎先生としましては、
この店のみの限定「鶏帆立の塩つけめん」は外せないでしょ!

DSC02344_201602021819234a1.jpg

まず村上朝日製麺のものだという艶やかな麺は、
いわゆるつけめん専門店などのそれよりはやや細めで、
ところどころにポツポツと全粒粉らしきふすまの粒が見えている。

かなり硬めに茹でてありゴリゴリのマッチョ系な食感だが、
噛むたびにしっかりと小麦の豊かな風味が感じられるもので、
並だと200グラムしかないけどしっかりとボリュームがありますな!

DSC02345_20160202181924f20.jpg

その麺を受け止めるつけ汁は鶏ガラ、丸鶏、鯖、野菜で取ったダシに、
塩ダレと帆立ペーストを加えて泡立て器でしっかり撹拌したもので、
麺を入れてもプカプカ浮いちゃうくらいの超高濃度!死海か!

どっしりとした鶏の旨味に帆立の風味がほんのり香る仕上がりで、
濃厚だが余分な油っぽさを排除してありしつこくないのと、
味に円みをもたらす穏やかな塩ダレとアクセントの刻みタマネギが、
さっぱりと食べさせてくれるのでなかなか好みです!

具は短冊状にカットされたチャーシューが2切れと穂先メンマが2本で、
チャーシューは肉身がホロホロほどけていくツナ系で、
メンマはつけ汁がさっぱりしてる分ちょっとしょっぱかったかな。

スープ割りは卓上に置いてあるポットからのセルフなのだが、
つけめんにはレンゲが添えられてなかったために、
生(き)のままの状態で試し飲めなかったのがちと残念。

濃厚なトリホタ風味が魚介ダシによっていい案配に中和されて、
飲み干すつもりはなかったのに気が付いたら空っぽになってたよね!
恐るべしホタテマジック!ホタ!ホタ!

ただ食べてる間ずっと気が気でなかったのは、
厨房に置かれた電子レンジの調子がおかしくなったのか、
あたためを開始すると「ガガガガガ!ガガガガガ!」と異音を発する状態に。

そのレンジの背面がちょうど俺が座った席のまん前にあったので、
いつ爆発するかと思ってヒヤヒヤしちゃったよマジで!

ひとまずお客様としてのご意見ご感想としましては、
「レンジが怖い」とだけ申させていただきますね!よろしくです!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑最後にあっついホームベーカリーが怖い気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0083.jpg
↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
 こまつさんのガラス工房のスタッフTシャツ風!『アマートクラシック』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (7)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (161)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (131)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (109)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (35)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

明日のラーメン予報