ハッスルラーメンホンマ 亀戸店@亀戸

DSC03065_201608091412175bd.jpg

2016年4月29日/ハッスルラーメンホンマ 亀戸店/亀戸/
ハッスル復刻ラーメン+小さいのり明太子めし/740円+230円


科学技術館で開催された「Tシャツ・ラブ・サミット」初日を終え、
一旦事務所に戻って翌日のために売れた商品を補充し、
在庫処理などの作業がすべて終わった頃にはすでに21時過ぎ。

ここは明日に向けての英気を養うべく「中打ち上げ」と称して、
パーッ!とキャバクラで豪遊するほどの売上ではなかったので、
ヨメを連れ出してパーッ!とラーメンを食べに行くことにしまーす!

とはいえ明日も早起きなのでそんなに遠出もしたくないので、
近場で夜遅くまで開いてる店を検索した結果『古今らーめん』さんがヒット!

地元・砂町の焼肉店『スタミナ苑』の関連店であり、
中学生の時に初めて食べて以来俺のラーメン好きの原点となった、
『丸八ラーメン』のレシピを受け継いでいるお店となればスルーはできまいて!
さっそく古今和歌集をイチから音読しながら亀戸へGOー!

DSC03062_2016080914120682d.jpg

DSC03063.jpg

コキーン!昨日はツライきー!!!

よりによって5月10日まで昼のみ営業とはねー!
一生こうやって間の悪い人生を送っていくんですかねアハハー!

もはや慣れっこのヨメも達観したような目でこちらを見ながら、
「んでどうすんの?」とすでに頭を切り替えていたので、
すぐさまリカバリとして『ハッスルラーメン』へと移動開始しますよ!

DSC03064_20160809141209e13.jpg

家から近いこともあって錦糸町店はたまに使わせてもらってるが、
蔵前橋通り沿いでちょっと駅から離れた亀戸本店は初めて。

右側に厨房とカウンター左側にテーブル席というレイアウトは、
サイズこそ小さいもののほぼ錦糸町店と同じ仕様になっており、
路駐対策の定点モニター完備でドライバーにも優しいね!
でも俺はちゃんとコインパーキングに停めましたけどね!誰か紫綬褒章ちょうだい!

店頭になぜかスーパーボールが浮いたビニールプールがあったり、
機械も無いのに「カラオケご自由にお使いください」のPOPが飾られていたりと、
ちょっとツッコミに苦慮するギミックがそこかしこに…!
フットボールアワーの後藤さんあたりに片っ端から拾ってもらいたい…!

メニューは「ハッスルラーメン」の醤油&塩&味噌をベースに、
味付けやトッピングなどでかなりのバリエーションがあるが、
なんとなく気になった「ハッスル復刻ラーメン」をチョイス!

あと朝から忙しくてコンビニおにぎり1個しか食ってないので、
サイドメニューから「小さいのり明太子めし」もオナシャス!

バカみたいにでっかい丼に注がれた背脂スープという、
ビジュアルこそ通常の「ハッスルラーメン」と変わらないように見えるが、
こちらは創業当時のレシピを再現したという一品。

クセの少ないスープは豚骨や豚足や鶏ガラの動物系に加えて、
昆布や椎茸と思われる乾物の旨味も効いた「とんこく」ダシで、
そこに上質でコク豊かな背脂が加わることで甘みやまったり感も増し、
クラシカルながらもファンが未だに多いのが納得の美味しさでございます!

そして「ハッスルラーメン」と明らかに違うのが浅草開化楼製の麺で、
現在が黄色みが強くムッチリした中太麺なのに対して、
まるで九州のラーメンのような細めのストレートタイプのマッチング。

加水率が低くてザクザクとしたドライな食感をしており、
なかなかどうして背脂スープとの相性も悪くないんじゃなくって!?

さらにこちらのメニューはデフォルトで具だくさんのようで、
麺より多いんじゃねぇかってくらい山盛りの茹でモヤシに、
さらに薄切りながらとろけるバラチャーシューが3枚と、
半熟か固ゆでから選べる味玉まで付いててもうお腹いっぱいだよ!

DSC03067.jpg

つってんのに「小さいのり明太子めし」まで頼んだ奴は誰だー!?俺だー!

海苔が米に水分を吸われてヘナヘナなのはご愛嬌として、
今月博多に行ってきたばかりの俺も納得の、
ピリリと辛い上質な明太子はやっぱりご飯が進みますな!

DSC03066.jpg

こちらはヨメチョイスの「ハッスル塩ラーメン」のワンタントッピング。

塩味だとさらにさっぱりとした後味になるので、
もはや背脂ラーメンを食べているとは思えない感覚に。
中太麺のモチモチ感やプリプリのワンタンもいいね!

俺たちが食べてる間も続々と後客がやって来るのだが、
隣りのテーブル席に座った母親と息子2人の3人組が、
「ハッスルチャーシューの大盛り3つ!」「餃子はもちろん3人前!」と、
ものすごい勢いでなかなかヤンチャな注文をしている。

さすがに気になったので横目でちょっと様子を見てみると、
なんと全員100キロはゆうに超えていそうなファッターズ達!
こんな時にフット後藤さんだったらどんな風にツッコむんだろうか…?

--------------------

★2016年4月のトータル杯数/25杯
★2016年の通算杯数/103杯
★ラーメンブログ開始時からの通算杯数/2,446杯

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑勝ち越しのお祝いか!気分でポチッと押してくださいませ~

akts0095.jpg

 ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない、
  炭水化物大好きな貴方のためのTシャツ!
  『ラーメンライス軍』ただいま入隊員募集中!
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

武道家 賢斗@東陽町

DSC03059_20160809141204f8f.jpg

2016年4月28日/武道家 賢斗/東陽町/
ラーメン(並)/650円


いよいよ来るぞー!ゴールデンウィーク!!!
(自分のゴールデンな部分を強調しながら街を疾走!)

ゴールデンウィークといえば数々のTシャツイベントが控えているわけで、
まずは明日29日から「Tシャツ・ラブ・サミット」が開催されるため、
大量の商品と什器を押し込めるべく昼前に事務所へ車で向かうことに。

でもこの荷詰めって作業は意外と体力を使うので、
まずはしっかり食べてパワーを養うことも大事だよねー!

ということでまずはラーメン食べに行くよねー!異論は認めないよねー!
俺の生き方に口を挟む輩は片っ端から告訴するよねー!

DSC03057.jpg

神からの天罰なのか急にザンザン降ってきた雨の中、
東陽町まで寄り道して向かった新店『武道家 賢斗』さんは、
新中野に総本店がある『武道家』の正式な暖簾分けのよう。

今やすっかりバキバキのオフィス街と化した東陽町だけに、
こんな雨でも10人ほどのサラリーマンが行列を成す繁盛っぷり。

ただでさえ免許試験場が近くて相場が高いのに、
かなり時間がかかりそうでコインパーキング代が心配…!

とはいえ意外と回転は早く10分ほど待って入店すると、
10人ほど座れそうな横並びのカウンター席のみで、
タオル鉢巻にヒゲの店主さんと店員さんが豪快に調理に勤しんでいて、
そのむさくるしさたるや大学のラグビー部の部室レベル!

しかしホールを担当しているのはキュートな女性店員で、
そのチャキチャキした明るい接客で部室の雰囲気をすべて回収している。

お冷やもライスも自分で注いだりよそったりの完全セルフサービスだが、
その代わりデフォルトの「ラーメン(並)」で650円と、
今時のラーメン業界では非常にリーズナブルなのが嬉しいね!

一日で300キロもの豚骨を強火で炊き出すというスープは、
もはや骨や髄が完全に溶けてうっすら赤みがかっている。

「どすこい!どすこい!」と効果音を付けたくなるほどド濃厚な味わいで、
フルボディの豚骨の旨味が口中を蹂躙する勢いだが、
油分はカットされているのかベタベタした感じは一切なくて旨い!

浮かべられる鶏油も「ふつう」指定だとかなり少なめなので、
もはや「家系ラーメン」のカテゴリからはかなり乖離している印象っす!

しかし麺は王道の酒井製麺による極太ちぢれで、
注文のたびに麺箱の中でギュウギュウと強く揉んでから茹でている。

もちろん酒井の麺となれば大好きな「やわらかめ」でオーダしたが、
2分ほど長い茹で時間によりフニャフニャしただらしない食感になるが、
それにより麺そのものの艶やかさや小麦の風味が楽しめていいんだけどなー!

本当にどうしてみんな「麺の固さは?」って聞かれると、
脊髄反射のように「麺かため!」って言うのか不思議でしょうがないよ!

そしてチャーシューは家系ラーメンでは定番のモモ肉だが、
特に燻製されているわけでもなく普通に歯ごたえが強いタイプ。

さらに冷凍ものとはいえほうれん草はたっぷり乗るし、
海苔もうっかり間違いでなければ世間様より1枚多い4枚なので、
そりゃついセルフのライスも多めによそっちゃうってもんです!

DSC03058.jpg

そのライスは家系との組み合わせでは理想的な硬めの炊き加減で、
もちろんスープを浸した海苔でローリングイーティング!
キューリのキューちゃんも食べ放題なのもありがたいね!

江東区内にはなかったド濃厚家系ラーメンには非常に満足したが、
なんだかんだでコインパーキングは600円もかかっちゃったし、
あまりにお腹いっぱいになって眠いわ身体が重いわで、
結局その後の大いに仕事に支障が出ましたけどね!

本末顛倒とはこのことと見たりだよね!
やっぱり俺の生き方にはどんどん口を挟んでほしいよねー!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑苦言を呈してください気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0086.jpg
↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツ!
 目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

和風楽麺 四代目 ひのでや@蓮田

DSC03052_20160809141152e3f.jpg

2016年4月23日/和風楽麺 四代目 ひのでや/蓮田/
はまぐりラーメン/980円


さいたま生まれの彩の国育ち!大切な方への贈り物!
埼玉推奨品・彩果のラーツ部をどうぞ!

どうも!今月は最後までテレ玉CMにこだわり続けました!
神園さやかのイーグルバスと迷ったけど今回川越は行ってないし!

杉戸町から加須を経て春日部と行ったり来たりする形で、
『煮干乱舞』からの『忘八』からの『間宮堂』と巡ってきた今月の部活動は、
ラストもこれまた少し西に戻って蓮田市まで移動し、
タグ部員が推し麺に指名していた『ひのでや』さんに向かいます!

なぜ今回ここを推したのかタグ部員に聞いてみると、
「もちろんこれだよ!これ!」と突如ランニングマンを踊りだしたので、
それを言うならライジングサンだろ!と全員で大笑い!

まったくタグさんったら!LDKに疎いんだからまったく!
(もっと言えばそれは三代目のほうの踊りだしLDKじゃなくてLDHですね)

DSC03049_20160809141141ef3.jpg

あちこち工事中なものの再開発が進んでいそうないなさそうな、
そんなひなびた蓮田駅前のロータリーからすぐの場所。

店頭に設けた「麺打ち場」の横のエントランスをくぐると、
照明を落としたムーディーな店内はそんなに広くはないものの、
かなり上品で厳かな造りはまるで高級な小料理屋のよう。

「四代目」と冠が付いているのはこちらが蓮田駅の周辺で、
和食割烹や日本蕎麦店などを経営している『彩々楽』グループの系列で、
そのオーナーさんが四代目だったりするからじゃない?どうなのかね?
(いかにも知っていそうで何も知らないという無責任トーク)

ちなみにお店の近くにグループ共通の駐車場がなん箇所かあるのだが、
一方通行が多いうえに道が複雑で超見つけにくいので注意だ!

まぁ僕らはお金持ちなんでサクッとコインパーキングに停めましたけどね!
(そのわりには周辺を30分くらいウロウロした)

メニューは「雅楽谷ラーメン」「塩ラーメン」「醤油ラーメン」に、
いわゆる具材の全部のせと思われる「ひのでやラーメン」の4種類。

しかし最近藤原紀香との婚約を発表したばかりのラーツ部市川貝十郎としては、
新メニューの「はまぐりラーメン」なんてあったらそりゃもう外せませんぜ!
ねぇー紀香ちゃん!今日も一緒に水素水飲もうねー!

煮こごり状になったスープを小鍋でコンロにかけて温め、
丼に注いだあとに別の小鍋で仕込んだはまぐりの煮汁を加えており、
サーブされた段階からそれはそれはかぐわしき貝のパフュームが!

ベースとなっているのはおそらく「雅楽谷ラーメン」と同じ、
帆立と鰹からコトコト旨味のみを抽出した至極クリアな「おだし」。

そこに嫌味にならない程度にふわりと広がるはまぐりの風味と、
やや甘口の味付けとうっすらとゴマ油のようなコクが施されており、
いかにも和食のお店が作るラーメンらしく上品で非常に美味しいです!

しかしスープを超えて印象に残る出来栄えだったのが、
麺打ち場からやって来た自家製の「熟成たまご麺」ちゃん!

日本女性の黒髪を思わせるビューティーなまっすぐストレートで、
そのしなやかさとシルキーでツルリと持ち上がる啜り心地、
そしてコシと喉越しの良さは今すぐ紀香との結納品に使いたいくらい!

具にはチャーシューなどの肉類は一切入っておらず、
煮はまぐりが10個とネギ&白ゴマ&糸唐辛子のみというストイックさ。

DSC03053_20160809141153712.jpg

これまた上品な味付けの煮はまぐりはプリプリで旨いのだが、
10個のうちひとつはアサリみたいに砂がザリッ!と歯に当たり、
ひとつは身が行方不明で殻しか入ってなかったのはちと残念…!
やっぱり紀香との婚約は解消することにしようかな…!

DSC03051_201608091411509d4.jpg

一方こちらは松嶋菜々子との結婚生活も順調な、
ポイズンKEN-1部員がオーダした「雅楽谷ラーメン」の半熟煮玉子乗せ。

ちなみにこれで「うたやらーめん」って読むそうなんだけど、
そういえばさっき行った杉戸町のスパ銭も「雅楽の湯」で「うたのゆ」だったな!
「雅楽」ってキーワードは埼玉のこの辺りと何かゆかりがあるのかね?

こちらのスープはストレートに帆立と鰹のダシを楽しめるもので、
気品に満ちた味わいはさすがお店イチ押しだけのことはありますな!
そして具のレンコンはやっぱり「蓮田」にかけてるのかしら?

DSC03050_201608091411446d7.jpg

そしてこちらは恐妻カイヤとの不仲もビジネスにしている印象の、
てらみん部長オーダの「塩ラーメン」半熟煮玉子乗せだよ!マヨー!

スープはまた異なりこちらにはアニマルが介在していて、
鶏と魚介のダシは今回いただいた中でもっともラーメンらしい味わいで、
やや尖りを感じさせる塩加減でグイグイ飲ませるような印象だった。

DSC03054.jpg

さらに残ったスープでお茶漬けにしても美味しいという、
「ミニ帆立ご飯」を全員で追加しようとするも、
またもや最初に注文したてらみん部長の一杯だけで売り切れというミラクルが!
なんなの!?ドラゴンボール7個集めて神龍に頼んだの!?

さすがに自分ばかりツイているのにドン引きしたてらみん部長は、
顔を青ざめながら全員にシェアさせてくれたのだが、
貝柱のダシが染みまくったお米はスープをかけなくても絶品でした!

これにて楽しい部活動はお開きとなったわけだが、
今日はラーメン4杯だけでなく刺身やご飯まで食べちゃって、
LDHコレステロールがちょっと心配だなー!
(だからそれはEXILEの事務所でコレステロールはLDLです)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑善玉?悪玉?気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg

↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

宗谷岬 間宮堂@春日部

DSC03047_201608091411383ab.jpg

2016年4月23日/宗谷岬 間宮堂/春日部/
鯛だし塩らーめん+帆立刺身+帆立刺なめろう風/750円+550円+380円


お前マンション建てたんだって!?
資金繰りやら設計やら大変だったろう!?
ぜーんぶお任せだったよ!龍前ラーツ部に!

どうも!今回はとことんテレ玉CM推しのラーツ部です!

今月の部活動はまず『煮干乱舞』からの『忘八』と予定通りの2軒をやっつけ、
再び杉戸町に戻って初訪問となるスーパー銭湯「雅楽の湯」にて、
いつも通りのゆるりとしたお風呂休憩に突入。

こちらは塩化物泉の源泉を温度調整もせず掛け流しており、
その濃厚さは関東圏内のスパ銭では特筆に値するレベルで、
入ったそばから一瞬でお肌がスベスベになるほど!

お互いの色んな部分を撫であってその滑らかさを確認するうち、
脱衣所まで聞こえるくらいの熱い吐息が漏れるようになったあたりで、
さすがに店内放送で注意が入ったので逃げるように風呂を離脱、
そのまま春日部まで移動して夜麺に突入いたしまーす!

DSC03042_20160809141125cba.jpg

こちら『間宮堂』さんは同じ埼玉の久喜から移転してきたお店で、
稚内の宗谷岬近くにある同名の食堂の関連とされている。

店内にはその宗谷岬のパネル写真や記念タオルなど、
日本最北端のかの地を思い起こさせるグッズが数多く飾られていて、
かつて某人気漫画家の某みずしなさんを宗谷岬で土下座させるべく、
北海道中を連れ回して旅したDVD企画を思い出すね!

我々は手前側にあるテーブル席に陣取ったのだが、
一列にズラリと並んだカウンター席も含め客ゼロと寂しいものの、
ワンオペで頑張る店主さんの接客は明るくて丁寧。

こちらは稚内の名産である帆立を特にフィーチャーしていて、
メニュートップももちろん「元祖帆立らーめん」の醤油味と塩味。

しかし他にも「はまぐりだしの塩らーめん」「鯛だしの塩らーめん」や、
「北海道昆布だしの醤油らーめん」などなど、
魚介類に特化したアレンジメントものも豊富に揃っている。

久喜時代に帆立は食べているので「鯛だしの塩らーめん」をチョイスしたが、
つばの付いたヘルメットをひっくり返したような丼がユニークだこと!
芸人根性を見せようとそのまま頭に被って大ヤケドしましたけどね!

近所から切ってきたアロエを全身に貼りながら、
まずはクリアに澄んだスープをひと口飲んでみると、
昨今ブームになりつつある「鮮魚系」に慣れたベロにとっては、
鯛の風味は穏やかでほんのりした魚介の香りを感じる程度。

そこに大量にトッピングされた桜海老のダシが溶けてきて、
後半はほぼその香ばしさが全体をリードする展開に。

個人的にはせっかく「鯛だし」と名乗るなら、
もっと大胆に効かせてもいいかなーと思ったりしちゃったりして!

麺はヒラヒラしたちぢれが付いた平打ち中太タイプで、
高加水率でうっすらと透けているいわゆる「スケルトン系」。
「いわゆる」つってもいま俺が思い付いたフレーズですけれども!

しかもそういう麺は得てして柔らかめでプルプル食感にしがちだが、
こちらはあえて芯が残るやや硬めに茹で上げていて、
独特のムキッとした歯ごたえなのがちょっとユニークだわね!

桜海老以外の具にはチャーシューなどの肉っけは一切介在しておらず、
スープを吸うだけ吸ってジュワジュワになっているお麩に、
いかにも北海道っぽい殻付きのベビーホタテ、
それに細裂きのメンマにネギのみなのであっさりと完食できちゃうね!

DSC03046.jpg

一方こちらも春日部に移転してからの新メニューだという、
KEN-1部員がオーダした「北海道昆布だしの醤油らーめん」。

大量の刻み昆布からもダシが出まくりのスープはヌメッとしていて、
これでもかとばかりにグルタミン酸の旨味が炸裂したハイインパクト系!

麺や具材は「鯛だし」とまったくもって一緒だが、
ダシのベースとカエシが変わるだけでこんなに印象が違うもんなんだね!

銀クリに毎朝毎晩AGAの相談に通いに通い詰めるあまり、
ついにブラックリストに載せられちゃったKEN-1部員ですら、
この一杯であっという間にトミタ栞ばりのフッサフサになってました!
フコイダンが頭髪にいいってのは本当だったんだね!

DSC03045_20160809141130ee7.jpg

DSC03048_201608091411413fb.jpg

そしてやはりここのアンセムは帆立なのだと実感させられたのが、
てらみん部長とタグ部員がそれぞれチョイスした、
「DX帆立らーめん」と「帆立だしのカレーらーめん」だ!

ファンの間で塩対応がお馴染みのてらみん部長は塩味にしたが、
甘みと辛さのバランスが絶妙な塩加減によって、
芳醇な帆立の風味をシンプルかつ存分に味わえて美味しいね!

こちらは麺が加水率の低い細めのストレートに変わり、
やはり硬めの茹で上げでボソリとした食感が印象に残った。

一方「帆立だしのカレーらーめん」はほぐした貝柱がゴロゴロ入ったカレーを、
醤油味のラーメンにたっぷりかけちゃっててそりゃ旨いだろ!

カレーは辛さ控えめの優しい味で帆立の風味を損なわず、
思わずタグ部員は「出よ…ライス…ライス…!」と必死に魔術で召喚してました!
そんな手間を使わなくても150円払えば済む話なのに…?

DSC03044_20160809141129aad.jpg

となればやっぱりナマでヤリたくなっちゃうよねー!

繊維のプリプリした歯ごたえと甘みが際立つお刺身も、
細かく叩いてネギと和えたなめろう風もどちらも新鮮そのもの!

ただし稚内漁港の獲れ高によっては提供できない日もあるらしいので、
そんな時はおうちに帰ってママの貝柱でも吸ってな坊や!

帆立は刺身以外にもバター焼きや丼ものなど気になるメニューも多く、
またタウリンが摂取したくなったら再訪したいと思います!
つーかその前に宗谷岬の本店にも行きたい!けど仕事が!

私は貝になりたい!
(段ボールで作った二枚貝に閉じこもって仕事放棄)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑3日出てきませんでした気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0075.jpg

↑イブニング誌で連載中の人気漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ『ぴー』!
 ムーコがTシャツを「ぴー」してるように見えます!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らあめん 忘八@花崎

DSC03038_20160809141115396.jpg

2016年4月23日/らあめん 忘八/花崎/
追い鰹そば(宗田節)/750円


※こちらは8月から長期休業されているそうです
 あくまで当時のアーカイブとしてお読みください


こだわりの部員たちをご指定の時間にお届けします!
当日のキャンセルも大丈夫!どうもラーツ部です!

前回は「十万石まんじゅう」で今回は「日本亭」と、
テレ玉視聴者にはおなじみのCM連発の今月の部活動は、
まさにその埼玉西部エリアを巡る食べ歩きツアーとなっております!

まずは土曜となれば朝7時から行列が絶えない『煮干乱舞』さんで、
煮干マニアにはたまらないニボックファーストをいただいた後は、
2軒目のお店がオープンする11時半までの時間調整がてら、
「道の駅ゆめすぎと」をブラブラして少し休憩することに。

DSC03032_201608091411032f2.jpg

DSC03033_20160809141104061.jpg

フリーマーケットで昭和のビニ本を探して回ったり、
やたら広い原っぱをゴロゴロして「城本クリニックごっこ」に興じたり、
併設された農園の土に埋まって永遠に見つからないかくれんぼをしたりと、
思い思いの楽しい時間を過ごさせていただきました!

「アグリパークゆめすぎと」ラーツ部もオススメします!
(くれぐれもマナーを守って楽しみましょう)

そうこうしているうちに良き時間となったので、
杉戸町から加須市に移動して次のお目当て『忘八』さんに向かいます!

DSC03035_201608091411119c7.jpg

いちおうタイトルの最寄り駅の表記は「花崎」としたが、
実際はほぼ車か馬か旅籠でないとアクセスは不可能な立地で、
Googleマップで見ると「加須北部公園」の北の北あたり。

厨房に向いているカウンターは僅か3席のみで、
テーブル席や旅館の和室みたいな押し入れのある小上がりが中心で、
BOSEのスピーカーからはこだわりの洋楽が柔らかい音色で流れている。

店主さんの調理のペースに合わせて入店させるシステムのようで、
常に空席はあるのだが外には数人の行列ができている。

メニューを確認すると「とりそば」がトップとなっており、
「追い鰹そば」は追うのを宗田節か本枯れ節かを選べるようになっており、
さらに「塩そば」に「つけそば」の醤油と塩という構成。

全員こだわりだというたまごをトッピングするつもりだったのだが、
前日にあまりたくさんの量を仕込んでなかったらしく、
なんと真っ先に口頭で注文したてらみん部長の1個のみで売り切れ!

普段お花に水をあげたりおばあさんの荷物を持ってあげたり、
善業ばかりしてるのになんてひどい仕打ち!ギイイ!

なおサーブまでの時間はスローフードそのものといった感じで、
今すぐ輸血しないと命が危ない!って時は避けたほうが無難かと。
つーかそんな緊急状態で呑気にラーメン食いに来んな!救急外来へ行け!すぐ行け!

結局全員の分がサーブされたのは注文してから約30分後でした…!
思わず畳の上でゴロリと横になりたくなっちゃったよ…!

俺は「追い鰹そば」を宗田節でオーダしたのだが、
純水を使用してダシを取っているというスープのベースは、
比内地鶏の丸鶏やガラをメインにした旨味たっぷりのチキンダシ。

そこに宗田節のビターでコクの深い魚介風味がプラスされていて、
切れ味あふれる生揚げ醤油も相まってどこか蕎麦つゆのよう。

しかし表面に分厚く張られた鶏油のまったり感が、
ラーメンらしい味わいとどっしりしたボディの増強にひと役買ってます!

そして県産の小麦粉を中心にブレンドしたという自家製麺は、
全粒粉も練り込んでいるらしくポツポツがところどころに見える。

断面が完全なる長方形のカド張った平打ちストレートで、
摩擦のないツルツルした啜り心地や喉越しの良さ、
そして噛むたびに広がるしっかりした小麦の風味はさすが絶品です!

チャーシューは低温調理ローストポークと鶏ハムという、
ブームが行き過ぎてもはや定番になってしまった組み合わせで、
豚はややムチムチ過ぎで噛み切るのが大変だったものの、
黒胡椒の効いた鶏はプリッとしていてスープにも合っていた。

DSC03040_20160809141125dc4.jpg

一方見た目ではほぼ区別が付かないKEN-1部員オーダの「とりそば」は、
魚介ダシが追いかけない100パーセント純粋な鶏のみのスープ。

丸鶏のダシに生揚げ醤油に鶏油という構成となれば、
もろ昨今増殖の一途をたどっている「ネオ中華そば」そのもので、
新鮮な驚きこそ無いもののやっぱり美味しいものは美味しいね!

DSC03039_20160809141118982.jpg

こちらは神に選ばれ味玉を与えられし男こと、
ラーメン界の幸村精市てらみん部長オーダの「塩そば+たまご」で、
ベースは「とりそば」と同じ純鶏だが塩だけにもっと淡い色合い。

こちらのタレはホタテや昆布やスルメに3種の塩で整えたそうで、
程よいコハク酸の旨味成分がじんわりと効いていて、
個人的な好みとしてはこれが一番しっくりきたかな?

DSC03037_2016080914111564b.jpg

そしてタグ部員オーダの「つけそば」は舟形の器に盛られた麺が、
とろみのある大量の昆布エキスにヒタヒタに浸かっていて、
そのまま塩やワサビを乗せて食べても充分に美味しい。

つけ汁はさらに醤油の切れ味を活かした濃いダシで、
麺をつけるたびに昆布のエキスも移っていくという寸法。
なおタグ部員は日本一エロい啜り音で召し上がっておられました!

全体的に『飯田商店』の匂いをプンプン感じるコンセプトだったが、
この地域でこの味が食べられるとなればそりゃ人気も出るわな!

なかなかのスローフードっぷりにだいぶ時間が押してしまい、
お風呂休憩が短くなってしまうので急いでスーパー銭湯に向かうものの、
その道中でてらみん部長はたまごの旨さをひけらかすばかり…!

あまりに悔しかったので途中で下ろして逃げてやりましたよ!
神の子なんだから自力でなんとかして辿り着きやがれ!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑たまごは多めに仕込んでください…気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0084.jpg

↑演歌の名曲がモチーフなのになぜかアメリカのモーテル看板風!
 全室くもりガラス完備で他人の妻にオススメ『さざんかの宿』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

煮干乱舞@北葛飾郡杉戸町

DSC03029_20160809141059c12.jpg

2016年4月23日/煮干乱舞/北葛飾郡杉戸町/
肉中華そば(醤油)/700円


※こちらのお店は現在埼玉の武里駅前に移転しています
 あくまで当時のアーカイブとしてお読みください


プオーン…風が語りかけます…エロい!エロ過ぎる!
どうも!埼玉銘菓・十万石ラーツ部です!

テレ玉で何十年も流れてるローカルCMのパロディから、
賑々しく始まりました今月の楽しい楽しい部活動は、
利根川に沿うようなルートで埼玉西部を食べ歩いちゃいますよー!

しかし移動に時間がかかる栃木だの群馬だのに行くわけでもないのに、
パジャマやネグリジェのまま集合したのは早朝も早朝の7時!

なぜそんな中学の剣道部みたいな待ち合わせにしたのかといえば、
本日一軒目にして最大の宿題店『煮干乱舞』さんが、
土曜日は7時から10時までの営業という超早起きさんだから!

しかもかなりの行列を覚悟しないといけないってことで、
みな睡眠時間を削ってまで駆け付けるに至ったわけでございます!
(興奮で極薄のネグリジェをビショビショにしながら)

DSC03026_20160809141048f81.jpg

片側一車線の下道を延々と北上すること約25キロ、
杉戸町の畑のど真ん中にある巨大な道の駅、
「アグリパークゆめすぎと」に到着したのは9時ちょい前。

恐ろしいほどの台数が停められる駐車場に面して、
道の駅では定番のソフトクリームやフランクフルトなどを売っている、
簡素なプレハブ小屋が10軒ほど並んでいるのだが、
その一角におよそひなびた雰囲気に似つかわしくない大行列が…!

噂には聞いていたけどざっと数えて20人は並んでるじゃん!
出がけにズムサタのお天気お姉さんに見とれてる場合じゃなかった!

DSC03027_2016080914105066a.jpg

売り切れの懸念もあるので大慌てで最後尾に接続すると、
すでに周囲にはかぐわしい煮干の香りが充満していて、
来世ではネコに生まれ変わる予定の我々はすでにニャンゴロニャンゴロ!

「複数人での回し食いは不可」や「水は各自で用意すること」など、
お店の形態ゆえ色々と細かくルールが設定されているが、
どれもお客として最低限のマナーさえ持っていればクリアできる話。
「常識が服を着ないで歩いてる」と言われるラーツ部には守れることだらけよ!

メニューは「中華そば」「肉中華そば」の醤油味と塩味、
それに300円と破格の「あぶらそば」のみとシンプルなラインナップで、
並んでいるうちに注文と会計を済ませて出来上がったら受け取るだけ。

基本は店の前に並べられた折り畳みテーブルで食べるのだが、
人数が多い場合はお盆を借りて車に持っていくことも可能。

というわけで後部座席を倒してフルフラットにした状態で、
そこにキャンプ用の小さなローテーブルを組み立てて、
全員でヒザを突き合わせながら仲良く車内で食べることに!
わーい!なんだかキャンプみたいで楽しいねー!

様々なラーメン店で採用されている「πウォーター」で炊かれたスープは、
お店のツイッターによると細かい改良を経て現在は「Ver.3.5」だそう。

メインの煮干はこの日は千葉の背黒2種に伊吹の白口、
さらに鯵に宗田節に鯖節に昆布と水族館並みの豪華キャスティング!

煮干エキスを一滴残さずとことん抽出したかのような、
リッチビターな苦味にあふれたスープはさすがの絶品だが、
量がちと少なめなのでチビチビと舌で転がすように楽しむのがベター。

麺は滑らかでツルツルした細めのストレートで、
かなり硬めの茹で加減なので箸でほぐしながら少しずつ啜る。

こういう濃厚煮干系のルーツである『伊藤』を彷彿とさせる、
低加水でパキパキとしたプラスティックな食感だが、
具の刻み生タマネギを絡めながら食べるとなかなかいい感じだね!

なお普通の「中華そば」の場合はタマネギ以外の具は一切乗らず、
チャーシューが欲しい場合は「肉中華そば」をチョイスする必要がある。

バラ肉を巻いたものがたっぷり4枚も乗っていて、
早めにスープに沈めておかないと若干冷たいものの、
ふっくらした肉身ととろけるような脂身のバランスがたまらんです!
できることなら出来たてをビールのアテにしたい!もちろん朝っぱらから!

DSC03028_201608091410523b0.jpg

てらみん部長&タグ部員は同じく「肉中華そば」を塩味で。
改めて見るとスープの色合いだけだと醤油だか塩だか分からんね!

何せ濃厚な煮干スープのバイアスが相当に強く、
タレをも凌駕しているのでその差はほとんど掴めないが、
多少こっちのほうが後味がすっきりしているかな?どうかな?って感じ。

DSC03031.jpg

とにかく腹ペコだったので夢中でかき込んでいたら、
量もそんなに多くなかったのでものの2分で全員完食完飲!
この元気な絵ヅラだけ見たらおよそアラフォーの集団には思えんね!

食べ終わった丼をお盆とともに返却口まで持っていけば、
ルールをしっかり守りつつ全てのミッションが完了!ごちそう様でした!

朝の寝ぼけた胃袋を叩き起こすのにはもってこいの、
ラヲタには最高のブレックファーストを楽しむことができましたね!
川口春奈もコーンポタージュよりこっちのニボールスープで温朝食しなさい!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑もちろん加藤憲史郎くんも!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0083.jpg

↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
 こまつさんのガラス工房のスタッフTシャツ風!『アマートクラシック』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

すごい煮干ラーメン 凪 秋葉原UDX店@秋葉原

DSC03024_20160809141046406.jpg

2016年4月21日/すごい煮干ラーメン 凪 秋葉原UDX店/秋葉原/
あっさり煮干ラーメン+味玉/680円+120円


宿泊したホテルの大浴場の湯船までもが豚骨スープだったほど、
ポークボーン三昧だった博多から帰ってきてからも、
また錦糸町の新店『正』さんなどしばらく豚骨ラーメンが続いていた。

ボクそろそろお魚さんのおつゆも飲みたいでちゅ!バブー!
(哺乳瓶に入れた魚醤をゴクゴク飲みながら)

そんな中で本日は秋葉原のショップに納品の用事があり、
ならばとばかりに近隣の魚介系ラーメンをリサーチした結果、
何やら最近ちょっと面白そうなラーメン集合施設がオープンしたそうなので、
哺乳瓶の煮沸消毒が終わったらさっそく出発しまちゅ!バブー!

DSC03019_20160809141034d6e.jpg

DSC03020_201608091410353a0.jpg

DSC03021_20160809141036f0e.jpg

秋葉原の電気街口を出ると目の前にある秋葉原UDXビルの2階に、
フードコート形式のラーメンスポット「秋葉原拉麺劇場」がこの4月にオープン。

お店の内訳は中国ラーメンの『揚州商人』に博多豚骨の『次男坊』、
それに今回のお目当てである煮干ラーメンのパイオニア『凪』という、
いまいち全体のコンセプトが掴みにくいラインナップ。

先生誰にも言わないからプロデュースした人は手を上げなさい!
(教室で生徒全員に目をつぶらせながら)

DSC03025_20160809141047738.jpg

DSC03023_201608091410393b3.jpg

施設入口には呑気な音楽が流れる全店共通のチケットカウンターがあり、
ここで食券を購入すると自動で注文が各店に送信されるシステム。

あとは好きな席に座って病院の受付みたいな液晶モニターを見ながら、
自動音声で自分の番号が呼ばれるのを待つだけ!

ついに未来が来たよ!ロボット社会だよママ!
我々人類が機械にひれ伏して生きる時代が来たんだよママー!

DSC03022_2016080914103828f.jpg

お薬がいりそうな妄言はほっといて『凪』のメニューを確認すると、
グループのアンセムでもある「すごい煮干ラーメン」を基本に、
バンタムこと店員の大曽根さんが考案したという「あっさり煮干ラーメン」、
それにサイドメニューの「漁師めし」というコンパクトにまとめた構成。

ここはもちろんよその店舗では食べられない、
この店だけの「あっさり煮干ラーメン」の気分ですよねー!

うっすらと濁ったスープは「あっさり」なんて言いながら、
旨味も苦味もフルボディで抽出された非常に厚みのある煮干ダシ。

カエシによる塩っからさも強めに効かせたバランスで、
さらにあらかじめかけられたブラックペッパーもピリリと刺激的で、
このあたりの振り切り方はさすが『凪』とヒザを叩かずにはいられません!

麺はいつもの極太でビロビロしたうねりタイプではなく、
さらに名物でもあるひもかわみたいな「いったん麺」も乗らず、
このメニュー専用らしい細めのストレートタイプを合わせている。

カドがなくツルツルとした心地よい啜り心地で、
低加水ながらしっかり火を通したムッチリとした歯ごたえが印象的。

具はトッピングした味玉以外はチャーシューとネギのみと大胆で、
5枚ほど乗った薄切りチャーシューは脂身こそないものの、
まるで高級ハムのようなスモーク臭を纏っており、
これで麺を巻きながら食べると香ばしい薫りが絶品っす!

そして味玉はほとんど色の付いていない塩味だが、
黄身がスープに流出しない程度にちょうどいい半熟具合だった。

煮干の効かせ方といいちょいとしょっぱめの味付けといい、
バンタムさんがかつて暮らしていたという青森のラーメンが、
遠くに見えるようなニボ好きにはたまらない一杯でしたよ!

今のところウチから一番近いエリアにできた『凪』なので、
今後はしょっちゅう通うと思いますんでよろしくお願いしまーす!

(急にスタジオ画面に変わって)ここでお詫びと訂正です。

冒頭で「ホテルの大浴場の湯船が豚骨スープだった」と申しましたが、
実際は日替わり風呂に入れた入浴剤が白かったようで、
一滴残らず飲み干してもまったく気付かないこむらの勘違いでした。
訂正してお詫び申し上げます…時刻はまもなく21時になります…!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑このあとはニュースウォッチ9です気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0082.jpg

↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第二弾!
 大好物のジャーキーを我慢し過ぎてよだれの池が…!『待てっ!』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 正@錦糸町

DSC03014.jpg

2016年4月19日/麺屋 正/錦糸町/
ラーメン 黒/720円


カルピスの原液並みに濃い3日間だった山口博多遠征、
当然そんな楽しいイベントの後には罪悪感や後ろめたさから、
強烈な揺り戻しが襲ってきてしまいズズーンと沈んだ気分に陥るという、
なんとも困った精神状態になりがちな性格の俺ですこんばんは!

でも聞いてください!ちゃんと現地でも最低限の仕事はしてましたよ!
今どき注文やサイトの管理運営はスマホひとつあればできちゃうんですから!

だからアレです!ブルワーカーです!ブルワーカーなんです俺は!
(どうやらノマドワーカーのことを言いたいようです)

などと見えない恐怖に向かってただただ言い訳をしながらも、
繁忙期直前に休んじまったシワ寄せでヘーコラしながら激務をこなし、
21時過ぎにようやく解放されたところでヨメから久々のRK宣言。

時間的にこれからだとそれほど遠出もできないので、
今回は近所のお店からめぼしい所を探してみたが、
『錦糸町製麺』はまだなんとなく営業時間が読めなかったので、
同じく4月にオープンしたばかりの『正』をチェケラーしてみましょうかね!

DSC03013.jpg

『三郎』に次いで錦糸町でも屈指の怪しいエリアへの出店で、
店のすぐ隣ではカクテルドレスに身を包んだお姉様が客引きしていたりする。

開けっぱなしの入口をくぐるとL字型カウンターと2卓のテーブルのみで、
まだ周辺に定着していないのか客足はそこそこだったが、
船橋の『麺屋あらき竃の番人』で修行経験があるという、
メガネの店主さんがワンオペながらも元気に調理に励んでいる。

メニューはまだ絞っているようで「ラーメン 黒」と「つけ麺 黒」のみで、
スープをあっさりとこってりから選べるとのことなので、
せっかくだから俺はこってりヨメはあっさりと別々にしてみた。

それにしても博多から帰ってきて一発目のラーメンが豚骨とはね!
ブブカでも超えるのが困難なほどハードル上がってるぜメーン!?

しかしレンゲを差しただけで濃厚さが伝わってくるその豚骨スープは、
どっしりとした重たさの中に旨味のみが溶けていて、
油分を排除してるのか全くベタつきやしつこさがなくてこりゃ美味しいわ!

そこに特製マー油によるまったりしたコクと香ばしさ、
そしてニンニクの香りがふわんと広がって食欲を増進させてくれますな!

麺は修業先のある船橋の製麺所だという「山田食品」のもので、
豚骨ラーメンに合わせるにしては少し太めの軽ちぢれタイプ。

ギッチリと詰まったグルテンの凝縮を感じさせる歯ごたえで、
力任せに下アゴでデストロイさせるたびに、
バッツンと跳ねるような強い弾力があるのが特徴的。

具はスライサーにより都度カットされる肩ロースのチャーシューと、
ほうれん草に海苔とネギという家系っぽい構成だが、
レンゲの置き場所も含め盛り付けはもうちょっと向上させられるかな…?

DSC03015.jpg

一方ヨメの「ラーメン 黒」あっさりはスープにかかったマー油や具材など、
俺のこってりとは見た目だけではほぼ判別できない状態。

しかしスープは濃度や旨味の感じ方が明らかに異なり、
おそらく豚骨に鶏のダシも加えて中和しているようで、
良く見ればマー油も少なめでこってりとの比較論でいう「あっさり」だね!

このアプローチのラーメンは博多には近いイメージの店がなく、
これはあくまで店主さんによるオリジナルの豚骨ラーメンって感じ!

「らーめん 白」が完成した頃にまたフラリと立ち寄って、
それから錦糸町の偏った国々による万国博覧会を楽しもうかな!
ロシア!韓国!フィリピン!中国!束になってーWAーになってー!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑偏ったアジアの純真気分でポチッと押してくださいませ~

akts0094.jpg

↑漫画家みずしな孝之先生によるオリジナルデザイン
 ちょっと目を離したスキに部屋中に飛び散るティッシュの残骸!
 だけどやっぱり憎めない猫大好きなアナタへ!『ティッシュねこ』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (9)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報