下北沢 一幸@下北沢

DSC03619.jpg

2016年8月7日/下北沢 一幸/下北沢/
煮干豚そば+トリュフ煮干〜る/790円+200円


本日はたくさんの小劇場が建ち並ぶ演劇の街、
下北沢のラーメンをやっつけている二代目松田優作です!
(ベスパに乗って腹を撃たれながらサンドイッチを頬張っての濡れ場)

まずは所謂「ネオ中華そば」にカテゴライズされるであろう、
新店の『こてつ』さんのダシ香る中華そばを充分に堪能したものの、
あちこちに宿題店が山ほどある中からわざわざ今回下北沢を選んだのは、
俺的にプライオリティ赤丸急上昇のお店があるからなのだ!

というのも俺の大好物であるところの煮干しのラーメンに、
なんとトリュフをトッピングできちゃったりするんだとか!

トリュフなんて我々平民には一生手が出ないと思っていたので、
まさかラーメンとともに食べられる日が来ようとは!
さっそくブタの貯金箱を壊してかき集めた小銭を抱えていざ!

DSC03618_20161124131000ac8.jpg

日曜だけに若者でゴチャゴチャにごった返している、
下北沢南口商店街の喧噪にはなんともミスマッチな、
ひっそりした和風のファサードが逆に目印なのが『一幸』さん。

こちらはかつて「ズームイン!SUPER」のラーメン企画から誕生した、
懐かしの『汐留らーめん』の関連店とされている。

厨房と壁に向いた3席ずつのカウンターのみと手狭な店舗を、
頭にタオルを巻いたコックコートの店主さんがワンオペで仕切っている。

そこしか空いてなかったので厨房側左端の席に座ったのだが、
給水器がカウンターに背を向ける形で設置されていて、
そこから放射熱がムンムンに出ていてあっついのなんの!
これじゃ迂闊にそばに置いちゃってたデジカメが熱中症にかかっちゃう!

すぐさま涼しいところに移動させて十分な水分補給をしてやり(大破)、
メニューを確認すると「煮干豚そば」「極太つけ麺」「油そば」のみとシンプル。

しかし券売機の下部に燦然と輝いているのが、
新たに登場したトッピング「トリュフ煮干〜る」なのです!

プラス200円となかなかのブルジョワな価格設定だが、
コアラのマーチを2回ガマンするつもりで思い切って食券を購入すると、
通常の「煮干豚そば」の傍らにまっくろくろすけみたいな奴が、
半身浴でもするかのようにプカプカとスープに浮いている。

DSC03620_20161124131003a18.jpg

まずはそいつを溶かさずに浅くて小さくて妙に使いにくい、
屋号入りのレンゲでスープをすくって飲んでみると、
サラリとした豚骨の白湯をベースにしっかり煮干が効いていて、
動物の甘みと魚介の苦みのバランスが良くて美味しいじゃない!

最近の濃厚煮干し系ラーメンはドロッドロの鶏白湯が多いが、
豚骨との組み合わせも意外と悪くないってことを証明してますな!

そして麺も細めポキポキが当たり前という概念へのアンチテーゼのように、
透明感があってゆるくちぢれた中太多加水タイプを合わせている。

先の細い割り箸だとやや掴みにくいきらいはあるものの、
プルプルモチモチとしたしっかりした歯ごたえをキープしていて、
これもまた煮干しラーメンの可能性を広げる意義を感じさせますね!

チャーシューは片面だけバーナーで炙ったバラロールタイプ、
そして先人はみんな「インゲン」ってレビューに書いてるんだけど、
なんかそれよりキュッとしてる気がする何らかの豆野菜。
たぶん「さつきみどり」とかじゃないの?(ホントにインゲンの品種名にある)

そしてやや単調になりかける中盤に一気に「トリュフ煮干〜る」をメルティング!
まっくろくろすけ出ておいでー!

煮干と黒トリュフをミキサーにかけてボール状にしたもので、
さらなる苦みとトリュフ独特の鼻をくすぐる香りがプラスされ、
スープが一気にフレンチのような華やかさを纏うのであります!

ただトリュフの量自体はかなり少なめなようので、
すぐに底に沈んじゃうので溶かしたら都度かき混ぜるべし!

DSC03621_20161124131005490.jpg

とどめはビジュアル的にはもはや産廃にしか見えない、
「自家製煎り煮干し粉」を投入してさらにニボ度を上げてごちそう様でした!

あまりに「トリュフ煮干〜る」が気に入ってしまったので、
自前で作った伸縮性のある茶色い着ぐるみ姿で、
「にぼ〜る君だにぼ〜!」と絶叫しながらシモキタを闊歩しました!
なんかパクリだパクリだって声がするけど完全オリジナルだかんね!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ねば〜る君?知らん!気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0093.jpg

↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋でダラダラ過ごしたい!
 超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば こてつ@下北沢

DSC03616_20161124130950b1a.jpg

2016年8月7日/中華そば こてつ/下北沢/
中華そば+味玉/650円+100円


まぁ俺みたいな意識高い系の男にもなりますとね!
休日はシモキタなんかにブラッと遊びに行ったりするわけですよ!

そんで飛び込みで入ったお店で見つけた古着や雑貨を買ったり、
ヴィレヴァンで気鋭の若手作家による小説なんか漁って、
そのままお気に入りのカフェで一冊読みきっちゃったりなんかしてね!
あーなんてオシャレなんでしょう!さすが代表イカしてるわー!

…などとモテたい一心で必死にウソぶいてみたものの、
実際は「シモキタ」で間違えて下北半島に着いてしまい、
危うく大間のマグロ漁船に乗せられるハメになるとこだったし!

命からがら正しい下北沢に着いた頃には心身ともにヘトヘトで、
もうラーメン食ったらどこにも寄らずにとっとと帰ります!
ヴィレヴァンなんてあんな狭くてゴチャついたとこに長時間いられるかっての!

DSC03617_20161124130958d24.jpg

あらゆるオシャレ情報を閉ざすため遮眼帯を装着しながら、
下北沢駅の北口からまっすぐ北上して突き当たりを左折すると、
阿波踊りの提灯がぶら下がる「一番街商店街」の端に目当てのお店を発見。

こちら『こてつ』さんは今年7月にオープンしたばかりのルーキーで、
屋号は同じだが埼玉の所沢にあるお店とは関係ないらしい。

日曜とはいえ前5人待ちの行列とすでに人気が出ているのが窺えて、
商店街のBGMでうすーく流れている阿波踊りのリズムに、
高橋かおりとの不倫報道の時の三田村邦彦になった気分で、
チャンカチャンカ踊りながら15分ほど待ってようやく入店。

どうも回転率が悪いと思ったら先客のほとんどが、
休日だけにビールと「おつまみワンタン」でパイイチやってるんだわ!
こっちだって炎天下で踊ってたら喉カラカラだっつーの!(自業自得)

店舗の手前側がL字型に並んだカウンター8席で、
その奥に広々とした厨房スペースが設けられており、
まだ30代そこそこと若そうに見える店主さんとアシスタントさん、
そして後からやって来た奥様らしき女性の3人でてんてこ舞いといった感じ。

メニューは「中華そば」「塩ラーメン」「つけ麺」とシンプルにまとめていて、
サイドメニューの「炊き込み御飯」も人気のようだが、
連食予定のためここは「中華そば」の味玉入りでロックオン!

見るからに美しい顔立ちの丼をビキニパンツ一丁で激写したのち、
まずスープから飲んでみるとまず豚と鶏の動物系の旨味が来て、
後から煮干しベースの魚介風味がじんわり効いてくる。

昨今のいわゆる「ネオまたおま系」と呼ばれているお店は、
鶏油を多用したりして甘さを強調したバランスに仕上げるきらいがあるが、
こちらはなんとなく遠くに『たんたん亭』系辺りのニュアンスも感じさせるような、
しっかりダシを立たせたバランスで個人的にはとっても好みっす!

麺は『柴崎亭』などでも使っている老舗・田村製麺所のものだそうで、
スープの中で綺麗に折り畳まれたその麺はかなり細めで、
箸で持っても硬質な感じが伝わってくるまっすぐストレートタイプ。

低加水らしく強めに芯を残したコリコリした食感で、
スープの熱でへたることもなく最後までその硬さをキープしていて、
これなら麺カタクラスタも安心するってもんでしょ!

ほんのりレアなチャーシューはムチムチとした歯ごたえが実にエロく、
対照的にメンマはしっとりとした柔らかい食感。

そして薄味仕立ての味玉はまるでプリンのような食感だが、
もうちょいしっかり味が染みてるとドンピシャなんだけどな!

下北沢の喧騒からはちょっと外れたエリアにあるものの、
その町並みに似合ったどこかクラシカルな佇まいの一杯は、
老若男女問わずしっかり人気が出そうな感じ!
何よりデフォで650円で提供してるってのにも意義がありますね!

東京から青森までの移動でお金が飛んじゃった身には、
懐に非常に優しい一杯ホントにありがとうございました…!
(感謝の気持ちを込めたエンドレス阿波踊り)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑一拍子のリズム気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0076.jpg

↑講談社イブニングで連載中の人気漫画
 「いとしのムーコ」公式Tシャツ大好評発売中!
 ムーコの飼い主・こまつさん着用の『地中ベジタブル』を完全再現!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

濃厚豚骨ラーメン 竹三郎@浅草

DSC03612_201611241309483c2.jpg

2016年8月5日/濃厚豚骨ラーメン 竹三郎/浅草/
濃厚豚骨醤油 黒にんにくラーメン+小ライス/700円+50円


ハーイみんなー!せっかくの土曜日エンジョイしてるーっ!?
俺はといえばとっぷり日も暮れたついさっき起きたぜイエーイ!

普段だったらこのままエアコンの効いた部屋でゴロゴロしながら、
アド街だのチューボーですよ!だのハウフルス制作の番組でもダラ見して、
のんべんだらりと一日を終わらせてしまうところだがそうはいかん!
だって今は二度と取り返せない夏なんだもの!誰のせいそれはあれだ!夏のせい!

急いで歯を磨きシャワーを浴びたらよそいきのTシャツに着替えて、
さっそく夜の街にイソイソと繰り出すんだワーイ!

DSC03611_20161124130946d9c.jpg

というわけでもちろんラーメンを食いに来ましたー!
クラブなんか行かねぇよあんなとこ!うるせぇし!おっかねぇし!

本日のサマーナイトディナーに選ばれた『竹三郎』さんは、
浅草の繁華街から少し北に位置する二天門前交差点の近くで、
この日はその二天門で納涼盆踊り大会が開催されていて実に賑やか!

思わず飛び込みで踊りの輪の中に加わって、
十八番の井森ダンスのモノマネを披露するとこれが大ウケ!
自治会長からスイカだのビールだのご馳走になっちゃって人気者はつらいね!

会長のなじみのカラオケスナックへ二次会に連れて行かれる前に、
隙を見てスッと中座して改めて『竹三郎』さんへ向かうと、
厨房に面したカウンターだけでなくゆったりしたテーブル席もあり、
なぜか山水画やジャケットを外したCDをケースごとディスプレイしてある。

先客には中国系と思われる観光客ファミリーがいるように、
店内のあちこちに他国語の手書きPOPが貼り出されてるのが土地柄だね!

厨房はいかにも腰の低そうな優しい接客の店主さんと、
敬語でしゃべり合ってたのでお母様ではないと思うが、
ホールやサポート役を担当する妙齢の女性の二人体制で、
手の空いた時間は「炎の体育会TV」のオードリー春日のレスリングに夢中。

作務衣姿の「自称書道家」が書きそうな極太筆文字の看板や、
素人仕事とは思えない手の込んだメニュー表などなど、
いかにも昨今増殖の一途を辿る家系チェーンのような雰囲気なのだが、
そのエキセントリックなメニューの数々はおよそチェーンとは思えないもの!

まずジャンルが「濃厚豚骨」「大吟醸淡麗」「汁あり油そば」に分かれていて、
濃厚は「濃厚豚骨醤油ラーメン」に「黒にんにくラーメン」、
淡麗は「昭和の中華そば」に「ネギニラ胡麻ラーメン」、
油そばは「満州トロトロ坦々汁あり油そば」「汁あり油そば燃えよドラゴン」と揃う。

さらに手作りだという「岩石シューマイ」なんてサイドメニューもあって、
もしこれでチェーン系だったらエリアマネージャーに、
「あんまりメニューで遊ぶんじゃない!」って怒られそうだよね!

DSC03613_20161124130949fb7.jpg

かつてしわがれ声で「やずや」のCMナレーターをしていた身として、
選ばずにはいられなかった「黒にんにくラーメン」は、
大量にかかった真っ黒いマー油とニンニクチップがなんとも圧巻!

サラサラしたスープ自体はいかにもなライト系豚骨醤油だが、
定番の鶏油のまろみだけでなくさらにマー油独特の、
ビターな香ばしさが加わるテイストが実に新鮮で面白い!

さらにニンニクチップのカリカリした食感も相当マッチしてるね!
ただでさえご飯が進む家系ラーメンがさらに強力な武器を手にした印象っす!

麺はカウンター席からは麺箱が死角になっていて、
家系御用達の酒井製麺なのかまでは判別できなかったが、
やや平打ちでゆるりとちぢれた極太タイプでいかにもそれっぽい感じ。

特に好みは聞かれなかったので茹で加減は「普通」なのだと思うが、
俺好みの柔らかめでプンニリとしたクッション性のある食感が心地よい。

デフォルトの具材の数々はほぼ家系定番のもので、
燻製臭は付いていないオーソドックスなモモ肉チャーシューにほうれん草、
そして3枚乗る大判の海苔はもちろんスープと油を染ませてライスにオンしたが、
質が良くないのかすぐスープにグズグズに溶けちゃうのが残念だった。

ボリュームは少なめなのでライスを付けて丁度いいくらいだと思うが、
これだったら小じゃなくて普通サイズでも全然良かったな!

取引先も近いのでまた仕事のついでに寄ってしまうかもしれん!
それくらい家系ラーメン+マー油の組み合わせにハマりそうな気配っす!

考えてみたらすぐ近くに同じくマー油を浮かべた豚骨ラーメンの、
「あばれんぼ」なるメニューを提供する『うりんぼ』もあるし、
その交差点の向こうには通称『ブラックハッスル』もあったりして、
北浅草は黒く染まりたいニーズに応えるエリアだってことかい?

なんにせよ腹六分目くらいでもうちょっと食べたい気分なので、
やっぱり自治会長たちのカラオケスナックに合流してきますね!
せっかくの土曜日エンジョイしてきまーっす!
(そしてチーママに手を出そうとして出禁を喰らう)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ひと夏のアバンチュール気分でポチッと押してくださいませ~
 
akts0077.jpg
↑お前の髪はニセモノだ!
 周囲を気まずくする上司や家族の秘密を貴方に代わってズバッと暴露します!
 『カツラハンター』着用はくれぐれも自己責任で!
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

肉汁麺 ススム@末広町

DSC03608_20161124130928f3b.jpg

2016年8月4日/肉汁麺 ススム/末広町/
肉汁麺 レベル1+白飯(小)/780円+100円


ごっはんが!ごっはんが!すっすむっくんっ!!!
(他人の家のキッチンでジャーのご飯を両手づかみで食いながら)

楽しい楽しいラーツ部合宿が終わってしまった「燃え尽き症候群」と、
本格的な夏の暑さの到来ですっかりローテンションになってしまい、
不法侵入した他人ん家のメシしか喉を通らない有様だったので、
4日にしてようやく8月に入って最初のラーメン一杯目ですよ!

しかもここ数日はセコムとかアルソックに加入してる家ばかりで、
ありつく前に警備員が来ちゃってメシどころじゃなかったし!
栄養が足りなくてフラフラするとか昭和初期の虚弱児かっての!

そんなわけで本日はシモジマへ寄るついでにひと駅乗り越して秋葉原で降り、
ガッツリと腹を満たせそうな新店の『ススム』君に行ってみますよ!

DSC03604_20161124130923114.jpg

アキバと末広町の中間くらいの所謂「ジャンクストリート」にあり、
ここはかつて佐野ラーメンを提供していた『ピロピロ麺屋』の跡地。

今さらだけどこのアキバという特殊にも程がある街の中で、
超あっさり淡麗系の佐野ラーメンでは太刀打ちできなかったのかね…?

「肉がススム」「汁がススム」「麺がススム」の横断幕が飾られた店内は、
平日だけの措置なのかテーブルはお冷や置き場になっていて、
赤と黒の椅子が交互に並ぶカウンターのみを使っている。

厨房はいかにもガッツリ系ラーメンが好きそうな大柄な男性と、
ちょっとだけギャル曽根チックなメガネの女性の二人体制で、
なんと麺茹でなどの調理全般はその女性が担当している。
両手にテボを持って豪快に湯切りする女子ってなんかカッコいいね!

基本メニューの「肉汁麺」は具のボリュームによってレベル1〜3に分かれ、
さらに「辛肉汁麺」や「野菜肉汁麺」などのバリエーションも多数。

胃袋がちっちゃくなってる可能性もあるのでここは大人しくレベル1で、
特盛まで同じ100円の白飯も並盛で様子をうかがいます!

DSC03605_201611241309257ef.jpg

DSC03609_20161124130930f84.jpg

真っ黒なスープに大粒の背脂がプカプカと浮かび、
同じく真っ黒く煮込まれた肉がデーンと乗ったビジュアルは、
まさにアキバの客層をも充分魅了できるインパクトだね!

事前にセパレーターと共に生卵、いや失礼!訂正して、
なんまんたんまんご〜(by 研ナオコ)が付いてくるので、
黄味だけ分けて丼センターに据えるとまるで徳島ラーメンのように。

スープは色合いほど濃かったりしょっぱかったりはせず、
とりわけ肉から出た動物系の旨味を強く感じる味わいで、
徳島ラーメンというよりは意外と京都の『新福菜館』ライクな雰囲気。

かなり甘みを誇張した味付けは好みが分かれそうな感じだが、
栄養が枯渇している身にはこの甘味が非常にありがたいっす!

いっぽうの麺もかなりのハイインパクトを狙ったものと思われ、
平べったくて極太のものを硬めに茹でているので、
凹凸のない塗り箸だと滑ってなかなか引きずり出せない!

超低加水でゴワゴワとしたアゴが疲れるほどの食感だが、
ボリュームは少なめなのですんなりと腹に収まっていく感じ。

その代わり片栗粉をまぶして中華鍋で炒めた豚バラ肉が、
レベル1でも130グラムと食べ応えは十二分!

DSC03610_20161124130944b2b.jpg

片栗粉の影響かしっとりしていて噛みきれないきらいはあるが、
分厚くカットしてあり脂身がジューシーで美味しい!
もちろん白飯に豪快にダイブさせるのもまた一興です!

しかしこちらもすき焼きみたいな砂糖甘さが強烈なため、
そこで卓上の一味唐辛子やカレー粉を大量に投入すると、
甘さと辛さのバランスがちょうど良くなってまさにごはんがススム君!

ラーメン屋にとっての天敵・客足が遠のく真夏の暑さ対策として、
新たに「肉汁つけ麺」なんかもソツなく始めたようだし、
外国人観光客も巻き込んで今度は繁盛するんじゃないでしょうか!

あっかっまんむんし〜!(またしても by 研ナオコ)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
↑ブログランキングやってみたりしています
↑ごはんにする?お風呂にする?それとも寝る?気分でポチッと押してくださいませ~



↑いつの間にか世間でアリになっている西洋文化に喝!
 お子様への歪んだ情操教育にも最適です!『ハロウィン』
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

こむら代表

こむら代表

「キテレツTシャツ 悪意1000%」というイカレたTシャツブランドを運営するしがない自営業者です。

akui-banner-long.jpg

基本的にラーメンとはまったく関係ない妄言珍言・および寄り道が多い文体ですが、それが持ち味ってことで大目に見てください。

なおコメント、トラックバックについて、当方で「ヘンテコだなー」と判断した場合には予告なく削除させていただく場合があります。すいませんねぇ。

※ラーツ部について

当ブログにしょっちゅう登場する「ラーツ部」とは、ラーメンとダーツを愛するアラフォー男子ばかりが集結し、月に一回のペースで関東各県のラーメンを堪能→地元の温泉orスーパー銭湯でまったり→〆のダーツとてんこ盛りの一日を過ごす楽しい部活動のことです。

メンバーは部長のてらみんを筆頭にこむら、タグ、ぷっと、KEN-1、ふじひろと2014年より加入のshigeruuuの現在7名です。

悪意1000%おすすめアイテム

akts0100.jpg ↑漫画家みずしな孝之先生デザインの最新作!ぬか樽の上で漬け物石になって「仕事」してるつもりなのかドヤ顔の猫。でもそんなに貢献はしてないよね…?『WORKING』

akts0099.jpg ↑スイーツ好きなら誰もが憧れる最高峰!あの名門大学と悪意1000%の奇跡のコラボが実現!『いも大学』早く〜しないと〜売れちゃうよ〜!

akts0098.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第4弾!自分のしっぽを追いかけてハイテンションのムーコがなんともキュート!『しっぽ!しっぽ!』

akts0097.jpg ↑実家とおぼしき木造家屋の2階から聞こえるニートの叫びを聞け!『私をハロワへ連れてって』つーか自力で行け!

akts0095.jpg ↑ラーメンの傍らにはライスを添えなきゃ気が済まない炭水化物大好きな君!ぜひ我が軍に入隊しないか?『ラーメンライス軍』

akts0094.jpg ↑ちょっと目を離したスキに部屋中ビリビリの紙だらけ!だけどやっぱり憎めない猫好きのアナタへ『ティッシュねこ』

akts0093.jpg ↑青い海なんて大っ嫌いだ!夏は涼しい部屋で過ごしたい超インドア派のためのマリンTシャツ『船酔いマリン』

akts0092.jpg ↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第4弾!黒曜谷高校の校章擬人化キャラを標識に見立てた「猛毒系Tシャツ」!『蓮ドクロちゃん"TOXIC"』

akts0091.jpg ↑無数のカラーコーンに囲まれた男の姿で、この世にはびこる閉塞感ややり切れなさ等のモヤモヤした気持ちを表現しました。『そこにいろ!』


akts0088.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!満足そうなムーコと首がつらそうなこまつさんの表情のギャップがたまらない!『ムーコっかぶり』

akts0089.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第3弾!うしこうさんが着ているドクロなTシャツをまさかの完全再現!『DREAMIN』

↑ヘヴィメタやるにもまずは健康管理から!激しい音楽活動に負けない身体作りを目指しましょう!『家庭の医学』

↑AMラジオ好きによるAMラジオ好きのためのTシャツが2時の時報とともに登場!目指せ番組オリジナルノベルティグッズ!『ハガキ職人』

↑80年代にヒットした演歌の名曲がモチーフ。全室くもりガラス完備なので他人(ひと)の妻に最適の『さざんかの宿』

↑漫画『少女ファイト』公式Tシャツ第3弾!黒曜谷高校の校章を大胆に擬人化しました!『蓮ドクロちゃん』

↑漫画『いとしのムーコ』公式Tシャツ第2弾!大好物のジャーキーをお預けさせられて、我慢の限界でよだれの池が…!かわいそかわいい『待てっ!』

akts0081.jpg ↑「顔面をチョップされたら痛い」という当たり前の事実にも気付かされ、かつなぜかネギチャーシューメンが食べたくなるTシャツ!『顔面チョップ』

akts0078.jpg ↑映画「俺はまだ本気出してないだけ」公式Tシャツ!今生はもう諦めて次の人生に賭けている人へ贈る『来世で本気出す』

akts0077.jpg ↑上司や家族の秘密を貴方に変わってズバッ!と暴露!『カツラハンター』

akts0075.jpg ↑漫画「いとしのムーコ」公式Tシャツ第1弾!ムーコがTシャツを引っ張ってるように見える『ぴー』

akts0074.jpg ↑円の中心に蔵が建っているだけなのになぜか討ち入りに出たくなるTシャツ『中心蔵』にござる!

akts0073.jpg ↑年の瀬におなじみの古典落語の世界観をTシャツで表現しました『SHIBAHAMA-芝浜-』

akts0072.jpg ↑漫画家・日本橋ヨヲコ先生とのコラボが実現!「少女ファイト」公式Tシャツ第1弾『Memento mori』

akts0071-3.jpg ↑化学調味料の有無を鬼の平蔵のように監視する天然ダシラーメン好きの貴方へ!『鬼平無化調』

akts0070.jpg ↑偉大なるクラシック界の名作曲家をTシャツ化!だけどなぜか漂う「浪速」テイスト…『モーツァルト』

akts0063-3.jpg ↑マシマシの山に挑むすべての登山家たちへ贈る!小豚の方『登頂成功!』Tシャツ買いますか?

Twitterもよろしくお願いします

Instagramもまたよろしくお願いします

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (6)
北海道(札幌市) (9)
北海道(その他) (5)
青森県 (12)
秋田県 (9)
宮城県 (7)
山形県 (7)
福島県 (7)
新潟県 (9)
東京都(千代田区) (162)
東京都(千代田区/東京駅ラーメンストリート) (13)
東京都(中央区) (70)
東京都(港区) (61)
東京都(新宿区) (132)
東京都(文京区) (47)
東京都(台東区) (110)
東京都(墨田区) (99)
東京都(江東区) (203)
東京都(品川区) (49)
東京都(目黒区) (33)
東京都(大田区) (31)
東京都(世田谷区) (56)
東京都(渋谷区) (79)
東京都(中野区) (35)
東京都(杉並区) (65)
東京都(豊島区) (71)
東京都(北区) (28)
東京都(荒川区) (17)
東京都(板橋区) (22)
東京都(練馬区) (26)
東京都(足立区) (48)
東京都(葛飾区) (89)
東京都(江戸川区) (63)
東京都(八王子市) (10)
東京都(立川市) (11)
東京都(武蔵野市) (7)
東京都(三鷹市) (4)
東京都(青梅市) (4)
東京都(府中市) (4)
東京都(調布市) (6)
東京都(町田市) (16)
東京都(小金井市) (8)
東京都(国分寺市) (8)
東京都(福生市) (4)
東京都(西東京市) (6)
東京都(その他23区外) (8)
千葉県(千葉市) (30)
千葉県(市川市) (39)
千葉県(船橋市) (36)
千葉県(松戸市) (21)
千葉県(成田市) (8)
千葉県(習志野市) (11)
千葉県(柏市) (8)
千葉県(流山市) (3)
千葉県(鎌ヶ谷市) (7)
千葉県(浦安市) (5)
千葉県(印旛郡) (3)
千葉県(長生郡) (3)
千葉県(その他) (20)
神奈川県(横浜市) (44)
神奈川県(横浜市/新横浜ラーメン博物館) (23)
神奈川県(川崎市) (11)
神奈川県(相模原市) (10)
神奈川県(横須賀市) (4)
神奈川県(藤沢市) (8)
神奈川県(小田原市) (5)
神奈川県(厚木市) (5)
神奈川県(海老名市) (4)
神奈川県(足柄下郡) (4)
神奈川県(その他) (8)
埼玉県(さいたま市) (11)
埼玉県(川越市) (9)
埼玉県(熊谷市) (6)
埼玉県(川口市) (14)
埼玉県(行田市) (3)
埼玉県(所沢市) (4)
埼玉県(加須市) (3)
埼玉県(春日部市) (3)
埼玉県(東松山市) (3)
埼玉県(鴻巣市) (7)
埼玉県(上尾市) (6)
埼玉県(蕨市) (3)
埼玉県(戸田市) (6)
埼玉県(久喜市) (4)
埼玉県(富士見市) (3)
埼玉県(比企郡) (6)
埼玉県(その他) (24)
茨城県(水戸市) (5)
茨城県(つくば市) (12)
茨城県(その他) (14)
栃木県(宇都宮市) (13)
栃木県(栃木市) (3)
栃木県(佐野市) (8)
栃木県(小山市) (6)
栃木県(その他) (6)
群馬県(前橋市) (3)
群馬県(高崎市) (4)
群馬県(桐生市) (7)
群馬県(伊勢崎市) (6)
群馬県(太田市) (3)
群馬県(その他) (4)
静岡県 (2)
富山県 (1)
愛知県(名古屋市千種区) (5)
愛知県(名古屋市東区) (4)
愛知県(名古屋市中村区) (6)
愛知県(名古屋市中区) (14)
愛知県(名古屋市昭和区) (4)
愛知県(名古屋市中川区) (6)
愛知県(名古屋市その他) (7)
愛知県(豊橋市) (4)
愛知県(その他) (4)
岐阜県 (5)
三重県 (1)
大阪府(大阪市) (38)
大阪府(その他) (4)
兵庫県 (1)
京都府 (10)
広島県 (3)
山口県 (3)
福岡県 (6)
長崎県 (7)
沖縄県(那覇市) (26)
沖縄県(浦添市) (6)
沖縄県(石垣市/竹富町) (21)
沖縄県(その他) (10)
催事・イベント系 (25)
番外編(ラーメン以外) (8)
Tシャツ (3)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

明日のラーメン予報